イオン ネット スーパー 久里浜。 専門店営業時間

専門店営業時間

イオン ネット スーパー 久里浜

イオンネットスーパーの特徴とは? では、ここからは、大手2社のネットスーパー・イオンとイトーヨーカドーを比較していきましょう!まずは特徴から比較してみます。 イオンには不在でも受け取れる「置き楽」サービスがある! イオンネットスーパーの特徴の1つに、不在時でも受け取れる 「置き楽サービス」があります。 イトーヨーカドーや他のネットスーパーは、基本的に手渡しでの配達となるため、配達時間帯には必ず在宅していなければなりません。 万が一不在の場合、再配達を依頼しなければならず、ネットスーパーによっては再配達手数料が発生してしまうこともあるのです。 ちなみに、イトーヨーカドーのネットスーパーは、再配達でも配送料はかかりません そんな不便さを解決したのが、イオンネットスーパーの「置き楽サービス」です。 留守にしていても指定した場所に注文品を置いててくれるので、帰宅が間に合わなかったり、どうしても出かける用事ができた時にも重宝します。 イオンネットスーパーの置き楽サービスでは、保冷カバーに入れ、セキュリティバンドを施して置いててくれるので、新鮮さはもちろんのこと、誰かに持ち去られる心配もありません。 商品代・送料とは別に108円 税込 を支払えば、留守中でも配達してくれます。 イトーヨーカドーと比較すると、イオンネットスーパーは忙しい方に向いていると言えますね。 イオンなら電子マネー・WAONで支払える! イオンネットスーパーの支払方法には、クレジット決済・代金引き換え・玄関先WAON支払いが用意されています。 クレジット決済 ・代金引き換えは、イトーヨーカドーのネットスーパーでも可能ですが、 玄関先で電子マネーで支払えるのはイオンだけ。 さらに、WAONで払支払うと、イオン店頭と同じく 200円ごとに1WAONポイントが貯まります。 普段からWAONを使っている方にはとても便利な支払い方法です。 しかし、玄関先でできるのは、あくまで支払いのみで、 オートチャージや現金でのチャージはできませんので注意しましょう。 イオンならネットWAONポイントが貯まる! イオンネットスーパーでは、 200円ごとに1ネットWAONポイントが貯まります。 次回の注文時に1ネットWAONポイント=1円相当として100pt単位で利用できるほか、電子マネーWAONにチャージも可能。 支払方法に関係なく貯められるのも利用者には使い勝手の良いメリットです。 約3万点もの品揃えがあるので、イオンなど他のネットスーパーと比較するとイトーヨーカドーの一人勝ち状態となっています。 食料品に加え、衣類や医薬品まで網羅しているので、品数の多さを選ぶならイトーヨーカドーが圧倒的に有利でしょう。 イトーヨーカドーは魚の調理にも対応! そして、イトーヨーカドーのネットスーパーが他と大きく違う点は、 「魚の調理をしてくれる」ことでしょう。 通常、店頭であれば、魚売り場で3枚下ろしや内臓を取ってもらうなどの下処理をお願いできますよね。 対面販売でないネットスーパーでは難しいのかな…と思っていたのですが、イトーヨーカドーのネットスーパーでは、無料で魚調理も対応してくれます。 ちょっとした注文にも柔軟に対応してくるのが、イトーヨーカドーのネットスーパーの強みと言えるでしょう。 子育て世帯に嬉しいキャンペーンも イトーヨーカドーのネットスーパーでは、子育てに忙しいママを応援するキャンペーンも開催しています。 交付日より4年以内の母子健康手帳を持っていれば、 登録日から4年間はいつでも配送料が100円 税込 となります。 イオンには、このような子育て世帯優遇のサービスは今のところないので、小さいお子さんがいる家庭はイトーヨーカドーネットスーパーの方が利用しやすいかもしれませんね。 まだ子どもが小さいうちは、走り回ったりいなくなったりと、買い物するのも大変な時期ですよね… お菓子コーナーでぐずりだして買う予定のないモノまで買うことになった…なんてことも少なくありません。 キャンペーンを活用すれば、ネットスーパーも使いやすいですし、子育て世帯には嬉しいメリットと言えるでしょう。 nanacoポイントが貯まる イオンと同じく、イトーヨーカドーのネットスーパーでも独自のポイントが貯まります。 100円 税抜 につき1nanacoポイントが付与され、貯まったnanacoポイントはネットスーパーはもちろん、ロフト・あかちゃん本舗などのオムニ7で利用できます。 しかし、イトーヨーカドーでは支払方法に条件があり、 現金引換とセブンカードで決済した時にのみポイトが加算されるので注意が必要です。 イオンは支払方法に関係なくネットWAONポイントが貯まるので、比較して考えると、この点はイオンの方が利便性が高いと言えるでしょう。 しかし、イオンでは不在時に受け取れたり電子マネーで支払えるサービスが充実していることもわかります。 上記の表から、どちらのネットスーパーがおすすめなのかタイプ別に見ていきましょう。 イトーヨーカドーと比較しても、商品の受け取りがより簡易化できるサービスやポイントアップキャンペーンが充実しています。 忙しくて受け取りも面倒…という方は、イオンネットスーパーを試してみてはいかがでしょうか。 イオンと比較して、子育て世帯が配送料無料になるキャンペーンやちょっとした要望にも応えてくれるサービスが充実しています。 初めての方やママさんでも使いやすいでしょう。 ちょっと試しに利用してみようかな…という方は、イトーヨーカドーのネットスーパーを試してみてはいかがでしょうか。 まとめ それぞれに特色があり、ネットスーパーの比較は難しいもの。 比較してみたけど決められないな… という時は、一度、両方を試してみて比較しても良いかもしれませんね。 自分に合ったネットスーパーを活用して、時間も労力も節約しましょう!• 共働き・お勤めされてる方は「イオンネットスーパー」が便利!• 子育て世帯は「イトーヨーカドー」がおすすめ!•

次の

専門店営業時間

イオン ネット スーパー 久里浜

「全国47都道府県で使える」と評判の。 「自宅まで注文した商品を、すぐに届けてくれる」と多くの人が利用しています。 しかしながら、利用の際に気になるのが「送料」のこと。 自宅まで商品を配達してくれるのだから、送料を負担するのは当たり前の話ですが、今までAmazonやヨドバシ. comを使っていて、毎回「送料無料」で商品を届けてもらっていると、どうしてもネットスーパーは「高いなぁ」と思ってしまいます。 実際に私もネットスーパーを利用した時に「送料の高さ」がネックに思っていました。 特に一人暮らしだと、買う量が少なく購入代金も少額になるので、送料を割高に感じやすいです。 そんなイオンネットスーパーの送料が無料になれば、割高さを感じること無く、より快適に利用できるようになりますよね。 あまり知られていない「送料無料になる方法」を、余す所なくまとめてみました。 まずはお届け先の送料を知る イオンネットスーパーは、配達地域によって送料が異なります。 利用の前に「お届け先の住所に注文した商品を配達するには、どれだけの料金がかかるのか?」を調べます。 イオンネットスーパーのWebサイトを開くと「お店をみる」で配送エリアと担当店舗が確認できます。 お届け先(自宅や職場、離れて暮らす家族の家など)の郵便番号を入力して「検索する」を押すと、店舗名が表示されます。 店舗名をクリックすると、利用店舗の買い物画面が表示されます。 下にスクロールしていくと「通常の配送料金」の項目があるので、そこで送料がいくら掛かるのか確認できます。 イオンネットスーパーの送料や送料無料になる一定金額は、以下の3パターンのどれかに分類されます。 他のネットスーパーと比較しても、送料や送料無料になる一定金額は平均的です。 ただしパターン1に移行する店舗も少なくありません。 パターン3: 同じ担当店舗でも配達地域によって、送料が変わる。 「県内に対応するイオン系列店が1~3店しかない」という場合に多く、配達先の店舗から距離があるほど割高になります。 【A地域】 1回300円+税、5,000円以上で送料無料 【B~D地域】 1回500円+税、1万円以上で送料無料 【Z地域】 注文金額に関係なく1回500円+税 【A・B地域】 1回300円+税、7,000円以上で送料無料 【C地域】 注文金額に関係なく1回500円+税 【D地域】 注文金額に関係なく1回1,000円+税 【E地域】 注文金額に関係なく1回300円+税 利用の際に気を付けたいのが、イオンネットスーパーはイオンカード支払いで、毎月20日30日のほぼ全品5%OFFになる お客様感謝デーは対象外なこと。 「1回6,000円の買い物をすれば、実質の送料が無料になる」という訳ではないのです。 イオンネットスーパーを送料無料にする方法としては、大きく分けて以下の2パターンがあります。 特定の条件を満たして送料を無料にする• 送料分を稼ぐだけの利用をする(買い物で「実質」送料無料にする) それぞれの方法を詳しくまとめてみました。 期間限定のキャンペーンを利用する イオンネットスーパーでは、送料を安くする期間限定キャンペーンを定期的に行なっています。 今回取り上げるのは以下の4つのキャンペーンです。 新規ご入会キャンペーン• 3回以上買ってネットWAON300ポイントプレゼントキャンペーン• ネットWAONポイント5倍• 一定金額以上の注文で配送料無料 現在のキャンペーン情報は、メールマガジンや買い物画面で確認できるので、利用前には忘れずにチェックしておきましょう。 新規ご入会キャンペーン 期間中に新規メンバー登録をして「新規ご入会キャンペーン」に応募後、ネットスーパーで買い物をすると、もれなく ネットWAON300ポイントがもらえます。 ネットWAON300ポイントは「1ネットWAONポイント=1円」として、イオンのネットショップの支払いで利用可能なポイントです。 送料が1回300円+税なことを考えると、ネットWAON300ポイントは、ちょうど送料分に充てられますね。 「まずはお試しでネットスーパーを利用してみたい」という時にも活用できます。 3回以上買ってネットWAON300ポイントプレゼント 期間中、イオンネットスーパーとイオンdeドラッグで 3回以上注文するとネットWAONポイントを300ポイントプレゼント。 3回の注文で1回分の送料が無料になるので「今週はまとめ買いをしないから、送料が高くなりそう」という時に、送料を賢く節約できますね。 キャンペーン対象期間中に、同じメンバーIDで3回以上の買い物をすれば、ポイントプレゼントの対象になります。 」とイオンショップは対象外。 買い物回数にカウントされないので注意。 イオンネットスーパーで買い物後に届く、注文完了メールに応募ページのURLが表示されるので、URLをクリックして応募ページへ進み「応募する」ボタンをクリック。 応募受付完了メールが届けば、手続き完了です。 ネットWAONポイント5倍 ネットWAONポイントは、200円 税込 ごとにネットWAONポイントが1ポイント貯まります。 ネットWAONポイント5倍キャンペーンを利用することで、1万2,000円分の買い物で、1回の送料分のネットWAONポイントが貯められます。 一定金額以上の注文で配送料無料 通常、送料無料になる一定金額が5,000円以上の所、期間限定で「3,000円以上」に値下げするキャンペーンもあります。 一人暮らしや二人暮らしで、1回の買い物金額が少ない世帯でも、送料無料になれば買い物がしやすくなりますね。 「かさばって重くて高額なもの」をまとめ買い 「注文金額に関係なく送料がかかる」という地域以外では、送料無料になる一定金額が設けられています。 最も割合が多いのは 「5,000円以上で送料無料」。 他にも「3,000円以上」や「7,000円以上」、「10,000円以上」という場合もあります。 スーパーでの1回の買い物金額は「1,000円~3,000円」なことを考えると、送料無料になる5,000円以上の買い物をするには、他に何を買えば良いのでしょうか? ネットスーパーを利用するメリットを活かすのであれば 「重くてかさばるものを、まとめ買い」をおすすめします。 実際にイオンネットスーパーの広告を見ても 「かさばるもの」イオンネットスーパーで最短即日配達と「重くてかさばるもの」を買うことを、利用のコツとして推しています。 例えば、こんな商品が買われています。 【食料品】 お米、業務用食材、調味料、インスタント食品、粉類、缶詰 【飲料】 水、ソフトドリンク、ビール、酎ハイ、日本酒、洋酒、ワイン 【医薬品など】 風邪薬、胃腸薬、痛み止め、目薬、塗り薬、湿布薬、健康食品、サプリメント、栄養ドリンク 【ベビー用品】 おむつ、トレーニングパンツ、おしりふき、ベビー飲料、ベビーフード どれも商品代金が高く、しかも持ち帰ろうとすると大変なものばかり。 送料無料になる一定金額の半分を占める場合も多いので、活用しない手はありません。 イオンショップとは異なり 最短で当日お届けしてくれるので、欲しい時にすぐに届けてくれるのが、他には無いメリットですね。 イオンネットスーパーの買い物画面にある 【ケース、まとめ販売コーナー】を見ると、トップバリュ製品を中心としたまとめ買い商品が一覧できるので「何か買うもの無いかな?」という時の参考になります。 店舗受け取りサービスを利用する 注文した商品を店舗で受け取れるサービスです。 自宅お届けではなく、店舗まで受け取りに行くの 送料は無料。 「何時に来るか分からない配送便を待つのは面倒」 「帰宅する前に配送便が着てしまう可能性が高く、ネットスーパーを利用しにくい」 「レジ会計がいつも長蛇の列なので、時間を取られたくない」 「子どもを迎えに行った後、スーパーで買い物をしようとすると、大変で仕方ない」 という家庭を中心に便利に利用されています。 配送時間帯の指定画面で「配送日時=店舗受け取り時間」を選び、 連絡欄に「店舗受取り」と書くだけで手続きは完了。 後は指定した配送時間帯(店舗受け取り時間)に注文店舗のサービスカウンターへ行き、係員に注文確定メールを見せれば、注文した商品を受け取れます。 店舗受け取りの支払い方法は、 クレジットカード払いだけなので、普段の注文を代金引換などで利用している人は、ちょっと使いにくいのがデメリットですね。 オーナーズカードを使う イオン株式会社の株を100株以上持っている株主に発行される株主優待カードが「オーナーズカード」です。 持ち株数に応じて、 買い物の合計金額に、返金率にかけた金額を半年ごとに返金してくれます。 例えばイオンネットスーパーで1万円分の買い物をすれば、 3%割引で300円引きになります。 直接的に送料が値引きされる訳ではありませんが、実質、送料分は安くなります。 「5%OFF」ならば1回6,000円分の買い物で、実質の送料が無料。 送料無料になる一定金額が6,000円未満であれば、かなりお得にネットスーパーが利用できますね。 イオングループで買い物をする機会が多く、近々住宅ローンを考えている人は「イオン銀行の住宅ローン」を候補に入れても良いのではないでしょうか。 まとめ イオンネットスーパーも「配送にかかるコスト」を気にしているのか、簡単には送料を無料にしてくれませんね……。 一部では送料の値上がりしている所もあり「今までは1回108円で届けてくれたのに、今度からは1回324円に値上がりする」という口コミも少なくありません。 「安さを取るか、利便性を取るか」は人それぞれですが、賢い買い物をしてみてくださいね。

次の

専門店営業時間

イオン ネット スーパー 久里浜

「全国47都道府県で使える」と評判の。 「自宅まで注文した商品を、すぐに届けてくれる」と多くの人が利用しています。 しかしながら、利用の際に気になるのが「送料」のこと。 自宅まで商品を配達してくれるのだから、送料を負担するのは当たり前の話ですが、今までAmazonやヨドバシ. comを使っていて、毎回「送料無料」で商品を届けてもらっていると、どうしてもネットスーパーは「高いなぁ」と思ってしまいます。 実際に私もネットスーパーを利用した時に「送料の高さ」がネックに思っていました。 特に一人暮らしだと、買う量が少なく購入代金も少額になるので、送料を割高に感じやすいです。 そんなイオンネットスーパーの送料が無料になれば、割高さを感じること無く、より快適に利用できるようになりますよね。 あまり知られていない「送料無料になる方法」を、余す所なくまとめてみました。 まずはお届け先の送料を知る イオンネットスーパーは、配達地域によって送料が異なります。 利用の前に「お届け先の住所に注文した商品を配達するには、どれだけの料金がかかるのか?」を調べます。 イオンネットスーパーのWebサイトを開くと「お店をみる」で配送エリアと担当店舗が確認できます。 お届け先(自宅や職場、離れて暮らす家族の家など)の郵便番号を入力して「検索する」を押すと、店舗名が表示されます。 店舗名をクリックすると、利用店舗の買い物画面が表示されます。 下にスクロールしていくと「通常の配送料金」の項目があるので、そこで送料がいくら掛かるのか確認できます。 イオンネットスーパーの送料や送料無料になる一定金額は、以下の3パターンのどれかに分類されます。 他のネットスーパーと比較しても、送料や送料無料になる一定金額は平均的です。 ただしパターン1に移行する店舗も少なくありません。 パターン3: 同じ担当店舗でも配達地域によって、送料が変わる。 「県内に対応するイオン系列店が1~3店しかない」という場合に多く、配達先の店舗から距離があるほど割高になります。 【A地域】 1回300円+税、5,000円以上で送料無料 【B~D地域】 1回500円+税、1万円以上で送料無料 【Z地域】 注文金額に関係なく1回500円+税 【A・B地域】 1回300円+税、7,000円以上で送料無料 【C地域】 注文金額に関係なく1回500円+税 【D地域】 注文金額に関係なく1回1,000円+税 【E地域】 注文金額に関係なく1回300円+税 利用の際に気を付けたいのが、イオンネットスーパーはイオンカード支払いで、毎月20日30日のほぼ全品5%OFFになる お客様感謝デーは対象外なこと。 「1回6,000円の買い物をすれば、実質の送料が無料になる」という訳ではないのです。 イオンネットスーパーを送料無料にする方法としては、大きく分けて以下の2パターンがあります。 特定の条件を満たして送料を無料にする• 送料分を稼ぐだけの利用をする(買い物で「実質」送料無料にする) それぞれの方法を詳しくまとめてみました。 期間限定のキャンペーンを利用する イオンネットスーパーでは、送料を安くする期間限定キャンペーンを定期的に行なっています。 今回取り上げるのは以下の4つのキャンペーンです。 新規ご入会キャンペーン• 3回以上買ってネットWAON300ポイントプレゼントキャンペーン• ネットWAONポイント5倍• 一定金額以上の注文で配送料無料 現在のキャンペーン情報は、メールマガジンや買い物画面で確認できるので、利用前には忘れずにチェックしておきましょう。 新規ご入会キャンペーン 期間中に新規メンバー登録をして「新規ご入会キャンペーン」に応募後、ネットスーパーで買い物をすると、もれなく ネットWAON300ポイントがもらえます。 ネットWAON300ポイントは「1ネットWAONポイント=1円」として、イオンのネットショップの支払いで利用可能なポイントです。 送料が1回300円+税なことを考えると、ネットWAON300ポイントは、ちょうど送料分に充てられますね。 「まずはお試しでネットスーパーを利用してみたい」という時にも活用できます。 3回以上買ってネットWAON300ポイントプレゼント 期間中、イオンネットスーパーとイオンdeドラッグで 3回以上注文するとネットWAONポイントを300ポイントプレゼント。 3回の注文で1回分の送料が無料になるので「今週はまとめ買いをしないから、送料が高くなりそう」という時に、送料を賢く節約できますね。 キャンペーン対象期間中に、同じメンバーIDで3回以上の買い物をすれば、ポイントプレゼントの対象になります。 」とイオンショップは対象外。 買い物回数にカウントされないので注意。 イオンネットスーパーで買い物後に届く、注文完了メールに応募ページのURLが表示されるので、URLをクリックして応募ページへ進み「応募する」ボタンをクリック。 応募受付完了メールが届けば、手続き完了です。 ネットWAONポイント5倍 ネットWAONポイントは、200円 税込 ごとにネットWAONポイントが1ポイント貯まります。 ネットWAONポイント5倍キャンペーンを利用することで、1万2,000円分の買い物で、1回の送料分のネットWAONポイントが貯められます。 一定金額以上の注文で配送料無料 通常、送料無料になる一定金額が5,000円以上の所、期間限定で「3,000円以上」に値下げするキャンペーンもあります。 一人暮らしや二人暮らしで、1回の買い物金額が少ない世帯でも、送料無料になれば買い物がしやすくなりますね。 「かさばって重くて高額なもの」をまとめ買い 「注文金額に関係なく送料がかかる」という地域以外では、送料無料になる一定金額が設けられています。 最も割合が多いのは 「5,000円以上で送料無料」。 他にも「3,000円以上」や「7,000円以上」、「10,000円以上」という場合もあります。 スーパーでの1回の買い物金額は「1,000円~3,000円」なことを考えると、送料無料になる5,000円以上の買い物をするには、他に何を買えば良いのでしょうか? ネットスーパーを利用するメリットを活かすのであれば 「重くてかさばるものを、まとめ買い」をおすすめします。 実際にイオンネットスーパーの広告を見ても 「かさばるもの」イオンネットスーパーで最短即日配達と「重くてかさばるもの」を買うことを、利用のコツとして推しています。 例えば、こんな商品が買われています。 【食料品】 お米、業務用食材、調味料、インスタント食品、粉類、缶詰 【飲料】 水、ソフトドリンク、ビール、酎ハイ、日本酒、洋酒、ワイン 【医薬品など】 風邪薬、胃腸薬、痛み止め、目薬、塗り薬、湿布薬、健康食品、サプリメント、栄養ドリンク 【ベビー用品】 おむつ、トレーニングパンツ、おしりふき、ベビー飲料、ベビーフード どれも商品代金が高く、しかも持ち帰ろうとすると大変なものばかり。 送料無料になる一定金額の半分を占める場合も多いので、活用しない手はありません。 イオンショップとは異なり 最短で当日お届けしてくれるので、欲しい時にすぐに届けてくれるのが、他には無いメリットですね。 イオンネットスーパーの買い物画面にある 【ケース、まとめ販売コーナー】を見ると、トップバリュ製品を中心としたまとめ買い商品が一覧できるので「何か買うもの無いかな?」という時の参考になります。 店舗受け取りサービスを利用する 注文した商品を店舗で受け取れるサービスです。 自宅お届けではなく、店舗まで受け取りに行くの 送料は無料。 「何時に来るか分からない配送便を待つのは面倒」 「帰宅する前に配送便が着てしまう可能性が高く、ネットスーパーを利用しにくい」 「レジ会計がいつも長蛇の列なので、時間を取られたくない」 「子どもを迎えに行った後、スーパーで買い物をしようとすると、大変で仕方ない」 という家庭を中心に便利に利用されています。 配送時間帯の指定画面で「配送日時=店舗受け取り時間」を選び、 連絡欄に「店舗受取り」と書くだけで手続きは完了。 後は指定した配送時間帯(店舗受け取り時間)に注文店舗のサービスカウンターへ行き、係員に注文確定メールを見せれば、注文した商品を受け取れます。 店舗受け取りの支払い方法は、 クレジットカード払いだけなので、普段の注文を代金引換などで利用している人は、ちょっと使いにくいのがデメリットですね。 オーナーズカードを使う イオン株式会社の株を100株以上持っている株主に発行される株主優待カードが「オーナーズカード」です。 持ち株数に応じて、 買い物の合計金額に、返金率にかけた金額を半年ごとに返金してくれます。 例えばイオンネットスーパーで1万円分の買い物をすれば、 3%割引で300円引きになります。 直接的に送料が値引きされる訳ではありませんが、実質、送料分は安くなります。 「5%OFF」ならば1回6,000円分の買い物で、実質の送料が無料。 送料無料になる一定金額が6,000円未満であれば、かなりお得にネットスーパーが利用できますね。 イオングループで買い物をする機会が多く、近々住宅ローンを考えている人は「イオン銀行の住宅ローン」を候補に入れても良いのではないでしょうか。 まとめ イオンネットスーパーも「配送にかかるコスト」を気にしているのか、簡単には送料を無料にしてくれませんね……。 一部では送料の値上がりしている所もあり「今までは1回108円で届けてくれたのに、今度からは1回324円に値上がりする」という口コミも少なくありません。 「安さを取るか、利便性を取るか」は人それぞれですが、賢い買い物をしてみてくださいね。

次の