ジブラルタ生命 外貨。 外貨預金とジブラルタ生命の保険商品どちらで資産運用すべき?メリットやデメリット、利率について

ドル建て保険の支払い<ドルの振り込み>について

ジブラルタ生命 外貨

[目次]クリックした記事に移動します PCの場合は数行ズレた場所に移動します 1 2 3 4 5 6 終身の保障を米ドルで 万が一の時は勿論、人間は最後には死亡するのですが、この一生涯の死亡保障を実現するのを「 米ドル」での運用商品にしたものが「米国ドル建終身保険」です。 ドル建てでのキャッシュバリュー 解約返戻金 は、 円建て商品と比較すると相当良くなるので、終身保険を老後資金目的で考えた場合、比較的少ない時間の中で老後資金を用意することができるでしょう。 老後の準備と保障を高 好 利率で 人生の早い時代から老後の資金を用意するのは、子供の教育費等でなかなか現実的でない人も多いですね。 そろそろ老後…と考えたときには、もう既に遅し、と思ってしまう人もいるでしょう。 しかし、米国ドル建終身保険のような高 好 利率商品を選択することで、 比較的少ない費用で、 少しでも早く、老後の安心を手に入れることができるのではないでしょうか。 高 好 積立利率は固定 米国ドル建て終身保険の電子パンフレットによると、2019年9月2日現在の積立利率は3. 2%です。 2%ですかぁ、確かに 高 好 利率ですよねぇ。 現在販売されている円建て終身保険では、こんなに高い利率は望めないでしょう。 ある 他社のドル終身は積み立て利率が毎月変動ですが 、最低3%を保障します。 2%がずっと続くジブラルタか、下限3%でそれ以上の利率も望めるメットライフか? という比較ができますが、両社の利率に対する考え方は対極的ですね。 通常型と低解約返戻型があります 米国ドル建終身保険は 1. 〔無配当〕 2. (低解約返戻金型)〔無配当〕 の二種類ががあり 1. 「普通 通常 の終身保険」 2. 「 低解約返戻金型の終身保険」 この部分が違うだけで、それ以外の無料特約などは共通しています。 低解約返戻金型とは じゃぁ、 低解約返戻金型って何なの? って思いますよね? 漢字を見た感じだと、 漢字と感じ の駄洒落ではありません 解約返戻金が減らされる気がしますが・・・半分正解です。 という終身保険です。 米国ドル建終身保険の低解約返戻金型は、米ドルの高い利率で運用されることは通常型と同じで、さらに保険料総額を安くできる終身保険と言えます。 米国ドル建終身保険の二つの型を数字で比較 ジブラルタ生命の電子パンフレットからの引用になりますが、低解約返戻金型と通常型はどのように違うか具体的な数字で比較しましょう。 契約例をちょっと細かく解説します 契約者=被保険者:男性30歳 保険金額:100,000米国ドル 保険期間:終身 保険料払込期間:60歳満了 以上の条件は二つの型共に共通します。 10米ドル 低解約返戻金型が月額14. 8米ドル安い。 3% 中途解約は大損、完納すれば超お得 低解約返戻型を50歳で解約すると、保険料払込総額の7割ほどしか戻りません。 ですが、 保険料払込期間終了時に解約すると、通常型の解約返戻金と 同額になるのがわかるでしょうか。 保険料 総額は通常型より低解約返戻金型が5,328ドル安くなっています。 1ドル=110円だとすると、保険料総額が586,080円も安いのに、解約返戻金は同じになるのです。 よって、通常型より低解約返戻金型の 返戻率は高くなります。 二つの型を把握して選びましょう 通常型の利点は、 中途解約しても低解約返戻金型のような大損をしないことです。 万が一保険料を支払えなくなったなどで、解約せざるを得ないとしたら、 解約リスクが低いのが通常型とも言えます。 しつこくなりますが低解約返戻金型は、保険料の払込を 完全完納出来れば 凄く良い結果になります。 いずれにせよ、終身保険を検討するときは、 長期間の保険料払込を全うできる保険料にこだわりましょう。 ドル建て保険は、こういった保険料の 総額や 解約返戻金なども含めて、保険の専門家などにシミュレーションとアドバイスしてもらうと良いでしょう。 米国ドル建て終身保険の三大メリット 終身保険は一生涯の保障なので、万が一が起きて他界するまで死亡保険金で守ってくれる保険です。 ですが現代は身体障害状態や 介護状態も万が一に含まれるようになりました。 米国ドル建て終身保険は死亡保険金の他、保険料払込免除・介護年金で万が一に対応し、解約返戻金を増やしながら分割受取りすることも可能な、老後も考えた終身保険です。 1:保険料払込免除があります 不慮の事故で身体障害状態になった場合は 保険料が不要 免除 になります。 この場合、終身保険の保障は続きますが保険料を払い込まなくていいという、とても助かる特約 有料の特約 です。 じゃぁ、 病気で身体障害状態になった場合は? と言う方には、契約時に別途有料の「 疾病障害による保険料払込免除特約」を付けることがオススメです。 2:介護年金を受け取れます 特約保険料 無料の「介護前払い特約」を付加することができます。 終身保険は 1. 保険料払込期間終了後、元本割れしない時期を狙って解約して現金化する 2. 死亡保険金を相続に役立てる だいたいこの二種類の使い方になりますが 3. 「 介護状態の対策に使って、身内に迷惑をかけないようにする」というのは、終身保険の新しい使い方と言えますね。 もしあなたが介護状態になったとしても、年老いた夫や妻に老老介護をさせたくない、あるいは介護してもらうとしても負担を軽くしたい、という想いに応えてくれるでしょう。 3:解約返戻金の年金受取りは三種類 この商品の特徴として、貯まったキャッシュバリュー 解約返戻金 を、 老後の年金として受け取る方法も選べます。 「確定年金」「保障期間付終身年金」「保障期間付夫婦連生終身年金」で、どれを選んでも特約料は 無料です。 老後、先にご主人が亡くなって、奥様が老齢基礎年金だけで独りで生活する年数が約10年以上あるかもしれません。 例えば、夫に先立たれて妻が長期間一人暮らしになる事などを考えれば、夫婦連生終身年金がぴったりです。 年金開始後に夫婦共に早期に他界した場合は、受取年金の総額が少なくなるので、ある意味大損という欠点もあります。 保証期間を過ぎても、夫婦どちらかが存命の限り年金を受取り続ける事が出来ます。 上記の夫婦連生終身年金に興味があるけど、万が一夫婦共に短命だったらどうしよう? というご夫婦向けです。 1回の年金受取り額や、受取年金の総額は、選んだ年金種類や受取年数などでも変わるので、念のため全ての年金種類でシミュレーションしましょう。 その他のメリットや注意点など 米国ドル建て終身保険などの外貨建て商品は大丈夫? と思っている人もいるかと思います。 アメリカと日本の金利差 10年国債利回りで比較しますと、アメリカと日本ではまだまだ 金利差があります。 ですから、米国ドルの金利が多少下がっても、日本の金利にまで下がらないというのが 一般的見解です。 しかし、この金利差が縮まってきているのも現実です。 金利差が縮まっているとはいえ、まだ円貨より米ドルの金利が 格段に 高いことは変わっていません。 一度決定された生命保険の金利 積立利率 は、保険の契約終了まで続くか、長期間隔の契約更新まで続きます。 積立利率が低すぎて 元本割れする円建て終身保険もありますが、ドル建て終身保険の積立利率の良さは当分続くでしょう。 ドル建て保険の注意点 米国ドル建て終身保険も含めてドル建て保険は、毎月の保険料が米ドル計算した「円」で支払われますので、 保険料は毎回変動 増減 するということを知っておいてください。 円高になれば、円の価値が上がるので保険料は少なくなり、円安になれば円の価値が下がるので保険料は増えますね。 毎月の支払いが変動するということは仕方の無いことですが、感覚としては、 スマホ料金や電気料金みたいなものと思えばよいでしょう。 米国ドル建終身保険のライバル商品 米国ドル建て終身保険と同じように月払いができると比較しましょう。 積み立て利率は毎月変動ですが3%を最低保証するので、人気があるドル建て終身保険です。 細かく書いていませんが、ドルを円換算するときの 為替手数料が、両社でどのように違うのかも必ず比較してください。 ドル建て保険を比較しましょう ドル建て保険は、 加入してから「別会社のドル保険が良かった」と 後悔しないよう、必ず複数の保険会社の保険商品を比較してください。 気になる保険商品毎に違う生保会社の営業職を呼ぶのは手間が掛かりすぎますし、銀行窓口は、以前に報道されたような保険の説明不足がちょっと怖いですよね。 ということで、ドル建て保険の比較や保険料 総額などのシミュレーションとアドバイスは、複数社の保険商品を取り扱える、ファイナンシャルプランナー FP の無料相談をおすすめします。

次の

米国ドル建終身保険(ジブラルタ生命)の評判【ドル建て保険の比較】

ジブラルタ生命 外貨

こんにちは、すみませんが外貨振り込みについてご相談させていただきたいです。 よろしくお願い致します。 *** 昔今よりいいレートで買ったドルが家に4000ドル(40万円ぐらい)あります。 これをドル建て保険の年払いに当てたく、保険会社のCity bankの口座に振り込みをしたいです。 ドルのまま振り込みということです。 その場合一番手数料が安いのはCityかなと思いましたが (振り込み手数料は保険会社の特別ルートで確か350円ぐらいでした) Cityは銀行維持費にお金がかかりますし、1ドル当たり1円の手数料もかかるようです。 (昨日電話で聞きました) そうなってくると最低でも4000円+350円ぐらいはかかってしまいます。 なにより維持費がネックで口座を開設しようかしまいか迷っています。 他に何かおすすめの銀行はありませんでしょうか? 今私が持っている銀行はUFJ、三井住友、ゆうちょ、SBI(銀行、証券)、楽天(銀行、証券)です。 新規に口座を開設しても今月末までに振り込みしたらよいのでまだ間に合うと思います。 どうかお知恵をお貸しください。 よろしくお願い致します。 ご相談者が加入の外貨建て保険には「円払特約…無料」が付いていませんか?。 通常ドル相場は数秒単位で変動しています。 外国の債券を証券会社で売買する場合はこの瞬間のレートが適応されます。 ですが「瞬間・瞬間」のレートは実生活には不便なため、通常、朝の10時前後のレートを参考に「銀行間」で(実際には三菱UFJ銀行?)日本での1日の顧客レートを設定します。 買値と売値があります。 1日のレートが大きく変動しない限り1日の間、レートの変更はありません。 この対顧客レートが一般の庶民(個人)のレートになります。 金融業者はこのレートに手数料を乗せます。 多い金融機関ですと1ドルに対し、1円です。 しかし円特約のある外貨建て保険は「対顧客レート」以外の手数料がほとんどかかりませんので、円で支払った方がお得です。 (引き落とし銀行の口座管理量も不要ですし) 今現金で持っている外貨は「レートの様子を見て」円に銀行で換える方法が最適でしょう。 この回答への補足 k63366336 様、 ご親切な御回答どうもありがとうございます。 円払特約はついていたので、私の保険でも本当にできるのかどうか先ほど電話で聞いたところ 年払いはドルでしか受け付けていないとのことでした。 なので、k63366336 様に提案していただいた案は使えなさそうです涙 どうもすみません。 ドルで振り込みで一番いい案をもしご存知でしたら、教えてくださいませんか? 昨日も一日中調べていたのですが、何が何だかわからなくなってきました。 少しでも無駄な出費を避けたいです。 (今後大きいローンを組むので、、、汗) どうぞよろしくお願い致します。 田舎のため車は必須で、貯金と生命保険目的とはいえ月々2万円の支払いが痛い ・私の手取りは15万円ほど ・また、右も左も分からない新社会人だったため加入時に先の見通しをしっかり立てられておらず、月々2万は払えるだろうと踏んでいたら、住民税だとか自動車税だとかも払わなければいけないと知り生活が確実に苦しくなることが分かってきた ・余談。 FPの方は決して悪い人ではなく、困ったときには相談には乗ってくれるのだが(共通の知り合いもおり、その点からも一応信頼はできるのだが)待ち合わせに遅刻したり、アフターケアがイマイチだったりと、彼そのものの人間性に最近不信感を抱いてしまっているのも解約したい理由の一つ ・総支払い額は、半年くらいなので10万弱くらい 【どうしたいか】 ・自分にとってメリットが生まれない事は分かっているが解約したい ・解約するとどうなるか(お金は少し戻ってくるのか?こないのか?) ・どうしたら解約できるか ・FPに内緒で解約しても問題はないか?事後報告でも、報告はしたほうがいいか(契約書みたいなものに、告知義務?みたいなものがあった気がするのが気になっている) ・支払額10万なら、まだ引き返せるか? 知識がないので、なにか少しでもわかる方、回答よろしくお願いします… 箇条書きになりますが… 【現状】 ・10年で満期になる月々1万6千くらいのドル建て保険に加入している ・プラス、掛け捨てで2千円くらいの生命保険にも加入している ・これらは知り合いから紹介されたFPのすすめで加入した ・私自身は現在一人暮らし。 田舎のため車は必須で、貯金と生命保険目的とはいえ月々2万円の支払いが痛い ・私の手取りは15万円ほど ・また、右も左も分からない新社会人だったため加入時に先の見通しをしっかり立てられておらず、月々2万は払えるだろうと踏んでいたら、住民税だとか自... A ベストアンサー 様々な方法があります。 最初に、解約の意思はFPでなく、コールセンターでOKです。 ただ、コールセンターからすぐに担当者に連絡がいく仕組みになっていますので、最終的にはわかります。 報告無用です。 戻ってくるお金があるかどうは、どのくらい経過しているかということ、保険の種類によりますので一概には言えません。 一般的に、最初の2年間分の支払額はほとんど戻ってきません。 会社は経費をかけているので、その分が差っ引かれるということです。 担当の方は、早期解約があると継続率などの関係で、収入に影響します。 お客様にとっての問題は無いです。 しかし、外資系の保険会社では契約者に続ける意思がない場合はしつこく引きとめることはしません。 コンプライアンスに反するからです。 日本社ですと、しつこく引き止めます。 「月々1万6千くらいのドル建て保険」は解約金をドルで受け取り、円安のタイミングで円に換えると良いですが、今は十分円安ですね。 A ベストアンサー ご質問の条件を最も良く満たすのはシティバンク銀行かと思います。 おっしゃるように昨今の経済危機の影響は心配ですが、それを除けば手数料の安さなど捨て難い利点があります。 「ネット銀行」というとソニー銀行やイーバンク銀行、ジャパンネット銀行、住信SBI銀行などがまず思い浮かびますが、いずれもご質問の条件を満たしません。 ソニー銀行は店舗を持たないため、外貨現金や外貨建て小切手での入出金が必然的にできません[1]。 外貨建て送金は受け 被仕向け送金 は可能ですが、送り 仕向け送金 はできません[2]。 イーバンク銀行と住信SBI銀行は外貨現金や外貨建て小切手での入出金、外貨建て送金のいずれも扱っていません[3-5]。 ジャパンネット銀行は外貨預金そのものを扱っていません。 従っていずれも候補から外れます。 これに対し「インターネットバンキングができる一般の銀行」まで範囲を広げて良いのなら、三大メガバンク 三菱東京UFJ、みずほ、三井住友 はいずれもご質問の条件を満たします。 以下ではシティバンクと新生まで含めて各行のサービスや手数料を比較いたします。 なおサービスや手数料は今後変更になることもありますので、必要に応じ利用の際に再確認ください。 リフティングチャージも外貨取引特有の手数料で、三菱東京UFJ銀行に限らず「通貨間の交換を伴わない為替取引」に対して課せられる手数料です。 具体的には「外貨建て預金をその外貨のトラベラーズチェックで引き出し」「外国からの外貨建て送金を外貨のまま受け取り」「日本円預金から円建てで海外送金」などの取引が徴収対象となります。 三菱東京UFJ銀行のWebサイトでは「外貨取扱手数料」「円為替取扱手数料」と表記されています。 リフティングチャージの額は典型的には取扱額の0. 設定の詳細は各行のWebサイトなどでご覧ください 例えば三菱東京UFJは[7]。 またこれも海外送金特有の事情ですが、中継銀行や受取銀行が手数料 コルレスチャージ を差し引くことがあります。 コルレスチャージは送金側負担・着金側負担から選べ、前者では予め一定の手数料が上乗せされ、後者では途中でかかった手数料分が差し引かれて着金します。 外貨現金取扱手数料は外貨現金での預入れ・払い出しの際にかかる手数料です。 外貨預金についてもつい日本円預金と同じ感覚で「いつでも出し入れ自由」と考えてしまいますが、外貨現金取扱手数料があるために、一度預けて引き出すだけで1ドル当たり4円が消えます。 リフティングチャージは「取扱額の0. 三井住友銀行の利点は、残高が1万ドル以上あると外貨現金取扱手数料が免除され、米ドル現金を自由に出し入れできることです。 テレホンバンキングは可。 1回にまとまった額の外貨を出し入れするならば、1外貨単位あたりの外貨現金取扱手数料は安く上がります。 米ドルですと外貨現金取扱手数料がもともと安いのであまりメリットがないのですが、豪ドルやニュージーランドドルのように外貨現金取扱手数料が高く、かつ外貨預金はできる通貨では利点があります。 窓口のみ[15]。 外国払い小切手の取立ては米国内で発行された米ドル建てのものに限られます。 送金時のリフティングチャージ不要、外国払い小切手取立手数料が安いなど手数料面で邦銀に優ります。 外貨預金を無手数料でTCで払い出せ、余ったTCはまた無手数料で預けられるのも重宝します。 ただし外貨現金の扱いは実は苦手です。 在日支店で取り扱っているのは米ドルのみで、入出金にも手数料がかかります。 シティバンク銀行の短所は、残高が一定基準を割ると月2,100円の「口座維持手数料」を徴収されること[18]、日本では支店が偏在しており[19]お住まいの場所によっては利用しにくいことが挙げられます。 ただし後者については、勤務先のお近くにあるとのことですのでクリアです。 さてNo. 2の回答に「日本の銀行の外貨預金は、外貨現金を入出金するための預金と言うより、データ上で円から両替して預金しておいて、外貨から円に両替して引きだす為替差益狙いのツールだと思います。 」とありますが、いい加減なことを書かないで頂きたいです。 確かに日本では外貨での入出金や送金に対応していない外貨預金商品が多く、選択に注意が必要なのは私が常々強調している点ですが、一方で上で述べたように三大メガバンクの外貨預金は全て、外貨での入出金、送金 仕向け、被仕向けとも に対応しています。 それに外貨を外貨のまま受け取りたいならば必然的に外貨預金を使うことになり、目的が為替差益であるか否かは関係ないことです。 「必ず円転ということです。 」も誤りで、円転せず外貨のまま使える方法は上述のようにいくつもあります。 【まとめ】 ご希望の条件に最も近い銀行はシティバンク銀行でしょう。 海外送金も含めてインターネットバンキングでの取引が可能で、リフティングチャージ不要、小切手取立手数料が安いなど手数料面の利点もあります。 外貨現金の扱いは弱いのですが、トラベラーズチェックを利用することである程度補えます。 ebank. asp? ebank. asp? netbk. mufg. mufg. smbc. smbc. smbc. smbc. smbc. mizuhobank. mizuhobank. shinseibank. shinseibank. citibank. citibank. citibank. html ご質問の条件を最も良く満たすのはシティバンク銀行かと思います。 おっしゃるように昨今の経済危機の影響は心配ですが、それを除けば手数料の安さなど捨て難い利点があります。 「ネット銀行」というとソニー銀行やイーバンク銀行、ジャパンネット銀行、住信SBI銀行などがまず思い浮かびますが、いずれもご質問の条件を満たしません。 ソニー銀行は店舗を持たないため、外貨現金や外貨建て小切手での入出金が必然的にできません[1]。 外貨建て送金は受け 被仕向け送金 は可能ですが、送り 仕向け送金 はでき... A ベストアンサー 私は年間に10回ほど海外に出かけており、両替も含めて外貨の調達法には関心を持って調べています。 外貨現金を外貨預金として預けたり、逆に外貨預金を外貨現金で払い出したりできる銀行は後述のようにそこそこの数存在します。 ただし外貨現金で入出金できる銀行でも、そのほとんどは入出金に際して手数料 外貨現金取扱手数料などと呼ばれる を徴収します。 「円高の時に外貨預金をしておいて、後で現金で引き出して使おう」ならまだよいのですが、「米ドル現金が余ったから、預けておいて次に使う時に引き出そう」などとすると、入金・出金の双方で外貨現金取扱手数料を差し引かれて損をします。 そのまま現金で持っていた方が有利 外貨現金取扱手数料については、他の為替用語と併せ回答の最後に補足説明しております。 既にご存じでしたら読み飛ばして下さって結構です 外貨現金での入出金ができる銀行で、私がこれまでに確認しているものは以下の通りです。 分かっている範囲で取扱通貨種と外貨現金取扱手数料についても記しています。 外貨現金取扱手数料は特記のない限り1通貨単位あたりの額です。 また銀行によっては最低手数料額の設定があり、その場合当然ながら少額で出し入れすると不利になります。 上記の中で広島銀行の米ドルなどは特に不利な例で、日本円を米ドル外貨預金にする際に公示仲値に対し為替手数料が1円加算され、その預金を米ドル現金で出金するのに3円が必要で、合計4円の手数料を支払うことになります。 他の銀行や通貨についても、即時両替と同等か割高になるケースが大半です。 そのような中、活用価値があると考える銀行は以下の通りです。 1 みずほ銀行 外貨現金取扱手数料を「預入時1回500円 払出時1回1,000円」と独自の設定にしています。 一度にまとまった額で出し入れすることを前提として、他行で外貨現金取扱手数料の高い通貨 英ポンド、豪ドル、NZドル では活用価値大です。 2 三井住友銀行 米ドルの場合に有利です。 口座残高が1万米ドル以上あれば、米ドル現金を無手数料で出し入れできます。 米ドル以外の通貨では利点はありません。 3 シティバンク銀行 トラベラーズチェックで出し入れする場合に有利です。 米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドルならトラベラーズチェック発行手数料を含めて無手数料で出し入れできます。 支店が少ない上に偏在していること、口座残高が一定基準を割ると口座維持手数料を徴収されるのが難点です。 米ドルの外貨現金取扱手数料 2円 は口座残高が1千万円以上あれば免除されますが、それなら1万米ドルの預金で足りる三井住友銀行の方が有利です。 4 京葉銀行 年に3回までの範囲で、ユーロまたは豪ドルを引き出す場合に有利です。 米ドルは三井住友を利用した方がよいでしょう。 支店が東京の1店を除き千葉県にしかないこと、外貨現金預入時には優遇がないことが難点です。 5 香港上海銀行 1千万円以上を口座に置いておくことが前提なので気軽には利用しにくいサービスですが、扱いの通貨種が多いことと、外貨現金取扱手数料が不要であることに惹かれます。 なお参考までに、外貨現金での入出金ができないことを確認した銀行は以下の通りです。 mizuhobank. mufg. smbc. citibank. resona-gr. hokkaidobank. 77bank. 82bank. chibabank. keiyobank. yachiyobank. boy. surugabank. shizuokabank. shigagin. nantobank. hokugin. hirogin. shikokubank. fukuokabank. nangin. okinawa-bank. hsbc. shinseibank. aozorabank. ebank. asp? netbk. tokyostarbank. musashinobank. kinkiosakabank. また銀行間レートは世界の為替市場で連動しているため、日本と他の国とで懸け離れた値になることもありません。 ・公示仲値 TTM 銀行間レートは常時変動しているため、これを両替の基準レートとすると処理が煩雑になります。 そこで各金融機関は銀行間レートを参照しながら、銀行間レートに代わる数字として「公示仲値」というレートを定め、その日の取引の基準レートに用います。 公示仲値と銀行間レートは厳密には一致しませんが、両替の有利不利を考える上では同一視して差し支えありません。 また公示仲値は各金融機関が独立に定めるため若干のばらつきがありますが、差異はあっても0. ・対顧客電信売レート TTS 外貨現金のやり取りを伴わずに、銀行が外貨を売る 顧客が買う 取引きで適用されるレートです。 外貨建てトラベラーズチェックの購入、外貨建て送金などで使われます。 TTSは決まった幅の手数料 為替手数料 を公示仲値に上乗せすることで機械的に設定されます。 ・外貨現金取扱手数料 外貨現金を扱うとその国からの輸送コスト、運用に回せないことによる死蔵コスト、為替変動によるリスクが発生します。 TTSにさらに外貨現金取扱手数料を上乗せした数字が「外貨現金売レート」です。 即時両替と、外貨預金の入出金とで外貨現金取扱手数料の額が異なる銀行もあります。 私は年間に10回ほど海外に出かけており、両替も含めて外貨の調達法には関心を持って調べています。 外貨現金を外貨預金として預けたり、逆に外貨預金を外貨現金で払い出したりできる銀行は後述のようにそこそこの数存在します。 ただし外貨現金で入出金できる銀行でも、そのほとんどは入出金に際して手数料 外貨現金取扱手数料などと呼ばれる を徴収します。 「円高の時に外貨預金をしておいて、後で現金で引き出して使おう」ならまだよいのですが、「米ドル現金が余ったから、預けておいて次に使う時に引き... Q 保険の見直しを検討しておりまして、何回か皆様にアドバイスいただきました。 おかげさまでようやく加入しようとする保険の骨組みが出来上がりつつあります。 ドル建の積立利率変動型終身保険を考えておりますが、ズバリどちらがいいのでしょうか。 5%最低保証 月額$114.2 60歳における解約時の返戻率 約117.5% あまり違わないのでしょうか。 自分なりの判断では、 アリコのメリットとして、なんとなく会社がプルよりは安定。 日本において アリコのデメリットとして、返戻率が少し低いのと、支払にJCBカードがいるそうで、持ってないから作らなきゃいけないから面倒くさい。 プルデンシャルのメリットとして、アリコの逆。 返戻率が少し高いのと、支払は日本円でもできる。 プルデンシャルのデメリットとして、アリコよりも早く日本撤退しそう。 いい話をあまり聞かないし、担当営業マンが熱心なんだけど、ちょっとむかついた。 こんな程度しか判断材料がないので困っています。 皆様のご意見をお伺いしたいです。 また他社でドル建終身保険があれば教えてください。 保険の見直しを検討しておりまして、何回か皆様にアドバイスいただきました。 おかげさまでようやく加入しようとする保険の骨組みが出来上がりつつあります。 ドル建の積立利率変動型終身保険を考えておりますが、ズバリどちらがいいのでしょうか。 A ベストアンサー プルデンシャルが優位です。 ドル建てとはいえ終身保険は死亡保障を買う商品、 予定利率4%(アリコ)と4.5%(プルデンシャル)では自ずと予定利率の高いプルデンシャルが安くなります。 運用結果が両社とも芳しくなく、4%の運用であったと仮定してみましょう。 アリコ:保険金 $100,000 支払い $ 44,822.40 プル :保険金 $100,000 支払い $ 39,741.60 同じ保険金を得るために、$ 5,080.80の保険料格差があります。 当然この差額を運用していけば、使える現金が発生します。 4%1年複利で29年間(60歳まで)運用したとすると、$9,596.9(税金は考慮せず)の格差になります。 従って商品のパフォーマンスはプルデンシャルの勝ちです。 会社自体に目を向けてみると、差がないと思います。 プルデンシャルは、ジブラルタ生命(旧協栄生命)をグループに持ち、日本市場で拡大をしてきています。 また、プルデンシャル単独での成長も目覚しいものがあります。 一方、アリコは規模は大きいのですが成長は伸び悩んでいます。 両社とも営業は十分な教育を受けていると言われていますが、個人差が大きく、こればかりは運かもしれません。 営業マンがと相性があわないのであれば、別の人と商談すれば構いません。 契約時だけでなく、今後も様々なアドバイスが欲しいのであれば、最近生保はFPに力を入れていますので、普通資格のAFPではなく、上級資格のCFPを選ん下さい。 他社では、GEエジソン生命の円ドルくんがあります。 プルデンシャルが優位です。 ドル建てとはいえ終身保険は死亡保障を買う商品、 予定利率4%(アリコ)と4.5%(プルデンシャル)では自ずと予定利率の高いプルデンシャルが安くなります。 運用結果が両社とも芳しくなく、4%の運用であったと仮定してみましょう。 アリコ:保険金 $100,000 支払い $ 44,822.40 プル :保険金 $100,000 支払い $ 39,741.60 同じ保険金を得るために、$ 5,080.80の保険料格差が... Q プルデンシャル生命保険に勤務している知人から「絶対ためになる話だから、一度話を聞いてもらいたい」としつこく言われています。 「30分くらいで終わるから。 その場で、ためにならない、ということであればそうはっきり言ってもらえばいいから」と言われているのですが・・。 一体どういう話なんでしょう。 これまでのらりくらりとかわしてきたのですが、来月にでも会うような段取りになってしまい、かなり不安です。 「その場で契約してもらうって話ではないから」ということらしいのですが、「その後契約になるかどうかは、そのとき「ためになる」と判断してもらえれば、その後の展開でそうなるかと」みたいことも言われました。 なんなんでしょう・・・。 他の生保会社でもこのような営業活動?はあるのでしょうか? 同じような経験をされた方、いらっしゃいますか? 構え過ぎなくても平気でしょうか? A ベストアンサー プルデンシャル生命を含め外資系生保や損保系生保の営業社員の販売手法はコンサルティング営業です。 これはお客様一人一人の生活や将来のお考えに合わせて保険を設計しますので、お客様から様々な情報を引き出さないと、本当にお客様に合った商品提案ができません。 ですがお客様としては、自分のプライバシーに関わる事をいろいろ話したくはありませんよね。 それが「ためになる話」の中身です。 そこであなたが「考えてみたい」となれば「では次回またお時間をください。 その時に今の証券をご用意いただければ、今の保険のメリット・デメリットを詳しくお話できます。 」となります。 たしかに、生命保険は一生払う保険料を考えると1千万円以上となることもある高額な商品ですし、自分の入っている保険が思っていたのと全く違う保険だったという方も多いですから、話を聴くことはあなたのためになると思います。 ただし、(話を聞いてしまうと断りづらくなって、そのままズルズル契約までいってしまいそう)というお気持ちであれば聞かないほうがいいかもしれません。 どんないい保険でも、あなたがよくわからない保険は、あなたにとっていい保険とは言えません。 お客様と営業社員が一緒になって考えることで、本当にお客様のためになる保険ができあがると私は思っています。 プルデンシャル生命を含め外資系生保や損保系生保の営業社員の販売手法はコンサルティング営業です。 これはお客様一人一人の生活や将来のお考えに合わせて保険を設計しますので、お客様から様々な情報を引き出さないと、本当にお客様に合った商品提案ができません。 ですがお客様としては、自分のプライバシーに関わる事をいろいろ話したくはありませんよね。 それが「ためになる話」の中身です。 Q こんにちは。 できれば同じ銀行・同じ支店で、複数口座を開設したいのですが 可能でしょうか? 希望は「普通口座」 :3口座 「定期預金口座」:1口座 「貯蓄口座」 :2口座 以上6口座 中でも、最後にあげた「貯蓄口座」は毎月一定金額を貯蓄していくものではなく、好きなときに入金できて、好きなときに引き出しできて、それでもって残高に応じて普通預金より金利がいいものが希望です。 先日、りそな銀行で新規で口座を開設したのですがりそな銀行は一つしか口座は開設できませんと言われてしまいました。。 複数口座開設できる都市銀行を教えてください。 よろしくお願いいたします。 「総合口座」は、ちがう支店であれば、開設できるところも、ありますが、「法令上、おひとり様、1口座」が、原則です。 「複数口座(同じ店舗に、2つ以上、「普通預金」を、持つこと)」については、「その支店サイドの、判断??」に、よりますが、 現在では、謝絶される傾向に、あります。 「架空口座対策」、「振り込め詐欺対策」、ならびに、「休眠口座対策」など、のためです。 さらに、「同じ銀行の、同じ店舗に、同一人が、2つ以上、普通預金を、開設」しますと、「口座相違」(間違って、ほかの口座に、入金されたり、引き落とし、がされることを、いいます。 )・・などの、さまざまな、間違いや、トラブルの、もとにも、なりかねません。 また、同じ理由で、最近では、「住所地から、離れたところにある、店舗での、お口座開設」(たとえば、「大阪に、住所も、勤務先(通学先)も、あるにもかかわらず、新潟の支店で、口座を、開設する・・・」など、)も、謝絶される傾向に、あります。 はっきりいって、「りそな銀行」、「みずほ銀行」、・・・などは、 厳しいようです。 「総合口座」は、ちがう支店であれば、開設できるところも、ありますが、「法令上、おひとり様、1口座」が、原則です。 「複数口座(同じ店舗に、2つ以上、「普通預金」を、持つこと)」については、「その支店サイドの、判断??」に、よりますが、 現在では、... A ベストアンサー (Q)「積立配当金」を引き出したのですがこの「積立配当金」とは、 返済しなくてはいけないものなのでしょうか? (A)配当金は、貯蓄そのものですから、引き出しても返済不要ですが、 今回の場合、どのようになっているのか、ちょっと情報不足です。 配当金が付く保険には、解約払戻金があります。 解約払戻金とは、解約をしたときに保険会社から契約者に支払われる お金ですが、これは、解約するまでは保険会社のお金です。 でも、この解約払戻金を担保にして、お金を借りることができます。 これを「契約者貸付」と言います。 (1)市中金利よりも安い金利で借りることができます。 例えば、貸付利率が5%でも、予定利率が2%ならば、実質3%ほどで 借りることになります。 (2)被保険者が死亡したときは、貸し付け金を引いた額の死亡保険金が 支払われます。 この時点で、借金はゼロとなります。 (3)解約をした場合、貸付金も精算されるので、借金が残らないように なっています。 つまり、その範囲(解約払戻金の8~9割)でしか、 借りることができません。 (4)払込完了後では、貸付金が解約払戻金を上回る逆転現象が起きる 場合もありますが、そうなると、保険契約は解除となります。 という特徴があります。 さて、配当金ですが、通常は、解約払戻金と別管理されています。 これが5万円あったとしましょう。 今回、50万円のお金が必要だった場合…… 保険会社のカードを利用すると一回の操作で、スムーズに50万円を 「引き出す」ことができますが、実際には、貸付45万円、 配当金引き出し5万円という形になります。 貸付とあるからには、契約者貸付を利用したことになったのだと 思います。 貸付なので、返済をすることをお勧めしますが、万一の時には、 上記(2)(3)(4)で説明したようになります。 また、中には、配当金を使って、保険金の金額をアップする保険もあります。 例えば、年金保険がこれに該当します。 この場合、配当金は、保険契約そのものに組み込まれるので、解約払戻金と 同等の扱いとなり、返済が必要になります。 今回の件で、何が起きたのかは、実際に調べてみないとわかりませんが、 以上のようなことが想像できます。 保険会社に確かめることをお勧めします。 (Q)「積立配当金」を引き出したのですがこの「積立配当金」とは、 返済しなくてはいけないものなのでしょうか? (A)配当金は、貯蓄そのものですから、引き出しても返済不要ですが、 今回の場合、どのようになっているのか、ちょっと情報不足です。 配当金が付く保険には、解約払戻金があります。 解約払戻金とは、解約をしたときに保険会社から契約者に支払われる お金ですが、これは、解約するまでは保険会社のお金です。 でも、この解約払戻金を担保にして、お金を借りることができます。 これを「契約... Q ほけんに入りたいと思っています。 入りたい保険は大体決まっているのであとは契約だけなのですが、 契約はほけんの窓口に行って行うと、ほけんの窓口の手間賃が加算されて保険料が高くなるんでしょうか? それとも、自分で入りたい保険の資料請求をして、そこに入っている申込書を自分で書いて郵送した方が安くなるのでしょうか? 保険料ってもう決まっていると思っていたので、この両者で保険料が変わるとは思っていなかったのですが、そうするとほけんの窓口の利益がないんじゃないかと思ってしまって。 入りたい保険は決まっているのでできるだけ安い保険料にしたいのです。 提示された保険料に、手数料は入っています。 (Q)入りたい保険は決まっているのでできるだけ安い保険料にしたいのです。 両者で保険料は異なるのでしょうか? (A)いいえ。 保険は、金融庁の認可商品ですから、どの経路で契約するかで 保険料が異なるということはありません。 例外は、団体割引ぐらい。 >ほけんの窓口の利益がないんじゃないかと思ってしまって。 保険料に手数料がすでに、組み込まれています。 それで、ちゃんと利益がでるから、紹介してもらえるのですよ。 赤字になるような商品ならば、紹介してもらえません。 だから、逆のことが起きてしまいます。 つまり、マージンの高い商品から順番に紹介される…… ということが、起きる可能性があるのですよ。 どの店に行っても、同じ商品ばかり紹介されるので、 よっぽど良い商品だと思っていたら、たまたま、 保険会社が代理店向けのキャンペーンをしている商品だった…… つまり、代理店のマージンが高い商品だった という笑えない話もあります。 何しろ、過去には、新製品キャンペーンと称して、 一定期間、手数料率100%、つまり、保険料=手数料という 信じられないキャンペーンをして、顧客を獲得しようとした 保険会社もあるぐらいです。 (Q)契約はほけんの窓口に行って行うと、ほけんの窓口の手間賃が加算されて保険料が高くなるんでしょうか? (A)いいえ。 提示された保険料に、手数料は入っています。 (Q)入りたい保険は決まっているのでできるだけ安い保険料にしたいのです。 両者で保険料は異なるのでしょうか? (A)いいえ。 保険は、金融庁の認可商品ですから、どの経路で契約するかで 保険料が異なるということはありません。 例外は、団体割引ぐらい。 >ほけんの窓口の利益がないんじゃないかと思ってしまって。 保険料に手数料... A ベストアンサー あくまでも私見ですので参考程度にして下さい。 2008年頃は1豪ドル70円台前半で、しかもオーストラリアの金利は6%以上あったように記憶しています。 この時にさかのぼれるなら私でも絶対に契約したことでしょう。 今は円安でかつ外貨の金利も低いので外貨でのメリットが少ないと思います。 オーストラリアドルは、借金がない、資源が豊富などの理由で高くなっているのだと思います。 4月に基準利率が下がったとしても今後インフレが進めば金利も上がってくることが予想されます。 現在為替の動きが、ヨーロッパや米国次第でどうにでもなってしまいます。 外貨で運用を希望されるなら、「一時払終身保険」ではなく「一時払年金保険」をお勧めします。 こちらは半月毎に利率の変動を反映しますので、市場に即した積立利率で契約できます。 急がないならばしばらく様子を見て、為替と利率の変動をキャッチしながらご自分で判断するべきですね。 ただし死亡保障として遺せれば良いという考え方ならば、今契約しても良いと思います。 Q 子宮頸癌の高度異型性4で、円錐切除術をうけました。 病理でも、同じく4でした。 以前から、上皮内新生物適応の、がん保険に入っていたのですが、保険金おりませんでした。 国立がんセンターのHPや、他の医学のHPを見ると、頚癌の場合は、高度異型性4と、次のクラス5 が上皮内新生物だと、書かれています。 4や5で、組織からがん細胞が出た場合は、 上皮内がん、ということです。 保険会社の回答は、がんと診断されたなら、と言うものでした。 では、上皮内新生物適応とは言えないのでは無いでしょうか。 最近良く宣伝している、ある保険会社のがん保険では、高度異型性4で手術した場合でも、保険金がおりる、とあります。 長い間掛けて来て、それはないだろう、と言う気持ちです。 どなたか詳しい方教えていただけませんでしょうか。 A ベストアンサー 頼りにしていた保険が「支払われない」となったときの絶望は察するに余りあります。 たいへんお気の毒に存じます。 残念ながら「出ないものを出る」ようにする回答は出来ませんが、事情をご理解されたほうが有益だと思いまして解説させていただきます。 まずはご質問の確認から。 >高度異型性4と、次のくらす5が上皮内新生物だと、書かれています。 とのことですが、どうも正しくは「両者の区別はつきにくい」という方が正確のようです。 つまり日常感覚では同じに思えても「医学的には異形成とガン(悪性新生物)は異なる病理である、ただし両者の区別はたいへん難しい」ということではないでしょうか。 次に、こうした病理形態の区別が生命保険ではどのように扱われるのかという問題を述べます。 実は医学および統計の世界では病態を定義するために共通の基準を設ける必要があります。 日本では厚生労働省が定める「疾病、傷害および死因統計分類提要」という基準がありますが、日本だけ勝手に決めるわけにもいきませんので世界保健機関(WHO)のもとに通称「ICD」と呼ばれる国際基準に合せています。 詳しい名称は「疾病及び関連保健問題の国際統計分類:International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems」です。 ICDは毎年ちょっとずつ改正されていて、3年ごとにかなり大きな改正を重ねているのです。 当然、日本の「疾病、傷害および死因統計分類提要」も頻繁に改正されているというわけです。 実は生命保険の「約款」は金融庁の認可を受けなくてはなりませんが、そうしょっちゅう次々と認可を受けられるわけではありません。 従って生命保険会社は基本となる約款の認可を受けると、その後しばらくはずっとその約款を運用の基本に据えるのです。 つまり保険給付の前提として適用される約款において用いられる「疾病、傷害および死因統計分類提要」は認可を受けた当時のものが使われていくということです。 現在、国内生保で用いられている分類は私が知る限り大まかに二つあります。 貴方のケースは約款にある「統計分類提要」において「高度異形成は上皮内新生物である」と定義されていないために「診断書には高度異形成としか書いてありませんのでお支払いできません」との回答になったものと推察されます。 また冒頭でも確認したように現在の医学でも「高度異形成と上皮内新生物は、密接ではあるものの別の病理である」ようですので、今回はこのような極めて際どい選択になってしまったものと思われます。 以上を踏まえたうえで私見を述べます。 私はお客様から給付に関するお問い合わせを受けた時は必ず約款を用いて説明していますがこうしたセールスマンは少数派でしょうからね。 前述のように医学的にも非常にシビアな定義であるならば可能性を汲んだ記載をしていただける場合もあるという意味です。 医師に不正を求めるのは許されない行為ですから) 以上ですが、貴方の無念を晴らすまでには及ばないと思います。 たいへん申し訳なく思います。 しかし少なくとも貴方の事例は私にとって大いに勉強となりましたので、このことを一人でも多くの方にお伝えしていきたいと思っています。 最後に。 高度異形成で手術となるとしばらくは保険の見直しもままならないと思いますが、どうか慎重に行動していただきたくお願い申し上げます。 また困ったことがあればアップしてください。 ncc. html 02 頼りにしていた保険が「支払われない」となったときの絶望は察するに余りあります。 たいへんお気の毒に存じます。 残念ながら「出ないものを出る」ようにする回答は出来ませんが、事情をご理解されたほうが有益だと思いまして解説させていただきます。 まずはご質問の確認から。 >高度異型性4と、次のくらす5が上皮内新生物だと、書かれています。 とのことですが、どうも正しくは「両者の区別はつきにくい」という方が正確のようです。 次の文言は国立ガンセンターHPからの引用です 「前癌病変の異...

次の

為替レート一覧

ジブラルタ生命 外貨

[目次]クリックした記事に移動します PCの場合は数行ズレた場所に移動します 1 2 3 4 5 6 終身の保障を米ドルで 万が一の時は勿論、人間は最後には死亡するのですが、この一生涯の死亡保障を実現するのを「 米ドル」での運用商品にしたものが「米国ドル建終身保険」です。 ドル建てでのキャッシュバリュー 解約返戻金 は、 円建て商品と比較すると相当良くなるので、終身保険を老後資金目的で考えた場合、比較的少ない時間の中で老後資金を用意することができるでしょう。 老後の準備と保障を高 好 利率で 人生の早い時代から老後の資金を用意するのは、子供の教育費等でなかなか現実的でない人も多いですね。 そろそろ老後…と考えたときには、もう既に遅し、と思ってしまう人もいるでしょう。 しかし、米国ドル建終身保険のような高 好 利率商品を選択することで、 比較的少ない費用で、 少しでも早く、老後の安心を手に入れることができるのではないでしょうか。 高 好 積立利率は固定 米国ドル建て終身保険の電子パンフレットによると、2019年9月2日現在の積立利率は3. 2%です。 2%ですかぁ、確かに 高 好 利率ですよねぇ。 現在販売されている円建て終身保険では、こんなに高い利率は望めないでしょう。 ある 他社のドル終身は積み立て利率が毎月変動ですが 、最低3%を保障します。 2%がずっと続くジブラルタか、下限3%でそれ以上の利率も望めるメットライフか? という比較ができますが、両社の利率に対する考え方は対極的ですね。 通常型と低解約返戻型があります 米国ドル建終身保険は 1. 〔無配当〕 2. (低解約返戻金型)〔無配当〕 の二種類ががあり 1. 「普通 通常 の終身保険」 2. 「 低解約返戻金型の終身保険」 この部分が違うだけで、それ以外の無料特約などは共通しています。 低解約返戻金型とは じゃぁ、 低解約返戻金型って何なの? って思いますよね? 漢字を見た感じだと、 漢字と感じ の駄洒落ではありません 解約返戻金が減らされる気がしますが・・・半分正解です。 という終身保険です。 米国ドル建終身保険の低解約返戻金型は、米ドルの高い利率で運用されることは通常型と同じで、さらに保険料総額を安くできる終身保険と言えます。 米国ドル建終身保険の二つの型を数字で比較 ジブラルタ生命の電子パンフレットからの引用になりますが、低解約返戻金型と通常型はどのように違うか具体的な数字で比較しましょう。 契約例をちょっと細かく解説します 契約者=被保険者:男性30歳 保険金額:100,000米国ドル 保険期間:終身 保険料払込期間:60歳満了 以上の条件は二つの型共に共通します。 10米ドル 低解約返戻金型が月額14. 8米ドル安い。 3% 中途解約は大損、完納すれば超お得 低解約返戻型を50歳で解約すると、保険料払込総額の7割ほどしか戻りません。 ですが、 保険料払込期間終了時に解約すると、通常型の解約返戻金と 同額になるのがわかるでしょうか。 保険料 総額は通常型より低解約返戻金型が5,328ドル安くなっています。 1ドル=110円だとすると、保険料総額が586,080円も安いのに、解約返戻金は同じになるのです。 よって、通常型より低解約返戻金型の 返戻率は高くなります。 二つの型を把握して選びましょう 通常型の利点は、 中途解約しても低解約返戻金型のような大損をしないことです。 万が一保険料を支払えなくなったなどで、解約せざるを得ないとしたら、 解約リスクが低いのが通常型とも言えます。 しつこくなりますが低解約返戻金型は、保険料の払込を 完全完納出来れば 凄く良い結果になります。 いずれにせよ、終身保険を検討するときは、 長期間の保険料払込を全うできる保険料にこだわりましょう。 ドル建て保険は、こういった保険料の 総額や 解約返戻金なども含めて、保険の専門家などにシミュレーションとアドバイスしてもらうと良いでしょう。 米国ドル建て終身保険の三大メリット 終身保険は一生涯の保障なので、万が一が起きて他界するまで死亡保険金で守ってくれる保険です。 ですが現代は身体障害状態や 介護状態も万が一に含まれるようになりました。 米国ドル建て終身保険は死亡保険金の他、保険料払込免除・介護年金で万が一に対応し、解約返戻金を増やしながら分割受取りすることも可能な、老後も考えた終身保険です。 1:保険料払込免除があります 不慮の事故で身体障害状態になった場合は 保険料が不要 免除 になります。 この場合、終身保険の保障は続きますが保険料を払い込まなくていいという、とても助かる特約 有料の特約 です。 じゃぁ、 病気で身体障害状態になった場合は? と言う方には、契約時に別途有料の「 疾病障害による保険料払込免除特約」を付けることがオススメです。 2:介護年金を受け取れます 特約保険料 無料の「介護前払い特約」を付加することができます。 終身保険は 1. 保険料払込期間終了後、元本割れしない時期を狙って解約して現金化する 2. 死亡保険金を相続に役立てる だいたいこの二種類の使い方になりますが 3. 「 介護状態の対策に使って、身内に迷惑をかけないようにする」というのは、終身保険の新しい使い方と言えますね。 もしあなたが介護状態になったとしても、年老いた夫や妻に老老介護をさせたくない、あるいは介護してもらうとしても負担を軽くしたい、という想いに応えてくれるでしょう。 3:解約返戻金の年金受取りは三種類 この商品の特徴として、貯まったキャッシュバリュー 解約返戻金 を、 老後の年金として受け取る方法も選べます。 「確定年金」「保障期間付終身年金」「保障期間付夫婦連生終身年金」で、どれを選んでも特約料は 無料です。 老後、先にご主人が亡くなって、奥様が老齢基礎年金だけで独りで生活する年数が約10年以上あるかもしれません。 例えば、夫に先立たれて妻が長期間一人暮らしになる事などを考えれば、夫婦連生終身年金がぴったりです。 年金開始後に夫婦共に早期に他界した場合は、受取年金の総額が少なくなるので、ある意味大損という欠点もあります。 保証期間を過ぎても、夫婦どちらかが存命の限り年金を受取り続ける事が出来ます。 上記の夫婦連生終身年金に興味があるけど、万が一夫婦共に短命だったらどうしよう? というご夫婦向けです。 1回の年金受取り額や、受取年金の総額は、選んだ年金種類や受取年数などでも変わるので、念のため全ての年金種類でシミュレーションしましょう。 その他のメリットや注意点など 米国ドル建て終身保険などの外貨建て商品は大丈夫? と思っている人もいるかと思います。 アメリカと日本の金利差 10年国債利回りで比較しますと、アメリカと日本ではまだまだ 金利差があります。 ですから、米国ドルの金利が多少下がっても、日本の金利にまで下がらないというのが 一般的見解です。 しかし、この金利差が縮まってきているのも現実です。 金利差が縮まっているとはいえ、まだ円貨より米ドルの金利が 格段に 高いことは変わっていません。 一度決定された生命保険の金利 積立利率 は、保険の契約終了まで続くか、長期間隔の契約更新まで続きます。 積立利率が低すぎて 元本割れする円建て終身保険もありますが、ドル建て終身保険の積立利率の良さは当分続くでしょう。 ドル建て保険の注意点 米国ドル建て終身保険も含めてドル建て保険は、毎月の保険料が米ドル計算した「円」で支払われますので、 保険料は毎回変動 増減 するということを知っておいてください。 円高になれば、円の価値が上がるので保険料は少なくなり、円安になれば円の価値が下がるので保険料は増えますね。 毎月の支払いが変動するということは仕方の無いことですが、感覚としては、 スマホ料金や電気料金みたいなものと思えばよいでしょう。 米国ドル建終身保険のライバル商品 米国ドル建て終身保険と同じように月払いができると比較しましょう。 積み立て利率は毎月変動ですが3%を最低保証するので、人気があるドル建て終身保険です。 細かく書いていませんが、ドルを円換算するときの 為替手数料が、両社でどのように違うのかも必ず比較してください。 ドル建て保険を比較しましょう ドル建て保険は、 加入してから「別会社のドル保険が良かった」と 後悔しないよう、必ず複数の保険会社の保険商品を比較してください。 気になる保険商品毎に違う生保会社の営業職を呼ぶのは手間が掛かりすぎますし、銀行窓口は、以前に報道されたような保険の説明不足がちょっと怖いですよね。 ということで、ドル建て保険の比較や保険料 総額などのシミュレーションとアドバイスは、複数社の保険商品を取り扱える、ファイナンシャルプランナー FP の無料相談をおすすめします。

次の