しわしわ ネーム。 女の子の名前!古風で可愛いらしい名前230個以上を一挙ご紹介!

キラキラネーム一覧!まさかの実在、男の子女の子の名前

しわしわ ネーム

2017年の男子の名づけでよく使われている漢字は「大」「翔」「陽」「悠」などです。 のびのびとしたイメージを想起させる漢字が多いようですね。 「大和(やまと)」や「伊織(いおり)」など、古くからある名づけも人気です。 名前の終わりに漢字で「てる」や「より」、「ひと」を付けることで古風な響きにする方法があります。 明照(あきてる)、道頼(みちより)、和仁(かずひと)などです。 芸能人では、名前の最後に「たろう」がついた名前の俳優さんがしばしば見受けられます。 間宮祥太朗さん、坂口健太郎さんなどがそうですね。 神木隆之介さんや佐々木蔵之介さんなど、最後に「介」がつくと、古風で男らしい雰囲気になります。 「古風」と「古臭い」の区別は難しいところですが、あまりに違和感のある名前だと「いじめられるのでは」「かわいそう」と周囲から思われてしまうこともあります。 たとえば「しげ」や「よね」といった名前は、おばあちゃんをイメージしてしまうこともありますよね。 読み方を間違えやすい名前の場合、何度も訂正しなくてはならなかったり、なかなか覚えてもらえなかったりと、不便なことがあるようです。 難読漢字や当て字を使うときは注意しましょう。 また、あまりに格の高い名前の場合、プレッシャーを感じるという事例もあるようです。 ただし、どの名前を「格が高い」と感じるかは人それぞれなので、難しいところですね。 赤ちゃんはいずれ大人になります。 大きくなってからも後悔しないような名前を、夫婦でじっくり検討してみてくださいね。

次の

しわしわネームってどんな名前?そのメリットとデメリット

しわしわ ネーム

親がくれる最初のプレゼントである「名前」。 最近では、当て字のように読めない名前の子どももたくさんいますよね。 2019年のキラキラネームランキングでは、• 男(あだむ)• 心姫(はあと)• 紅葉(めいぷる) など、読もうとしても読めない名前がランクインしていました! キラキラネームは、2010年頃から世間で認知されるようになりました。 最近では、その反対のシワシワネームというものも指摘されるようになっています。 2017年頃から、キラキラネームと対になる形で言われるようになったシワシワネーム。 古風な名前であることを指すんですね! たとえば、• 敏子(としこ)• 良男(よしお)• 悦子(えつこ)• 清(きよし) など祖父母世代にいてもおかしくない名前ですね! キラキラネームだけでなく、シワシワネームも今注目されているんです。 キラキラネームは、• 響きがキラキラしている。 例)らぶり、きらり、はぁと など• ペットにつけそうな名前である。 例)ここあ、あとむ、りずむ など• 漢字が当て字である。 例)星凛であかり、愛瑠(える)など 反対に、シワシワネームは、• 古風な名前である 例)はなこ、としえ、いちろう、しげる など• 祖父母世代にも通用する 例)きみ、よね、さと、いわお など という特徴があるんですね! どちらも就職の際や進学の際に省かれてしまう恐れもあると問題になったことも。 最近では、どこまでがキラキラネームなのか、シワシワネームなのか迷ってしまってなかなか名付けができないという親も多いそうですよ! しかし、芸能界にはシワシワネームであるからこそ親しみがあり、人気がでる人もいるんですね! 今回は、シワシワネームと言われている芸能人をまとめていきます! 小島瑠璃子 インフルエンザ治りましたぁ!ご迷惑をおかけしました。。 申し訳ない。。 天性の明るさと、頭の良さでひな壇からMCの補佐まで色々なジャンルで活躍していますね! 偏差値70超えの高校出身で、英語も話せるという才女っぷりもなかなかです。 瑠璃子という名前は、昭和感が漂うシワシワネームですが今をときめく小島瑠璃子だと思うと、今風なかわいい名前に思えてきますね。 そんな彼女も結婚をして母になり、女優業も再開して順風満帆なイメージですね! 「敦子」という名前は昭和感のあるバリバリなシワシワネームですが、AKB48のファンの年齢を考えると、親近感のある名前であるともいえるかもしれません。 前田敦子はキリストを超えたというキャッチコピーも流行ったくらいなので、親近感が沸くというところも人気が出た理由かもしれませんね! こうしてみてみると、シワシワネームでも芸能界で活躍している人はたくさんいましたね! むしろ、キラキラネームの芸能人ってあまり知らないかもしれません。 有名になるには、耳馴染みの良い名前だったり、親しみやすい名前の方が良いのかもしれませんね!.

次の

キラキラは気の毒?増える「しわしわネーム」

しわしわ ネーム

By - 公開: 2019-11-04 更新: 2019-11-04 10月28日放送のニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」では、イマドキの赤ちゃんの名前事情について特集した。 「空流(くうる)」「希星(きらら)」などいわゆる「当て字」で、読みづらい漢字の名前が流行した。 ところが近年、そんなキラキラネームに対抗して「しわしわネーム」という古風な名前が増えているという。 男の子だと、茂(しげる)、清(きよし)。 女の子だと、千代子(ちよこ)、和子(かずこ)など。 インターネットの、ある赤ちゃんの名前検索サイトでは、2018年の男の子は「一郎」が4位、「和雄」が7位に、女の子は「文子」が8位にランクインするなど、「しわしわネーム」が増えつつあることが明らかに。 番組で電話をつないだ27歳の女性は、最近男の子の赤ちゃんを出産し、その子に付けた名前は「貫太(かんた)」君。 周囲には「キラキラネーム」が多いため、成長して社会人になって面接を受ける時、名刺を渡す時に困ったりするのではないかと考え、読みやすい名前を意識したとのこと。 そのエピソードを受けて、リスナーからはメールが多数寄せられ、「古風な名前は大賛成です」というような「しわしわネーム」が増えつつあることに好意的な意見や、新入社員が「キラキラネーム」だったというリスナーからは「チャラチャラしているのかと思ったら意外としっかりしているので逆に好印象になった」と、キラキラネームとのギャップで好印象になったというケースも。 また「しわしわネーム」という名称がネガティブなイメージのため良くないという意見も寄せられ、 「ビンテージネーム」や「クラシックネーム」など代案が多数挙げられるなど、最新の赤ちゃんの名前事情で番組は盛り上がった。 FM93AM1242 ニッポン放送 月-木 8:00-11:30.

次の