クレカ 現金 化 方法。 クレジットカードの現金化は違法?考えられるリスクについて

PASMOの残高を払い戻して現金化する方法!クレカ現金化にも使える?

クレカ 現金 化 方法

クレジットカードの現金化の方法といえば、高い換金率の業者を選んで依頼することが一般的です。 しかしこの現金化、その気になれば自力でできてしまうことをご存知でしょうか? 「クレジットカードの現金化を行いたいけれど、できれば業者は利用したくない!」 口コミサイトでの比較に疲れてしまったり、何らかの理由で業者を利用したくない方は、こう思ってしまうのではないでしょうか? 実はクレジットカードの現金化は、一手間をかければ自分で行うことができます。 色々なお店を巡ったり、取引を完了するまでに時間がかかったりするデメリットこそありますが、自分で行うなら安心だと思いますので実践してもよいでしょう。 もちろん、難しいことは何も行いません。 最近ではAmazonギフト券を利用した現金化も行う事が出来ます。 これを転売商品に選べば自宅に居ながらにして現金化を自分で行うことができます。 例えば金券ショップや中古買取店などで高い買取価格を出してもらえる商品をクレジットカードで購入し、それをそのまま売却してしまえば、業者を介することなく自分で現金化を行うことができます。 現金化を行う際には、これらのメリットとデメリットを天秤にかけて、どちらがいいかを検討していくことが大事です。 手間を掛けずに現金化できる業者一覧 目次• 業者の選び方について注意喚起 口コミをご利用頂きありがとうございます。 現金化業者の口コミを行っておりますが、現金化会社の口コミを平均すると2. 5ぐらいの評価になります。 当サイトで評価4以上の現金化会社がありますが、新しい会社で口コミ数が少ないので4以上になる事がございます。 当サイトで紹介している評価1~2の業者は使わないでください。 5以上からお勧めいたします。 また、こちらで紹介しているサイトは3以上の会社になりますのでご安心ください。 クレジットカード現金化は 業者を利用せず自分で行うことができる クレジットカードの現金化は通常、専門の業者へ取引を依頼するのが一般的です。 数多くある業者の中から条件が合うところを選び、簡単な申込手続きをするだけで、早ければ申し込んだその日のうちに必要な現金を用立ててもらえます。 しかし中には、取引業者を利用することに抵抗を感じる方もいらっしゃいます。 例えば安全にカードを使うため、手持ちのクレジットカードの番号を始めとした情報をネット上で入力・使用したくない。 そう考えている方は決して少なくありません。 また、繁華街の一角に軒を構える業者と取引をすることを、不安に思う方も多いでしょう。 現金で買い物をするなら大丈夫でも、不正利用の心配が残るカード決済は慎重に行いたい。 そう考えるのはごくごく自然のことです。 ご安心ください。 そんな方でもカードの現金化は可能です。 業者を利用する場合と比べてやや手間がかかることは否めませんが、いくつかの手順を踏むだけで誰でも簡単に現金を用立てることができるのです。 ですが運悪く悪徳業者にあたってしまった場合、現金化の過程であなたの個人情報が漏洩してしまったとか、当初想定したよりも低い換金率でしか現金化が行えなかったなどのデメリットが生じます。 もちろんこうした悪徳業者は全体のごく一部に過ぎません。 しかしカード番号を始めとした数多くの重要な情報をやりとりする以上、できる限り安全に手続きを進めていきたいと考えるのはごく自然のことです。 安全かつ確実に現金化を行うにはどうすればいいのでしょうか? 解決策のひとつとして、業者を使わないで自力で現金化を行う方法があります。 「自力でできるの?」 思わずそう疑問に思われるかもしれません。 しかしご安心ください。 現金化業者が行っていることに特別な作業はほとんどありません。 真似しようと思えば大半のことが私たちでもできてしまいます。 そのためは、ある程度の時間とフットワークが必要ですが、これさえあれば簡単に現金化を行うことができます。 自分で現金化を行う 具体的な方法をご紹介 必要な手順はたった2つ それでは実際に、どんな方法を実践すれば現金化を自分で行えるのでしょうか? 実際に業者を使わないで現金化を行う場合には、どのような流れで作業を進めていくのかを見ていきましょう。 手順は大きく分けて2つです。 換金性の高い商品を、クレジットカードで購入する• 1で購入した商品を、高値で現金買取してくれるお店へ転売する。 換金性の高いものを探す方法 まずは商品の購入。 クレジットカードで購入ができ、なるべく購入価格に近い値段で売れる商品 換金性が高い を探します。 換金性が高い商品には様々なものがあります。 例えば電化製品やブランド品、人気のゲーム機、ゲームソフトなどは、換金性が高い品物として有名です。 商品ごとの換金率の目安や、メリット・デメリットは以下の通りです。 ブランド品 高く売れる商品と聞いて真っ先に思い浮かぶのが、ブランド品ではないでしょうか? ブランド品には様々な種類の商品がありますが、特に高く売れるのはバッグや財布、時計といった商品です。 ブランド品の中でも、「エルメス」「ロレックス」「ルイ・ヴィトン」といった誰もが知っている人気ブランドの商品を転売すれば、簡単に高換金率を狙うことができます。 例えばロレックスの高級時計であれば、換金率80%~90%以上になることも珍しくありません。 ただし、知名度が低く不人気のブランド品を選んでしまうと、業者に買い叩かれて50%以下の換金率になってしまうことがあるので注意してください。 その他の注意点として、クレジットカードでブランド品を購入した履歴が目立つとカード会社に現金化を疑われてしまい、カード利用停止になるリスクが上昇します。 また、ブランド品を転売する際に新品同様の商品を買取り業者に持ち込むと、盗品の疑いを持たれて買取りを拒否されるかもしれません。 ブランド品を購入する際も注意が必要で、ネット通販やオークションで手軽に購入できる品は偽物の可能性があります。 以上のようなリスクを伴うことから、ブランド品の現金化は積極的におすすめできる方法ではありません。 ゲーム機、ゲームソフト 人気のゲーム機や新作ゲームソフトは誰でも簡単に購入できて価格が手頃なため、気軽に少額の現金化を行いたい場合におすすめの商品です。 ゲーム機・ゲームソフトは買取り相場の変動が激しいですが、売る商品とタイミングが良ければ70%前後の高換金率を狙えます。 特にゲーム機は需要が高まると定価以上の値段で売れることがあるので、話題のゲーム機は早めにゲットしておきましょう。 例えば新型コロナの影響で品薄状態になったポータブルゲーム機「任天堂Switch スイッチ 」は、中古品でも新品価格を上回るほど価格が高騰しました。 ゲーム機を高く売るには、このようなチャンスを先読みして素早く捕まえるのがポイントです。 ただし、不人気のゲーム機やゲームソフトは発売日から1ヶ月経たないうちに価格が急落してしまうことがあるので、注意が必要です。 人気のメーカーやシリーズだからといって確実に高く売れるとは限らず、見極めは難しいところです。 流行の変化を見誤ると換金率で大きく損してしまうおそれがあるので、安定した換金率を望む人はいきなりゲーム機・ゲームソフトに手を出さないほうが良いでしょう。 また、同じゲーム機を一度に何台も購入するとカード会社に現金化を疑われやすくなってしまって危険です。 ゲーム機なら4~5万円以内、ゲームソフトなら1~2万円以内で少額の現金化に留めておくのが安全です。 家電製品 スマホやパソコン、テレビといった家電製品はクレジットカードで購入してもカード会社に怪しまれにくいため、現金化に向いている商品です。 ただ、テレビや冷蔵庫のような大型家電は店舗への持ち込みや梱包・発送作業が大変なので、ノートパソコンやデジカメ、スマホなどの小型家電を選んで購入しましょう。 特に、スマホの人気ブランド iPhoneやGalaxyなど の最新機種はすぐに高額で売れるのでおすすめです。 家電量販店のセールを利用したり、値引き交渉を行ったりして商品を安く購入できれば、100%以上の換金率になることがあります。 ただし、同じ家電製品を一度に何台も購入するとさすがに現金化を怪しまれるので、1回に購入する家電製品は極力1台までに留めておきましょう。 例えば、普通は1人1台しか持たないスマホを一度に3台も4台も購入するのは明らかに不自然です。 家電製品を転売して現金化を行う際は、一度に数万円程度の少額に収まるようにすると安全です。 新幹線回数券 新幹線回数券は90%以上の高い換金率で売れることから非常に人気があり、長らくの間現金化に利用されてきた商品です。 特に、東京から大阪・名古屋・京都などへ向かう人気区間の回数券は、95%~98%の高換金率で売れることがあります。 人気区間の回数券なら、1冊 6枚綴り を転売するだけで一度に5~6万円以上の現金化も可能です。 しかし現在では、現金化目的で新幹線回数券を購入する人が増えたことで、カード会社の監視の目が非常に厳しくなっています。 個人で利用する範囲を超えて新幹線回数券を大量購入すると、必ずカード会社から確認の連絡が来るか、クレジットカードの利用を止められてしまいます。 ですので、一度に購入する回数券の冊数は1冊までに留めておきましょう。 また、同一のクレジットカード・同一の販売窓口で短期間に何度も回数券を購入するのも絶対に避けましょう。 商品券 一番おすすめなのが、百貨店やクレジットカード会社が発行する商品券です。 これらの商品券は使える場所が多いことから高値で買い取りが行われており、またクレジットカードでの購入にもバッチリ対応しています。 加えて、特段の目利き力を必要としないことや持ち運びが簡単であることも優れたメリットです。 商品券を簡単に高く売る方法は、駅前や街中にある金券ショップに直接持ち込むことです。 金券ショップではその場で現金を手渡してもらえるので、即日現金化ができるのもメリットです。 商品券をネットの個人間取引で売る方法もありますが、多くのフリマアプリやオークションでは商品券の出品が禁止されています。 商品券の出品が可能な場合でも、高額な手数料が発生して換金率が10%ほど下がってしまうので注意してください。 商品を転売する方法 購入する商品が決まったら、次は転売です。 「転売」といっても、オークションで売るわけではありません。 出品者登録や出品作業で手間がかかり、また入金までに多くの日数もかかってしまいデメリットが多いことが理由です。 手間の多いオークションよりも、街中の金券ショップやブランド品買取店へ買い取りを依頼するほうがずっと簡単かつ迅速です。 商品と本人確認用の身分証を持参する手間こそありますが、10~20分ほどで手続きが終わり、現金をその場受け取れるのが嬉しいところ。 急いでいるときでも、速やかに現金を工面できます。 また売却価格の確認方法ですが、これも非常に簡単です。 金券ショップやTSUTAYA、ブックオフや大黒屋などの中古買取店では、公式HPで買取価格の一覧表が掲載されています。 最初は何を買えばいいのか、なかなか判断がつかないため、金券や一覧表に掲載されている商品に対象を絞って探すことがおすすめです。 ネットショッピングでの購入後即キャンセルは 現金化に活用できる? この他の取引方法としてかつて人気だったものに、ネットショッピングで商品をクレジット購入し、その後すぐに返品作業を行うという方法がありました。 購入手続きこそカードで行うのですが、返品に伴う返金は現金で行うお店が一定数あり、一時期は高い人気を誇っていました。 しかし今日ではこの方法はあまりおすすめできません。 お店に迷惑がかかってしまうのはもちろんのこと、ショッピングサイト側も対策を講じ、カードで購入した商品の返品はカード内で処理することを推奨していることが理由です。 場合によってはショップ側からペナルティを課されてしまう可能性もあるため、他の方法を検討するか専門業者を利用するほうがずっと安全かつ確実です。 金券・商品をクレジットカードで購入する方法は大丈夫? 購入するものが決まったら、次は実際にクレジットカードで購入します。 ゲームやDVDはAmazonに在庫がある場合が多く、商品券やギフト券は楽天市場とYahoo! ショッピングで多く販売されています。 また、金券は街中でクレジットカードを使って購入するのが難しいのですが、ゲームやDVDは専門店で直接購入することもできます。 なお、Amazon以外のネットショップで金券・商品を購入する際には、送料に注意が必要です。 ゲームソフトやDVD、金券などは通常よりも厳重な方法で発送が行われることが多く、その際やや高めな配送料が購入価格に加算されます。 この場合、発生した送料の分だけ換金率が悪化してしまうため、なるべく安価な方法で配送してもらえるところを選ぶようにしましょう。 購入した金券・商品を売却する 無事に金券・商品を購入できたら、売却価格が変わらないうちに金券ショップや中古買取店で売却してしまいましょう。 特にゲームやDVDは日を追うごとに買取価格が下がっていく傾向が強いため、商品が手元に届いたらなるべく早く売却を完了させることが大切です。 また最近では、宅配買取を行う金券ショップや買取店も多くなっていますが、できれば実店舗で買取を依頼されることをおすすめします。 なぜなら宅配買取では査定や検品、振込作業に時間がかかり、現金化が完了するまでに1週間ほどかかってしまうことが多いからです。 クレジットカード現金化をしようとするときは、大抵できる限り早く現金を工面した状況だと思いますので、速さを優先する場合には、実店舗での売却が最も迅速かつ確実な方法となります。 この3つの手順を踏むことで、自分で行う現金化が完了します。 自分で現金化を行う場合のデメリット クレジットカード現金化を自分で行うと、業者を介さないため安全に現金化を行える点が最大のメリットです。 しかし残念ながら、メリットだけではありません。 現金化を全て自分で行う場合には、2つだけデメリットがあります。 換金率は一部の業者に敵わない 業者を利用しない分、換金率が業者よりも高くなることを期待する方は多いことでしょう。 自分で現金化を行う場合、これらの高換金率業者には敵いません。 僅かな差ではありますが、この換金率の差は、ある種の「安心料」と見なすほかありません。 ある程度の手間がかかる 先ほどご紹介した通り、現金化を自分で行うには3つの手順を踏む必要があります。 これらはネット上での買い物や調べ物に慣れている方にとっては、あまり大きなデメリットにはならないかもしれません。 しかし換金率の高いものを探し、実際に販売されてお店まで足を運び、購入後は商品を金券ショップや買取店まで売りに行く。 これらは思った以上に手間がかかるものです。 手間も時間も最小限に抑えたい方にとっては、ひときわ面倒な作業となってしまうことが想像できます。 安全第一なら自分で 少ない手間で済ませるなら業者を利用しよう 自分でクレジットカードの現金化を行うための方法について、ご紹介致しました。 悪徳業者が一定数存在する中、自力で現金化を行う方法があるということは、現金化にあたって不安が拭えない方にとっては朗報ではないでしょうか。 しかしその一方、自分で現金化を行う場合にはやはり多くの手間と時間がかかります。 高い安全性は確かに魅力ですが、その代わりに換金率や時間が犠牲になってしまいます。 業者に依頼する場合と自分でやる場合にはそれぞれ一長一短であることは否めません。 従って、安全性を第一に考えるなら自分で。 より少なく短時間での現金化を希望するのなら業者への依頼と、その時々の状況に応じて使い分けていくことをおすすめします。 それぞれにメリットがあるため、場面場面に合わせて最適な現金化の方法を選んでください。 最近はAmazonギフト券を使う方法が人気 自宅に居ながらにして 自分で現金化ができる 従来は百貨店共通商品券とカード会社発行の商品券やギフトカードが、自分で現金化を行う際の定番商品でした。 これに加えて最近は、Amazonが発行するAmazonギフト券が徐々に人気を高めつつあります。 Amazonギフト券はネット上で購入できる電子タイプのギフト券で、1〜50,000円の範囲内で好きな金額を指定できることが特徴です。 即日振込サービスを提供しているところも多く、急ぎのときでも金券ショップで商品券の転売を行ったときと同じくらいの速さで現金を工面できるのが嬉しいポイントです。 金券ショップでは取り扱っていない場合も多いため要注意 こうしてみるとメリットばかりのように見えるかもしれません。 しかし、Amazonギフト券は一つだけ注意しなければならないデメリットがあります。 それはEメール型のギフト券の場合、街中の金券ショップでは買い取りを受け付けてくれない点です。 Amazonではカード型とEメール型、2つのギフト券を発売しています。 そのうち後者のEメール型は、メールに記載されているコードをAmazonのサイト上で入力することで初めて利用ができるようになります。 街の金券ショップでこのコードを受け取っても、店頭ではそれが未使用のもので買い取りできるギフト券なのか、それとも使用済みで買い取り不可のものなのかを判断することができません。 そのため、Amazonギフト券はネット上の買取業者でのみ現金化が可能な換金商品と考えておいた方が良いでしょう。 確かに自分でできるけれど 安全かつ多額の取引には優良業者の利用がおすすめ 自分でクレジットカードの現金化を行う具体的な方法について、解説いたしました。 専門業者の独壇場という印象が強いクレジットカードの現金化ですが、実際に行われている取引は思った以上にシンプルなものです。 そのため、どうしても業者を利用したくない事情がある場合には、全て自分で取引を遂行することもできます。 悪徳業者との取引を避けるという点で考えたら、一連の取引を全て自分で行うのはもっとも安全な方法であるといえるでしょう。 しかしこの場合、換金性の高い商品を多く購入したことにより、クレジットカード会社からカードの利用停止手続きが取られてしまう可能性があることに注意が必要です。 カード会社では不正利用が行われていないかをコンピューターでチェックしていますが、換金性の高い商品を多額に購入した場合、不審な取引として目に留まり、自動的にカードが使えなくなってしまう可能性があります。 普段使いのカードが使えなくなった場合、生活の様々な場面で不便が生じることは避けられません。 これを防ぐためには、決済代行会社を用いて利用停止のリスクを回避できる専門業者の利用がもっともおすすめです。 少額の現金化であれば自分で行うのももちろん優れた方法です。 しかし多額の現金が必要な場合には、優良なところを厳選した上で専門業者の利用を検討してみてはいかがでしょうか。 電子マネーを使った現金化もできる 2019年からのキャッシュレス推進政策によって普及に弾みがついた電子マネー nanaco、楽天Edy、WAON、交通系電子マネーなど は、クレジットカード現金化にも便利に使えることをご存知でしょうか? 換金性の高い商品を転売する方法はカード利用停止のリスクを少なからず伴いますが、電子マネーの現金化はカード会社に気づかれにくいのでより安全です。 しかもこの方法なら、商品の転売に伴う手間 店舗への持ち込みや梱包・発送作業 が不要なので手軽に現金化できます。 電子マネーの現金化と聞くとややこしそうに思えるかもしれませんが、以下の3つの方法なら誰でも簡単に現金化が可能です。 電子マネーを簡単に現金化する2つの方法 電子マネーを現金化するには、次の2通りの方法があります。 コンビニの商品は単価が低いので高額現金化には向いていませんが、タバコカートンや化粧品など単価が高めの商品をまとめて購入・返品すると、数千円程度の現金ならすぐに調達できます。 「出先でランチ代や交通費が足りなくなってしまった」「財布を忘れてしまい、スマホしか持っていない」など、ちょっとした緊急時にはこの方法が役に立つでしょう。 ただし、食品・飲料や新聞・雑誌類、電子ギフトカードなど一部の商品は返品不可になっているので注意してください。 SuicaやPASMOなどの交通系電子マネーに関しては、チャージを行った駅の窓口で電子マネーの払い戻しが可能です。 その際、払い戻し手続きに必要な身分証明書 運転免許証やパスポートなど を忘れずに持参して行きましょう。 ただし、チャージを行った駅と異なる駅の窓口で払い戻しを行ったり、払い戻しを行う日がチャージ日の翌日以降になったりすると、払い戻し手数料 1回につき220円 が発生してしまうので注意してください。 また、アプリ型の電子マネー「モバイルSuica」は返金に数週間以上要することがあるので、即日現金化には向いていません。 いずれの電子マネーも、出金方法は「自分の銀行口座への出金」または「セブン銀行ATMからの出金」の2種類から選べます。 土日や深夜でも現金化したい場合は、原則24時間365日利用可能なセブン銀行ATMから出金するのがおすすめです。 セブン銀行ATMから出金を行うには、ATMの操作案内に従って出金用QRコードを表示させ、そのコードをアプリで読み取ります。 するとアプリ上に「企業番号」と「認証番号」が発行されるので、それらの番号をATMに入力して認証を行います。 最後にATMで出金額を指定し、現金を受け取れば完了です。 各電子マネーの出金上限額については、以下の通りです。 以前はクレジットカードで簡単に仮想通貨を購入できたので現金化も容易でしたが、現在は仮想通貨の購入方法に規制がかけられているので、国内取引所ではクレジットカードが使えなくなってしまっています。 このため、仮想通貨でクレジットカード現金化を行うには、規制が緩くクレジットカード決済が可能な海外サービス 取引所または両替所 を利用するしかありません。 2020年現在、日本語に対応していてクレジットカード決済が可能な海外サービスは次の2つです。 MyEtherWallet マイイーサウォレット• changelly チェンジリー ただし、上記のサービスでは直接日本円へ出金することができないので、購入した仮想通貨を一旦国内取引所の口座に送金しなければなりません。 ですので、事前に海外取引所と国内取引所それぞれの口座を開設しておく必要があります。 仮想通貨を利用した現金化の手順をまとめると、次の通りです。 海外取引所と国内取引所の口座開設をする• 海外取引所でクレジットカードを使って仮想通貨を購入する• 海外取引所で購入した仮想通貨を、国内取引所の口座に送金する• 送金した仮想通貨を、国内取引所の口座から日本円として出金する 仮想通貨は価格変動が激しいため、運が良ければ100%以上の換金率になる可能性はありますが、逆に大きく損をしてしまうこともあります。 また、仮想通貨取引所の口座開設には平均で2~3日かかったり、仮想通貨取引に慣れていないと作業に手間取ってしまったりするので、今すぐ現金が欲しいときに仮想通貨を利用して現金化を行うのはおすすめできません。 クレジットカード現金化にわざわざ仮想通貨を利用しなくても、国内の現金化専門業者を利用したほうが簡単・スピーディーで安定した換金率になります。

次の

商品券を現金化する方法を徹底解説

クレカ 現金 化 方法

クレジットカードを現金化する方法とは? まずはクレジットカード現金化の方法について紹介します。 クレジットカードの現金化には様々な方法がありますが、大きく分けて自分で現金化する方法とクレジット現金化業者を利用する方法があります。 ここでは、それぞれの代表的なものを取り上げて説明していきます。 自分で現金化する方法 クレジットカードのショッピング枠で商品券や金券などの商品を購入し、買取業者や質屋に直接持ち込んで現金に換える方法です。 この方法では、商品券や金券の他にも新幹線の回数券、クオカード、バックや時計などのブランド品、ゲーム機、切手など換金性が高い商品が利用できます。 クレジットカード現金化業者を利用する方法 クレジットカード現金化業者とは、文字通りクレジットカードのショッピング枠を現金に換えてくれる業者のことです。 現金化の方法には主に「商品買取型」と「キャッシュバック型」の二通りがあります。 商品買取型 商品買取型は自分で現金化する方法と仕組み自体はほとんど変わりません。 まず、業者が指定する商品を利用者がクレジットのショッピング枠で購入します。 そして、その後、業者にその商品を買い取ってもらい、利用者の手元に現金が入るという仕組みです。 この方法では商品には換金性の高い金券や新幹線の回数券、ブランド品などが利用されます。 その商品には景品(キャッシュバック機能)がついていて、取引成立後、その景品(=現金)が利用者に振り込まれる(キャッシュバックされる)ことにより、利用者の手元に現金が入るという仕組みになっています。 最近では多くのクレジットカード現金化業者がこちらの方式を採用しています。 クレジットカード現金化に身分証明書の提出や本人確認は必要? 現金化の本人確認 クレジットカードの現金化はしたいけど、個人情報を現金化業者に提供することには不安を覚える。 できたら本人確認なしで利用したという人も多いでしょう。 クレジットカードを現金化するときに身分証明書の提出や本人確認は必ず必要なのでしょうか。 必要とすればその理由は何なのでしょうか。 ここではそんな疑問にお答えしていきます。 自分で現金化する方法の場合 こちらの場合には、商品を購入するときには単に自分のクレジットカードを利用するだけなので身分証明書は必要ありません。 しかし、買取業者や質屋などに買い取ってもらうときに原則として身分証明書の提示と本人確認が必要となります。 これは買取業者や質屋などの古物営業を行うものは盗品売買の防止のために「古物営業法」により取引相手の本人確認が義務付けられており、本人確認なしで買取を行ってしまうと業者が罰せられる可能性があるためです。 クレジットカード現金化業者を利用する方法の場合 こちら場合にも、身分証明書の提出と本人確認が必要となります。 必要な理由については次のとおりです。 古物営業法」の適用対象となるため クレジットカード現金化業者との取引も「商品」を介在させたものであるため、買取業者や質屋などの場合と同様に「古物営業法」の適用対象となるという理由があります。 本人確認なしで買取を行ってしまうと業者が罰せられる可能性があるのです。 クレジットカードの不正利用を防止するため クレジットカードの不正利用などの犯罪を防止するためという理由もあります。 クレジットカードにはそれ自体に不正利用や詐欺などの犯罪の可能性がつきまといます。 これらの犯罪を防止するためにも身分確認書の提出と本人確認が必要となるのです。 これはクレジットカード現金化業者も同じです。 そのため、クレジットカード現金化業者は身分証明書の提出を受け、本人確認を行って信頼できる相手かどうかの確認を行うのです。 クレジットカード現金化業者の身分確認書提出・本人確認方法 クレジットカード現金化業者の身分確認書の提出・本人確認方法は、買取業者や質屋の店頭で身分証明書を提示するだけで終わる自分で現金化する方法と比べて、相手の顔の見えないインターネットを通じての取引ということもありより厳密なものとなっています。 ここでは現在、ほとんどので行われている身分確認書の提出・本人確認方法の方法について説明します。 メールでの提出 次の写真(3枚)を撮影しメールで送信します。 必要な写真は身分証明書(なるべく顔写真入り)の表面と裏面、撮影した身分証明書と一緒に写った申込者本人の顔写真です。 これらの写真をクレジットカード現金化業者に提出し申込者の本人確認を行ってもらいます。 電話による本人確認 クレジットカード現金化業者では、特に新規利用者については電話による本人確認も行っています。 これはメールで行った本人確認を確実なものにするためと、提出された身分証明書が偽造されたり、盗まれたりしたものではないことを確認するために行われます。 必要な身分証明書の種類 本人確認に必要な身分証明書 クレジットカード現金化で必要となる身分証明書は何でも良いというわけではありません。 クレジットカード現金化業者には顔写真まで送る必要があるように、その身分証明書が申込者本人のものであると証明しなくてはいけません。 そのため、原則として顔写真入りの身分証明書が必要となります。 一点で済む身分証明書(顔写真入り) 顔写真入りの身分証明書はどれか一点を提示すれば大丈夫です。 具体的には運転免許証が一番ポピュラーですが、他にもパストート、マイナンバーカード写真付住民基本台帳カード、写真付学生証(名前が印字のもの)、写真付クレジットカード、在留カード、障害者手帳などがあります。 二点必要となる身分証明書 顔写真入りの身分証明書がない場合にも次の2点以上を提示すれば大丈夫という業者も多いです。 具体的には保険証、住民票の写し、戸籍謄本、戸籍抄本、印鑑登録証明書、年金手帳住民基本台帳カードがあります。 この他、氏名と住所が身分証明書と一致していれば携帯電話の請求書やクレジットカードの請求書でも代用してくれることもあります。 クレジットカード現金化には身分証明書の提出と本人確認が絶対必要 ここまで、クレジットカード現金化の方法、現金化する際には身分証明書の提出や本人確認の必要性、提出する身分確認書の種類について説明してきました。 結論から言ってクレジットカード現金化にはどの方法をとっても身分証明書の提出・本人確認が絶対必要です。 逆に本人確認が徹底されていない業者は危ないと言うこともできます。 個人情報の提出は悪用される恐れもありとても不安なものですが、絶対必要であると割り切ってクレジットカード現金化を利用するようにしましょう。 また、個人情報が悪用される心配のない信頼できる業者を選ぶことも重要です。

次の

商品券を現金化する方法を徹底解説

クレカ 現金 化 方法

クレジットカード現金化方法と手法は様々 ショッピング枠の現金化(所謂「クレジットカード現金化」)は古くから用いられてきている現金調達方法であり、現在以下の二つが多く用いられています。 ・現金化業者を用いる方法 ・Amazonギフト券買取サービスによる現金化 両者共にメリット・デメリットがあり、 「どちらを選択すれば良いのか分からない・・・」と、頭を抱えてしまう方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし、これらの方法はあくまで現金化手法のほんの一部に過ぎず、別の方法を選択する事によって、 「よりお得に」ショッピング枠を現金化する事も可能です。 当ページではメジャーな上記二つの方法以外の現金化手法に着目し、その特徴と比較を行って行きたいと思います。 キャリア決済でAmazonギフト券を現金化? キャリア決済とはdocomo、au、Softbank(ワイモバイル含む)の3大キャリアを利用しているユーザーが 通信料金・通話料の他に商品代金をまとめて支払える決算手段です。 カードレスでAmazonギフト券の購入が出来、 スピードにも優れています。 具体的な決済方法や限度額をチェックしましょう。 商品券を用いたクレジットカード現金化 「換金率が非常に高い!」 が特徴の、全国共通百貨店共通券・VISAギフト券・JCBギフト券を始めとした「商品券」ですが、 90~98%と超高換金率の反面、 クレジットカード会社の監視が厳しく、利用はややリスキーな正にハイリスクハイリターンのクレジットカード現金化です。 実際に利用停止になった人はいる?ブラックにまでなるの?等、利用しようと考えている方向けの気になる情報をまとめました。 交通系電子マネーはデメリットだらけ? ヤフオク、モバオク等のオークションサイトやメルカリで一時期大量に出品されていた「 suica」「PASMO」といった交通系電子マネーですが、デポジット代金や送料等を考えると割に合わず、 サイトの監視強化に伴い現在では勢いが無くなっています。 現在の出品状況や落札価格を調査しました。 新幹線回数券は危険?リスク考察 王道中の王道である「新幹線回数券」は商品券と同じく 高いリセールバリューを誇るものの、一発で利用停止になる可能性もある 危険度No1の換金物でもあります。 理由はカードの利用履歴に明確に残ってしまう上に、明らかに「個人消費の範囲」を超えてしまうという点が考えられ、ご利用の際は くれぐれも注意及びリスクを考慮した上で臨んでください。 新幹線回数券がリスキーな訳と利用停止になった人の声等をご紹介しながらケーススタディを解説します。 iTunesカードを現金化するメリット Amazonギフト券とセットで語られる事が多い、 「iTunesカード」「GooglePlayカード」を始めとする数々のソーシャル系ギフトカードですが、スマートフォンの普及に伴いスマホゲーム(所謂「ソシャゲ」)を利用する方が急激に増加した事に比例して 需要が年々増加しています。 市場規模が1兆円を超えるまでに拡大した事から見ても、今後 より一層需要が高くなる事が予想されます。 Amazonギフト券とiTunesカードはどちらが得か?! 両者を徹底比較しました。 BITコインでクレジットカード現金化はできる? 高騰を続けるBITコインを始めとした 「仮想通貨」ですが、クレジットカード現金化に於いても利用する事は可能なのでしょうか? 今更聞けない仮想通貨の基礎知識編からクレジットカード現金化への応用編まで、順序立てて解説していきたいと思います。 時期が大事?ゲーム・スマホ転売で現金化 ひと昔前に流行った「ゲーム転売」ですが、ソシャゲの台頭に加えて少子化の影響からか、街に必ずあると言っても良いほどであったファミコンショップはすっかり姿を消してしまい、現在では 買取相場が低く、買い取って貰えるショップも減ってしまったため、 現金化し辛いという状況になっています。 しかし、 状況をしっかりと見極めればお得に現金化が可能であり、まだまだ健在であると言える現金化手法です。 ブランド品・貴金属の換金は損? ブランド品の平均買取額は年々低下しています。 オークションサイトやフリマアプリ等が誰でも簡単に利用出来るようになった事から商品の数が増加した点や大手買取ショップで購入しなくても手に入りやすくなった点が原因と見られておりますが、その反面貴金属は相場の上昇が続いており、 安定した価格での取引が続いている状況です。 貴金属やブランド品を用いた現金化とAmazonギフト券買取を徹底比較しました。 決済アプリを使った現金化法 スマートフォンが普及した事で、 キャッシュレスの動きが加速しています。 最近では「 決済アプリ」が登場し、何と個人間でクレジットカード決済やケータイ払い決済が出来るまでに進化を遂げています。 ワンペイ・LINEペイといった個人間決済サービスでクレジットカード現金化は可能なのか、 手数料・ メリット・ デメリット・ リスク等と併せてご紹介します。 メルカリでクレジットカード現金化 大手フリマアプリ「 メルカリ」で現金が出品されたことが問題となりました。 クレジットカード決済で現金を購入することでショッピング枠を現金化する手法です。 メルカリの一連の事件がテレビやネットニュースを通して一般の人に広まり、現金化への注目が高まったことでクレジットカード現金化を試みる人が増加しました。 現在は 悪徳業者の比率が増えている傾向にあり、現金化業者が健全化へ向けて取り組んでいます。 メルカリでの現金化リスクと安全に取引をする方法について詳しくはこちらをご覧ください。 バンドルカードで現金化 バンドルカードとはvisaプリペイドカードサービスの事で、残高を事前にチャージしておくことで、各種サービスの料金を払うことが出来、仮想通貨やAmazonギフト券の購入にも向いています。 バンドルカードには、アプリ型とカード型(バンドルカード リアル+)という2つのタイプがありそれぞれ使い方が異なります。 カードの特徴や限度額・チャージ方法など詳しく調べました。 nanacoカードは現金化できる? nanacoカードとはセブンイレブンが発行する独自のギフトカードです。 Amazonギフト券買取業者のホームページを見てみると、「nanacoカード」は 90~95%と非常に高い換金率が記載されています。 nanacoカードを現金化する方法・そもそも換金することは可能?・クレジットカードのショッピング枠は利用できる?といった気になる疑問についてまとめました。 上手に利用する事が大事 Amazonギフト券買取以外の方法をご紹介させて頂きましたが、 換金率が良い手法にはやはりリスクが伴い、長くクレジットカードを利用し自身のクレヒスを傷付けないためにも 現在の状況に応じて上手に使い分ける事が何よりも大事です。 決して無理をせず「高換金率」「安全性」の両面から検討する事が望ましいでしょう。

次の