モモコ グミ カンパニー 作詞。 BiSH モモコグミカンパニーがかわいい!!メンバー1低い身長は??ソロ活動は??

モモコグミカンパニー(BiSH)の高校大学がすごい高学歴だった! 本も出版していた!

モモコ グミ カンパニー 作詞

今回は BiSHのモモコグミカンパニーさんの出身大学&高校が「ICU」だと言われている噂や、高学歴ならではの歌詞作詞のセンス・著作本などについてチェックしていきたいと思います。 BiSHのメンバーとして今やアイドル業界を先陣を切って盛り立てている モモコグミカンパニーさんですが、出身大学や高校と噂されている ICUと言えば「国際基督教大学(ならびに高等学校)」の略称。 日本でも有数の名門大学です。 確かに言われてみればBiSHで担当している歌詞・作詞曲には限りなくセンスが滲み出ていますし、アイドルとして著作本を出版するというのも非常に珍しいケースだと思います。 ということで今回は、そんな モモコグミカンパニーさんの出身大学・高校・作詞・著作本などをプロフィールと合わせてご紹介していきましょう。 名前:モモコグミカンパニー 本名:不明 生年月日:1994年9月4日 出身地:東京都 身長:148cm 血液型:O型 出身高校:ICU(国際基督教大学高等学校) ファンの総称:ももこ組 イメージカラー:黄色 担当:あまのじゃく担当 モモコグミカンパニーさんは9月4日生まれ東京都出身のBiSHのメンバーで、担当は「あまのじゃく」・ファンの俗称はももこ組です。 身長は147cmということでメンバーの中でも一番低いことでおなじみです。 「楽器を持たないパンクバンド」ことBiSHに加入したのは2015年3月のことで、同じく 初期メンバーであるセントチヒロ・チッチさん、アイナ・ジ・エンドさんBiSHとしての活動を開始しました。 一応他のBiSHのメンバーについてもおさらいしておきます、全員がモモコグミカンパニーさんに負けず劣らずのあまりにも印象に残るニックネームですね。 セントチヒロ・チッチ:「見た目は真面目、中身は悪女。 これでも彼氏は2人まで」担当• アイナ・ジ・エンド:おくりびと担当• モモコグミカンパニー:あまのじゃく担当• ハシヤスメ・アツコ:メガネ担当• リンリン:無口担当• アユニ・D:「僕の妹がこんなに可愛いわけがない」担当 そんなモモコグミカンパニーさんの名前の由来についてですが、幼い頃からちびまるこちゃんの大ファンであるために作者である 「さくらももこ」から取ったとのこと。 確かにモモコグミカンパニーさんも身長が小さいということもあって、まるでちびまるこちゃんのようなイメージですよね。 ちなみにモモコグミカンパニーさんは本名を公開していませんが、福岡でのライブ中に自己紹介するときに 思わず自分の名前を言いそうになったことがあるそうです。 小さなしっかり者というイメージがありますが時折見せる天然っぽさがまた可愛らしいですね。 BiSHモモコグミカンパニーの出身高校はICUだった — 2019年11月月7日午後10時38分PST そうしてBiSHのメンバーの1人として活動しているモモコグミカンパニーさんですが、出身高校については ICUこと国際基督教大学高等学校ではないかとネットなどで言われています。 ICUには帰国女子も多く在籍しているということなど国際色豊かな高校であるという特色があり、芸能人ではトリンドル玲奈さんや磯部寛之さん、そして多くのアナウンサーなどが卒業していますね。 公式からモモコグミカンパニーさんの学歴やICU高校出身だということは明かされていませんが、もし仮にICUの出身だとしたら 成績優秀で家柄の良い家庭で育ったと言えるでしょう。 何より音楽業界という括りで見ても 高学歴アイドルであり、普段の立ち振る舞いやグループ内でもしっかり者な立ち位置なのが納得がいきますね。 BiSHのオーディションを受けた当時は大学生だったということも本人が語っていました。 ICUの大学と言えば秋篠宮佳子さまも進学したことで知られており、早慶上智に並ぶほどの日本有数の名門大学として知られていますね。 ただ、モモコグミカンパニーさんはICUの高校からそのまま大学もICUに進学した可能性もありますが、 ICUは高校からの内部推薦枠がかなり少ない学校だとも言われています。 そのためモモコグミカンパニーさんが大学もICUに進学したかどうかということについては様々な憶測が飛び交っており断言できない部分もあります。 しかし、このあとご紹介する とある教授との対談によってその噂も決定的なものとなったのでした。 詳しく見ていきましょう。 有元健さんは国際基督教大学の教授ですので、そんな彼を「恩師」と慕うモモコグミカンパニーさんもICUの出身であるということになりますね。 大学時代の卒業論文の担当教授だったともいう有元健教授との連載第3回目となるインタビューにおいて、モモコグミカンパニーさんは 普段の「わたし」と「モモコグミカンパニー」という2人の自分が存在することに不思議な感覚を持っていたと話しています。 特に当時は学生としての自分自身と、アイドルとしてのモモコグミカンパニーさんとの間にギャップを感じていたのかもしれません。 そのような経験はなかなかできないのでギャップを感じてみたい気もしますが、モモコグミカンパニーさんはそれをモヤモヤした違和感として感じていたらしく、そのことをテーマにして卒業論文を書こうと思ったとのこと。 また、論文を書く際に有元健教授にアドバイスを受けながら作成したと話していましたが、モモコグミカンパニーさんはきっと自分の中にいる 「2人の自分」のギャップに人知れず苦労していたのかもしれませんね。 ちなみにモモコグミカンパニーさんは初稿で山口百恵さんや松田聖子さんのことばかりを書き、自分のことをあまり書いていなかったため、有元教授はモモコグミカンパニーさんが現場で感じた葛藤やその過程など 「自分で乗り越えてきたこと」を書くようにアドバイスしたそうです。 加えて有元教授はこの対談の中で 『今は「幸せ」という概念がパッケージ化されたり指標化されていますが、ひとそれぞれに幸せの形がある』ということを話していましたが、そんな有元教授のような恩師に出会えたモモコグミカンパニーさんは幸せだなとも思いました。 BiSHモモコグミカンパニーの作詞した歌詞がすごいと話題に — 2019年11月月8日午前3時52分PST そうしてICUつまり国際基督教大学の出身であるということが判明したモモコグミカンパニーさんは読書が趣味というだけあって、文章能力の高さが音楽活動や著作本にも反映されています。 モモコグミカンパニーさんはBiSHでも作詞数が最も多いのですが、 彼女自身の体験をもとにして感じたことを歌詞や楽曲で表現しているんだとか。 こちらの 「JAM」はモモコグミカンパニーさんの作詞曲の中でも特にオススメですので、ぜひ自身の体験をもとにした歌詞にも注目してBiSHの楽曲を聴いてみてくださいね。 そうして作詞に自分を投影するモモコグミカンパニーさんは、自身の「読書」という趣味を仕事に活かしているとも言えます。 ICUという高学歴な出身高校・大学の影響でこのような作詞ができると言われることもありますが、それだけでなく モモコグミカンパニーさんの趣味を通じた日々の努力や才能もあってのことではないでしょうか。 Sponsored Link BiSHモモコグミカンパニーは著作本も出版している そんなモモコグミカンパニーさんは「才女ガール」と呼ばれるほどですが、なんと自分の 著作本まで出版しています。 タイトルは 「目を合わせるということ」。 この本は素人だった女子大生のモモコグミカンパニーさんがBiSHというアイドルグループに入り、色々な葛藤を感じながら歩んできた3年間を断片的に綴っています。 この本を読んだBiSHのファンはモモコグミカンパニーさんのまっすぐで素直に書かれた言葉に触れ、そして何よりも彼女の 素顔に触れたと感じたそうです。 また、モモコグミカンパニーさんが今後ももっと成長していくことが予想され、次の本が出版されるのが待ち遠しいと語っていましたが、そんなモモコグミカンパニーさんの本を私も読んでみたくなりました。 この際に買ってみようと思います。 まとめ ということで今回はBiSHのメンバーである モモコグミカンパニーさんについて、出身大学・高校であるICUや作詞、著作本などについて見てきました。 モモコグミカンパニーさんが担当する作詞楽曲の歌詞はやはりセンスが良く、自分の著作本もあるということも含めて流石の一言でしかありません。 しかし、もちろんそういった違和感や葛藤の中でこれから先も苦しむことがあるかもしれませんが、そんな 等身大のモモコグミカンパニーさんだからこそ今後どんな作詞活動や著作本を出していくのか注目していきたいと思います。 それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

BiSHのモモコグミカンパニーも激賞する作家・村田沙耶香の最新短編集『丸の内魔法少女ミラクリーナ』いよいよ発売!!

モモコ グミ カンパニー 作詞

BiSH-Nothing. -歌詞 【2017年6月27日追記】miniアルバム「GiANT KiLLERS」発売に伴い、修正しました。 作詞:モモコグミカンパニー 作曲:松隈ケンタ もうなんにも失いたくはないけれど なにができるかな 無い物ねだりでも ゼロではないはずだから この先の空へ 書き出したノートにぽつりと 言葉たち報われないのは ただの理想主義? 全部僕のせい? 未だ 手に負えない question 幻想の中ひとり あがいてたってこっそり いつも叫び続けてるのに 何もかもがつまらない夜 でもあの日の夢見てる もうなんにも見えなくなるほどに僕ら いつもがむしゃらで FiNAL DANCE 放たれて 始まる景色の先を 見ていたいだけ 悔しいな泣きじゃくった日々を超えて 見えた光だけ いまは信じていたいな 孤独が運命なんて言葉虚しいな そう思わない? そう 頼りない物語だけど 僕が今もっている全て ただの夢見がち? 本に書いてある? 未だ見つからない answer 妄想の中僕は あのステージの上で いつも歌い続けてるのに ひとり殺して欲しいような夜 あの日の夢見てる あぁ All night long 夢想家で行こう 遅くないよ 飛べない鳥と 立てない僕が 悪口ばっか しょうがないしょうもない はい諦めない もうなんにも失いたくはないけれど なにができるかな あの時の景色が今でも僕の身体を離れないから 超えて行く かっこ悪い僕の心 いつか認めてさ 無い物ねだりでも 孤独が運命なんて言葉虚しいな そう思わない? BiSH-Nothing. -感想 モモコグミカンパニー作詞の「Nothing. 」はいかがでしたか? 前奏なしの、アイナ・ジ・エンドのハスキーボイスから颯爽と始まるこの「Nothing. 心地よい疾走感が耳にものすごく気持ちよく入ってきます。 この「Nothing. 」は、これまでのように依頼をされて書いた詞ではなく、モモコグミカンパニーが自ら詞を書き起こして持ち込んだという事です。 そのくらいに、モモコグミカンパニー的に自信のある歌詞なんでしょうね。 「孤独が運命なんて言葉 虚しいな」 この歌詞がこの曲の全てなのかなぁ。 「孤独=ゼロ=Nothing. =運命」これって虚しいなって。 ないものねだりでもゼロではないのだから、その先へ進もう、という一番最初の歌詞が、ある意味タイトルへのアンサーなんだと感じる。 と考えると、タイトルは「Nothing. 」だけど、 実はものすごくポジティブな歌詞なんだなぁって、気付かされますね。 モモコグミカンパニーの歌詞はいつも、聞く側の解釈に本懐を委ねるようなところがあるので、聞き手側でうまく解釈すればいいのかなと思います。 さて、あなたはこのモモコグミカンパニー作詞の「Nothing. 」 どのように受け止められましたか? 【2017年6月15日追記】 skream! 6月号でモモコグミカンパニーは以下のように語っています。 モモコ:「Nothing. 」(Track. 3)はアッちゃんとアイナが合宿で5日間くらいBiSHを離れていて、そのときに私が歌詞を書いた曲です。 緊張したけど(笑)。 【2017年6月28日追記】 ここだけの話、この「nothing. 」 元々はジェットストリーマーといういタイトルだったそうです。 【2017年7月31日追記】 遂に、公式MVが公開されました。 アユニ・Dの2016年の幕張デビューから始まり、先日の幕張ワンマンでの映像まで、BiSHの成長と「nothing. 」という曲をうまくシンクロさせた素晴らしいMVになっています。 ちなみに、このMVの監督は出口アキタカさんです。

次の

BiSH モモコグミカンパニーがかわいい!!メンバー1低い身長は??ソロ活動は??

モモコ グミ カンパニー 作詞

歌を習っていたわけでもなく、ダンスを習っていたわけでもない。 ごく普通の大学生だった女の子が、BiSHのオーディションを受けて見事に初期メンバーとして合格しました。 しかし、そのオーディションを受けた理由というのが 『奇抜』すぎるんです。 色んなアイドルのオーディションに、受験者として応募し会場入りして、他の受験者達が 歌っている様子を盗聴して、それを後で聴いて楽しむのを趣味としていたモモコさん。 たまたま見つけたBiSHのオーディションにも、この趣味のために応募したと思われます。 このように合格希望をしているわけではなかったモモコさんですが、WACKの社長である 『渡辺淳之介』さんが、 『この子は認められたことがないな』と直感します。 そして 『俺が認めてあげて成長させたい』と、渡辺さんに思わせたことによりBiSHに合格することなりました。 本人が全く意図せずアイドルになって、BiSHメンバーとして大活躍しているモモコさんですが、現在、BiSHに加入できたことを 『一番の幸せ』と語っています。 モモコグミカンパニー BiSH の本名 プロフィールの欄にもありますが、本名は公式発表されていないようです。 ただ、他のBiSHメンバーの中には、名前の中に本名の一部を使用している方もいます。 アイナ・ジ・エンド (飯谷愛菜) なのでモモコさんも、もしかすると、 モモコグミカンパニー (〇〇ももこ) なのかも知れませんね。 モモコグミカンパニー BiSH の名前の由来 BiSHに限らずWACK所属のアイドル達は、個性的な名前がつけられていますが、彼女の 『モモコグミカンパニー』という名前は、どのような由来で付けられたのでしょうか。 色々と調べたところ、もっとも有力とされているのは、まんが家である 『さくらももこ』さんが好きだから、そこから付けたのでは?という説でした。 モモコさんは 『さくらももこ』さんの、漫画 『ちびまる子ちゃん』や、著書である 『ひとりずもう』に感銘を受けており、 『さくらももこ』さんが亡くなった時には、追悼の寄稿をしたほどですので、そこから名前をとってもなんら不思議ではありませんよね。 ところが由来を調べているときに、動画配信サイトで生放送されていた 『WACKオーディション合宿2020』を、たまたま観ていたのですが、その中で偶然にも、このような情報を得ることができました。 それは、オーディション参加者からWACK社長 『渡辺淳之介』さんが質問を受けて、それに答えるという時間を設けていた時のことです。 参加者 『今まで渡辺さんがメンバーに付けた名前で、一番気に入ってるのはなんで すか?』 この質問をされた渡辺さんが、なんとこう答えたのです! 渡辺 『モモコグミカンパニーかな』と! そしてこのように説明していました。 モモコさんが でんぱ組. incが好きだって言うから、「 モモコ組」で、「. inc」は「 株式会社」とかを意味するから、「 会社=カンパニー」だから「 モモコグミカンパニー」にしたと語っていたのです。 (正確な言い回しではなく、あくまでもこのようなニュアンスで話していた) つまり、本当の由来は、 WACK社長の渡辺淳之介さんが付けたということになります。 ずっと仮説であった名前の由来が、ついに判明したと言っていいのではないでしょうか? 曲者と噂の渡辺さんが本当の事を言っているのであれば・・・ですが モモコグミカンパニー BiSH の兄弟や家族 モモコさんの家族構成は、ご両親とお兄さん、そして弟さんの5人家族です。 家族に関してのエピソードは、それほど情報として残ってはいませんでしたが、お兄さんと弟さんに関して、微笑ましいものが2つほどありました。 お兄さんは、 『ものすごい不良だった』らしいです。 そんなお兄さんを見て、 『どんな人間だったら親は嬉しいのか』を考えるようになり、モモコさんは静かに過ごしていたそうです。 そんなお兄さんも自身の結婚式にはBiSHの代表曲のひとつでもある、 『プロミスザスター』を流してくれました。 妹であるモモコさんを、誇らしく思えるからこその選曲ですよね。 弟さんは、BiSHがミュージックステーションに出演した際に頂いてきたミュージックステーションティッシュを、大学のサークルで使うために持ち出そうとしたところを、モモコさんに死守されたそうです。 可愛らしい姉弟の攻防が目に浮かんでホッコリさせられます。 モモコグミカンパニー BiSH の身長年齢 本名は?名前の由来や兄弟家族についてのまとめ モモコさんは当初アイドルになるつもりはなく、趣味であった 『アイドル志望の素人の子の歌を盗聴』するつもりで、BiSHのオーディションを受けたところ、WACK社長 『渡辺淳之介』さんの目に止まり合格。 BiSHの初期からいるメンバーとして、現在も活躍しています。 本名に関しては情報が出てきてませんが、他のBiSHメンバーに本名の一部を使っている子もいることから、『〇〇ももこ』なのかも知れませんね。 『モモコグミカンパニー』という名前も 『さくらももこ』さんから取ったのでは?という情報が多くありましたが、 『WACKオーディション合宿2020』の中での発言が確かなのであれば、 『モモコグミカンパニー』という名前の由来は 『渡辺淳之介』さんが名付け親でした。 モモコさんは5人家族で、兄弟の仲は良いと思われる発言が残されていました。 盗聴が趣味だったのには驚きましたが、このようなところも 『あまのじゃく担当』となった所以なのかも知れませんね。

次の