スプレッド シート プルダウン。 googleスプレッドシートでプルダウンリストを作成しよう!連動方法とは?

スプレッドシートにプルダウンリストを作成!3ステップでカンタン設定♪

スプレッド シート プルダウン

Googleスプレッドシートとは? 表計算ソフトといったら、ほとんどの人がマイクロソフトのExcel(エクセル)を思い浮かべると思います。 その他にも、フリーソフトの表計算ソフトやキングソフトのExcel互換製品などもありますが、ビジネスの世界でExcelが事実上の標準になっていることもあり、表計算ソフトといえば、ほぼExcelを指すのが実態です。 こうした状況はいまでも変わりませんが、じわじわと人気を高めているのが「」です。 Googleスプレッドシートとは、検索で有名なグーグルが開発した表計算ソフトで、Googleアカウントを持っていれば誰でも無料で利用できます。 できることもExcelと似ています。 たとえば、Excelと同じように関数や式を使って数値を自動的に計算したり、グラフを作成したりできます。 もちろん、請求書や名簿などを作成して印刷することもできます。 また、Excelとのある程度の互換性も持っています。 たとえば、簡単な表であれば、Excelで作った表をGoogleスプレッドシートに読み込んで編集することもできます。 では、ExcelとGoogleスプレッドシートは何が違うのでしょうか? 以下では、主な違いについて説明していきましょう。 これがGoogleスプレッドシート。 グーグルが作った表計算ソフトです。 できることもExcelと似ています。 Excelのファイルを読み込んで編集することも可能です。 ただし、完全な互換性があるわけではありません Googleスプレッドシートを利用するにはインターネットが必要? ExcelはWindowsアプリケーションです。 このため、Windowsにインストールして利用します。 これに対して、GoogleスプレッドシートはWebアプリケーションです。 Webアプリケーションは、Webブラウザで動作するアプリケーションのことで、基本的な仕組みは通常のWebサイトと同じです。 このため、インターネットに接続できるパソコンとWebブラウザがあれば、Googleスプレッドシートはどこからでも利用することができます。 逆にいうと、インターネットがないとGoogleスプレッドシートを利用することはできません。 この点は、インターネットがなくても利用できるExcelとの大きな違いです。 ただし、Googleスプレッドシートには、インターネットがなくても特定のファイルを編集できるようにする機能が用意されています。 具体的には、Googleスプレッドシートのファイル一覧の画面で、ファイル右端のボタンをクリックし、メニューの[オフラインで使用できるようにする]をオンにします。 これで、そのファイルはインターネットがなくても編集できるようになります。 なお、この機能を利用するには、WebブラウザにGoogle Chromeを使って、「Googleオフラインドキュメント」という拡張機能をインストールしておく必要があります。 「Googleオフラインドキュメント」は、からインストールできます。 ファイル名の右端にある三点アイコンをクリックし、[オフラインで使用できるようにする]をオンにする GoogleスプレッドシートはGoogleドライブと一体化している? グーグルは、クラウドにファイルを保存できるクラウドストレージサービスとして「」を提供しています。 これは、マイクロソフトのにあたるサービスです。 Googleスプレッドシートは、このGoogleドライブと一体化しています。 具体的には、Googleスプレッドシートで作成したファイルは、自動的にGoogleドライブに保存されます。 また、Googleドライブ上で、Googleスプレッドシートのファイルを新規作成することもできます。 なお、Googleドライブと一体化しているのは、Googleスプレッドシートだけではありません。 ワープロの、プレゼンソフトのも、Googleドライブと一体化しています。 ファイルを保存するGoogleドライブとファイルを作るソフトを一体化することで、より利便性を追求しているわけです。 Googleドライブはグーグルが提供するクラウドストレージサービスです。 [新規]ボタンをクリックすると、Googleスプレッドシートのファイルを新規作成できます。 ワープロのGoogleドキュメント、プレゼンソフトのGoogleスライドも同じです Googleスプレッドシートのファイルはパソコンやタブレット、スマートフォンで表示・編集できる? Googleスプレッドシートで作ったファイルは、Googleドライブに保存されます。 このため、インターネットが使えれば、その他のパソコンやタブレット、スマートフォンからもアクセスできます。 実際に、グーグルはおよびのGoogleスプレッドシートのアプリを提供しています。 iOS用はApp Store、Android用はGoogle Playからインストールして利用できます。 このように、さまざまな端末を使って、さまざまな場所から同じファイルにアクセスできるのは、Googleスプレッドシートの非常に大きいメリットになっています。 iPhone用のGoogleスプレッドシートのアプリ。 iPhoneでGoogleスプレッドシートのファイルを表示・編集できます Googleスプレッドシートは複数人による同時編集が得意? Googleスプレッドシートには、複数人での同時編集が得意です。 Googleスプレッドシートで作ったファイルは、Googleドライブに保存されます。 つまり、クラウド上に保存されているので、そのファイルに、複数の人が離れた場所からアクセスし、同時に編集することができるのです。 この仕組みを使えば、たとえば請求書を作るとき、Aさんが商品名と個数を入力し、Bさんが商品の一覧表を確認しながら単価を入力して、請求書を完成させるといったことも可能です。 また、チャット機能もあるので、同じ請求書を見ながら、「この商品の単価を確認して!」とか「正式な商品名を教えて!」といったやりとりを、リアルタイムで行うことも可能です。 Excelでも同様のことは可能ですが、手軽さはGoogleスプレッドシートの方が優れていると思います。 Googleスプレッドシートは1つのファイルに複数人で同時にアクセスして、同時編集することもできます。 チャット機能でコミュニケーションしながら作業することも可能です Googleスプレッドシートは基本的には無料? 価格についても触れておきましょう。 まずExcelですが、こちらは有料のソフトです。 Officeのプレインストールされたパソコンやパッケージを購入したり、Office 365というクラウドサービスを契約して、はじめて利用することができます。 これに対して、Googleスプレッドシートは、Googleアカウントを持っていれば、基本的には無料で利用できます。 ただし、「」という企業向けのサービス(マイクロソフトのOfficeに相当します)を利用している場合は、その料金がかかります。 Googleスプレッドシートの特徴を活かす使い方は? Googleスプレッドシートの表計算ソフトとしての実力は、ビジネスで十分活用できるレベルです。 そう書くと「Excelとどっちがいい?」と考えたくなりますが、両者は排他的ではありません。 Excelは実績のあるソフトで、仕事はもちろん、他の会社とデータをやりとりするときも必ず必要になります。 したがって、Excelのスキルは間違いなく必要です。 一方、Googleスプレッドシートは、いつでもどこからでもアクセスできて、共同編集もできます。 これはクラウドのメリットそのもので、それを活かすならGoogleスプレッドシートは最適です。 というわけで、両方をうまく活用するのがいちばんいいと思います。 ビジネスの現場を見ると、やはりExcelをメインにして、共同編集したいときなどにGoogleスプレッドシートを使うのが、バランスがよいと思います。 ただし、最近はスタートアップ企業などを中心に、Googleスプレッドシートをメインに活用して、他の企業とやりとりするときにExcelを使うといった逆転現象も起きているようです。 いずれにしても、これからは「Excelだけ使えれば十分!」とはいえなくなりそうです。 ぜひ、Googleスプレッドシートを試してみて、その活用を検討してみてください。 「Google スプレッドシートの使い方」のおすすめ記事• 【関連記事】•

次の

Google スプレッドシートのセルにプルダウンリストを作成する

スプレッド シート プルダウン

スプレッドシートでプルダウンリストを連動させた表を作ろうとしています。 仕事で至急作成しないといけないので質問します。 エクセルではデータの入力規則でINDIRECT関数を用いて作成できますが、同じことをスプレッドシートでできないでしょうか。 添付画像はイメージですが、のメーカー欄には社名を選択するプルダウンリストがあり、それを選択するとそのメーカーに応じた商品が商品欄で選択できるようにしたいです。 (別シートからリストをリンクさせる方法で) それから行数が多いため、オートフィルでコピーをしたいです。 一行一行選択範囲を手入力で商品列をセルひとつひとつセル番地入力すれば可能というところまでは行きつけたのですが、毎日下の行に追記入力していくので何百何千とという数を手入力することが現実的ではないので方法がないかずっと探しています。 会社内で共有させているシステムがスプレッドシートであるため、どうしてもスプレッドシートで作成したいです。 よろしくお願い致します。 作ってみました。 自分の所へコピペして、A、B列を下へコピペしてみて下さい。 データ範囲の選択が 「Sheet3! B2:BA2」から 「Sheet3! B3:BA3」になります。 下へのコピペで範囲が変わります。 これで、リストの下へのコピペが可能です。 グーグルスプレッドシートでリストを指定してもこうなりません。 下へコピペしても、データ範囲の選択は同じ所を刺します。 実はこれ、Excel で作ってアップロードしました。 グーグルスプレッドシートで作るのが面倒で、Excel で作ったらできた。 偶然の発見です。 何故Excel で指定したらできるのか、グーグルスプレッドシート単独でこれができるのかは不明です。 Excel をお持ちなら、Excel で作って上げるのも、1つの方法です。

次の

スプレッドシートのプルダウンを連動させよう!同じシートの中で設定する基本編

スプレッド シート プルダウン

googleスプレッドシートでプルダウンリストを作成しよう! この記事ではgoogleスプレッドシートにおいてプルダウンリストを作成する方法についてご紹介したいと思います。 企業で使われる表計算ソフトといえばMicrosoftのExcelでしたが、最近では同様の機能を持つgoogleスプレッドシートの利用も多くなってきています。 googleスプレッドシートを使用していると特定の項目群について頻繁に使用することがあると思いますが、そのようなタイミングで活躍するのがgoogleスプレッドシートのプルダウンリストです。 例えば、特定のセルにイチゴやバナナなどの果物を毎回入力している場合、プルダウンリストを設定することで作業効率の向上が見込まれます。 では、早速ではありますがgoogleスプレッドシートのプルダウン設定方法を解説していきたいと思います。 開いていただきましたらプルダウンリストを設定する範囲を選択した上で、スプレッドシートの上部にある「データ」を選択してください。 選択すると「データ」における機能一覧が表示されると思います。 一覧が表示されましたら次は一覧より「データの入力規則」を選んでください。 ボタンを押すと条件の一覧が表示されますので、一覧より「リストを直接指定」を選んでください。 上記作業を行いますと、「リストを直接指定」の横にテキストボックスが表示されます。 そのテキストボックスに設定したいリストの値を入力してください。 尚、複数データを入力する場合は、文字と文字の間に半角カンマを入力してください。 文字と文字の間には半角カンマを設定しています。 入力値が設定したい項目になっていることを確認し、保存ボタンを押してください。 尚、ここで表示されている条件の説明をさせていただきます。 「無効なデータの場合」 直接入力や範囲指定による方法でプルダウンリストを設定したにもかかわらず、入力ミスや選択ミスによって指定項目以外の値が特定のセルに入ってしまう可能性があります。 この間違った値を入力できないようにする機能ですが、"警告を表示"にすると、その名の通り警告が表示されます。 一方、入力を拒否にすると"問題が発生しました"という画面が出てきて入力自体を行うことができないような仕組みになっています。 上記の設定には、間違った入力を禁止するか注意を促すようにするかの違いがあります。 これでgoogleスプレッドシートにおけるプルダウンの設定が完了しました。 それでは、googleスプレッドシートよりきちんとプルダウンが設定されていることを確認してみましょう。 プルダウンリストがセルに表示されていますね。 また、設定したリストの値(営業部,人事部,総務部,業務部)もきちんと設定されています。 以上がgoogleスプレッドシートにおけるプルダウンのリストを直接指定する方法でした。 次は範囲指定でプルダウンリストを設定する方法について解説していきます。 直接入力でgoogleスプレッドシートにプルダウンリストを作る方法も使いやすい機能ではありますが、項目値が多くなってしまった場合や項目値を修正する場合、並び順を変更する際は少し手間がかかってしまいます。 このような変更を行う場合は少し触れた範囲指定でプルダウンリストを作成する方が作業効率が高いです。 また、セル上にリストに何が設定されているかが確認できるため修正や追加が簡単に行えるようになります。 前置きが長くなってしまいましたが、こちらについても実際に作業してみましょう。 まずはプルダウンリストに表示させたい項目をセルに入力します。 この例でもさきほど入力した値(営業部,人事部,総務部,業務部)を使いますが、先ほどとの違いはスプレッドシートのセルにこれらの値を入力しているところです。 その後はさきほどと同様、スプレッドシートの上部にある「データ」を選択し、「データ」における機能一覧より「データの入力規則」を選んでください。 画面が出てきたら条件を「リストを範囲指定」に設定してください。 設定した後は、リストの項目を設定する必要があります。 赤枠の部分を押下し、先ほど項目を入力した箇所を指定してください。 範囲を設定しましたらgoogleスプレッドシートのプルダウンリストにおける範囲指定の設定は完了です。 お手元のスプレッドシートで表示を確認してみてください。 さきほど直接指定したものと同様のプルダウンが表示されると思います。 そのような場合、何も入力せずに空白のままでもよいとは思いますが、入力者以外の他の人が見た時は、対象データが空白の場合、入力を忘れているのかそれとも対象データがなかったのかを判断することが難しくなってしまいます。 このように項目の値として空白がふさわしくないときは"ー"(ハイフン)などの記号をいれるのも選択肢のひとつです。 まずは今までと同じようにgoogleスプレッドシートをひらきます。 先ほどと同じようにデータの入力規則画面を開きます。 今回は範囲指定ではなく、リストの項目値を直接入力していきます。 ここで、各項目の値を入力した後、ハイフン(-)も続けて入力してください。 そのように入力することで無効な値を意味するハイフン(-)を選択することができます。 ここでは特段説明はしませんが、無効な値をハイフン(-)として、何らかの関数や条件付き書式を用いて無効な値であることを表示することもできます。 プルダウンリストの設定によって選べる項目を限定した後に特定の項目が選ばれた場合のみ対象のセルに連動して色を付けることができます。 googleスプレッドシートではExcelと同じように条件付き書式を設定する事ができます。 気付かれた方もいるかもしれませんがgoogleスプレッドシートでもこの条件付き書式を活用して特定の項目が選ばれた際に色をつけます。 ではこちらも作業を進めていきましょう。 まずは先ほどと同じようにプルダウンリストを設定します。 ここでは先ほど設定を行ったリストを活用することとします。 プルダウンリストから人事部を選んだ場合に対象のセルを赤くするという設定を条件付き書式にて行います。 セルの書式設定の条件に"完全一致するテキスト"を設定します。 その後、テキストボックスに"人事部"と入力します。 書式設定のスタイルにはカスタムを選択し、塗りつぶしの色を明るい赤色2を選びます。 この設定をすると以下の画像のようになります。 これでgoogleスプレッドシートのプルダウンリストで特定の値を選んだ際に条件付き書式を活用して連動して色をつけることができました。 まとめ この記事ではgoogleスプレッドシートのプルダウンリスト設定について以下のことについて説明させていただきました。 また、プルダウンリストを設定した後はExcelと同じようにgoogleスプレッドシートでも条件付き書式を活用することで対象の項目が選ばれた時は対象のセルに色をつけることができます。 これによって業務を行う際に注意を促すことができます。 以上、googleスプレッドシートにおけるプルダウンリストの設定方法をご説明いたしましたが如何でしたか? googleスプレッドシートのプルダウンリストなどをはじめとしたスプレッドシートの機能をフルに活用し業務の効率性を高めていきましょう。

次の