セミオトコ。 セミオトコ特集|無料動画|GYAO![ギャオ]

セミオトコ

セミオトコ

下記クリックで好きな項目に移動• セミオトコ1話の視聴率と感想 セミオトコ1話のあらすじ 都心から離れた郊外のアパートに住む冴えないアラサー女子「 大川由香 演:木南晴夏 」。 人とコミュニケーションを取ることが苦手な彼女は子供の時から孤立していた。 就職した食品会社でも孤立しており、自分のいる意味を見失いそうになっていた。 一方、 うつせみ荘では個性的な住人たちが今日もにぎやかにしていた。 そのうつせみ荘の外では、住人たちの存在や世界を楽しみにしている羽化間近の セミ 演:山田涼介 が一匹。 セミが羽化する夜、 由香はベランダでうたた寝をしていたが老朽化していた手すりが壊れ2階から落ちてしまう。 落ちていくさなか地面には羽化寸前のセミが…。 由香はとっさに避けて セミは守られることになった。 セミは 由香に感謝すると同時に 彼女の寂しそうな様子を感じていた。 「僕になにか出来ることはないだろうか」そして セミは 人間の姿になって由香のそばで7日間過ごし願いを叶えることにした。 こうして由香とセミの奇妙な生活が始まり、由香は最初のお願いをした。 セミは由香を抱きしめながら願いを叶えた 「生きてていいんだよ」と。 セミオトコ1話の視聴率が低い? セミオトコの第1話の 視聴率は 「4%」と低かったようです。 ここ最近の金曜ナイトドラマ枠の第1話の視聴率比べると出だしは順調とは言えないようです。 金曜ナイトドラマ枠第1話の視聴率 dele「5. 5%」 僕としっぽと神楽坂「6. 6%」 私のおじさん「5. 1%」 家政夫のミタゾノ3「8. 2%」 ですがTwitter上では異常な盛り上がりを見せており、 世界トレンドでも5位になったとニュースになっていますね。 一時は 4位 にまで浮上したみたいで今後は視聴率が増える可能性が大いにあります。 あとは山田涼介くんが可愛すぎるっていうのもポイントですね 巷では深夜の山田涼介PVと言われているそうですよ。 セミオトコ第1話の感想 言い方は悪いかもしれませんが予想外に 面白かったです。 そして、その 個性がわかりやすくて疲れた金曜の夜に観るにはとても楽でした。 さて第1話ですが セミオトコ セミオ である 山田涼介くんは開始30分まではすべてナレーション。 ツイッター内でもやきもきする方が大勢いました。 それまでは、 主人公・大川由香の自己紹介や うつせみ荘の住人の紹介といった感じで物語が進んでいきます。 そのなかでも気になる点がいくつか。 うつせみ荘の住人である 岩本春 山崎静代 と 夫のマサ やついいちろう についてセミオが語っているとき。 もともとは夫婦でお笑いコンビをしていたがある事情で断念したという内容。 そのとき テレビに映し出される子供の映像と何かを思う春とマサ。 セミオの 「このふたりの声を聞いていると泣きたくなってきちゃうんだ」というセリフから色々想像してしまいますね。 2話の予告では春に抱きつくセミオのシーンがありますが何か関係してくるのでしょうか。 推測ですが、 セミオは由香だけでなくうつせみ荘の住人の悩みなんかも同時になくしていくのかもしれませんね。 それと、謎の 自称「余命僅か」のオトコ小川邦夫 北村有起哉。 セミオが7日の命に対してずっと生きている対比と思われますが重要人物っぽいです。 由香が落ちるシーンにも居合わせていましたし。 2話以降も気になりますので視聴続行決定ですね。 なによりも金曜の夜にこのドラマは癒やされます。 第1話で一番盛り上がったシーンと言えばやはり由香とセミオのシロップ争奪戦です。 山田涼介くんのあの「あげないよ!」という仕草に何人の人がキュン死させられたことでしょうか。 生きてていいんだよのくだりからのメイプルシロップガブ呑みのくだりの緩急すげーし一口を拒否る仕草かわいすぎかっ! — 進撃の花中島 mesookometubu 持っている メイプルシロップの瓶も楓の形でかわいいですよね。 メーカーはどこのものなのでしょうか。 気になったのでちょっと調べてみました。 当たり前かもしれませんがどこかのメーカー商品を使うのは提供元でない限りNGということでしょうか。 おそらくですが、この2種類のうちどちらかに 小道具さんの渾身のパッケージを貼り付けていると思われます! 1つ目は 別サイトへジャンプします 2つ目は 別サイトへジャンプします というかあのパッケージの瓶が可愛いすぎてすごく欲しいです。 今年の夏は セミオトコ効果でメイプルシロップの売上が伸びそうですね。 まとめ ・初回視聴率は低かったがツイッターで大爆発! ・コメディ要素が多いがちょっと切ない場面も・・・ ・カエデ形の瓶のメイプルシロップはあるがパッケージは番組オリジナル。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました!.

次の

セミオトコ特集|無料動画|GYAO![ギャオ]

セミオトコ

「日」より Hey!Say!JUMP!の 山田涼介主演で、「ファン向けのアイドルドラマか」と侮った人もいるだろう。 あるいは、『 セミオトコ』というタイトルを聞いて「奇をてらったイロモノドラマか」と見切りをつけた人もいるだろう。 そのせいか、ここまで3話が放送されながら、いまいち盛り上がっていない印象のある『セミオトコ』(テレビ朝日系)。 ネット上のコメントも山田がらみのものが圧倒的に多いのだが、なかには山田ファン以外からの「久々に深いドラマ」「この夏一番の傑作!」という称賛も見られる。 実際、当作には批判と称賛を集める、それぞれの理由があった。 山田ファンの願望を叶えるセミオ まずは批判の理由を挙げていこう。 冒頭に書いた通り、「ファン向けのアイドルドラマ」とバッサリ斬り捨てられる要素は、残念ながらかなり色濃いものがある。 山田演じるセミオのキャラクターは、どこまでも純粋無垢で、明るく前向き。 どんな些細なことにも「なんて素晴らしい!」と感動し、地味なアラサーの大川由香(木南晴夏)に「おはよう」「いってらっしゃい」「おやすみ」と笑顔であいさつ。 仕事から帰ってくると、「おかえりなさい。 お仕事お疲れさまでした。 よくがんばったね。 偉い」と頭をなでて抱きしめる。 由香の帰宅に備えて夕食とビールを準備しておき、手をつなぎながら就寝。 さらに、由香の住むアパートの大家姉妹がセミオを見て「天からの贈り物?」「2人で育てましょうよ」と囲い込もうとし、由香が「彼は私の王子様ですから(ダメです)」と奪い返すシーンもあった。 そのほかにもセミオは、キョトン顔で「チューってなんですか?」と尋ねたり、好物のメープルシロップをがぶ飲みしたり、「会いたくなった」と言って由香の職場を見学したり、まるで「山田ファンの願望を叶える」「金曜夜にOLたちの仕事疲れを癒やす」ようなシーンが詰め込まれている。 相手役に美人の印象が強い女優ではなく、演技派バイプレーヤーの木南晴夏を据えたことも含め、ここまで女性層、なかでも山田ファンに向けた脚本・演出にすると、それ以外の人々が白けてしまうのは当然。 作品テーマを伝える前のキャラクター造形で拒絶してしまった人は少なくないだろう。 その作品テーマは後述するが、実に奥深く考えさせられるものだけにもったいない。 セミオとヒロインを見守る優しい人々 次に、称賛を集めている理由について。 由香はつらい過去が原因でコミュニケーションに難があり、扱いにくいタイプであるにもかかわらず、彼女を見る周囲の人々は優しい。 由香の住むアパート「うつせみ荘」の住人には、口ゲンカが絶えない庄野くぎこ・ねじこ姉妹(檀ふみ、阿川佐和子)、偏屈で余命わずかだと思い込んでいる小川邦夫(北村有起哉)、悲しい過去を持つ岩本春・マサ夫妻(山崎静代、やついいちろう)、セミ嫌いで思ったことはなんでも口に出す熊田美奈子(今田美桜)がいるが、いずれも屈折したところがあり根は純粋。 由香とセミオの恋を温かい目で見守っているし、由香のニックネームである「おかゆ」を食べることになったときも、小川は「病人にとっておかゆは主食みたいなものですからね。 おかゆは神だ」、春は「おかゆはすごいよね。 赤ちゃんのときからお年寄りになっても食べる」と純粋に感動していた。

次の

ドラマ【セミオトコ】のキャストとあらすじ!山田涼介×木南晴夏のセミ恋は岡田惠和脚本!

セミオトコ

下記クリックで好きな項目に移動• セミオトコ1話の視聴率と感想 セミオトコ1話のあらすじ 都心から離れた郊外のアパートに住む冴えないアラサー女子「 大川由香 演:木南晴夏 」。 人とコミュニケーションを取ることが苦手な彼女は子供の時から孤立していた。 就職した食品会社でも孤立しており、自分のいる意味を見失いそうになっていた。 一方、 うつせみ荘では個性的な住人たちが今日もにぎやかにしていた。 そのうつせみ荘の外では、住人たちの存在や世界を楽しみにしている羽化間近の セミ 演:山田涼介 が一匹。 セミが羽化する夜、 由香はベランダでうたた寝をしていたが老朽化していた手すりが壊れ2階から落ちてしまう。 落ちていくさなか地面には羽化寸前のセミが…。 由香はとっさに避けて セミは守られることになった。 セミは 由香に感謝すると同時に 彼女の寂しそうな様子を感じていた。 「僕になにか出来ることはないだろうか」そして セミは 人間の姿になって由香のそばで7日間過ごし願いを叶えることにした。 こうして由香とセミの奇妙な生活が始まり、由香は最初のお願いをした。 セミは由香を抱きしめながら願いを叶えた 「生きてていいんだよ」と。 セミオトコ1話の視聴率が低い? セミオトコの第1話の 視聴率は 「4%」と低かったようです。 ここ最近の金曜ナイトドラマ枠の第1話の視聴率比べると出だしは順調とは言えないようです。 金曜ナイトドラマ枠第1話の視聴率 dele「5. 5%」 僕としっぽと神楽坂「6. 6%」 私のおじさん「5. 1%」 家政夫のミタゾノ3「8. 2%」 ですがTwitter上では異常な盛り上がりを見せており、 世界トレンドでも5位になったとニュースになっていますね。 一時は 4位 にまで浮上したみたいで今後は視聴率が増える可能性が大いにあります。 あとは山田涼介くんが可愛すぎるっていうのもポイントですね 巷では深夜の山田涼介PVと言われているそうですよ。 セミオトコ第1話の感想 言い方は悪いかもしれませんが予想外に 面白かったです。 そして、その 個性がわかりやすくて疲れた金曜の夜に観るにはとても楽でした。 さて第1話ですが セミオトコ セミオ である 山田涼介くんは開始30分まではすべてナレーション。 ツイッター内でもやきもきする方が大勢いました。 それまでは、 主人公・大川由香の自己紹介や うつせみ荘の住人の紹介といった感じで物語が進んでいきます。 そのなかでも気になる点がいくつか。 うつせみ荘の住人である 岩本春 山崎静代 と 夫のマサ やついいちろう についてセミオが語っているとき。 もともとは夫婦でお笑いコンビをしていたがある事情で断念したという内容。 そのとき テレビに映し出される子供の映像と何かを思う春とマサ。 セミオの 「このふたりの声を聞いていると泣きたくなってきちゃうんだ」というセリフから色々想像してしまいますね。 2話の予告では春に抱きつくセミオのシーンがありますが何か関係してくるのでしょうか。 推測ですが、 セミオは由香だけでなくうつせみ荘の住人の悩みなんかも同時になくしていくのかもしれませんね。 それと、謎の 自称「余命僅か」のオトコ小川邦夫 北村有起哉。 セミオが7日の命に対してずっと生きている対比と思われますが重要人物っぽいです。 由香が落ちるシーンにも居合わせていましたし。 2話以降も気になりますので視聴続行決定ですね。 なによりも金曜の夜にこのドラマは癒やされます。 第1話で一番盛り上がったシーンと言えばやはり由香とセミオのシロップ争奪戦です。 山田涼介くんのあの「あげないよ!」という仕草に何人の人がキュン死させられたことでしょうか。 生きてていいんだよのくだりからのメイプルシロップガブ呑みのくだりの緩急すげーし一口を拒否る仕草かわいすぎかっ! — 進撃の花中島 mesookometubu 持っている メイプルシロップの瓶も楓の形でかわいいですよね。 メーカーはどこのものなのでしょうか。 気になったのでちょっと調べてみました。 当たり前かもしれませんがどこかのメーカー商品を使うのは提供元でない限りNGということでしょうか。 おそらくですが、この2種類のうちどちらかに 小道具さんの渾身のパッケージを貼り付けていると思われます! 1つ目は 別サイトへジャンプします 2つ目は 別サイトへジャンプします というかあのパッケージの瓶が可愛いすぎてすごく欲しいです。 今年の夏は セミオトコ効果でメイプルシロップの売上が伸びそうですね。 まとめ ・初回視聴率は低かったがツイッターで大爆発! ・コメディ要素が多いがちょっと切ない場面も・・・ ・カエデ形の瓶のメイプルシロップはあるがパッケージは番組オリジナル。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました!.

次の