日曜 劇場 2020。 日曜劇場「テセウスの船」最終話19・6%!大台肉薄の番組最高で有終 黒幕判明&澤部登場に“衝撃”― スポニチ Sponichi Annex 芸能

日曜劇場ドラマ「JIN

日曜 劇場 2020

TBSが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休止していた撮影を段階的に再開。 そしてこのたび、延期となっていた日曜劇場『半沢直樹』の放送日程が決定し、21日に放送された特別映像にて、その詳細が発表された。 日曜劇場『半沢直樹』は、7月19日(日)よる9時からの放送が決定。 初回は25分拡大スペシャルにて放送する。 本作は池井戸潤氏の「半沢直樹」シリーズから、「ロスジェネの逆襲」と「銀翼のイカロス」(ダイヤモンド社/講談社文庫)を原作としている。 前作では「やられたらやり返す。 倍返しだ!」の決めゼリフが社会現象になるほどの熱演を見せた堺雅人扮する半沢直樹が、新シリーズに帰ってくる。 果たして半沢は、出向先でも次々に発生するトラブルを乗り越え、理不尽な要求を突き付ける相手に「倍返し」出来るのか? 新たな『半沢直樹』に、注目だ。 今作では、東京セントラル証券で営業企画部長となった半沢に巻き起こる事件を描く。 あるとき、東京セントラル証券に大型案件が舞い込む。 それは、ある大手IT企業による敵対的買収で、株式取得に掛かる費用はなんと1500億円以上。 東京セントラル証券にとって、かつてない規模の案件だった。

次の

名作ドラマ『カミさんの悪口』が主婦の心をつかんだ時代背景とその仕掛けを解析【水曜だけど日曜劇場研究】 (1/1)

日曜 劇場 2020

俳優の竹内涼真(26)が主演を務めるTBS日曜劇場「テセウスの船」(日曜後9・00)の最終話が22日に放送され、平均視聴率は19・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが23日、分かった。 初回は11・1%でスタートし、第2話は11・2%、第3話は11・0%、第4話は11・0%、第5話は11・8%、第6話は13・2%、第7話は14・0%、第8話は15・3%、第9話は14・9%だった。 平成元年に警察官の父親が起こした*人事件により世間からずっと後ろ指をさされ、身を隠すように生きてきた青年が、あるきっかけで事件当時にタイムスリップ。 事件が起こる前の平成元年に、父とともに真相を追うヒューマンミステリーで、黒幕は誰なのか、と、放送前から盛り上がっていた最終話。 ,ぱぴぷぺななしさん 2020年03月23日 13:21:11 むしろせいやの演技上手くて驚いたけどな あのドラマは最初から最後までミステリー風コントだったしそれがウケた• ,ぱぴぷぺななしさん 2020年03月23日 14:02:52 せいやは頑張ってたけど、お笑いのイメージしかないのにいきなり真犯人じゃポカーンだろ• ,ぱぴぷぺななしさん 2020年03月23日 15:16:07 「テセウスの舟は」ブルーバードのシャコタンワゴン車を楽しむ番組。 殺人事件や家族愛はオプションパーツにすぎない。 ,ぱぴぷぺななしさん 2020年03月23日 17:22:03 相変わらず文句しか言わないおまえら• ,ぱぴぷぺななしさん 2020年03月23日 19:40:13 みきお役の男の子演技上手かったな• ,ぱぴぷぺななしさん 2020年03月23日 21:53:38 原作心は未来みきおが文吾を殺そうとした所で身代わりになって死ぬけど ドラマの死に方はギャグにしか見えない どっかの団長と同じ• ,ぱぴぷぺななしさん 2020年03月23日 23:46:01 せいや出たとん、愛方の粗品が出てきて漫才でもすれば良かったのに• ,ぱぴぷぺななしさん 2020年03月24日 03:22:22 せいやが黒幕とか笑いそうになったけど初演技にしては頑張ってたな• ,ぱぴぷぺななしさん 2020年03月24日 21:32:42 じえんどー!.

次の

日曜劇場「テセウスの船」最終話19・6%!大台肉薄の番組最高で有終 黒幕判明&澤部登場に“衝撃”― スポニチ Sponichi Annex 芸能

日曜 劇場 2020

TBSが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休止していた撮影を段階的に再開。 そしてこのたび、延期となっていた日曜劇場『半沢直樹』の放送日程が決定し、21日に放送された特別映像にて、その詳細が発表された。 日曜劇場『半沢直樹』は、7月19日(日)よる9時からの放送が決定。 初回は25分拡大スペシャルにて放送する。 本作は池井戸潤氏の「半沢直樹」シリーズから、「ロスジェネの逆襲」と「銀翼のイカロス」(ダイヤモンド社/講談社文庫)を原作としている。 前作では「やられたらやり返す。 倍返しだ!」の決めゼリフが社会現象になるほどの熱演を見せた堺雅人扮する半沢直樹が、新シリーズに帰ってくる。 果たして半沢は、出向先でも次々に発生するトラブルを乗り越え、理不尽な要求を突き付ける相手に「倍返し」出来るのか? 新たな『半沢直樹』に、注目だ。 今作では、東京セントラル証券で営業企画部長となった半沢に巻き起こる事件を描く。 あるとき、東京セントラル証券に大型案件が舞い込む。 それは、ある大手IT企業による敵対的買収で、株式取得に掛かる費用はなんと1500億円以上。 東京セントラル証券にとって、かつてない規模の案件だった。

次の