モンハン 4g チャアク 装備。 【モンハン】チャージアックス(剣士)向けG級序盤〜終盤装備(真打業物挑戦者+α) #MH4G

【MH4G】発掘武器の見た目とギルクエモンスターの対応まとめ

モンハン 4g チャアク 装備

どうも。 最近いろんな武器を試して楽しんでいる並ハンター ushigyuです。 先日について書いたのですが、そういえば(一応)本職である チャージアックスについてはまだだったことを思い出しました。 モンハン4では強力な操虫棍に比べイマイチ微妙な武器だった感もあるチャージアックスですが、4Gで加わった新アクションのおかげもあってかなり使いやすくなりました。 バリエーションが多く覚えるのが難しいと言われるチャージアックスですが、基本となるパターンはそんなに多くありません。 状態異常で攻めることも、がっちりガードしながら固く行くことも、一発のロマンにかける豪快な攻撃もできるチャージアックス。 楽しいですよ! 目次• チャージアックスってどういう武器? チャージアックスは、片手剣に近い細かい攻撃やガードができる「剣モード」と、振り回して威力の高い攻撃ができる「斧モード」の2パターンを駆使して戦う武器。 基本的な戦い方としては、剣モードで榴弾ビン(強属性ビン)を溜めつつ、スキあらば斧モードでの属性解放斬りで大きなダメージを与えていく、という流れになります。 さらに、4Gで追加された新アクション「盾突き」、および「属性強化状態」「超高出力属性解放斬り」が非常に強力。 麻痺や睡眠といった属性異常の蓄積値が非常に高く、やパーティープレイで麻痺させたいときなど非常に有効。 ビンが溜まった状態で高出力属性解放斬りをRボタンでキャンセルすると、属性強化状態という状態に移行。 武器が赤く光るほかモーションがさらに大振りでカッコイイ感じに変わり、衝撃波のようなものまで出て攻撃できるリーチも長くなります。 スタン効果も高い。 超高出力を放ったところ。 以下の動画で盾突き&超高出力の威力はわかるかと思います。 のけぞらなくなるほか、ガード時にビン効果が付加される なお、属性強化状態はビン1本あたり30秒、最大300秒まで溜めることが可能。 マークが黄色で点滅しだしたら残り30秒のサインです。 【立ち回り】 剣モードで二連斬り(A)を中心とした攻撃でビンを溜めていき、溜まったら斧モードでの属性解放斬りで攻撃するというパターンが基本。 属性強化状態にしてからさらにビンを溜め、そこから斧で攻撃してもいいでしょう。 スキの少ないモンスターには剣モードで手堅く戦ってもいいですし、ガードができず移動が遅くても斧での立ち回りに自信のある方であれば、斧モード中心で組み立てることもできる自由度の高さも魅力です。 前述の通り、睡眠や麻痺といった状態異常を蓄積させたいならひたすら盾突きで攻撃するのも手。 ただし盾突き自体の威力はそれほどないのでご注意を。 ただし、このラッシュは仲間ハンターを吹っ飛ばしたりこかせたりする攻撃オンパレードなので、パーティープレイ時はTPOを選んで使うことをおすすめします。 「ガードポイント」を使いこなせるようになれば、チャージアックス上級者。 斧モード時やガードが間に合わないときにこのガードポイントで防御できるようになれば、生存率はグッとアップするでしょう。 チャージアックスについては有志の方がめちゃくちゃ詳しい動画をアップしてくれているので、そちらも参考にどうぞ。 【スキル】 特にこれといってチャージアックスで特に有利な必須スキルはありません。 いわゆる「ドクドミ(頭は任意、胴:怒天、腕:クジュラ、腰:怒天、脚:ミラアルマ)」や「ウカウカウ(ウカム、カイザー、ウカム、カイザー、ウカム)」のようなテンプレ装備で十分OK。 1スロで2ポイントのスキルなので、空きスロでも発動させやすいと思います。 あとは回避性能や距離をつけるもよし、ガード性能を強化するもよし、挑戦者など攻撃系スキルで火力を盛るもよし。 採掘で取れる鉱石とネルスキュラ亜種の素材で作れ、覚醒すると麻痺が発動する上にスロ3。 終盤まで使えます。 デザートローズ(攻900、麻痺220) 覚醒なしの麻痺盾斧ならこれ。 ザボア亜種とディアブロス尻尾、ディア亜種角が必要なのでシュヴァルツスクードに比べると難易度高め。 でも1本作っておくと特にパーティーで活躍します。 チャアクの睡眠爆破動画での装備は全部コレです。 高い睡眠属性値に、会心率も高いので攻撃力のプラスアルファ、状態異常攻撃や特殊会心スキルをつければさらに眠らせ率アップ。 素材的にはクシャルダオラの角が一番のネックなので、それが手に入らないうちは1つ前のシュバルツシュラー改でも十分活躍してくれます。 モンスターの弱点属性のものがないとき(や、装備揃えたり変えるのがめんどくさいとき)はこれでどんなモンスターにもそれなりに通用するので便利。 匠をつけても斬れ味青までですが、それを補って余りある攻撃力と会心率。 斬れ味的に弾かれやすいので心眼推奨ですが、それさえ付けておけば物理で押しまくれる強力な武器となります。 あとがき それでは、よいチャージアックスライフを!• 関連:• 関連:• 関連:• 関連:• 関連:.

次の

チャージアックス

モンハン 4g チャアク 装備

どうも。 最近いろんな武器を試して楽しんでいる並ハンター ushigyuです。 先日について書いたのですが、そういえば(一応)本職である チャージアックスについてはまだだったことを思い出しました。 モンハン4では強力な操虫棍に比べイマイチ微妙な武器だった感もあるチャージアックスですが、4Gで加わった新アクションのおかげもあってかなり使いやすくなりました。 バリエーションが多く覚えるのが難しいと言われるチャージアックスですが、基本となるパターンはそんなに多くありません。 状態異常で攻めることも、がっちりガードしながら固く行くことも、一発のロマンにかける豪快な攻撃もできるチャージアックス。 楽しいですよ! 目次• チャージアックスってどういう武器? チャージアックスは、片手剣に近い細かい攻撃やガードができる「剣モード」と、振り回して威力の高い攻撃ができる「斧モード」の2パターンを駆使して戦う武器。 基本的な戦い方としては、剣モードで榴弾ビン(強属性ビン)を溜めつつ、スキあらば斧モードでの属性解放斬りで大きなダメージを与えていく、という流れになります。 さらに、4Gで追加された新アクション「盾突き」、および「属性強化状態」「超高出力属性解放斬り」が非常に強力。 麻痺や睡眠といった属性異常の蓄積値が非常に高く、やパーティープレイで麻痺させたいときなど非常に有効。 ビンが溜まった状態で高出力属性解放斬りをRボタンでキャンセルすると、属性強化状態という状態に移行。 武器が赤く光るほかモーションがさらに大振りでカッコイイ感じに変わり、衝撃波のようなものまで出て攻撃できるリーチも長くなります。 スタン効果も高い。 超高出力を放ったところ。 以下の動画で盾突き&超高出力の威力はわかるかと思います。 のけぞらなくなるほか、ガード時にビン効果が付加される なお、属性強化状態はビン1本あたり30秒、最大300秒まで溜めることが可能。 マークが黄色で点滅しだしたら残り30秒のサインです。 【立ち回り】 剣モードで二連斬り(A)を中心とした攻撃でビンを溜めていき、溜まったら斧モードでの属性解放斬りで攻撃するというパターンが基本。 属性強化状態にしてからさらにビンを溜め、そこから斧で攻撃してもいいでしょう。 スキの少ないモンスターには剣モードで手堅く戦ってもいいですし、ガードができず移動が遅くても斧での立ち回りに自信のある方であれば、斧モード中心で組み立てることもできる自由度の高さも魅力です。 前述の通り、睡眠や麻痺といった状態異常を蓄積させたいならひたすら盾突きで攻撃するのも手。 ただし盾突き自体の威力はそれほどないのでご注意を。 ただし、このラッシュは仲間ハンターを吹っ飛ばしたりこかせたりする攻撃オンパレードなので、パーティープレイ時はTPOを選んで使うことをおすすめします。 「ガードポイント」を使いこなせるようになれば、チャージアックス上級者。 斧モード時やガードが間に合わないときにこのガードポイントで防御できるようになれば、生存率はグッとアップするでしょう。 チャージアックスについては有志の方がめちゃくちゃ詳しい動画をアップしてくれているので、そちらも参考にどうぞ。 【スキル】 特にこれといってチャージアックスで特に有利な必須スキルはありません。 いわゆる「ドクドミ(頭は任意、胴:怒天、腕:クジュラ、腰:怒天、脚:ミラアルマ)」や「ウカウカウ(ウカム、カイザー、ウカム、カイザー、ウカム)」のようなテンプレ装備で十分OK。 1スロで2ポイントのスキルなので、空きスロでも発動させやすいと思います。 あとは回避性能や距離をつけるもよし、ガード性能を強化するもよし、挑戦者など攻撃系スキルで火力を盛るもよし。 採掘で取れる鉱石とネルスキュラ亜種の素材で作れ、覚醒すると麻痺が発動する上にスロ3。 終盤まで使えます。 デザートローズ(攻900、麻痺220) 覚醒なしの麻痺盾斧ならこれ。 ザボア亜種とディアブロス尻尾、ディア亜種角が必要なのでシュヴァルツスクードに比べると難易度高め。 でも1本作っておくと特にパーティーで活躍します。 チャアクの睡眠爆破動画での装備は全部コレです。 高い睡眠属性値に、会心率も高いので攻撃力のプラスアルファ、状態異常攻撃や特殊会心スキルをつければさらに眠らせ率アップ。 素材的にはクシャルダオラの角が一番のネックなので、それが手に入らないうちは1つ前のシュバルツシュラー改でも十分活躍してくれます。 モンスターの弱点属性のものがないとき(や、装備揃えたり変えるのがめんどくさいとき)はこれでどんなモンスターにもそれなりに通用するので便利。 匠をつけても斬れ味青までですが、それを補って余りある攻撃力と会心率。 斬れ味的に弾かれやすいので心眼推奨ですが、それさえ付けておけば物理で押しまくれる強力な武器となります。 あとがき それでは、よいチャージアックスライフを!• 関連:• 関連:• 関連:• 関連:• 関連:.

次の

MHXX 最強のチャージアックス「ジオブロス」作成完了!ブレイヴチャアク用の装備も作ったのでおすすめスキル等も紹介します。【モンスターハンターダブルクロス】

モンハン 4g チャアク 装備

大前提 ぼくは、モンハンにおける装備の正解はないと思っている。 もちろん、 理想的な立ち回りを考慮の上早期のクリアを目指すという視点で見るならば、最適解は存在するだろう。 しかし、プレイヤーの実力は多種多様。 それぞれが自分に合ったスキル構成をするのが正解だと思うんだ。 ぼくは人にスキル構成を強要するのが好きではない。 ハンターそれぞれに個性があることこそが面白いと思うからだ。 (だからこそ、今作の高難易度は少し残念。 効率的な構成でないと、クリア自体も難しいからだ。 ) ただ、仲間内でなら自由な構成でいいと思うけれど、オンライン等で赤の他人とプレイするときは、クリアできそうな安心感のある装備を組むこともまた重要だと思う。 なので、ここではあえてこれという装備を紹介をせず、オススメスキルを挙げていくので、それを吟味して自分なりに考えた装備を作って欲しいな。 なお、 これらのスキルは武器ごとの必須スキル・斬れ味系スキルよりは優先度が下である点も注意して欲しい。 (弱点特効は、肉質45以上の部位に肉質+5のダメージを与える。 肉質45の部位を攻撃すると50の部位を攻撃したことになる。 計算すればわかるけれど、 攻撃超よりも遥かに火力が上がるよ。 5スロで発動させられる上、事故防止、手数上昇に繋がる攻防一体の優秀なスキルだ。 テオの粉塵は発生がはやく、回避がとてもしづらい。 細菌研究家で爆破やられを防いでおけば、事故死が減る上に、 転がって爆破やられを解消する時間が不要になるので、その分手数を増やせるよ。 他にも、猫飯で「毛づくろい術」を発動させることによって、爆破やられ解消に必要な回避の回数を減らすこともできる。 こっちは回避性能と相性がいいよ。 ちなみに、耳栓でなく金剛体をつけておくと、粉塵発生時に尻もちをつかなくなるので、余裕があるならこっちをオススメ。 金剛体が付けられない場合は、猫飯で「ふんばり術」を発動させると、同様に尻もちをつかないようになるよ。 挑戦者は、1はあまり優秀とはいえないので、付けるなら2は必須。 ただ、スタンや乗りを中心の戦い方にする場合は怒りを解除することが多いので、パーティーの武器構成によっては他の火力スキルと交換しよう。 今作は特にスーパーノヴァが厄介なので怒り解除させたほうが戦いやすい。 そういう意味では優先度は少し下がったと言えそうだ。 極限状態では頭、前脚、胴、尻尾を狙っていくことになるけれど、切断武器であれば、幸いこれら全ての部位も肉質が45以上だ。 (硬化した前脚は除く。 ) ので注意が必要だ。 理由は、 ・ 高レベルで揺れが追加されるローリングアタックに対しての安定感。 ・ 極限状態は手数が出しにくい。 それを考慮して、画面端に向かってのデンプシー(殴り連)を最後の揺れを無視して攻撃できたり、耐震があるからこそ手数が増えるタイミングがあるのは見逃せない。 ・ 同じく相性のいい痛撃のSPを含むウカムXに耐震のSPがあるため、回避性能に比べて発動させやすい。 とにかく被弾したくないという人は、耐震と回避性能を両方入れることでかなり安定感が増すと思うよ。 先程言ったように、挑戦者は、1はあまり優秀とはいえないので、付けるなら2まで頑張ろう。 理由は、 ・ 開幕の咆哮、腕硬化時の咆哮で効率良く極限状態の解除値を蓄積できる。 ・ 再極限化時の咆哮は事故死に繋がる可能性アリ。 開幕の咆哮は応急耳栓で無効化できるので、耳栓なしでもいけないことはない。 再極限化時の咆哮はガード武器ならガードもできるので、そろそろだと思ったら意識しておこう。 拘束に便利な罠師は余裕があるならつけておいて損はない。 (状態異常武器の片手剣や双剣等の手数武器では是非付けていこう。 ) 他には硬化時の前脚に攻撃を通せる(弾かれによる事故を減らせる)心眼等が候補としては挙げられると思うよ。 あくまでぼくの一意見だったけれど、参考になっただろうか。 極限状態のラージャンも、慣れれば案外楽しい。 強敵だけれど、頑張って狩れるようになろう! 追記:MH4Gラージャン攻略記事はコチラ!.

次の