ゴミ屋敷の掃除。 ゴミ屋敷片づけ業者ガイド決定版!料金・口コミ・早さを徹底比較

【本気でゴミ屋敷を掃除】自分でゴミ屋敷を片付ける方法と依頼する方法

ゴミ屋敷の掃除

この記事の目次• 近隣の家がゴミ屋敷で害がある場合は役所へ相談 近隣の家がゴミ屋敷の場合に、何かしら害が出ているようであれば役所へ相談しましょう。 こんな状態の時こそ役所へ相談! 役所に相談する場合、何かしら害が出ている時が一番良いタイミングです。 どのような害が出ている時に相談すればいいのか確認してください。 異臭がする ゴミ屋敷には当然生ゴミもたくさんあるため、腐敗して臭いを放つようになります。 そのため異臭により日常生活を送るのが困難な状態になってしまう場合もあるでしょう。 そんな時は、役所へ相談してください。 「たかが臭い」と思う人もいますが、ひどすぎる臭いは体調不良を起こす可能性もあります。 ゴミ屋敷の住人は慣れてしまった臭いがわからなくなっているかもしれません。 ですがご近所の方々にしてみれば立派な迷惑行為です。 ゴキブリなどの害虫が湧いている ゴミ屋敷の生ゴミにはゴキブリやハエなど様々な虫が湧いてしまいます。 放置されたままではどんどん増えてしまいますし、ネズミが出る可能性もあるでしょう。 害虫や害獣が出てくると、衛生的に全く良くありません。 自宅にまで虫やネズミが押し寄せてくる可能性もあるので、駆除してもらうためにも役所へ相談してください。 敷地の外にまでゴミが溢れている 敷地内のゴミに関しては資産扱いとなるので、どれだけ迷惑でも触ることができません。 ですが、敷地の外にはみ出て道をふさいだり邪魔になっている場合は迷惑行為となります。 勝手に触るとトラブルになりかねないので、必ず役所に連絡をしてどかすように伝えましょう。 どうやって相談すればいい? では、役所への相談方法ですが、一番気になるのは役所の何係りに相談すればいいかということでしょう。 役所の体制は各自治体によって違いがあります。 どこへ連絡すればいいのかわからない場合は、ホームページなどで調べる方法もあります。 ただし、それでもわからない場合には総合コールセンターなどを設置している役所もあるので、そちらに電話してみましょう。 直接役所を訪れて質問することもできます。 必ず案内係りの方がいるので、どうすればいいか、どこへ相談すればいいか質問して進めてください。 対策の流れ 自治体によって対策の流れは多少違いがありますが、一般的に行われる流れを説明したいと思います。 指導・勧告 まずはゴミ屋敷の住人に対して、片付けるように勧告します。 支援 片付ける意思が見られ、住人だけで片付けを行うのが難しい場合などは自治体が支援してくれます。 ただし、全て必ず支援が行われるわけではないので注意しましょう。 措置または代執行 全く改善の傾向が見られない場合には、条例によった措置または代執行となります。 簡単な流れのみですが、役所が動いた場合はこのように対策をしてくれる場合があります。 ただし、全ての自治体が行ってくれるわけではないので、注意しましょう。 自治体によって対処法は変わる 役所の対処する方法は各自治体によっても大きく変わってしまいます。 しっかりとした対策に力を入れている自治体では、補助金や支援金が支給される場合もあるのです。 ただし、全く対策されていない自治体では、補助金どころか指導のみとなることもあります。 補助金や支援金なども出してくれる自治体はありますが、金額には限度もあり自治体によって大きく違うのです。 全ての自治体で対処してくれるとは限らないので、お住いの各自治体のホームページなどで確認するか、直接問い合わせをしてみましょう。 役所以外の相談場所 続いては、役所以外にも相談できる場所をご紹介したいと思います。 相談場所は家のタイプによっても違う 役所に相談することもできますが、役所に相談する前に相談できる場所があります。 またその相談場所は家タイプによって違うので、それぞれ確認しておきましょう。 戸建ての場合 戸建てタイプの家は役所へ相談して大丈夫です。 役所へ相談すべきトラブルを先ほども説明しましたが、敷地外へゴミがはみ出ていたり異臭がしたり、また害虫が湧いていた場合には役所へ相談してください。 マンションの場合 賃貸などのマンションの場合には、管理人がいれば管理人へ相談し、管理人で対処してもらえない場合には契約している不動産屋へ相談しましょう。 分譲マンションの場合 分譲マンションの場合は管理組合に相談しましょう。 また常駐している管理人がいれば、最初にその人に相談しても構いません。 直接管理組合に相談しにくい場合は管理人を通してからでも良いでしょう。 役所だけじゃない!他にも相談しておくべき場所 役所や不動産屋のほか管理組合などに相談する方法もありますが、他にもゴミ屋敷について相談できる場所があります。 それが警察と消防所と保健所です。 衛生面などでも不安をもたらしますし、火事などのリスクもゴミ屋敷にはあります。 そこで対策として警察・保健所・消防署にも相談しておくと良いでしょう。 すぐには対策はしてくれないかもしれませんが、問題があるということを知っておくだけでも対応に変化がある可能性もあります。 とにかく周囲の公的機関へ知らせておくということも大切なので、相談しておくと良いですね。 どこへ相談しても無理な場合は弁護士へ相談 管理組合や不動産会社、そしてもちろん役所にも相談をしたけれど、取り合ってもらえない場合には弁護士に相談しましょう。 弁護士は法律のプロなので、何かしら方法を思いついてくれる可能性があります。 ただし、自分が相談する場合には弁護士費用は自分で用意しなければならない必要があるので、注意しましょう。 まずは費用がかからない無料相談から始めるようにしてください。 できれば迷惑をかけられているのは自分なので、費用がかからないように進めましょう。 実家や自宅がゴミ屋敷の場合は業者へ相談 続いては、実家や自宅がゴミ屋敷の場合について紹介したいと思います。 まず、実家や自宅がゴミ屋敷の場合は役所よりも、ゴミ屋敷清掃業者へ相談すると良いでしょう。 役所に相談もできるが早急な対処は業者が早い 実家や自宅がゴミ屋敷の場合、支援を求めて役所にも相談することは可能ですが、素早い対応を求めるのであればゴミ屋敷清掃業者へ依頼する方が早いでしょう。 支援金などを出してくれる自治体もありますが、支援してくれるまでには時間がかかる可能性があります。 どうにかしてお金を用意することができるのなら、業者に依頼するのが一番早い方法となります。 早めに対処してもらいたい人は、まずは役所に相談しても良いですが、業者へ相談してすぐに対処してもらうと良いでしょう。 通知が来たらすぐに対処 実家や自宅がゴミ屋敷の場合、もしかしたら近所へ迷惑をかけている場合もあります。 そのため、すでに近所の方々が役所へ相談している可能性があるのです。 その場合には、役所から何かしら勧告や指導の通知が来ます。 通知などが来たらすぐにでも対処しなくてはならないので、勧告や指導など役所からの連絡には注意するようにしましょう。 自分で片付けられない場合は業者へ依頼 実家や自宅を掃除したいと考えている人も、一人ではどうしようもない場合があります。 片付けが困難だと感じたときは、ゴミ屋敷清掃業者へ依頼するようにしましょう。 ゴミ屋敷にあるゴミの量は、想像ができないほどたくさんあります。 自宅でも家が広ければゴミの量もかなり多くなってしまいますし、ゴミを片付けただけでは家は綺麗にはなりません。 ゴミを撤去した後の部屋の掃除も必要となり、虫の駆除なども必要となります。 自分だけではできない場所もあるので、負担のないように業者にも依頼するようにしてください。 ゴミ屋敷対策の注意点 近所や隣家、自宅や実家などのゴミ屋敷をどうにかしたいと考えている方も多いでしょう。 ですが対処するには注意すべきこともあるので確認しておきましょう。 ・トラブルが起きないようにする 敷地外にはみ出たゴミをどうにかすることもできますが、勝手に手を出すのは危険です。 また敷地内のゴミは資産となるので、勝手に移動させることはできません。 他にも、自宅や実家がゴミ屋敷の場合、近隣の方あテクトロニクス谷迷惑がかかってしまう場合もあり、注意を受けることもあるでしょう。 その場合に、言い返してしまったりすることはトラブルとなる可能性も高くなってしまうでしょう。 ゴミ屋敷を掃除する際にもトラックを用意したり、ゴミを一旦外に置いたりするので迷惑がかかる場合もあります。 そういう時も一言「掃除をするのでご迷惑をおかけします」とだけ声をかけておくと良いでしょう。 トラブルになってしまうと、綺麗にした後でも住みにくくなってしまいます。 できるだけトラブルが起きないように注意しておいてください。 ・直接苦情を言いに行くのは要注意 近所や隣家がゴミ屋敷の場合、直接苦情を言いたくなる方もいます。 ですが、後でトラブルが起きる恐れもありますし、根に持たれて復讐されてしまう可能性も出てくるでしょう。 直接苦情を言いに行くのは、大きなトラブルを招いてしまう可能性があるので、絶対にやめておくようにしてください。 まとめ 近所や隣家がゴミ屋敷の場合には役所の前に相談できる場所がある場合は、その場所へ相談するのが先決です。 ただし、戸建てタイプの場合は役所がまず最初の相談場所となります。 それそれ違いがあるので、ゴミ屋敷の家のタイプで最初の相談場所を決めてください。 また、相談したにも関わらず、どうしてもうまく進まないと感じた場合は弁護士に相談するようにしましょう。 その際にもできるだけお金がかからないように、無料相談を利用してください。 そして、対処する際には必ずトラブルが起きないように配慮することも大切です。 トラブルが起きてしまっては、その後住むことが難しくなる場合もあります。 ゴミ屋敷には苦労させられまずが、解消するには相当な時間も必要です。 様々なリスクもあるので、精神的にも肉体的にも披露してしまうでしょう。 負担がかからないようにしながら、自宅や実家の場合は上手に業者も利用して、徐々に問題を解決に導くようにしてください。

次の

ゴミ屋敷の掃除(片付け方)のコツ~原因とリバウンド対策~

ゴミ屋敷の掃除

ゴミ屋敷掃除の料金実例 次に、実際にみんなの遺品整理からゴミ屋敷掃除をご依頼していただいた方々の作業実績を元に、費用の実例をご紹介いたします。 料金相場よりも高い実例もございますが、消臭作業などのオプションサービスを依頼されている・処分するモノの量が平均的な現場より多い現場の実例となっています。 中には買取可能なものがございましたので査定結果に納豆いただいてから清掃費用から値引きいたしました。 安く抑えるコツは?3つのポイント 上の料金表を見て、思ったよりも料金がかかると感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか?実は費用を安く抑えるポイントがあるのです。 料金相場がわかりますし、1番安い業者に依頼することもできます。 不当に高い料金を請求してくる業者は悪徳業者と見分けることもできるので、安心して依頼できる業者を見極めることができます。 なるべく高値がつくようにする方法は下の記事で詳しくご紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。 少しでも安くしたい、という方は自分でもできる範囲で片付けを始めてしまうと良いかもしれません。 その点、専門業者は数多くの依頼をこなしてきた経験を活かし、 ワンルーム程度なら1時間~即日で、短時間に廃棄処理から消臭・清掃まで手早くこなしてくれます。 その点、 専門業者の場合にはプライバシーが守られるように秘密厳守の工夫をしてくれています。 ・私服で作業してくれる ・ダンボールで荷物を隠して運び出してくれる ・作業時間を夜や早朝にしてくれる ・スピーディーかつ騒音を立てずに静かに作業 ・近所の方に質問されても答えない こういった工夫によって、 友人や家族、大家さんや管理会社にゴミ屋敷状態を知られることなく片づけることができるのです。 また、 女性スタッフが在籍 している業者もあるので、「ゴミ屋敷の清掃なんて依頼するのが恥ずかしい」とお考えの女性の方でも気軽に依頼することができます。 一方、ゴミ屋敷代行の専門業者ならこれらすべての作業を一度の依頼で行ってくれるので、煩雑な手間を省くことができるのです。 訪問見積もりを嫌がる、あるいは応じてくれない業者は、当日になって想定外の作業を行い追加料金を請求してくる場合もあります。 特に料金に関しては、 他の業者と比較して相場を知るためにも相見積もりをとることをおすすめします。 よく混同されがちな「産業廃棄物収集運搬許可証」では処分できないので注意しましょう。 安くて評判の良い業者を探す方法 ゴミ屋敷の掃除業者の中には悪徳な業者も存在します。 実例としては、作業が終わった後に見積もり金額を大幅に超えた金額を請求される、見つかった貴重品をねこばばされる、引き取った家財道具を不法投棄されるなどの被害が発生しています。 ゴミ屋敷の掃除を業者に依頼する際に何よりも重要なのは、「しっかりとした安心できる業者に依頼すること」です。 汚れているとは言え、プライベートな空間に見知らぬ人を招き入れるわけですから、いい加減な業者、ましては悪徳業者には依頼したくないものです。 また料金を安くしたい・出費を抑えたいというご要望もあるでしょう。 みんなの遺品整理が選ばれている3つの理由 1、業者比較で最安値が見つかる! ・業界最安値級 1K:15,000円~ ・複数社への一括見積もりで、本当に安い業者がわかる ・見積もり無料・追加料金一切なし ・高価買取とリサイクルでさらにお値引き ・全国600社以上の空き状況、希望エリアから業者をご紹介 2、安心して利用できる仕組みを実現 ・個人情報がいきなり業者に公開されない ・専門アドバイザーに無料相談可 ・上場企業基準の厳しい加盟審査 ・遺品整理士の資格をもつ優良業者のみ紹介 ・作業後の口コミアンケートで評判の良い業者を厳選 3、ご利用満足度98. 1%!カンタンで手間まで削減 ・1度の問い合わせで3社に一括見積もり ・業者に何度も説明する手間を省きます ・キャンセルや日程調整も代理対応 ・忙しい方、遠方の方は立ち合いなしの作業可 ・即日対応、供養、清掃、消臭まで豊富なワンストップサービス 遺品整理業者の審査基準について また当サイト 「 」 は、遺品整理士認定協会と提携しており、遺品整理士が在籍する業者のみをご紹介しています。 またご紹介する業者はすべて厳しい加盟審査をおこなっております。 全国10,000社以上いるといわれている業者の中から、 ・法律を守って運営しているか ・過去にクレームや追加料金がないか ・電話対応や接客の質が良いか などの項目で審査し、厳選して掲載しています。 600社以上の業者から料金、口コミ、スタッフ、サービス内容、作業事例、実際の支払い費用で比較できます。 まずは無料相談 はじめての業者利用でどうすればいいかわからないという方のご相談も受け付けております。 ・料金や見積もりの流れ ・どの業者が良いのかわからない ・ホームページでみつけた業者は大丈夫? など気軽にご相談くださいませ。 業界歴9年以上の業界知識の豊富なスタッフが回答いたします。 業者に依頼して「脱・ゴミ屋敷」してみては? ゴミ屋敷を健康的な生活ができる環境に変えるためには、単に目につくゴミを撤去するだけでは不十分です。 安全な生活空間を確保するためにも、ゴミの撤去から部屋の清掃に至るまで徹底的に部屋をきれいにしてくれる、掃除を代行してくれる専門業者に依頼してみてはいかがでしょうか。 【監修者:一般社団法人遺品整理士認定協会】 遺品整理業界の健全化を目的に2011年設立。 遺品整理士養成講座を運営し、認定試験・セミナー・現場研修などを実施している。 法令順守をしている30,000名を超える会員、1,000社を超える法人会員が加盟。 法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている企業の優良認定、消費者保護のための遺品整理サービスガイドラインの制定もおこなっている。 【執筆者:みんなの遺品整理事務局】 東証一部上場企業の株式会社LIFULLのグループ会社である株式会社LIFULL senior ライフルシニア が運営しています。 2017年より業界最大級の遺品整理・実家の片付け業者の比較サイト「みんなの遺品整理」を運営し、全国で累計件数30,000人以上の皆様からご相談・ご依頼をいただいております。 はじめての遺品整理でも、専門知識が豊富な相談員が中立な立場で、無料アドバイスをさせていただきます。 大切な人の生きた証を残しつつ、気持ちよく次の世代へ資産や遺品を引き継ぐために、私たちは、お客様一人一人に最適なお手伝いができる情報提供・業者のご提案をいたします。

次の

ゴミ屋敷片づけ業者ガイド決定版!料金・口コミ・早さを徹底比較

ゴミ屋敷の掃除

ゴミ屋敷を何とかしようと考えた私。 まず、対策を立てます。 ・義父がいるので、義父の部屋のものは手を付けない。 (自分の部屋のものを捨てられたら嫌だろうから) ・前回、台所も気になったけど、怖くてあまり見ていなかった。 まず、冷蔵庫の中をチェックする。 (たぶん、古いものも入ってるだろう。 捨ててやる!) ・ゴミの日を意識する。 (燃やすごみの日の前日あたりがいいかも?) 準備したもの 前回の ゴム手袋、マスク、ゴミ袋 は基本だけど、まだ足りない。 眼鏡をしっかりかけるようにする。 掃除用の暖かくて、動きやすく、洗濯しやすい服を着る。 持参するもの ・丈夫で大きな紙袋 (汚れても、処分やすいので。 荷物も入るし、掃除中にコートを入れることができる。 ビニール付だと雨の日も重宝) ・酵素系の洗剤 (これがあれば、なんでも洗えるので。 希釈してスプレーボトルに入れる。 ) ・ノートとペン (義父との会話の確認用) ・替え用の靴下 (あの床の上を歩いた後では、交換したい・・) ・ビニールひも (紙ごみ用。 ダンボールやらいっぱいあったので) ・カイロ (防寒用) ・除菌ウエットティッシュ ・はさみ ( 良く切れるものがオススメです。 ) とりあえず、上記の物を準備しました。 義実家は 古いタオルや 殺虫スプレーは 沢山あったので、荷物軽減の為、これらは省略 そしてそして!! まだ、一番大事な準備がありますよ!!! これは、人にもよりますが、 私にとって大事なこと。 それは、 イメージトレーニング です。 そう、 あのGの大群(赤ちゃんだったけど)に 立ち向かう、覚悟的な ものです・・・。 ゴキブリの苦手な方はこの先見ないでくださいね・・・。 (私も、本当に苦手なんですけど・・。 ) いきますよ? やっぱり、いやあああ!!!!! これはオモチャらしいですが やっぱり気色悪い・・・・・。 しかし、 これから実物に触れる予定なものですから (イヤすぎる) へこたれてはいかん!! 知識も含めて、色々、見慣れようと 頑張ったのですよ・・・! ゴキブリの動画も沢山見ました!!! 逆に色々あってびっくりしましたが・・・・ 絵だけでもあまりにおぞましいので、短歌を作って雅さを出そうとしたのですが 慣れてないから、うまくいかなかったですね。 しかも字余り。 ちなみに、私が強くなる!! という意気込みを込めてみました。 これで、結構イケるようになりました!(と思いたい) なんとなく、Gはコオロギにも似てますね。 これで大丈夫かな!! 準備完了です!!! ちなみに、北国育ちの私のG体験は 結婚してから数回、あるにはあるのですが、 全部、夫が即座に仕留めてくれたので 今まで、叫ぶだけで済んでおりました。 夫は見事な位にゴキブリハンターなので、 これまで、私の出番はございませんでした。 name 青猫 関西在住の主婦です。 2児の母で、夫と4人家族です。 突然始まった夫両親の介護。 葛藤生活を記録します。 ちなみに私は介護に関してド素人。 子供の1人は発達障害だったり、自分の実家は遠方だったり、 そんな中、何とかしようとあがいています。 誰にも言えない本音を吐き出し中です・・・。 Twitter始めました。 他のブログもご覧になれます。 よかったら応援よろしくお願いします。 アーカイブ• カテゴリー カテゴリー 人気記事.

次の