親戚の呼び名。 親族の呼び名

親族の名称を一覧で解説【行政書士監修】

親戚の呼び名

親戚の中にいとこが含まれる、含んでいるという解釈でOKです。 なぜそう考えられるのか? いとこはおじ・おばの子ども 「いとこは親戚」と考えることができるのはなぜか? まずいとこの定義について紹介します。 いとこ「は おじ・おば(両親の兄弟姉妹)の子どもにあたります。 漢字で書くと4種類あります。 自分より年下か年上かで分かれて 年下:従弟、従妹 年上:従兄、従姉 となります。 そして親戚の定義は 「血縁関係や婚姻関係によって結びつきがある者」 を意味しています。 ちなみに、親族間の関係を表す言葉に「 親等(しんとう)」という言葉がありますが、「親戚」という言葉にこの親等の区分はありません。 ちなみに「親族」という言葉がありますが、民法上で 親族は6親等内です。 びっくりかもですが、あり得なくはない話です 4親等でもそれなりに範囲があったのに、6親等なら他人として出会ってしまう事は十分にあり得るでしょう。 民法上、結婚が認められないのは• 直系血族(祖父母、両親、子、孫)• 3親等内の傍系血族 です。 傍系血族というのは 「同じ始祖から分かれ出た血族」のことで、兄弟姉妹、叔父叔母、甥・姪(おい・めい)、いとこなどを指します。 要は、ご先祖が同じならみんな傍系血族ということです。 そして民法では「3親等内」と位置付けているので、4親等から先の傍系血族との結婚は問題ないということになります。 まとめると、「親族どうしの結婚は3親等以降なら可能」となります。 そして今回のタイトルにもなっている「いとこ」は4親等なので結婚は可能になります。 スポンサーリンク まとめ あっさりとした感じでしたがどうでしたでしょうか。 親等を利用して「親戚=親等」と考えればいとこは親戚になります。 あとは、あなたやあなたのご両親などがどう考えるかによっても、親戚に含めて良いか考え方の分かれる部分だと思います。 付き合いが少なかったり、存在すらよく分かっていなければ親戚と考えるのは少し難しいかもしれませんね。 ただ、「親戚」という言葉も法律のきまりのない非常にあいまいな言葉なので、自由に判断していいというのが答えになると思います。

次の

義理の親族の呼び名(結婚による姻族,再婚相手や連れ子)

親戚の呼び名

春節期間中、家族だんらんを表す「家」という文字を赤い布で表現した村人たち=山西省太原市、2013年2月 出典: そもそも複雑な中国の親戚の呼び名 中国では、そもそも複雑な親戚の呼び名のシステムがあります。 例えば英語の「grandpa・ grandma」は、日本語の「おじいちゃん・おばあちゃん」です。 ところが、中国では「父方のおじいちゃん・父方のおばあちゃん・母方のおじいちゃん・母方のおばあちゃん」にそれぞれ対応する単語があるのです。 ・父の両親:爺爺、奶奶(女編に乃を2つ続ける) ・母の両親:外公、外婆 そこに地域ごとの方言が加わります。 北方地域では、母の両親は「姥爺、姥姥」とも呼ばれています。 父と母の兄弟や姉妹、その配偶者となる、さらに複雑になります。 英語と日本はすべて「uncle・ aunt」「おじさん・おばさん」です。 でも、中国語の場合、少なくとも10通りの呼び名があります。 【おじ】 父の兄弟=兄は伯伯(伯父)、弟は叔叔(叔父) 母の兄弟=舅舅 父の姉妹の夫=姑夫 母の姉妹の夫=姨夫 【おば】 父の姉妹=姑姑、 母の姉妹=阿姨 父の兄の妻=伯母 父の弟の妻=嬸嬸(女編に審を2つ続ける) 母の兄弟の妻=舅媽(女編に馬) 妻の母の姉の兄の弟の息子=表大舅(おじさん) 世代の区別が入るともうカオス 「おじ」「おば」でも日本人にはついていけませんが、さらにいとこにも父方か母方かによる「堂」と「表」の違いが加わります。 さらにさらに、おじいちゃんの弟の妻、おばあちゃんの妹の夫など、ほかの親戚にも、それぞれ呼び名があり、もうカオスです。 中国版ツイッター微博(ウェボー)に書き込まれた「悲鳴」には、2500件の「いいね」と1000近くのコメントがつきました。 「さきほどお父さんのふるさと(老家)につきました。 つまりおじいちゃんが生まれ育ったところです。 そして、おじいちゃんの兄弟たちと、その息子たちと、その子供たち、さらに彼らの夫、嫁、子供たち、と数十人と一緒に食事をしています。 いろいろな呼び名が複雑すぎて、現在、私の世界は混乱しています……」 現代の中国では、複雑な呼び名による混乱に共感する人々は少なくないようです。 春節を祝うため、村人全員が集まり食事をする=2016年2月、浙江省台州市 出典: そんなあなたに「親戚電卓~」 そんな複雑な「呼び名カオス」から救ってくれるアプリが登場しています。 「親戚電卓」です。 中国のIT企業小米(シャオミ)が開発したアプリで、テンセントのアプリストアでは、700万ダウンロードを記録しています。 「親戚電卓」に「妻の母の姉の兄の弟の息子」を入力すると「表大舅」が一瞬で表示されます。 「母の夫の弟の兄の父の姉の兄の妹の父の妹」は「曽祖姑母」。 「父の母の弟の息子の妻」は「舅表伯母/舅表叔母」。 まるでドラえもんの「ひみつ道具」のように現れた「親戚電卓」。 ITってすごい! シャレで「夫の夫」を入力すると「関係は複雑ですね。 好きのように呼んで。 不幸中の幸いは、彼はほかの女性を愛していないこと…」。 「妻の妻」だと「彼女を愛する人がまた増えてよかったね…」。 なかなかのセンスです。

次の

弔電では使う呼び名が違う?敬称って何?

親戚の呼び名

自分より上の代• 父母(ちち・はは)「自分の親」• 祖父母(そふ・そぼ)「親の親」• 曽祖父母(そうそふ・そうそぼ)「親の祖父、祖父の親」• 高祖父母(こうそふ・こうそぼ)「親の曽祖父、祖父の祖父」• 5世の祖(呼び名の定めなし)「親の高祖父母、祖父の曽祖父母」• 6世の祖(呼び名の定めなし)「親の5世の祖、祖父の高祖父母」• 叔父叔母(おじ・おば)「親の兄弟」• 伯叔祖父母(おおおじ・おおおば)「祖父母の兄弟」• 従伯叔父母(いとこおじ・いとこおば)「祖父母の兄弟の子」• 曽祖伯叔父母(そうそはくしゅくふ・そうそはくしゅくふぼ)「曽祖父母の兄弟」• 従伯叔祖父母(じゅうはくしゅくそふ・じゅうはくしゅくそぼ)「曽祖父母の子」• 高祖伯叔父母(こうそはくしゅくふ・こうそはくしゅくぼ)「高祖父母の兄弟」 自分と同じ代• 兄弟姉妹(きょうだいしまい)「親の子・自分の兄弟」• 従兄弟姉妹(いとこ)「親の兄弟の子」• 再従兄弟姉妹(はとこ)「祖父母の兄弟の孫」 自分より下の代• 子(こ)「自分の子」• 孫(まご)「子の子」• 曽孫(ひまご)「子の孫」• 玄孫(やしゃご)「子の曽孫」• 来孫(きしゃご)「子の玄孫」• 昆孫(こんそん)「子の来孫」• 甥・姪(おい・めい)「兄弟の子」• 大甥・大姪(おおおい・おおめい)「兄弟の孫」• 曽姪孫(そんてっそん)「兄弟の曽孫」• 玄姪孫(げんてっそん)「兄弟の玄孫」• 従甥・従姪(いとこおい・いとこめい)「いとこの子」• 従姪孫(いとこおおおい・いとこおおめい)「いとこの孫」 まとめ 今回は親族の名称を一覧で解説してきました。 初めて見る名称や漢字、呼び方もたくさんあったと思います。 名前は知っているけど自分との続柄があまり分からない親族がいる方は、是非この機会に調べてみてくださいね。

次の