年末 ジャンボ 抽選 日。 当せん番号案内(ジャンボ等)

年末ジャンボ宝くじ当選番号と発売日・抽選日予定

年末 ジャンボ 抽選 日

宝くじの日の抽選についても自動で判別してくれ、当選の場合はハガキが送られてきます。 だから、宝くじの日を忘れていても、ハガキが送られてくることで思い出せます。 宝くじ公式サイトでの確認方法 実際に宝くじ公式サイトのマイページで確認できるのですが、 こんな感じで表示されます。 残念ながら、ぼくはハズレてしまいました。 もし当たっていれば、こちらの確認画面に表示があると思います。 年末ジャンボのハズレくじで当たる賞品は? ではとは何なのか? 2019年の宝くじの日お楽しみ抽選の賞品は• 今治ぼかし織りフェイスタオルセット• ミニスキレット13cm 2個セット• 耐熱ガラス製保存容器 丸3個セット• サーモス真空断熱タンブラー この5品目の賞品から1点選べます。 お米とかは、地味に助かる商品ですよね。 ちなみに2018年に宝くじの日で当たる賞品は• 燕人の匠[プライム]ステンレスタンブラー300ml• 竹炭入り蒸炊鍋(ジョウスイカ)• 今治ブランド フェイスタオル2枚セット• 耐熱ガラス製保存容器 丸3個セット• 雪蔵仕込み氷温熟成R新潟産こしひかり2㎏ この5品目から1品目を選択できます。 何年かさかのぼっていくと、2017年の当たる賞品は• 今治純白タオルセット• 音波振動式歯ブラシ• 3銘柄米食べ比べセット• 燕人の匠[プライム]ステンレスタンブラー• ランチーニ グリル活用角型パン この5品目から1品目を選択できました。 2016年の当たる賞品は• 今治純白タオルセット• マイクロウェーブヒートライト• ステンレスラウンドロックタンブラー• 停電センサーLEDサーチライト この5品目から1品目を選択できました。 毎年当たる賞品が変わりますが、主婦の方などお米が選べたりするので助かりますよね。 2019年度の賞品は、8月上旬ごろに宝くじ公式サイト「」でお知らせがあります! スポンサードリンク 年末ジャンボの宝くじの日での復活条件 年末ジャンボのハズレ券を残しておいて、に抽選結果を確認します。 そして見事当選すれば賞品をゲットできるのですが、その復活条件について触れていきますね。 まず、宝くじの日に対象となるのは、年末ジャンボを始めとする ジャンボ宝くじです。 年末ジャンボ• ハロウィンジャンボ• サマージャンボ• ドリームジャンボ• バレンタインジャンボ もちろん ミニやプチなども対象となっています。 そして「東京都宝くじ」「西日本宝くじ」などの 通常宝くじ・ブロック宝くじ・地域医療等復興宝くじ。 スクラッチも対象となります。 数字選択式宝くじのロト7、ロト6、ビンゴ5、ミニロト、ナンバーズ4、ナンバーズ3、およびイベントくじは対象外となっています。 totoなどはスポーツ振興くじと呼ばれるものなので関係ありません。 スポンサードリンク 年末ジャンボで実際に抽選状況を確認してみた結果! 2019年度の宝くじの日の当せん番号は 「下4ケタ 8947」に決まりました。 (より) 例年、下4桁の数字で当選するようになっています。 例えば、この年であれば2018年購入した年末ジャンボ宝くじは対象となります。 僕の購入した宝くじの中からですが、この数字は「167組178907」ですので非常に惜しいくじが一枚ありました。 他にもたくさん購入しましたが、僕が持っていたハズレ券に当選しているものはありませんでした(悲) 再抽選の当選番号は全国の宝くじ売り場のポスター、チラシでお知らせします。 その他、インターネットや電話で9月3日以降、当せん番号の確認ができます。 takarakuji-official. そして一般書留、簡易書留、または特定記録郵便で、 スポンサードリンク 宝くじの日の詳細と注意するポイント 宝くじの日のハズレ券の抽選ですが、いくつかシビアな条件もあるので詳細やポイントについてまとめますね。 まず当せん券の 郵送締切日というのがあり、それが毎年 10月31日(当日消印有効)となっています。 9月2日が宝くじお楽しみ抽選の日なので 2か月ほどしか期間がありません。 そして先ほどの宛先に郵送すると、3週間程度の間に「申込ハガキ」を同封した「お楽しみ賞品カタログ」が送付されます。 それに希望賞品などを書き入れて再び郵送します。 このハズレ券の照合ですが、宝くじ売り場では受け付けてません! だから照合するのは自分でしなくてはいけないので、たくさん購入された人はかなりの時間がかかるでしょう。 面倒なことがいくつかありますが、当選したらもらえるものはもらっておきましょうね。 あとがき 年末ジャンボのハズレくじ再抽選で賞品がもらえる「宝くじの日」が毎年9月2日にあります。 年末ジャンボ以外にも対象となる宝くじがあるし、賞品もわりと良いものもあります。 ただ、ここでもハズレた券は本当にいらないので、記念に残すとか以外ではただの紙切れなのでもう捨ててしまっても構いません。 とりあえずは購入した宝くじは一年間保管しておいて、宝くじの日の抽選で当選しているかどうかぜひ確かめてくださいね。

次の

当せん番号案内(ジャンボ等)

年末 ジャンボ 抽選 日

初日は取材のテレビカメラが集まったりする売り場もあるくらい盛況ですし、「残り物には福がある」という感じで最終日を狙ったり、最終日になって気付いて買っておこうかなと思う人が多くなるから、駆け込み需要も多いんですね。 そんな年末ジャンボは何時まで買えるのか?というと、実は宝くじ売り場によってマチマチです。 営業時間は立地場所によってもかなり違い、駅構内や特設会場、スーパーに併設などさまざまなので一概には言えませんが、およそ18時~19時までの売り場が多いです。 また、年末ジャンボ宝くじは特別という事で営業時間を延長している売り場もあります。 東京での他の宝くじ売り場についても少しピックアップしてみると、• 八重洲地下街チャンスセンター「10:00~20:00」• JR有楽町駅中央口宝くじ売り場「平日8:00~22:00」「土日祝9:00~21:00」• 錦糸町ビックチャンスセンター「9:30~18:30 土日17:30 」• 新宿チャンスセンター「9:30~19:00」 どれもこれも営業時間はバラバラですよね。 年末ジャンボを買う日はココ! 2019年の年末ジャンボの販売期間は「2019年11月20日 水 ~12月21日 土 」となっていますが、この期間内で 縁起の良い日はいつなのか? タイミングが合うなら「大安」や「一粒万倍日」や「巳の日」といった 『金運アップ』に縁起の良い日に購入したい人も多いと思います。 (*これは昨年の1等賞金額と同じです。 そして今年は1ユニット2000万枚のセットが23ユニット用意されるので、1等賞金を手にできる本数は23本になります。 前後賞は2倍の46本用意されるので、億を超える可能性がある宝くじは合計69本になります。 やっぱり狙うなら1等や前後賞ですけど、その下の等級でも10万円とか当たれば嬉しいものですよね。 換金期限が過ぎるとどうなる? 宝くじに当選したら換金に行くのが自然の流れですよね。 でも、何となく抽選結果を確認し忘れていたり、当たってるけど少額だから放っておいたり、挙句には宝くじの存在自体忘れていたり。 実は結構換金しないまま放置してる人も多いんです。 そんな未換金の宝くじは換金期限が過ぎたらどうなるのかというと、どうにもなりません。 『ただの紙』となってしまうのです。 こんなもったいない話があっていいのか?と思いますが、結構ある話なんですね。 特に1等でなくとも、300円や3000円の当選で「いつか換金に行けばいいや」と思って、引き出しの中に放置されてることもよくあります。 そして実は、1億円以上に当選した宝くじが未換金のままというのもよくある話なんです。 未換金の理由はいろいろあると思いますが、中には、 「年末ジャンボを買ったはいいけれど、1等前後賞に当選しているのに見方がわからなくてハズれたと勘違いしていた。 」 なんていうケースもあったようです。 そこで、少し簡単にですが当選番号の確認の仕方について説明しますね。 当選番号の確認の仕方 当選番号には「組」と「番号」の2種類あります。 1等や前後賞の当選番号では両方使いますが、組は使わず番号だけの等級もたくさんあります。 1等は「組も番号も完全一致」した場合に当選となります。 では、その次に賞金額の高い「1等前後賞」について説明しますね。 1等前後賞について 例えば、この宝くじが1等に当選しているとします。 198組 168096 1等前後賞の意味とは、 そんな面倒で時間のかかる西銀座チャンスセンターでの購入、そして買った宝くじを家まで郵送してくれる 『宝くじ購入代行サービス』 というものがあるんです。 もしあなたも「西銀座チャンスセンター」で一度は買ってみたかったけど、いろんな理由であきらめていた方は、こちらのページをぜひ一度ご覧になって下さい。 【】 あとがき 年末ジャンボ宝くじ2019年の発売日をまとめましたが、だいたい例年通りの発売期間となっています。 年末ジャンボはかなりの人が購入されるので、特に最終日は混雑も予想されます。 ジャンボ期間中は営業時間が延長する売り場もありますが、何時まで買えるかは各自でチェックしておいてください。 販売期間が終わったらすぐに抽選ではなく、年末の大晦日まで10日ほど待つ必要があるので楽しみにしておきましょう! そして当選したら年明けから換金となるので、楽しい正月を過ごせるようにしたいですね。 そして何度もお知らせしていますが、.

次の

当せん番号案内(ジャンボ等)

年末 ジャンボ 抽選 日

初日は取材のテレビカメラが集まったりする売り場もあるくらい盛況ですし、「残り物には福がある」という感じで最終日を狙ったり、最終日になって気付いて買っておこうかなと思う人が多くなるから、駆け込み需要も多いんですね。 そんな年末ジャンボは何時まで買えるのか?というと、実は宝くじ売り場によってマチマチです。 営業時間は立地場所によってもかなり違い、駅構内や特設会場、スーパーに併設などさまざまなので一概には言えませんが、およそ18時~19時までの売り場が多いです。 また、年末ジャンボ宝くじは特別という事で営業時間を延長している売り場もあります。 東京での他の宝くじ売り場についても少しピックアップしてみると、• 八重洲地下街チャンスセンター「10:00~20:00」• JR有楽町駅中央口宝くじ売り場「平日8:00~22:00」「土日祝9:00~21:00」• 錦糸町ビックチャンスセンター「9:30~18:30 土日17:30 」• 新宿チャンスセンター「9:30~19:00」 どれもこれも営業時間はバラバラですよね。 年末ジャンボを買う日はココ! 2019年の年末ジャンボの販売期間は「2019年11月20日 水 ~12月21日 土 」となっていますが、この期間内で 縁起の良い日はいつなのか? タイミングが合うなら「大安」や「一粒万倍日」や「巳の日」といった 『金運アップ』に縁起の良い日に購入したい人も多いと思います。 (*これは昨年の1等賞金額と同じです。 そして今年は1ユニット2000万枚のセットが23ユニット用意されるので、1等賞金を手にできる本数は23本になります。 前後賞は2倍の46本用意されるので、億を超える可能性がある宝くじは合計69本になります。 やっぱり狙うなら1等や前後賞ですけど、その下の等級でも10万円とか当たれば嬉しいものですよね。 換金期限が過ぎるとどうなる? 宝くじに当選したら換金に行くのが自然の流れですよね。 でも、何となく抽選結果を確認し忘れていたり、当たってるけど少額だから放っておいたり、挙句には宝くじの存在自体忘れていたり。 実は結構換金しないまま放置してる人も多いんです。 そんな未換金の宝くじは換金期限が過ぎたらどうなるのかというと、どうにもなりません。 『ただの紙』となってしまうのです。 こんなもったいない話があっていいのか?と思いますが、結構ある話なんですね。 特に1等でなくとも、300円や3000円の当選で「いつか換金に行けばいいや」と思って、引き出しの中に放置されてることもよくあります。 そして実は、1億円以上に当選した宝くじが未換金のままというのもよくある話なんです。 未換金の理由はいろいろあると思いますが、中には、 「年末ジャンボを買ったはいいけれど、1等前後賞に当選しているのに見方がわからなくてハズれたと勘違いしていた。 」 なんていうケースもあったようです。 そこで、少し簡単にですが当選番号の確認の仕方について説明しますね。 当選番号の確認の仕方 当選番号には「組」と「番号」の2種類あります。 1等や前後賞の当選番号では両方使いますが、組は使わず番号だけの等級もたくさんあります。 1等は「組も番号も完全一致」した場合に当選となります。 では、その次に賞金額の高い「1等前後賞」について説明しますね。 1等前後賞について 例えば、この宝くじが1等に当選しているとします。 198組 168096 1等前後賞の意味とは、 そんな面倒で時間のかかる西銀座チャンスセンターでの購入、そして買った宝くじを家まで郵送してくれる 『宝くじ購入代行サービス』 というものがあるんです。 もしあなたも「西銀座チャンスセンター」で一度は買ってみたかったけど、いろんな理由であきらめていた方は、こちらのページをぜひ一度ご覧になって下さい。 【】 あとがき 年末ジャンボ宝くじ2019年の発売日をまとめましたが、だいたい例年通りの発売期間となっています。 年末ジャンボはかなりの人が購入されるので、特に最終日は混雑も予想されます。 ジャンボ期間中は営業時間が延長する売り場もありますが、何時まで買えるかは各自でチェックしておいてください。 販売期間が終わったらすぐに抽選ではなく、年末の大晦日まで10日ほど待つ必要があるので楽しみにしておきましょう! そして当選したら年明けから換金となるので、楽しい正月を過ごせるようにしたいですね。 そして何度もお知らせしていますが、.

次の