韓国 俳優 ニュース。 韓国芸能界でアイドルの自殺が相次ぐ理由、BTS・KARAは大丈夫か

ソ・ジソプさんが結婚 韓国の人気俳優

韓国 俳優 ニュース

俳優パク・ジフンさんが11日、胃がんで亡くなった。 享年32歳。 故パク・ジフンさんの家族は15日、パク・ジフンさんのSNSを通じて11日死亡の便りを知らせた。 パク・ジフンさんのSNSには葬儀室に用意された花輪の写真とともに「連絡しそびれた方々がいるかと思い、もう一度文章を載せます。 新型肺炎の拡散にもかかわらず、温かい見舞いと激励のメッセージを送って下さったことに心より御礼を申し上げます」として「おかげさまで私の弟を天国に送ることができました。 私だけでなく、私たちの家族にも本当に大きな力になりました。 忘れません」という文章を掲載した。 また「常にコロナウイルスにお気を付け、ご健勝をお祈りします。 改めまして、心より御礼を申し上げます」と付け加えた。 1989年生まれである故パク・ジフンさんは、モデル出身の俳優でtvNドラマ『シカゴ・タイプライター ~時を越えてきみを想う~』などに出演した。

次の

韓国俳優イジュニョクのプロフィール、出演ドラマ、最新ニュース: 韓国ドラマ資料室

韓国 俳優 ニュース

フジテレビTWO 12月2日 いとしのクム・サウォル• BS-TBS 12月3日 医心伝心• フジテレビTWO 12月3日 結婚の女神• フジテレビTWO 12月3日 総理と私• 日テレプラス 12月5日 赤と黒• 衛星劇場 12月5日 詩を忘れたあなたに• KNTV 12月6日 復讐ノート• WOWOW 12月7日 ミスティ• Dlife 12月7日 星から来たあなた• DATV 12月9日 トキメキ注意報• KBS World 12月10日 プロデューサー• BS朝日 12月12日 恋の花が咲きました• KNTV 12月12日 姉は生きている• BS日テレ 12月13日 ひと夏の奇跡• WOWOW 12月13日 ラブレイン• BS11 12月13日 ハベクの新婦• BS12 TwellV 12月14日 インス大妃• KBS World 12月15日 たった一人の私の味方• TBS Ch1 12月17日 猟奇的な彼女• KNTV 12月18日 疑問の一勝• BS11 12月19日 シグナル• KNTV 12月21日 私の後ろにテリウス• Mnet 12月21日 プレーヤー• 衛星劇場 12月21日 空から降る一億の星• DATV 12月24日 W-君と僕の世界-• BS11 12月25日 憎くても愛してる• BS11 12月29日 恋するシャイニングスター• BS12 TwellV 12月29日 トゥー・カップス• BS11 1月3日 ゴー・バック夫婦• 日テレプラス 1月3日 トッケビ• 日テレプラス 1月4日 乾パン先生とこんぺいとう• BS11 1月5日 愛の温度• DATV 1月12日 十二夜• BS11 1月15日 サム、マイウェイ• WOWOW 1月16日 一緒に暮らしましょうか?! KNTV 1月18日 ボイス2• KNTV 1月19日 100日の郎君様• BS11 1月25日 甘い敵• KNTV 1月27日 ラブリー・ホラブリー• BS12 TwellV 1月30日 2度目の二十歳• 日テレプラス 1月30日 イ判サ判• BSフジ 1月31日 マンホール〜不思議な国のピル〜• BS11 2月12日 ウォンテッド〜彼らの願い〜.

次の

韓国俳優イジャンウのプロフィール、出演ドラマ、最新ニュース: 韓国ドラマ資料室

韓国 俳優 ニュース

韓国の若手俳優イ・シニョンに校内暴力()疑惑が浮上した中、当該の疑惑を暴露した者たちが謝罪文を発表した。 イ・シニョンは最近、あるオンラインコミュニティで校内暴力を告発された。 書き込みを行ったネットユーザーは自身をイ・シニョンの中学校の同級生と主張し、「中1のとき、自分を睨みつけたという理由で同級生に3回以上蹴りを食らわせ、不良仲間と共に暴言を吐いた」と暴露した。 さらに、「イ・シニョンは地元で有名な不良だった。 私たちの地域では知らない人がいないほどだった。 同級生を集めて教室で集団暴行を加えるなど、数回にわたり校内暴力行為をしてきた。 高校では過去を整理して、現在に至っている」と主張した。 このような書き込みが拡散され議論になると、イ・シニョンの所属事務所forestエンターテインメントは2月4日に公式立場を明かした。 同事務所は「匿名コミュニティで拡散された内容に関して、(イ・シニョンは)加担したことがない。 虚偽事実を流布する場合は法的に対応する」と疑惑を一蹴しながらも、「思慮のなかった時代の行動で、作品を共にしている制作陣や俳優、ファンの皆さんを傷つけて申し訳ない」と謝罪の意を示した。 (写真=イ・シニョンのSNS) 所属事務所の公式立場が発表されてから間もなくして、当該のオンラインコミュニティには校内暴力疑惑を主張した者たちの直筆謝罪文が掲載された。 中学校1年生のときの同級生を名乗るA氏は、「外で大きな争いをすることはなかったが、電話で少し口論をした。 そして、翌日学校で軽く殴り合いの喧嘩をした。 この内容がすべてで、結果的に大事に至ることなく終息した。 この件に対して、感情はない」と、これまでの立場を覆した。 別の暴露をしたB氏もまた、「再び記憶をたどってみると、シニョンはその場にいなかったようだ。 シニョンの身長や体格が加害者に似ていたので、勘違いしたようだ」とし、「暴行についても、シニョンが殴ったのではなく見間違いだったようだ。 会話していたところもまともに見ていない。 昔のことなので、よく覚えていない部分が歪曲されていたようだ。 はっきりしない文章で誤解と被害を与え、シニョンに申し訳なく後悔している」と謝罪の意を伝えている。 結果的に、イ・シニョンをめぐる今回の校内暴力騒動は単なるハプニングに終わった。 2018年にウェブドラマを通じてデビューしたイ・シニョンは、現在韓国で人気放送中のドラマ『愛の不時着』(原題、tvN)に出演中だ。 外部サイト.

次の