インター コンチネンタル 横浜 朝食。 ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル【 2020年最新の料金比較・口コミ・宿泊予約 】

ルームサービス

インター コンチネンタル 横浜 朝食

介助動物の同伴可• Accessible Rooms: 4 Barrier-free, easy-access rooms are located on the 8th and 9th floors These rooms allow for a safer and more comfortable stay for our physically-challenged guests. They are laid out with more open space, and the bathroom facilities were designed with physically-challenged guests in mind. The rooms are equipped also with emergency buttons for quickly calling hotel staff. 客室バリアフリー対応情報• 車いす対応クローゼット• 家具の配置変更可能• 車いす仕様客室&順路• 方向転換に十分なスペース• エレベーター バリアフリー対応情報• 全階エレベーターアクセス可能• 車いす対応エレベーター• エレベーター付近にバリアフリー仕様客室を配置• 公共エリア バリアフリー対応情報• 共用トイレ:車いす対応個室• 車いす対応 ホテル エントランス• 車いすご利用可• 車いす対応共用トイレ• レストラン 車いす対応席利用可• バリアフリー仕様の共用施設• 駐車場バリアフリー対応情報• 駐車場からエントランスまではスロープご利用可能• 車いす対応 段差解消スロープ付路上駐車場• 標識付きバリアフリー専用駐車スペース• 車いす使用者用駐車スペース/15 台• 駐車場有• セルフパーキング駐車料金(1日): 2000 JPY• バレーパーキング(車の出し入れを含めたフルサービスのパーキング)有• バレー(フルサービス)パーキング駐車料金(1日): 2000 JPY• みなとみらい公共駐車場(パシフィコ横浜 地下1階)をご利用いただいております。 営業時間:7:00~24:00、年中無休 制限:普通車(車長6. 0m、車高2. 1m、重量4. 0t 以下まで) 上記サイズ以上の車でお越しの際は、1階正面玄関へお越しください。 ドアマンがご案内いたします。 *深夜0時~6時までの間、駐車場へご入場の際は「夜間受付インターホン」にて係員にご連絡の上、入場していただくことになります。

次の

ホテル内レポ!横浜ハンマーヘッドのインターコンチネンタル横浜Pier8に潜入!

インター コンチネンタル 横浜 朝食

専用ラウンジでの朝食付き! コーナースイートルーム 続いては、スイートルームを拝見。 スイートルームに特別感があるのは当然なのだが、ピアエイトのスイートルームは専用ラウンジ「クラブインターコンチネンタル」で朝食・アフタヌーンティー・イブニングカクテルを楽しむことができるのが特徴。 コーナースイートルーム 2種類あるスイートルームの中から、まずはホテルのコーナーに位置するコーナースイートルームから見て行こう。 ここは角部屋ならではの立地を生かし、窓に囲まれた絶好のロケーションが自慢の部屋だ。 プライベートバルコニーからは、海と街の景色を両方楽しむことができる。 ベッドルームも大きな窓で囲まれている 窓を開けてみるとこのような眺め バスルームからも海が見える さすがはコーナーを活かした客室。 バルコニーに出なくても、窓を開けただけでものすごい開放感が味わえる。 さらに、窓から入ってくる潮風がとても心地よく、ベッドでゴロゴロするだけでリゾート感を満喫できそう。 130平方メートルの広さが魅力、シグネチャースイート こちらもホテルのコーナーに位置するシグネチャースイート。 大きな窓に囲まれているのはもちろんなのだが、シグネチャースイートの特長はなんといっても130平方メートルというその広さ! シグネチャースイートのリビング部分。 奥行きがすごい この広さに部屋が2室しかないのには驚き。 これがピアエイトで最上級客室のシグネチャースイートルームだ。 部屋の中央では火が炊かれていたりと、なにもかもが豪華なのだ ストーブに揺らぐ火をみていると癒される 広々としたダイニングエリアも もちろんベッドルームも窓に囲まれている 窓を開けるととても気持ちのいい海風が室内に舞い込んで、海を肌で感じることができる。 ゆったりとしたバスルームには丸いバスタブが置かれていた シグネチャースイートルームは、とにかく空間の使い方が贅沢で、窓から見えるオーシャンビューの景色も見とれてしまうほどだった。 そして、スイートルームに宿泊すると、クラブインターコンチネンタルというラウンジを利用できる。 こちらのラウンジも、スイートルームと同じ5階フロアに位置しているので、気軽に利用することができる。 「クラブインターコンチネンタル」入口 スイートルーム宿泊者限定のラウンジ スイートルーム宿泊者はここで朝食・アフタヌーンティー・イブニングカクテルなどを楽しむことができる。 都会の喧騒から解放されて、時間を忘れてくつろげそうな雰囲気ある空間だった。 レストラン&バー「Larboard」 2階のチェックインカウンターがあるフロアには、レストラン&バー「Larboard(ラーボード)」があり、食事やドリンクを楽しめるようになっている。 フロアでは、ピアノによる生演奏もあり こちらがレストラン&バー「Larboard」の様子 レストラン横にはテラス席が用意されているので、天気のいい日は横浜港の眺めを楽しみながら食事をすることも可能だ。 宿泊客にはゆっくりと滞在してもらうために、朝食はブランチまで対応しており、朝食のラストオーダーは昼の12時。 13時までは席を利用できるそう。 ちなみに、朝食は朝の6時30分からとれるとのこと。 カウンター席でもゆっくり過ごせそうだ レストランの料理はフルコースが基本。 ちなみに写真のコースは1万5000円 ピアエイト内の飲食施設は、このレストラン&バー「Larboard」と3階の鮨処「かたばみ」の2ヶ所がある。 ここまで、各施設や客室を見てきたが、ピアエイトは、海を間近に感じ、ゆっくりと流れる時間の中でくつろいで滞在できるリゾートホテルだった。 ターミナルや商業施設と一体となったホテルとして日本初のピアエイト。 この立地ならではの眺望は、きっとここでしか味わえない体験となるのだろう。 今後、どのように展開され、横浜の魅力を発信していくのか楽しみだ。 これからどんな人たちが訪れるか楽しみ 取材を終えて ピアエイトの客室はどの部屋も大きな窓に囲まれていて、ベッドに寝そべって風に当たっていたら、あっという間に時間が過ぎてしまいそうだった。 非日常的な空間を味わいながら、リゾート気分を堪能できそうだ。 また「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」との間で、専用の船での送迎もあるとのこと。 これまた、通常では味わえない、優雅な時間を過ごせそうな演出だと感じた。 -終わり- 取材協力 InterContinental Yokohama Pier 8 住所/横浜市中区新港2-14-1 電話/045-307-1111(ホテル代表) アクセス/横浜高速鉄道みなとみらい線「馬車道駅」より徒歩約10分、「みなとみらい駅」より徒歩約12分、JR京浜東北線・根岸線 「桜木町駅」より徒歩約15分 横浜ハンマーヘッド関連記事はこちら•

次の

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルの口コミ・評判

インター コンチネンタル 横浜 朝食

travel. rakuten. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. main? rakuten. r10s. jpg ブッフェ提供変更等 新型肺炎など感染症への当ホテルの対応について 新型肺炎など感染症拡大の状況をふまえ、お客さまの安心と安全を最優先事項とし、以下の対策を行っております。 当面の間、クラブインターコンチネンタル ラウンジを一時クローズいたします。 尚、クラブフロアにてご宿泊いただくお客様へは、代替会場や客室にてラウンジサービスをご提供いたします。 詳しくはホテルサイトにてご確認いただくかホテルへお問い合わせください。 【お客さまへのお願い】• 何卒お客様のご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。 ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル 〒220-8522 神奈川県横浜市西区みなとみらい 1-1-1 TEL:045-223-2222 代表 FAX:045-221-0650 代表 大観覧車をはじめとするみなとみらい21地区の夜景を一望できる「シティビュー」と、ベイブリッジを真正面からご覧いただける「ベイビュー」の眺望がお選びいただけるロケーションは、横浜観光の拠点としてはもちろんのこと、複合コンベンションセンター「パシフィコ横浜」に位置し、ビジネスの拠点としても最適です。 世界各国約100の国や地域に、5,000以上のホテルを展開する、インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG)のホスピタリティあふれるおもてなしで皆様をお迎えいたします。

次の