名古屋 大学 ドラフト。 【ドラフト】松田亘哲(名古屋大)の成績・経歴・特徴は?

松田亘哲(名古屋大)指名予想・評価・動画・スカウト評価

名古屋 大学 ドラフト

硬式野球を始めたのは大学に入ってから こんにちは。 名古屋の結婚相談所、ブライダルサロンブーケの佐藤まさよしです。 昨日行われましたプロ野球ドラフト会議。 中日ドラゴンズは、育成ドラフト1位で名古屋大学の松田亘哲投手を指名しました。 私の母校でもあります名古屋大学から、初のプロ野球選手の誕生です。 支配下登録を目指して、頑張って欲しいです。 この松田投手、どのような経歴の持ち主なのでしょうか。 高校時代はバレーボール部、硬式野球を始めて3年半という、まさに異色の経験を持つ左投手です。 やるからには本気で 愛知県岩倉市で野球少年だった松田投手は、江南高校ではバレーボール部に入部。 一旦野球は離れたものの、高校野球やプロ野球を見るにつけ「やっぱり野球がしたいな」との思いが募り、名古屋大学進学を機に、硬式野球部に入部しました。 高校野球未経験、そのうえ62kgしかなかったという小柄な体格。 野球部監督は、「本当にやれんのか」と不安だったとのことです。 それでも松田投手は、 「野球がしたい」という思いを大切に、 「やるからには本気で」という気持ちで、 ストイックに野球に打ち込んだそうです。 その結果、 最速148キロという速球の本格派左腕に育ちました。 やらないで後悔するよりも、やってみて後悔する方がいい 大学に入ってからプロを目指す。 なかなか簡単なことでは、なかったはずです。 ですが、松田投手は、 「本当はやりたかった」のに、やらなかった。 そう思いたくないからこそ、 全力で、野球に打ち込みました。 ドラフトで指名される前の松田投手のコメントです。 「今やりたいことは野球なので、今やらないと将来後悔するだろうなと思っているので。 これがどういう結果になれ、それは自分が選択した道なので、後悔しないのかなって考えています。 」 「やらないで後悔するよりも、やってみて後悔する方がいい。 」 これは、キャプテン翼に登場する岬太郎くんが、代表メンバーに誘われた時に、お父さんに言った言葉です。 人間、志を立てるのに遅すぎるということはない 先週、私達の結婚相談所で入会を決めた40代男性も、このように話していました。 「ずっと結婚したいなと思っていて、でも始めようという勇気が中々持てなくて。 」 「この年齢になってしまったし、やっぱり結婚はもう難しいのかなと考えることもあって。 」 「でも、やらないで後悔するよりも、結果ダメだったとしても、やってみて後悔する方がいいと思ってここに来ました。 」 まさに、同じことだと思います。 大学から硬式野球を始めてプロ野球を目指した松田投手。 40代になり真剣に結婚相手を探そうと入会した男性会員さん。 周囲からは、無責任に、 「どうせプロに行っても成功できないよ。 」 「国立大学出たなら、普通に就職した方がいい。 」 「今から結婚なんて難しい。 」 「子どもを育てていくつもりなのか。 」など、 否定的な声が聞こえてくるかもしれません。 もしかしたら、 始めるのが早い方がよかったかもしれません。 ですが、 本人が「やりたい」「結婚したい」と思ったこと。 それを始めることに、 「遅すぎる」ということは、決してありません。 名古屋大学から初のプロ野球選手となった松田投手。 40代でも婚活を始めた男性会員さん。 どちらも素晴らしい、素敵な決断だと思います。 私達は、そんな皆さんの気持ちを応援していきたいと思っています。 「人間、志を立てるのに遅すぎるということはない」 私の好きな、ボールドウィンの言葉です。

次の

中日育成ドラフト指名、名古屋大学松田投手とは?歴代の国立大学出身選手は何人いるの?

名古屋 大学 ドラフト

投球フォームの大まかなフェイズ より引用させていただきました。 更に細かく分けるとワインドアップ期からコッキング期の繋ぎにヒップファースト期があって、コッキング期の中にはランディング 着地 期やトップ期などがあり、加速期の中にはリリース期がある感じですかね。 正式な定義というのは恐らく存在していないと思います。 筆者が執筆しているフォーム考察の手引きにしてみてください。 グラブの位置を高く保持し、右膝が胸の位置まで上がります。 グラブを高く保持した位置からハンズセパレーション グラブと左手の分離 が起こり、軸足の膝が折れ始めます。 ここでヒップファーストに入りますが、上体と右脚で作る角度を浅めに取っている為、体軸の傾きも浅めになります 骨盤の前傾が甘い。 左膝の折れが深くならず左足よりも内側に位置しています。 グラブを高く上げています。 体軸に傾きを設けつつ、横を向いている時間を長く保ちたいという意図を感じます。 同時に右脚が内旋し、着地までの溜めも設けています。 左脚が内旋する事で右脚が外旋して着地しますが、この際に左脚が伸展し過ぎているように見えるので、股関節の内旋はあまり効いていないのかも知れません。 その為なのか左腕の外旋を促すような連動性が発揮されにくくなり、トップに入るのが遅れています。 右足が着地してから投球腕を引き上げようとすると、下半身や右半身を利用した「反射」「反作用」の効果が発揮されにくくなるので、テイクバックの時点から投球腕の力を使うことになり、手投げを誘発しやすくなります。 体重移動の中で「割れ」を深く引き出すような動作を設ける必要があるのかもしれません。 踏み込んだ右足よりも前方でリリース出来ています。 左膝もそれほど深く折れておらず、尻も落ちていないので体重の乗ったボールを投げやすい動作になっていると思います。 実際、砲丸が飛んでくるような重量感のある球を投げているので、リリースの動作に関しては、申し分が無いものだと言えそうです。 右膝が伸展し、重心が右股関節に移り切ります。 上体を地面と平行になる位置まで倒し込めているので、上体がしっかり回転してると思われます。 少し気になるのが、この際に左脚が外へ回っているように見える事です。 ここで左股関節を右股関節へ寄せて行けるようになると、更なる球速アップに繋がりそうです。 投げ終わりの姿勢が奇麗で一本足で立てています。 左足の裏がしっかり上を向いていますし、体幹の強さが伺えます。 右股関節でスライドさせるようにして、左半身を前に持って来たいところですが右脚でガッチリ止まっています。 左脚が外に振られている影響かもしれないですね。 踵の真上に頭が来てますよね。 これはからの受け売り 笑 ですが、軸足股関節の曲がりが甘いと 骨盤が前傾していないと 軸足 左脚 のハムストリングスが短い状態のまま体重移動を行う事になり、出力がフルに発揮されにくいそうです。 この角度からだと軸足の大腿四頭筋の一部しか見えていませんが、恐らくハムストリングスよりも長く見える状態になっていると思われます。 ようするに「パワーポジション」に入りにくいという事ですね。 片脚支持の動作に工夫を入れると、そこから先の動作を「爪先体重」で行えるようになると思います。 アロリディス・チャップマン投手も片脚支持で膝を折りますが、関節ごとの屈曲の角度がキツく、ハムストリングスと尻の筋肉が一枚岩になっています。 松田投手の頭の位置は左足の踵上に有りますが、チャップマン投手は左足の爪先上に頭が有りますよね。 世界屈指の投手と比較する事に意味が有るのかはわかりませんが。 まとめ 高校野球未経験、投手歴4年という素材型の投手なので、動作面に課題は残していますが、言い換えれば伸びしろです。 「名古屋大学」の肩書を捨ててでもプロに拘るマインドを持っている投手なので、これから先も成長し続けて行く事でしょう。 ちなみに加速期の動作はチャップマン投手に似ています。 身体的な資質は間違いないので支配下登録を勝ち取って「強竜復活」を担うような投手になって欲しいです。

次の

松田亘哲の名古屋大学の学部や高校はどこ?日向坂の推しメンは誰?

名古屋 大学 ドラフト

名前 : 松田亘哲(まつだ ひろあき)• 出身地 : 愛知県岩倉市• 生年月日 : 1997年5月16日• 身長 : 176cm• 体重 : 83kg• 投打:左投左打• ポジション:投手• 松田亘哲はの小学校、中学校時代は? 小学校1年生の時から野球を始め、その当時からピッチャーでした。 中学校時代は軟式野球チームの小牧ジュニアハイスクールベースボールクラブでプレー。 中学校2年生の時に、県大会の決勝に進みますが、3番手投手で外野手としての出場がメインでした。 その時の身長は150cm前後で、「体が小さい割に球が速い」と周りから言われていて、 体格の差を感じます。 中学校3年生の時に、硬式球で野球をした事がありましたが、「大きい、恐い、痛い」と思ったそうです。 そういったこともあり、 高校では硬式野球を諦めます。 松田亘哲は、高校野球経験なし、バレー部に所属! 愛知県立江南高校では バレー部に所属。 同じ中学で野球をしていた友達がバレー部に入ったのがきっかけだそうです。 身長が160cm程度だったこともあり、アタックよりもレシーブが楽しいという理由で、リベロ(守備専門の選手)としてプレーしました。 高校3年生の頃には 身長が175cmにまで伸びます。 3年生の時に目標だった県大会に出場するなど、バレーボールに打ち込んでいましたが、野球への思いも残っていました。 硬式球を投げたら、違和感なく握れ、しっかり投げられたので、大学で硬式野球をしたいと思うようになります。 志望大学でもある名古屋大学に硬式野球部があり、野球部の同級生に聞いたら「未経験でも野球部に入れそう」との事でした。 松田亘哲は大学入学後、体作りに力を入れる! 国立大学である 名古屋大学に現役合格、硬式野球部の門を叩きます。 名古屋大学の服部監督は、硬式野球経験のない選手たちも受け入れてきましたが、投手で入部したケースは殆どなく、キャッチボールをやらせてみました。 思っていたよりも良いフォームで球筋もよかったそうで、「3年間、硬式をやってなかったことを考えると、十分に投げられていた」と監督も驚いたそうです。 その後、1年生のときは走り込みを徹底し、1年生の秋には公式戦で投げるようになります。 1年生の冬からは、ドジャースのカーショー投手など 国内外のピッチャーの映像をチェックするようになります。 さらに、2年生になってからは 体を大きくするため、1日5食で計5000kcalを摂取するようにしました。 大学では、白米を詰めた弁当箱を持参して食べる一方で、学食でも食べたそうです。 松田亘哲は大学2年生、3年生の冬に社会人チームの練習にも参加! 体作りや投手の研究の成果もあり、2年生の秋には先発としても投げるようになります。 先発3試合目となる2部リーグ・同朋大学2回戦では6安打を打たれますが初完投初完封勝利を挙げます。 2年生、3年生の冬には、「上でやる気があるなら」という監督のすすめで 社会人チームの練習に数日間参加。 監督にすすめられた時「周りにはバカにされるかもしれないけど、上でやりたい」と言いきったそうです。 松田亘哲は大学2年生、3年生の冬に社会人チームの練習にも参加! 大学3年生秋からは3部に降格します。 4年生春は3部リーグで優勝、入替戦に臨みますが、2連敗で2部昇格はなりませんでした。 その時に「打たせてとるというのができず、先発としてチームを勝たせることが出来ませんでした。 先発ピッチャーとして投げ切ることを課題として取り組んでます」と話し エースとしての責任も見せます。 4年生秋に、 プロ志望届を提出しました。 現在、3部Bリーグで首位に立っており、3部優勝決定戦、入替戦での活躍が期待されます。 ちなみに、2年生秋の2部リーグ5位が最高で、1部リーグの経験はありませんでした。 松田亘哲は中日ドラゴンズ育成枠一位指名! ドラフト2019で 中日ドラゴンズの育成枠一位指名を受けます。 その後の二部昇格を掛けた入れ替え戦でも先発し、チームを二部昇格に導いています。 2019秋リーグ戦成績(3部):3試合、3勝0敗、27投球回、防御率1. 00、被安打率5. 33 成績は9月22日時点のもので、不明分は除いています。 そこまでヒットを打たれず、失点を抑えられています。 この3試合は全て完投していて、 スタミナもありそうです。 分かっている範囲では、9投球回で奪三振9. 00で、 三振を奪えています。 松田亘哲(名古屋大)の特徴や動画 松田亘哲の特徴です。 こちらの動画(2019年旧七帝大大会、東京大学戦)を見ていきましょう。 youtube. テイクバックは大きめですが、 リリースポイントは打者寄りです。 腕の振りが柔らかいため、 球にキレがありバッターが振り遅れる場面も見られました。 シュート気味のボールがあるなど投球の質にばらつきがありますが、ストレートの質も良さそうです。 松田亘哲は多彩な変化球! 動画では、スライダーやカーブ、チェンジアップ、カットボールを投げています。 スライダーは、 打者の手元で鋭く曲がっており、ストライクカウントを取ったり空振りを奪うことができています。 決め球として使えるので、スライダーを投げる割合が多く、自信のある球種かも知れません。 カーブは、 緩く変化し、バットの芯を外すし打ち取ることが出来ています。 チェンジアップは、16分55秒辺りなどで投げていますが、 落差が大きくコースが決まればストライクカウントを取るのに使えそうです。 カットボールは、8分20秒辺りなどで投げており、球速を落とすことなく打者の手元で変化しています。 松田亘哲の制球力はまずまず 動画を見ると、概ね捕手の構えた所に投げられており、ストライクゾーンギリギリの所にも投げています、内角への投球は少なくなっています。 また、明らかなボール球もあり、スライダー以外の変化球のコントロールはそこまでないようです。 制球力はまずまずといった所でしょう。 松田亘哲の特徴まとめ! 特徴をもう一度まとめると• 広島・松本スカウト 「魅力があるから、これだけのスカウトが来る。 まっすぐはキレが良く、変化球も腕が振れている」• ヤクルト・中西スカウト 「今年のドラフトは左の投手が少ない中、貴重。 将来性を感じる」• 中日・清水スカウト 「リーグ戦を通じて投げる真のスタミナがこれからは試されるが、良いものを見た」• 西武・潮崎編成グループディレクター 「初めて見たが、バランスの良い投手。 上半身は細いが、下半身はしっかりしてそう。 伸びしろを非常に感じる」• 日本ハム・熊崎スカウト 「高校野球の経験がない中、これほど注目されるまで、よく頑張った」 これらのコメントは、いずれも4年生秋のリーグ戦・南山大学戦を視察した時のものです。 この試合では 7球団17人のスカウトが視察しました。 ストレート、変化球、しっかりした下半身といった所を評価され、貴重な左投手で伸びしろがある所も期待されています。 高校時代の硬式野球経験はありませんが、スカウトのコメントや投球内容を見る限りでは、 2019ドラフトで指名される可能性もあるかもしれません。 合せて読みたい!.

次の