洗面所 タオル収納。 洗面台の収納がない?賃貸でもできる洗面所・脱衣所の収納アイデア集

洗面所収納アイデア39選!タオルもスッキリ!棚や100均グッズ活用術

洗面所 タオル収納

狭い洗面所でタオルなどを収納するアイデアは?棚などオススメ家具も 出典: 芸能人の家のようなひろびろとした洗面所であれば良いですが、実際にはどんな家庭でも一般的には洗面所は狭いスペースなので、思うように収納ができず悩んでいる方も多いですよね。 また、洗剤や歯ブラシ、ドライヤーなど、生活感が出てしまうアイテムばかりなので、人を招いた場合に見られても良いと思うようなセンスの良い感じに保つことが難しいのではないでしょうか。 でも、ちょっとしたアイデアやアイテム次第で、収納もしやすく、すっきりとおしゃれにできるので参考にしてみてくださいね。 洗面所の収納を考える上で、おさえておきたいポイントは? きれいでスッキリとしていて、物が置かれていない洗面所にできれば理想的ですが、毎日使うものはすぐに手に取れる場所に置いておきたいと思うものなので、その両方をかなえる基本的なポイントをチェックしていきましょう。 1、 使用頻度の高いものはケースやボックスにまとめる 出典: 使用頻度の高い歯ブラシやコップ、スキンケアアイテムやドライヤー、ハンドソープなど、毎日使用するものは意外と多く、全部出しっぱなしにしていると洗面所が狭くなってごちゃごちゃしてしまいます。 なので、洗面所の上に置いておくものは歯ブラシとハンドソープなど、必要最低限にとどめて、それ以外のものはトレイやスタンド、キャビネットなどに入れてひとまとめにしましょう。 それから、シャンプーや洗剤などのストックも一箇所にまとめておくと、残りがどれくあいあるのか一目で分かるので、買い過ぎや買いそびれを防止することができますよ。 ちなみに、無印良品などで販売されているファイルボックスを使うと、斜めに口が開いているので、のぞきこまなくても何が入っているか分かりますし、シャンプーや洗剤などのストックをするのにぴったりで便利だそうです。 2、 着替えやタオルは使いやすい位置に 出典: 顔を洗うときや入浴後に使うタオル類は、洗面所や脱衣所に棚を決めて、引き出しにまとめて収納しておくと便利ですが、引き出しを置くスペースがなければかごなど簡易的な入れ物でも良さそうです。 3、 箱にしまったらラベリング 出典: どこに何を入れたのか分からなくならないように、ボックスや棚に入れたらかわいくラベリングをしておきましょう。 4、 生花を飾ろう 出典: 毎日自分の顔と向き合う洗面所には、生花を飾っておくといきいきと健やかな表情になれるそうです。 それに、お花が飾ってあれば、それ以外のスペースもキレイに保とうと思うきっかけになりそうですよね。 5、 突っ張り棒を活用しよう 出典: ねじや工具を使わずに固定できる突っ張り棒は、洗濯物を干すだけでなく、箱を乗せたりスプレーボトルやドライヤーをつり下げたりと場所を取らずかなり便利で、賃貸でも安心して使えるので収納の味方ですよね。 洗面所をスッキリリフォームできるおしゃれで便利なアイテムは? それでは、ポイントをおさえたところで、実際に「使える!」と話題の各メーカーの棚やケース、小物などをチェックしていきましょう。 1、 洗濯機上の収納をすっきりリフォーム 出典: こちらは洗濯機の防水パン部分にピッタリ納まるサイズのランドリーラックで、洗濯機の上に棚2段とバスケットが2個あるので、洗剤やシャンプーだけでなく、洗濯前のものなども入れておけますし、目隠しのカーテンもついているので便利ですね。 出典: こちらは上記よりも安く1万円以下の商品で、洗濯機の防水パン部分に固定できるので、場所をとらずに設置でき、使用済みのバスタオルや洗濯前のものを置いておくのに便利です。 2、 ランドリーラック 出典: 洗面所のランドリーラックというとステンレスなどが多いのですが、こちらの商品は天然木でできていて優しい印象ですし、別売りのウッドボックスを使うとコーディネートもばっちりです。 3、 洗濯機横のデッドスペースを活用しよう 出典: 洗濯機と壁の微妙な隙間は、有効活用したいスペースですが、そんなスペースがある方はこちらのような商品を使うと、洗濯に必要なアイテムなどをまとめて収納しておけて便利です。 4、 ニトリの隙間収納はランドリーシェルフにピッタリ 出典: ニトリからはユーティリティ隙間収納というものが出ていて、洗面所の隙間スペースなどを活用しタオルや洗剤など、洗面所の必要なものをキレイにしまっておくことが可能です。 そして、こちらの商品は材質も白のカントリー調で、シンプルですが優しい雰囲気も演出できますし、下扉の部分は通気性が良いので、湿気が多い洗面所でも安心してタオルなどをしまっておくことができますね。 出典: さらに、幅が20cmという特に細長タイプのランドリーシェルフもあるので、本当に狭いスペースしか残っていない!という方にはこちらがオススメですし、余裕がある方は2段に分けて使うアイデアもおすすめですよ。 5、 フィッツのケースはミニサイズで洗面所収納にもピッタリ 出典: フィッツの収納ケースは、プラスチックも丈夫でシンプルなデザインなので、衣装ケースとして使っている方も多いと思いますが、ミニサイズは洗面台下の微妙な隙間にも入れやすいサイズなので、家族分揃えて使っても良さそうですね。 6、 洗面台下にはスペースラックもおすすめ 出典: こちらは洗面台下の収納に有効活用できるスペースラックで、伸縮式で棚板も可動式なので、配水管が通っている部分は棚板を避けるように組み立てたりと自由自在です。 さらに、無印や100円均一などでプラスチックのかごを購入し、組み合わせて使用するとより便利な収納棚になりますね。 7、 30kgの耐荷重の突っ張り棒を活用 出典: 圧着部がL字型でしっかり固定でき、最大限に伸ばした状態でもなんと30kgもの耐重量がある強力な突っ張り棒なので、これを2本設置しその上に箱を乗せてタオルや洗剤などを入れると便利な収納棚になりますよ。 8、 ランドリーバスケットは2段ワゴンがおすすめ 出典: 洗濯前の衣類などは通気性の良いバスケットに入れたい方は、二個以上並べると場所をとってしまうため、二段に分けられるこんな商品が良いですね。 出典: また、とにかくスタイリッシュなものが良い!という方には、こんなスマートなランドリーバスケットもオススメです。 9、 ソープボトルはシンプルなデザインの同じ色のものに統一 ソープボトルなどは、出しっぱなしにしていると容器のデザインがごちゃごちゃして見えてかっこわるいので、陶器などの高級感があるソープディスペンサーに中身を入れ替えると、おしゃれになり統一感が出るのでオススメです。 そして、無印良品などでは陶器などではないですが、シンプルな入れ物がたくさん販売されているので、好きな色で統一すると良いですね。 10、 ドライヤーやヘアアイロンもしっかり収納 出典: 意外と頭を悩ませるのがドライヤーやヘアアイロン、シェーバーなどですよね。 そんなアイテムもこうしたちょっとしたホルダーを使って棚にひっかければ、スッキリキレイに収納ができちゃいます。 スポンサーリンク 狭い洗面所でスッキリキレイに収納するリフォーム例! それでは実際に、上記のようなアイテムを使ってリフォームした例を見ていきましょう。 出典: こちらは無印や100円均一のアイテムを上手に使い、すっきり見えない収納でとりまとめており、ホテルみたいですてきですね。 出典: こまごました小物をすべてスチールラックにまとめ、タオルもくるくるとホテルのように巻いて収納していて、清潔感があってステキですね。 出典: 使い勝手に応じてパーツを組み合わせできるユニットシェルフを活用し、自分の暮らしにあったちょうど良いオリジナルの棚を使っていて、下の方のランドリーカゴもかわいいですね。 出典: こちらは、100円ショップなどでも販売されている白いソフトボックスをたくさん使って、小物をすっきり収納している良い事例で、白で統一すると清潔感が出て洗面所にぴったりですよね。 出典: こちらは突っ張り棒にファイル棚を上手に活用しているパターンで、水切りラックには小さなタオル、下の方の衣装ケースには大きなタオルといったように、上手に分けていますね。 出典: こちらは洗面台下のデッドスペースにぴったりのコーナーシェルフを二台使い、左右対称に同じ物を配置しているので、美しく見せる収納になっていますよね。 出典: 洗面台下も無印良品のファイルボックスを使って、シャンプーや洗剤のストックを収納できますね。 洗面所の収納リフォームをするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう! 毎日使う洗面所だからこそキレイに気持ち良くつかうため、おしゃれで便利な収納アイデアやアイテム、リフォーム例を紹介しました。 このように、オリジナルのアイデアでDIYでリフォームするのも楽しいですが、最近の洗面化粧台は、鏡裏や付属の収納棚が広々としていて使いやすかったり、充電しながら美容家電が収納できるタイプなど、とっても充実しています。 例えば、TOTOやLIXIL、Panasonicなどがシェアのトップをしめており、各社それぞれ強みを活かしたシリーズを多く販売していますし、洗面ボウルもひろびろとしていて、洗顔や洗濯、洗髪なども自由自在にできるので、より居心地の良い空間にいっぺんにリフォームできてしまいます。 なので、従来の古い洗面化粧台を使い続けて細かな雑貨を買い足すよりも、思い切ってリフォームをした方が生活の質も上がり、結果的に良い買い物をしたと思う方も多いようです! こうした洗面所の収納リフォームをするなら、確実に済ませるためにも、まず施工実績が豊富な プロの業者に複数依頼して相見積りを取ると良いでしょう。 とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。 その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には 法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。 そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。 だからこそ、 安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、 ネットで無料の一括見積りを依頼できる がオススメです。 というのも、 リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。 そして、 最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。 そのため、たくさんの業者に別々に相談する 時間や手間が省けて嬉しい ですよね。 さらに、あなたが希望した 条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、 安心して見積りを受けることができます。 また、 費用のことだけでなく リフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。 さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、 万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、 「安心リフォーム保証制度」も用意されています。 そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でも リショップナビへすぐ連絡できて安心です。 なので、洗面所の収納リフォームをするなら、 今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェック してください。

次の

【新築】後悔しないための洗面所収納について徹底考察!

洗面所 タオル収納

狭い洗面所でタオルなどを収納するアイデアは?棚などオススメ家具も 出典: 芸能人の家のようなひろびろとした洗面所であれば良いですが、実際にはどんな家庭でも一般的には洗面所は狭いスペースなので、思うように収納ができず悩んでいる方も多いですよね。 また、洗剤や歯ブラシ、ドライヤーなど、生活感が出てしまうアイテムばかりなので、人を招いた場合に見られても良いと思うようなセンスの良い感じに保つことが難しいのではないでしょうか。 でも、ちょっとしたアイデアやアイテム次第で、収納もしやすく、すっきりとおしゃれにできるので参考にしてみてくださいね。 洗面所の収納を考える上で、おさえておきたいポイントは? きれいでスッキリとしていて、物が置かれていない洗面所にできれば理想的ですが、毎日使うものはすぐに手に取れる場所に置いておきたいと思うものなので、その両方をかなえる基本的なポイントをチェックしていきましょう。 1、 使用頻度の高いものはケースやボックスにまとめる 出典: 使用頻度の高い歯ブラシやコップ、スキンケアアイテムやドライヤー、ハンドソープなど、毎日使用するものは意外と多く、全部出しっぱなしにしていると洗面所が狭くなってごちゃごちゃしてしまいます。 なので、洗面所の上に置いておくものは歯ブラシとハンドソープなど、必要最低限にとどめて、それ以外のものはトレイやスタンド、キャビネットなどに入れてひとまとめにしましょう。 それから、シャンプーや洗剤などのストックも一箇所にまとめておくと、残りがどれくあいあるのか一目で分かるので、買い過ぎや買いそびれを防止することができますよ。 ちなみに、無印良品などで販売されているファイルボックスを使うと、斜めに口が開いているので、のぞきこまなくても何が入っているか分かりますし、シャンプーや洗剤などのストックをするのにぴったりで便利だそうです。 2、 着替えやタオルは使いやすい位置に 出典: 顔を洗うときや入浴後に使うタオル類は、洗面所や脱衣所に棚を決めて、引き出しにまとめて収納しておくと便利ですが、引き出しを置くスペースがなければかごなど簡易的な入れ物でも良さそうです。 3、 箱にしまったらラベリング 出典: どこに何を入れたのか分からなくならないように、ボックスや棚に入れたらかわいくラベリングをしておきましょう。 4、 生花を飾ろう 出典: 毎日自分の顔と向き合う洗面所には、生花を飾っておくといきいきと健やかな表情になれるそうです。 それに、お花が飾ってあれば、それ以外のスペースもキレイに保とうと思うきっかけになりそうですよね。 5、 突っ張り棒を活用しよう 出典: ねじや工具を使わずに固定できる突っ張り棒は、洗濯物を干すだけでなく、箱を乗せたりスプレーボトルやドライヤーをつり下げたりと場所を取らずかなり便利で、賃貸でも安心して使えるので収納の味方ですよね。 洗面所をスッキリリフォームできるおしゃれで便利なアイテムは? それでは、ポイントをおさえたところで、実際に「使える!」と話題の各メーカーの棚やケース、小物などをチェックしていきましょう。 1、 洗濯機上の収納をすっきりリフォーム 出典: こちらは洗濯機の防水パン部分にピッタリ納まるサイズのランドリーラックで、洗濯機の上に棚2段とバスケットが2個あるので、洗剤やシャンプーだけでなく、洗濯前のものなども入れておけますし、目隠しのカーテンもついているので便利ですね。 出典: こちらは上記よりも安く1万円以下の商品で、洗濯機の防水パン部分に固定できるので、場所をとらずに設置でき、使用済みのバスタオルや洗濯前のものを置いておくのに便利です。 2、 ランドリーラック 出典: 洗面所のランドリーラックというとステンレスなどが多いのですが、こちらの商品は天然木でできていて優しい印象ですし、別売りのウッドボックスを使うとコーディネートもばっちりです。 3、 洗濯機横のデッドスペースを活用しよう 出典: 洗濯機と壁の微妙な隙間は、有効活用したいスペースですが、そんなスペースがある方はこちらのような商品を使うと、洗濯に必要なアイテムなどをまとめて収納しておけて便利です。 4、 ニトリの隙間収納はランドリーシェルフにピッタリ 出典: ニトリからはユーティリティ隙間収納というものが出ていて、洗面所の隙間スペースなどを活用しタオルや洗剤など、洗面所の必要なものをキレイにしまっておくことが可能です。 そして、こちらの商品は材質も白のカントリー調で、シンプルですが優しい雰囲気も演出できますし、下扉の部分は通気性が良いので、湿気が多い洗面所でも安心してタオルなどをしまっておくことができますね。 出典: さらに、幅が20cmという特に細長タイプのランドリーシェルフもあるので、本当に狭いスペースしか残っていない!という方にはこちらがオススメですし、余裕がある方は2段に分けて使うアイデアもおすすめですよ。 5、 フィッツのケースはミニサイズで洗面所収納にもピッタリ 出典: フィッツの収納ケースは、プラスチックも丈夫でシンプルなデザインなので、衣装ケースとして使っている方も多いと思いますが、ミニサイズは洗面台下の微妙な隙間にも入れやすいサイズなので、家族分揃えて使っても良さそうですね。 6、 洗面台下にはスペースラックもおすすめ 出典: こちらは洗面台下の収納に有効活用できるスペースラックで、伸縮式で棚板も可動式なので、配水管が通っている部分は棚板を避けるように組み立てたりと自由自在です。 さらに、無印や100円均一などでプラスチックのかごを購入し、組み合わせて使用するとより便利な収納棚になりますね。 7、 30kgの耐荷重の突っ張り棒を活用 出典: 圧着部がL字型でしっかり固定でき、最大限に伸ばした状態でもなんと30kgもの耐重量がある強力な突っ張り棒なので、これを2本設置しその上に箱を乗せてタオルや洗剤などを入れると便利な収納棚になりますよ。 8、 ランドリーバスケットは2段ワゴンがおすすめ 出典: 洗濯前の衣類などは通気性の良いバスケットに入れたい方は、二個以上並べると場所をとってしまうため、二段に分けられるこんな商品が良いですね。 出典: また、とにかくスタイリッシュなものが良い!という方には、こんなスマートなランドリーバスケットもオススメです。 9、 ソープボトルはシンプルなデザインの同じ色のものに統一 ソープボトルなどは、出しっぱなしにしていると容器のデザインがごちゃごちゃして見えてかっこわるいので、陶器などの高級感があるソープディスペンサーに中身を入れ替えると、おしゃれになり統一感が出るのでオススメです。 そして、無印良品などでは陶器などではないですが、シンプルな入れ物がたくさん販売されているので、好きな色で統一すると良いですね。 10、 ドライヤーやヘアアイロンもしっかり収納 出典: 意外と頭を悩ませるのがドライヤーやヘアアイロン、シェーバーなどですよね。 そんなアイテムもこうしたちょっとしたホルダーを使って棚にひっかければ、スッキリキレイに収納ができちゃいます。 スポンサーリンク 狭い洗面所でスッキリキレイに収納するリフォーム例! それでは実際に、上記のようなアイテムを使ってリフォームした例を見ていきましょう。 出典: こちらは無印や100円均一のアイテムを上手に使い、すっきり見えない収納でとりまとめており、ホテルみたいですてきですね。 出典: こまごました小物をすべてスチールラックにまとめ、タオルもくるくるとホテルのように巻いて収納していて、清潔感があってステキですね。 出典: 使い勝手に応じてパーツを組み合わせできるユニットシェルフを活用し、自分の暮らしにあったちょうど良いオリジナルの棚を使っていて、下の方のランドリーカゴもかわいいですね。 出典: こちらは、100円ショップなどでも販売されている白いソフトボックスをたくさん使って、小物をすっきり収納している良い事例で、白で統一すると清潔感が出て洗面所にぴったりですよね。 出典: こちらは突っ張り棒にファイル棚を上手に活用しているパターンで、水切りラックには小さなタオル、下の方の衣装ケースには大きなタオルといったように、上手に分けていますね。 出典: こちらは洗面台下のデッドスペースにぴったりのコーナーシェルフを二台使い、左右対称に同じ物を配置しているので、美しく見せる収納になっていますよね。 出典: 洗面台下も無印良品のファイルボックスを使って、シャンプーや洗剤のストックを収納できますね。 洗面所の収納リフォームをするなら、リショップナビで賢く見積りを取ろう! 毎日使う洗面所だからこそキレイに気持ち良くつかうため、おしゃれで便利な収納アイデアやアイテム、リフォーム例を紹介しました。 このように、オリジナルのアイデアでDIYでリフォームするのも楽しいですが、最近の洗面化粧台は、鏡裏や付属の収納棚が広々としていて使いやすかったり、充電しながら美容家電が収納できるタイプなど、とっても充実しています。 例えば、TOTOやLIXIL、Panasonicなどがシェアのトップをしめており、各社それぞれ強みを活かしたシリーズを多く販売していますし、洗面ボウルもひろびろとしていて、洗顔や洗濯、洗髪なども自由自在にできるので、より居心地の良い空間にいっぺんにリフォームできてしまいます。 なので、従来の古い洗面化粧台を使い続けて細かな雑貨を買い足すよりも、思い切ってリフォームをした方が生活の質も上がり、結果的に良い買い物をしたと思う方も多いようです! こうした洗面所の収納リフォームをするなら、確実に済ませるためにも、まず施工実績が豊富な プロの業者に複数依頼して相見積りを取ると良いでしょう。 とはいえ、3社以上のリフォーム業者に問い合わせるのは面倒だし、電話代もバカになりません。 その上、リフォーム業者には大手から地元の個人業者まで幅広く存在し、中には 法外な値段を請求してくるような悪徳業者がいます。 そのため、「どの業者へ依頼をしたらよいかわからない」、「1回の工事で300万円以上も余計にぼったくられた」という方をたくさん見てきました。 だからこそ、 安全で信頼をおけるリフォーム業者を見つけるには、 ネットで無料の一括見積りを依頼できる がオススメです。 というのも、 リショップナビは簡単な情報を入力するだけで、全国800箇所以上の会社からあなたが希望する最適な業者を教えてくれます。 そして、 最大5社の見積りをだしてくれるリフォーム専門のオンラインサービスなので、材料費などの価格や業者のこれまでの実績も含めて、希望や条件に最も合う業者を選択することができますよ。 そのため、たくさんの業者に別々に相談する 時間や手間が省けて嬉しい ですよね。 さらに、あなたが希望した 条件と合わないのに無理やり契約を薦められることもなく、 安心して見積りを受けることができます。 また、 費用のことだけでなく リフォーム自体の相談に気軽に乗ってもらいたい方にもオススメなので、リフォームするべきかどうか、まだ迷っているアナタでも判断する上で役立つサイトです。 さらに、リショップナビには、独自の厳しい審査に通過した会社しか加盟していないですし、 万一、工事ミスなどが発生した場合に備えて、 「安心リフォーム保証制度」も用意されています。 そのため、もし何かトラブルに見舞われた時でも リショップナビへすぐ連絡できて安心です。 なので、洗面所の収納リフォームをするなら、 今すぐリショップナビのサイトで簡単に作れる見積りをチェック してください。

次の

【新築】後悔しないための洗面所収納について徹底考察!

洗面所 タオル収納

洗面台に収納するものって、どんなものがあるでしょうか?シャンプーやリンス、トリートメント、洗濯洗剤に柔軟剤、漂白剤、それから洗顔フォームやカミソリ、歯磨きセット、ヘアブラシ、ドライヤー、お風呂掃除の洗剤や入浴剤など、実にたくさんあります。 これらはほとんどの家庭で置いているものですよね。 予備のものを含めると、その数は膨大なものになります。 でも洗面台はそんなに大きくはないので、そのすべてを収納できるほどスペースがありません。 とはいえ、洗面道具やお風呂道具、それにお掃除用具はどれも必要な物ばかりなので、簡単に減らすことはできませんよね。 洗面所や脱衣所をスッキリさせるアイデアはないものでしょうか?ここでは、そんなお悩みを解決する、洗面所や脱衣所の収納アイデアを解説していきます! 使うものは出して、使わないものは隠す収納術 洗面台に限らないのですが、収納の基本は「使うものは出して、使わないものは隠す」ことです。 とくにスペースが狭い洗面所や脱衣所は、モノがたくさんゴチャゴチャ並んでいると、キチンときれいにしていても、それだけで乱雑に見えてしまうものです。 そこでまずは、収納は「隠す」ことを第一に考えましょう。 毎日使うものは隠すと使いづらくなるので、頻繁に使うものだけは出すようにして、あとはスッキリ見えるように扉やカーテンの奥に収納して隠してしまいます。 もちろん狭い収納スペースを有効活用させるにはさまざまなアイデアが必要ですが、置く場所がないからといって、出しっぱなしになるのが一番スッキリしません。 狭くてもスペースを無駄なく使うとずいぶん違いますよ。 100円ショップで売っているものを上手く活用して、収納上手になりましょう! 洗面台下をきれいに収納するアイデアは? 洗面台下に扉がないときの収納方法 まずは洗面台下の収納を考えてみましょう。 洗面台下は、扉がついている場合と、ない場合があります。 ここで考えたいのは、扉がなく棚のようにになっている場合の収納方法です。 扉がなくても、アイデアしだいできれいに隠すことができますよ! 簡単なのは、カーテンをつけて隠してしまう方法。 100円ショップで売っている突っ張り棒にリングやフックを通してカーテンをつけると、雰囲気がガラリと変わって、お好みのスペースに大変身!カーテンなら色柄も種類が豊富なので好みのものを見つけやすいでしょう。 カーテンをつけない場合は、プラスチックやバスケットなどを用います。 洗濯用、お風呂用、掃除用、などの用途ごとに収納するようにすると、使いやすいうえに、中身が隠れるので見た目もキレイになります。 ケースごとに移動できるので、棚のお掃除もラクラク! 洗面台の下の収納スペースは、幅が狭く、奥行きがあります。 シャンプーの詰め替えをしようとしたら、どこにあるのかわからなくて、結局一番奥にあった、という経験はありませんか?この狭い場所を無駄なく使うには、100円ショップで売っているA4サイズのプラスチックケースが便利です! 予備の詰め替えなどはシャンプーやお風呂洗剤など、分類ごとにプラスチックケースを用意して、その中に収納するようにしましょう。 さらに、プラスチックケースにはラベルを貼って名前を書いておくと一目で中身がわかります! これでもう、出すときに全部引っ張りださなくても簡単に取り出せますよね!狭い洗面台の下は、キッチリスペースを使いたいもの。 でも、ただ詰め込むだけでは取り出すときに大変です。 ケースごとに収納することで、見た目もスッキリするうえに、手間が省けるようになります。 洗面台下は衣装ケースでスッキリと! 洗面台の下はそれなりに高さがあるものです。 洗剤類はここまでの高さはないので、思い切って2段にして使う方法もあります!よく「コの字ラック」「洗面台下ラック」などという名前などで販売されていますが、ラックを使って2段にすると、簡単に収納力を倍増できます。 洗面台の下にラックを置くときにひとつ気を付けたいのは、「洗面台の下には排水管がある」ということです。 ストレートに1本の管になっているタイプの排水管もありますが、カーブを描いたタイプのほうが一般的かもしれません。 意外にもスペースをとるもので、収納の邪魔になります。 こちらでおすすめするのは、洗面台下にある排水管を上手くはさんで設置できるラックです。 排水管を囲うような形で2段のラックを設置できるので、とても便利なアイデア商品ですよ! 洗面台下の扉も収納に活用 洗面台についている鏡面まわりは、顔を洗ったり歯を磨いたりするときに活躍するグッズを収納しておきたいところです。 とくに洗顔のときには手が濡れていることが多いので、すぐに必要なものを取り出せるように、洗顔フォームや歯磨きセットなどは鏡面まわりに出しておくと便利。 新しいタオルもすぐに手が届くところに置いておきたいものです。 洗面台の上の部分にプラケースやバスケットを置いたり、壁にアイアンバーを2本縦に設置すると、簡単にタオルを収納できるようになります。 洗面所や脱衣所は狭いスペースですが、動線を考えて置くものを配置しておくとストレスになりません。 とくにアイアンバーは2本あれば簡単にタオルやティッシュなどを収納できるようになるので、ぜひ参考にしてみてください! 収納がないなら作ればいい さきほどアイアンバー2本で収納スペースを増やせるというお話をしましたが、吸盤もアイデアしだいで活躍します。 洗顔の時に外すメガネやお風呂に入る前のピアスなどは洗面台付近に直置きすることが多いと思いますが、ただ置いただけでは紛失の原因になります。 一時的に小物を置く場所を、吸盤と小皿や布製の小さなポケットで作って設置しましょう。 洗面台の横などは見落としがちですが、ここに吸盤を使って小さなものを収納できる専門の場所を作っておくと、紛失が防げます。 また、同様に、アイロンやヘアブラシなども洗面台の横にあると使い勝手が良くなります。 鏡面まわりはゴチャゴチャしやすいものですが、吸盤を使って横の部分もしっかり収納に生かしましょう。 一般的な洗面台は、鏡の両脇にポケットがいくつかついた形になっています。 このままシンプルに使うとスッキリと清潔感がありますが、もっとおしゃれにしたい!という人は、ポケットを外してワイヤーラックを取り付けると、個性を生かしたスペースにできます。 やり方は簡単!洗面台のポケットは取り外すことが出来るので、外した後にフックを使ってワイヤーラックを設置するだけです。 工具を使うことなく設置できるので、賃貸住宅に住んでいる人でもラクラク。 ワイヤーラックにさまざまなものを引っかけて収納場所を作れるので、ポケットの数や大きさ、位置などが自由自在。 わずかなお金とアイデアで自分だけのオンリーワンの洗面台スペースができます! 脱衣所にある洗濯機ラックを収納スペースにするには? 洗濯機ラックは目隠しをして収納に活用! ホームセンターなどで売っている洗濯機ラックはいろいろな物が置けて便利ですが、あまり物を置くと、雑然として見た目がよくありません。 せっかくたくさん物を置けるスペースなので、ここは目隠しをして収納するようにしましょう。 一番上の段は手が届きにくい高さにあるので、普段あまり使わないものを置きます。 予備のタオルや洗濯ばさみ、洗濯ネットなど、軽い物を置くと取り出すときも楽です。 見た目がスッキリするように、バスケットに入れて置くのがおすすめです。 それより下の段は手が届きやすく使い勝手がいい場所なので、毎日ひんぱんに使うものを置くと便利です。 たくさん物を置いても見た目がよくなるように、カフェカーテンやレースのカーテンなどを目隠しにするときれいですよ! 防水パンが空いていたらそこも収納スペースに! 洗面所や脱衣所は狭いので、できることなら何も置かないほうがいいのですが、上でご紹介したような収納方法を試してみても、どうしても収納スペースが足りない!というときは、思い切って収納用のケースをひとつ置くことでずいぶん片付きます。 このときに半透明になった収納ケースだと、どうしても雑多な感じが出てしまうので、中が見えないもののほうが見た目が良いでしょう。 安定性があり、ある程度の高さのあるケースがベスト。 上の段は脱衣かごとして使い、下の段には重い洗濯洗剤や柔軟剤、お風呂用の洗剤などを置くと安定します。 狭いからと言って、洗面所や脱衣所の床に洗剤などを直置きしてしまうと、どうしても見た目がよくありません。 10センチ程度の空きスペースがあれば、そこに収納ケースをはめ込めるので、上手に活用しましょう。 体重計の収納はまな板スタンドで! 洗面所や脱衣所のなかで、とくにスペースを独占してしまうものがあります。 この大きさのものをずっと床に置いておくのって、洗面所や脱衣所のスペースの無駄遣いですよね?そこで、体重計は立てて置くようにしましょう。 ただ、立てておくと言っても、ただ壁に立てかけるだけでは不安定です。 意外かもしれませんが、体重計はまな板スタンドを利用して立てるようにすると安定します。 重いまな板を立てて収納するためのスタンドですから、体重計だってきれいに収納できます。 このアイデアは便利ですよ!ぜひ参考にしてみてください! まとめ スペースが限られる洗面所や脱衣所と、洗面台の収納アイデアについてご紹介してみました。 洗面台には毎日使うものが沢山あふれていますが、収納スペースはそれほど大きくありません。 置く場所がないからと床の上に洗剤を置いたり洗面台のポケットに積んでいると、物を紛失してしまう原因にもなります。 まずは使わないものを隠して、使うものだけを出すことから始めましょう。 スペースが限られているからとあきらめてしまうのはまだ早いですよ!洗面台下は奥行きがあってたくさん収納できる場所なので、工夫してデッドスペースを作らないようにしましょう。 限られたスペースを最大限に有効活用するには、100円ショップがとっても便利です!スペースに合わせたサイズの突っ張り棒やプラスチックケースを選ぶと、使い勝手の良い洗面台にカスタマイズできます。 ぜひ試してみてくださいね!•

次の