平成 事件 なんj。 男を騙して殺した「平成の毒婦」たち、首都圏・鳥取の連続不審死や後妻業…

5分で分かる二・二六事件!なぜ事件が引き起こされたのか?

平成 事件 なんj

概要 [ ] 1984年の失踪事件 [ ] 、神奈川県平塚市で6歳男児Tが自宅前で遊んでいるのを最後に行方不明となる事件が発生。 母親O(当時32歳)は「買い物から帰ったらTが行方不明になっていた」と周囲に話し、捜索願を提出。 Oはテレビに出演し、大々的にを呼びかけたが成果はなかった。 頃からOは周囲に「男児Tがに」と主張するようになった。 2006年の遺体発見 [ ] 2006年5月1日午前11時頃、母親Oが住んでいた神奈川県平塚市のアパートから、男性Y(Oの前夫(故人)の連れ子・当時35歳)と女性R(Oと前夫の実娘・当時19歳)の遺体を、男性Yの実母が発見(ちなみにYとRは異母兄妹)。 当初は無理心中と思われたが、捜査を進めていくうちに、翌日段ボール箱に乳児2遺体と男児1遺体が見つかり、計5遺体が確認されることになった。 捜査 [ ] 遺体発見時、Yのすぐそばに「死にたい。 Rと一緒になりたい」という内容の遺書らしきものがあった。 そのため、「の末による自殺」という筋書きが推理できないわけでもなかった。 だが同時に、室内には母親Oが書いたと思われる「娘を殺してしまった」というメモが発見され、これにより事件は急展開を見せる。 同年5月3日、2006年3月以降に神奈川県平塚市のアパートから行方を晦ましていたO(当時54歳)が、Rに対する殺人容疑でされる。 Rは2005年10月12日以降の目撃証言がなく、ネット上の上日記が更新が途絶えたことから、この時期に殺害されたと推測される。 10月12日以降、Rの知人が携帯メールを送った際、Rの携帯から「入院していた」旨の返信が複数あったが、これらはOの生存偽装工作であると考えられた。 残り3遺体もOの子供である可能性が高まり、5遺体は全員Oに殺害されたのではないかという疑いも持たれた。 しかし、男性Yに関しては遺書があったため2006年3月に自殺したと認定された。 また、残り3遺体に関しては死後20年近く経過しているが3遺体ともOの子供であり(乳児2遺体はRが生まれた前後に生まれている)、男児1遺体は1984年に捜索願が出されていた長男Tと同じであることが判明。 この3遺体に関して母親Oによる犯行嫌疑の側面からをしたが、の壁(は15年・は3年)があったため、母親Oが長男Tと乳児2人の死に関してはで裁かれることはなかった。 また、Yの死体遺棄罪については、Yの自殺前からOがアパートを出た後に立ち入っていた形跡が確認できないとして、Oのはされなかった。 Oは知人らに多額のの返済を迫られており追い詰められた状況にあったという。 いずれにせよ生き残っているのがOのみである以上、関係者のとしてはOの証言が第一に取り上げられるという問題があった(Oには元夫・内縁の夫がいたものの、2人とも事件発覚時には死亡している。 ちなみに元夫はに巻き込まれた末の災害死、内縁の夫はと関わっている最中に病没)。 刑事裁判 [ ] 同年5月23日、R殺害の容疑でOは起訴される。 同年8月21日、初でOは「自分は殺していない」と主張。 同年10月2日、第2回公判では「真犯人は男性Yである」と主張する。 、OはR殺害容疑で17年をされる。 同年、は「遺体を長期間放置し、周囲にRの生存を装うなど不自然。 母親としての情愛を感じられない冷血な犯行。 YにRを殺害する動機はない」として懲役12年のが言い渡された。 殺害を仄めかすメモが重要な証拠となって有罪となったが、動機も不審死の真相も分かっていない状況である。 Oはしたが、2008年10月23日には控訴を。 その他 [ ]• Rはの会員であり、2005年10月12日までmixi上の日記(一部ではとも)に母親Oに対する不満などを綴っていたことが、により報じられた。 前述の通りRの死亡推定日は、日記の更新がなくなった2005年10月12日とも一致している。 mixiの普及度・浸透度を示す事例となった一方、情報の出所について様々な憶測を呼ぶ事態にもなった。 本件以降、同様の事例において関係者のmixiの内容が取り上げられることも多くなった。 脚注 [ ]• 1984年12月に男児Tの行方不明となったと同じ時期である1984年2月に、で小学4年生が同じように行方不明になるが発生している。 城丸君事件は行方不明から14年後に行方不明時に最後に接触していた女性が行方不明男児の骨を密かに持っていたことが判明したため、殺人罪の公訴時効(15年)ぎりぎりでされた(では殺人罪のが確定している)。 関連項目 [ ]•

次の

元旦だし平成30年を未解決事件で振り返らないか?

平成 事件 なんj

概要 [ ] 1984年の失踪事件 [ ] 、神奈川県平塚市で6歳男児Tが自宅前で遊んでいるのを最後に行方不明となる事件が発生。 母親O(当時32歳)は「買い物から帰ったらTが行方不明になっていた」と周囲に話し、捜索願を提出。 Oはテレビに出演し、大々的にを呼びかけたが成果はなかった。 頃からOは周囲に「男児Tがに」と主張するようになった。 2006年の遺体発見 [ ] 2006年5月1日午前11時頃、母親Oが住んでいた神奈川県平塚市のアパートから、男性Y(Oの前夫(故人)の連れ子・当時35歳)と女性R(Oと前夫の実娘・当時19歳)の遺体を、男性Yの実母が発見(ちなみにYとRは異母兄妹)。 当初は無理心中と思われたが、捜査を進めていくうちに、翌日段ボール箱に乳児2遺体と男児1遺体が見つかり、計5遺体が確認されることになった。 捜査 [ ] 遺体発見時、Yのすぐそばに「死にたい。 Rと一緒になりたい」という内容の遺書らしきものがあった。 そのため、「の末による自殺」という筋書きが推理できないわけでもなかった。 だが同時に、室内には母親Oが書いたと思われる「娘を殺してしまった」というメモが発見され、これにより事件は急展開を見せる。 同年5月3日、2006年3月以降に神奈川県平塚市のアパートから行方を晦ましていたO(当時54歳)が、Rに対する殺人容疑でされる。 Rは2005年10月12日以降の目撃証言がなく、ネット上の上日記が更新が途絶えたことから、この時期に殺害されたと推測される。 10月12日以降、Rの知人が携帯メールを送った際、Rの携帯から「入院していた」旨の返信が複数あったが、これらはOの生存偽装工作であると考えられた。 残り3遺体もOの子供である可能性が高まり、5遺体は全員Oに殺害されたのではないかという疑いも持たれた。 しかし、男性Yに関しては遺書があったため2006年3月に自殺したと認定された。 また、残り3遺体に関しては死後20年近く経過しているが3遺体ともOの子供であり(乳児2遺体はRが生まれた前後に生まれている)、男児1遺体は1984年に捜索願が出されていた長男Tと同じであることが判明。 この3遺体に関して母親Oによる犯行嫌疑の側面からをしたが、の壁(は15年・は3年)があったため、母親Oが長男Tと乳児2人の死に関してはで裁かれることはなかった。 また、Yの死体遺棄罪については、Yの自殺前からOがアパートを出た後に立ち入っていた形跡が確認できないとして、Oのはされなかった。 Oは知人らに多額のの返済を迫られており追い詰められた状況にあったという。 いずれにせよ生き残っているのがOのみである以上、関係者のとしてはOの証言が第一に取り上げられるという問題があった(Oには元夫・内縁の夫がいたものの、2人とも事件発覚時には死亡している。 ちなみに元夫はに巻き込まれた末の災害死、内縁の夫はと関わっている最中に病没)。 刑事裁判 [ ] 同年5月23日、R殺害の容疑でOは起訴される。 同年8月21日、初でOは「自分は殺していない」と主張。 同年10月2日、第2回公判では「真犯人は男性Yである」と主張する。 、OはR殺害容疑で17年をされる。 同年、は「遺体を長期間放置し、周囲にRの生存を装うなど不自然。 母親としての情愛を感じられない冷血な犯行。 YにRを殺害する動機はない」として懲役12年のが言い渡された。 殺害を仄めかすメモが重要な証拠となって有罪となったが、動機も不審死の真相も分かっていない状況である。 Oはしたが、2008年10月23日には控訴を。 その他 [ ]• Rはの会員であり、2005年10月12日までmixi上の日記(一部ではとも)に母親Oに対する不満などを綴っていたことが、により報じられた。 前述の通りRの死亡推定日は、日記の更新がなくなった2005年10月12日とも一致している。 mixiの普及度・浸透度を示す事例となった一方、情報の出所について様々な憶測を呼ぶ事態にもなった。 本件以降、同様の事例において関係者のmixiの内容が取り上げられることも多くなった。 脚注 [ ]• 1984年12月に男児Tの行方不明となったと同じ時期である1984年2月に、で小学4年生が同じように行方不明になるが発生している。 城丸君事件は行方不明から14年後に行方不明時に最後に接触していた女性が行方不明男児の骨を密かに持っていたことが判明したため、殺人罪の公訴時効(15年)ぎりぎりでされた(では殺人罪のが確定している)。 関連項目 [ ]•

次の

平成アニメ炎上事件史②『さくら荘のペットな彼女』炎上事件を紹介・考察!|深淵のサルベージ~アニメ・漫画・映画をとことん楽しむブログ~

平成 事件 なんj

ほかにも立件されなかったが上田死刑囚と同じアパートに住んでいた男性(当時58)も10月27日に死亡し、睡眠薬と風邪薬が確認されていた。 トラック運転手男性はまだ寒い季節なのに全裸で発見され、電器店経営男性が発見された川は水深わずか数センチ。 いずれも水死だったが、事故や自殺としては不自然で、鳥取県警は殺人事件とみて捜査を開始した。 前述の2件とは違い、被害者はいずれも男女関係にはなかったが、多額の借金や商品代金の未払いがあり、返済と支払いを督促していた。 上田死刑囚はスナックホステスだったが、初めての客でもすぐに打ち解け、場を盛り上げることを得意にしていた。 閉店後の付き合いも良かったため、決してスマートな体型や美人とはいえない容姿ながら客には人気があったという。 そしてある日、妻子ある客の男性と同居するようになり、スナックに出勤しなくなった。 男性とは農機具や電化製品の転売で生計を立てていたが、代金支払いを巡るトラブルが相次ぐようになり、後に詐欺と窃盗容疑で5回逮捕される。 そして6回目の逮捕が、電化製品の代金約123万円の支払いを免れるため電器店経営男性を殺害した強盗殺人容疑だった。 さらに借りていた100万円以上の返済を求められていたトラック運転手を殺害したとして、強盗殺人容疑で7回目の逮捕となった。 前述の罪で起訴されたが、公判では「私はやっていません」と否認した以外、黙秘権を行使。 しかし、鳥取地裁は「被害者から金銭の支払いを求められ、都合の悪い存在を消し去ることで安泰を図ろうという冷酷、身勝手な犯行」などとして求刑通り死刑を言い渡した。 広島高裁松江支部、最高裁も支持し、死刑が確定した。 いずれの事件も、裁判で「殺害」が認定されたのは2~3人だ。 その一方で、証拠がなく立件はされなかったものの、もっと多くの方々が不審死を遂げているのも、まぎれもない事実だ。 もちろん、証拠がない事件を罪に問うことはあってはならない。 しかし、裁判ですべての真実が明らかにされるわけではなく、むしろ証拠が揃ったごく一部にしか過ぎない。 司法の限界でもあるのだが、本人しか知らない真実があると思うと、少し恐ろしい気がする。

次の