毀損 意味。 「毀損」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

名誉毀損はどこから成立する?よくある7つの状況例と判断基準を解説|IT弁護士ナビ

毀損 意味

「毀誉褒貶」の読み方、意味や語源とは では早速、読み方から押さえていきましょう。 「毀誉褒貶」は 「きよほうへん」 と読みます。 読み方も難しいですね…。 「毀誉褒貶」の意味 「毀誉褒貶」とは、「ほめたり、けなしたりすること」「世の中の評価、評判」という意味です。 世の中の評判って、不特定多数の人から集める意見なので、褒められるような良い意見から、けなされるような悪い意見まで様々ですよね。 どちらの意見も同時に存在することから、「毀誉褒貶」=「世間の評判」という意味になったのです。 「毀誉褒貶」の語源 語源が分かると、ただ意味を覚えるよりも理解度が深まるので、この語源も是非覚えておきましょう。 「毀誉褒貶」は特にどの漢字も難しいものばかりなので、それぞれの漢字にどういう意味があるかも同時に理解しておきましょう。 まず「毀」と「貶」です。 「毀」「貶」という漢字には「けなす、そしる」という意味があります。 よくテレビのニュースで「名誉毀損(めいよきそん)」という言葉が放送されますよね。 「名誉毀損」とは「他人の名誉を傷つけ、損害を与えること」という意味です。 人の名誉を、けなすことによって損ねるという意味なので「毀」という漢字が使われているんですね。 「誉」「褒」という漢字ですが、どちらも「ほめる」という意味です。 まさに「毀」「貶」とは正反対の意味を持っていますね。 正反対の意味を持つ「誉」「褒」と、「毀」「貶」。 どちらも一つの四字熟語に登場させることによって、まさに「ほめられる」ことと「けなされる」ことが共存していた意味になったのです。 「毀誉褒貶」の英語・類義語 「毀誉褒貶」の英語表現 また、「毀誉褒貶」を英語でいうと以下のようになります。 「praise and censure」• praise・・・ほめる• censure・・・非難 この2つの単語(「praise」「censure」)を「and」でつなげることによって「ほめられることと非難されること」つまり「毀誉褒貶」という意味になります。 「毀誉褒貶」の類義語 「毀誉褒貶」という言葉から入るとすごく難しく感じるかもしれませんが、実は「毀誉褒貶」という言葉にはとってもわかりやすい類義語があります。 それが 「賛否両論」です。 「毀誉褒貶」という言葉では「ほめる・けなす」ということが対比として挙げられた言葉ですが、賛否両論は「賛成・反対」が対比として使われている言葉です。 セットで覚えておきましょう。 こちらは「けなす」方の四字熟語ですが、参考までにご覧ください。 「毀誉褒貶」の使い方 では最後に「毀誉褒貶」の使い方をご紹介していきます。 「毀誉褒貶」単体ではなかなかどうやって使ったらいいのかわかりにくいですが、使い方にはコツがあるんです。 というのも、 「毀誉褒貶」という言葉の後にくっついてくる表現には、ある程度決まったものがあるんです。 毀誉褒貶が激しい・・・世間の評価が分かれる物事、人物を指して使うようにしましょう• 毀誉褒貶を顧みない・・・人からの評価をあまり深く意識しすぎないこと• 毀誉褒貶 相半ばする・・・世間の評判というのは、良い意見も悪い意見も半々だからあまり気にしなくてよいということ 【例文】• 「僕は自分が信じた道を歩くのみだ。 毀誉褒貶は顧みないぞ。 「結局他人は他人でしかないんだから、毀誉褒貶は顧みずに自分の意思を持つことが大事だよ。 「毀誉褒貶が激しくて、もうどうすればよいのかわらからなくなってきたよ…」• 「毀誉褒貶相半ばするのは当たり前の事なのだが、ここまで真っ二つに分かれるとはね。 「このバッグは毀誉褒貶が激しいんだ。 すごく軽量なんだけど、ポケットが全くついてないから仕分けが不便なんだよね…」 1の使い方としては、「一喜一憂」もよく似た表現ですね。 自分の人生は自分で切り開く 「毀誉褒貶」について見てきましたが、いかがでしたか? きっと新しい表現に戸惑う方もいたとは思いますが、また一つ新しい表現が増えて日本語に対する知識が深まりましたね。 世間の評価は本当に色々なので、『ひとつひとつに反応しなくても良い』ということが「毀誉褒貶」という言葉からも読み取れたのではないでしょうか。 意味も分からない難しい漢字というのはなかなかハードルが高いな・・・と感じる場合も多いかもしれませんが、よくよく意味を知っていけば、意外と身近に感じることができるものです。 学ぶのも学ばないのも、あなた次第ではありますが、少しずつ知っている表現を増やしていけばよりあなたの日本語スキルも上がっていきますよ。 自分のペースで知らない言葉とも仲良くなるようにしてみてくださいね。

次の

新型コロナウイルスの影響をうける事業者に補助金加点の可能性

毀損 意味

「名誉毀損」の意味と語源 「名誉毀損」の意味 それでは、「名誉毀損」の意味をご紹介します。 まず読み方ですが、「名誉毀損」は 「めいよきそん」と読みます。 「名誉毀損」とは、「他人の名誉を傷つけること。 また、その罪。 」と言う意味です。 何かを表す言葉というよりは、ある一定の行為による罪を指す言葉ですね。 民法では不法行為として709条に、刑法では名誉毀損罪として230条に条文が制定されています。 「名誉毀損」を言葉ではなく罪として捉えた時、民法と刑法では解釈が異なります。 しかし言葉として捉える分には意味は変わりません。 「名誉棄損」と書かれることもあります。 「名誉毀損」の語源 続いて「名誉毀損」の語源を紹介します。 「名誉毀損」を二語に分けて紐解いていきましょう。 まず「名誉」についてです。 「名誉」とは実は色々な意味があるのですが、ここでは「能力や行為について優れた評価を得ていること」や「社会的に認められている個人や集団の人格的評価」の意味を持ちます。 「名」前が「誉」められて評価をもらったと言うことですね。 目に見える物ではありません。 次に「毀損」は「物を壊すこと、物が壊れること」と「利益・体面などを損なうこと」という二つの意味があります。 どちらも何かを壊すことを意味していますが、後者の意味の方がしっくりきますね。 このように、「目に見えない利益や体面を傷つけられる・損なう」ことは、とても困ります。 そのための「名誉毀損」という罪ですね。 「名誉毀損」の英語表現と類義語 「名誉毀損」の英語表現 次に、「名誉毀損」の英語表記をご紹介します。 Defamation of character(名誉毀損) 【例文】• to be charged with defamation(名誉毀損の訴訟を起こす)• to prosecute one for defamation 「Defamation」は中傷、「character」は性格を意味する単語なので、直訳すると「性格を中傷する」と言う意味になります。 しかし「Defamation」だけでも「名誉毀損」と表せます。 「名誉毀損」の類義語 「名誉毀損」の類義語を紹介します。 誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)• 侮辱罪(ぶじょくざい) 「誹謗」は「悪口を言うこと」で「中傷」は「根拠のないことを言って相手の名誉を傷つけること」という意味です。 「誹謗」と「中傷」は単体でも「名誉毀損」と同じような意味になります。 「誹謗中傷」は「相手の名誉を傷つける行為のこと」で、「名誉毀損」はそれによって問われる罪のことですね。 「侮辱罪」は「名誉毀損」と同じように罪の名前です。 「侮辱罪」は「具体的なことがらを上げずに人をばかにしたり、はずかしめる」行為が罪となります。 「名誉毀損」は「具体的なことがらを上げて社会的評価を下げる」行為が罪となるので、厳密には異なる罪ですが、言葉の意味は似ています。 ちなみに、「誹謗中傷」については、こちらの記事に詳しく書いています。 「名誉毀損」の使い方の例文 最後に、「名誉毀損」の使い方を例文でご紹介します。 【例文】• 「あなたの言動によって、私の立場が無くなりました。 あなたのことを名誉毀損で訴えます。 「あの報道は、事実無根だ。 名誉毀損で訴えてやる。 「名誉毀損で訴えられてしまうなんて…軽い気持ちでSNSにタレントの悪口を書いてしまっただけなのに…」• 「これは名誉毀損に当たるぞ。 この記事は、彼の過去の行いを否定しているからな。 「たったこれだけの悪口でも名誉毀損に該当するの?」 「名誉毀損」は罪の名前なので、「名誉毀損で(訴える)」と使うことが多いですね。 さらに最近はSNSの匿名の書き込みに対して、著名人が訴訟を起こすというケースも多く見られるようになったので耳にすることも増えたのではないでしょうか。

次の

「ブランド毀損」という言葉

毀損 意味

インターネット掲示板やSNSへの誹謗中傷の投稿は違法な名誉毀損行為と評価される可能性があります。 しかし、一体どこからが違法行為であるかどうか、よくわからない方も多いと思います。 誹謗中傷が名誉毀損となるかならないかの判断基準をある程度知っておくことで、違法行為の加害者となることを避けられますし、被害者であればどのように対応するべきかを判断する目安となります。 このコラムでは「名誉毀損はどこから成立するのか」をテーマに、事例を挙げながら判断基準を考察していきましょう。 名誉毀損に該当するかの判断基準 名誉毀損について、刑法上は以下のように定義されています。 そのため、誹謗中傷が名誉毀損行為として違法となるかどうかは、以下を参考に判断するべきといえます。 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金に処する。 引用: それぞれを細かく見ていくと、 「公然」と 「事実」を摘示して 「名誉を毀損した」かどうかが判断の指標となります。 「事実」を摘示しているかどうか ここでいう「事実」とは、真実という意味ではなく、 事実確認ができるような具体的な事実であることを意味します。 例えば「会社の金を横領している」とか「不倫相手がいる」などの内容は、 事実の有無を確かめる余地があるので「具体的な事実」にあたります。 他方「バカ」や「気持ち悪い」といった内容は、 個人の主観的な感想・評価であって事実の有無を確かめる余地がないので「具体的な事実」にはあたりません。 「名誉を毀損」するものかどうか ここでいう「名誉を毀損」するとは、摘示された具体的事実により、被害者の 社会的評価が低下する可能性があることを意味します。 また摘示されたことによって、実際に評価が低下したかどうかは関係ありません。 投稿内容が社会的評価を低下させる可能性があるかどうかは、常識的観点から事案ごとに判断されます。 違法性阻却 上記基準の名誉毀損に該当するとしても、次の要件を全て満たす場合には名誉毀損行為としての違法性が否定され、投稿者が名誉毀損の責任を負うことはありません。 挙げた事実に公共性がある• 公益目的での行為である• 情報の内容が真実である、または真実と信じるに足りる相当な理由がある 一例として、政治家の不祥事を摘示している場合は、社会的な関心が高い情報であり、これを国民に広く公表する行為は基本的には公益目的といえそうです。 不祥事が真実である又は何らかの信頼できる根拠に基づいて真実と信じていたような場合には、事実を公表した者が名誉毀損行為について違法の責任を負うことはありません。 名誉毀損はどこから成立するのか ここでは仮想事例に基づいて、名誉毀損となるかどうかを検討していきましょう。 身内の不倫などの悩みを周囲に相談 夫や妻の不倫について家族や友人に相談することは、相手の外部的評価を貶める可能性があります。 しかし、家族や友人という 限られた範囲内で相談している場合には、通常は「公然」とされたものではないとして、 名誉毀損が成立する可能性は低いでしょう。 とはいえ限られた範囲を超えて、相手の職場に不倫している事実をぶちまけたり、相手の家族・友人複数名に不倫の事実をぶちまけるということをすれば、「公然」という要件が満たされて名誉毀損となる可能性は否定されません。 個人間トラブルをインターネットの公開された掲示板やSNSに晒す行為 個人間のトラブルについて、インターネットの公開された掲示板やSNSで相手を特定できる内容で「晒す」ような行為は、名誉毀損の条件をすべて満たすため、 違法行為となる可能性があります。 また個人間のトラブルであれば、投稿内容が公共性がある、公益性があるという評価を受ける可能性は乏しいため、違法責任が否定される可能性も低いと思われます。 伏字やイニシャルにした状態での誹謗中傷 伏せ字やイニシャルで個人・会社の名前がわからないようにした誹謗中傷は、 対象の特定が困難である限り、相手の社会的評価に影響がないことから 名誉毀損となることはありません。 しかしその他の周辺的・断片的な情報から、誰のことを指しているのかを通常人の観点から容易に特定可能な場合には、相手の外部的評価を低下させるおそれが認められ、名誉毀損が成立する余地があります。 例えば具体的な社名を伏せていたとしても、「売上ナンバーワン商社といわれるM社は…」と誹謗中傷した場合、名誉毀損になり得る可能性があるのです。 借金などの経済状況を吹聴する インターネット上で、相手を特定した上で「借金で首が回らない状態である」「借金の返済能力がない」などの情報を投稿すれば、相手の外部的評価が低下するおそれは十分にあります。 そのため、この場合も名誉毀損として責任を負うことになる可能性があります。 SNSでのなりすまし行為 SNSでの『なりすまし』行為は、不正アクセス行為などがされていれば別ですが、 直ちに違法行為となるわけではありません。 しかしなりすましのアカウントを通じて、なりすまされた人物の社会的評価が低下するおそれが認められる場合、なりすましアカウントでの 発言行為が名誉毀損となる余地はあります。 例えばなりすましのアカウントが「あのコンビニは簡単に万引できる」、「今日も複数店舗にいたずらをしてきた」といった投稿をしたような場合です。 まるでなりすまされた人物が犯罪行為や迷惑行為を繰り返しているかのように受け止められ、その人物の社会的評価が低下する可能性があります。 このような場合には、なりすまし行為を行った者が、なりすまされた人物に対する名誉毀損の責任を負う可能性はゼロではありません。 芸能人 著名人 に対する誹謗中傷 アイドル・歌手などの芸能人や、スポーツ選手・評論家・議員などの著名人に対するネガティブな投稿は、 常識的な批判や評価に留まる限りは、特に違法の責任を負うことはありません。 しかし、このような批判や評価を超えた誹謗中傷は、名誉毀損や侮辱などの違法行為となる可能性があります。 相手が著名人であるという理由だけで、このような誹謗中傷について免責されるということもありません。 むしろ著名人に対する誹謗中傷は炎上しやすく、社会的影響が大きいものとして悪質と評価される可能性は十分あります。 たとえば、妊娠・出産した元アイドルのブログに「子どもを虐待している」などと投稿する行為は「子どもを虐待するような人物だ」という誤解を招き、本人の社会的評価をおとしめる可能性があるとして名誉毀損となる可能性は十分あります。 口コミサイトへの酷評レビュー 飲食店の口コミサイトやショッピングサイトへの商品レビューなどには、『酷評レビュー』と呼ばれる厳しい内容が投稿されることも少なくありません。 口コミやレビューも 常識的な批判や評価に留まる限り違法の問題が生じることはありませんが、これを超えた誹謗中傷は何らかの法的責任を負う可能性があります。 この判断は、常識的な観点から、投稿の内容、目的、方法、結果等を総合的に考慮してケースバイケースで判断しなければならないでしょう。 そのため、投稿者からすれば正当な「批判」をしているつもりであっても、客観的に見れば「誹謗中傷」であると評価される場合も十分考えられます。 他人についてネガティブなコメントをする場合、 自身がそのコメントについて責任を負えるのかどうかについて、投稿前に一旦考える姿勢は大切でしょう。 判断が難しい場合は専門家への相談がおすすめ インターネット掲示板やSNSなどにおける誹謗中傷が名誉毀損罪にあたるのかを正しく判断するには、 法律的な知識・経験を必要とするものです。 そのため、判断に迷う場合は、独自に判断するのではなく、法務省の 『 』などの相談窓口にアドバイスを求めることが可能です。 人権相談では、全国各地の法務局の職員や人権擁護委員が相談を受け付けます。 インターネット上の誹謗中傷のほか、セクハラ・パワハラ・家庭内暴力などの諸問題に対してアドバイスをくれます。 相談は無料なので「まず相談したい」「専門家の判断を仰ぎたい」という方には利用がおすすめです。 【相談先】 法的措置をとる場合は警察か弁護士へ 名誉毀損となるような投稿を行った投稿者には、犯罪行為に対する 『刑事責任』と、賠償義務を負うという 『民事責任』が発生します。 刑事責任を追及する場合は警察の分野であり、民事責任を追及する場合は弁護士の分野といえますので、それぞれに対して相談等をすることになります。 名誉毀損の刑事責任 投稿者が名誉毀損行為について起訴され、刑事裁判で有罪判決が下され、同判断が確定した場合、投稿者には「3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金」が科せられます。 なお、名誉毀損罪で投稿者が刑事責任を問われるためには、被害者による『告訴』という手続きが必要です。 具体的には、警察等の捜査機関に対して犯罪事実を申告し、処罰を求める書面(所謂「告訴状」)を提出することになります。。 告訴を正式に受理した捜査機関は、申告された事案について刑事事件として立件して必要な捜査を行います。 警察は捜査が完了した時点で事件を検察官に送致し、検察官は追加捜査の必要性を検討したり、起訴・不起訴の判断をします。 検察官が捜査資料に基づいて「犯罪事実が認められるので、刑事裁判にかけるべき」と判断すれば起訴されます。 詳細記事 名誉毀損の民事責任 名誉毀損の被害を受けた場合は、加害者に対する損害賠償請求が可能です。 主な請求は慰謝料の請求となるでしょうが、その金額はケースバイケースであり、一概にはいえません。 一般的には1~50万円程度の範囲内で判断されるケースが多いです。 誹謗中傷が名誉毀損となるような場合、投稿者には刑事・民事で責任が生じる余地があります。 誹謗中傷を受けて「これは名誉毀損にあたるのか?」と疑問を感じたら、まずは専門家に相談してアドバイスを求めるのがベストです。 ネット上の誹謗中傷でお困りの方は、 ITのトラブルの解決実績が高い弁護士に依頼することで刑事・民事の両面における解決が期待できるでしょう。 今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、への加入がおすすめです。 何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。 そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。 弁護士費用保険メルシーに加入すると 月額2,500円の保険料で、 ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。 もちろん労働問題に限らず、自動車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。 (補償対象トラブルの範囲はからご確認下さい。 ) ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

次の