あっちこっちでっち。 あっちこっちでっち〜暗黙知は言葉にすると憑依する性質を帯びる〜

あっちこっち丁稚

あっちこっちでっち

吉本新喜劇 山田スミ子死去 山田スミ子さんの死去は、次の通りに報道されています。 元 吉本新喜劇の女優・ 山田スミ子(本名・ 山田壽美子)さんが2月12日に亡くなっていたことが5日、分かった。 所属事務所がこの日、発表した。 73歳だった。 山田さんは幼い頃から宝塚映画の子役として活動した後、吉本新喜劇に入団。 花紀京や 岡八郎らと共演した。 その後はテレビ、映画で幅広い活躍を見せていた。 同事務所によると、2年前に母親が98歳で亡くなるまで10年間にわたり、女優業と介護を両立した。 母親の他界後、直腸がんと診断されたが、周囲には知らせずに仕事に取り組んできた。 だが、今年に入り、急激に体調が悪化し、主治医からは「あと2~3か月の命」と宣告されていたという。 出典headlines. yahoo. jp 吉本新喜劇 山田スミ子 死の真相 山田スミ子さんは直腸がんをわずらっていました。 2年間の闘病の末に、 お亡くなりましたが、 周囲にはそのことを伝えずに亡くなっています。 この人を見て育ちました。 大好きでした。 どうか安らかにお眠りください。 マドンナ役でも恐妻役でも、なんでもこなせた素晴らしい役者さんでした。 たくさん楽しませてくれて、ありがとうございました。 ご冥福をお祈りいたします。 怒鳴ると赤ふんどしの人が出てくるのを覚えている方も多いと思います。 ご冥福をお祈りいたします。 やはりここ数年如実に癌多いと思う。 70代ちょっと早い。 お母様の看病で自分の事、後回しだったのだと思う。 演技力はそこら辺のヘタクソとは比べ物になりませんでした。 好きだったなー。 ご冥福をお祈り申し上げます。 しっかりと存在感があって、おもろくて。 好きだったなぁ。 ご冥福をお祈り致します。 周囲に病気の事言わずに、気遣いの方ですね。 ご冥福をお祈りします。 」と山田さん演じる御寮さんが激昂し、赤フン男が脈略もなく登場するお約束のシーンが大好きでした。 今の未知やすえさんの激ギレキャラの元祖的なマドンナ役でしたね。 お悔やみ申し上げます。 ご冥福をお祈りします。 つくづく長い月日が経った事を実感します。 あの頃は今ほど女性も多くなく、ルックスもそこそこでしたが、演技力は抜群でした。 新喜劇で活躍されていた懐かしい方々が、亡くなっていますね。 あの頃の新喜劇が懐かしい人にとっては、 今回の山田スミ子さんの死去は悲しいニュースです。

次の

コメダが、あっちこっちでっち(ヨシモトの懐かしいフレーズでつ!)

あっちこっちでっち

昔、吉本新喜劇の「あっちこっち丁稚」という番組にセントバーナード犬の着ぐるみが出演しており、大阪に行った際、実際に目の前でも見たことがります。 本物の犬のように四足歩行で、人が入っているんです。 目も開閉するし、口も開閉していました。 また尻尾も動き、耳も動いていました。 目の前で見たとき、もっとも驚いたのは、その犬の着ぐるみにもオチンチンが付いているのも見え(成人男性の陰茎の先端みたいでした)、おしっこもしていました。 犬が座るように尻をついて座ると、それがはっきり見えました。 あの四足歩行する犬の着ぐるみにどういう姿勢で入っているのか、また、尻尾を振ったりする際など、中に入っている人は、苦しいであろう姿勢で、どうやって操作しているのか、とても気になっていました。 どなたか詳細を知っている方がいたら、教えて頂けませんでしょうか。 友人宅の本物のセントバーナード犬を見る度に、実際に見たあの伝次郎というセントバーナード犬の着ぐるみのことを思い出してしまいます。 吉本のその伝次郎という着ぐるみに入っていた人が岡崎薫さんという男性の方であることまでは分かりましたが、それ以上は分かりませんでした。 海外のセントバーナード犬の着ぐるみの動画は、偶然見つけました。 私が見た伝次郎も体の色は若干違いますが、動き方はこの動画そっくりでした。 宜しくお願いします。

次の

あっちこっちでっち〜暗黙知は言葉にすると憑依する性質を帯びる〜

あっちこっちでっち

人物・来歴 [ ] 幼い頃から子役としてなどで活動。 学生だった頃よりへ出演し 、4月にへ入団。 やのマドンナ役を務め 、頃までレギュラー出演し、 初の女座長も務めた。 1982年には、第11回金賞を受賞。 『』での「 あかんて言うてんのが、分からへんのんか〜! 」「 あかん言うてますのに、どないやねんな〜! 」などとヒステリックなセリフを言い放ち 、をビンタするネタが定番だった(その際、が赤い褌姿で舞台を平泳ぎしながら走り抜けるというシュールな演出も番組の名物となる)。 また、夏休みには、木村が赤い褌の子どもたちを従えて登場する 演出も名物となっていった。 いわゆる「キレる芸風(キレ芸)」は、に受け継がれていく。 新喜劇時代には「山田が大声を張り上げると周りの役者がコケる」というギャグもあった。 『』では、やすしの妻役として出演し、持ち前のツッコミ芸で彼を圧倒した。 これが縁で『』のアシスタントとして、病気療養中だったのピンチヒッターも務めた。 新喜劇退団後は、東京の事務所に所属し活動。 テレビドラマでは、長年、『』にレギュラー出演していた。 、のために死去。 73歳没。 生涯独身であった。 最後の出演は、8月、大阪・新歌舞伎座に行われた舞台「コロッケ特別公演」。 出演 [ ] テレビドラマ [ ] NHK• (1982年) - 石田とめ• (1984年)• (1989年)• (2006年)• (2007年) - 片桐婦長• 介護エトワール(2007年)• (2012年) - 相川節子(総婦長) 日本テレビ• (1992年、)• (2005年)• (2007年) - 園田くらら• (2008年) - 稲田事務次官• (2012年) - 堺美智子• 「」(2007年) - 津山加代 TBS• 第12話「拾った財布が落とし穴」(1990年7月20日) - おかつ• (2002年) - 大熊佐代子• (2003年) - 小西由美子• (2003年)• (2004年) - 三崎銀子• (2004年)• (2004年) - 大久保加代• (2005年) - えり子• (2005年)• (2006年) - 遠藤和子• (2006年、) - 菅原道代• (2007年) - 片岡絹代• (2007年) - 団美枝• (2008年) - 梅千代• (2008年、) - 大里富子• (2015年) - 神谷照子• 「」(1998年) - 石田美智代• 「」(2004年) - 大滝ハル• 「」(2011年 - ) - 水木千代子 フジテレビ• (1983年、) - おはる• 「」(1984年)• 「京都の祭りに人が死ぬ・鞍馬の火祭」(1988年10月、KTV系・東映)• (2002年、) - 桂木典子• (2003年) - 島田屋の女将• (2004年)• (2007年) - 三春園女将• 「14」(2001年) - 山口和枝• 「」(2003年)• 「」(2007年) - 本条夕子• 「」(2009年) - 木下杏子• 「」(2013年) - 三枝美鈴 テレビ朝日• (1990 - 2008年) - 吉野よしの• (2002年) - 乳母・むら• (2008年) - 杉田真由美• (2014年) - 久世寿美子• 「」(2003年)• 「20」(2005年) - 山田清美• 「」(2008年) - 「永芳閣」の女将• 「」(2008年)• 「タクシードライバーの推理日誌26」(2010年) - 谷畑千江• 「終着駅シリーズ」(2014年) - 田宮節子 テレビ東京• 「」(2005年) - 早川敏江• 「」(2006年) - 節子ママ• 「」(2007年) - 池内節子• 「」(2007年) - 太田和子• (2009年) - 仲間ユズ(ユズばぁ)• (2011年) - 田中明子• (2013年) - 花木雅恵 WOWOW• (2007年) - 高井和子 映画 [ ]• (1983年) - 女看守長A 役• (1986年) - おしの 役• (1989年)• (1996年) - お遍路のおばさん 役• (1997年)• (2004年)• (2005年) - 目の不自由な母親 役• (2006年)• (2006年) - 酒井照美の母• (2006年) - 中条朝美の同僚 役• (2006年)• (2006年)• (2008年)• (2009年)• (2009年)• (1984年)• 薬用石鹸• 舞台 [ ]• 参考:• 生年月日…• 生年をS24と記載…• 生年を1950年と記載…• 生年を1951年と記載…• 年のみ伏せたうえで、5月25日と記載…• 没年月日…• 参考:• 一部資料では、次のように記載• 「山田純栄」• 「山田 澄栄」(読みはヤマダ スミエ)と記載• 参考:• 兵庫県西宮市出身と記載…• 兵庫県西宮市生まれと記載…• 兵庫県と記載…• 一部資料では、大阪市と記載。 参考:• 「宝塚映画の子役」と記載…• 「子役として宝塚映画製作所などで活動。 」と記載…• 参考(吉本新喜劇への出演開始時期について):• 昭和38年(学生時代)頃と記載• 参考:• 入団年月…• S43. 入団年…• 花紀京や岡八郎のマドンナ役を務めたことは、次の資料を参照…• 木村明は普段通り店の2階から階段を下りて登場するが、子どもたちは舞台の上手や下手から一斉に登場する。 次の資料では、享年として記載… 出典 [ ].

次の