酢蓮の作り方。 華☆花れんこん・雪輪れんこんと酢蓮の作り方 レシピ・作り方 by ヒツジの国|楽天レシピ

【レシピ】豊富な栄養で将来の展望良し!?酢れんこん(酢蓮)の作り方

酢蓮の作り方

酢れんこんの作り方と由来 酢れんこんの作り方とその由来 おせちに入る酢れんこんは、花の形に切られて見た目も美しいですよね。 酢れんこんの由来や作り方に加え、れんこんを美味しく食べるお正月料理のアイデアをまとめました。 酢れんこんの由来とは れんこんの歴史は古く、奈良時代に書かれた万葉集にも出てくるほど。 酢に漬けて作る酢れんこんの由来は、空気に触れるとすぐに黒くなるれんこんの性質から水や酢に入れて黒くならないようにする習性があります。 特にサラダなどそのままの色を大事にするお料理には酢水の方が適していて、長時間変色を防いでくれるのです。 このように変色を防ぐために酢水などにつけたものはシャキシャキした食感になり、その下処理を行わない場合はモチモチした食感になるれんこんは、調理法によって食感が変わる面白い食材といえますね。 おせちにれんこん料理が用いられる理由は、穴が多く将来を見通せるという意味があります。 見通しの明るい一年を祈って、新年に酢れんこんを食べてみてはいかがでしょうか? れんこんの栄養について れんこんは蓮の茎が肥大したもの。 インドから中国、そして日本に伝わった食材と言われています。 天ぷらやきんぴらなど油を使った料理にも合いますので、おせち料理に花形に切ってきんぴられんこんを作っても美しい和食を演出できますね。 れんこんの主成分は芋と同じでデンプン。 食物繊維やビタミンCを多く含み健康・美容食としてもおすすめの食材です。 れんこんを切るとねばねばするのは、ムチンが含まれるからです。 納豆のねばねばと同じ成分で、内臓の機能を高める効果があります。 また、野菜ではめずらしいビタミンB12も含んでいて、心・体両方の疲労回復も期待できます。 おせちに入れる酢れんこんは見た目を美しく おせちに入れる酢れんこんは、見た目を美しく飾る役割を担っています。 酢れんこんを作る際に、れんこんの穴に沿って飾り切りすると美しい花蓮根に。 また、赤い色を付けると紅白の花蓮根の出来上がりです。 酢れんこんの作り方• れんこんの皮をむき、穴の形に添って切り込みを入れ花形蓮根を作ります。 だし汁・砂糖・お酢・薄口醤油・塩を入れひと煮立ちさせる(歯ごたえが残る程度に)• 熱いうちにお好みで鷹の爪を入れ、冷ます 調味料の量はお好みで調整しましょう。 だし汁を多くすれば薄味になります。 また、お鍋で煮なくても電子レンジで作ることも可能です。 電子レンジのゆで野菜機能を使うと便利です。 紅白酢れんこんにするには 紅白の酢れんこんにするには、食紅(赤)を用意します。 半分に食紅を入れて赤くしましょう。 食紅を使いたくない方は赤シソ和えにするのもおすすめです。 ほんのり薄紫-ピンクになり、それも美しい紅白になります。 飾り切りで花蓮根 花蓮根にするには、輪切りにした後、穴に沿って切ります。 穴と穴の間に切り込みを入れてから、その切り込みと切り込みの真ん中から切り込みに向かって切ると上手に穴に沿って飾り切りすることができます。 お酢が苦手な方は煮物もおすすめ 酸っぱい味やシャキシャキしたれんこんが苦手な方は煮物で楽しむこともおすすめです。 れんこんは煮くずれしないため、花の形に飾り切りした花蓮根を煮物に入れるだけでも華やかな印象に。 にんじんと一緒に飾り切りすると美しいお花畑のような煮物が出来上がります。 れんこん・にんじんは煮しめ(筑前煮)に入ることが多い野菜ですが、ちょっと違った煮物をお正月料理として作っても面白いですね。 花れんこんの煮物に合う食材 野菜の中でも色も味も薄いれんこん、多くの食材が合いますが、おせち料理として飾る場合に一緒に煮物にすると美しい食材をご紹介します。 にんじん オレンジが美しく、れんこんの白と紅白を表現してくれます ひじき 黒豆などで表現される厄除け・邪除けの黒、白いれんこんと色合いも味もいい相性です 牛肉 薄い味のれんこんに牛肉のコクを追加することで、こっくりした味わいの一品に 絹さや 上記で紹介した、にんじん・ひじき・牛肉、どれに足してもいい緑のポイントカラー れんこんの厚切りステーキで大胆に 縁起物のれんこんをもっとも美味しく大胆に食べる方法、それは「れんこんの厚切りステーキ」です。 味付けは醤油やバター、バルサミコでも合います。 見た目も華やかで美しく、おせち料理の一品としても映える料理。 いつもと違うお正月料理のメニューに加えてみてはいかがでしょうか? 酢れんこんは簡単にできる華やかなメニューですが、たくさん穴の開いた面白い野菜であるれんこんは他にもお正月料理を美しく飾るメニューが盛りだくさんです。 あなたの一年が見通しよい素敵な年になりますように、ぜひ新年にれんこん料理をお楽しみください。 関連記事• 人気記事•

次の

プロの田作りの作り方。鈴木登紀子さんのおせち料理のレシピ。

酢蓮の作り方

ゆでる時間は3〜4分ほど。 歯ごたえが残る程度にゆでます。 ひとつ食べてみて、ゆで上がっていればざる上げします。 ざる上げしたら熱いうちに塩2〜3つまみ(分量外)をれんこん全体にふりかけます。 5分くらい置いて塩をなじませつつ粗熱を取り、保存容器に用意したAに漬け込みます。 れんこんにしっかり味がなじむように、キッチンペーパーを上に広げておくとよりよいです。 粗熱が取れてから冷蔵庫に入れ、2〜3時間以上味をなじませてから食べるのがおすすめです。 日持ちは冷蔵庫保存で1週間から10日ほどです。 れんこんをゆでる湯にも塩を加え、ゆで上がってからも塩をするやり方にしています(ゆで湯に塩を入れたほうがまんべんなく塩味がつくのですが、使用する塩が多くなりすぎるので、ゆで上がってから直に塩もふるレシピにしています)。 酢れんこんは年中使えるのでの具にしたり、お弁当やおせちなどにもぜひ使ってみてください。 れんこんをゆでた後の色の変色について、これは鮮度などのれんこんそのものによる影響がいちばん大きいように思います。 切った後に酢水にさらす、ゆでるときに大さじ1ほどの酢を使うなど、変色しにくくなると言われる酢を工程ごとに使っても、 変色するれんこんは変色します(ただ、甘酢に漬けると変色はある程度おさまるのですが、ものによっては漬け込んだあとも黒っぽいままに!)。 できるだけ新鮮なれんこんを購入し、買ってきたらすぐに調理する、というのがいちばんの予防策かもしれません。 この変色については、また何か新しいことがわかれば追記しようと思います。

次の

作り置き甘酢(甘酢漬けの素)のレシピ/作り方:白ごはん.com

酢蓮の作り方

ゆでる時間は3〜4分ほど。 歯ごたえが残る程度にゆでます。 ひとつ食べてみて、ゆで上がっていればざる上げします。 ざる上げしたら熱いうちに塩2〜3つまみ(分量外)をれんこん全体にふりかけます。 5分くらい置いて塩をなじませつつ粗熱を取り、保存容器に用意したAに漬け込みます。 れんこんにしっかり味がなじむように、キッチンペーパーを上に広げておくとよりよいです。 粗熱が取れてから冷蔵庫に入れ、2〜3時間以上味をなじませてから食べるのがおすすめです。 日持ちは冷蔵庫保存で1週間から10日ほどです。 れんこんをゆでる湯にも塩を加え、ゆで上がってからも塩をするやり方にしています(ゆで湯に塩を入れたほうがまんべんなく塩味がつくのですが、使用する塩が多くなりすぎるので、ゆで上がってから直に塩もふるレシピにしています)。 酢れんこんは年中使えるのでの具にしたり、お弁当やおせちなどにもぜひ使ってみてください。 れんこんをゆでた後の色の変色について、これは鮮度などのれんこんそのものによる影響がいちばん大きいように思います。 切った後に酢水にさらす、ゆでるときに大さじ1ほどの酢を使うなど、変色しにくくなると言われる酢を工程ごとに使っても、 変色するれんこんは変色します(ただ、甘酢に漬けると変色はある程度おさまるのですが、ものによっては漬け込んだあとも黒っぽいままに!)。 できるだけ新鮮なれんこんを購入し、買ってきたらすぐに調理する、というのがいちばんの予防策かもしれません。 この変色については、また何か新しいことがわかれば追記しようと思います。

次の