サラゴサ 順位。 スペイン2部リーグ(セグンダディビシオン)最新順位表と日程

順位表

サラゴサ 順位

順位表• 順位 クラブ 勝点 勝 分 敗 得点 失点 点差 試合 平均勝点• 1 バルセロナ 96 30 6 2 95 21 74 38 2. 2 レアル・マドリード 92 29 5 4 102 33 69 38 2. 3 バレンシア 71 21 8 9 64 44 20 38 1. 4 ビジャレアル 62 18 8 12 54 44 10 38 1. 5 アトレティコ・マドリード 58 17 7 14 62 53 9 38 1. 6 アスレティク・ビルバオ 58 18 4 16 59 55 4 38 1. 7 セビージャ 58 17 7 14 62 61 1 38 1. 8 エスパニョール 49 15 4 19 46 55 -9 38 1. 9 オサスナ 47 13 8 17 45 46 -1 38 1. 10 ヒホン 47 11 14 13 35 42 -7 38 1. 11 マラガ 46 13 7 18 54 68 -14 38 1. 12 ラシン・サンタンデル 46 12 10 16 41 56 -15 38 1. 13 レバンテ 45 12 9 17 41 52 -11 38 1. 14 サラゴサ 45 12 9 17 40 53 -13 38 1. 15 レアル・ソシエダード 45 14 3 21 49 66 -17 38 1. 16 ヘタフェ 44 12 8 18 49 60 -11 38 1. 17 マジョルカ 44 12 8 18 41 56 -15 38 1. 18 デポルティーボ・ラコルーニャ 43 10 13 15 31 47 -16 38 1. 19 エルクレス 35 9 8 21 36 60 -24 38 0. 20 アルメリア 30 6 12 20 36 70 -34 38 0. 順位 チーム名 勝点• 1 レアル・マドリッド 71• 2 FCバルセロナ 69• 3 アトレチコ・マドリッド 58• 4 セビージャFC 54• 5 ビジャレアル 51• 6 ヘタフェCF 49• 得点ランキング• 順位 選手名 得点数 試合数• 1 リオネル・メッシ 21 27• 2 カリム・ベンゼマ 17 30• 3 ルイス・スアレス 13 22• 4 イアゴ・アスパス 12 31• 4 ジェラール・モレーノ 12 29•

次の

香川負傷中のサラゴサが自動昇格圏、スペイン紙「ついに1部に戻る機会が…」

サラゴサ 順位

名称 [ ] ローマ時代には ()、イスラム支配時代にはサラクスタ(Saraqusta)、またはメディナ・アルバイダ(Medina Albaida、白い都市、という意味)と呼ばれた。 地理 [ ] 地勢 [ ] 北からが合流する中流域の中心地であり、とともにの基礎を作ったの古都として知られる。 、、、、・の各主要都市とは300 以内の距離にあり、現代でも交通の要所である。 気候 [ ] 完全に山に囲まれた広い盆地に位置しているため、サラゴサはに属する(ではBSk)。 3 50. 5 13. 3 55. 9 16. 6 61. 9 18. 7 65. 7 23. 2 73. 8 27. 7 81. 9 31. 5 88. 7 31. 0 87. 8 26. 7 80. 1 20. 7 69. 3 14. 3 57. 7 10. 7 51. 3 20. 4 68. 4 43. 5 8. 4 47. 1 10. 9 51. 6 13. 0 55. 4 17. 2 63 21. 3 70. 3 24. 5 76. 1 24. 4 75. 9 20. 7 69. 3 15. 5 59. 9 10. 0 50 7. 1 44. 8 15. 4 36. 3 3. 5 38. 3 5. 2 41. 4 7. 4 45. 3 11. 2 52. 2 14. 8 58. 6 17. 6 63. 7 17. 8 64 14. 7 58. 5 10. 3 50. 5 5. 8 42. 4 3. 5 38. 3 9. 5 49. 1 mm inch 22 0. 87 20 0. 79 20 0. 79 35 1. 38 44 1. 73 31 1. 22 18 0. 71 17 0. 67 27 1. 06 30 1. 18 30 1. 18 23 0. 91 318 12. サラゴサの人口推移 1900-2010 2世紀から3世紀にかけてのカエサラウグスタのモザイク 古代 [ ] サラゴサでの最古の定住地は、紀元前7世紀のものである。 紀元前3世紀頃、の一部族である ()が現在のサラゴサを中心として暮らしていた。 近隣のイベリア人たちがと同盟してを戦ったのとは対照的に、サルドゥイエ族はに協力した。 時代にが「カエサラウグスタ」という名の植民市として建設した。 紀元2世紀には最盛期を迎え、やなどの公共施設が建てられ、これらの遺跡は今日に残されている。 3世紀にはローマの「3世紀の危機」によって、城壁が建設される代わりに公共施設は衰えた。 ゲルマン族侵入 [ ] 409年ごろからやなどのがイベリア半島に侵入を始めた。 サラゴサはその頑丈な城壁によって持ちこたえたが、472年、西ゴートの王配下の部隊によって陥落した。 から西ゴート族を退けた後の541年、とはガリア南部へ侵攻し、サラゴサを包囲した。 包囲は2か月に及び、住民は投降できず、やがて飢餓が始まった。 言い伝えによれば、サラゴサ住民は都市をフランク族から守り抜くことを誓い、の奇跡を表すチュニックを身につけて外出をしていた。 当時既にに改宗していた2人のフランク王たちは、聖ビセンテの肩掛けをもらう交換条件として、包囲を解いた。 聖遺物をパリへ持ち帰ったキルデベルト王は、聖遺物保管のためにを建てた。 7世紀のサラゴサは、大図書館を所有するサンタ・エングラシア修道院とつながりの深い多数の教会知識人、サラゴサ司教を輩出したため、やと並んで西ゴート王国の文化の中心地となった。 バヌー・カースィー [ ] 1080年当時のイベリア半島の勢力図。 サラゴサ王国の最盛期 714年以降、イスラム勢力(、756年に)の支配下で ()(714年-929年)がサラゴサを中心として独立した王国を築き、北部ののキリスト教諸国との前線となった。 824年に王に即位した ()と血縁関係を結んだ。 ()(1018年-1039年)、 ()(1039年-1110年)。 最盛期の王 (、)(在位:1046年-1081年)は、現在のやまで領土を広げた。 11世紀後半には人口約25,000人を数え、西ヨーロッパ有数の都市となっていた。 アルハフェリア宮殿が建てられたのはこの頃である。 1110年にはタイファ・サラグスタはに征服され、総督の支配下で自治を謳歌した。 近代 [ ] スペイン独立戦争でのサラゴサ攻囲 1118年にサラゴサはのに征服され、以降はアラゴン王国の首都となった。 多くのイスラム教徒がへ立ち去ったために人口が減少し、やからの植民が行われた。 1591年、サラゴサで ()が起きた。 に訴追された元秘書官 ()が法制度の違うアラゴン王国に逃げ込み、裁判権を巡って対立が起きた。 アラゴンの特権を守るために民衆が暴動を起こし、フェリペ2世は軍隊を派遣してこれを鎮圧し、市長を死刑にした。 これにより、アラゴンの特権の一部が失われた。 軍の侵入に抵抗したでは、1808年から1809年にかけて2度にわたって攻囲された( ())。 当時廃位されていたに対して忠実であったサラゴサは、アラゴン貴族 ()の指揮でアルハフェリア宮殿をフランスから奪い返した。 フランスはサラゴサを包囲したが、住民の激しい抵抗戦にあい断念した。 55,000人を数えたサラゴサの人口は、この戦いで12,000人にまで減少した。 これはフランスによる包囲を耐え抜いたサラゴサ住民に対して贈られた称号である。 サラゴサ包囲から100年後の1908年には、サラゴサで ()が開催されている。 現代 [ ] 初期の1936年7月17日、サラゴサにの本部が設置された。 1987年12月11日、カタルーニャ通りに面したグアルディア・シビル施設を標的とした、による爆弾テロが発生した。 この事件で子供5人を含む計11人が死亡した。 スペイン=フランス博覧会から100年後の2008年には、が開かれた。 2003年にはサラゴサとマドリードが結ばれ、2007年にはサラゴサとバルセロナが結ばれた。 サラゴサ=マドリード間は約75分であり、サラゴサ=バルセロナ間は約90分である。 はサラゴサ都市圏で通勤電車サービスの ()を運行している。 20世紀前半のサラゴサには網が存在したが、1976年までにすべての路面電車路線が廃線となった。 2011年には ()1号線の第1区間が開業し、35年ぶりに路面電車(トラム)が復活した。 中心市街地から10 km東の ()地区にはがあり、と敷地の一部を共有している。 2012年にはの貨物輸送量を上回った。 スペインでも主要な商業空港のひとつであり、、、、、、などへの定期便が運航されている。 はの本拠地であり、1994年からのスペインでの拠点でもある。 教育 [ ] サンタ・マリア・マグダレナ教会 サラゴサには早い時期にキリスト教が根付いた。 伝承によると、1世紀にはがサラゴサのの元に現れて「柱」(: pillar)の上に立った()。 このがという名称の由来である。 9日間続く ()は、である10月12日がメインの日である。 アラゴン風などのダンス、、音楽コンサート、展示会、、花火大会などが開催される。 建築物 [ ]• : 紀元40年1月2日、この地での前にが現れて柱の上に立った()という伝説に因んでいる。 現在の建物は17世紀から19世紀にかけて建てられたもの。 ()(ラ・セオ) : 、、などの建築様式が融合している大聖堂。 「セオ」はで「大司教座」のこと。 : 時代にイスラム君主によって建てられた城。 の宮殿としても使われた。 のに登録されている「」には、サラゴサにある「アルハフェリア宮殿のムデハル様式の遺跡」「ラ・セオの後陣、礼拝堂(パロキエタ)、ドーム」「サン・パブロ教会の塔と教区教会」の3つの建築物が含まれている。 のホームスタジアムである サラゴサで最大の男子サッカークラブは1932年に設立されたであり、34,596人収容のをホームスタジアムとしている。 ラ・ロマレーダはの会場にもなった。 1963-64シーズンにはで初優勝し、1965—66シーズン、1985—86シーズン、1993—94シーズン、2000—01シーズン、2003—04シーズンにも優勝した。 国際大会では1963-64シーズンのと1994-95シーズンので優勝している。 2007年にスペイン政府が行った調査によると、スペイン全体の人口の2. レアル・サラゴサ以外の男子サッカークラブとして、1942年設立の ()がある。 CDエブロは1,000人収容のカンポ・ムニシパル・デ・フトボル・ラ・アルモサーラをホームスタジアムとしている。 2002年には女子サッカークラブとして ()が設立され、2005-06シーズンから(1部)に属している。 リーグ優勝経験はないが、2015年には国際大会の ()で優勝した。 バスケットボール 男子バスケットボールクラブのがサラゴサに本拠地を置いており、11,000人収容の ()をホームアリーナとしている。 バスケット・サラゴサは2008年と2010年に(2部)で優勝し、2012-13シーズンと2013-14シーズンには2シーズン連続で(1部)のプレーオフに出場した。 2000年には女子バスケットボールクラブの ()が設立され、12シーズンに渡って(1部)に属していたが、2013年に解散した。 その他 の () フットサルクラブのがサラゴサに本拠地を置いており、2,600人収容の ()をホームアリーナとしている。 2011-12シーズンと2012-13シーズンには2シーズン連続で(1部)のプレーオフに出場した。 ハンドボールチームの ()がサラゴサに本拠地を置いており、バスケット・サラゴサ2002と同じくパベリョン・プリンシペ・フェリペをホームアリーナとしていた。 2005-06シーズンから2015-16シーズンまで11シーズン連続で(1部)に属していたが、2015-16シーズン終了後に解散した。 1983年にはサラゴサ近郊の ()で開催されるの ()が創設された。 ウエスカ県はからまで4大会連続で開催地に立候補し、特に2014年冬季オリンピックの際には開閉会式の候補をサラゴサとしたが、いずれの大会も開催地選考で落選している。 サラゴサはの開催地立候補を検討していたが 、同国内のの招致可能性を高めるために、2011年に立候補を断念した。 結果的にはバルセロナも正式な立候補を行うことはなかった。 スペインのトップリーグである(1部)に属しているラグビークラブはないが、イベロ・クルブ・デ・ラグビー・サラゴサ、フェニクス・クルブ・デ・ラグビー、CDウニベルシタリオ・デ・ラグビーの3クラブが ()(2部)や地域リーグなどに属している。 姉妹都市 [ ] サラゴサには、以下の都市と関係を結んでいる。 、フランス• 、 出身者 [ ]• 1095-1138 : イスラム哲学者。 の宰相。 1776-1839 : 植物学者。 1928-1996 : ソプラノ歌手。 1937-2011 : バスケットボール選手。 1957- : サッカー選手・サッカー指導者。 1959- : 画家。 1966- : サッカー選手。 1975-2016 : 自転車競技選手。 1975- : サッカー選手。 1979- : 映画監督。 脚注 [ ] []• 2010年8月閲覧。 コトバンク. 2018年7月22日閲覧。 Discover Monuments, Zaragoza. SEGITTUR. 2012年12月27日閲覧。 Gaona 2012年9月13日. Heraldo. の2012年11月3日時点におけるアーカイブ。 2014年6月30日閲覧。 John Pike. Globalsecurity. org. 2009年6月25日閲覧。 Albert Frederick Calvert 1908. Lane. 136. Gordon Melton 15 January 2014. ABC-CLIO. 734. June 15, 2013, at the. January 12, 2014, at the. January 11, 2014, at the. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 には、 に関する旅行情報があります。 (スペイン語) (英語)• (スペイン語) (英語)• スペイン政府観光局 (日本語).

次の

ポルトガルプリメイラリーガ最新順位表と日程および試合結果

サラゴサ 順位

順位表• 順位 クラブ 勝点 勝 分 敗 得点 失点 点差 試合 平均勝点• 1 バルセロナ 96 30 6 2 95 21 74 38 2. 2 レアル・マドリード 92 29 5 4 102 33 69 38 2. 3 バレンシア 71 21 8 9 64 44 20 38 1. 4 ビジャレアル 62 18 8 12 54 44 10 38 1. 5 アトレティコ・マドリード 58 17 7 14 62 53 9 38 1. 6 アスレティク・ビルバオ 58 18 4 16 59 55 4 38 1. 7 セビージャ 58 17 7 14 62 61 1 38 1. 8 エスパニョール 49 15 4 19 46 55 -9 38 1. 9 オサスナ 47 13 8 17 45 46 -1 38 1. 10 ヒホン 47 11 14 13 35 42 -7 38 1. 11 マラガ 46 13 7 18 54 68 -14 38 1. 12 ラシン・サンタンデル 46 12 10 16 41 56 -15 38 1. 13 レバンテ 45 12 9 17 41 52 -11 38 1. 14 サラゴサ 45 12 9 17 40 53 -13 38 1. 15 レアル・ソシエダード 45 14 3 21 49 66 -17 38 1. 16 ヘタフェ 44 12 8 18 49 60 -11 38 1. 17 マジョルカ 44 12 8 18 41 56 -15 38 1. 18 デポルティーボ・ラコルーニャ 43 10 13 15 31 47 -16 38 1. 19 エルクレス 35 9 8 21 36 60 -24 38 0. 20 アルメリア 30 6 12 20 36 70 -34 38 0. 順位 チーム名 勝点• 1 レアル・マドリッド 71• 2 FCバルセロナ 69• 3 アトレチコ・マドリッド 58• 4 セビージャFC 54• 5 ビジャレアル 51• 6 ヘタフェCF 49• 得点ランキング• 順位 選手名 得点数 試合数• 1 リオネル・メッシ 21 27• 2 カリム・ベンゼマ 17 30• 3 ルイス・スアレス 13 22• 4 イアゴ・アスパス 12 31• 4 ジェラール・モレーノ 12 29•

次の