マイクラ かぼちゃ 畑。 畑の作り方と水の範囲は?耕し方と自動化する方法もご紹介!

マイクラでのカボチャの植え方と栽培方法!かぼちゃ畑編

マイクラ かぼちゃ 畑

チュートリアル12:カボチャ畑を作ってみよう! マインクラフトで栽培できる作物に「 」があります。 カボチャは加工すると松明よりもインテリア性の高い「 」にすることができます。 他のブロックと組み合わせることで「 」にも使えるなど汎用性の高い作物です。 そこでこのカボチャの栽培に挑戦してみることにします。 まずはカボチャを探そう このカボチャ、草のブロックに自生することがあるのですがこれがなかなか見つかりません。 生成確率が低いのでマップによっては見つけるのに少し苦労するかもしれません。 カボチャ畑を作るためにはカボチャの種が必要です。 カボチャの種はカボチャを作業台に入れると4つ生成されます。 実はこのカボチャ、「 」敷設のどさくさで数個発見し確保してあります。 手に入れたカボチャを全部作業台に突っ込んで種を40個入手です。 これだけあればカボチャの栽培も問題ないでしょう。 小麦畑とは少し異なるカボチャ畑を作ろう カボチャ畑は小麦畑とは少し形が変わってきます。 小麦は植えるだけでよかったのですが、カボチャは蔓が延びた後に蔓の周囲のマスにカボチャが生成されます。 つまりカボチャを作るためには蔓と一緒に隣接マスが必要になるのです。 また、そのままだとカボチャができる方向がランダムですので生成される場所を限定させた方が収穫しやすくなります。 収穫まで考えた「 」が重要ということです。 準備に必要なものはスコップとバケツ、あと周囲を囲うフェンスです。 作業をしやすくするために先にフェンスで耕作予定地を囲います。 囲いができたら畑の中央に水場を作りましょう。 この水場はカボチャの生成方向を限定する役目もあるので縦に一列分溝を掘ります 入り口の1マス分だけは足場に残しておきましょう。 溝の準備ができたらバケツに水を汲んできて流し込みます。 水場ができたらハーフブロックを水場の上に敷いていきます。 ハーフブロックは上を通ることができるので水に落ちる心配がなくなります。 カボチャ畑のポイントは耕す場所です。 小麦は全面を耕せばよかったのですが、カボチャの場合は蔓からできるカボチャの方向を限定しなければなりません。 まず水場の隣接マスを縦に耕します。 次はそこから2マス分横にずれ、フェンスギリギリの部分を同様に縦に耕します。 これで耕した部分が未耕地の部分を挟むような感じになります こうすれば種を植えて蔓が延びた後にできたカボチャは、この未耕地部分に作られるようになります。 カボチャの育ち方は面白い カボチャの種を植えれば後は育つのを待つばかりです。 緑の蔓がだんだんと伸びていき、ポコっとオレンジのカボチャが実を付けます。 だんだん実を付ける蔓が増えてくるとカボチャがきれいに一直線になっていることが分かります 水場とフェンスによって生成方向を限定したので両側から向き合うような形でカボチャが実っていきます。 これなら収穫が一気に行えて便利です。 カボチャが小麦と異なる点は実を収穫しても蔓が残ることです。 この蔓を取らなければまたカボチャが実ってきます。 カボチャは一度植えてしまえば後は何度でも収穫できる便利な作物というわけです。 関連記事 「 」はこちら 「 」はこちら カボチャの使い道あれこれ カボチャにはいくつか使い道があります。 カボチャは「 」と組み合わせると「 」になります。 松明よりもインテリア性が高いので家具としても利用できる優れものです。 カボチャに砂糖と卵を加えるとパンプキンパイができます。 パンや肉だけの食生活に飽きたら作ってみるといいでしょう。 このカボチャは「 」などを召喚するときにも使用します。 このようにいろいろと使える作物なので栽培すると役に立ちます。 マインクラフトは一見使い道が分からないアイテムでも実は重要だったりするのが面白いです。 ぜひマインクラフトでカボチャの栽培を試してみてください。 次回「 」はこちら.

次の

農業を始めよう!畑の作り方と作物6種類の育て方を徹底解説します | nishiのマイクラ攻略

マイクラ かぼちゃ 畑

INDEX• 収穫された作物の回収機構を作ろう まずは 横幅11マスの平地を用意しましょう。 縦の長さは20マス程度、こっちは適当で構いません。 回路が長くなるとリピーターをかませる必要が出てきたりと面倒になるので注意が必要です。 まずは線路を敷く 回収は ホッパー付きトロッコにやってもらうのでそれ用に線路を引きます。 今回は長さ 13マス。 すべてパワードレールにするとトラブルが少なくなると思います。 そして 奥から4マス目に動力を置き、一番手前のパワードレールのみ 動力が入らないようにしましょう。 一番手前のパワードレールの下は ホッパーにしておきましょう。 ホッパーの向きは手前に。 トロッコを設置 パワードレールの1マス手前に ブロックを設置。 トロッコの車止め的な役割を持たせています。 また、一番手前のパワードレールに ホッパー付きトロッコを設置。 これの側面の壁に レッドストーントーチを。 この下のブロックにもレッドストーントーチを設置 畑を作ろう とりあえず上の画像みたいな感じでブロックを積もう。 側面がガラスなのは気分なので実際は何ブロックでも問題ないです。 草ブロック部分が作物を育てる場所になりますよ。 (土ブロックで問題ないです)レールの直上に重ねるように設置してます、 幅は2マス。 あとでレールの直上のブロックを耕します。 また、オークの部分、つまり窪みのあるところは 水を溜めるところになります。 早速、水を張って耕したぞ。 耕したところにはスイカもしくはカボチャの種植えておこう。 今回は左がスイカ、右がカボチャ。 ついでに中央部分にも床を敷きました。 ここは収穫するのに必須なピストンが置かれる場所になります。 以上畑部分完成! 画像で回路理解できたでしょうか?わからなかったらコメントください。 パルサー回路をつなげる 現状のままだと信号が入っている間ずっと ピストンは出っ放し。 トロッコも走ったままになります。 トロッコ走りっぱなしは 「うるさい&ゲームが重くなる」くらいで済みますが、ピストンが出っ放しだと 「ずっと作物が実るべきマスを占有するので、作物が実らなくなる」という問題があります。 これを解決するために 信号が入力されたら一瞬だけ信号を出力するパルサー回路をつなぎます。 こんな感じ。 これで 一瞬だけピストンが動き、トロッコも1往復になります。 日照センサーで全自動に 「全自動」にするために 日照センサーを使用します。 こいつを利用すれば1日に1回信号を送れるわけです。 また画像の通りに設置をしてください。 1枚目のスクショのレッドストーンに日照センサーをかぶせるように設置します。 これで朝に1回信号が出る仕組みになりました。 回路完成です。

次の

スイカを高速で自動生産するスイカ農場の作り方

マイクラ かぼちゃ 畑

そうしたらピストンを使って実ったカボチャをアイテム化しているのを見つけたので、早速実験しながら作ってみることにしました。 <大前提として> 「ピストン」と一言で言っていますが、持ち上げた土をまた引っ張り戻す必要があるので、この記事では全て「粘着ピストン」と脳内変換して読んでください 笑 <カボチャ スイカ の特性> ・苗の隣に土があると実る。 ・苗の高さの地面から動かされると ピストンで上に持ち上げられると アイテム化する。 簡単にいうとこんな感じです。 <1> まず適当に作ってみたのが下の画像のピストン回路。 失敗例です。 レッドストーン回路は非常にシンプルで、かつ少ないスペースでピストンが動いています 回路の途中にリピータやトーチが挟まっているのは気にしないでください。 でもこれ、既にピストンが伸びた状態なんですよね。 はい、ピストンが下がりました。 が、カボチャは宙に浮いたままでアイテム化されません。 が、土は上に持ち上げられたらそのままで下に移動しません。 じゃあ砂がいいのでは?と思いましたが、カボチャは砂の上には実りませんでした。 土の上じゃないといけないようです。 これも失敗です。 このような回路はダメなんだと分かりました。 これは最初の失敗例と同じです。 ピストンの面と回路の面が同じ高さにある状態。 でもこれだとその上に土をおいて畑を作っても、ピストン部分の地面が一段足りなくて収穫できないパターンです。 却下です。 オンになってもピストンが動きません。 回路がピストンと並行だと<3>と同じで動かないようです。 で、いろんな動画やブログで調べたら、ピストンと回路を並行に設置するのではなく、下のようにピストンに真横から垂直に繋がるような回路を組めば良い事が分かりました。 調べたら、上のような回路を組むと、どうしても回路が四角くループ状になってしまい肝心のピストンへ繋がっていない状態になるようです。 これもダメか・・・。 と、良い解決策がありました。 続きは「その2」へ・・・.

次の