中央 競馬 ネット 購入。 はじめての方へ 電話・インターネット投票 JRA

競馬の馬券をインターネットから購入する方法【即PAT】

中央 競馬 ネット 購入

近年JRAは宣伝にかなり力を入れたため、競馬のイメージが大きく変わった方も多いのではないでしょうか。 競馬場は年齢層がグンと下がり女性も多く見かけるようになりました。 むしろ男女比は半々くらいに感じます。 しかし、初心者の方は競馬を始めたいけど、まず何を準備したら良いか分からない!という方も多いはずです。 そんな競馬初心者向けに、インターネットで馬券を購入するまでの手順を超入門編としてレクチャーしたいと思います。 まずは銀行口座を用意しよう 競馬をはじめるためには、まずJRAが指定する銀行の口座を用意する必要があります。 ご利用時の決済はすべて登録された銀行の口座を通しておこないます。 入会費や年会費、手数料や入出金の可否がそれぞれ違いますので自分に最も合った銀行を選びましょう。 必ず各銀行の専用ページをご参照ください。 指定銀行一覧• 即PATへの入金で楽天スーパーポイントが溜まる!! 全国の提携ATM(コンビニ等)で入出金が可能!!• 全国の提携ATM(コンビニ等)で入出金が可能!! 唯一「途中出金」ができない。 大きくて身近な銀行、いつでも入金出来るので私はこちらを選択しました。 特定の条件を満たすとATM時間外手数料・コンビニATM利用手数料が無料!!• セブン銀行ATMを利用すれば回数・金額関係なく無料• 即PATの会員登録をしよう 即PATとは、JRAの中央競馬の馬券をインターネットで購入する為のインターネット投票サービスです。 登録が完了すれば、パソコン・スマートフォン・携帯電話から馬券をご購入いただけます。 口座をお持ちであれば即日登録が可能です。 会員登録方法はJRAのホームページで詳しく紹介されていますので、初心者の方でも簡単に登録できます。 利用する銀行口座のボタンを押し、必要事項を入力して指示通りに進むと登録が完了されます。 「加入者番号」「P-ARA番号」「暗証番号」「INET-ID」は重要なので、大切に保管してください。 即PATの会員登録方法をレクチャーしてくれる動画です。 JRAさんは初心者にも優しい。 入金しよう 入金するためには即PATにログインします。 スマホ用の馬券購入アプリも存在しますが、使い勝手が悪いため私はPC版を利用しています。 即PATにログインする• にアクセスして左下のバナーからにアクセスします。 INET-IDを入力してログインボタンを押します。 INET-IDは、即PAT新規登録完了画面で表示しました、英数字8桁の認証コードです• 加入者番号、暗証番号、P-ARS番号を入力して「IPATメニューへ」ボタンを押します。 即PATに入金する• 即PATの画面が表示されたら、左上の入出金メニューを押します。 入金指示右の選択ボタンを押して入出金メニューに入ります。 入金金額を入力し、確認ボタンを押します。 確認画面で内容に問題が無ければ暗証番号を入力し、実行ボタンを押します。 入出金履歴画面で入金の確認ができれば馬券の購入準備が整いました。 実際に馬券を購入してみよう 2014年6月現在の即PATテストサイトの画面です。 以下、画面の説明です(左上から順番に)• 入出金メニュー• 情報メニュー…オッズや払戻額を確認します。 照会メニュー…当日・前日の投票内容を確認します。 暗証番号変更• 通常投票• オッズ投票…オッズを見ながら投票できるので分かりやすい!(私はこちらを利用)• Flash投票…iOS対応できていません。 個人的に使いづらいが初心者には良いかも。 馬券道場…JRAの企画ですが、すみませんよく分かりませんw• WIN5投票・照会…WIN5に投票できます。 セレクトと自動投票があります。 WIN5 Flash投稿…WIN5に投票できます。 iOS対応できていません。 オッズ投票から馬券を購入する FlashはiOSで使えないこともあり、オッズを見ながら投票できる、オッズ投票が最もメジャーな購入方法かと思うので、今回のレクチャーではオッズ投票で紹介します。 初心者の方はPCでFlashがもしかすると使いやすいかもしれません。 例えば今回はテストサイトの新潟11Rの新潟記念の馬連5頭BOXを購入する場合します。 こちらのがかなり分かりやすいかと思います! 購入したい馬を選択しオッズを表示をクリックし、購入したい馬組をクリックします。 選択出来たら右上のオッズ金額入力ボタンを押します。 各馬組に金額をセットします。 一括でセットしたい場合は右側の一括セットが便利です。 入力が終わったら下部の入力終了ボタンを押します。 合計金額の入力画面に入ります。 投票内容に間違いが無ければ、加入者番号・暗証番号・P-ARS番号・合計金額を入力して、下部の投票ボタンを押します。 投票結果画面が表示されたら、馬券の購入が完了しました!お疲れさまでした。 まとめ いかがでしたでしょうか。 馬券は購入できましたか? 馬券の購入ができたのなら、あなたも競馬界への入門が完了しました。 まずは、馬の名前などのインスピレーションで賭けてみてはいかがでしょうか。 もし競馬が好きになり予想力をつけて初心者を抜け出したいなら、競馬講座の別の記事も読んでみてください。 トラウマは、どんどん競馬講座を増やしたいと思います。 あなたの競馬ライフのお役に立てれば、私も嬉しいです。

次の

JRA(中央競馬) はネット投票・購入が可能!ネットで馬券販売中!

中央 競馬 ネット 購入

競馬は毎週地上波のテレビでメインレースが放送されて馬券は買わないまでも気になっている方はそれなりにいらっしゃるはずです。 しかし競馬をやったことがなくてかつ少しだけ競馬を始めたいと思った人の中には「どうやって馬券を買ったらいいの?」という疑問を持つ人もいらっしゃいますよね? 競馬場で買ったり、「WINS」と呼ばれる場外馬券場で直接「紙の馬券」を買えるのはもちろんのこと、馬券は「特定のインターネット銀行口座」を持っていればすぐに購入することが可能です。 しかしすでにネット銀行の口座を持っていればその日のうちに買う事ができますが、ネット銀行の口座を持っていない場合は数日掛かってしまうので、もしCMなどの影響で馬券を買いたいと思った方は早めにネット銀行の口座を作っておくことをおすすめします。 対象のネット銀行はいくつかあるのでそれらの違いを見ていきましょう。 初心者がネットで馬券購入を始めるなら「即PAT」 現在、日本中央競馬会JRAが公式に会員を募集しているのは3種類。 「即PAT」と「APAT」、「JRAダイレクト」といった種類になります。 このうち「APAT」はJRA専用の口座を開設しなければならないですし、開設完了まで2か月くらい掛かる過去の産物ですので初心者の方はあまり気にしなくていいです。 「JRAダイレクト」はクレジットカードを利用して馬券を買うという少し恐ろしい方式ですし、購入回数が3回、最低購入金額が1,000円、購入限度額が50,000円と非常に使いにくいのでこちらも初心者には全くおすすめできません。 なので今から馬券を買ってみたいと思う初心者の方には「即PAT」というネット投票システムに登録することをおすすめします。 「即PAT」は下記に紹介する特定のネット銀行口座があれば 即日馬券の購入が可能になりますが、ネット銀行の口座がまだない場合は先にネット銀行の口座を開設する必要があります。 開設までおおむね1週間くらいは掛かる銀行が多いので、始める人はあらかじめネット銀行の口座を開設しておきましょう。 馬券のネット購入におけるおすすめ銀行口座 馬券の購入に必要となる銀行口座は6種類から選ぶことになります。 銀行名 口座開設手数料 ATMへの入金手料 ATMからの出金手数料 口座開設までの期間 ジャパンネット銀行 開設、維持共に0円 毎月最初の1回と3万円以上は無料、それ以外は162円、ゆうちょATM使用の場合は324円 毎月最初の1回と3万円以上は無料、それ以外は162円、ゆうちょATM使用の場合は324円 スマホアプリがあれば5~7日程度 楽天銀行 開設、維持共に無料 セブン銀行、イオン銀行は216円。 それ以外は270円。 3万円以上はどこでも無料。 セブン銀行、イオン銀行は216円。 それ以外は270円。 スマホアプリがあれば2日~2週間程 三井住友銀行(SMBCダイレクト) 開設、維持自体は無料だが三菱住友銀行の口座が必要 三井住友銀行のキャッシュカード利用に沿う。 時間外は最低108円。 三井住友銀行のキャッシュカード利用に沿う。 時間外は最低108円。 スマホがあれば1~2週間程 三菱東京UFJ銀行 開設、維持無料 三菱東京UFJ銀行のキャッシュカード利用に沿う。 時間外は最低108円。 三菱東京UFJ銀行のキャッシュカード利用に沿う。 時間外は最低108円。 スマホがあれば1~2週間程 住信SBIネット銀行 開設、維持無料 無料 ランクに応じて2~15回無料。 それ以外は110円。 1週間程 ゆうちょ銀行 開設、維持共に無料 ゆうちょATMなら無料。 それ以外は108円及び208円。 ゆうちょATMなら無料。 それ以外は108円及び208円。 郵便局の窓口なら30分程度(通常営業時間内) 三井住友や三菱東京UFJ、ゆうちょも悪くはないのですが、 ネット銀行は24時間営業しているのが大きいですよね。 また競馬に使うネット口座を新たに作る場合、重要なのはATM利用に際する手数料だと思います。 セブン銀行などは多くのネット銀行が使用できますが、上記の通り一回入金するのにも平均200円くらい掛かる銀行が多いです。 一気に口座に預けられる人であれば手数料はあまり気にしなくてもいいかもしれませんが・・・これから競馬をやろうと思っている人たちの中には「必要な場合だけ入金したい」と考えている人も多いと思います。 1回の手数料はたかが200円くらいでも、積み重なれば大きいものです。 仮に200円の入出を1年間、52週間続けたと仮定するなら1万円を超えてしまいます。 これは出来るだけ抑えたいですよね。 というか200円あれば後2つ新しい馬券を買う事ができるのでそういう意味でも勿体ないです。 ちなみに日本中央競馬会JRAの支払いは非常に有能で、「即PAT」なら馬券の払い戻しは出金すれば即日口座に振り込まれます。 手数料を抑えるなら住信SBI、多用途ならジャパンネット銀行 結論ですがATM取引の手数料を抑える目的であれば 住信SBIネット銀行を使用するのが一番ではないかと思います。 ATMでの預入手数料0は本当に大きいです。 毎週ATMにお金を入れても手数料が掛からないということですからね。 対応しているATMも多く、イオン銀行、セブン銀行、ローソン銀行、ゆうちょ銀行、イーネット(ファミマとかにあるやつ)など多くのコンビニATMや銀行ATMで預け下ろしができます。 正直競馬をやっていると土曜で資金が全てなくなってしまった場合など追加で預け入れをしたいシーンはよくある(いいことではないが)ので本当におすすめの銀行です。 中央競馬以外にも地方競馬、競輪、ボート、オートレース、LOTOなどほとんどの公営競技に対応しているのもポイントですね。 そしてそもそもSBI証券などと関連する投資関連の会社でそういった方面にも強いので、投資にも興味がある人は住信SBIネット銀行で口座を一つ作っておいても損はないと思います。 こちらの住信SBI公式サイトから口座開設ができます。 でも悪くはないしヤフオクなど様々な用途に利用できるのでこれらも初心者にはおすすめです。 競馬の賭けは「100円」から買えるとても取り組みやすい競技だと思いますので、ぜひやったことない人にも挑戦してみて欲しいです。

次の

中央競馬のスマホ投票とは?投票方法の種類や馬券購入手順を解説

中央 競馬 ネット 購入

ここではインターネットで馬券を購入する方法 (中央競馬・地方競馬)についてお話をします。 中央競馬の馬券をインターネットで買うにはどんなサイトがあるのか? 地方競馬の馬券をインターネットで買うにはどんなサイトがあるのか? また申し込みの方法などについても説明をして行きたいと思います。 競馬は競馬場でレース観戦しながら馬券を購入するというのが 一番の醍醐味ですが、毎回競馬場での観戦は実質不可能です。 家が競馬場やWINSから遠いという時もそうですし 台風などの天候の都合で競馬場やWINSに行って 馬券を買えない事など、色々な事情があると思います。 そんな時に使えるのが、インターネットでの馬券購入です。 ネット購入は競馬の醍醐味を味わえない反面いい事もあります。 利点 その1 WIN5を購入出来る 現在WIN5はインターネットからでないと購入出来ません。 普段買う事のない馬券を堪能出来ます。 利点 その2 狙ったレースのみを購入出来る 競馬場に行くと大抵開催場所の全レースに参加してしまいますが ネット購入なら、自信のあるレースだけ参加出来るので 当然馬券の回収率は上がります。 既に利用している人も多いと思いますが 改めてインターネットでの馬券購入のツールと 申し込み方法を載せているので、 ネット購入を考えている人は参考にして下さい。 WIN5も購入出来る事や 携帯からも馬券購入出来ます。 【楽天競馬】 地方競馬全競馬場で購入出来るインターネット馬券購入ツール 日本最大の通販サイト楽天のポイントが使えるのが魅力 【オッズパーク】 地方競馬の全レースの映像を無料配信しているのが魅力 前日夜18時から投票出来る点もメリットです。

次の