離婚してもいいですか 翔子の場合 ネタバレ。 野原広子『離婚してもいいですか? 翔子の場合』 感想(ネタバレあるかも)

「離婚してもいいですか? 翔子の場合」最終回をネタバレありで解説、結末の考察

離婚してもいいですか 翔子の場合 ネタバレ

世の中、うまくいっていない夫婦って多いですよね。 色々話を聞いてると、「なんでそんな人と結婚したんだろう。。。 」って思うようなことも多々あります。 浮気や暴力、借金など、派手な理由はないまでも、「 些細な不満が積み重なったことで離婚を意識する」パターン、けっこう多いんじゃないでしょうか? そんな風に考えているのであれば、ぜひ読んでもらいたいのが「離婚してもいいですか?翔子の場合」です。 ちなみにに登録すれば、無料で読めます。 Kindle Unlimitedは月額980円の本読み放題サービスなんですが、初月無料で、無料期間中に解約もできます。 Amazonのアカウントを持っていれば、簡単に登録もできるのでおすすめです。 (2019年7月現在、読み放題の対象ではなくなっています。 ) 目次• 「離婚してもいいですか?翔子の場合」の著者、野原広子さんとは 「離婚してもいいですか?翔子の場合」の著者は野原広子さんという方です。 書籍の著者紹介欄から引用して紹介します。 神奈川生まれ。 コミックエッセイプチ大賞受賞。 出産を機に、フリーのイラストレーターとして活躍。 山登りが好き。 著作に「娘が学校に行きません」「ママ、今日からパートに出ます」「離婚してもいいですか?」「ママ友がこわい」(KADOKAWA)など。 公式ブログ: 野原さんは今の仕事をする前は専業主婦で、かなり離婚を意識したことがあるらしく、当時のエピソードも「離婚してもいいですか?」に反映されているそう。 ちなみに 野原さんの夫は、野原さんがこのような衝撃的なタイトルの漫画を書いていることを知らないらしいです笑。 「離婚してもいいですか?」に関するインタビュー記事もいくつかあったので、興味がある方はぜひ読んでみてください! 参考: 参考: 「離婚してもいいですか?翔子の場合」のあらすじ 「離婚してもいいですか?翔子の場合」はレタスクラブで連載されていた作品です。 連載当初は読者からの反応が全然なかったらしいのですが、連載が進むに連れて徐々に人気が高まり、 連載から1年経つ頃には、エッセイの中でダントツの人気を誇る作品だったそうです。 全編通して、エッセイ漫画です。 あらすじはこんな感じ。 リアルなつぶやき、夫婦の姿に読者の深い共感が集まっています。 幼い頃から控えめなあまり、自分に自信を持てないでいる主婦、翔子。 いつのまにか、夫の顔色を伺いながら 生活するようになってしまった…。 離婚したいと思わない日は一日としてないけれど 貯金も仕事もない身で 2人の子どもを育てる自信はなく、 ぼんやりとした日々をすごすばかり。 そんなある日、現状を招いたのは 幼いころの自分に原因があるのがわかり、 少しずつ、前を向いて 歩き出せるようになるのだが…? 主人公の翔子は、「とにかく笑って丸くおさめる」タイプの人で、収入を夫に完全に頼っていることを引け目に感じ、些細な不満を溜め込んでいる専業主婦です。 結果、溜め込みすぎて体が不調を訴え出し、心療内科を受診することになります。 ですが、翔子は心療内科受診したり、「自分の気持ちを確認して声に出してみる」ことをおすすめされて、実践することで変わっていきます。 自分の気持ちを言えるようになった翔子は、過去の呪縛から解放され。。。 るんですが、その後の展開はリアルそのもの。 衝撃のラストは待っていません(逆に、ある意味では衝撃かもですが笑)。 夫への些細な不満も、翔子のバックグラウンドも、不満を伝えた後の展開も、ただひたすらにリアルだなあという印象を受けます。 些細なことの積み重ねで離婚を意識する専業主婦が「自分の気持ち」を確認するための作品 翔子と同じように、自分の気持ちを言えないと「些細な不満」が積み重なって、離婚を意識するようになる人って多いですよね。 「離婚してもいいですか?」は、そういった 些細なことがきっかけで離婚を考えている人が自分の気持ちに「気づく」きっかけになるし、「考える」きっかけになる作品です。 離婚を少しでも意識したことがあるなら、自分と向き合うために読んでみると良いと思います。 ドラマチックな展開などもなく、ただただリアルな展開を見せる作品なので、「面白い!」とか、「スカッとする!」みたいなのを期待して読む作品ではないと思います。 特に溜め込むタイプの人におすすめしたい 僕は離婚を意識したことはないですが、溜め込んで人に気持ちを伝えられないタイプなので、主人公の翔子自体にはけっこう共感します。 心療内科を受診したこともあります。 なので、溜め込むことの辛さはものすごくわかります。 タイトルは「離婚してもいいですか?」なんですが、溜め込むタイプの人が誰かにこういうことを尋ねるのって、すーごく勇気がいることなんですよね。 誰かに尋ねてください、とかっていうつもりはありませんが、「 こんな些細なことで離婚を考えるのはおかしいのか?」など、また溜め込んでしまうようなら、一度読んでみてほしいんです。 自分の気持ちを確認して声に出してみるって、めちゃくちゃ大切 あらすじのところでも書きましたが、途中、「自分の気持ちを確認して声に出してみる」ことをおすすめされる場面があります。 普段、溜め込む僕にはとてもよくわかるんですが、自分の気持ちを思ってるだけじゃなくて、声に出すのって現状を打破するためには、すごく大切なんです。 あと、「自分はこうしたい」って声に出して言うことも。 本の中でも、自分の気持ちを伝えることで、翔子の状況は好転をしていきます。 それは、漫画だから、って訳ではなく、そこもまたリアルだと感じました。 状況を少しでもよくするために、声に出してみるの、試してみてもらいたいです。 「離婚してもいいですか?翔子の場合」を無料で読む方法 「離婚してもいいですか?翔子の場合」ですが、書籍を購入しようとすると1080円なんですが、AmazonのKindle Unlimitedに登録すれば無料で読むこともできます。 (2019年7月現在、読み放題の対象ではなくなっています。 ) で12話まで読むことができます。 また、野原広子さんの作品「お仕事はじめました!」は最後まで無料で読むことができます。 こちらは本当に普通のエッセイですが、ほのぼのしていて癒されます笑 Kindle Unlimitedは月額980円の本読み放題サービスなんですが、 初月は無料です。 しかも、登録して、本を読んだ後、すぐ解約すれば料金はかかりません。 (もちろん2回目は使えません) 1ヶ月間無料なので、せっかくだからたくさん本を読んでみてもいいですし、気に入れば継続してもいいかもですが、まー僕の場合、あんまり本読まないのでトータルで損しますよね笑。 普段、本とか読まないよーという方は、読んだら忘れずに解約した方が良いと思います。 当ブログでよく読まれる人気の記事 当ブログでよく読まれている人気の記事です。 合わせてどうぞ!•

次の

[B!] 「離婚してもいいですか?翔子の場合」最終回(結末ネタバレ有り)感想レビュー

離婚してもいいですか 翔子の場合 ネタバレ

『離婚してもいいですか?翔子の場合』結末をネタバレ 引用:離婚してもいいですか?翔子の場合 登場人物 このマンガの主人公に「離婚してもいいですか?」と聞かれたら、 「今すぐ離婚しなよ!!」と言ってあげたくなるようなストーリーです。 登場人物とあらすじを紹介 翔子 いつもニコニコしているけど、自分に自信がなく自己主張ができない性格。 離婚したいほど夫が嫌い。 子育ての大変さで家事がうまくできないことに自信をなくして疲れているのに、夫の機嫌が悪くならないように自分を抑えて、ストレスをため続けています。 翔子の夫 淳一 家事は一切しない、育児すら何もしないモラハラ夫です。 仕事の不満をぐちぐち妻にぶつける小さい男。 妻のことを下に見ていて、最低に描かれています。 13話以降のあらすじをネタバレ 夫からのモラハラに加えて 女の影を感じたことで、体調にまで異変が現れた翔子は病院を受診します。 病院ではストレスが原因だろうと言われて、心療内科へ行くことになりました。 診察でストレスの原因が夫であること、父親が怖かったことを気付かされた翔子は、先生のアドバイスを受けて 介護のパートを始めます。 介護のパートと家事の両立は想像していた以上に大変。 それでも 「離婚したい」 自立する目標のために頑張ります。 ある日、仕事中のはずの夫が同級生の家で家事を手伝っている現場を発見します。 「離婚だよ!!」と宣言して、子どもを連れて家を出る翔子。 過去の自分と向き合いながら、これからは 「私のために生きる」と決心するのです。 翔子が選んだ結末は離婚しない いよいよ離婚するのか!と思いきや、今はまだその時じゃないと判断して翔子は家に戻りました。 すごくわかる!! 私も離婚したいと思い続けているから、幸せそうな夫婦の話は尖ったナイフ並にハートが傷つきます。 翔子のうじうじした悩みはイラっとする部分も多いですが、働き始めてからは共感ばかり。 夫の言動は全てにイラっとするので、夫をよくもここまで悪魔的に描けるものだと感動するレベルです。 最終回の後に単行本書き下ろしで 「それから5年」が収録されています。 翔子の娘、小学5年生になった花から見た家族の話。 この話は、私にはちょっとキツかったです。 離婚を考える母親なら誰もが悩むだろう部分を、 ギャーーーン!!と描かれてしまった。 離婚をしない決意をしたラストから、5年後の話で私は泣いてしまいました。 離婚について、より深くいろんな視点から考え直すことになる最高のマンガです。 ぜひ読んでみてください。 『離婚してもいいですか?翔子の場合』を無料で最後まで読む コミックエッセイ劇場では12話までの公開ですが、 で読むことができます。 6月から読み放題の対象ではなくなっていることを確認しました。 読める作品は毎月変わるようなので、 また読み放題に追加されたら更新します。 他にも面白い漫画があるのでぜひ読んでみてください。 あわせて読みたい を読む Kindle Unlimitedに登録すると、初回30日は無料で全作品読み放題です。 『離婚してもいいですか?翔子の場合』他のおすすめマンガ 野原広子さんのマンガはどれも面白いです。 『離婚してもいいですか?翔子の場合』が気に入ったなら 主人公が別で、全く違うストーリーの『離婚してもいいですか』もおすすめです。 作者は違いますが、離婚したくて頑張るマンガとしては 『夫の扶養から抜け出したい』もおすすめします。 離婚してもいいですか? 主人公は志保。 経済力に不安があり離婚ができません。 こちらは不満を抱えて悩んでいるだけなので、翔子の方が応援したり共感する部分が多くて好きです。

次の

離婚してもいいですか? 翔子の場合 (コミックエッセイ)

離婚してもいいですか 翔子の場合 ネタバレ

離婚後に住む家が見つからない• 夜勤時に子供を預けるところがない という理由で離婚をやめてしまいました。 本当に夫がキライなら預ける場所がないなら他の職探すし、住むところがないと言っても実家に帰るという選択肢もあったはず。 実際ご両親が「いつでも帰ってこい」って言ってるシーンがありましたし。 でも 翔子は夫婦でいることを選んだ。 実家に帰ることや高額の保育園に預けてまでは、離婚するつもりはなかったのです。 ド直球で聞こえは悪いかもしれないけれど、 翔子の離婚したいという思いは結局その程度でしかなかったんですよね。 もし本当に夫がキライなら 離婚までの道中でどんな壁が立ちはだかったとしても乗り越えようとします。 私がそうでしたから。 どんな手を使ってもどんな手段を選んでも離婚するという気持ちはブレませんでした。 主人公翔子について 「大嫌いだけど今はまだ必要」 離婚すると宣言しつつも翔子はこう言ってます。 もうこの言葉が答えですよね。 離婚なんてできるわけがありません。 主人公の旦那について よその奥さんと比べすぎ。 そりゃキレられるわな。 家事も手伝おうとしてないのに奥さんを働かせたいと思っているあたりは旦那のクズ。 パートをなめてる男は許せませんね。 自分も言われてるだけにホントに腹立つ。 でも、 離婚問題が起きた後にガラッと変わったのは素晴らしいと思った。 専業主婦だとかパートだとか関係ない。 夫婦なら協力するのが当たり前だよね! 離婚してもいいですか?の翔子はあなたの写し鏡 「離婚してもいいですか?」の主人公はどこにでもいる夫婦• 専業主婦である妻に不満を持ち続ける夫• 家事育児に非協力的な夫に不満がある妻 離婚してもいいですか?の主人公である 翔子とあなたは写し鏡になると思いますよ。 翔子とあなた自身を重ねて共感して最後まで一気に読み進めることができるはず。 なぜなら 翔子はどこにでもいる普通の主婦だから。 別に特別すごいこともない。 普通の主婦。 だからこそ、「離婚してもいいですか?」で取り上げられている問題は多くの人に共感して刺さるのではないでしょうか。 私自身も共感することばかりでした。 読みながら 旦那がクソに見えてしかたなかったし、 翔子のウジウジもまるで自分を見ているようでイライラしました。 翔子と私は1個だけ違うところがあって、それが原因で私は離婚を選んだ 翔子と私は1個だけ違うところがありました。 それは、「翔子は感情を爆発させることができた」という点。 あなたは離婚してもいいですか?の翔子のように爆発させたことありますか? いつも 不満を抱えつつも押し殺して我慢してませんか? 私は後者でした。 押し殺しすぎてもう取り返しのつかないところまでいきました。 そして私は離婚しました。 女性は不満をためこみがちです。 私もそう。 ためこんだものを 爆発させる時がないと私のようにホントに離婚することになっちゃう。 翔子のように爆発させておかないとね。 だから 翔子はすごいと思った。 自分の怒りをさらけ出すことができてすごいと思った。 さらけ出すことで旦那さんに思いが伝わって旦那さんの態度が変わったんだしね。 だから 夫婦を長く続けたいなら翔子を見習ってほしいです。 翔子の生き方。 夫婦としてすごく素敵だと思いました。

次の