左 胸 の 痛み コロナ。 「胸が痛い」に関する1451件の健康相談があります【医療Q&Aなび】

胸の真ん中らへんが痛い!胸の痛みに考えられる病気のサインとは

左 胸 の 痛み コロナ

腹痛の中でも、脇腹は痛みを感じることも比較的多い部位でしょう。 自然と治る事も多いですが、原因によっては注意が必要な事もあります。 昨日から脇腹が少し痛くて、高熱も出て寒気も感じる• 急に脇腹の皮膚がピリピリと痛み出してきた• 普段は痛くないけど、体をひねるなど動かした時に肋骨や脇腹あたりが痛くなる このような症状がみられた場合、どのような原因が考えられるでしょうか。 脇腹が痛い場合に考えられる病気 脇腹に痛みが生じる病気には、以下のようなものが考えられます。 腎臓や尿路の病気 腎臓や尿路が関係している病気としては、やなどがあります。 尿路結石 尿の通り道には、腎臓・尿管・膀胱・尿道などがあります。 この尿路に結石(さまざまな物質が結晶化して大きくなったもの)ができる病気をといいます。 結石が尿路を下る際に痛みが生じ、結石ができた場所によって痛みが現れる部分が異なります。 多くは尿管に結石ができた場合に、結石がある側の脇腹に痛みが生じます。 痛み以外では、吐き気や血尿などの症状が伴うこともあります。 受診の目安と診察時に伝えるべきこと 脇腹の痛みが激しい場合や軽くても続いている場合、痛み以外に体や皮膚に何らかの症状が出ている場合には、一度受診しましょう。 病気によって専門の診療科は異なりますが、自分で区別をつける事は難しい場合も多いため、まずは内科などで相談するのがよいでしょう。 ただし、皮膚に水疱が現れている場合には皮膚科への受診が適しています。 診察時には、いつ脇腹が痛くなったのか、どのような時に痛むのか、どのような痛みか、他にどんな症状があるかなど、分かる範囲で具体的に伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 病気以外では、による痛みの可能性もあります。 筋肉痛 普段使わない筋肉を使ったり、激しい運動で筋肉を酷使すると、筋肉を構成している繊維が傷つきます。 この傷ついた筋繊維を修復する過程で炎症反応が起こり、痛みの原因となる物質が発生することでが発生すると考えられています。 運動などで脇腹の筋肉を使った後、脇腹に痛みが生じた場合には、の可能性があります。 筋肉痛になったら になったら、まずは安静にして過ごすようにしましょう。 の箇所に熱をもっている段階では、その箇所を冷やすことで痛みを和らげることができます。 熱をもっている時に冷やしてみるのもよいでしょう。 また、軽くマッサージをすることで、が和らぐ場合もあります。 マッサージをするタイミングとしては、血行が良くなっている入浴後が最適です。 力を入れすぎると逆効果になってしまう可能性があるので、軽めに行うようにしましょう。 良くならない時には いつまでも良くならない時には、一度病院を受診することを検討しましょう。

次の

肋間神経痛 (ろっかんしんけいつう)

左 胸 の 痛み コロナ

肋間神経痛のタイプと原因 症状の現れ方や程度は原因因子によりさまざまありますが、病的異常がみられない 原発性と何らかの病気が原因になる 続発性に分けられています。 原発性肋間神経痛 ストレスを感じているとき、長時間のパソコン作業、背中や肩にこりがあるときにズキズキするような痛みが生じるケースが多いです。 発作的に痛みが出現しますが、比較的速やかに症状が治まることが特徴です。 <原因> 最も多い発症原因としては ストレス過多が挙げられますが、 姿勢が悪い状態を長時間続けることで骨などから肋間神経が刺激を受けて発症するケースもあります。 また筋肉のこりが原因で、発痛性物質が出て痛みを起こすケースもあります。 原発性肋間神経痛は、 外傷や病気に起因していなくても起こる痛みです。 続発性肋間神経痛 体勢を変えたり、前かがみになったり、体を動かした際など、肋間神経に圧力が過剰にかかるような体勢になったときなどに、強い痛みが起こります。 帯状疱疹が原因の場合には、ジリジリ、ヒリヒリするような痛みが生じることがあります。 <原因>• 外傷が原因の場合 肋軟骨炎、肋骨骨折など、炎症や骨折が原因となります。 病気が原因の場合 胸膜炎、肺炎、肺がん等の胸郭内病変、帯状疱疹、腫瘍などの疾患が原因となります。 解剖学的異常が原因の場合 椎間板ヘルニア、側弯症などがあります。 その他にも、腹部内側からの圧力で筋肉が引き伸ばされている妊婦の方や、中高年の方に多い骨粗鬆症による圧迫骨折が原因になるケースもあります。 肋間神経痛の治療方法とは? 内服薬 消炎鎮痛剤等 や湿布の処方が一般的な治療法です。 これらの治療と並行して、運動療法やリハビリが行われることもあります。 続発性の場合には、服薬治療、患部固定、手術等、それぞれの症状に適した治療が行われます。 特に帯状疱疹の場合は、早い段階での抗ウイルス薬投与が重要なため注意が必要です。 肋間神経痛の予防法や注意点 肋間神経痛を予防するには、どんな方法があるのでしょうか?オフィスやご自宅で取り組みやすい方法をご紹介します。 同じ姿勢を長時間続けるとこりが生じやすくなるので、15分に一回程度体を動かすようにする。 ウォーキング等適度な運動を継続する。 日頃からストレスを抱え込み過ぎないようにする。 自己判断により受診が遅れてしまうことで、命の危機に晒される恐れもあるので、気になる症状がある場合には、 速やかに医療機関を受診して診断してもらいましょう。 何科を受診する? 動くと痛みが増す場合には整形外科、 痛みの程度に変化がなく持続する場合には内科を受診することをおすすめします。 <参考> 徳島県医師会Webサイト.

次の

脇腹が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

左 胸 の 痛み コロナ

咳やくしゃみをしたときに、同時に胸が痛むことはありませんか? 例えば、咳のしすぎで胸のあたりが筋肉痛になっていて、時間が経てば治まることもあります。 しかし、胸の痛みには重篤な病気が潜んでいることもあるので、注意しましょう。 この記事では、咳をしたときに胸が痛む原因と、原因となる病気の可能性について詳しく説明します。 咳をすると胸が痛い…原因は? 痛みの出所により原因が違う 咳をしたことによって胸が痛む場合には、いくつか原因が考えられます。 原因を探るためには、どこから痛みが出ているのかを突き止める必要があります。 それによって考えられる病気が異なってくるからです。 心臓や肺、内臓、肋骨など、どの辺りから痛みが起こっているかをはっきりさせることで、考えられる病気を絞ることができます。 肺や気管支、胸膜などの痛み 肺や気管支、胸膜などが痛む場合には、肺炎、胸膜(きょうまく)炎、気管支炎、気胸(ききょう)、肺がんなどが考えられます。 胸膜炎 胸膜炎は、細菌の感染によって肺を覆っている胸膜が炎症を起こします。 咳をしたときに胸が痛むほか、深呼吸をすると胸に痛みを感じたり、息切れしやすくなったりします。 肺炎 肺炎は、ウイルスや細菌の感染が原因で、咳や痰、発熱がおきます。 高熱が出ることも多いですが、高齢の方や、免疫抑制剤などを使用している免疫抑制状態にある方は、熱を生じない場合もあります。 気管支炎 気管支炎も、ウイルスや細菌に感染して気管支が炎症を生じます。 肺炎と症状が似ているので、正しい診断は医療機関を受診しておこなってもらうようにしましょう。 肺結核 肺結核は、肺に結核菌が感染することで発症します。 咳や痰など風邪に似たような症状が表われるので、風邪だと勘違いしやすい病気です。 症状が長引く場合は肺結核の可能性が高くなりますので、注意が必要です。 心臓や大動脈の痛み 心臓や大動脈が痛む場合には、狭心症、心筋梗塞、心膜炎、大動脈解離などが考えられます。 大動脈に症状がある場合は、身体の中心部分の胸、やや左よりに痛みを感じます。 症状によっては首や喉、左肩左腕、みぞおちあたりに痛みを感じるケースもあります。 食道や胃が痛む 食道や胃が痛む場合には、逆流性食道炎、胃潰瘍などの可能性もあります。 神経が痛む 神経が痛む場合は、肋間神経痛、帯状疱疹が考えられます。 筋肉や骨が痛む 筋肉や骨などが痛む場合には、肋骨骨折、肋軟骨炎、椎間関節症、筋肉痛などが考えられます。 肋骨骨折は、咳やくしゃみ、息を吸うときの刺激で骨折した部分に負担がかかり、痛みを伴うことがあります。 安静時の痛み 咳やくしゃみをしすぎると、胸の筋肉痛になることもあります。 しかし、安静にしていても胸に痛みを感じる場合は、心臓病や胸膜炎など、内臓に炎症が起こっていることが考えられますので、早めの医療機関への受診が必要です。 咳をすると胸が痛いときの対処法 病院を受診すべき症状 胸の痛みは何らかの不調のサインかも まず、咳やくしゃみなど、通常痛みを生じないような日常生活の行動で胸に痛みを感じる場合には、何かしらの不調がある場合が多いです。 胸に痛みを感じて気になる場合には、かかりつけの医療機関に相談してみましょう。 痛みが強い、長引く場合は受診を 日常生活に支障をきたすほどの痛みがある場合には、すみやかに病院を受診しましよう。 病気の種類によっては一刻も早く治療が必要になります。 風邪などであれば、数日〜1週間程度で痛みや咳、くしゃみの症状も治まるのが通常です。 それ以上長引いている場合、早めに病院を受診するようにしましょう。 何科を受診する? 咳やくしゃみの症状なら、耳鼻いんこう科や呼吸器科、内科を受診するのがよいでしょう。 症状が重い場合は二次救急を紹介してもらうこともできます。 病院での検査や治療 まずは検査を行い、咳やくしゃみで胸に痛みが出る原因を探ります。 胸の痛みの原因の検査 胸の痛みの原因を調べるには、胸部レントゲンや心電図検査などを行います。 必要に応じて血液検査やMRI、CT検査を行うこともあります。 処方薬をきちんと服用する 薬が処方されたら指示に従って薬を飲むことが大切です。 咳やくしゃみによって胸が痛む場合には、咳止めや去痰剤をもらうこともあります。 飲酒や喫煙を控える 日常生活において注意すべき点は、飲酒や喫煙を控えることです。 大きな病気が見つかった場合には、それぞれの病気に合わせてしっかり治療をする必要があります。 生活習慣を見直す 日頃から風邪をひかないように気をつけましょう。 日頃の生活習慣を見直すことも必要でしょう。 保湿をして喉をいたわる、禁煙して痰を出ないようにする、咳やくしゃみを軽減できれば、胸の痛みを減らすことにもつながります。 まとめ 咳やくしゃみによって胸に痛みを感じた場合には、まずはどこに痛みがあるか自分で確認してみてください。 また、痛みが出始めてからどのくらいの期間が経っているか、痛みはどの程度かもよく把握するようにしましょう。 痛みがひどく、日々の生活に問題が生じている場合には、少しでも早く病院を受診しましょう。 執筆者:荒牧内科 荒牧竜太郎先生• 関連記事.

次の