妊娠後期 吐き気。 妊娠後期に気持ち悪いのは後期つわり?いつまで続く?原因や対策法

【医師監修】妊娠後期の吐き気|原因と対処法、頭痛やむくみなどに注意|cozre[コズレ]子育てマガジン

妊娠後期 吐き気

Contents• 妊娠後期のつわり「逆流性食道炎」の原因 妊娠初期のつわりの原因はホルモンの関係だといわれていますが、 妊娠後期に訪れる「つわり」のような症状の主な原因は一般的に「子宮が大きくなること」による圧迫から起こるもの。 大きくなった子宮が胃を押し上げることで胃痛・胃もたれ・げっぷ・胸やけや吐き気が起こることがあります。 さらに妊娠期間中は消化器官系の動きが鈍くなっているため、胃酸が食道やのどに逆流しやすくなっています。 この胃酸の逆流により、のどがひりひり焼けつくような感覚を覚えたり胸やけを起こしたりといった不快な症状が起こるのです。 また、 出産への不安や心配事などといったストレスも胃痛の原因のひとつと言われています。 食事の内容もうどんやおかゆ、りんご、ヨーグルトといった消化吸収のよいものや温かいものを食べるようにすると胃の負担が減り、消化不良を起こしにくくなることで胃痛などの症状が和らぐかもしれません。 食事の量を減らすことでお腹が空いてしまうのであれば、少量ずつで食事の回数を増やすようにするといいでしょう。 ただし、食事回数を増やすことで摂取カロリーは増やさないように注意しましょう。 初期のつわりにオススメされることの多いグレープフルーツなどの柑橘類は、後期つわりの症状を悪化させてしまうかも! 水分のとり方に気をつける 食事の前にたくさんのお水を飲んでしまうと、食事の消化を妨げてしまうといわれています。 あくまでも少量ずつ飲むように心がけ、食事の前30分間は大量にお水を飲むことは避けましょう。 また、 気持ちが悪いからと言って冷たい飲み物を飲むのは胃を荒らす原因になります。 できるだけ温かい飲み物で水分補給をするようにして、温めてあげるように意識しましょう。 胃痛のあるときは、緑茶・コーヒー・紅茶などはノンカフェインであってもあまりおススメできません。 できれば白湯が一番胃に優しく、負担がかかりません。 食べた後すぐに横にならない 食事のあとすぐに横になると、胃酸が逆流しやすくなります。 眠る前の食事は避けて、夕飯の量を少し少なめにするように心がけましょう。 食べた後は最低でも2時間は横にならず過ごします。

次の

ナウゼリンとプリンペラン、妊娠・授乳中に使用できるのはどっち?同じ吐き気止めでも何が違う?

妊娠後期 吐き気

ホルモンバランスの変化 出典: 妊娠後期になると、ホルモンバランスが変化していきます。 プロゲステロンというホルモンの分泌量は、妊娠8ヶ月~9ヶ月にピークを迎えたあと、出産前に減少していきます。 これに対し、エストロゲンというホルモンの分泌量は、出産前まで増え続けます。 こうしたホルモンバランスの変化は、赤ちゃんの成長に欠かせないものですが、ママが吐き気を催す原因にもなります。 プロゲステロンには消化器官の筋肉を緩める働きがあるため、胃液が逆流しやすくなり、吐き気を感じてしまうのです。 また、胃の消化機能が低下して消化に時間がかかるようになるので、胃酸が増えます。 これによっても逆流しやすくなり、吐き気を催すようになるのです。 頭痛や息切れ動悸、むくみには注意!妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の場合も 妊娠後期になると、妊娠高血圧症候群も心配になります。 妊娠高血圧症候群では、高血圧や尿タンパクといった症状が出ますが、症状が悪化すると吐き気を感じることがあります。 妊娠高血圧症候群になると、赤ちゃんの発育に影響が出ることがあります。 重症化するとママ、赤ちゃんともに危険な状態に陥ることもあるので、注意が必要です。 妊娠高血圧症候群であれば妊婦健診のときに診断でわかることが多いですが、1~2日の間に発症して急激に悪化することもあります。 妊娠高血圧症候群と診断されていなくても、頭痛や胃痛、めまいや立ちくらみ、ひどいむくみ(朝起きた時にすねを押してみましょう。 へこみがなかなか戻らない場合は要注意です)、けいれんといった症状があらわれたときは、次の健診を待たずに受診するようにしましょう。 牛乳やヨーグルトがおすすめ!控えるべき食べ物は? 出典: キャベツや卵には、胃の粘膜を修復し胃酸を抑える働きがあるので、おすすめです。 また、大根や山芋は消化を助ける効果が期待できます。 食道や胃の痛みを和らげるには、ホットミルクやヨーグルトも良いでしょう、 一方、控えた方が良いのは脂肪分や糖分が多いもの、カフェインや辛いものなどの刺激物、酸味の強い物です。 これらは胃酸を増やしてしまいます。 また炭酸飲料は、お腹の中で炭酸ガスが膨らむので、控えた方が良いでしょう。 口の中をさっぱりさせたいときは、ガムを噛んだり、ミントを浮かべたお水を飲んだりしてはいかがでしょうか。 食事中に水分をとりすぎると胃液が薄まり、消化が悪くなってしまいます。 水分摂取量に注意しましょう。 姿勢や服装に注意 お腹を圧迫すると、症状がさらにひどくなってしまいます。 猫背にならないように気をつけましょう。 長時間屈んだりするのも良くありませんので、注意が必要です。 また、胃液が逆流しやすい状態ですので、食事を終えてから30分くらいは横にならないようにしましょう。 寝るときも、クッションなどを身体の下に入れ、上体を少し高くして寝ると良いでしょう。 その際は右半身が下になるようにすると消化しやすくなり、胃痛が和らぐと言われています。 お試しください。 妊娠後期は恥骨痛があらわれる時期なので、骨盤ベルトを使用しているママもいると思います。 しかし、骨盤ベルトを使用すると、場合によっては吐き気がひどくなることがあります。 骨盤ベルトを使用する際には、助産師さんなどに骨盤ベルトの正しいつけ方を指導してもらいましょう。 それでも吐き気がひどくなるようでしたら、しばらく使用を中止してください。 お腹を締めつけるような服装は控えた方が良いです。 なるべく楽な服装で過ごしましょうね。 こんなときは病院へ 出典: ・激しい下痢症状があるとき 水のような便が何度も出るような場合は、細菌やウイルスによる胃腸炎かもしれません。 胃腸炎そのものは赤ちゃんに影響を与えるものではありませんが、下痢が続いて脱水症状になると危険です。 激しい嘔吐もみられる場合は、吐き気が落ち着いた時点で病院を受診しましょう。 ただし、胃腸炎の場合は周囲への感染も心配です。 赤ちゃんや妊婦さんにうつさないように産婦人科は避け、内科や消化器科などを受診するようにしましょう。 ・食事がとれないとき 吐き気や嘔吐で食事がとれなくなったら病院へ行きましょう。 さらに重症化すると、水分も受け付けなくなります。 尿が少なくなる、口が渇く、激しい頭痛がする、といった症状があらわれると、脱水症状になっている可能性があります。 脱水症状になるとママも赤ちゃんも危険な状態になることがあるので、そうなる前に受診しましょう。 食後と就寝時に胸焼けがありました akanexさんからの体験談: つわりの時期も胸焼けはありましたが、妊娠後期の30週に入ってからが特にひどかったです。 動いているときは平気なことが多く、決まって食事の後と就寝時に胸焼けがありました。 じわーっと胃液が上に上がってくる感じがして苦しく、また、のどが酸っぱく感じられて気分が悪くなり、眠れないことも多々ありました。 胸焼けは赤ちゃんが産まれるまで続きました。 大きくなったお腹に胃が圧迫されて胸焼けを起こしていたので、食事を数回に分けてとるようにして1回の食事の量を減らしたり、胸焼けがひどくなる就寝前に食事をしなくて済むように食事の時間を早めたりしました。

次の

【医師監修】妊娠後期の腹痛|キリキリ・チクチク痛、下痢や吐き気も

妊娠後期 吐き気

吐き気というと妊娠初期のつわりを思い浮かべるお母さんも多いでしょう。 しかし吐き気は妊娠初期だけに限りません。 中には妊娠初期からずっと吐き気に悩まされ、中期、後期、そして臨月までずっと吐き気に悩まされるという方もいるようです。 一般的に妊娠後期の吐き気は後期つわりの一種であり、他にとくに異常な点がなければ自然におさまることが多いので心配はいりません。 ただし吐き気が激しく食べ物が喉を通らなくなったり、度々の嘔吐があると、水分の補給が不足してしまい、脱水症状を起こしてしまいますので注意が必要です。 他にも感染症や妊娠高血圧症候群、さらには陣痛の前触れである場合もありますので、気になる場合には早めに主治医の診断を仰ぐようにしましょう。 妊娠後期 臨月の吐き気の原因とは? 妊娠中の吐き気というと、妊娠初期に起こる「初期つわり」の代表的な症状ですが、吐き気は妊娠後期にも起こります。 妊娠後期に起こる吐き気の原因は、子宮の中で赤ちゃんが大きくなってきたために、胃が上にせりあがってくることにあります。 吐き気の他にも、後期つわりには個人差があり、さまざまな症状があらわれます。 頭痛や胃のもたれ、むかつき、食欲不振やイライラ、胸やけやげっぷなど、症状は多岐にわたっていますが、原因は大きくなった子宮が胃を圧迫することにあります。 妊娠後期の吐き気は「後期つわり」の一種 あともう少しで出産というときに起こる吐き気や胃痛、妊娠後期に起こるこのような症状は、「後期つわり」と呼ばれています。 つわりに関しては個人差が多く、ほとんどつわりを感じないという方もいれば、妊娠後期までつわりが続く、という方もいます。 妊娠初期のつわりの原因は、黄体ホルモンの分泌が多くなることや、妊娠に伴う体や心の変化によって引き起こされる精神的ストレスなどにあります。 他方後期のつわりは、赤ちゃんの成長に伴い子宮がどんどん大きくなることに起因します。 子宮が胃腸を上にせりあげるため、胃酸が逆流すると胃やけや圧迫感とともに吐き気などの症状が起こります。 後期つわりの起こる時期 妊娠後期に起こる吐き気は、基本的には妊娠後期、すなわち28週以降に起こることが多いようですが、人によっては妊娠中期から吐き気や胃のもたれを感じる方もいるようです。 吐き気の症状はそのまま臨月までずっと続く場合もあれば、臨月を迎える前に自然に収まることもあります。 臨月になってからの吐き気は陣痛の前触れということもありますので、臨月を迎えてからの吐き気にはとくに注意が必要です。 妊娠後期の食事管理 吐き気を催したら静かに休息を取り、安静にするようにしましょう。 食べたあと横たわると、さらに胃酸が逆流することがあるので気をつけましょう。 妊娠後期になって吐き気を感じるようになったら、食事のメニューや食べ方を見直す必要があります。 妊娠後期に入るとそれまでよりも行動量が減り、運動消費カロリーは確実に減少します。 そのため食べ過ぎるとすぐに体重が増加してしまう恐れが。 どうしても食べられないときには無理をせずに、飲み物など胃腸に負担のかからないものをとりあえず取るようにしましょう。 吐き気をこらえて食べたくないものを食べるよりも、食べられそうなものを少量ずつ食べるようにしてください。 吐き気を予防するための食事の仕方 大きくなった子宮に胃が圧迫されてしまう時期ですので、食事は一度に食べる量を少なくし、出来るだけ胃に負担がかからないようにしましょう。 食材としては消化しやすく、胃腸に優しいものを選び、刺激の強いものや消化しにくいものは出来るだけ避けるようにします。 栄養バランスを考え、不足しやすい鉄分やカルシウムなどを多く含む食材を毎日の食事に取り入れるようにすることが必要です。 消化に時間がかかるもの、油分が多いものや辛いもの、腸の中に溜まってしまいそうなものは出来るだけ控えましょう。 妊娠後期は血圧が高くなる恐れもありますので、味付けは出来るだけ薄味にします。 塩分の取りすぎは後期つわりの症状をさらに悪化させますので、塩分控えめ、低カロリー、しかし栄養素はふんだんに含む食事メニューにしましょう。 下痢を伴う嘔吐がある場合 吐き気だけでなく実際に嘔吐があり、それに加えて下痢の症状が見られる場合には、そのままにしておかずに医師の判断を仰ぐようにしましょう。 嘔吐に加えて下痢の症状がひどい場合には、感染症にかかっている恐れもあります。 妊娠中はホルモンの分泌のせいで、とかく下痢になりやすくなります。 後期つわりでは、便秘と下痢という一見すると反対の症状を交互に繰り返してしまうこともありますので、たかが下痢と軽くみることなく、早めに病院に連絡するようにしましょう。 嘔吐があった場合は水分補給を 胸がむかむかする、胃やけがする、という段階を越して、実際に嘔吐してしまったら、水分補給を怠らないようにしましょう。 妊娠中は喉が渇きやすく、ちょっとしたことで脱水症になりやすいといわれています。 母体に水分が不足してしまうと、赤ちゃんに深刻な影響を与えてしまいます。 吐き気を感じてしまい、食事がのどを通らなくなると、栄養不足だけでなく水分不足にもなります。 赤ちゃんの体の水分量は体重の約八割近くにもなるといわれていますので、お母さんの体の水分不足が赤ちゃんに悪い影響をもたらさないよう、十分注意しましょう。 貧血の可能性による吐き気 意外に思われるかもしれませんが、妊娠後期の辛い吐き気は貧血が原因である可能性があります。 元々めまいや倦怠感以外にも吐き気は貧血の一症状ですが、赤ちゃんが一段と成長する妊娠後期はお母さんの血液が赤ちゃんへ優先的に回るため、お母さんは貧血になりやすく、対処しても改善が見られにくいという状態になります。 特に妊娠前から貧血で治療を行っていた方は、担当医の指示に従って少しでも貧血を抑えるように意識しましょう。 貧血が原因で吐き気が起きる方は、まず無理をしないのが一番です。 家事や買い物などは、頻繁に休憩を挟みながらゆっくり行うようにしてください。 胃腸炎の可能性による吐き気 妊娠後期は体の変化による吐き気以外に、感染症によるものも少なくありません。 特に冬はノロウイルスなどの胃腸炎が流行するので、免疫力の下がった妊婦さんは感染しやすいです。 胃腸炎になると吐き気だけでなく下痢や熱の症状が見られ、お腹の大きくなった妊婦さんにとっては完治まで非常に辛い数日となってしまいます。 胃腸炎で一番怖いのは脱水症状なので、少量ずつでも水分補給を欠かさないように気をつけましょう。 感染を防ぐには、帰宅後の手洗い・うがいはもちろん、家族が触るドアノブやトイレなどの除菌も重要です。 妊婦さん一人で対策しても、家族が外から感染して胃腸炎になってしまったら意味がありませんので、家族全員で感染予防していくようにしましょう。 妊娠高血圧症候群の可能性 妊娠後期の吐き気はたいていの場合つわりの一種であり、食事の取り方や内容に注意することにより、深刻な事態には至らないことがほとんどです。 しかし稀にですが、妊娠高血圧症候群にかかってしまい、そのせいで吐き気や頭痛、嘔吐が起こることがあります。 妊娠高血圧症候群は、妊娠中毒症と呼ばれることもある症状ですが、その特徴は妊娠中期以降に高血圧が続くことにあります。 自覚症状がない場合も多く、気が付かないうちに重症になってしまう怖い症状です。 症状に気づかずそのままにしておくと、子宮や胎盤への血液の流れが悪くなり、結果的に赤ちゃんに対して栄養分や酸素が十分に届かない、という事態に陥ってしまいますので十分に注意が必要です。 妊娠高血圧症候群の症状としては、吐き気、むくみ、頭痛、倦怠感、眠気など。 状態に応じてあらわれる症状も異なりますので、気になる場合には放置せず、念のため病院で確認してもらうようにしましょう。 治まる目安はいつ頃? 吐き気や胸焼けが続くと、こんな状態で赤ちゃんが産めるのだろうかと悩んでしまう方もいらっしゃるでしょう。 実際は臨月に入って赤ちゃんが下がり始めると子宮の位置も下方に移動するため、胃の押し上げがなくなって胃の機能が回復し、吐き気が治まります。 一般的に赤ちゃんが下がるのは正産期である妊娠37週以降と言われていますが、初産の方は赤ちゃんが下がるのに時間がかかる傾向にあります。 経産婦よりも骨盤が十分に開いていなかったり筋肉に柔軟性がないといった事が理由に挙げられますので、普段からウォーキングやスクワットをして股関節周辺の筋肉を十分ほぐしておく必要があるでしょう。 また、運動をすれば血行が促進されて鈍りがちな胃の機能も活性化できますので、ぜひ試してみてください。 臨月に吐き気があったら いよいよ臨月に入ると、これまで多く分泌されていた黄体ホルモンに代わり、エステロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンの分泌が次第に増えるようになります。 ホルモン分泌が増減することもまた吐き気の原因の一つといわれています。 臨月の吐き気はそのまま陣痛の予兆である場合もあります。 前駆陣痛と呼ばれる本当の陣痛前に起こる予兆としては、腰痛、お腹のはりや痛み、下痢、吐き気などがあります。 吐き気とともに他にも陣痛の予兆が起こったら、病院に連絡するようにしましょう。 リラックスしてストレスを減らすこと 妊娠後期になり、いよいよ出産まであとわずか、という時期にくると、これまでの疲れや精神的な負担が、途端に重く感じられるようになります。 大きくなったお腹を抱え、自分の容姿に対する自信を無くすお母さんもいるようです。 お母さんが妊娠中に精神的なストレスを感じてしまうのは、生活のすべての局面を妊娠という状態に埋め尽くされてしまうから。 あまり自分を追い詰めずに出来るだけゆったりした気分でいるのが、妊娠後期・臨月を乗り切るコツです。 胃薬等の服用の考え方 妊娠中は薬を飲まないように気をつけるのが正解ですが、妊娠後期になれば薬がお腹の赤ちゃんの先天性異常の原因の可能性は低いです。 もちろん薬の成分によっては赤ちゃんへ害のあるものもあります。 妊娠後期の吐き気で病院で処方される薬は赤ちゃんへの影響がありませんので、安心して服用してください。 市販の胃薬でもOKと指導する病院もありますが、やはり病院で処方してもらったほうが安心して服用できるでしょう。 吐き気を我慢すると食事量が減って体力が落ちてしまったり、赤ちゃんへ栄養が届かない可能性がありますので、薬を我慢するよりは飲んだ方がメリットは大きいです。 医師に相談の上、辛い時は試してみてください。 まとめ 妊娠後期に吐き気があった場合には落ち着いて安静にするのがいちばんです。 後期つわりの典型的な症状の一つですのでとくに心配する必要はありませんが、吐き気が毎日続く方は食事の取り方や内容を考え、胃腸に負担のかからないものにしましょう。

次の