ヤ り たい 仕事 が 見つから ない 診断 高校生。 【とりあえずこれ】就活で”やりたい仕事がない”学生時代何も頑張ってこなくても”内定を獲得する極意

やりたい仕事がない就活生必見!やりたいことを見つける15の方法

ヤ り たい 仕事 が 見つから ない 診断 高校生

やりたい仕事が見つからないアナタへ 就活生の最大の悩みと言われて、多くの人が思い浮かべるのは、「内定がとれないことによる焦り・不安」だと思います。 確かに、その気持ちはとても理解できます。 友人・知人がすでに内定をいくつも貰っているのに、自分だけ内定が0だったら、それは焦るし、不安になるでしょう。 しかし、もっと根本的なところで悩みを抱えている就活生もいます。 それは「やりたい仕事が見つからない」という悩みです。 就活生の悩みランキング 以下のデータを見てみましょう。 多くの就活生が「やりたい仕事が見つからない」ことに悩んでいるとわかります。 「就活生の悩み「やりたい仕事が見つからない」ランキング」 第3位 出典: 第4位 出典: 第5位 出典: 本記事では、やりたい仕事を見つけるための新しいアプローチ方法として、適職診断サイトについて説明を行った後、オススメの適職診断サイトを7つに厳選してご紹介したいと思います。 やりたい仕事を見つける方法 やりたい仕事を見つける方法として、真っ先に思い浮かべることは、以下のようなものでしょう。 一般的な適職の探し方• 自己分析をする• 周りからのアドバイスを聞く• 業界地図、会社四季報を読む• 会社説明会に参加する• OB訪問に行く 確かに、上で述べた一般的な方法は、効果的です。 しかし、それらはすでに多くの情報がネットにあるため、新しく言及する必要はないと思います。 「それならどうすればいいの?」という疑問に答えるために、適職診断サイトの活用について書きたいと思います。 適職診断サイトの活用 今回は、適職診断サイトを活用する方法をご紹介していきたいと思います。 まずは、適職診断システムの概要と人気の適職診断サイト7選をご紹介していきます! 適職診断サイトとは? 適職診断サイトとは、人格や性格に関する質問に答えることで、自分に合った職業を教えてくれるWebサイトです。 適職診断サイトのメリット• 所要時間が短く、気軽に使える!• あまり頭を使わなくていい!• 自分の将来を決める指標になる! 適職診断サイトのデメリット• 嘘、虚栄などにより本心と異なる解答をすると正確な診断ができない!• 診断結果は、自分の希望と必ずしもマッチするわけではない! これまでで、適職診断サイトの概要がわかってもらえたと思います。 次の章からは、表題にもありますように、オススメの適職診断サイトを7つに厳選して紹介したいと思います。 オススメの適職診断サイト7選 それでは、さっそく、おすすめの適職診断サイト7選をご紹介していきたいと思います! あなたの夢を探す!適職診断 30の質問にYES〜NOの五択で答えます。 所要時間が短く 約3分 サッと終わらせることができます。 「どのようなタイプであるか」「オススメの仕事は」について、簡単に言及されています。 精度としては、あまり高くないので、他のサイトと併用して使うと良いと思います。 あなたの夢を探す!適職診断 適職をディグる!ジョブリシャス診断 20の質問に「はい・いいえ・どちらでもない」の三択で答えます。 質問数が少ない分、所要時間はとても短い 約2分 です。 「自分がどのようなキャラクターであるか」「基本的な仕事性格」について、ざっくりと教えてもらえます。 それ以上、知るためには、ログインが必要となります。 ディグラム波形のタイプも教えてもらえるため、性格診断にも役に立つサービスだと思います。 所要時間は5分程度でしょうか。 二択なので、サクサク答えることができます。 結果は、具体的な職業名がいくつか表示され、「現実性」「研究気質」「芸術精神」「社会性」「企業精神」「伝統気質」に自分がどれだけあてはまるのかをグラフで見ることができます。 どこより正確な職業適性診断 性格診断セブン ~NG職業を避け、就職活動や転職を成功させよう~ 『性格診断セブン』の適職診断サイトの一つ。 45の質問に1〜5までの五択で答えるため、所用時間は多少かかります 約10分。 向いている職業・職場環境だけではなく、NG職業・職場環境についても言及していることが特徴です。 具体的な職業名を豊富に教えてもらえて、とても参考になるのではないでしょうか。 適職診断9 ~NG職業を避け、就職活動や転職を成功させよう~ 性格診断セブン ~理想の職業「天職」は?~ こちらも『性格診断セブン』の適職診断サイトです。 31の質問に四択で答えます。 所要時間は約8分です。 INFP型など、性格をあらわす16のタイプから、自分があてはまるものを教えてもらえます。 「適職診断 9」と提示される職業名はそれほど変わりませんが、両者を利用するとより精度が上がると思います。 適職診断16 ~理想の職業「天職」は?~ 3分間!適職診断 22の質問に四択で答えます。 所要時間は3分。 「仕事選びの価値観」について知ることができます。 ただ、精度に欠けているのと、具体的な職業名は表示されていないので、あくまでも参考程度にやってみれば良いと思います。 他のサービスと併用して使いましょう。 3分間!適職診断/リクナビNEXT[転職サイト] 適職診断(無料) キャリアインデックス 30の質問に五択、9の質問に並び替えで、答えます。 所要時間は約8分です。 具体的な職種に関する言及は少ないですが、「傾向」「強み」「仕事に求めるもの」について、詳細に分析してくれます。 自身の性格について、詳しく知りたい人にとっては、良いサービスでしょう。 適職診断(無料) キャリアインデックス 適職診断サイトまとめ 本記事では、「やりたい仕事が見つからない」悩みを持つ就活生にオススメの適職診断サイトを7つ紹介しました。 一般的な方法は試してみたけれど、「いまいちピンとこない」というあなたへ、適職診断は新しいアプローチ方法になりうるのではないでしょうか。 より正確な診断結果を得るために、本記事で紹介したサイトを複数試してみて、共通している点を探してみることも良いでしょう。 ただし、適職診断サイトは、あくまでも目安なので、信じこむのではなく、参考にしてみる程度の付き合い方をしてくださいね。

次の

◆就職こだわり診断 適職適性と職業診断

ヤ り たい 仕事 が 見つから ない 診断 高校生

就活をしていると「志望業界を決めるにしても、やりたい仕事がない」「やりたい仕事がないから、就活を始められない」と悩むことがありますよね。 やりたい仕事が決まっていないと、就活の指針が見つからず、行動の仕様がありませんよね。 そこで、やりたい仕事が決まっていない就活生のために、やりたい仕事が見つかっていなくても、就活で内定を獲得する方法を解説していきます。 「やりたい仕事」は決まっていなきゃいけないの? まず、結論からいうと、「やりたい仕事は決まっていなくても、内定はとれる」ものです。 マイナビの調査によれば、内定者の33%は、「内定先を蹴ろうと悩んでいる」ことがわかっています。 つまり、多くの内定者が、やりたい仕事にはつけてないわけですよね。 でも「内定はとれている」わけです。 「やりたい仕事」がないまま、内定をとっている人が大半 就職活動で内定をとるには、面接の場で筋の通った志望動機を言えればOKです。 やりたい仕事がなくても、しっかり企業研究をして、「なぜこの企業で働きたいのか?」を語れれば、内定は出るものです。 だから、内定をするために、「やりたい仕事」が決まっている必要はないのです。 たとえば、金融業界の志望者の多くは「金融の仕事は形のない金融商品を扱うので、自身の営業力が試される。 その環境に魅力を感じる」と面接で語ります。 でも 「本当に、昔からそんな風に思っていた」のでしょうか? 筆者は早稲田大学出身なので、メガバンクの内定者の知人が何人もいますが、 みな「就活がはじまったから、まぁ大手だし、給料もいいから、メガバンでも受けようかな」程度の動機で志望先を決めています。 「なんとなく」で決めてから、筋の通った志望動機を用意しているだけなのです。 「後付の志望動機」でも十分内定はとれるので、無理に「やりたい仕事」を見つける必要はありません。 あまり「やりたい仕事」にこだわると、ドツボにはまる やりたい仕事はそう簡単に見つかるものではありません。 今まで20年以上、生きてきた中で、「やりたい仕事」が見つかっていないのに、就活だからといって無理やり「やりたい仕事」を見つけようとすると、かえって失敗してしまいます。 なぜなら、それは 「就活のために無理に見つけている、やりたい仕事」だからです。 無理に見つけた「やりたい仕事」を目指して就活をしても、上手くいかないでしょう。 とはいえ、志望業界を決めていなければ、就活は始められません。 だから、「なんとなく、この業界がいいかな」程度には、やりたい仕事を決めておく必要があります。 では、どうすれば良いのでしょうか? 就活の軸を定めよう 就活は内定を得ることが目的ですが、内定を得て入社した後も自分の選択に自信を持つことで、本当に就活が成功したといえるでしょう。 しかし、就活の軸を定めることは難しいです。 そこで活用したいのが「」です。 就活の軸には、年収という観点以外にも様々なものがあります。 このマニュアルでは、就活の軸の作り方が詳しく紹介しています。 無料でダウンロードできるため、就活に迷いがある学生はぜひ無料でダウンロードしてみましょう。 「やりたい仕事」と「できる仕事」 就活生の皆さんは、「やりたい仕事」と「できる仕事」という2つを分けて考えることが重要です。 「やりたい仕事」とは、その名の通り自分がやりたいと感じる仕事で、人によっては「小さい頃からコックさんになりたくて、今は料理専門学校に行っている。 」というような方もいるでしょう。 一方で「できる仕事」とは、自分が人よりも得意にできることや、比較的楽に、もしくは短時間で出来てしまうような仕事のことを指します。 例えば、普通の人が1時間かかるタイピングを30分で終わらせてしまったり、初対面の人と話すことがそこまで苦ではなかったりするという人は、それぞれIT系の仕事や営業が「できる仕事」かもしれません。 もし「やりたい仕事」と言われてすぐにパッと思いつかないという方は、後者の「できる仕事」にフォーカスを当ててみて、就職活動を行うのも良いかもしれませんね。 実際にやりたい仕事に就けている人の割合 今現在、社会人の方の中で「実際にやりたいこと、好きなことを仕事にできている」という方の割合は、およそ4割程度だそうです。 (参考:) このデータの裏を返せば、全体の中で6割の方は「実際に自分がそこまで好きではない仕事に就いている」ということでしょう。 つまり、就職活動の中で自分の「やりたい仕事」を見つけ、更に、発見した自分のやりたい仕事に就けるという方は、かなり限られてくるのです。 就職活動中に、「どうしてもやりたい仕事が見つからない」という学生の方は、深刻にならず、今の時期にやりたい仕事を見つけて就職できることの方が珍しいと割り切って、自己分析やいくつか企業と接触していくうちに、自分の軸を見つけてみてください。 先まで見通すことも重要 どうしてもやりたい仕事がない、という方は「将来のことを考えて職業選択をする」という選択肢も考えられることを覚えておいてください。 やりたい仕事がない場合、ファーストキャリアとして自分のスキルをあげることの出来る会社や、自分の視座を上げてくれるような先輩社員が多くいる会社に行けば、「やりたいこと」が見つかった際に、比較的スムーズに次のキャリアへ移行することができます。 例えば、ビジネスとしての基礎を鍛えることの出来るコンサル会社やベンチャー・スタートアップなどが、自分のスキルを磨き、視座を上げるために向いている業界としてあげられるでしょう。 もし現在、やりたい仕事がなくて悩んでいるという方がいらっしゃいましたら、先を考えて業界や企業を考えてみるというアプローチも検討してみてください。 「やりたいこと」のヒントを見つける3つの方法 「やりたい仕事」をかっちり決める必要はありませんが、 指針程度には「こういう仕事が向いているかも」は見えておいた方が良いです。 以下では、自分に向いている仕事を見つける方法を解説していきます。 「どんな時に燃えたのか?」を振り返ってみよう 「過去に自分がどんな時に燃えたのか?」を箇条書きにすると、やりたい仕事のヒントが見つかります。 たとえば、私が就活をした時は、以下のように「過去に自分が燃えた時」を振り返りました。 [note]• ただ、私は、それを全部無視して、ブランドにひかれ、ある有名外資系企業に入社しました。 結果をいうと、その会社があわず、すぐに退社してしまいた。 現在では「アイデア・創意工夫が反映され」「結果がわかりやすく数字で出る」小さなWebプロモーション会社を運営しています。 収入的にも、仕事内容的にも、会社員時代よりも、自分にあっている仕事だと感じています。。 「自分がどんな時に燃えたのか?分析」は、意外と使える適職診断法です。 人が一番パフォーマンスを発揮できるのは「燃えている時」です。 自分が「どんな時に燃えるのか?」を理解し、それが実現できる仕事環境を考えてみましょう。 志望業界を決める軸になります。 適職診断を活用してみよう 「自己分析とかめんどい」と思う就活生もいるでしょう。 ザックリ適職診断をしたいなら、大手転職サイトの適職診断ツールを使うと良いでしょう。 質問に答えていくと、その傾向から、あなたの適職を教えてくれます。 もちろん、あくまで「参考」程度にしかなりませんが、向いている仕事を見つけるヒントになるはずです。 オススメの適職診断は、以下の2つ。 マイナビの適職診断「適職ディグリ」 60秒程度で簡単にあなたの適職を診断できます。 「適職ディグリ」は、海外の適職診断で使われているエニアグラムをもとにした性格テストです。 短時間で、あなたの性格のタイプと、向いている仕事、向いていない仕事を診断してくれます。 リクナビの適職診断「グッドポイント診断」 リクナビNEXTが運営している、強み診断テストです。 質問の回答をもとに、あなたの強み、それを活かせる仕事を教えてくれます。 問題数も多く本格的なものなので、自分の適職を判断するには使えるテストです。 「苦手そうな仕事・やりたくない仕事」を本音で洗い出してみよう やりたい仕事はわからなくても、「やりたくない仕事」は、ある程度、見えているものです。 たとえば、 [note]• ブラック企業だけは絶対に嫌だ• 上下関係が厳しい職場は無理。 先輩後輩の結びつきが強い会社は自分には向いていない• 体育会系の社風なんて絶対に無理• 「やりたくない仕事リスト」をもとに消去法で、志望業界を絞り込んでいきましょう。 たとえば、「ノルマの厳しい営業は無理」という指針があれば、不動産会社や証券会社、銀行は志望業界から外せます。 このように 「やりたくない仕事」が見えていれば、志望業界を十分に絞り込めます。 やりたい仕事がなければ、条件面で探してもOK さて、上のステップを踏んでも「やりたい仕事が見つからない」方もいるでしょう。 そんな方はどうすれば良いのでしょうか?簡単です。 「条件で決めればいい」のです。 たとえば、 「給料がいいし、安定してそうだから、インフラ業界を受けよう」「文系だけど、ガツガツした営業は出来ないから、決まった取引先を回る、部品・素材メーカーのルート営業にしよう」… このように「希望条件」から、やりたい仕事ではなく、行きたい企業・業界を決めれば良いのですね。 労働時間で選ぶ 企業を選ぶ条件の1つとして、労働時間という側面があります。 働き方改革が叫ばれている今では、労働時間に対して敏感になっている学生も多いのではないでしょうか。 労働時間を見る1つ目の基準は、そもそもの労働時間と残業時間です。 1日にどれだけの労働時間が原則として決められているのか、またみなし残業として毎月何時間が給与に含まれているのか。 以上の2つを見てみると、企業の労働時間がわかるはずです。 2つ目の基準としては、労働時間の自由さがあげられます。 労働時間の長短や自由度は、労働環境の中でも多く影響してくる部分ですので、ぜひしっかりと見極めてみてください。 福利厚生を重視する 福利厚生の充実度も、やりたい仕事がない学生の方にとっては、重要となる会社の条件ではないでしょうか。 いくら給与が良くても福利厚生が充実していなければ、楽しく安心して働くことはできませんし、家賃補助や交通費補助の制度があれば、給与にプラスで金銭面でのプラス要素になるはずです。 例として、家賃補助や交通費補助が上限何万円まで支給されるか、また支給に制限はないか、などを見ることで、福利厚生を軸とした条件比較ができるでしょう。 また、社内のランチ制度やその他マッサージ、書籍・ガジェットの支給補助なども、精査して見ることで有益な比較ができます。 やりたい仕事が見つからないという就活生の方は、ぜひ福利厚生という観点で企業を見るというアプローチも試してみてください。 条件で探せば、「行きたい企業」はすぐに見つかる 「この条件なら働いてもいいかな」と条件を決め、その条件が実現できる業界を探していきましょう。 あるいは、上で紹介した「やりたくない仕事」に該当するもの以外の仕事を受けていくのでも良いでしょう。 受けることを決めたら、必死に企業研究をして、筋の通った志望動機を用意すればOKです。 それで十分、内定はとれます。 実際に動いて、働いている人の話を聞いてみよう 机上で「こんな仕事が向いているのかな」と判断したとしても、その判断が正しいかはわかりません。 机上の判断は、あくまで机上の判断です。 だから、実際に働いている人の話を聞いて「自分にその仕事が向いているのか?」「興味が持てるのか」の判断をしましょう。 OB訪問をすれば、「なんとなく、興味あるなあ」程度の仕事だったものが「絶対にやりたい仕事」に変わるかもしれません。 あるいは、「やりたい!」と思っていた仕事が、自分には向いていない仕事だとわかるかもしれません。 実際に働いている人の話を聞けば、紙上では手に入らない、生の情報が手に入ります。 生の情報をもとに志望動機をつくれば、説得力のある志望動機が作成でき、内定がぐっと近づきます。 「興味あるかも」と感じた業界には、必ずOB訪問をしておきましょう。 実際に働いている人の話を聞くことで、「営業の仕事って、思ってるよりもやりたい仕事に近いかもしれない。 」という考えや、逆に「やりたいと思っていた企画職だけど、ちょっと違うかもしれない。 」といった印象を持つかもしれません。 インターンシップ制度を利用する 会社での業務を一部体験することができるインターンシップ制度も、やりたい仕事が分からないという就活生の方にとって、非常に有益となる機会の1つです。 インターンシップ制度では、実際に職場に入って業務を体験し、先輩の指導のもとで1つずつタスクをこなしていくことができるので、成功体験にも繋がりますし、過程の中で仕事に対して愛着を持つ可能性もあります。 実際に体験してみることが、仕事内容を体で理解して、やりたい仕事かどうかを判断するための一番の方法となるかと思いますので、ぜひ一度企業が開催しているインターンシップに申し込んで面接を突破して、有益な業務体験をしてみてください。 設問に回答をすると、経産省の定めた「社会人基礎能力」のうち、あなたがどの面に秀でていて、どの面に弱点があるのかを教えてくれます。 これは、私がテストした時の診断結果です。 この通り、かなり詳しく教えてくれます。 偏差値形式で表示してくれるので、「自分の強みは何なのか?」「向いている仕事は何なのか?」「どんな弱点があるのか?」「向いていない仕事は何か?」が一発でわかります。 OfferBoxは、プロフィールを登録しておくだけで、あなたのプロフィールに関心を持った人事から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。 AnalyzeU+で診断するついでに、プロフィールを詳しく入力しておくと、有名企業からの選考のオファーまで届くようになります。

次の

自分に合った仕事の見つけ方!ヤりたい仕事が見つからない人向け診断!│ジョブシフト

ヤ り たい 仕事 が 見つから ない 診断 高校生

わたしは今 25歳なんですが、このへんの年頃になってくると 「そろそろ転職したい」って人もまわりに増えてきます。 でも転職って• 手間も時間もかかるのに、今の仕事より良い環境で働けるのか不安• そもそも良い会社に転職できるのか・・・ など多くの問題にぶち当たると思います。 実際わたしも、今となっては前職を辞めてフリーランスで活動してますが、去年は転職活動して挫折した組でもあります・・・。 転職が不安な理由は自分への自信の無さ で、転職がぽんぽんできる人とそうじゃない人の決定的な違いって、 「自分なら転職先でも頑張れる」と自分で思えているかどうかなんですよね。 実際にまわりの友人を見ていても、転職している人は自分に自信をもって仕事に取り組んでいる人ばかり。 転職が不安な人は「転職先でやっていけるだろうか」とか「こんな自分でも大丈夫だろうか」と思ってしまう。 その自信のなさを克服するためにはまず 「自分なら頑張れる」というモチベーションを持つことが大事なんですよね。 そこができれば転職活動への意欲も高まるし、不安も少しずつ解消できる。 だからわたしは 「転職力診断テスト」とかを受けてみて、自分にちょっとずつ自信をつけていくのをおすすめしたいんです。 転職力診断ってなに? こういったテストはいくつかあると思いますが、今回紹介する転職力診断は 「@type」という転職サイトが提供するサービス。 いくつかの設問に答えて、自分の職務経験やスキルなどを入力すると 「自分がいまどれくらい転職できるポテンシャルがあるか」を診断してくれるのです。 この診断結果をみると 「自分にある強みと足りてない要素」が客観的にわかるので、これから転職するにあたって 自分がどこをアピールしていけばいいのか・どこを補えばいいのかがわかるので、かなり自信がつきます。 この診断は「 type」の転職サイトに 無料登録すればだれでも受けられるので、気になる人はぜひ試してみてください。 っていうか無料で自分の転職に対するモチベーションが上がるなら絶対やるべき。 スポンサーリンク わたしも実際に転職力を診断してみた そんなわけでわたしも実際に転職力診断してみました。 まったくなかったらどうしよう・・・ まずは設問に対して直感で当てはまるものを回答していきます。 なんかすでにダメ人間感を感じてしまうのだが大丈夫だろうか・・・ 次は自分のプロフィール・パーソナル情報の入力。 「どういう会社で働いてみたいか」を知るためですね。 お次は保有資格の入力。 (言い訳) ちなみに英語スキルが「旅行中に必要な会話ができる」になっていますが 必要な会話すらできません。 (一番下のレベルの選択肢がこれしかなかった) 最後に仕事のスキルや経験を入力して終わりです。 ・・・ わたしってたいしたことできないんだな・・・(遠い目) 詳細な診断結果が! 不安がさらに加速したような診断でしたが、結果がでました。 さらに細かく分析結果が表示されます。 自己分析力は高いが企業分析力が足りないとのご指摘。 確かに自分のことは去年ハゲるほど考えたのでその通りだなと思います。 これを読むと 「自分があとどこを補えばいいか」がわかりますね。 わたしは受けたい業界や企業の分析や下調べが足りてない&将来のキャリア設計が不十分ってことでした。 自分に足りていない部分を補えばさらに自信を持って転職活動ができますね。 診断結果の下には、自分に合った企業を何社もピックアップしてくれています。 わたしはベンチャー志向だったので、ベンチャー企業の求人が多く紹介されていました。 転職力診断を受けたら少し自信がついた 転職が不安になるのって、 「自分に自信もないし、転職のイメージが漠然としていて具体的に自分が何をすればいいかわからないから」不安になるんだと思います。 こういう診断を受けてみて、自分に何が足りてなくて、これから何をすればいいのかが具体的にわかると不安も減るし自信もつきます。 何より 「自分を求めてくれる会社もあるんだ・・・」って知れるだけでもかなり大きな一歩ですね。。 20代・30代にとっては大事なキャリア選択。

次の