ご 足労 頂き ありがとう ご ざいました。 「ご足労」はいつでも使える?正しい意味と使い方|ハタラクティブ

「~していただきまして、ありがとうございました」

ご 足労 頂き ありがとう ご ざいました

「ご足労いただき」の意味 「ご足労いただき」の「ご足労」とは、「足を労働させる」または「足を労わる」という字を書きます。 文字通り「足を働かせる」、転じて「足を運ばせる」という意味の言葉なんです。 さらに「ご足労いただき」と丁寧な敬語表現が付いていますね。 つまり、「ご足労いただき」とは相手を敬う形で、「わざわざ来てくださって」という感謝を表す表現ということになります。 「ご足労いただき」の使い方 「ご足労いただき」は上で述べた通り、「わざわざ来てくださって」という意味なので、相手に自分の会社や集合場所などに 来てもらったときに使います。 感謝の気持ちを表す言葉なので、「ご足労いただき」の後には「ありがとうございます」などの感謝の言葉を続けましょう。 相手がお見えになったときの挨拶として「ご足労いただきありがとうございます」と使います。 また、最後に「ご足労いただきまして、ありがとうございました」と使うのもいいでしょう。 「いただき」の代わりに「くださり」などを使うこともあります。 【例文】• お足元の悪い中、ご足労いただきまことにありがとうございます。 先日は弊社までご足労いただき、ありがとうございました。 本日はご足労くださり、大変感謝しております。 類似した表現 「ご足労いただき」によく似た表現として、 「ご足労おかけして」という言い方があります。 似ているので、深く考えずに同じように使いがちですが、 実はこの2つは少し使い方が違うんです。 「ご足労いただき」は感謝の表現で、後に「ありがとうございます」などが続きます。 それに対し、「ご足労おかけして」は「おかけする」という言葉が入っていますよね。 「おかけする(かける)」は「迷惑をかける」「手間をかける」「面倒をかける」などのように、相手に何か不都合な思いをさせてしまうというニュアンスの言葉です。 つまり、「ご足労おかけして」は感謝よりも恐縮、お詫びといった意味の強い表現になるわけなんです。 なので、「ご足労おかけしてありがとうございます」ではなく、「ご足労おかけして申し訳ございません」「ご足労おかけして恐縮です」などと使うようにしましょう。 「ご足労いただき」よりも、相手に迷惑をかけながらわざわざ来てもらっているような時に、恐縮する気持ちを込めて使うことができますね。 間違った使い方 「ご足労いただき」(または「ご足労おかけして」)は、今まで見てきたように、「相手にわざわざ来てもらって」という場面で使う言葉です。 ですので、「ご足労」を勧めるような言い方は不適切です。 【例文】• ご足労いただきますようお願い申しあげます• ご足労お待ちしております• ぜひご足労くださいませ このような使い方をしてしまうと、相手に対して失礼に当たります。 あくまでも「わざわざ来てもらってすみません、ありがとうございます」という意味であることを忘れないようにしましょう。

次の

「ご足労いただき」とは?目上の人に使える?会話やメールで使用例・「ご足労」を使った表現も解説

ご 足労 頂き ありがとう ご ざいました

スポンサーリンク 「ご足労いただき」とは? まずは、 「ご足労いただき」の意味と使い方について詳しく見ていきましょう。 ひとつずつ分かりやすく説明していきますね。 「ご足労いただき」の意味は? では「ご足労いただき」や「ご足労をおかけし」の意味についてお話します。 「足労」の意味は「足労」を構成する漢字を見ればすぐ分かります。 「足労」とは、足を使うことです。 つまり「ご足労いただく」というフレーズの意味は 「足を使っていただく」すなわち「お越しいただく」ことです。 そして「ご足労をおかけする」というフレーズは 「足を使わせるという労力をかけさせる」ことを表します。 「ご足労いただき」の使い方は? では 「ご足労いただき」「ご足労おかけし」の使い方についてお話します。 まず「ご足労いただき」は「わざわざお越しいただいて感謝しております」といった意味合いで使います。 すなわち「ご足労いただき」の後に続く文は、基本的には謝罪を表す文ではなく、感謝を表す文をつなげます。 そして「ご足労をおかけし」とは 「労力をかけさせてしまって申し訳ありません」といったニュアンスです。 つまり「ご足労をおかけし」の後に続く文は、基本的には感謝を表す文ではなく、謝罪を表す文をつなげます。 また、お越しいただく前に使うことは、相手方に「こちらから出向くことを強制された」という印象を与える場合があります。 そのため基本的にはお越しいただいた後に使いますが、お越しいただく前に使うことも間違いではありません。 「ご足労」という言葉は、商談の打ち合わせの時に良く使われますので、正しく使いこなしたいところですね。 また、「ご足労いただき」や「ご足労をおかけし」というように「ご足労」は「いただく」「おかけする」とセットで使われます。 「いただく」とセットで使う時と「おかけする」とセットで使う時、ニュアンスの違いがありますのでこちらも使い分けましょう。 スポンサーリンク 「ご足労いただき」を使った例文は? 「ご足労いただき」「ご足労をおかけし」というフレーズの意味や使い方はお分かりいただけたでしょうか。 さらに「ご足労いただき」「ご足労をおかけし」の使い方をマスターしていただくため、例文を5つずつ挙げます。 本日はあいにくの天気ですが「ご足労いただき」誠にありがとうございます。 先日は弊社まで「ご足労いただき」たいへんありがとうございました。 ご多忙の中、皆様には「ご足労いただき」たいへん感謝致しております。 お客様には、お暑い中(お寒い中)「ご足労いただき」深くお礼を申し上げます。 本日はあいにくの天気の中「ご足労をおかけ致しまして」誠に申し訳なく思っております。 先日は弊社まで「ご足労をおかけ致しまして」たいへん申し訳ありませんでした。 ご多忙の中、皆様には「ご足労をおかけ致しまして」たいへん恐縮致しております。 お客様には、お暑い中(お寒い中)「ご足労をおかけ致しまして」申し訳ありません。 「ご足労をおかけ致します」が、何卒よろしくお願い致します。 「ご足労」は上司や目上の人には使えるの? さて「ご足労いただき」「ご足労をおかけし」といったフレーズが使える相手についてお話します。 「ご足労いただき」「ご足労をおかけし」は敬語にあたりますので目上の方に問題なく使えます。 ただし、どの敬語にもあてはまりますがお客様が同席中、ご自分の上司にも「ご足労いただき」「ご足労をおかけし」を使うことは良くありません。 社内の人物にも敬語を使いますと、社内の人物が社外のお客様と同じ立ち位置になってしまい、お客様に対してたいへん失礼です。 社外のお客様は同席しておらず、上司ひとりがあなたのところまで出向いてくださった場合に使うことは、間違いではないと言えるでしょう。 ぜひ、ビジネスシーンで「ご足労いただき」「ご足労をおかけし」というフレーズを活用しましょう!.

次の

「ご足労」はいつでも使える?正しい意味と使い方|ハタラクティブ

ご 足労 頂き ありがとう ご ざいました

「足労」とは、「他人に足を運ばせること」、「足をわずらわせること」と辞書にあり、補足すると「足を使って移動すること」の意になります。 「足労」はそのまま使うのではなく、来てくれた相手に敬意を示して「ご足労」と表現するのが慣例です。 「いただく」をつけると「してもらう」の意味になります。 「ご足労いただき」は、 ビジネスやフォーマルな場で使われることがほとんどで、日常会話として使われることはありません。 そのため、社会人経験のない若年者は知らないこともあります。 「ご足労いただき」は「わざわざこちらに来てもらってありがたい」との意味を内包しており、感謝の言葉とセットして使われることが多いです。 「ご足労いただき」と「ご足労をおかけしますが」との違いとは?• Thank you for coming お越しいただきありがとうございます• Thank you for coming all the way to... 遠路はるばるお越しいただきありがとうございます• Thank you for your time to visit us. お忙しいところお越しいただきありがとうございます• Thank you for taking time to visit us. お忙しいところご足労いただきありがとうございます• Thank you for your trouble to visit us. ご足労いただきありがとうございました• I appreciate your trouble to come on Sunday. [休日の日曜日]にお越しいただきありがとうございました.

次の