ジャンガリアン ハムスター。 ジャンガリアンハムスターの飼い方(選び方・性格・習性)

ジャンガリアンハムスターの多頭飼いは絶対にしてはいけない!

ジャンガリアン ハムスター

この記事の内容はこんな感じ• ジャンガリアンハムスターの歴史 ジャンガリアンハムスターの原産地は、カザフスタン共和国、シベリアから中国北部です。 中国のジュンガル盆地に生息することが名前の由来です。 実際にはシベリアに多く分布しており海外では「シベリアンハムスター」「ロシアンハムスター」とも呼ばれています。 日本においては、ジャンガリアンハムスターは実験動物として紹介され、1993年9月からペットとして広まっていきました。 大きさや独特の愛らしい仕草から人気が高く、ドワーフハムスターの中では、最も人気なのがジャンガリアンハムスターです。 ジャンガリアンハムスターの性格 ドワーフハムスターの中では一番おとなしく、マイペースな種類と言われていますが性格に個体差が大きくでます。 基本的には人に懐きやすく世話もしやすいですが、他にあまり動かず食べてばかりいるおっとりタイプや、比較的落ち着きがなく不満があると怒って噛むタイプもいます。 子供の頃の飼育環境や元々の性格で左右します。 人を怖がらない子は飼ってすぐすんなりと手に乗ってくれる場合もありますがその分怖がらないので、不満があるとすぐに噛んでくる子もいます。 ハムスターは性別により性格がかなり違います。 ひまわりの種は大好物ですが、脂質が多く太りやすいため、たまにおやつをあげると喜びます。 色は識別できないと言われています。 上下4本の歯は生涯伸び続けます。 顔の両側にほお袋を持ち、巣穴にごはんを持ち帰って貯蔵します。 飼い主のにおいを覚えることもできます。 遠くの飼い主の足音に反応したり人には聞こえない超音波を聞き取ることができます。 尖った爪をもつため、伸びすぎて危ない場合にはカットが必要です。 ノーマル• スノーホワイト• サファイヤブルー• プディング(イエロー) ハムスター種類 今回はジャンガリアンハムスターについて書きますが、その前にハムスターの種類をいくつかご紹介しますね! ジャンガリアンハムスター 一番人気のハムスターで、よく飼育されているタイプです。 別名ドワーフハムスターとも言われています。 値段の相場は、おおよそ一匹400円〜1800円と、店によって結構違うので良く下調べしましょう。 ロボロフスキーハムスター 見た目は小さく、ハムスターの中でも最も小柄な種類ですが、見かけとは正反対に運動量はかなり多い種類です。 性格は臆病な一面があり、人間には慣れるのに時間がかかるので、初心者は飼育に向かない種類といえます。 毛の色の種類は、目の上とお腹が白いノーマルな子や、模様がまだらになっているパイドなど多くの種類がいます。 値段の相場は2000〜10,000円とややお高めですね! ゴールデンハムスター ハムスターでこの種類を思い浮かべる人も多いと思います。 他の種類と比較して、体が大きく、身体がまるっとしている事が特徴です。 値段はジャンガリアンと同じぐらいで、 400円〜5,000円ぐらいになります。 性格はおとなしめですが、複数飼いにはあまり向きません。 非常に縄張り意識が強いため、よくケンカをしてしまいます。 人間になつきやすい事が特徴で、あまり噛み付く事もありません。 雑食性なので、エサの好き嫌いもほとんどありませんので飼いやすく、トイレも同じ場所でする習性があるため、非常に世話のしやすい種類でもあります。 ジャンガリアンハムスターの飼育グッズ Q. 飼育スペースはどれくらい必要ですか? A. 騒音はありますか? A. 夜中に走り回るので、音は意外とうるさく感じます。 どこの動物病院でも診てもらえますか? A. ジャンガリアンハムスターを診てくれる病院は案外少ないので、近所にあるか事前にリサーチが必要です。 飼育用品は何を揃えましたか? A. 以下の物が最低限必要なものになります。 おすすめハムスターグッズ ケージ ジャンガリアンハムスターはサイズは小さいですが運動量が多いハムスターです。 ケージの中に巣箱や食器を置いても、スペースが十分確保できるサイズが心身の健康のためにもおすすめです。 下記のようなものならセットで付いてくるので、別で回し車など買わずに済むので楽です。 エアコンや冷却・保湿グッズを利用し1年を通して温度管理をするようにします。 昼間は直射日光を避け、日差しが柔らかく差し込む部屋にケージを置きます。 夜はケージにカバーをかけてあげると良いでしょう。 騒がしすぎる環境は、ジャンガリアンハムスターのストレスとなります。 ケージを設置する場合には、振動を感じやすい床面ではなく1メートルぐらいの高さを目安に設置します。 テレビの横など、音が良く出る場所からはできるだけ離して飼うようにします。 なりやすい病気の種類 皮膚病 脱毛やかゆみを伴う、皮膚炎がよく見られます。 不適切な食餌や、細菌、真菌、ウイルス、寄生虫などの感染、あるいは内臓疾患や腫瘍などの病気が原因でおこります。 検査によって原因を特定し、それに応じた治療が必要です。 予防には適切な食餌や衛生的な環境をつくることが大切です。 アレルギーも多いため、体質に応じた床材の選択が大切です。 不正咬合 何らかの原因で歯の噛み合わせがずれてしまい、歯並びがおかしくなる病気です。 落下事故、習慣的にケージなどをかじる、歯根に炎症が生じたときなどに起こります。 ハムスターの歯は人の歯とは違い一生伸びます。 嚙み合わせが上手くいかなくなると歯が伸びてしまい、伸びた歯が頬を突き破ってしまったり、舌にあたってしまったりします。 そのせいでご飯が食べれ無くなってしまうため、カットします。 頬袋脱 事故的に起こることもありますが、ケージや巣箱が不衛生になり、頬袋に食べ物を長時間ため込んで起こることもあります。 ほとんどの頬袋脱は急に発生します。 頬袋が飛び出ると、ハムスターは頬袋を引っ張ったり、口に押し込んだりを繰り返します。 いったん頬袋が正常に戻ったかに見えても、しばらく後に再び飛び出すことがあるので注意深い観察が必要です。 損傷が軽い場合は、腫れをおさえて頬袋を口の中の正常な位置に戻します。 腫瘍や化膿が原因の場合、また損傷が激しい場合は手術によって頬袋を切除する方法が最良です。 頬袋は切除してもやがて再生するので影響はありません。 頬袋脱が発生してから時間が経ってしまうと損傷が激しくなり、治癒が難しくなります。 頬袋脱には早めの治療が大切です。 腫瘍 ネズミの仲間では、比較的発生率が高く、ハムスターにもよく起こります。 1歳を過ぎたら特に注意が必要です。 人間にとっては小さく思えても、小柄なハムスターには大きな腫瘍になっていることがあるため、早期発見、早期対処が必要です。 治療は、良性か悪性かによって異なる場合があり、検査で確認します。 状況に応じ手術を行うこともあります。 体重・大きさ・寿命 体重 体長 寿命 メス 30~40g 約6~11cm 野生では約1年、 飼育下では2~2年半ぐらい オス 35~45g 約7~12㎝ 同上 1歳を超えると老化が見られます。 人の食べ物、ネギ、玉ねぎ類、ジャガイモ、アボカド、どんぐり、果実の種、桃の皮と葉、トマトの葉と茎など 身体の手入れやケア方法 ブラッシングは長毛タイプのハムスターは必要ですが基本的には、必要ありません。 シャンプーも不要です。 汚れた場合には軽く拭き取る程度にしますが、嫌がらないことが前提です。 爪切り 野生のハムスターは穴を掘って生活しているのでツメが伸び過ぎる事は無いのですが、ペットとしての飼われている場合は伸び過ぎる事があります。 ツメの先が足の内側に向かって丸く伸びてるのはツメが伸び過ぎています。 ジャンガリアンハムスターは小さく、切りずらいことも多いので無理はせずに動物病院で切ってもらう方がいいでしょう。 ハムスターが十分運動出来て自然とツメが削れるような環境が出来ていれば、特に気にする事はありません。 ジャンガリアンハムスターを購入する 必要なモノを揃えたら、ジャンガリアンハムスターとの出会いを探しにいきましょう! お店で気に入った子が見つかったら、まずは体調をチェック。 画像元: 購入時に見ておきたい注意点 最低限見ておけたら見ておいた方がいい注意点です。 この症状が見られなければ、過度なストレスを抱えているこや病気がちな子は避けられるかと思います。 私は購入時、上記のことに注意しました。 里親になる方法もある 日本でも動物愛護の精神が高まりつつあり、新しいペットを迎えるにあたり保護団体や里親サイトを利用する方も増えています。 新しい命を増やすまえに、いま愛情を必要としているペットたちがたくさん待っています。 おとなにった状態から飼うという選択肢は、これまで生きてきた環境により性格も様々ですが、保護されている期間にある程度の性格 も把握されているため飼いやすいなどのメリットもあります。 お金を出して購入するより、殺される命やお迎えを待っている子を保護しませんか。 事情によりペットを飼えなくなってしまった飼い主や、ペットを保護している保護活動者などと、ペットを飼いたい 里親になりたい と考えている方が交流できる場所が「」です。 会員登録を行えば、すぐに里親募集情報の投稿、里親申し込み 里親応募 、コミュニティの利用が可能です。 飼育開始~1週間目 お家にジャンガリアンハムスターがやってきました。 かわいい!抱っこしたい! けど ちょっと待った!!!最初が肝心です。 お迎えしたばかりのときは彼らも緊張しているので、突然人間が近寄ると恐怖でパニックになってしまい、人間嫌いになる可能性があります。 最初の1週間はできるだけケージを覗かず、なるべく近づかず、そーっとしておいてあげましょう。 寝ている時にやると警戒してしまうので、彼らが起きているときにそーっとやりましょう。 飼育1週間後 1週間経ってジャンガリアンハムスターが、リラックスしてきたな〜と感じたら、次に進みましょう。 最初は餌を取りに来て、すぐに巣箱に戻ってしまうかもしれませんが回を重ねるとその場で食べるようになります。 最初は餌を取ったらすぐに手の上から降りてしまいますが、慣れると手の上で餌をモグモグと食べてくれるようになります。 ここまで仲良くなれたらオッケーです。 これ以上の触れ合いができるかどうかは、ジャンガリアンハムスターの性格にもよると思いますので、その子の性格と向き合って、仲を深めていってください。 ハムスターの飼い方 ジャンガリアンハムスターは夜行性の動物です。 ハムスターの一日のサイクルでは、昼間はほとんど眠っています。 ずっと眠り続けるのではなく、時々起きてはまた眠るの繰り返しで、夕方頃から活動しはじめます。 人が起きる6時ころにまた、眠りはじめます。 ハムスターが起きだして動き出す、夕方以降にお世話をするようにしましょう。 留守番 1~2泊までにしましょう。 エサと水は大めにしますが、野菜や果物は一回分のみにします。 エアコンは温度調節して留守中も常に適温を保つようにします。 慣らし方〜3つのポイント 手にのってきたらしばらく動かないようにしましょう。 乗ったばかりのハムスターは危険がないかを確認しています。 1分くらいしたら、人差し指で頭を優しく撫でてみましょう。 嫌がらなければ慣れてきたサインです。 慣れないときにはコップを利用 ジャンガリアンハムスターの中には、なかなか慣れず噛みに来る子も少なくありません。 掃除をしたいけどなかなか触れないときには、尾としても割れないプラスチックのコップを利用しましょう。 まとめ ハムスターは気質的にわがままなところや、噛み付いたりする事もありますが、個体によりけりです。 飼育すると決めたのであれば、人間にとって不都合なことも受け入れ、共に生活をしていく覚悟を決めましょう。

次の

ジャンガリアンハムスター飼い方・性格・寿命・グッズ・病気・餌

ジャンガリアン ハムスター

ハムスターのジャンガリアンにはどんな色の種類がある? まず、はじめにジャンガリアンハムスターの 毛の色には、どんな種類があるのかご紹介 していきますね。 意外と知られていない色のハムスターも いるのではないでしょうか? 1.ノーマル このタイプは、茶色がかかった毛色で、 一番種類が多いジャンガリアンです。 皆さんが、 「ジャンガリアン」と 聞いて連想するのはこのノーマル タイプではないでしょうか? 季 節によって毛の色が変化し、 冬は白い毛だったのに、春になると 茶色に変化することもあるのだとか。 背中に黒っぽい線が入っているのも 特徴の1つ。 種類によっては、 全体が綺麗に真っ白な ハムスターもいるそう。 毛の色としては、ブルーサファイアに 若干、 黄色がかかった毛色になって います。 プディングもそうですが、黄色い種類の ジャンガリアンは、 他の種類よりも高値で 売られています。 また、その他の特徴としては、丸々してて 「太りやすい」体質なのだそう。 性格を知って、自分に合うのはどの種類の ジャンガリアンなのか検討してみてください。 人慣れしやすいタイプもいますが、 やや警戒心が強い子もいるので その場合は、 時間をかけて慣れさせる 必要があるでしょう。 ジャンガリアンハムスターで人気があるのはどの色? ジャンガリアンハムスターで一番の 人気を誇っているのは、どの色の ハムスターなんでしょうか? お店にもよって異なるかもしれませんが、 リサーチした結果の人気順に並べて みました。 ジャンガリアン人気ランキング 1位:ノーマル 2位:ブルーサファイア 3位:スノーホワイト 4位:パールホワイト 5位:クリーミーサファイア 6位:プディング ペットショップに一番多く売られている 「ノーマル」が一番の人気を誇っている ようです。

次の

ジャンガリアンハムスターを飼い始めました。お迎えから2週間経過しました...

ジャンガリアン ハムスター

こんにちは、日向を愛するひと、水槽のディオゲネスです。 今回は、 以前私がハムスターの多頭飼いをしていた時の話をしたいと思います。 重なりあって寝るジャンガリアンハムスターは最高に可愛い!! ここのところ私のTwitter(ID:)で過去にロボロフスキーハムスターの多頭飼いをしてた頃の写真をツイートしていますが、場合によってはハムスターについての誤った認識を与えてしまう可能性もあると思い、今回はハムスターの多頭飼いについて詳しく書いてみたいと思います。 少し長くなりますが、ハムスターを飼おうとしている方にとっては大切なお話ですので、どうぞお付き合いください。 さて、ペットショップにいくと、可愛いハムスターたちが昼寝をしている様子がよく見られると思います。 特に、複数のハムスターが重なり合って寝ている姿を見ると本当に癒されますよね。 ハムスターと一口にいっても様々な種類がいますが、最も多くペットショップで見られるのは、ジャンガリアンハムスターではないでしょうか。 そうしたジャンガリアンハムスターの姿を見ると、自分の家でも複数のジャンガリアンハムスターを一緒に飼ってみたい、すなわち、 「多頭飼い」をしてみたいと思うのは当然のことだと思います。 ジャンガリアン&ゴールデンハムスターの多頭飼いは虐待です!! しかし、ジャンガリアンハムスターは、とても縄張り意識が強い生き物です。 では、そんなジャンガリアンハムスターがどうしてペットショップでは仲良く多頭飼いされているのかといえば、それはペットショップにいるハムスターがまだ縄張り意識の芽生えていない生後1~2か月の子供たちだからです。 したがって、ペットショップでも、2か月を過ぎたハムスターはそれぞれ別のケージに入れられて育てられることになります。 もし、同じケージに入れたままにしていたら、喧嘩をしてしまい、ハムスター同士で殺し合いをしてしまうことも普通に起こりえます。 これはゴールデンハムスターでも同様で、特に身体の大きいゴールデンハムスター同士の喧嘩は非常に激しいので、とても普通の飼い主が手を出せるようなものではありません。 ゴールデンハムスターとジャンガリアンハムスターは絶対に多頭飼いしないで!! インターネットではゴールデンハムスターやジャンガリアンハムスターの多頭飼いは、「こういう方法なら可能でした!」というようなことが書かれたサイトがあったり、実際に動画をアップロードしている人もいることは確かです。 しかし、それはハムスターの生活のほんの一部の良いところを切り取っただけに過ぎないということを忘れないでください。 見えないところで、どれだけハムスターが喧嘩をしているのか、実際にハムスターの喧嘩を見たことがある人なら容易に想像できると思います。 実は、以前ジャンガリアンハムスターを4匹飼っていた時、それぞれ別々の水槽に入れていたのですが、一匹が高さ30cm以上の水槽を乗り越えて隣の水槽に入りこんしまったことがありました。 正直、ハムスターの壁を登る力を本当に甘く見ていたのですね。 その時は、すぐに気がついたので、最悪の事態は免れましたが、やっとのことで二匹を引き離した時には、幸いハムスターには出血するような怪我はありませんでしたが、私の手は血だらけになっていました。 狂ったように喧嘩をする2匹の姿は今でも忘れられません。 もし、すぐに気が付くことができなかったらと思うと、本当に注意不足だったと思います。 また、ゴールデンとジャンガリアンのように種類の違うハムスターを同じケージで買うことも絶対にしてはいけません。 気が付いたら、小さいほうのハムスターがいなくなっていたというような事例は数多く報告されています。 こうした安易な考えでハムスターを死なせてしまうのは、無知だっというだけでは済まされない、本当に残酷で悲しいことだと思います。 ですので、ハムスターの多頭飼いは絶対にやめてほしいです。 それでも多頭飼いをしたいなら、ジャンガリアンではなくて… このように、ハムスターの多頭飼いは本来の生態からかけ離れています。 もし、仮に表面上はなんの問題がないように見えても、必ず両方が大きなストレスを抱えています。 しかし、それでもハムスターの多頭飼いをしたい方に、あえて誤解を恐れずに言うなら、ロボロフスキーハムスターでしたら、「場合によっては」可能です。 それは、ロボロフスキーハムスターの縄張り意識が他の種類に比べて弱いからです。 このことは、多くのペットショップ店員の方の意見と私の実際の経験からそのように考えています。 しかし、あくまでも「場合によっては」という条件付きだということをよく理解してください。 その条件とは以下のとおりです。 生まれたときから同じケージで育っていること• ペットショップで長期間同じケージで喧嘩をしていないこと• 十分な大きさのケージと飼育用品をハムスターの数だけ用意するできること• 喧嘩をするようなら、すぐに別々に分けられるように準備をしておくこと• 可能であれば3匹で飼育すること すなわち、縄張り意識が芽生える2か月を過ぎてもペットショップで仲良く暮らせているロボロフスキーハムスターに十分な環境を用意してあげられれば、自分の家でも多頭飼いできる可能性も無くはないということです。 実際に、私が飼っていたロボロフスキーハムスターは、ペットショップで売れ残ってしまっていたため、購入した時には9か月もの間2匹で暮らしていたそうです。 ちなみに、当時飼っていた水槽の様子はこんな感じで、回し車を2つ設置しています。 この水槽の設置についてはこちらの記事をご覧ください。 そして、水槽設置後すぐに「地下型の巣箱」として100均のタッパーを加工したもの別荘として与えました。 また、ジャンガリアンハムスターを飼っていた時の用品が余っていましたので、何かあればすぐに別々のケージに分けられるように準備をしていました。 なお、可能であれば3匹で飼ったほうが良いというのはペットショップの店員の方から聞いたのですが、2匹で買うよりハムスター同士の力関係が曖昧になりやすいからとのことでした。 環境が変わって、多頭飼いがうまくいかないこともある! このように、ロボロフスキーハムスターであれば、条件次第では多頭飼いは可能だと思います。 しかし、たとえペットショップで仲良く暮らしていたとしても、環境が変わったために縄張り意識が芽生え、喧嘩を始めてしまうということも考えられます。 我が家のロボロフスキーハムスターは餌の取り合いこそすれ、幸い喧嘩をすることは一切ありませんでした。 もし、多頭飼いをするのであれば、ハムスターがストレスを抱えていたりしないか、日頃の観察が非常に重要になってくるでしょう。 逆にいえば、ハムスターが安心して暮らせる環境を作ってあげられれば、ペットショップで見られるような可愛い寝姿を見ることも不可能ではありません。 皆さんも、ロボロフスキーハムスターを購入する際には、しっかり準備と心構えをして、楽しいハムスターライフを楽しんでください。 その他のハムスターの記事! アクアリウムもやっています! FooRay.

次の