ミミ スイミング。 木原光知子

K&Mインターナショナル

ミミ スイミング

本ページにおける基本情報は各施設が提供・承諾している情報及び、公開している情報をベースに構成しております。 なお、施設の口コミは施設利用者の声を掲載しております。 いずれも、ゲンダイエージェンシー株式会社は内容について責任を負わないことをあらかじめご了承ください。 各施設の地図上の所在地は、実際と違う場合があります。 最新情報は各施設へ直接お問い合わせ下さい。 ただし施設の取材レポートは編集部が調査して掲載しております。 お客様各位 平素よりFIT Searchをご利用いただき、誠にありがとうございます。 ご存じのとおり新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とした緊急事態宣言が政府より出されております。 緊急事態宣言に伴い、店舗が臨時休業している場合や、掲載の営業時間から変更されているケースもございます。 つきましてお手数ではございますが、店舗様の公式サイト等をご確認いただき、情報収集に努めていただきますようお願いいたします。 ご利用のお客様にはご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒、ご理解いただきますようお願い申し上げます。 FIT Search編集部.

次の

ミミスイミングクラブ市原のアルバイト・バイト求人情報|【タウンワーク】でバイトやパートのお仕事探し

ミミ スイミング

来歴・生涯 [ ] 生まれ、で育ち、、、岡山、卒業。 中学時代からのあとの日本水泳界を背負う最大のホープと騒がれる。 100mが主であったが、400m自由形や、、などでもトップクラスのオールラウンダーであった。 進学した山陽女子高には水泳部がなく、また岡山には冬の間泳げる温水プールはなく、やのの室内プールに通う。 高校在学時にに出場し「ミミ」の愛称で一躍アイドル選手となった。 競技を引退後はのモデルを務めるなどに転向。 その後、東レ関連会社の役員や自らのブランドや水泳教室を運営するなどビジネス界に進出。 40歳を超えてからマスターズ競技に復活し日本記録を樹立している。 また各種スポーツ団体や岡山県関連の理事・委員に加え、2005年より初の女性理事を務めるなど多方面で活躍していた。 2007年10月13日、内のプールで親子水泳教室の指導中に倒れ、意識不明のまま、に搬送された。 一時は意識を回復したものの、同18日午前1時25分、のため死去。 59歳没。 は寶珠院秀泳智照大姉。 葬儀はにて社葬で執り行われ、喪主は兄の木原信良が務めた。 死去した10月18日に遡って、日本政府よりが贈られた。 10月、内に顕彰碑が建立された。 主な競技歴 [ ]• 岡山で 中学生でありながら一般の部に出場。 100m背泳ぎ3位入賞• 第3回全国中学校選抜水泳競技大会 100m自由形、100m、200m個人メドレーの3種目を制覇• 7月19日 全日本水泳選手権 100m自由形 優勝(1分3秒8 日本新記録)• 10月 に出場。 400mメドレーリレー 4位入賞、100m背泳ぎ 落選、400mリレー 落選• 9月 第20回 100m自由形(日本新記録樹立)• 7月 全国高校水泳競技大会(青森) 100m・200m自由形 優勝• 8月 全日本水泳選手権 100m124・200m自由形 優勝• 12月 第5回() 100m・200m自由形 優勝、400mリレー、メドレーリレー 優勝• プレオリンピック 100m自由形 金メダル、200m自由形 銀メダル• 7月 全国大学女子大会 100m・400m自由形 優勝• 8月 全日本水泳選手権 200m・400m自由形 優勝 マスターズ [ ]• 第1回(東京) 50m背泳ぎ 優勝(マスターズ世界記録)• ウーマンズ・スイム・フェスティバル'97 50m自由形 優勝(マスターズ日本記録)• 第8回(・) 50m背泳ぎ 優勝• ウーマンズ・スイム・フェスティバル2003 50m自由形(マスターズ日本記録)• 第10回(・) 50m自由形 3位(マスターズ日本新記録)、50m背泳ぎ 優勝 主な出演歴 [ ] モデル [ ]• 1967年1月 日大水泳部を退部。 東レ専属の水着モデルとなる(参照)。 映画 [ ]• 1984年• テレビ [ ] <ドラマ>• - 本人役での出演• 第2シリーズ 第119話「替玉」 - 原朋子役• 第5シリーズ• - 山森久子役• - 夏子役• <バラエティ・クイズ>• (1974年11月〜1975年10月、)• (1975年10月3日〜1976年7月9日、東京12チャンネル(現・))• 1977年• <その他>• ミミの体当たりレポート(提供・、1973年10月 - 1974年) で全国ネットの予定が、自衛隊宣伝番組だったため各地の反対運動により、のみで放送された。 ラジオ [ ]• - 不定期出演 コマーシャル [ ]• 日清製油(現・)(日清サラダ油セット) - 1977年以降長期出演。 シングル [ ]• センチメンタル渚/最後のマッチ( 発売• みじかい爪/画家とモデル( 発売 その他の略歴 [ ]• 5月 株式会社取締役に就任• 7月 水泳場のコーチに就任• 10月 理事に就任• 評議員に就任• 1992年9月 社団法人理事に就任• 財団法人評議員に就任• 4月 会長に就任• 7月 社団法人理事に就任• 3月 財団法人理事に就任• 財団法人総務委員・広報委員に就任• 東レエンタープライズ株式会社顧問に就任• 4月 財団法人日本水泳連盟理事(特命事項担当)に就任• 6月 トータル・オリンピック・レディース会(略称:TOL会)会長に就任 その他 [ ]• 低音でハスキーな独特の声が特徴。 ニックネームは「ミミ」。 このニックネームは母親が子供の頃に付けたもの。 タレントに転向したのは、と知り合ったことがきっかけの一つだった。 、友人であるとの結婚の噂が週刊誌を中心に飛び交ったが、全くの誤報であった。 美川の他にもとはプライベートでも親交が深い親友であった。 『』で木原の追悼特集時には中尾が親友として出演した。 交友関係は広く、、中尾ミエ、石井好子など多くの芸能関係者へ水泳を奨め自ら指導を行った。 と年齢の差を超えて公私ともに親しく、木原が倒れた日は石井と会食の予定が入っていた。 最期も親族と共に看取った。 葬儀の際、弔辞を読んだ。 バドミントン選手のは山陽女子高の同期。 脚注 [ ].

次の

K&Mインターナショナル

ミミ スイミング

来歴・生涯 [ ] 生まれ、で育ち、、、岡山、卒業。 中学時代からのあとの日本水泳界を背負う最大のホープと騒がれる。 100mが主であったが、400m自由形や、、などでもトップクラスのオールラウンダーであった。 進学した山陽女子高には水泳部がなく、また岡山には冬の間泳げる温水プールはなく、やのの室内プールに通う。 高校在学時にに出場し「ミミ」の愛称で一躍アイドル選手となった。 競技を引退後はのモデルを務めるなどに転向。 その後、東レ関連会社の役員や自らのブランドや水泳教室を運営するなどビジネス界に進出。 40歳を超えてからマスターズ競技に復活し日本記録を樹立している。 また各種スポーツ団体や岡山県関連の理事・委員に加え、2005年より初の女性理事を務めるなど多方面で活躍していた。 2007年10月13日、内のプールで親子水泳教室の指導中に倒れ、意識不明のまま、に搬送された。 一時は意識を回復したものの、同18日午前1時25分、のため死去。 59歳没。 は寶珠院秀泳智照大姉。 葬儀はにて社葬で執り行われ、喪主は兄の木原信良が務めた。 死去した10月18日に遡って、日本政府よりが贈られた。 10月、内に顕彰碑が建立された。 主な競技歴 [ ]• 岡山で 中学生でありながら一般の部に出場。 100m背泳ぎ3位入賞• 第3回全国中学校選抜水泳競技大会 100m自由形、100m、200m個人メドレーの3種目を制覇• 7月19日 全日本水泳選手権 100m自由形 優勝(1分3秒8 日本新記録)• 10月 に出場。 400mメドレーリレー 4位入賞、100m背泳ぎ 落選、400mリレー 落選• 9月 第20回 100m自由形(日本新記録樹立)• 7月 全国高校水泳競技大会(青森) 100m・200m自由形 優勝• 8月 全日本水泳選手権 100m124・200m自由形 優勝• 12月 第5回() 100m・200m自由形 優勝、400mリレー、メドレーリレー 優勝• プレオリンピック 100m自由形 金メダル、200m自由形 銀メダル• 7月 全国大学女子大会 100m・400m自由形 優勝• 8月 全日本水泳選手権 200m・400m自由形 優勝 マスターズ [ ]• 第1回(東京) 50m背泳ぎ 優勝(マスターズ世界記録)• ウーマンズ・スイム・フェスティバル'97 50m自由形 優勝(マスターズ日本記録)• 第8回(・) 50m背泳ぎ 優勝• ウーマンズ・スイム・フェスティバル2003 50m自由形(マスターズ日本記録)• 第10回(・) 50m自由形 3位(マスターズ日本新記録)、50m背泳ぎ 優勝 主な出演歴 [ ] モデル [ ]• 1967年1月 日大水泳部を退部。 東レ専属の水着モデルとなる(参照)。 映画 [ ]• 1984年• テレビ [ ] <ドラマ>• - 本人役での出演• 第2シリーズ 第119話「替玉」 - 原朋子役• 第5シリーズ• - 山森久子役• - 夏子役• <バラエティ・クイズ>• (1974年11月〜1975年10月、)• (1975年10月3日〜1976年7月9日、東京12チャンネル(現・))• 1977年• <その他>• ミミの体当たりレポート(提供・、1973年10月 - 1974年) で全国ネットの予定が、自衛隊宣伝番組だったため各地の反対運動により、のみで放送された。 ラジオ [ ]• - 不定期出演 コマーシャル [ ]• 日清製油(現・)(日清サラダ油セット) - 1977年以降長期出演。 シングル [ ]• センチメンタル渚/最後のマッチ( 発売• みじかい爪/画家とモデル( 発売 その他の略歴 [ ]• 5月 株式会社取締役に就任• 7月 水泳場のコーチに就任• 10月 理事に就任• 評議員に就任• 1992年9月 社団法人理事に就任• 財団法人評議員に就任• 4月 会長に就任• 7月 社団法人理事に就任• 3月 財団法人理事に就任• 財団法人総務委員・広報委員に就任• 東レエンタープライズ株式会社顧問に就任• 4月 財団法人日本水泳連盟理事(特命事項担当)に就任• 6月 トータル・オリンピック・レディース会(略称:TOL会)会長に就任 その他 [ ]• 低音でハスキーな独特の声が特徴。 ニックネームは「ミミ」。 このニックネームは母親が子供の頃に付けたもの。 タレントに転向したのは、と知り合ったことがきっかけの一つだった。 、友人であるとの結婚の噂が週刊誌を中心に飛び交ったが、全くの誤報であった。 美川の他にもとはプライベートでも親交が深い親友であった。 『』で木原の追悼特集時には中尾が親友として出演した。 交友関係は広く、、中尾ミエ、石井好子など多くの芸能関係者へ水泳を奨め自ら指導を行った。 と年齢の差を超えて公私ともに親しく、木原が倒れた日は石井と会食の予定が入っていた。 最期も親族と共に看取った。 葬儀の際、弔辞を読んだ。 バドミントン選手のは山陽女子高の同期。 脚注 [ ].

次の