マリオカートツアー 裏技。 【マリオカートツアー】ショートカットの場所まとめ

オールカップランキング

マリオカートツアー 裏技

片手で気軽に操作できる『マリオカート ツアー』 9月25日に配信がスタートし、すでに2000万ダウンロードを突破したスマホ版マリオカート『マリオカート ツアー』。 本記事では操作方法のおさらいをしつつ、レースに勝利するためのコツを紹介する。 ハンドル操作は左右にスライド 『マリオカート ツアー』では、レース中は常にアクセルがかかっている状態なので、プレイヤーはハンドル操作に集中することができる。 操作は曲がりたい方向にスライドするだけでオーケー。 メニュー<設定<操作方法で、 ハンドルアシストのオンオフが設定可能。 オンにするとコースを外すことは少なくなるが、ショートカットの活用など思い通りに走れるようになるために、早めにオフで慣れておいたほうがいいだろう。 同じく設定画面で、 ジャイロハンドルをオンにすることができる。 これまでのシリーズで、コントローラを傾けて走る操作に慣れている人は試してみるのもいいだろう。 タップ or上下 スライドでアイテム使用 これまでのシリーズ同様、ダッシュキノコ、アカこうら、サンダー、スーパークラクションなどレースに役立つアイテムが数多く登場する。 アイテムはゲットすると画面上部に表示される。 タップして使うことも出来るし、上下にスワイプして使用することもできる。 戦況に合わせて操作しよう。 メニュー<設定<操作方法で、 オートアイテムを設定可能。 オンにするとアイテムボックス取得時に自動でアイテムを使うようになる。 手軽さはあるが、好きなときに使えるようにするなら、こちらはオフにしておいたほうがいいだろう。 ドリフトは曲がりたい方向にスライド 『マリオカートツアー』でドリフトしたい時は、曲がりたい方向に1度スライドをして、指を離さず素早く左右にスライドしよう。 (マニュアルドリフト設定時) うまくドリフトできれば、スピードを落とさずにカーブを曲がれるぞ。 設定<メニュー<操作方法で、マニュアルドリフトのオンオフを設定できる。 どちらもカーブを曲がる際、画面を長押ししていると自動でドリフトが発生する。 しかし両者には大きな違いがある。 マニュアルドリフト オフ時 ・曲がりたい方向にスライドし続けると、自動でドリフトが発生する。 (左右にスライドしてもドリフトは起こらない) ・ウルトラミニターボは発生しない。 ・ドリフト中、指を離さなくても逆方向に曲がれる。 マニュアルドリフト オン時 ・ドリフトは自動でも発生するし、左右にスライドでも発生させられる。 ・ウルトラミニターボが使用できる。 ・ドリフト中、逆方向に曲がりたい時は1度指を放す必要がある。 ドリフトが苦手な方や、手軽にマリオカートを楽しみたい方はマニュアルドリフトオフでも十分楽しめる。 しかし確実に勝利を掴みたいのなら、マニュアルドリフトをオンにして慣れていこう。 マニュアルドリフトなら、ウルトラミニターボを起こせるので、ほかのプレイヤーを一気に追い越しやすい。 ドリフトでカーブの内側を攻めよう レースに勝つコツのひとつが、ドリフトを使いこなすことだ。 カーブの内側をドリフトで曲がり、直線に入ったとき指を離しミニターボを発動させると、マシンが一気に加速するためタイムを大幅に短縮できる。 ミニターボはドリフトの時間によって異なる。 ドリフト時間が長ければ長いほど、強力なミニターボが発動できるぞ。

次の

【マリオカートツアー】ショートカットの場所まとめ

マリオカートツアー 裏技

目次!• 基本テクニックまとめ 難易度がそこまで高くなくすぐに実践で使えるテクニックをまとめました。 ウルトラミニターボ マリオカート8にはなかったミニターボ。 主にカーブを曲がる時に使用。 ドリフトをしばらくしているとタイヤから火花が出現し離すとマシンが加速する。 ミニターボは3段階システムであり1段階目は青の火花。 1段階目のまましばらくドリフトしていると2段階目はオレンジの火花。 さらに時間を延ばすと3段階目は紫の火花が走ります。 マリオカート8デラックスから紫ミニターボができるようになりました。 レース開始合図のカウント中あらかじめアクセルボタンを押しておくと0になった時ロケットスタートします。 マリオカート8デラックスでは 「2」が現れたくらいからアクセルボタンを押すと成功。 タイミングが速すぎると失敗。 遅すぎるとターボが掛からず普通に走り出す。 タイミングは何度か練習して自分なりの覚え方を見つけていこう! 減速ドリフト ドリフト中B ブレーキ を一瞬だけ押してインコースを走り続けるテクニック。 150ccでは一部のコースでのみ使用 例 レインボーロード等 することで速く走ることができる。 200ccで走る場合はだいたいのカーブで減速ドリフトをしないといけないので200ccでは必須テクニック。 後ろを見る 走っている時Xボタンを押すと後ろを確認できます。 ライバルがどの位置にいるか?アイテムを当てやすい位置にいるか?を見る時に判断。 だいたい見る時はスリップストリームされているか等を見る。 真っすぐな道で特に操作することが無い時ちらっと確認してみよう。 スリップストリーム ライバルの真後ろにしばらく付いて走っていると発生する。 スリップストリームが発生する時は空気を切って走っているようなエフェクトが出ます。 そのエフェクトを保ったまましばらく走ると発動。 成功するとものすごく早く走る。 スリップストリームする相手がコウラを持ってた場合は後ろに投げられることが多いので避けるパターンも想定しておこう! 後ろにコウラを投げる スティックを後ろに倒しながらコウラを投げると後ろに投げます。 スリップストリームしようとしている敵に当てたりブーメランで赤甲羅を消す時に使用します。 使いこなせるようになると結構勝てるようになるので練習しよう! サンダードリフト *マリオカート8デラックスでは使えなくなった裏技。 ミニターボやダッシュ床に乗って加速した時に使用するテクニック。 左右にジャンプを繰り返すことで加速している時間が何故か伸びる裏技 結果速くなる。 ターボ中に、、、 左ジャンプ! 右ジャンプ! 左ジャンプ! ターボ中に出ているマシンの火が消えるまで右、左にジャンプ。 入力はスティック右ジャンプ、スティック左ジャンプを連打するだけ。 一回だけだとあまり差が出ませんがミニターボやダッシュ床に乗る度にサンダードリフトを行うと人とやってない人では最終的にかなり差が出ます。 絶対毎回やりたいテクニック。 ハングオンのバイクでは何故か効果が出ないのでやっても意味ないので注意。 トゲゾー回避 発射すると現在1位を走っているマシンまで追いかけていき攻撃する一発逆転のアイテムトゲゾーこうら。 トゲゾーが当たる直前にアイテムのダッシュキノコを使用すると回避することができる。 タイミングはそこまでシビアではないので2,3回練習するとできるようになります。 また キノコだけでなくスーパークラクションでも破壊できる。 マリオカート8デラックスではミニターボ3段階目があるので場所によっては上手くいくと紫ミニターボで避けることができるかも知れない。 パックン回避 コースの脇にいるパックン。 近づくと攻撃してくる厄介なキャラであるがこちらも回避可能。 パックンもトゲゾー同様ダッシュキノコを使用すると避けることができる。 またパックンは青ミニターボでも避けることができるのでインコースを攻めるために毎回やっていこう! スポンサーリンク ジャンプ台前にドリフト ジャンプアクションを決める前にドリフト状態になりジャンプアクションを決める走行。 これによりジャンプアクション後の急カーブをイン攻めできることができます。 最速ミニターボ *追記 こちらもマリオカート8デラックスでは使えないテクニックになりました。 しかし別の方法で最速でミニターボがあります。 ドリフト中ミニターボが発生するまでの時間は曲がっている方向にスティックを倒し続けていると最速で発生します。 しかし最速で出そうとするとスティックを倒し続けるので曲がり過ぎたりするため基本はカーブに合わせて右や左にスティックを倒します。 しかしこの方法を使えばドリフトを調整しつつ最速でミニターボを溜めることが可能です! やり方は「斜めにステックを倒す」です。 なので ずっと右に倒している状態と同じになり最速でミニターボが発生してくれます。 最速ミニターボ DXバージョン ドリフト中曲がっている方向にスティックを倒している時間が長ければ長い程ミニターボが早く溜まります。 この方法はwii版や64版の歴代マリオカートのミニターボ早溜めと同じ方法。 スティックをかちゃかちゃいわしてコーナーを攻めよう! ニュートラルドリフト ニュートラルドリフトとは文字通りドリフト中にスティック操作をしない事である。 「あれ!?ドリフト中は右左かちゃかちゃやって早溜めしろっていったじゃん!」 という声が聞こえてきそうですが ニュートラルドリフトにも利点があります。 ニュートラルドリフト中はマシン速度が早溜めしている時より高い! かちゃかちゃしている時は少し遅いのです! ニュートラルドリフトと早溜めの使い分け タイムアタック等で最速を狙っていくならば ・早溜めしてウルトラミニターボやオレンジターボがギリギリ溜まるコーナーでは早溜めを ・どう早溜めを頑張っても次の段階のミニターボが溜まらないコーナーはニュートラルドリフト といったように使い分けていきましょう! まあ大体のコーナーは早溜めが正解です。 nicovideo. あえてアウトコースに膨らむことによってイン側に長くスティックを倒すようにする技術。 着ドリでドリフトするとミニターボが早く溜まります。 普段のドリフトはジャンプとスティックを同時で入力すると思いますがそれだとAになります。 着ドリの方法は ジャンプしてから着地寸前にスティックを倒す! これによりBのようなカーブを描きながら曲がることが可能。 空中ドリフト 空中でドリフト状態を維持して曲がる方向にスティックを倒すテクニック。 このテクニックを使うとミニターボが早く溜まります。 マリオカート8では何故か空中でドリフトしていてもミニターボは溜まります。 なので空中でドリフトした場合はキャラが着地するまで動けないので その時間を利用してスティックを倒しておくと着地した瞬間スーパーミニターボやコースによってはウルトラミニターボが溜まっています。 タッチ&ゴー グライダー滑空して一瞬着地してからすぐさまジャンプアクションをすると滑空を維持してマシンが加速します。 これは裏技っぽいですね。 一瞬着地してからジャンプアクションを決めると、、、 滑空を維持!しつつ加速! ミニターボ&ジャンプアクション 7D ミニターボを解放した瞬間ジャンプアクションをすると通常のジャンプアクションよりも さらに速くなるテクニック。 ミニターボ&ジャンプアクションは基本的にどこのステージでも使用できるテクニック。 それを応用したのが7D(シチディー) DKジャングル、スカイガーデンで使用可能。 できる場所は画像のDKジャングルのトランポリン。 トランポリンでジャンプアクションを決めると同時にミニターボを解放することで恐ろしく速くなるテクニック。 スカイガーデンのキノコトランポリンでも7Dはできます。 ただかなり難しいです。 名前の由来はマリオカート8有名プレイヤー7Dさんが考案したテクニックのため彼から名前を取った。 溝落とし マシンの半分を落としても芝生のような悪路や落ちる判定にならない。 なので超ぎりぎりインコースを走ることが可能! 左側は減速してしまうエリアであるがマシンをこんなに出しても減速はしない! 参考動画 落ちないぎりぎりをつかんでいけ! 速く走るコツは? 以上のテクニックを何度も試して成功できるようにしておこう! 「溝落とし」などはコースアウトの危険性があるので崖で使うのはおすすめしませんが芝生などの悪路にはガンガン使って行ってみてください。 マリオカート8デラックスは「 腕前よりも知識」の差がかなり大きく 最速で走れるライン取りや道を知らなければ上位は取れません。 一人用モードのTA タイムアタック では世界で一番早いゴーストを誰でも入手できますのでそのゴーストを見て最速最短のルート、ライン取りを勉強しよう! そしてTAで沢山練習すると最速の走りが可能に! 任天堂が用意しているゴーストに勝てるようになれば上位は結構取れるようになってきます。 アイテムは防御用 またアイテムは基本的に自分を守るように使ってみてください。 赤コウラ対策にバナナを常に保持しておく等。 アイテムは ライバルを蹴落とすより自身を守るための使い方をすると妨害されること無く順位が安定すると思います。 最速ミニターボ、インコースをしっかり走る等できるようになればレート上位に食い込むことができると思います。 ショートカットも覚えよう! ショートカットはテクニックではなく知識!知っているだけでライバルを抜き出せることができる! 参考動画 はじめまして ユウヤという名前で活動しています。 このブログは僕の大好きな PCゲーム、ゲーム攻略、ガジェット系 などを中心にまとめており 「ゲームを通して友達ともっと仲良くなろう!」 というゴールを目指しています 簡単なプロフィールとしては ・92年生まれのごく普通の家庭で育つ ・小学生から大学生までひたすら周りの目を気にして生きてきた ・大学ではゲーム廃人となり様々なオンラインゲームに手を出す ・大学在学中にインターネットビジネスの世界を知る ・大学を卒業後しばらく働き辞めてから複数のブログに力を入れて月収20万を達成 といった感じです。 現在使っているPCは自作PCでありそのPCでブログやゲームをしています。 なのでPCは自分の生命線であるためスペックにはかなり自信をもって紹介できます。

次の

マリオカートツアー攻略Wiki|ゲームエイト

マリオカートツアー 裏技

ドリフトとは ドリフトとは、タイヤを横滑りさせながら走行する運転技術で、急カーブなどをコースから外れずに抜ける際に便利なテクニックです。 マリオカートツアーのコースには街中の曲がり角や急カーブなど、普通に走行しているだけでは走りづらい道が多く出てきます。 ドリフトを使用せずに抜けることも可能ではありますが、走行 スピードを落とさずに抜けるにはドリフトが必須技術となっています。 ドリフトのメリット また、ドリフト走行を一定時間した後に、ドリフト走行を解除すると ターボという現象が発生します。 ターボが起きると数秒間スピードアップすることができ、レースの順位を上げやすくなります。 また、ターボが発生することで レース中のポイントも増えるため、レース中はなるべく沢山のターボを起こすことが要求されます。 ドリフトの方法 ドリフトを行うには、 ドリフトを行いたい方向に指をスワイプし続けることが必要になります。 スワイプとは撫でることで、画面中央 直進走行 から曲がりたい方向 右に曲がりたい場合は画面右端 に向かって指でなぞることでドリフトを開始します。 指を離すとドリフトは終了し、ドリフト時間に応じてターボが発生します。 ドリフト開始後、指を左右に動かすことで曲がる角度を調整することが可能です。 ごく短時間のドリフトだった場合、ターボは発生しないので注意しましょう。 ドリフト中のアイテム使用 ウルトラミニターボなど、長いドリフトを行っていると、途中でアイテムを使いたくなることがあります。 これまでのマリオカートではLやRボタンを押すことでドリフト中にアイテムを使用していましたが、マリオカートツアーでもドリフト中のアイテム使用が可能です。 ドリフト中、ドリフトに使っているのとは別の指で上下にフリックすることで、ドリフトを中断せずにアイテムを使用することができます。 ドリフト中に後ろ側にミドリこうらを投げたい場合、 1. ドリフトを行う 2. カートよりも下側に別の指でフリック することで使用可能となっています。 直線道路でもドリフトが可能? 指を左右に動かすことで角度を調整できる、と紹介しましたが、この調整具合によっては 直線道路でもドリフトを行うことが可能です。 これまでのマリオカートシリーズでは、右に曲がっている場合はどう調整しても左側に走ることはできなかったのですが、左端まで指をスワイプすることで直進走行させることができるようになっています。 ドリフト中に逆方向に曲がることはできないため、左右に曲がりくねっている道路では使いづらいですが、実質 ほとんどの道路でドリフトを続けられるようになります。 ターボの種類 ドリフト走行の時間によってターボの時間が変わります。 ターボには3種類あり、ドリフトが長いほどターボも長くなります。 ミニターボ 一番簡単なターボで、ドリフト走行に成功して間もなく発生するターボです。 ドリフト中に青い火花が散るのが特徴です。 スーパーミニターボ ミニターボよりも難易度の高いターボで、ミニターボよりも長くドリフト走行することで発生するターボです。 ドリフト中の火花の色が青からオレンジに変化するのが特徴です。 ウルトラミニターボ スーパーミニターボよりも更に難易度の高いターボで、スーパーミニターボよりも長くドリフト走行することで発生するターボです。 ドリフト中の火花の色がオレンジからピンクに変化するのが特徴です。 ウルトラミニターボは マニュアルドリフトの場合のみ使用可能なテクニックとなっています。

次の