剣 盾 とんぼ が えり。 【ピカブイ】とんぼがえりの入手場所と覚えるポケモン【ポケモンレッツゴー】

エーフィ育成論

剣 盾 とんぼ が えり

【良いところ】• ドラゴン技のメインウェポンは高火力です。 物理では「げきりん」 威力120 、特殊では「りゅうせいぐん」 威力140 があります。 かげろうだけあって、虫タイプ技「とんぼがえり」を習得できます。 「りゅうせいぐん」を撃った後に「とんぼがえり」で逃げると、相手がポケモンを交換してきた場合、相手の交換先のポケモンを見てからこちらも交代できるので強いです。 タスキ潰しの先制技である「でんこうせっか」をタマゴ技で習得できます。 同タイプのガブリアスと何かと比べられがちですが、「でんこうせっか」「とんぼがえり」「じわれ」等、ガブリアスに使えない技を覚えます。 鋼タイプのポケモンとほぼ弱点を補い合っています。 フライゴンに効果抜群の氷技、ドラゴン技は鋼タイプに効果半減、鋼タイプに効果抜群の炎技はフライゴンに効果半減、地面技はフライゴンに無効です。 ジバコイルやドータクンと組んでみましょう。 【悪いところ】• 攻撃・特攻ともに、種族値がそれほど高くありません。 「りゅうせいぐん」等の技の威力の高さに頼っても、アタッカーとして火力不足に感じるときがあります。 とくに特攻種族値の低さは目立ちます。 特攻特化フライゴンの「だいちのちから」で耐久無振りサンダースが中乱数1 個体値はVを仮定。 確1にできません。 タイプ一致で弱点をついてもこんな感じです。。 フライゴン、ガブリアス、ボーマンダは互いにドラゴン技で相手の弱点を突くことができるので、タイマン戦では素早さが高い方が勝ちます。 3匹の素早さ種族値は、フライゴン100、ガブリアス102、ボーマンダ100なので、これらのドラゴンのタイマン戦ではガブリアスが有利となります。 フライゴンが「こだわりスカーフ」持ちなら、最速ガブリアスを抜くことができますが、ガブリアスの方も「こだわりスカーフ」持ちだとフライゴンで抜けるとは限りません。 強ポケモンとして対戦でもメジャーな600族ドラゴン ガブリアス、ボーマンダ、カイリュー たちが全員氷技に4倍弱点を持つので、ドラゴン対策として氷技を入れているポケモンが多いです。 フライゴンも氷に4倍弱点を持つので不利な状況となります。 フライゴンが悪いのではないのですが・・・ じしんorだいちのちから? 物理地面技メインウェポンである「じしん」と特殊地面技メインウェポンである「だいちのちから」、どちらがよいのでしょうか? 地面タイプで弱点を突ける中でもメジャータイプである炎、電気、鋼タイプのポケモンの種族値について、 炎、電気タイプは防御<特防 鋼タイプは防御>特防 であるポケモンが多いため、メインウェポンの地面技で倒すべき相手として、炎、電気タイプのポケモンを重視するなら「じしん」、鋼タイプのポケモンを重視するなら「だいちのちから」とすると良さそうです。 特攻特化フライゴンの「だいちのちから」で耐久無振りサンダース中乱数1。 攻撃無振りフライゴンの「じしん」で耐久無振りサンダース確1。 個体値はVを仮定 ただ、鋼タイプのポケモンは「だいもんじ」でも弱点をつくことができ、炎技の「だいもんじ」なら「ふゆう」ドータクンやエアームドにも当たるので、地面技は「じしん」にしてサブウェポンに「だいもんじ」を添えた方が使いやすい気がします。 フライゴンの型 性格 : むじゃきorうっかりや 努力値: 特攻252、素早さ252、HP6 持ち物: きあいのタスキorいのちのたま等火力UP系 メイン: りゅうせいぐん、じしん サブ技: だいもんじ、とんぼがえり、でんこうせっか 補助技: じわれ 「りゅうせいぐん」をメインに使って戦います。 基本的には、初ターンに「りゅうせいぐん」を撃ち、特攻が2段階下がったら「とんぼがえり」で逃げます。 不利な相手と対峙したときは、初ターンから「とんぼがえり」で逃げます。 後続に、フライゴンの苦手なタイプの技を受けられるポケモンを持っておきましょう。 性格・努力値などについて 素早さ重視でむじゃき最速とするか、特攻重視でうっかりやにします。 むじゃき最速にすると、素早さ100族未満のポケモン 「こだわりスカーフ」除く に確実に先手がとれるため、先手で高威力の「りゅうせいぐん」を相手に撃ったり、先手「とんぼがえり」で逃げたりしやすくなります。 うっかりや特攻特化にすると、「りゅうせいぐん」「だいもんじ」の火力は上がりますが、最速90族~に相当する素早さのポケモンたちに抜かれます。 さて、フライゴンは「きあいのタスキ」を持つことにより、相手のガブリアス、ボーマンダの「げきりん」「りゅうせいぐん」をタスキで受けつつこちらの「りゅうせいぐん」で反撃する役割を持つことができます。 性格がむじゃきのとき、耐久無振りガブリアス・HP振りボーマンダは「りゅうせいぐん」で確1にすることができますが、HP振りガブリアスは中乱数1であり、確1にすることができません 個体値はVを仮定。 せっかく「りゅうせいぐん」を撃っても、ガブリアスが倒せるとは限らず、次のターンにフライゴンが倒されてしまうかもしれません。 でも、うっかりや特攻特化なら、「りゅうせいぐん」でHP振りガブリアスを確1にすることができます。 対HP振りガブリアスを意識するなら、「きあいのタスキ」持ちでうっかりやがよいと思いますが、ガブリアスは素早さに振って耐久に振っていないことも多いので、むじゃきにしてHP振りガブリアスは諦めるのもアリだと思います。 この辺は好みでという感じです。 HP振りガブリアスにタイマンで勝ちたいけれど、むじゃき最速にしたいと欲張る場合は、「でんこうせっか」を持っておけばOKです。 ただ、「でんこうせっか」を入れるには技スペースがきついことも多いので、パーティと相談、という感じです。 パーティに他に「きあいのタスキ」持ちがいるなどの理由で、フライゴンが持てないときはガブリアス、ボーマンダを倒すのは難しくなります。 その時は、「りゅうせいぐん」などの火力を上げてくれる火力UP系アイテムがオススメです。 技について 「りゅうせいぐん」、「とんぼがえり」は必須です。 初ターンの「りゅうせいぐん」で相手に大ダメージを与え、相手のHPが残り少なくなったとします。 この時、フライゴンは特攻が2段階下がった状態なので、相手は火力の下がったフライゴンを別のポケモンで受けるために交換してくることが多いです。 交換先のポケモンに「りゅうせいぐん」をしても、特攻が下がっているのであまりダメージは見込めません。 そこで、初ターンには「りゅうせいぐん」、2ターン目に「とんぼがえり」をすることにより、相手の交換先のポケモンを見てから対処することが可能となります。 「じしん」と「だいもんじ」についてですが、 どちらも「りゅうせいぐん」に耐性のある鋼タイプに効果抜群の技です。 「じしん」は、攻撃無振りとはいえタイプ一致で弱点をつける技ですが、「ふゆう」ドータクンや飛行タイプのエアームドには当たりません。 「だいもんじ」なら、上記2匹にも当たります。 また、鋼タイプは防御>特防となるポケモンが多いので、「じしん」よりも「だいもんじ」のダメージの方が大きいこともあります 対HP振りメタグロスなど。 管理人は、「りゅうせいぐん」「とんぼがえり」「じしん」「だいもんじ」で使っていますが、使いやすいと思います。

次の

【ピカブイ】とんぼがえりの入手場所と覚えるポケモン【ポケモンレッツゴー】

剣 盾 とんぼ が えり

サザンドラ タイプ あく・ドラゴン 特 性 ふゆう 重量威力(けたぐり等) 80 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 92 105 90 125 90 98 600 個別考察 イッシュ地方の600族。 600族というだけのことはあり、すべてのパラメータが高水準です。 ドラゴンタイプがもたらす耐性と並み以上の耐久のコンビネーションによって、電気タイプや水、炎タイプといった特殊系のポケモンに対して役割を持つことが可能です。 また、覚える技が豊富なので、繰り出しやすさを活かして《こだわりメガネ》から相手の構築に一貫しやすい技を適宜選択して負担を押し付けていく戦型を取ります。 ただし、剣盾はダイマックスによって強引に耐久を上げることができる環境なので、役割理論に基づいたサイクル重視の戦い方は、環境に対して向かい風という認識は持っておきたいですね。 また、悪・ドラゴンどちらにも耐性を持つフェアリータイプ、特に特殊耐久に自信のあるニンフィアには特殊型のサザンドラは基本的に完封されます。 臆病といった攻撃に下降補正をかける性格を敢えて選択せず、物理鋼技《アイアンテール》を搭載することで呼び殺すことができます。 HP244振りのニンフィアを想定でテールなら確定2発取れてます。 そう意味だと、メガネにこだわる必要性はそこまでないと思っていて、むしろ《オボンのみ》や《たべのこし》、フェアリー技を半減する《ロゼルのみ》といった耐久を重視するアイテムを持たせたり、役割破壊に特化させる育成が刺さります。 いずれにしろオノノクスやミミッキュを抜いている絶妙な素早さが強みでもあるので最速推奨です。 技考察 あくのはどう 悪技を半減できるタイプが同じく悪タイプもしくはフェアリータイプのみ。 相手の構築によっては一貫性を取りやすいメインウェポンです。 上記2タイプに対して有効なサブウェポンを搭載してしっかりケアできるようにしておきたいところです りゅうせいぐん 威力が高い技なので、眼鏡との相性が抜群。 ドラゴンとの撃ち合いを想定するなら持っておきたい技ですが、S負けしているドラパルトの攻撃を耐える調整が必要になってきます だいもんじ ドラゴンタイプと相性のいい炎技。 ナットレイやアーマーガアを業火滅却できます きあいだま バンギラスやカビゴン、格闘が抜群で入る鋼タイプに有効。 特殊耐久が高いカビゴンには大したダメージは見込めないため馬鹿力の採用も一考です。 ダイマックス中は逆に威力が下がったり、攻撃UP効果の恩恵がないといった不具合があります ラスターカノン フェアリータイプへの役割破壊技。 ダイスチルにより防御が上がるので、ミミッキュを呼んだターンに撃ち込めば返しの《ダイフェアリー》を耐えます ハイドロポンプ 炎に耐性があるため役割遂行が可能になりますが、技スぺに余裕がないので実際に採用するか問われるとびみょいです でえちのちから 電気タイプへの遂行技。 一応気合ボールで弱点つけてますし。 後続にはフェアリー耐性を持たせておきましょう。

次の

フライゴン育成論

剣 盾 とんぼ が えり

効果 バトルでの効果• 自分と相手の攻撃が必ず当たる。 フィールドでの効果• 手持ちの先頭にこのとくせいを持つポケモンがいると、の出現率が1. 5倍になる。 説明文 ・・ おたがいの わざが かならず あたる。 お互いの 技が 必ず 当たる。 ・ ノーガード せんぽうに よって おたがいの だす わざが かならず あたる ようになる。 ノーガード戦法に よって お互いの 出す 技が かならず 当たる ようになる。 所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい 特性1 特性2 - - - - - - こんなときに使おう• 威力や追加効果は非常に強力で命中率が(対戦で使用するには)極めて低いわざを気兼ねなく使う事が出来る。 ただし、その代償として相手のわざも全て当たるようになってしまう。 この特性の持ち主である系統や系統ではを使う戦法が有名。 一方で命中率100の攻撃技がメインとなるにとってはほぼマイナス特性でしか無い(効果なしでない限り全ての技が当たってしまうなど)。 第四世代ではワンリキー系統の専用特性だったが、第五世代から隠れ特性として持つものも現れ始めた。 しかし、通常特性として持つ最終進化系は第七世代現在はカイリキーのみである。 メガシンカしたポケモンで持っているのはメガピジョットのみ。 この特性を持つポケモンが相手に攻撃を当てられないのは、技が無効になってしまう場合だけ。 ・・・状態の、画面から離脱している相手にも攻撃が有効。 とくせいが・・のポケモンからの攻撃は、ノーガードの効果を無視せず必中になる。 も必中になるので注意。 これを利用し、ノーガードカイリキーの対策として出会い頭にいきなり一撃必殺技を使う事がある。 は通常は一撃必殺技を覚えないが、を使って自分で覚えたり、一撃必殺技を持つポケモンがで特性を獲得する等すれば、自分で必中の一撃必殺技を使う事が可能。 はやを利用すればで相手の使った一撃必殺技を強引に返すことができる。 相手依存ではあるが決まればリターンは大きい。 は第一世代でじわれを覚えられるが、VC版から送ったカイリキーは隠れ特性で固定されるので、この特性とじわれは両立出来ない。 フィールド上で似た効果をもつとくせいとして、・・がある。 上記の3種類のとくせいは野生ポケモンの出現率が2倍になる効果で、ノーガードは1. 5倍になる効果である点は異なる。 各言語版での名称 言語 名前 ノーガード No Guard Schildlos Annule Garde Nullodifesa Indefenso 노가드 无防守 無防禦.

次の