サ グー ライティング。 大学生はサグーワークスを使って家でバイトをやれ!

サグーワークスに実際に登録してみた③ ~ライティング編~

サ グー ライティング

サグーワークスに登録してみました せっかくだから他のソーシャルワークのサイトも試してみようと思い、スに登録しました。 サグーワークスとは ライティングに特化したソーシャルワークサイトがサグーワークスです。 大きな特徴として、 全てのライティングの仕事を目視でチェックしており、そのチェックをクリアして初めて仕事をしたとみなされます。 逆に言うならば、その目視をする承認人に 非承認されるとボツをくらった事になり、報酬は得られません。 サグーワークスの特徴 公式サイトでもいくつか挙げていますが… 全ての仕事に対して、こうすれば良くなりますよという アドバイスが貰えます。 これにより自らのライティング能力の上昇が見込まれます。 また自社テストに合格するとプラチナライターとなり高単価の案件を受ける事もできます。 実際にサグーワークスに登録してわかったデメリット 結論から言うと、 私個人がここで仕事をするのはもうないです。 が、悪いばかりでもないという若干矛盾した感想になりました。 まずはデメリットから紹介します。 サグーワークスのデメリット 単価の安さ 最初は単価の安さです。 サグーワークスでの仕事は大きく分けて3つ、1テスト合格者のプラチナライターのみができる高単価ライティングと2登録すれば誰でもできるサグーライティング、あとは3入力作業に類するようなデータ入力です。 2のサグーライティングでの仕事は文字単価が0. 25円~0. 4円です。 誰でもできる仕事の文字単価は安いです。 そして1の高単価のライターになるには試験を受ける必要があるのですが、この試験を一度受けて私はすべりました。 受かれば文字単価1円程度の仕事があるようですので、まだ稼げると思います。 サグーライティングで稼ぐには、試験に受かってプラチナライターになるのが前提だと思います。 ちなみに3の誰でもできるデータ入力は簡単です…が、おそらく時給100円稼げられないような仕事です。 データ入力の仕事にやる価値はありませんでした。 サグーライティング最大の闇の承認率 しかし低単価の仕事でも数をこなせば金になります。 それを阻むのがサグーライティングの承認人です。 前述したように、全ての仕事は目視チェックされます。 そこで一定のクオリティに満たさないと判断されれば、非承認とされてしまいます。 この承認率ですが、自分の場合で50%を切っていました といっても5件ぐらいしかしていませんが。 特に長文の仕事を非承認されると、やる気が確実に削がれます。 さして美味そうに見えないニンジンをぶら下げられて、努力しても二回に一回は無駄に終わる…私は素直に諦めましたし、その判断は間違えていないと思います。 おそらく将来的にも、サグーでは私は時給500円を稼げられなかったと思います。 サグーライティングのメリット ただ悪いばかりでもないというのが感想になります。 サグーライティングの良い所も触れてみます。 サグーライティングのライティング指導 前述したように全ての仕事にワンポイント指導が貰えます。 これで何がダメだったかがわかりますので、 文章力向上には役立ちます。 私も非承認された文章、承認された文章に対する指導を読みましたが、 その指導は納得できる内容でした。 第三者から見た、自分のライティングへの意見が聞けたのは私にとって収穫でした。 一定のクオリティを保った記事が集まる また、私はライターの立場でややネガティブな評価になりましたが、逆に言うならばこれはクライアント側からするとメリットです。 目視チェックを挟みますので、一定のクオリティに満たない文章はカットできます。 また承認人のフィルターを通してもいるため、ある程度同質性の高い文章になるのも予想できます。 記事を発注する立場からすると、使い勝手の良いサイトではないでしょうか。 今後のサグーワークス 今後のサグーワークスの展開はただ厳しいものがあると思います。 クラウドワークスの登録者は116万人で、サグーワークスは1. 7万人、クライアントは10万社に対して1500社です。 あまりにも両巨頭に対して出遅れています、おそらくもう追い付けません。 よっぽど独自性を出して我が道を行くぐらいしか、生き残る道はないと思いますが、それはそれで獣道でしょう。 私個人からすると、もう何度かテストを受ければプラチナライターに合格できるとも思いましたが、合格したその先に何があるかが見えなかったです。 このまま、さようならになると思います。 この記事を読んで、それでも登録したいと思った方はこちらから登録していただければ助かります。 サグーワークス ランサーズ ブログランキング参加しています。

次の

【サグーワークスでウェブライター】非承認のその後

サ グー ライティング

まずはサグーワークスの案件についてです。 種類は大きく分けてアンケート回答と記事執筆です。 記事執筆も、体験談や口コミの投稿からがっつりとした商品紹介記事まで多岐に渡ります。 中でも高単価で案件の数も多いのが、「コラム記事」の作成です。 そして非承認とされやすいのも、このコラム作成なんです。 コラムとは そもそもコラムとはどういったものでしょうか。 コラムとは、余白を埋めるための囲み記事です。 新聞の社説といえば分かりやすいのではないでしょうか。 ポイントは、執筆者の意見や個人的な考えを織り交ぜられるということです。 自分の意見を自由に書けるだけに、内容に説得力を持たせることが大切になります。 伝えたい内容と、その根拠となる知識や想定される反論にも対策する必要があります。 コラムに限らずですが、文章を書く際に最も気をつけてほしいのは、「分かりやすい言葉」 を使うことです。 よくあるのは、説明口調になりすぎて難解な言葉を多用してしまうことです。 難しい言葉を簡単に説明することこそがテクニックであり、腕の見せ所です。 特にネットでは流し読みされる、ということを念頭に置いて書きましょう。 難しい言葉は読者にとって 「面倒」 でしかありません。 承認されるためには 承認されるためには、きちんとした情報源をもとに、説得力に長けた記事を書く必要があります。 まずは、コラムとは何か、感覚的につかむことが大切です。 自分の主観をひとりよがりに書くブログや、事実だけを並べる説明文にならないように注意しましょう。 サグーワークスは、非承認になったとしてもきちんと理由と対策を教えてくれます。 承認されないことを恐れずに、まずはどんどん仕事に挑戦してみましょう。 サグーワークスのブログは要チェック.

次の

サグーライティングに登録してわかったデメリット

サ グー ライティング

案件が少ないと困る クラウドソーシングサイトで仕事を探す場合、困るのは 案件が少ないことです。 案件が少なくなると無理に手を出してしまうことが多くなります。 成長するためには無理に手を出すことも必要ですが、こればかりだと疲れてしまいますよね。 時には得意なジャンルの記事で気持ち良く仕上げたいものです。 しかし、案件が少なければ選択肢は狭くなってしまうので、結局得意ではないジャンルに手を出さざるを得ない状況になってしまいます。 そのため、 案件数が安定しているクラウドソーシングのサイトを知っておくことはとても重要です。 案件が充実しているクラウドソーシングサイト 案件が充実しているクラウドソーシングサイトは• Shinobiライティング などがあります。 上記のサイトは私自身が ライティングの副業でよく利用しており、これからも利用していきたいと考えています。 しかし、最近これまでよく利用していたクラウドソーシングサイトの案件が少ない状況になっています。 サグーワークスの案件が少なくなった これまでライティングでよく利用してきたですが、最近 レギュラー・ゴールドランクのタスク案件が少ない印象です。 管理人はサグーワークスが登場した結構最初の方から利用してきたのですが、今が一番案件が少ないと感じています。 しかし、今年に入ってからはあまり利用していないため、案件が少なくなったからといってとても困っているわけではありませんが・・・。 下の画像をご覧ください。 これまでも少ない時はあったのですが、 上記画像のような状況が最近は頻繁に起こっています。 多い時はお仕事一覧にズラッと案件が並んでいる状態です。 この状況が続くのはとても寂しいです。 ライティングを始めてから利用してきたサイトなので、今後もお世話になりたいと考えています。 レギュラー・ゴールドランクの案件を増やしてほしい 営業の方が仕事を取ってきていないのか、それとも意図的に仕事を減らしているのか本当の理由はわかりません。 ただ、【サグーライティングプラチナ】 の方は案件が充実しているのかもしれませんね。 ランキングを見るとプラチナライターの方はかなり稼いでいるようです。 私はレギュラー・ゴールドランクのタスク案件しか見ることができないので、実際はわかりませんが。 プラチナライターは サグーワークスのテストに合格しなければなることができません。 しかし、 報酬の高い案件(文字単価1円以上など)にチャレンジできるので、稼ぎたい方はプラチナライターになった方が良いでしょう。 レギュラー・ゴールドのランクの案件はライティングでも取り組めます。 つまり、 サグーワークスに登録さえすれば参加可能です。

次の