笠間 稲荷 神社 御朱印。 笠間稲荷神社東京別社

笠間稲荷神社東京別社

笠間 稲荷 神社 御朱印

もくじ• 概要 茨城県・の分社で、常陸笠間藩第8代藩主・牧野貞直が下屋敷内に御分霊を奉斎したことに始まる。 日本橋七福神めぐりの一社で寿老神が祀られている。 御祭神 宇迦之御魂神・寿老神 社格 旧無格社 鎮座地 最寄駅 都営地下鉄新宿線 浜町駅 都営地下鉄浅草線 人形町駅 東京メトロ日比谷線 人形町駅 東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅 URL 御由緒 5代将軍徳川綱吉の御側御用人・牧野成貞は1681 延宝9 年、綱吉から下屋敷として拝領した土地 現在の久松警察署前の小川橋・蛎浜橋辺から隅田川に至る21,269坪 に広大な屋敷と庭園・泉池を設け、築山には稲荷・山王・八幡を祀っていた。 1747 延享4 年に成貞の長男・牧野貞通は、京都所司代から常陸笠間に転封されると、先例にならい 茨城・笠間稲荷神社の別称 を祈願所とした。 常陸笠間藩第8代藩主・牧野貞直は1859 安政6 年、笠間稲荷の御分霊を江戸下屋敷内の現在地に合祀奉斎し、初午の日には日本橋界隈の市民に参拝を許可したという。 廃藩置県の施行後、牧野邸は本所緑町に移転し、1888 明治21 年には牧野家の依頼により笠間本社が奉祀する所となる。 1923 大正12 年9月の関東大震災で社殿を焼失し直ちに再建されたが、1945 昭和20 年3月の東京大空襲により再び被災。 同年12月に本社の援助を受け本殿を再建し仮社務所を設置、戦後の1953 昭和28 年9月に拝殿を再建するに至った。 境内紹介 警視庁久松警察署の道を挟んだ南向かい側の角地に鎮座する。 浜町駅A1出口からは西に250mほど、人形町駅A3出口から東に350mほどの距離。 日本橋七福神の毘沙門天を祀るも至近に鎮座している。 「こじんまり」の言葉が似合う小社だが、一歩境内へ歩みを進めると、しっかりと締まった空気を保つ。 境内社 殿内に木製の小祠にて寿老神社 寿老神 、石製の小祠にて牧野家の忠臣・藤江監物を祭神とする晴雲神社が祀られている。 御朱印・御朱印帳 御朱印 笠間稲荷神社東京別社と、日本橋七福神めぐり・寿老神の御朱印。 初穂料各300円。 拝殿左手の社務所にて受けられる。 御朱印帳.

次の

笠間稲荷神社 御朱印/茨城県笠間市 │ 御朱印さんぽ

笠間 稲荷 神社 御朱印

拝殿 常陸国出雲大社のはじまりは1992年。 島根県の出雲大社から 分霊 ぶんれいされてできました。 主祭神は 大国主大神 おおくにぬしのおおかみ。 だいこくさまの名前の方が知られているでしょうか。 七福神の大黒様とは少し違います。 あちらはヒンドゥー教や仏教とも結びついています。 大国主大神は 大己貴命 おおなむちのみことや 大物主神 おおものぬしのかみとも呼ばれる日本の神様です。 大国主大神は 縁結びの神様としても有名。 毎年10月になると出雲の大国主のもとにたくさんの神様が集まって縁結びの話し合いをする逸話があるからです。 たくさんの奥さんやお友達がいることも関係あるかも!? 神話(古事記)では人々を助けながら国造りをした神様です。 そのため農業や商業繁盛、それに厄除けなどのご利益もあるとされています。 常陸国出雲大社の御朱印 常陸国出雲大社の御朱印です。 とても力強いですね! 御朱印をお願いすると小さな札がもらえますので、10分ほど待ってから交換しに行きます。 そのときに初穂料(500円)を納めます。 御朱印帳などはオンラインショップで販売しております。 ただ、境内でしか扱っていない御朱印帳があるようです。 アクセス 名称 常陸国出雲大社 TEL・予約 0296-74-3000 住所 茨城県笠間市福原2001 開門時間 8:00~17:00 来社方法 【電車でのご来社】JR水戸線 福原駅より徒歩7分 【お車でのご来社】北関東自動車道 笠間西I. Cより1km 国道50号線沿い 駐車場 無料 約300台、大型バス可 Webサイト 周辺の観光地 笠間稲荷周辺の寺社を中心にご紹介します。 詳細はリンク先の記事をご覧ください。 MEMOすべての寺社で御朱印(書き置き含む)をいただけます。 笠間稲荷神社(笠間市笠間) 笠間でもっとも有名な神社。 県内だと初詣の参拝者数がNo. 1です。 菊まつりなど賑やかな行事がたくさんあります。 佐白山 正福寺(笠間市笠間) 常陸国出雲大社から車で15分ほど。 公営笠間稲荷駐車場の目の前に 正福寺があります。 毎月新しい御朱印を発布することで知られています。 坂東観音霊場にも数えられていますので、ぜひあわせてお参りしてみてください。 石井神社(笠間市石井) 常陸国出雲大社から車で10分かからない場所に鎮座している 石井神社。 健脚の神様をお祀りしていて、近年手作りのユニークなお守りをいただけるようになりました。 稲田神社(笠間市稲田) 笠間にきたらぜひお参りしていただきたい 稲田神社。 かつて旧県社の社格を持つ由緒ある神社です。 常陸国出雲大社から車で5分ほど。 国道50号から脇道に入った場所に鎮座しています。 西念寺(笠間市稲田) 稲田神社と同じ稲田にある 西念寺。 かつて浄土真宗の開祖 親鸞の草庵があったといわれます。 非常に立派な本堂で秋には美しい銀杏を楽しむことができます。 まとめ.

次の

笠間稲荷神社の御朱印&御朱印帳

笠間 稲荷 神社 御朱印

ここでは茨城県のメジャーな観光スポット(メジャーというには微妙ではあるけど)、笠間市で参拝した神社寺院をまとめています。 目の前に市営の大型駐車場があり、笠間稲荷神社とその周辺を巡るのにちょうどいい停車場所でした。 笠間稲荷神社 ー日本三大稲荷が一社ー 日本三大稲荷の一社とされてるのがここ笠間稲荷神社。 全国で3000社以上はあると言われる稲荷神社のトップ3ということか。 ただこの手の話は明確化されておらず、名乗ったもん勝ちみたいなのはあるんだけど。 ちなみに調べてみると、他に三大稲荷を名のる神社はいくつかあるので3社では収まってないようです。 確実なのは総本山である京都の伏見稲荷くらいか?? とはいえ、名乗るだけあり境内は風格を感じさせます。 稲荷神社らしく全体的に赤い。 このあたりには神社仏閣がいくつも点在してるんですが、観光や参拝巡りの中心になっているのは間違いなくこの笠間稲荷神社ですかね。 仲見世通りも広がっていて神社を中心に賑わってました。 神社仏閣といえば花。 こちらでは藤棚が境内を彩ってました。 正福寺 御朱印は基本書置きですが、手書きもしていただけました。 毎月デザインが変わり、寺院では珍しくホームページからも授与することが可能です。 常陸国出雲大社 ー笠間市の出雲大社ー 観光地からだいぶ離れたところにありますが、それでも足を運びたいのがこちらの神社。 出雲大社の分社ですが、この地にあったのがちょっと意外。 出雲大社なので御祭神は大国主大神(おおくにのおおかみ)、そして縁結びの神社として地元では有名なようです。 しかし大国神て縁結びの神ではありますが、要は女つくりまくって子供たくさんつくりまくった色男なんですよね。 小うるさい現代ではスケコマシともとれるが神話では国の創造を担う行為だったのだろう。 男たる者、そこに痺れるし憧れる。 そして注連縄(しめなわ)がめちゃくちゃでかいです。 狛犬は通常の3倍はあるんではないですかね?筋骨隆々で強者感あります。 そして注連縄の真下を覗くと小銭がうまいこと埋もれてました。 どういうことだ??と調べてみると、ここにうまく埋め込むと願いが叶うんだとか。 ていっても脚立でも使わなければ届かないので、小銭を下から投げるかジャンプする必要があります。 それでこのケンボー、周りのカップル連中もやってるし便乗しようかなと。 年甲斐もなく何度も下から小銭を投げたりジャンプしてしまったんですがね。 実際のところ願いが叶うというのはデマで、注連縄を痛めてしまうからやらないでください。 とのことでした。 いや、こんなことで願い叶うとか本気で信じてるわけじゃないけども。 つい、やってしまいたくなるというか。 とかなんとか。 すいません。。。 出雲大社の分社とはいえ見た目的には「色物」の部類に入りそうな神社ですが、あたりは落ち着いた日本の風景が広がっていて気に入りました。 夕日が映えるので、その時間に伺うのがおすすめ。 また他にもガラス館やレストランも敷地内にはあり、ちょっとした観光施設にもなってるぽいです。 御朱印情報 この地域で拝受した御朱印をまとめます。 当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8. net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるkenboo7が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 極度にわいせつな内容を含むもの。 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

次の