青森 コロナ 感染者。 青森県の新型コロナウイルス感染症指定医療機関と病院病床数は?

青森県の新型コロナウイルス感染症指定医療機関と病院病床数は?

青森 コロナ 感染者

青森県は23日、八戸市に住む70代の夫婦が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 同県での感染者は初めて。 県によると、夫は今月9日からツアーでスペインへ旅行し、16日に成田空港に到着後、新幹線で同市に移動。 夫は18日から、妻も19日から発熱などの体調不良を訴え、22日に2人で同市内の医療機関を受診。 23日にPCR検査の結果、陽性反応が出た。 現在、肺炎の症状は出ていないが、同市内の感染症指定医療機関に入院した。 夫は会社経営者で、17日と20日に職場で書類整理をしていたが、他の社員は不在だった。 夫婦とも外出時はマスクを着用していたという。 また、県によると、同市と三戸郡内に住む9人がこの男性と同じツアーに参加していることが判明し、今後、PCR検査を行う予定。 三村申吾知事は「県民には手洗い、うがい、せきエチケットなどを徹底し、感染予防に努めてほしい」と語った。

次の

カルテ流出元は看護師 青森、コロナ感染者入院

青森 コロナ 感染者

新型コロナウイルス感染症に関する情報について 新型コロナウイルス感染症患者の青森市内の発生状況 新型コロナウイルス感染症患者の青森市内の発生状況については、をご覧ください。 青森市帰国者・接触者相談センター相談対応状況及び検査実施状況について 青森市帰国者・接触者相談センターの状況及び検査の実施状況については、をご覧ください。 特別定額給付金の申請について 令和2年4月27日現在において青森市の住民基本台帳に記載されているかた、1人につき10万円を給付します。 申請方法などの詳細については、をご覧ください。 新型コロナウイルスに感染した方などへの配慮について 新型コロナウイルスに関して、市内においても、感染した方や濃厚接触者、ご家族や医療従事者の方々に対し、差別的な心ない言動が見受けられます。 新型コロナウイルス感染拡大により、これまで経験したことのない大きな試練に直面しています。 この難しい状況を乗り越えるためには、私たち一人ひとりが心を一つにして力を合わせ、協力し合うことでしか克服することはできません。 互いへの思いやりや配慮がある社会であることを示す機会でもあり、市民の皆さんには不確かな情報に惑わされたり、必要以上に恐れたりすることなく、冷静な行動を取っていただくようお願いします。 また、青森地方法務局では、新型コロナウイルス感染症に関連する不当な偏見、差別、いじめ等に遭った方からの人権相談を受け付けています。 困った時は、一人で悩まず、相談してください。 NEW! 本市施設の利用に当たりましては、新型コロナウイルス感染症の感染防止のための、いわゆる「3つの密」の回避や、「人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗いなどの手指衛生」をはじめとした基本的な感染対策に加え、利用人数の制限など感染防止対策の取組を実施しております。 施設の対応状況につきましては、それぞれの施設までお問合せくださるようお願いいたします。 商工業に関する情報•

次の

青森県八戸市コロナウイルス感染者2名は誰で病院はどこ?記者会見内容まとめ

青森 コロナ 感染者

新型コロナウイルス感染症とは、過去ヒトで感染が確認されていなかった新種のコロナウイルスが原因と考えられる感染症です。 世界保健機関(WHO)によれば、現時点の潜伏期間は1-12. 5日(多くは5-6日)とされており、また、他のコロナウイルスの情報などから、感染者は14日間の健康状態の観察が推奨されています。 (厚生労働省ホームページ)• (厚生労働省ホームページ)• (厚生労働省ホームページ)• (首相官邸ホームページ) 帰国者・接触者相談センター 帰国者・接触者相談センターは、感染が疑われる方について、医療機関の紹介や連絡方法等をお伝えし、受診調整を行います。 今後、国内での感染を広げないためにも、以下の目安に従い、各保健所に設置している「帰国者・接触者相談センター」へ御連絡ください。 【帰国者・接触者相談センターに御相談いただく目安】 以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。 (これらに該当しない場合の相談も可能です。 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合• 重症化しやすい方(高齢者や基礎疾患がある方等)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合• 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合 妊婦の方へ• 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。 (令和2年5月14日版 厚生労働省) (厚生労働省ホームページ) お子様をお持ちの方へ• 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。 これまで通り、検査については医師が個別に判断します。 帰国者・接触者相談センター 連絡先 保健所名 電話番号 管轄市町村名 東地方保健所 017-739-5421 平内町、今別町、蓬田村、外ヶ浜町 弘前保健所 0172-33-8521 弘前市、黒石市、平川市、西目屋村、藤崎町、大鰐町、田舎館村、板柳町 三戸地方保健所 0178-27-5111 三戸町、五戸町、田子町、南部町、階上町、新郷村、おいらせ町 五所川原保健所 0173-34-2108 五所川原市、つがる市、鰺ヶ沢町、深浦町、鶴田町、中泊町 上十三保健所 0176-22-3510 十和田市、三沢市、野辺地町、七戸町、六戸町、横浜町、東北町、六ヶ所村 むつ保健所 0175-31-1891 むつ市、大間町、東通村、風間浦村、佐井村 青森市保健所 017-765-5280 八戸市保健所 0178-43-2291 新型コロナウイルス感染症患者となった方と接触があった方の健康観察について 保健所から健康観察の対象と伝えられた方については、14日間の健康チェックにご協力をお願いします。 ご自身でチェックされる場合には、以下の健康観察票をご活用ください。 (健康観察票の記入方法等は、管轄保健所へお問い合わせください。 医療機関の皆様へ• 流行地への渡航歴がある方や、新型のコロナウイルスの患者(疑いのあるものを含む)と接触歴のある方で、肺炎症状のある患者を診察した際には、最寄りの保健所までご連絡くださいますようお願いします。 また、院内での感染症対策を徹底していただきますようお願いします。 (も参照してください。 外国語、外国の方向けの対応について• 外国人患者を受け入れる医療機関の情報:• 医療機関向け用サポートページ:• 旅館、ホテル等の宿泊施設の営業者の皆様へ• 関連情報•

次の