ウズベキスタン 料理。 ウズベキスタン料理

東京でウズベキスタン料理ならここ!ヴァタニム(Vatanim)

ウズベキスタン 料理

ランチで利用してきました こんにちは!したぷらです。 鶯谷の根岸小学校近くに前から気になっていたレストラン「Halal Sakura ハラール サクラ 」 こんな細い建物にあります。 ウズベキスタン料理のお店で、家族とずっと行ってみたいと思っていたので自粛明けに行ってきました。 ウミドシェフはウズベキスタンの高級レストランのシェフだった方なので期待大です。 ココが入り口でした。 4人掛けのテーブルに案内されました。 奥の掘りごたつはお祈りにも利用できるんだそうですよ。 ウズベキスタンのお料理は牛や羊などのお肉料理がメインなんだそう。 楽しみ! メニューをみると「プロフ」がメジャーなんでしょうね。 羊の「スルタマ」にしました。 さらに謎の「ラグメン炒め」を注文。 こちらはウイグル料理のようです。 ウズベキ料理とウイグル料理の違いがわからない〜 ドリンクは「ウイグル風ドリンクドガップ」が良かったのですが、売り切れでしたので、アイスコーヒーにしました。 残念… ハラールなのでアルコールはありません。 「ラグメン炒め」 ウズベキ風うどんです。 予想よりも唐辛子たっぷりで焦りましたが、唐辛子を避けて食べれば激辛ではありませんでした。 油っこいですが、かなり美味しい! 「スルタマ」 まるでとろとろの豚の角煮のような、柔らかい羊です。 臭みも全くありません。 スライス玉ねぎとともにレモンをかけて食べるとさっぱりうまうま。 火曜日が休みですよ〜 なかなか食べる事ができないレアなウズベキスタン料理。 奥が深いので、また通ってみます。 変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。 店舗情報 ハラールサクラ 東京都台東区根岸2-18-11 ルート根岸第二ビル1F2F ******************************* したぷらのプロフィールは。 Instagram:@shitapla ツイッター: dtplanaria Come on-a My House したぷらブログ2. 0: 写真の無断転用はしないでください。 Posted from.

次の

名古屋の「タバスム」はプロフやラグマンを味わえる東海地方唯一のウズベキスタン料理店

ウズベキスタン 料理

ウズベキスタンのおもてなし料理とは ウズベキスタンでは、お客さんに対して、たっぷりの料理でもてなすという習慣があります。 そして基本的には、次のような順番で料理は運ばれます。 スープ• メイン• デザート• お茶(メインあたりから出されます) 最初、私はこのウズベキスタンのもてなし文化を知らず、饅頭がメインだと思い込んでお腹一杯食べてしまい、後半のスープやメインをきちんと味わうことができなかったという失敗談があります…。 レストランでも基本的に上記の順番で配膳されることが多いので、知っておくと、お腹の具合をみながら食べ進めることができます。 ちなみに美味しくいただきつつも、満腹になった場合は、残しても失礼に当たらないとのことなので、安心してください。 ウズベキスタンの前菜 前菜はナッツやサラダが多いです。 テーブルセッティングの段階で用意されています。 ウズベキスタンには黄色のニンジンがあり、その黄色のニンジンのサラダは塩とニンニクが効いていて美味しかったです(写真右下)。 キュウリとトマトのサラダはどこでもよく出されます。 トマトは濃厚な味わいで美味しいです。 カリフラワーのサラダもよく出ました(写真左下)。 こちらはビーツのサラダです。 またナッツを砂糖でコーティングしたもの(写真手前)やドライフルーツなど、甘いものが用意されていることもあります。 ウズベキスタンのナン ナンは都市によって形状も味も異なりますが、どれも美味しいです。 特に有名なのがサマルカンドのナンで、現地の人もお土産にするほど大人気です。 顔よりも大きいサイズです。 ヒヴァのナンは、薄くて大きいです。 成型の時に、専用の道具で模様をつけていき、竈で焼きます。 焼きたては特に美味しいです! こちらはブハラのパン。 シフォンケーキのような形状です。 ウズベキスタンの饅頭 饅頭は大きな水餃子のようです。 具材はお肉が多いですが、時には甘いカボチャが入っていることもあります。 具材がお肉の場合、ウイキョウ(フェンネル)を中心としたハーブが沢山入っています。 饅頭の代わりに、サモサ(肉や野菜が入ったパイ)の時もあります。 ウズベキスタンのスープ スープは肉と野菜がたくさん入った、いわゆる「コンソメスープ」なので、毎回とても美味しかったです。 時には麺やお米が入っていることもあります。 ウズベキスタンのメイン料理 ウズベキスタンのメイン料理と言えばプロフ(ピラフ)です。 冠婚葬祭の時はもちろん、かつては金曜日(イスラム教の休日)に毎週食べていたそうです。 今でも休みの土日に食べるそうです。 プロフも、ナンと同様、地域によって特色がありますが、どれも美味しいです。 ブハラのプロフは、ご飯の上に、たっぷりのニンジンとお肉が盛り付けられるのが特徴です。 一方、タシュケントのプロフは、お肉は一緒に炊き込まれ、豆やレーズンもたっぷり入っています。 個人的に、唯一衝撃を受けた料理がこの「ノリン」です。 半生風の細切り麺(チーズみたいな食感)と蒸した馬肉の細切りを混ぜたもの。 なんとも形容し難い味なのですが、薄い味なのにクセがあります。 そしてスープは驚くほど塩辛い! 麺と馬肉を混ぜたものはそのまま食べてもいいし、ブイヨンスープに入れて食べてもいいとのことだったのですが、個人的にはゴメンナサイ…。 でもウズベキスタンの人々はこのノリンが大好きで、子供達も週2〜3回食べるぐらい好物とのこと。 他のウズベキスタン料理は美味しいのだから、違うお店で食べたら、ノリンも本当は美味しいのかもしれません。 プロフの他に肉料理もよく出されますが、ウズベキスタンは二重内陸国ということで、魚は大変高価な食材で、ほとんど出ません。 写真の肉料理はウズベキスタンの家庭料理「ディムラマ」。 肉、ニンジン、ジャガイモ、キャベツなどを煮込んだものです。 ひき肉とお米をブドウの葉で巻いて煮込んだ「ドルマ」。 中東で食べたものと似ているような気がする。 ウズベキスタンのデザート デザートも色々ですが、フルーツというよりはケーキ類が多いです。 こんなカラフルなエクレア見たことない! こちらはアップルパイでした。 こちらはナッツやドライフルーツがたっぷり入っていて、日本でも大ヒットすると思われるぐらい美味しかったです。 ウズベキスタンのお茶 ウズベキスタンではお茶も毎食飲みます。 お茶の種類は緑茶だったり紅茶だったりと色々ですが、どれもクセがなく、日本人には飲みやすい味です。 急須でたっぷりと持ってきてくれるので、たっぷりと飲んで、肉料理の油分をお茶で分解していきます。 以上、ウズベキスタン料理と、配膳される基本の順番の紹介でした。 中央アジアの料理(ウズベキスタン料理)というと羊肉のイメージが強いかもしれませんが、意外と野菜もたっぷり使われていて、牛肉もあり、日本人の口にも合う美味しい料理ばかりなので、ぜひ色々と食べてみてください。

次の

東京鶯谷にウズベキスタン料理が食べられるお店発見!「Halal Sakura(ハラール サクラ)」

ウズベキスタン 料理

首都は(タシケント)。 北と西に、南にと、東で、と接する。 かつての構成国であった。 国土の西部はが自治を行っており、東部のはタジキスタン、キルギスと国境が入り組んでいる。 国境を最低2回越えないと海に達することができない、「」の1つである。 また表記は、 Republic of Uzbekistan。 通称、 Uzbekistan。 国民・形容詞ともUzbekistani。 の表記は、 ウズベキスタン共和国。 通称、 ウズベキスタン。 は 月即別。 オズベクは、で「自身が主君」を意味し、(キプチャク・ハン国)の(オズベク・ハン)の名に由来するといわれる。 地理 [ ] ウズベキスタンの衛星写真 ウズベキスタンは中央アジアに位置しており、全国土面積は447,400である。 この国土面積は世界55位であり、人口は世界第42位である。 のあいだでは、全面積は第5位、人口は第3位となっている。 主要都市としては、首都ののほか、、、、、ヒヴァなどがある。 ウズベキスタンはから、からの地域に存在している。 東西の距離は1425km、南北の距離は930kmである。 北および北西地域はとの国境とに、南西部分はとの国境に、南東部分はとの国境に、北東部分はとの国境に接している。 ウズベキスタンはでも有数の面積を持つ国家であり、他の4国すべてと国境を接する唯一の国家でもある。 このほか、ウズベキスタンは南部150kmに渡りと国境を接している。 ウズベキスタンは乾燥したである。 ウズベキスタンは世界に2つしか無い(もう一つは)であり、海へと出るためには国を2つ越える必要がある。 加えて、海と繋がる河川がない「」という特殊な環境にある。 このため国土の10%にも満たない灌漑農業用地や河川流域のに似た土地で集中的に農業が行われている。 残りの国土は広大な()と険しい山々で占められる。 ウズベキスタンの最高点はととの境界付近、 ()にあるであり、標高は4643mである。 タジキスタンの首都の北西部に存在するこの山はかつては第22回共産党大会峰と呼ばれていた。 ウズベキスタン共和国内の気候はその大部分がであり、は年間100~200mmと非常に少ない。 特に西部は雨が少なく、砂漠が広がっている。 このため 人口密度は山岳地帯の東部の方が高く、土地の平坦な西部は低い。 タシュケントの7月の平均最高気温は35. 7度、1月の平均最低気温は-1. 5度である。 環境 [ ] 1989年と2008年におけるの大きさの比較 かつては世界で4番目に大きい湖で、周辺地域の湿度を保ち乾燥した土地で農業が行える大きな要素となっていた。 1960年代以降の10年間でアラル海の水の過剰利用が行われ、アラル海は元の50%にまで面積が縮小、水量も3分の1にまで低下した。 信頼出来る調査結果もしくは概算データは各国公的機関や組織においてまだ十分に発表されておらず、情報の収集も進んでいない。 現在も水の大部分は綿花や栽培に大量の水分が必要とされる作物栽培の灌漑用水として使用され続けている。 時代の農業政策により、の過剰な生産が行われたことが原因の一つとして挙げられている。 農業分野は国内で深刻化している水質汚濁や土壌汚染の加害者であり被害者でもある。 この環境破壊の危機の責任の所在は明らかであり [ ]、1960年代にによって国内の河川に大量にを建設し、アラル海へ流入する水量の減少と河川の水の濫用を推し進めた旧ソ連の科学者や政治家、そしてソビエト連邦崩壊後、ダムや灌漑システムの維持に十分な対策をせず、環境問題対策に十分な費用をかけてこなかったウズベキスタンの政治家にある。 アラル海の問題のため、特にアラル海に近いウズベキスタン西部にあるでは土壌に高い濃度が検出されている上、による土壌汚染が広がっている。 また、国内の他の地域においても水資源のほとんどは農業に使用されており、その割合は約84%にのぼる。 これは土壌の塩分濃度上昇に拍車をかけている。 また、収穫量増加のため綿花農場におけるやの濫用を行ったため、深刻なが発生している。 歴史 [ ] 「」も参照 その後のによってウズベク・ソビエト社会主義共和国はウズベキスタン共和国として独立し、同時に CIS に加盟した。 独立後はが権力を集約し、ほぼ独裁政権となって統治してきた。 5月13日に東部で発生したで市民に多数の死者が出たとの情報があり、諸国・などから「人権侵害」との非難が挙がっている。 また、これまで反テロの同盟国として協力関係にあったも態度を変化させ民主化要求を行い始めている。 一方、カリモフ大統領はイスラム過激派による武力蜂起だとして欧米側による報道を批判し、国際調査団を受け入れる考えのないことを表明している。 また、の以来、の駐留を受け入れてきたが、2005年にこれを解消し、アメリカ軍は撤収することとなった。 なお現在も、「反テロ作戦の一環」としてがテルメズ飛行場に駐留を続けている。 現在はと関係を深めている。 2016年9月2日にカリモフ大統領が死去したことで、25年に渡る長期政権は終焉を迎えた。 その後、カリモフ氏の後継者である氏が大統領代行を務め、12月に行われた大統領選挙でも勝利したことで第二代大統領に就任した。 政治 [ ] 詳細は「」、「」、および「」を参照 国家元首であるは、ウズベク・ソビエト社会主義共和国大統領であったが独立以来2016年に死去するまでその職にあった。 首相と副首相は大統領が任命する。 大統領官邸は、オクサロイ宮殿(白い館)。 議会はアリー・マジュリス Oliy Majlis と呼ばれ、一院制で任期5年、250議席。 アリー・マジュリスの初の選挙は1994年の第16回にて承認された決議の元開催された。 同年、最高会議はアリー・マジュリスとその名称を変更した。 ウズベキスタンはこれまで3回の大統領選挙を行なっているものの、2016年に死去するまではすべてが選出されきた。 議会は定員150名の(日本のに相当)と定員100名の(日本のに相当)に分かれており、それぞれ任期は5年である。 第3回の選挙は2009年12月27日に、第2回選挙は2004年12月から2005年にかけて行われたアリー・マジュリスは2004年まで1院制であったが、2002年の国民投票の結果、次期選挙から二院制に移行することとなった。 議会に参加する議員数は1994年は69名であったが、2004~05年に120名へと増加、現在は下院の議員数は150名にまで増加している。 現在、旧から改組されたを中心とする諸政党がイスラム・カリモフ前大統領の支持勢力として議会を支配してきた。 カリモフ前大統領はウズベキスタンの独立後、に所属していたが、2007年にに党籍を移した。 いずれの政党も、カリモフ政権を支えてきた政党である。 は絶大な権力を握っており、は法案成立の際に多少影響力を持つにすぎない。 1995年12月27日に行われた国民投票の結果、イスラム・カリモフは2選を果たした。 その後2002年1月に行われた国民投票の結果、大統領の任期は5年から7年に延ばされた。 国民投票の結果を受けて法案が成立し、イスラム・カリモフの任期は2007年12月まで任期が延長された。 ほとんどの国際監視員は選挙の過程と結果に関して正当なものであると認めていない。 2002年の国民投票には下院 Oliy Majlis と上院 Senate の2院制への移行計画に関する投票が含まれていた。 下院の議員は「専業」の国会議員である。 新たな2院制への移行に関する国民投票は12月26日に開催された。 OSCE は制限された監視行動の中で、ウズベキスタン国内の選挙はOSCEやその他の民主主義選挙に関する国際基準を全く満たしていないという評価を下している。 複数の政治政党が政府の承認を経て設立されたものとなっている。 同様に、ラジオ・テレビ・新聞など様々なが設立されているものの、これらのメディアは依然として政府のコントロール下にある、もしくはめったに政治的な話題を扱わないメディアとなっている。 独立した政治政党の設立や党員募集、党大会や記者会見の開催は禁止されていないものの、登録手続きには制限が課されているため登録を拒否されている。 2016年にカリモフが死去した後も、その後継の大統領がカリモフ氏の支持基盤と手法を受け継いでいるが、を含む一部の国々からの観光目的での入国のを免除したり、関係の悪かった隣国との関係改善を図るなど改革も見られる。 人権 [ ] 詳細は「 ()」を参照 では「ウズベキスタン共和国の民主主義は個人の生命、自由、名誉、尊厳、その他の固有の権利を至上の価値とする基本的な人道にもとづく」と宣言している。 人権に対する公的な姿勢については「人権の確立と奨励に関するウズベキスタン共和国政府の取り組み」という覚書に要約されており 、以下のように記述されている。 「政府はウズベキスタン市民の人権を保護、保証するためにあらゆる手段を用いる。 ウズベキスタンは人道的な社会の実現のため、継続的に法改正を行っていく。 人々の基本的人権を規定するための300以上の法案が議会を通過した。 例として、事務所は1996年に設立された。 2005年8月2日、大統領のイスラム・カリモフは2008年1月1日よりウズベキスタンにおいて死刑を廃止する法令に調印した。 しかし、 ()(IHF)、、などののはやとともに、ウズベキスタンを「が制限された権力主義国家」と定義しており 、「あらゆるに対する広範囲の侵害」が存在することに重大な懸念を表明している。 報告によると、最も広範囲で見られる人権侵害は、恣意的な、そして、信教の自由、言論の自由、出版の自由など様々な自由の制限があげられる。 また、地方ではウズベキスタンの女性に対して強制不妊手術を行うことが政府によって容認されているとの報告がある。 また、宗教団体の会員、独立したジャーナリスト、人権活動家や禁止された敵対政党の党員を含む政治活動家などに対する人権侵害が頻繁に行われているとも報告されている。 のでは結果として数百人の死亡者が出たが、この事件はウズベキスタン国内の人権侵害の歴史の中でも大きな事件となった。 事件に関する深い懸念がアメリカ合衆国、欧州連合、、OSCE議長、OSCE民主主義人権研究事務所によって示され、これらの機関はウズベキスタン政府から独立した調査を要求した。 ウズベキスタン政府が人命を不法に奪い、市民のと表現の自由を否定していることにも非難が出ている。 政府はこれらの非難を真っ向から否定した上で、必要最小限の武力を用いて反テロ活動を展開したにすぎないと主張した。 さらに、政府の一部官僚は「ウズベキスタンに対して情報戦が仕掛けられている」と述べ、「アンディジャンの人権侵害」はウズベキスタンの内政に干渉するのに都合よい口実として、ウズベキスタンの敵対勢力がでっちあげたものであると主張した。 タジク人が彼らの母語であるを学校で教えることをウズベキスタンは禁じており、タジク語(もしくは)の文学作品が破壊された例が存在する。 外交 [ ] 詳細は「」および「」を参照 全方位的外交を展開し、ロシアや中国だけでなく、CIS諸国を含む諸国や諸国、などとも友好関係を持っている。 との間も官民両面で友好関係を保っており、両国にを持っている。 ただし、第二次大戦後を受けた日本人捕虜は首都タシュケントにも回され、中央アジア最大のバレエ・オペラ劇場たるの工事などに従事したという過去もある。 なお、この劇場は1966年のの際にも全くの無傷という見事な仕事ぶりであった。 ウズベキスタンは1991年12月に CIS に参加した。 しかし、1999年にCIS集団安全保障体制から脱退した。 これ以降、ウズベキスタンは自国の安定に影響を及ぼすタジキスタンとアフガニスタン両国の紛争の解決の手助けをするためタジキスタンのCIS平和維持軍や国連により組織された平和維持軍に参加している。 かつてはアメリカ合衆国とウズベキスタンの関係は良好であった。 2004年にはアメリカ合衆国はウズベキスタンに軍事費の約4分の1に当たる5億を援助、ウズベキスタン政府はアメリカ合衆国軍によるへの空軍軍事作戦に際しの使用を許可していた。 ウズベキスタンはアメリカ合衆国の掲げる世界規模のの積極的な支持者であり、アフガニスタンとイラクの両地域において支援作戦を展開していた。 ウズベキスタンとアメリカ合衆国両国の関係はやで2000年代半ばに起きた「」(後にへも影響が拡大した)の後、悪化が進んだ。 アメリカ合衆国がの流血事件に対して独立した国際調査団参加に名乗りを上げると、両国の関係は極めて悪化、大統領のイスラム・カリモフは外交路線を転換し、人権侵害非難を支持することのなかったロシアやに接近する姿勢を見せるようになった。 2005年7月後半、ウズベキスタン政府はアメリカ合衆国にアフガニスタン国境に近いから180日以内に撤退するよう命じた。 カリモフは後の短期間、アメリカ合衆国に空軍基地使用を申し出ていた。 ウズベキスタン人の中には、アンディジャン事件に対する抗議による、アンディジャン地区におけるアメリカ合衆国やイギリスの影響力増加への懸念が撤退命令につながったと考える者もいる。 これもまたウズベキスタンと西洋諸国が対立した理由の一つに挙げられている。 ウズベキスタンは1992年3月2日よりに加盟しているほか、 EAPC 、 PfP 、 OSCE のメンバーでもある。 また、 OIC や(ECO、中央アジアの5カ国と、、、、で構成される)にも所属している。 1999年、ウズベキスタンは 、、、)のオブザーバーとなり、1997年に加盟してGUUAMとなったが、2005年に脱退している。 ウズベキスタンは中露の主導する SCO のメンバーでもあり、タシュケントでSCO地方反テロ構造 RATS を開催している。 ウズベキスタンは2002年に設立された EAEC に加盟している。 EAECはウズベキスタン、、、、、から構成されている。 CACOはキルギスとカザフスタンにより設立されたが発展改称する形で設立された組織であり、ウズベキスタンはEAECの創立メンバーとして加盟している。 2006年9月、はイスラム・カリモフをウズベキスタンの豊かな文化や伝統を保存した功績により表彰した。 批判はあるが、ウズベキスタンと西洋諸国の間の関係を発展させた1つの証として捉えられている。 2006年10月にはもうひとつウズベキスタンが西洋諸国からの孤立から脱する出来事があった。 は人権や自由に関して対話を行うため、長きに渡り対立していたウズベキスタンに対して使節団を送る計画があると発表した。 に関する政府の公式発表と非公式の数字どちらが正しいのかという点に関しては曖昧であったものの、EUは明らかにウズベキスタンに対する経済制裁を弱める意志を見せた。 しかし、ウズベキスタンの人々の間では、ウズベキスタン政府はと密接な関係を維持しようとしており、2004年から2005年にかけてのウズベキスタンでの抗議はアメリカ合衆国やイギリスにより引き起こされたものであると一般的に考えられている。 にが公表した資料によると、1日2. 0ドル未満で暮らすはで1,248万人と推定されており、国民の44. 近年は豊富な関連の投資を多く受け入れており、比較的好調な経済成長を遂げている。 通貨は。 多くのと同じく、ウズベキスタンの経済はソビエト連邦時代のからへの移行期であった初期に一旦減少し、政策の影響が出始めた1995年より徐々に回復している。 但し2017年は、通貨スムの複数為替レートの一本化などのミルジヨエフ大統領の改革の影響により5. 3%である。 の概算によると 、2018年のウズベキスタンのは1995年時点の約4. 8倍であり、PPP換算で約5. 9倍である。 ウズベキスタンにおいて、一人あたりの GNI は低く、2017年時点で2,000USドル、は7,130USドルとなっている。 PPPと比較した一人あたりのGNIの数字は世界187カ国中123位と低く、12のの中でウズベキスタンより下の値であるのはキルギスとタジキスタンだけである。 経済的な生産は加工品ではなく生産品に集中している。 ウズベキスタンは独立後の1992年から1994年にかけて、年間1000%もの急激なを体験している。 IMFの助けを借りた経済安定化の努力が行われ 、インフレ率は1997年に50%に減少、さらに2002年には22%にまで減少した。 2003年以降、年間インフレ率は平均15%未満となっている。 2004年の緊縮財政政策は結果としてインフレ率の大幅な減少につながり、インフレ率は3. )2017年は、同年11月のガソリン価格、同年12月の法定月額最低賃金の引き上げを受け、約18. 9%のインフレ率となっている ウズベキスタンの主要金属資源は、金、ウラン、モリブテン、タングステン、銅、鉛、亜鉛、銀、セレンであり、金埋蔵量1,700tで世界第12位、年間生産量102tで第10位、ウランの埋蔵量では世界トップ10に入り生産量2,400トンであり、世界第7位である。 更に、ウズベキスタンの国営ガス会社、は世界第15位の生産量を誇り、年間450億を産出している。 ウズベキスタン国内においてエネルギー関連事業に大きな投資をしている企業としては CNPC 、、 () KNOC 、、、ウズベクネフテガスがある。 2018年時点において、ウズベキスタンは世界で第7位の綿花生産国であり、世界第9位の綿花輸出国であり 、同時に世界第11位の金採掘国でもある。 他に生産量の多い製品としては、、、、、、、等がある。 労働者はでウズベキスタン総労働人口の19. 8%(2012年時点)を占め、そのなかでも綿花の輸出が産業の中心のひとつとなっている。 これはロシアやカザフスタンなどへの移民として農村の労働人口が流出していることが大きな要因として考えられる。 また、公式発表によると就業率は高いとされているものの、特に地方で就業率は低く、少なくとも20%以上が失職中であると推定されている。 綿花収穫期には、政府による綿花収穫の強制労働が依然として存在している。 18歳未満の強制労働を禁止する法令があるにも関わらず、一部地域では地方の役人によって子供たちが綿を収穫するために動員された。 更には、綿花作業だけでなく建設、農業、及び公園清掃の強制労働を教師、学生、民間企業の従業員などに行わせた。 独立達成後に多くの経済問題に直面したことで、政府は国による管理、輸入量の減少、エネルギー自給率の増加を軸とした進化のための改革戦略を採択した。 1994年以降、国のコントロールを受けたメディアはこの「ウズベキスタン経済モデル」の成功を繰り返し喧伝しており 、経済ショックや貧困、停滞を避けて市場経済へとスムーズに移行するための唯一の方法であると提案していた。 漸進的な改革戦略は重要なや構造改革を一旦中止していることからも読み取れる。 の手の中にある状態は依然として官僚の経済に対する影響が大きいことを示している。 汚職が社会に浸透しているだけでなく、さらに多くの汚職が行われるようになっている。 2018年度におけるウズベキスタンのは180カ国中158位であった。 2006年2月におけるによる報告によると、核となる輸出品、特に綿花、金、トウモロコシ、天然ガスから得られた収入はエリート支配層の少数の間にのみ還元され、人口の大多数には少量、もしくはまったく還元されない状況にあるとされている。 によると、「政府は国の手でコントロールできないような独立した民間企業の発展を敵視している」。 従って、は経済的、そして結果的には政治的に低い地位にある。 経済政策は外国企業による投資に反発する姿勢を見せており、CIS諸国において最も国民一人あたりの外国企業による投資額が低い。 長年に渡り、ウズベキスタン市場に投資を行う外国企業に対する最大の障壁は通貨交換の困難さであった。 2003年、政府は完全に通貨兌換性を保証するという(IMF)の第8条の義務を承認した。 しかし、国内で使用する通貨に対する厳しい制限や通貨交換の量に制限がかけられていることから、外国企業による投資の効果は減少していると考えられている。 ウズベキスタン政府は高いを含む様々な方法で外国製品の輸入を制限している。 地方の生産品を保護するため、非常に高い税金が課せられている。 公式、非公式の関税が相まって、商品の実際の値段の1~1. 5倍に相当する税金がかかることで、輸入品は仮想的に値段に見合わない高い商品となっている。 輸入代替は公式に宣言されている政策であり、ウズベキスタン政府は輸入品目におけるこのファクターが減少していることに誇りを持って経済報告を行なっている。 CIS諸国はウズベキスタンの関税を公式に免除されている。 (共和国証券取引所、RSE)は1994年に取引を開始した。 約1250のウズベキスタンののやがRSEで取引されている。 2013年1月時点において上場している企業の数は110に増加した。 証券市場の発行済株式総数は2012年に2兆に達しており、証券取引所を通した取引に興味を持つ企業が増えていることからこの数字は急速に増大している。 2013年1月時点における発行済株式総数は9兆を突破した。 ウズベキスタンの対外的地位は2003年以降次第に強くなっている。 金や綿花(ウズベキスタンの主要輸出製品である)の世界市場価格の回復、天然ガスやその他生産品の輸出量の増加、労働力移入人数の増加という様々な要因により、現在の収支は大幅な黒字に転じ(2003年~2005年の間ではGDPの9~11%)、金を含む外貨準備高は約30億と2倍以上にまで増加している。 2018年時点の外貨準備高は推計約289億である。 世界規模の銀行、HSBCの調査によると、ウズベキスタンは次の10年間で世界でも有数の成長速度の速い国家(トップ26)になると予測されている。 農業 [ ] 「」も参照 ウズベキスタンは、ソ連時代の計画経済によって栽培の役割を割り当てられた過去があり、そのため近年になって鉱産資源の開発が進むまでは綿花の経済に近い状態だった。 その生産量は最高500万トンに達し、2004年度においても353万トンを誇る。 しかしウズベキスタンは元来が少なく綿花の栽培には向いていない土地であったため、近年においては灌漑元であるの縮小やなどに悩まされている。 また、綿花栽培に農地の大半を割いているため、各種・類を産する土地を有しながら、そのは半分以下である。 鉱業 [ ] ウズベキスタンはエネルギー資源として有用な鉱物に恵まれている。 ウズベキスタンの主要金属資源は、金、ウラン、モリブテン、タングステン、銅、鉛、亜鉛、銀、セレンであり、金埋蔵量1,700tで世界第12位、年間生産量102tで第10位、ウランの埋蔵量では世界トップ10に入り生産量2,400トンであり、世界第7位である。 ウズベキスタン鉱物埋蔵量国家バランスによると、同国では、97の貴金属鉱床、38の放射性鉱物鉱床、12の非鉄金属鉱床、235の炭化水素鉱床(ガス及び石油鉱床を含む)、814の各種建材鉱床など、1,931の鉱床が発見されている(2017年1月1日現在)。 現在、探査は10鉱種以上に関して行われており、数鉱種だった20年前に比べ探査範囲は拡大傾向にある。 近年、探査が開始されたものや強化されているものは、鉄、マンガン、石炭、オイルシェール、一部のレアメタル、レアアース、非在来型の金・ウラン鉱床である。 近年の鉱山開発は、国営企業であるNGMK Navoi Mining and Metallurgical Combinat ウラン、金 及びAGMK Almalyk Mining and Metallurgical Complex 銅、亜鉛、鉛、金 による生産設備の近代化や、アジア諸国 日本、中国、韓国 との経済協力によって推進される傾向にある。 また、韓国、中国、ロシア等から調査・採掘分野への投資の動きが活発化しており、ウランやレアメタルを中心に協力拡大の可能性が注目されている。 ウズベキスタンは世界第4位の埋蔵量を誇る。 407万トンの 、250万トンの も採掘されている。 鉱業セクターは輸出にも貢献しており、特産物の絹織物につぎ、エネルギー輸出が全輸出額の9. その他の金属鉱物資源では、(生産量:約60. 0千トン)のほか、小規模な銅採掘(生産量:80. 4トン)が続いている。 も産出する。 観光都市 [ ] 8. 2012年時点の人口29,559,100人 は中央アジア全体の人口の約半数に相当する。 ウズベキスタンの平均年齢は低く、全人口の約23. 人口推定によると、主要民族のが全人口の83. 8%を占める。 その他、4. ソ連時代に、ウズベク語を話すことのできるタジク人はウズベク人と分類されたため、タジク人は実際には相当数いるものとされる。 ソ連時代にはロシア人の割合は12. タジク人の割合に関しては解釈の相違が見られる。 公式の統計でウズベク人とされている者の中には中央アジアのトルコ・ペルシア人であったのような他の民族も含まれている。 による近年のテストを用いた研究によると、ウズベク人にはとの遺伝子混合が見られる。 ウズベキスタンの少数民族としては、1937年から1938年にかけて、によりのから中央アジア地域へと強制移住させられたが約20万人ほど在住しており、「」と自称している。 また、系のや系のウズベキスタン人もタシュケントやサマルカンドなどの都市部に多い。 アメリカ国務省による2004年の報告によると、0. は1000年以上前にへと移り住んできたの民族集団であり、主にウズベキスタンに居住している。 1989年時点では94,900人のがウズベキスタン国内に住んでいた (全人口の約0. 5%に相当)が、ソビエト連邦崩壊後ブハラ・ユダヤ人の多くは、、といった他の国々へと出国、2007年時点で残っているブハラ・ユダヤ人の数は5,000人にも満たない。 は全人口の約2. 3%を占める。 ソビエト連邦時代にはロシア人とが首都の全人口の半数以上を占めていた。 1970年の調査結果によると、全人口の12. 5%に当たる約150万人のロシア人が国内に住んでいた。 ソビエト連邦崩壊後、ロシア系の人々は主に経済的な理由からその多くが他国へと移住していった。 約10万人のクリミア・タタール人が現在もウズベキスタン国内に居住している。 タシュケントにおける ()の数は1974年の35,000人から2004年には12,000人にまで減少している。 の大多数は1989年6月にで起きたの後他国へと出国した。 宗教 [ ] の 2009年のによる調査によると、はウズベキスタンの主要宗教であり、人口の約90%がである。 しかし、による2009年の調査結果によると、ウズベキスタンの全人口の約96. 3%がムスリムとなっている。 また、約93,000人の信者が存在しているとされている。 国内のイスラム教信者の割合は高いものの、の実践は一枚岩からは程遠い。 信仰については、20世紀を通してや、イスラム教の伝統との衝突を通してで様々な方法が実践されているが、このような混乱した状況が世界へと発信され、定着することとなった。 ソビエト連邦の崩壊により多くの人が予想したようなの台頭を招くことはなく、衣食に関する戒律は緩やかであり、基本的に女性は頭髪や足首を隠さない。 しかし、などイスラム色の強い都市では女性がパンツ(ズボン)を履くことに対して良く思わない傾向があり、多くの女性はを履いている。 信教の自由の権利を保証しているものの、ウズベキスタンは国によって認可されないあらゆる宗教活動を禁じている。 言語 [ ] 7. ウズベク語は表記だが、での表記も行われている。 ウズベク語母語話者は全体の74. ソ連時代まではロシア語も公用語とされていたが独立後に外された。 しかし、ロシア語は全人口の14. 2%に当たる人々がとして使用しており、その他の人々もその多くがロシア語をとして使用しているなど異民族間の・準公用語的な地位にある。 や、などのウズベキスタン南部地域、地域、沿岸地域ではが広範囲にわたって話されており 、タジク語圏地域となっている。 ウズベキスタンではタジク語教育は禁止され、家庭内等での使用に限定されている。 そのため、タジク語話者はほとんどがウズベク語との完全なでもあり統計上ではの割合は4. このことから、ウズベキスタンはタジキスタンに次ぐタジク語国家ともいえる。 カラカルパクスタン共和国ではカラカルパク語とウズベク語の両方が公用語となっている。 その他、、、、、、なども話されている多言語国家である。 交通 [ ] ウズベキスタン航空 [ ] がとやの主要都市間を結んでおり、にもに週2便定期便を運航している。 しかし運休も多く、スケジュール通りに動くか当日にならないと判明しないこともあり、またマイレージも独自のフライトのみでしか加算できないため、マニアックな人好みの航空会社となっている。 タシケント国際空港にはアジアやヨーロッパから各国のが乗り入れており、時代より中央アジアにおける的な存在となっている。 ウズベキスタン航空は、日本からウズベキスタンへの旅客輸送ではなく、やなどタシュケント以遠の都市への旅客輸送がほとんどである為、国会でも問題視されたが、法律で禁止されていることではない。 国内 [ ] 国内の移動にはウズベキスタン航空の国内線の他、やも国土の広い範囲をカバーしている。 なお鉄道はその多くが旧ソ連時代に建設されたものであり、老朽化が進んだ他、各地方を結ぶ基幹路線のいくつかは近隣国を経由しており、これを解消するために日本政府がを行い、鉄道旅客輸送力の増強および近代化事業を進めている。 近年、も運行している。 ウズベキスタンの首都であり国内最大の都市であるには1977年にが整備され、から独立後10周年に当たる2001年には地下鉄が3線にまで増加した。 ウズベキスタンは中央アジアで最も早くが整備された国であり、2013年時点で地下鉄が存在する中央アジアの都市はのとタシュケントの2つのみである。 駅にはそれぞれ統一されたテーマが設けられており、そのテーマに沿った内装が施されている。 例えば、1984年に建設されたの「コスモナフトラル駅」はがテーマとなっており、駅構内はウズベキスタン国内出身のソビエト連邦の、の業績を含めた人類の宇宙探査の様子が描かれており、ウラジーミル・ジャニベコフの銅像が駅入口付近に建設されている。 タシュケントには市営のやが運行されている他、登録承認済み、非承認にかかわらず多くのが走行している。 ウズベキスタンには現代的なを生産する自動車工場がある。 ウズベキスタン政府との企業、(旧称:大宇自動車)により設立された(現在はGM傘下に入りGMウズベキスタンと改称している)が国内ので大規模な自動車生産を行なっている。 政府はトルコのによる投資を受けてを設立、小型バスやトラックの生産を開始した。 その後、のといすゞのバスやトラックを生産することで合意している。 鉄道はウズベキスタン国内の多くの街を結ぶと共に、やなど旧ソ連領域内にあった中央アジアの隣国へも運行されている。 更に、独立後2種類のが導入された。 2011年9月にはとを結ぶの運行が開始された。 この高速鉄道の車輌にはの鉄道車両メーカーにより制作されたが使用されており、「アフラシャブ号 Afrosiyob 」と呼ばれている。 初の運行は2011年8月26日に開始された。 この工場は時に建設され、当時の生産施設はソビエト連邦と敵対していたの軍隊による接収を避けるためソビエト連邦南東部に当たる中央アジアへと疎開してきたものであった。 1980年代後半まで、工場はソビエト連邦国内において航空機生産をリードする工場の1つであったが、ソビエト連邦崩壊とともに生産設備は老朽化、多くの労働者が解雇された。 現在は年間数台の航空機を生産するのみとなっているが、ロシアの企業による関心により生産能力強化計画があるとも報じられている。 軍事 [ ] 共同作業訓練を行うウズベキスタン軍兵士 ウズベキスタン軍は約65,000人の兵士を擁し、最大規模の軍隊を持つ。 軍事機構はその大部分を部隊から受け継いでいるが、主に軽歩兵部隊や特殊部隊において改革を実行中である。 ウズベキスタン軍の装備は現代的なものであるとはいえず、訓練の練度が統一されているとはいえず、領土の保全ミッションなどの作業に適しているとはいえない。 政府は旧ソ連の軍備管理義務を継承し、非核保有国としてに加盟、ウズベキスタン西部のとにおいて、(DTRA)による行動プログラムをサポートしている。 ウズベキスタン政府はGDPの約3. 7%を軍事費に当てているが、1998年以降はの () FMF)やその他の安全保障支援基金から融資を受けている。 にで起きたに続いて、ウズベキスタンはがウズベキスタン南部にあるへの駐留を承認した。 しかし、2005年の後、アメリカ合衆国が事件に対するウズベキスタン政府の対応を非難すると政府は態度を硬化させ、アメリカ合衆国軍にカルシ・ハナバード空軍基地から撤退するよう要求、2005年11月にアメリカ合衆国軍はウズベキスタン国内から撤退した。 2006年6月23日、ウズベキスタンは(CSTO)の正式なメンバーとなったが、 2012年6月にはCSTOから脱退している。 文化 [ ] の ウズベキスタンは様々な民族によって構成されているであり、国内の主要民族はである。 主な少数民族としては、(8%)、(5~30%) 、(4%)、(2. 5%)、(2%)などがいる。 しかし、ロシア人やその他の少数民族が他国へと移住し、時代に他国に居住していたウズベク人がウズベキスタンに帰国していることから、ウズベキスタン国内に住むウズベク人以外の民族の割合は減少傾向にあるとされている。 1991年にウズベキスタンが独立した際、に対する懸念が中央アジア地域に広まった。 これは信仰実践の自由を長く否定してきた国において、支配的な宗教であったイスラム教信者が急激に増加するであろうという予想に基づくものであった。 1994時点では、ウズベキスタンの人口の半数以上が自分がであると答えている一方で、信仰における知識やその実践方法に関しては持ち合わせている割合は極めて低かった。 しかし、国内ではその後イスラム教信者の割合の上昇が見られる。 ウズベキスタンは高いを誇り、15歳以上の識字率は約99. 3%である。 しかし、15歳以下の識字率は76%にまで落ち込み、3~6歳の識字率は20%となっている。 この大きな要因として、ウズベキスタンの教育方法が挙げられており、未来には識字率が下がっていくと予測されている。 学生は月曜日から土曜日まで年間を通して学校に通い、までが義務教育となっている。 中学校卒業後、学生は職業専門学校もしくは通常のへと進学することが多い。 ウズベキスタンには2つのインターナショナルスクールがあり、2つともタシュケントにある。 ブリティッシュ・スクールは小学生の、タシュケント・インターナショナルスクールは12歳以上の学生に対する指導を行なっている。 ウズベキスタンは教育プログラムを推進する際深刻な予算不足に陥っている。 1992年に制定された教育法に沿って教育カリキュラムの改定作業が実行されたが、教育現場の教材などの不足が発生、カリキュラムの改定作業は遅々として進んでいない。 この現象の大きな要因として、教師に対する賃金の低さ、政府による学校や教材などのインフラ整備予算の不足が挙げられている。 これにはラテン文字へと文字表記を変更したことにより、キリル文字で記されていた過去の教材や資料が使用できなくなったことも関係している。 また、教育システムが崩壊したことで、裕福な家庭が自身の子供を出席や入学試験なしに高いレベルの学校に入れてもらうため教師や学校関係者に賄賂を送る事態も横行している。 ウズベキスタンの大学は毎年約60万人の卒業生を輩出しているが、大学卒業生の一般的な水準や高等教育機関内の全体的な教育レベルはそれほど高くない。 ウェストミンスター国際大学タシュケント校は英語による講義が設けられた国内初の大学である。 音楽 [ ] のシルク・アンド・スパイス・フェスティバル 中央アジアの伝統音楽の形式の1つにがあり、これは当時文化の発信地であったで16世紀後半に生まれたものである。 シャシュマカームはのやの ()と非常に密接な関係にある。 シャシュマカームという名前は「6つのマカーム」を意味し、の伝統音楽と同じく、6つの異なるが6つの節に組み込まれた音楽であることからその名がついた。 が語りだす間奏では音楽が中断され、低音で吟じはじめた後次第に高音になりクライマックスを過ぎると再び元の低音に戻ることが多い。 バズムや結婚式のような行事に出席する聴衆の間ではフォーク・ポップスタイルの音楽は人気がある。 ウズベキスタンの伝統音楽はの形式とは大幅に異なっている。 多くの場合、男性同士の間で行われる朝夕の会合において、1人もしくは2人の音楽家の演奏を聞くことが多い。 ウズベキスタンの伝統音楽として有名なものにシャシュマカームがある。 裕福な家庭によるミュージシャンへの大規模な支援が行われており、パトロンとなる彼らはシャシュマカームの演奏などすべての代金を負担している。 詩と音楽は互いを引き立たせ、いくつかの楽曲では、1つの曲に2言語が取り入れられていることもあった。 1950年代には、は次第に人気がなくなり、ラジオで流す曲のジャンルとして禁止令を受けた。 これらの曲は完全に排除・衰退したわけではなかったが、「封建音楽」として名称を変えることとなった。 禁止令が出されていたものの、フォーク・ミュージックの演奏グループは独自の方法で音楽の演奏を続けており、個人の間で次第に広まっていった。 教育 [ ] ウズベキスタンの国民食、 ウズベキスタン料理は国内のに大きな影響を受けている。 ウズベキスタンではの収穫高が多いことから、やはウズベキスタン料理において重要な地位を占めており、時に「ヌードル・リッチ(noodle rich、麺が豊富)」と形容されることがある。 はウズベキスタン国内でのが盛んであることから一般的に販売されている肉であり、様々なウズベキスタン料理に使用されている。 ウズベキスタンの国民食は(パラフ、パラウ、オシュとも呼ぶ)であり、、、やなどの野菜を使用して作るピラフに似た料理で、主菜として供される。 オシ・ナハルは通常午前6時から9時までに提供される朝のプロフであり、結婚式などの慶事の際には集まった客の分まで大量に作られる。 他に有名なウズベキスタン料理としては以下のようなものがある。 (シュルヴァやシャルヴァとも呼ばれる)は脂肪の多い肉(通常を用いる)の大きな塊と新鮮な野菜から作るである。 ()やは麺料理であり、スープとしても主菜としても出されることがある。 や ()、はで作った生地に肉などの具を詰めた後、蒸す、焼く、揚げるなどしたに近い料理である。 肉と野菜のに近いや様々なは通常、主菜として供される。 は一日を通じ飲まれることが多いウズベキスタンの国民的なである。 緑茶を提供する(チャイハナ)は文化的にも重要な位置づけにある。 他にも付近ではなどのが出されることも多いが、緑茶や紅茶にやを入れて飲むようなことはしない。 茶は必ず食事とともに提供されるが、の一環として、客を招いた際には必ず緑茶もしくは紅茶を出す習慣がある。 冷たい飲料であるは夏季には人気があるものの、茶に代わる地位は獲得していない。 国内に多い信仰者()にとって、であるが、が緩いため街中では酒が売られており、政府も輸出・観光産業振興のための生産奨励や販売規制緩和を政策としている(ただし、後のイスラム教復興の影響を受けた若い世代はあまり飲酒しない)。 を含めて果樹が豊富なウズベキスタンにおけるワイン醸造は、イスラム化以降は下火になったものの、紀元前に遡る歴史があると推測されている。 ウズベキスタン国内には14のワイナリーがあり、国内現存最古かつ最も有名なワイナリーであるサマルカンド・ワイナリー(ホブレンコ・ワイナリー(Khovrenko Winery))はで、ロシア人実業家のドミトリー・フィラートフにより創業された。 サマルカンドのワイナリーではグリャカンダス(Gulyakandoz)、、アレアティコ、カベルネ・リカノー(Kabernet likernoe)など、地方のを使用した様々な種類のを生産している。 ほかにも、バギザカン、スルタンなどのブランドがあり、ドライタイプのものも近年日本にも輸入されるようになった。 ウズベキスタンのワインはロシアをはじめとするに輸出されているほか、国際的な賞も受賞している。 スポーツ [ ] 詳細は「」を参照 ウズベキスタンは自転車競技選手、の故郷である。 アブドヤパロフはで三回の区間優勝を果たしており、いずれの回もを勝ち取っている(マイヨ・ヴェールは個人総合成績1位を意味するにつぐ2番目を意味する)。 アブドヤパロフはツアーもしくは一日制のレースで先頭集団が一塊になってゴールに向かう際に優勝を勝ち取ることが多い。 彼はしばしば最後の数kmで「スプリント」をかけるが、この際に川がするように左右に揺れながら走行を行うため、集団で走る他の競技者からは接触などの危険が高まり危険な選手であるとみなされていた。 この走行スタイルから、彼には「タシュケントの虎」というニックネームがついている。 は2000年に開催されたでウズベキスタンに初ののメダルをもたらしたほか、、、と3大会に渡り男子120kg級で金メダルを獲得している。 はウズベキスタンを代表するプロである。 彼は2007年にを破ってWBAタイトルを奪取した、チャガエフは2009年にに敗れるまで2回王座防衛を果たした。 スプリント競技の ()はK-1 500mにおいて世界王者になったことがあるほか、オリンピックで銅メダルを獲得している。 の ()はで銅メダルを獲得している。 ウズベキスタンには ()の本部がある。 はウズベキスタンのであり、現在スポーツとして行われているクラッシュはウズベキスタンの伝統的な格闘技であったクラッシュを国際化・現代化したものである。 はウズベキスタンで最も人気のあるである。 国内の最上位サッカーリーグはであり、2018年以降は12チームが所属している。 2018年シーズンの国内リーグ王者はであり、国内リーグ最多優勝はの11回である。 ウズベキスタンは(AFC)に加盟しているためやなどのAFCが主催する国際大会に出場しており、2012年にはがベスト4にまで進出した。 また、2011年にはがにおいてウズベキスタンサッカー界初の国際大会優勝を達成しているほか、2018年にはがで初優勝を果たしている。 1991年にウズベキスタンが独立する以前、はの一員としてや ()、 ()、、ハンドボールソビエト連邦代表など、各スポーツのソビエト連邦代表チームに選手を送り出していた。 ソビエト連邦崩壊後、ウズベキスタンはや ()、などの代表チームを結成、国際大会に派遣している。 もまたウズベキスタンで人気のあるスポーツであり、特に1991年にウズベキスタンが独立して以降人気が出た。 国内のテニスを統括する団体、 ()(UTF)は2002年に設立された。 ウズベキスタンの首都タシュケントでは毎年というWTAの国際テニストーナメントが開催されている。 タシュケント・オープンは1999年に開始され、屋外のを使用して行われている。 ウズベキスタンで実績のある有名テニス選手としてはやがいる。 この他にウズベキスタンで人気があるスポーツとしては、、、、、、などがある。 外務省. 2018年11月5日閲覧。 2018年10月. 2019年3月24日閲覧。 www. worldatlas. com. 2013年6月13日閲覧。 18 July 2007. Retrieved July 29, 2009. Msf. org 2000年11月1日. 2007年9月30日時点のよりアーカイブ。 2013年6月13日閲覧。 Environmental Justice Foundation Report• Countrystudies. 2013年6月13日閲覧。 Embassy of Uzbekistan to the US, , October 24, 2005• Uzbekistan Daily Digest, , December 25, 2007• US Department of State, , Bureau of Democracy, Human Rights, and Labour, February 25, 2009• IHF, , 2004-06-23• OMCT and Legal Aid Society, , April 2005. Jeffrey Thomas, US Government Info September 26, 2005 ,• McMahon, Robert 2005年6月7日. Rferl. org. 2013年6月13日閲覧。 Web. amnesty. org 2005年6月23日. 2007年10月12日時点のよりアーカイブ。 2013年6月13日閲覧。 Press-service. uz 2005年5月17日. 2008年3月8日時点のよりアーカイブ。 2013年6月13日閲覧。 Kreml. Org. 2013年6月13日閲覧。 Cidcm. umd. edu 2006年12月31日. 2013年6月13日閲覧。 Erich Marquardt and Adam Wolfe , Global Policy Forum. October 17, 2005• Wan, Guanghua; Sebastian-Samaniego, Iva 2011-08. 英語 PDF. Economics Working Papers アジア開発銀行 WPS113836: 10ページ. 2019年3月24日閲覧。. 2019年3月24日閲覧。 2019-02-07. Report. 2019年3月24日閲覧。. Retrieved on June 22, 2009• ADB. org January 1, 2005-01-01. 2013年6月13日閲覧。 下社 学 2018-04-09. Report. 独立行政法人日本貿易振興機構. 2019年3月24日閲覧。. (JOGMEC). 2018-12-26. 2019年3月24日閲覧。. Enerdata. 2017年. 2019年3月24日閲覧。 2019年3月24日閲覧。 農林水産省 2014年. 2019年3月24日閲覧。 Cia. gov. 2020年1月9日閲覧。 プレスリリース , HRW , 2017年6月27日 , 2019年3月24日閲覧。 2013年6月13日閲覧。 C-and-a. com. 2013年6月13日閲覧。 Saidazimova, Gulnoza 2008年6月12日. 2013年6月13日閲覧。 Islam Karimov's interview to Rossijskaya Gazeta, 1995-07-07 ロシア語. 2018年. 2019年3月24日閲覧。 Gary Thomas. Voice of America. 16 February 2006• eurasiacenter. org. 2011年5月11日時点のよりアーカイブ。 2013年6月13日閲覧。 US Department of State, March 2011• Imf. org. 2013年6月13日閲覧。 NTE 2004 FINAL 3. 独立行政法人日本貿易振興機構. 2019年3月24日閲覧。 HSBC. 2013年6月13日閲覧。 Enerdata. 2017年. 2019年3月24日閲覧。 2018-06 PDF. Report. 2018年3月24日閲覧。. International Trade Centre(国際貿易センター) 2017年. 2019年3月24日閲覧。 外務省. 2020年1月9日閲覧。 Stat. uz 2012年1月23日. 2013年6月13日閲覧。 2000. European Security 9 2 : 115. の2009-05-05時点におけるアーカイブ。 Central Asian Survey 15 2 : 213—216. 201: "Consequently, the number of citizens who regard themselves as Tajiks is difficult to determine. Lena Jonson 1976 "Tajikistan in the New Central Asia", I. Tauris, p. The unofficial figure is over 6 million Tajiks. They are concentrated in the Sukhandarya, Samarqand and Bukhara regions. Tatjana Zerjal; Wells, R. Spencer; Yuldasheva, Nadira; Ruzibakiev, Ruslan; Tyler-Smith, Chris 2002. The American Journal of Human Genetics 71 3 : 466—482. , American Jewish Yearbook, vol. 101 2001 , p. 561. , American Jewish Yearbook, vol. 107 2007 , p. 592. Edward Allworth 1994. Duke University Press. 102. "" PDF. Woodrow Wilson International Center for Scholars. Journal of Turkish Weekly. December 16, 2004. World Directory of Minorities. The Jamestown Foundation. June 24, 2009. The Independent. July 6, 2004. Minority Rights Group International. State. gov 2010年8月19日. 2013年6月13日閲覧。 pravo. uz 1992年12月8日. 2013年6月13日閲覧。 Richard Foltz, "The Tajiks of Uzbekistan", Central Asian Survey, 213-216 1996. Uzdaily. com. 2013年6月13日閲覧。 , UZDaily. com. , UZDaily. com. Uzdaily 2011-08-27. Retrieved on 2012-02-19. 2013年6月13日閲覧。 Lena Jonson, "Tajikistan in the New Central Asia", Published by I. Tauris, 2006. The unofficial figure is over 6 million Tajiks. They are concentrated in the Sukhandarya, Samarqand and Bukhara regions. 2013年6月13日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] で 「 ウズベキスタン」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの ウィキブックスの ウィキクォートの ウィキソースの コモンズで() ウィキニュースの ウィキバーシティの 政府• (ウズベク語) (英語)• (ウズベク語) (英語) 日本政府• (日本語)• (日本語) 観光• (ウズベク語) (英語) その他• (日本語)• 一般情報• Library of Congress includes Background Notes, Country Study and major reports• University of Illinois Slavic and East European Library• UCB Libraries GovPubs• BBC News• International Futures メディア•

次の