中 日 新聞 杯 2019。 【データ】ラグビーW杯期間中の訪日フライト検索&予約データ分析結果

中日新聞杯【2019年12月7日中京11R】

中 日 新聞 杯 2019

今回は 中日新聞杯2019予想:追い切り・調教分析〜好走率71%の好走パターンを踏んだ本命馬〜を中心とした記事を書いていきます。 今年で55回目となる中日新聞杯。 この数字だけを見れば伝統のある一戦なのですが、開催時期や条件がたびたび変更されてきています。 2000~2011年は12月上旬~中旬に、2012~2016年は3月上旬~中旬に。 そして一昨年からは金鯱賞と入れ替わる形で、再びこの時期の開催となりました。 果たしでどの馬がこの難解ハンデ戦を制するか、 追い切り・調教観点から検討していきます。 【中日新聞杯2019予想】追い切り・調教分析 まずは確定した枠順配置を確認しておきましょう。 中日新聞杯 枠順配置 1- 1ロードヴァンドール 牡6 太宰啓介 1- 2メイショウエイコウ 牡5 蛯名正義 2- 3カヴァル 牡4 丸山元気 2- 4サトノガーネット 牝4 坂井瑠星 3- 5ランドネ 牝4 藤岡康太 3- 6アイスバブル 牡4 スミヨン 4- 7アイスストーム 牡4 吉田隼人 4- 8アドマイヤジャスタ 牡3 岩田康誠 5- 9ラストドラフト 牡3 マーフィー 5-10ジェシー 牡4 横山武史 6-11タニノフランケル 牡4 松若風馬 6-12ショウナンバッハ 牡8 吉田豊 7-13サトノソルタス 牡4 秋山真一郎 7-14パリンジェネシス 牡5 鮫島克駿 8-15ミスマンマミーア 牝4 藤田菜七子 8-16マイネルサーパス 牡3 丹内祐次 中京芝2000m 正面スタンド前からのスタートで最初のコーナーまでは約314m、最後の直線は約412m。 最初の直線は短めで、最後の直線は長めというコース設定となっています。 最後の直線には急坂が待ち構えるコースで、直線長い+急坂というタフなコースとなっている。 基本的にはスローペースになると考えて予想を組み立ててOK。 速くなることがあっても平均ペースまでで、ハイペースになる事はほとんどないです。 その為、差しが利きやすい中京芝コースの中では先行馬が踏ん張れるコース設定となっています。 それでは、有力各馬の 最終追い切り・調教を考察していきます。 【アイスストーム】 《1週前追い切り》 助手 栗坂 良 54. 5 39. 7 24. 9 12. 1 馬なり 《最終追い切り》 吉田隼 栗CW 良 82. 7 66. 7 51. 9 38. 5 11. 7【7】直強め インビジブルレイズ(古馬3勝)1. 〝栗東CW仕上げ〟というのは新馬7着以来の事になるので、追い切りパターンからは強調出来ないパターンになります。 追い切りの水準としては毎度超高水準追い切りを消化する馬で、その辺りはいつもと変わりなく。 追い切りの水準だけを見れば重賞でも好走する力はありそうな雰囲気は感じます。 今回はそろそろ人気落ちの場面で、狙いは立ちそう。 追い切りパターンを変えてきた事だけが気掛かりではあります。 【ラストドラフト】 《1週前追い切り》 マーフィ 美南W 稍 67. 1 52. 3 38. 5 12. 4【6】馬なり スーパーブレイク(古馬1勝)0. 8秒追走0. 2秒先着 《最終追い切り》 調教師 美南W 稍 67. 7 52. 1 38. 6 12. 4【4】馬なり アーザムブルー(古馬1勝)01. 0秒追走同入 追い切り考察 ここまで5戦を消化。 その内2戦で〝美南P仕上げ〟3戦で〝美南W仕上げ〟となっています。 今走は〝美南W仕上げ〟でレースに臨んでくることになりました。 2走目・3走目は中6週という間隔でも在厩で調整されており、現代競馬としては珍しいパターンとなっていました。 今回も中6週で11/1に乗り出しを開始されて厩舎でじっくりと乗り込まれています。 『馬なり調整を中心に併せ馬で負荷を掛けつつで本数をこなす』というこの馬なり追い切りパターンを踏まれてきました。 2週前追い切り・1週前追い切りではマーフィー騎手が跨っており、追い切りからは順調そのものといった雰囲気です。 【タニノフランケル】 《1週前追い切り》 助手 栗CW 良 72. 8 55. 8 40. 2 13. 0【9】馬なり ロータスランド(2歳1勝)0. 7秒先行1. 0秒遅れ 《最終追い切り》 助手 栗坂 良 56. 5 40. 8 26. 0 12. 5 馬なり シーリア(古馬オープン)0. 近走はこの追い切りパターンを続けています。 好走パターンとしては、強い負荷の追い切りを行うか併せ馬で本数をこなす、このどちらか。 今走は中間馬なり調整が中心ですが、併せ馬を9本行われて熱心に乗り込まれています。 この馬の好走パターンとしてはクリアしてきていると考えて良さそうです。 しかし、気になるのは追い切りの水準が好調期に比べて明らかに劣っている事。 元々坂路では4F52秒? 53秒台、栗東CWでは5F65秒? 66秒台を軽く出してくる馬でした。 それが近走は坂路4F56秒台、栗東CW5F70秒台と以前に比べて時計を出せていません。 併せ馬では格下に遅れを見せるようになっており、馬が走る気に向いていない雰囲気を感じます。 追い切りからは強気には推しづらい印象です。 【サトノソルタス】 《1週前追い切り》 助手 美南W 重 84. 1 67. 9 52. 6 38. 3 12. 4【5】末一杯 オハナ(古馬3勝)0. 4秒追走同入 《最終追い切り》 助手 美南W 稍 68. 0 53. 4 39. 7 12. 8【6】馬なり 追い切り考察 美南Wと美浦坂路の併用で調整されるいつも通りの追い切りパターンを踏まれています。 1週前追い切りで併せ馬で負荷を掛けるパターンもいつも通り。 追い切りからは近走のデキを維持している印象を受けます。 【マイネルサーパス】 《1週前追い切り》 ナシ 《最終追い切り》 助手 美南W 稍 67. 5 54. 0 40. 2 12. 7【5】馬なり バーナードループ(新馬)0. 8秒追走0. 1秒遅れ 追い切り考察 美南Wと美浦坂路の併用で調整されるいつも通りの追い切りパターンを踏まれています。 間隔が詰まる分、坂路1本・美南W1本ではありますが、追い切りの水準は上々。 最終追い切りでは新馬に遅れを見せましたが、大きく追走してのものなので大きく評価を落とす必要はないかなという印象です。 前走は遠征競馬でも馬体を減らすことなく勝利して、馬も充実期に入っているイメージ。 ここは重視して考えたい一頭です。 【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。 今なら先着50名様、無料登録で厳選買い目情報を毎週提供してくれます。 8 66. 6 52. 2 37. 7 12. 5【7】馬なり バイマイサイド(古馬3勝)0. 3秒先行0. 5秒遅れ 《最終追い切り》 スミヨン 栗CW 良 83. 9 67. 0 51. 9 38. 3 12. 0【8】強め スヴァルナ(古馬3勝)0. 4秒追走0. これは準オープンを勝ち上がった追い切りパターンになります。 この馬自身この追い切りパターンでは【3-2-0-2】となっており、これが好走パターンになっています。 内容に目を向けると、併せ馬で遅れを連発するという、一見あまり良く見えない追い切り内容。 しかし、この馬としてはこれが当たり前の水準。 前走の追い切りでは6度併せ馬を行われて2度遅れ。 2走走の追い切りでは3度併せ馬を行われて2度遅れ。 3走前の追い切りでは6度併せ馬を行われて全て遅れ。 4走前の追い切りでは3度併せ馬を行われて全て遅れています。 併せ馬で遅れることは気にする必要はないでしょう。 追い切りパターンとしては好走パターンの追い切りを踏まれており、追い切りからは高評価できる一頭です。 今だけの特別なお知らせ!! 今、 登録するだけで有料ポイントが無料で手に入るお得サイト。 無料でも十分な情報量と予想を提供しているサイトですが、 期間限定で本来なら有料でしか手に入らない情報が無料で見ることが出来ます。 もらえる有料ポイントが多い競馬サイトをランキング形式でご紹介します! いずれのサイトも メールアドレスの登録のみで、見る事が出来るサイトとなっています。 登録するなら今がチャンスです! 【docomo・Softbank・icloud】メールですと届かない可能性がありますので、【gmail・yahooメール】での登録をオススメします。 元JRA関係者だからできる情報を提供してくれるサイトです。 今話題沸騰中のサイト!『競馬報道』がアツイ 『血統』や『調教』、『騎手』にスポットライトを当て コース別徹底分析と充実したコンテンツに注目。 重賞情報も随時更新されるので登録しておいて損はナシ!.

次の

第61回朝日新聞社杯競輪祭

中 日 新聞 杯 2019

KEIRINグランプリ2019への道のり [ ] 当大会は、当年にで行われる、の出場権をかけた最後の一戦となる。 当大会開幕直前までに、同レースへの優先出場権を得た選手は以下の4名。 ・ 優勝 (賞金2位) 優勝 (賞金1位) 優勝 (賞金8位) 優勝 (賞金5位) 残る5名は、当大会の優勝者ないし、競輪祭最終日(当年11月24日)時点における「選考用賞金獲得額」の上位者から選出される が、以下の2名が賞金獲得額上位者として出場を確定させている (賞金獲得額順位は当年当大会開幕直前時点による )。 - 賞金獲得額 第3位• - 同 第4位 以上の前提に立ち、実質的に決勝戦が行われるまでに残った椅子は3名。 そして残る3名の争いは、• - 同 第6位• - 同 第7位• - 同 第9位• - 同 第10位 に加え、下記に記した決勝戦に進出したメンバー(の5名=柏野・木暮・和田・坂口・吉田)ということになった。 9位と10位の間に大きな金額差がある中で迎えた今回の競輪祭。 決勝進出を果たしたうち、7位・平原と9位・松浦は完走できればGP出場決定(逆に言うとレースで失格すると危うい状況) 、片や10位・諸橋は優勝が必須となった。 なお6位・郡司は、4日目・2次予選Bで落車して途中欠場となり、約6850万円で終えた。 清水・平原・松浦のいずれかが優勝した場合は、賞金9番手に残ってGP出場となる結果待ちになったが 、松浦の優勝によって最後の枠を掴んだ。 レースプログラム [ ] 6日間で各5走。 1次予選では各2走して、着順に応じたポイント(数値設定は昨年大会と同じ)の合計上位選手が、4日目の2次予選に進出(1-9位はダイヤモンドレースへ)。 1着 2着 3着 4着 5着 6着 7着 8着 9着 棄権 1走 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 2走 13 11 9 結果的に進出ボーダーラインは、2次予選Aが15ポイント、2次予選Bが11ポイントとなった。 昨年とは異なり、4・5日目は、敗者戦を最終第12Rに持ってきた。 L級 B=「アメジスト」、A=「トパーズ」。 19(火) 20(水) 21(木) 22(金) 23(土) 24(日) 1R 1次予選 1 1次予選 1 1次予選 2 選抜 一般 一般 2R 3R 選抜 4R 選抜 5R 1次予選 2 2次予選 B 6R 特選 7R 特選 8R 2次予選 A 9R L予選1(B) L予選2(B) L選抜(B) 準決勝 10R L選抜(A) 特秀 11R L予選1(A) L予選2(A) L決勝(B) DMR 12R L決勝(A) 選抜 一般 0決勝 0 決勝戦 [ ] 競走成績 [ ]• 11月24日(日)第12レース• 4 走注(押上) 4 6 S1 1車身 11. 2 8 4 S1 4車身 11. 9 JH 9 3 SS 大差 14. 4 配当金額 [ ]• 清水裕友-松浦悠士-柏野智典、和田健太郎、吉田拓矢-平原康多-諸橋愛、坂口晃輔、木暮安由で周回。 清水が誘導員との距離を大きく空けつつ、後方の様子を窺う。 残り2周で誘導員が退避。 一本棒の5番手から吉田は仕掛けるも先頭に立つまで時間がかかり、清水は突っ張り気味に一旦イエローライン近くまで上がってから、平原の所でイン粘り。 平原は最終1センターで外へふくらんで完全に後退。 その直後に清水が早くも発進して、バック手前で吉田を乗り越える。 続いた松浦は、吉田を抜かした後に清水との車間を空けて、(柏野を捌いた)諸橋に気づいて警戒してギリギリまで待ってから踏み 、ゴール前で清水に追い付きハンドル投げで交わした。 GI決勝進出3回目での優勝。 グレード制導入後では、広島勢で初の快挙となった。 GI初制覇となった選手は、の・以来。 また、競輪祭におけるGI初制覇は、()・以来。 清水が2着に残り、準決勝第10R 同様となる中国両者のワンツー。 諸橋は和田の捲り追込をブロックしてから直線に入って3着に終わった。 この節のが望まれています。 特記事項 [ ]• 前年同様、競輪祭期間中の昼間には「KEIRINフェスティバル」を実施。 前半3日間(11月19日〜21日)はとで、後半3日間(11月22日〜24日)はとで、それぞれ開催。 但し本年はオールS級戦を開催した前年とは異なり、10R制になった以外はいずれの開催もA級戦を含む通常開催(FI)であった。 特別競輪withによるスペシャルサイト「ウルトラケイリン」特設サイトでは、ウルトラバトルクイズは対であった。 決勝戦の地上波中継は、《系列 全6局ネット》が20:00 - 20:50に、『熱血ペダル!! のと時間帯が完全に被った事もあり6日間の総売上は、88億5991万2200円。 目標の110億円には大きく及ばず、前回大会比83. 競走データ [ ]• では、来年に予定されていた出場を目指すとが10月のGIに続き海外での競技優先のため、またが怪我のため、それぞれ不在の大会となった。 昨年大会の決勝にも出場していたのは、と、今回で7年連続ファイナリストとなったと、3年連続の。 脚注 [ ]• - KEIRIN GRAND PRIX 2019• - KEIRIN. JP、2019年11月18日• - 日刊スポーツ、2019年11月25日• - KEIRIN. JP、2019年11月24日• - 競輪スポニチ、2019年11月22日• - More CADENCE、2019年11月22日• - Kドリームス• - オッズパーク競輪• - 日刊プロスポーツ新聞社 プロスポーツWeb• - KEIRIN. (00:04:27) (0s〜) -• - サンスポZBAT!、2019年11月24日• 2019年11月25日. 2019年11月25日閲覧。 - 競輪スポニチ、2019年11月25日• - More CADENCE、2019年11月25日• けいりんマルシェ(JKA) 2019年11月12日. 2019年11月25日閲覧。 - JKA• - テレビ東京• - 日刊スポーツ、2019年11月25日• 、2019年11月25日付12面 外部リンク・参考文献 [ ]• Road to GP 競輪祭直前展望 -•

次の

中日新聞杯|2016年03月12日

中 日 新聞 杯 2019

この事業は、競輪の補助を受けて実施したものです 文部科学大臣杯第15回小・中学校将棋団体戦(主催=産経新聞社・日本将棋連盟、後援=文部科学省・NHK、特別協賛=ヒューリック株式会社)の決勝大会が8月9日(金)、東京都千代田区の「大手町サンケイプラザ」で行われました。 東日本大会、西日本大会を勝ち抜いた小・中学校各4校(計8校)が優勝を目指し真剣勝負を繰り広げました。 大会の模様は下記をご覧下さい。 開会式 日本将棋連盟常務理事・西尾明七段による開会の挨拶 小学校の部 準決勝 準決勝の組み合わせは次の通り。 写真左:大津市立平野小学校(滋賀)VS習志野市立鷺沼小学校(千葉)は2-1で大津市立平野小学校の勝利。 写真右:京都市立梅津小学校(京都)VS府中市立府中第二小学校(東京)は2-1で府中市立府中第二小学校の勝利。 中学校の部 準決勝 写真左:宮崎大学教育学部附属中学校(宮崎)VS海城中学校(東京)は2-1海城中学校の勝利。 写真右:大津市立皇子山中学校(滋賀)VS東京都立南多摩中等教育学校(東京)は2-1で大津市立皇子山中学校の勝ち。 小学校の部 決勝・三位決定戦 写真左:大津市立平野小学校VS府中市立府中第二小学校は2-1で府中市立府中第二小学校が勝利し、初優勝を果たした。 写真右:三位決定戦は習志野市立鷺沼小学校が2-1で勝利した。 中学校の部 決勝・三位決定戦 写真左:大津市立皇子山中学校VS海城中学校は2-1で海城中学校が勝利し、初優勝を果たした。 写真右:中学校の部・三位決定戦は宮崎大学教育学部附属中学校が2-1で勝利した。 表彰・閉会式 産経新聞社事業本部長・伊藤富博様による閉会の挨拶 小学校の部 優勝 府中市立府中第二小学校(祝井優希・山口天晴・伊藤遼二郎)<前列左3人> 準優勝 大津市立平野小学校(横瀬日和汰・畑祥太朗・松村天歩)<前列右3人> 第三位 習志野市立鷺沼小学校(美濃島檜・美濃島紡・美濃島枠)<後列左3人> 第四位 京都市立梅津小学校(谷口泰斗・池田翔太郎・谷口壮真)<後列右3人> 中学校の部 優勝 海城中学校(扇澤和也・森田雅喜・萩野聡太)<前列左3人> 準優勝 大津市立皇子山中学校(南出陽向・宇野裕尊・新野貴也)<前列右3人> 第三位 宮崎大学教育学部附属中学校(篠﨑碧・田方瑛翔・此本蓮士朗)<後列左3人> 第四位 東京都立南多摩中等教育学校(南波祐迅・山﨑遥平・塩谷大暉)<後列右3人> 主催 公益社団法人日本将棋連盟・産経新聞社 後援 文部科学省・NHK 特別協賛 ヒューリック株式会社.

次の