ブロン od。 ブロンOD

ブロンOD

ブロン od

平成30年8月13日 月 、初めて、ブロンで、ODをしました。 ちなみに、薬を初めて大量摂取したのは、同じ年の7月22日に精神科から処方されて飲んだ、錠0. 5mg[アメル] 14錠を飲んだ時です。 このときは、特に何も変化がなかったので、市販薬で簡単に購入できる、ブロンに手を出したのかもしれません。 市販薬では、一番成分のいい薬らしく、決められた量より多く飲むことで、アッパーとダウナーをキメることができます。 初めての人は、10錠~20錠とネットに書いてあったのですが、効かないなーと思い、次々足して飲んでいったら、一瓶飲んでいました。 ふと、気が付いたら、11時過ぎに、体がふわふわ浮いている感覚がありました。 最初は楽しかったのですが、私の場合、外に行こう!というようなテンションアゲアゲ!!みたいな気分にはなりませんでした。 どちらかというと、初めての体験だったので、嬉し、楽しいのと、恐怖とで、ダウナーに近かったです。 それから、夕方まで、そのようなふわふわした状態が続いたのですが、いきなり吐き気に見舞われ、ODをしました。 吐くことによって、気分は楽になり、ふわふわした感覚はあったものの、寝たら治まるかなーと思い、寝てしまいました。 そのあと、夜中何回か起きて、トイレに行ったり、お腹が空いたので、軽くお菓子をつまんで、また、寝ました。 こちらが、当日、ブロン錠を飲んだ時の大体の時間配分です。 15:00~16:00 吐く。 17:15過ぎ 体がふわふわするものの、無理矢理、就寝。 夜中、5回ほど、トイレ。 吐いたからか、お腹がグーグー鳴る。 26:00 食事ができるようになる。 シャキシャキ動けました。 気分によって、薬の作用が変わったり、個人差があると思います。 私は、さんで買ったのですが、やはり、続けるとなると、さんで購入する方が、は断然良いと思います。 ちなみに、私は、ブロン液は一度も、試していません。 甘ったるくて、ドロドロしているので吐いてしまいそうで…。 吐き気を抑えるために、吐き気止めを買う方もいるそうです。 私は、ODすることについては、賛成でも反対でも、どちらでもありません。 ODした人間が言うのもなんですが、自己責任だと思っています。 ネットで色々検索して、市販薬と比べ、計算して、わかったのですが、やはり、やから購入する方が、多少は安くなります。 購入数に限りはありますが...。 私自身、今度購入する機会がもしあれば、から購入しようと思っています。 気になった方は、検索してみて下さい。

次の

ブロン液エースODの効果

ブロン od

ブロン錠ODについて質問です。 昨夜初めてブロンODしました。 参考までに時系列も載せておきます。 0:00〜12T 0:30〜8T 1:00〜4T 全く効いてない 1:30〜8T ほんのり効いてる 2:00〜8T ちょっとフラつくくらいで眠い 追加したかったけど初めては40T以上やらない方がいいって意見を参考にやめときました。 本題に戻ると、私は効きづらい方でしょうか? それと汚い話、私は普段ほぼ毎日の様に下痢で一日で一回も便が出なかった事は一度もありません。 24時間以上経過した今でもまだ出ません。 ブロンODによる副作用でしょうか? また、便秘はどれくらい続くものでしょうか? 下剤飲まないと出ないですかね? あと、皆様の飲み方等、参考までに教えて頂けたら幸いです。 ODする事自体が初めて、勿論ブロンも初めてというのを踏まえて皆様のご意見をお聞かせ下さい。 因みに、もう5年以上前に片手で数えれる範囲で覚醒剤等を使用した事がありますが、効きましたが依存はしなかったです。 目が冴える、まったりした感じを味わいたくてやってみた事なので、やめなさい等のご意見は不要です。 宜しくお願いします。 どうも、ブロン依存者です。 どちらも経験ありますし、ブロンには現在進行形で依存中です。 不要と言われましても、一言だけ言わせていただきます その副作用にも関係してくるので...... 『その状態を繰り返し、毎日84T飲むようになりたくなければ止めとくのを強く推奨します』 【回答】 はい、モロに副作用です。 その際、処方される基本的な用量は、一回10mg~30mgであり、これをブロンに換算すると、たったの4~12錠です。 わかりますよね? ODしてから最低でも1日は出ないと考えてもらっていいので、そこから次第に離脱症状=下痢や悪寒がはじまり次第に収まりますので、そろそろ大丈夫な頃合いかとおもいますよ。 自分が危惧したのは、それを毎日つづけていくと平気で一週間出ないまま過ぎ去り、下剤を飲もうとも腸は動かないため上から出る 吐瀉する だけです。 それを放置して飲みつづけていくと、あるとき阿鼻叫喚の地獄絵図をみるハメになります。 排便や排尿がまず苦痛で、排便が終わってもすぐに下剤がまた、あっまた、またまた、と続くだけでなく、吐き気に目眩、頭痛に悪寒と『なにこのインフルエンザ』状態が一週間はつづきます。 だからこそ、やめておいた方がいいとだけは忠告しておきたかったのです 覚醒剤は精神的依存性が半端なく高いのですが、ブロンの場合は覚醒剤より低い精神的依存性+覚醒剤にはない身体的依存性が存在するため、あっちは止められたから、こっちも止められるだろう。 とは考えない方がいいです。 それにしても、飲む量を分けすぎじゃないですか? 目を覚ますために使うのであれば、小刻みに飲むのは正解かと思います。 ですが、最初に12Tだけなのはいくらなんでも少な過ぎます。 ジヒドロコデインの最大血中濃度到達時間は、およそ一時間半です。 つまり...... 省略 以上のようになっていく為、すべてバラバラの時間帯に最大血中濃度時間に到達してしまいますよね? 人間というのは、下がり始めならまだしも、血中濃度半減期になる前にはもう既に効果を感じられなくなる場合が多いです。 1:30 24T Tmax 最大血中濃度に到達したコデイン 2:00 12T Tmax 24T Cdawn 血中濃度から減少をはじめたコデイン 2:30 34T Cdown...... ほんのり効いている、とコデインの感覚を掴めたのであれば、問題は量の違いかと。 上記の量であれば軽い吐き気が副作用に追加されるくらいですので コデイン含め、麻薬の類は常に吐き気と同居するためです。 とはいっても、覚醒剤を少し多めに静注したときに現れる軽い吐き気を思い出してください。 あれと同じ程度ですので問題ではないでしょう 、急性中毒がないとは言えませんが、比較的安全かつ効果的な量だといえるのでおすすめ...... は、していませんよ? とりあえず、効きづらい体質ということはないとおもいます。 長文、失礼いたしました。 参考になれば幸いです。

次の

ブロン中毒(od)はうつ病を招く?市販薬への依存と後遺症について

ブロン od

コデインのとろけるようなマターリ、カフェインの比では無い エフェドリンのシャキーン。 この プチスピードボールがお手軽に薬局で手に入るのだから、恐ろしい。 私は幸いにも(後遺症は痛いが)ブロン中毒から脱却して7年程度経過した。 ここでは、私的のブロン依存脱却方法をあなたに伝授しようと思う。 少しでもブロン中毒から抜け出せれば、私も、嬉しい。 また、ブロンで受けた肉体・精神的ダメージのアフターケアについても語る。 ------------------------------------------------------------------------------------ エスエス製薬の商品を麻薬だ!危険!などと批判するページではありません。 要は使い方の問題なんだ、というページです。 閲覧者にエスエス製薬関係者の方がおり、問題があると判断したならば 掲示板にご一報下さい。 トップページから、「市販薬について」のページのブロンの項目を参照してもらいたい。 健常者であるが、ブロンで気持ちよくなるんならやってみたいかも。 こういった考え方をしてしまうこと自体に問題はあるが、 人生の中で、いつかは誰でも ドラッグには一度は興味をもたれるもの。 その気持ちは分かる。 しかしその代償は計り知れない。 親からもらったその身体、下手をすると二度と取り返しのつかない身体になってしまうかもしれません。 もう一度よく考え直してみて下さい。 悲しむのは自分自身だけではないのです。 自分、家族、恋人、友人すべて失う可能性があります。 なんだかその辺に貼ってある、 薬物乱用は危険!ポスターみたいなこと言っていますが本当です。 ドラッグはあなたの人生を狂わせます。 本当に廃人になる可能性があります。 私はブロンをドラッグとして使用し、急性腎不全になった上に、統合失調症になりました。 一時は自殺も本気で考え、ホームセンターで首吊り用の縄を購入したこともあります。 もう一度だけ言っておきます。 上記の内容は、ブロンに限らず市販・違法・脱法・合法すべてのドラッグに当てはまります。 ドラッグには快楽を生じさせる代わりに、自分の大事なものを奪います。 まだ手を出していない人は、やめておきましょう。 しかしながら、 脱却が容易なことからまたすぐにブロンODに手を染めることも多いかと思われます。 そこは注意です。 徐々に錠数を減らすなど、工夫をしてみてください。 基本は寝逃げです。 眠剤があれば、なお良いです。 心療内科(やぶが多いので注意)または精神科(危ない病院もあるので注意)にかかれるならば 薬物依存の専門の医療機関に行きましょう。 このレベルだと立派にブロン中毒と言えます。 ・どうしても病院に行けない人 とにかく布団に横になっていましょう。 その際、下剤や下痢止めは使わない方が良いです。 薬物の離脱症状に自分判断の薬を使うことはあまり好ましくありません。 また、 ブロンの代替依存になりそうな薬は一切避けてください。 それを自覚してから脱却を決意してください。 まず最初のうちはブロンを少し飲んでいてもよいです。 (いきなり一日60T〜120T並の人が0Tにすると危険です。 まずは離脱症状と闘う準備をします。 ) 薬局へ行ってください。 買うものは… ・下痢止め ・大人用おむつ ・カロリーメイトなど、すぐに食べられる上に栄養がそこそこある食料 ・大きなペットボトルのお茶、数本 です。 後はこれが必要だっというものがあれば、ブロンを身体から抜く前に準備しておいて下さい。 私の体験談をふまえて、錠数の調節をします。 まずは最後にブロンを30T飲んで下さい。 (毎日ブロン飲むけど15Tくらいだよって人は、その半分くらいで。 ) その日は普通に過ごします。 そしてその日の内に、ブロンと決別する為に、残っているブロンを全て捨ててください。 心の準備も忘れないで。 「私は二度とブロンを乱用しない」と誓ってください。 自分にでもいいですし、 家族や友人に宣言するのも良いです。 ・翌日 とにかく寝ててください。 次第に身体をちょっと動かすのも億劫になるでしょう。 下痢の症状がきたら、離脱症状が始まったサインです。 いつでもトイレへ行けるようにスタンバイしておいてください。 おむつは保険です。 はいておいてください。 ・翌々日 個人差はあれど、倦怠感はあるが動けるという人は散歩に出るのも良いかもしれません。 ただしその際は下痢止めを服用してからにしてください。 ・それ以降 辛い時はとにかく寝る!読書やゲームなど趣味に没頭するのも良いと思います。 お腹が空いたら用意してある食料を食べて下さい。 お茶も適度にお飲みください。 ・一週間以降 もうそろそろ離脱症状も治まってくる頃でしょう。 完全に抜けたら、ゴールイン! お疲れ様でした。 スリップしないように、気をつけてくださいね。 ・アフターケア 肝臓、腎臓、自律神経をいたわってください。 お酒はできれば一年間は飲まない方が良いです。 (私が医師にそうアドバイスされました) 精神系の薬を服用する場合は、よく検査をしながら投与してもらってください。 おめでとうございます。 あなたは晴れて薬物依存という病から脱却しました。 本当に素晴らしいことだと思います。 自分で自分を褒めてあげて。 美味しいものでも食べに行きましょう。 という妄想に常につかれるようになりました。 おそらくエフェドリン過多による統合失調症の予兆だったのだと思います。 これはまずいと思い、近場の心療内科へ行きました。 ブロンに薬物依存している旨を伝えると、ルボックス・ドグマチール・マイスリーという 抗うつ剤・胃薬・眠剤の1セットを処方してもらいました。 飲み始めはあまり効果が実感できず、ブロンを続けていましたが 一ヶ月くらいするとルボックスの効果が出てきて、ブロンを飲まなくても大丈夫になりました。 しかし今度は処方薬依存(ルボックス)になってしまいました。 それでもブロンを乱用し続けるよりはずっとマシだと診療内科医に教わりました。 たしかに、便秘も無く、食欲旺盛、持病の社会不安障害も軽度になりました。 ブロン乱用してしまっている人は、行けるなら医療機関にかかりましょう。 … このページではこれ以上は細かく書きません。 興味のある方は、トップページから入院日記を読んでくれるとお分かり頂けると思います。 それでは、ブロンフリーな生活を。

次の