バッタ大量発生 中国。 サバクトビバッタがアジアに大襲来│気になる情報

海外でバッタが大量発生 国連WFPは「聖書レベルの危機」と警戒

バッタ大量発生 中国

大変お世話になっております。 反逆する武士 uematu tubasaです。 初回投稿日時:2020年2月20日(令和2年2月20日) バッタがアフリカとインド圏を食い荒らし、中国へ到達か バッタが大量に発生して農作物や牧草を食い荒らす「蝗害(こうがい)」がアフリカ東部で深刻な被害をもたらしている。 ケニアでは過去70年間、エチオピアやソマリアでは過去25年間で最悪の状況だ。 国際連合食糧農業機関(FAO)は、「非常に深刻で前例のない脅威である」とし、「何らかの対処をしなければ、2020年6月までにバッタの数が500倍に増大し、ウガンダと南スーダンにまで被害が拡散するおそれがある」と警鐘をならしている。 引用元: サバクトビバッタが最近では大量発生しており、アフリカやインド圏で食料事情が相当程度悪化しているようです。 国際連合食糧農業機関が警鐘を鳴らしているようです。 実は、アフリカからインド圏へバッタが高速で移動しており、中国へ到達するのではないかと危惧されております。 Twitter上ではすでにウイグルまでサバクトビバッタが到達しているという情報もあり(不確定情報ですけども)戦々恐々としているようです。 このサバクトビバッタは自身の体重と同じだけの餌を毎日食べ、人間が栽培した穀物や野菜などを蹂躙するようです。 これ人間に例えると凄いことだと実感できると思います。 例えば、60Kgの体重の一般男性がいたら、毎日60Kg分の食料を食べるということですから、どんだけ大食いなんだよって話です。 さらにサバクトビバッタは1日で150Kmも移動することができるため、殺虫剤で駆除することが極めて困難なのだそうです。 バッタの飛来箇所を予測して火炎放射器で焼き尽くすのが一番だと思います。 バッタ大量発生の原因は 東アフリカでは2019年10月から12月までの雨季のが過去40年間で最多となった。 インド洋西部の海面温度が上昇する「インド洋ダイポールモード現象」という気候変動がもたらしたと考えられている。 高温と大雨は繁殖に適した環境であることから、サバクトビバッタが大量に発生したとみられている。 引用元: 気候変動により、降水量が多くなったため、サバクトビバッタは大量発生したようでございます。 ソマリアではサバクトビバッタによる被害が深刻で、今月2日、国家非常事態を宣言しました。 飛行機からの殺虫剤散布を行っているようです。 中国メディアは必至に「無問題」を宣伝 中国メディアは、この「4000億匹に及ぶ」バッタがパキスタンやインドにもたらした被害に言及しながら、中国国内専門家の話として、「中国にとって大きな脅威にはならない」「中国に入る可能性は大きくない。 この種類のバッタは中国で生存できない」との見方を示した。 引用元: 中国メディアはサバクトビバッタの存在を認めつつも、中国に入る可能性が大きくないとか、中国では生存できないと言っています。 アフリカからインドまで行動範囲を広げているサバクトビバッタが、なぜ中国に入らないのか理解できませんし、中国という大気汚染と水質汚染が深刻な国家でもバッタであれば適応していまう可能性も捨てきれません。 食品価格が高騰し、中国産食品が激減か 新型コロナウイルスが猛威を振るう中、中国産野菜の日本への輸入量が急減した。 農水省の植物検疫統計によると、2月第2週(2~8日)の輸入数量はタマネギが前年同期比で9割減で、ネギやニンジンなど他の品目も8、9割減となった。 現地で人の移動が制限され、収穫や流通が停滞している。 混乱は長期化する様相で、一部の日本の外食業者には国産に切り替える動きが出ている。 引用元: 朗報であり、サバクトビバッタとは現状無関係でございますが、新型コロナウイルスの影響で中国産の野菜の輸入がストップしているようです。 素晴らしいことこの上なく、中国産野菜の代わりに国産野菜での代替をしているようです。 本来は国家主導で、中国産野菜を日本市場から弾くべきなのですが、新型コロナウイルスの影響で収穫や流通が滞っているため、外食業者が国産に切り替えるようです。 おそらく「」以外はかなり影響を受けるのではないかと思います。 ぶっちゃけ外食チェーンの安さを実現するためには外国産の野菜を使用するしかないのです。 私は元々食品業界に身を置いていた人間ですので、それくらいはわかります。 原価率などを計算すると国産野菜ではとてもとても無理です。 経営が成り立たないことになります。 明後日以降、私個人としては少しずつでも食料を買い込むことに致します。 せめて米だけでも備蓄しておかないと本当に厳しいです。 今年の秋ごろ、サバクトビバッタが日本に襲来する可能性も捨てきれません。 後漢崩壊の引き金にもなったバッタ 最近、三国志にハマっている私でございますが、後漢への反逆をした黄巾の乱の原因の一つはバッタによる食料不足とも言われており、今回も中国共産党へのバッシングが加速するような案件になりそうです。 ツイッターにアクセスした中国人ネットユーザーらは、悲観的な見解を示した。 ユーザーらは、「人災(新型肺炎のまん延)がまだ終わっていないのに、本当の天災が起きようとしている」「今までのアフリカ豚コレラ、ペスト、新型肺炎などはみな、お天道様が共産党に与えた罰のように見える」「王朝崩壊の前兆か」「国際食糧価格が高騰しそうだ。 中国は食糧輸入大国だから、運がわるい!」などと書き込んだ。 引用元: 中国共産党が危機的状況になるのも当然と言えます。 新型コロナウイルスの隠蔽で、中国共産党への不信感はなお一層増しており、食料価格の高騰にもなればどんな人間でも反旗を翻すことになるでしょう。 以上です。 When you login first time using a Social Login button, we collect your account public profile information shared by Social Login provider, based on your privacy settings. We also get your email address to automatically create an account for you in our website. Once your account is created, you'll be logged-in to this account. 管理責任者: uematu tubasa 平成生まれの尊皇攘夷派で、某国立大学の経済学部卒のuematu tubasaと申します。 基本情報技術者、電子書籍作家。 北朝鮮の核実験がきっかけで政治に興味を持ちました。 『消費税廃止への進撃』 『ビジネスの種を蒔け』 『究極の空き家対策』 『家賃半額』 『現代貨幣理論の基礎』を出版しました。 新古典派現実主義者、地政学必修科目化賛成、自主憲法制定論者(現行憲法破棄、大日本帝国憲法改正)、女系天皇公認論者、暫定的な保護貿易協定推進論者、消費税廃止論者、経済ナショナリスト、公的家賃補助導入論者、対米自立論者、日米同盟堅持論者、反特定亜細亜、移民拒絶論者、相対的貧困撲滅論者。 現代貨幣理論の支持者。 すべての売国法案に反対しております。 特筆事項:性別は男性(遺伝子組み換えではない) 両親共に日本人 特にルールはありません。 自由にコメントをお願い致します。 ご了承ください。

次の

大量発生中のバッタが中国や日本に来ることはあるのか?影響についてまとめ

バッタ大量発生 中国

FAOは同時に、災害の発生を防ぐための協同協力の緊急要請を国際社会に対して発しています。 SNS上では「イナゴの大群」がインドを超えて中国国境にまで達したという動画や投稿が見られ、真偽は不明ですが、 「イナゴの大群」についてのコメントがたくさんツイートされています。 イナゴと言われていますが、誤訳で実は「バッタ」の大量発生であったことがわかったので、災害を起こすバッタについて調べてみました。 によると、バッタの大量発生による災害、「蝗害(こうがい)」は、バッタがたくさん寄り集まって生活する「群生」に適した体(群生相(ぐんせいそう))という移動に適した体に変化して起こります。 このようにバッタが体を変化させることを相変異(そうへんい)と呼びます。 体が変化する前のバッタの体は「孤独相(こどくそう)」と言われ、バッタ同士がはお互いに離れようとする習性があります。 この孤独相のバッタが、ホルモンの影響などで群生相(ぐんせいそう)に変化するとバッタ同士がお互いに近づこうとするように行動も変化して、どんどん群れが大きくなっていくそうです。 孤独相のバッタも群生相のむれに入ると、移動に適した群生相の体に変化します。 バッタの相変異では、むれをつくるような行動の変化だけでなく、孤独相のときには食べなかった植物も食べるようになるそうです。 これが農作物への被害になります。 普通のバッタが、「群れになる」「移動する」「食物を食べ尽くす」という蝗害(こうがい)を起こすバッタに変化をしてしまうんですね。 仮面ライダーが敵キャラのショッカーに変身してしまうようなものでしょうか…。 蝗害を起こすバッタの種類はいくつも存在し、アフリカ、東アジア、オーストラリアなど、世界各地に生息しています。 バッタが群生相に変化して大量発生する環境的な要因は、中国では大規模な大雨や干ばつによるものだそうです。 日本をはじめ、多くの国は殺虫剤などの発達で、大量発生することはなくなっていますが(アメリカでは蝗害種のバッタが絶滅している)、アフリカやインドなど対策の行き渡らない国では現在も蝗害(こうがい)が発生し続けているそう。 SNSではイナゴの大群と言われていますが、歴史的にイナゴの大群が発生していたのは日本で、その他の国で蝗害を起こしているのはバッタの仲間です。 近現代の日本では、明治時代の北海道や1970年代の沖縄、80年代の鹿児島県離島、2007年にオープン前の関西国際空港の島で蝗害(こうがい)が発生していますが、他の国に比べて土地の狭さや日本に存在するカビなどへの感染によって蝗害が起こりにくくなっているとも言われています。 上記の2007年の関空でのトノサマバッタによる蝗害は、薬剤散布での駆除とカビへの自然感染で終息したそうです。 日本は湿度が高く、カビは嫌われがちですが、実は災いから守ってくれている存在でもあったと知って驚きました。 (風の谷のナウシカが胞子と呼ばれるカビを育てていたのを思い出しました…。 ) 今回東アフリカから大量発生して移動中のバッタは「サバクトビバッタ」という種類で、近年では、2003年から大量発生して、降水量や気温の低下によって2005年に終息しました。 蝗害(こうがい)を起こすバッタは卵を生むため、2年ほど連続して蝗害を発生させるそうです。 今回の群れは、歴史的にも蝗害を多く受けた中国にも向かっているとも言われています。 もし中国にまで達してしまったとしても、大きく経済発展してきた中国が自国を蝗害から守ることができること、そして国際社会が協同して蝗害を防ぐこと、そして気象が蝗害の終息に味方をしてくれることに期待したいです。

次の

中国政府、異常繁殖したバッタの大群侵入に厳戒態勢…農業と中国経済に壊滅的被害か

バッタ大量発生 中国

昨年からの豪雨でオマーンの人っこひとりいない砂漠で卵(何年も前に産卵されて雨を待っている)が孵化し、気づいたときには手遅れになっていました。 東アフリカ地域サバクトビバッタ管理局の予報担当責任者も「大量発生には慣れているが、これだけの規模のものは見たことがない」と呆然自失(より)。 バッタで全作物を失った羊飼いの男性は「店もコロナで閉まってるし、薪を焼いて道端で炭を売るしか仕事がない」と途方に暮れています。 なぜ大量発生? バッタは通常、互いに距離を保って緑色で気ままに生きるぼっち(孤独相)なのですが、豪雨で地面の卵が孵化して個体数が増すと、互いにシンクロして集団行動を取る茶色のモブキャラ(群生相)に変身します。 群れて勢いが増すと、カモフラージュすらやめて見るからに凶悪な風貌になる MinuteEarth 群生相は食欲が底なしで、繁殖力が強く、翅が長く、肢が固く、脳がデカいのが特徴です。 行動パターンはものの数時間で豹変し、徐々に見た目も変貌していくんですね。 まるで入れ替わりのように。 で、相変異後は1平方kmに1億5000万匹が群れて、毎日3万5000人分の食糧をむしばみ、木の柵や死肉まで食べて、食べるものがなくなると共食いをしながら、1日160km移動し、風に乗ると飛べるところまで飛んで、進路上のあらゆるものを食い荒らして1か月で卵を産みまくります。 このライフサイクルを繰り返すたびに繁殖スピードは20倍に増すので、翅の生えない卵や幼虫の段階で畑や野山を見回って検知・駆除するのが蝗害(こうがい)阻止のポイントなんですが、今回はコロナ禍で外回りや指導、殺虫剤の配送が思うようにできないことも拡大を助長してるようなのです…。 インドはボリウッドのあるマハーラーシュトラまで直撃 インドでは例年7〜10月がシーズンでラジャスタン州だけなのに、今年は5月からグジャラート州、マディヤ・プラデーシュ州、ウッタルプラデーシュ州、マハーラーシュトラ州などの広い範囲で発生していて、なんか住宅街にまで押し寄せています。 しかも飛翔力が半端なくて、航空機の進路妨害になるほど高く飛ぶのだとか。 なんだか気味悪いですよね。 パキスタン方面からうじゃうじゃ飛んでくることから、「パキスタンの軍事攻撃」と素っ頓狂なことを言い出す政治家までいるみたいですよ? まあ、地球の自転で偏西風に乗って飛んでくるだけなんですけどね…。 「聖書レベルの深刻な食糧危機が世界を襲う」() 国連WFPも聖書(黙示録の蝗害を指す一文)を引き合いに出して警戒を呼びかけており、海外では農作物の輸出規制、備蓄確保の動きが早くも広まっています。 過去70年で最悪の被害となったケニアは非常事態を宣言。 6月の雨季で第2波を迎えると被害が400倍になることから、5月下旬には世界銀行が4300万ドル(約46億円)の緊急支援を決めました。 日本語の解説もどうぞ。

次の