海綿体 大きく。 ペニス増大方法6選!平常時と勃起時のサイズを大きくするコツを教えます。

海綿体を増やす方法

海綿体 大きく

最近、何だか以前と比べてペニスに元気がなくなってきて、昔のように勃起力を取り戻せる方法はないものかと思っているが、本当に効果がある方法を見つけるには、はやりペニスが勃起する仕組みを知っておこうと思っているのではありませんか。 この記事では、2つあるペニスが勃起する仕組みについてと勃起力を強くする方法の概要をお伝えしていますので、ぜひ参考にしてください。 では、はじめは1つ目の性的刺激を受けて勃起する仕組みからお伝えしていきます。 性的刺激で勃起する仕組みの詳細 まず、勃起をする仕組みには、大きく別けて3つの身体の部位が順番に関連しています。 最終的に海綿体が膨張して勃起に至る仕組みになります。 では以降はその詳細を説明していきます。 1-1. 脳が性的刺激を受けてそれを各器官に伝えようとする 実際にまたは想像の中で、女性裸体を見たり、触れたり、喘ぎ声を聴いたり、いわゆる性的刺激を受けたら、五感の中でも特に視覚、聴覚、触覚によって、脳内で性的興奮が発生して、その興奮を身体の各器官に伝えようとしはじめます。 1-2. 脊髄神経などを通じてペニスに性的興奮を伝える 脳で発生した性的興奮は、背骨の中を通っている脊髄神経へ伝わり、その後、勃起神経を通じてペニスに到達します。 勃起神経とは、脊髄下部から骨盤の中を通ってペニスに繋がっている神経のことです。 脳とペニスは隣接していないため、性的興奮は脊髄神経や勃起神経を伝ってペニスに届けられます。 1-3. 性的興奮の伝わり度合いは自律神経に影響される 脊髄神経や勃起神経には自律神経(交感神経・副交感神経)が大きく関わっています。 性的興奮の伝達時に交感神経が優位だと、伝わりにくくなり、反対に副交感神経が優位だと、スムーズにペニスまで性的興奮が伝わります。 この自律神経は、精神との関係が強い神経なので、不安や悩み、緊張がある時は交感神経が優位になり、性的刺激を受けても興奮があまりペニスに伝わらず、勃起しにくくなるわけです。 1-4. ペニスに性的刺激が伝わる 副交感神経が優位だと、無事に性的興奮がペニスに伝わってきます。 まずは、ペニスが膨張する構造を簡単なイラストで説明します。 出典 ペニスには海綿体と呼ばれる部分があります。 海綿体は細い糸のような血管が無数に集まったスポンジ状で、その周りを分厚い膜が覆われています。 そして、ペニスに性的刺激が伝わると、体内では一酸化窒素が放出され、血液中の一酸化窒素濃度が増えます。 これが血管を拡張して海綿体へ血液が流れやすい環境を作って、勃起への準備が整います。 1-5. 海綿体に血液が大量に流入し勃起する 血中の一酸化窒素が増えると、同時にサイクリックGMPも増加します。 このサイクリックGMPは、非勃起時には平滑筋の緊張によって閉じられている海綿体への血液入り口を緩まして開ける作用があります。 また海綿体には、サイクリックGMPを分解するPDE5という酵素が元々存在しています。 このサイクリックGMPとPDE5がせめぎ合った結果、サイクリックGMPが勝利し、海綿体へ大量の血液が流入し始めます。 つまり、血管を拡張する一酸化窒素と平滑筋を緩ますサイクリックGMPの相乗作用でPDE5の働きを上回った結果、海綿体へ大量の血液を流入して勃起に至るわけです。 1-6. 勃起状態を維持し継続する 海綿体に流入した血液は、そのままだとすぐに静脈を通って流出して、勃起を維持し継続することができません。 それでは、性行為という勃起の目的を果たすことができません。 では、どのようにして勃起を維持、継続しているかは、非勃起時と勃起時を比較しながら説明します。 非勃起時が、上図のように動脈や海綿体は細い血管を通じて流入した血液が、ペニス外側の静脈を通って流出し、循環しています。 そのため勃起することはありません。 しかし、ペニスに性的興奮が伝わり、海綿体に大量の血液が流入し始めると、下図のようになります。 上図のように大量の血液が流れ込んで大きく膨れ上がった海綿体は、静脈を圧迫して血液の流出を防ぎます。 これで血液が循環しなくなり、海綿体には血液が流入し続けるので、勃起を維持、継続できるわけです。 1-7. 射精後は自律神経の切り替わりで勃起が鎮まる 射精後もペニスが勃起したままだと、いろいろと不都合になりますよね。 人間の身体は不思議なもので、射精をすると勃起が鎮まるようにできています。 前述しましたが、勃起時には自律神経の副交感神経が優位になっています。 しかし射精などで性的刺激がなくなると、自律神経が副交感神経の優位から交感神経の優位に切り替わります。 そうなると、脳から発信している性的興奮が脊髄神経で滞り、ペニスまで伝わらなくなります。 その結果、一酸化窒素とサイクリックGMPが減り、元々海綿体に備わっているPDE5という酵素の割合が増えて、血管拡張が止まって平滑筋が再び緊張し、海綿体への血液入り口が閉じられて、勃起が鎮まります。 朝立ちで勃起する仕組みの詳細 次にもう1つの勃起する仕組みである朝立ちについてです。 実は朝立ちっていっても、夜間もペニスは勃起を繰り返しています。 これを夜間陰茎勃起現象といいます。 寝ている間は勃起しても気付かないので、たまたま、この夜間陰茎勃起現象が起きているときに目を覚ますと、勃起しているので朝立ちといわれているのです。 そして、この朝立ちは前項目でお伝えした「性的刺激」で勃起する時とは、違う仕組みで勃起しています。 それをこの項目ではお伝えします。 2-1. 朝立ちはレム睡眠時間に起こる 人間の睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠の2つがあります。 簡単に言うと、レム睡眠とは浅い眠りで、ノンレム睡眠とは深い眠りのことです。 そして、朝立ちは眠りが浅いレム睡眠の時間に起こっています。 ちなみに、夢を見るのもこのレム睡眠時ですが、エッチな夢を見ているから勃起しているのでは…と思われている人が多いようですが、朝立ちと夢に関連はありません。 2-2. 性的興奮ではなく自律神経の激しい切り替えで朝立ちする 朝立ちは、必ずレム睡眠時間に起こります。 言い換えれば、性的興奮の有無にかかわらず勃起が起こっていることになります。 その理由は、レム睡眠時とノンレム睡眠時では、分泌されている脳内神経伝達物質が異なり、色々な物質が放出や抑制を繰り返して、自律神経の交感神経と副交感神経が頻繁に切り替わっているからです。 その切り替え刺激が、脊髄神経や勃起神経を通じてペニスへ伝わり勃起してしまうのです。 このような仕組みで性的興奮がなくても朝立ちは起こるのです。 2-3. つまり前項目の1-1と1-3が省略されているのが朝立ちです 前項目の1-1と1-3とは、「脳が性的刺激を受ける」と「性的興奮の伝わり度合いは自律神経に影響される」の見出し部分になります。 朝立ちでは、性的刺激の代わりに自律神経の激しい切り替えが刺激になり、それが興奮になり、ペニスに伝わります。 レム睡眠時だから必ず副交感神経が優位になっているので、自律神経に影響されることもありません。 その後の仕組みは、「性的刺激」で勃起する場合とほとんど同じです。 最後の射精して勃起が鎮まるところは、朝立ちの場合、ノンレム睡眠になることで交感神経が優位になり、勃起は鎮まることがほとんどですが、場合によっては夢精という形の射精で勃起が鎮まることもあります。 勃起力を強くする方法 この項目では、多くの男性が興味をお持ちと思われる勃起力を強くする方法を5つ挙げています。 3-1. ED治療薬を服用する ED治療薬の成分には、勃起に必要なサイクリックGMPを分解するPDE5という酵素を減らす作用があり、その作用によってペニス海綿体への血流が増えて、勃起力を強くすることができます。 ED治療薬が勃起力アップになる詳しい仕組みは「」でお伝えしています。 3-2. PC筋を鍛えるトレーニングをする 勃起力を強くするには、2つの手段しかありません。 それは海綿体への流入血液量を増やすか、海綿体から流出する血液量を減らすかの2つです。 このうち、流出する血液量を減らす効果的な方法にPC筋を鍛えるトレーニングがあります。 PC筋とは、骨盤底筋群の1つである恥骨仙骨筋のことです。 このPC筋は、主に排泄をコントロールする役割をしていますが、血液を海綿体からの流出を防ぐ作用もあります。 具体的なPC筋を鍛えるトレーニング方法は「」で詳しくお伝えしています。 3-3. 心理的疲労を取り除く 前述しましたが、勃起の仕組みには自律神経が大きく関わっています。 そして、その自律神経は精神状態によって、交感神経が優位になったり、副交感神経が優位になったりします。 そのため、まずは会社や人間関係などでストレスやプレッシャーを感じているようなら、それを取り除くようにしましょう。 また女性やセックスに対してコンプレックスがあるようなら、それも解消しましょう。 そうすることで、自律神経の副交感神経が優位になり、勃起力が強くなります。 具体的な心理的疲労を取り除く方法は、 で詳しく解説されています 3-4. 男性ホルモンを増やす 男性ホルモンとは、 男性のペニス、陰嚢、副性器の精嚢、前立腺の発育と機能の保持、精子生成機能の維持、体格、性格、音声、毛髪などのいわゆる男らしさの発達を促す化学物質です。 アンダーライン部分は、内容を吟味すれば、勃起力もペニスの発育と機能の保持に含まれますね。 よって男性ホルモンが増えれば勃起力も強くなるわけです。 具体的な男性ホルモンの増やし方は「」で詳しくお伝えしています。 3-5. 持病を治療する 勃起力が弱くなっている原因が、現在患っている持病であることもあります。 特に血液系持病では、糖尿病、高血圧、脂質異常症、心血管障害などを患っている人がその可能性があります。 また神経系の持病では、脳出血、脳腫瘍、脳外傷などもその可能性があります。 もしも上記の持病をお持ちでしたら、健康を維持するためにはもちろんですが、勃起力を強くするためにも最優先で持病の治療に専念しましょう。 まとめ 今日の記事では、性的刺激を受けた場合と朝立ちの場合の2つの勃起する仕組みの詳細と5つの勃起力を強くする方法の概要をお伝えしましたが、参考になったでしょうか。 勃起する仕組みが分かったうえで、勃起力を強くする方法を探せば、自分に合った方法が見つかりやすくなり、失敗が少なく効率的であることはいうまでもありませんよね。

次の

ペニスが大きくなるメカニズム|本当に大きくなれるペニス増大サプリランキング

海綿体 大きく

男性の魅力はペニスの大きさには比例しない、とは言ってもどうしても他の男性よりも小さくて自信の無さに繋がってしまう事があります。 出来ることなら「 人並みレベルくらいには大きくなりたい」と思うのが男性の心情かと思います。 まず大きくするためにはペニスとはどういったものなのかを理解しておかなければなりません。 男性器は海綿体というもので構成されており、その「 海綿体に血液が流れることにより膨らんで大きくなる」と言った仕組みになっています。 ですからその海綿体をいかに大きく膨らみやすくしてやり、血流をよくしてやることがペニス増大のキーポイントとなってきます。 きゅうりやスイカにはシルトリンという成分が入っていて、これが「 血管を広げる効果がある」と言われています。 血管が広がれば必然的に血液の流れが良くなりますから、結果的に海綿体が膨らみやすくなりペニスの増大に期待ができるというわけです。 きゅうりやスイカがあまり好きではないという方にはサプリメントを利用するのもいいと思います。 手術によってペニスを増大するという方法もありますが、お金が結構かかりますし失敗のリスクが無いというわけではありませんので、最後の手段と考えていたほうがいいのではないかと思います。 他にペニスを大きくする方法としてはエクササイズがあります。 なるべく体が温まっている状態でペニスを指でつまみ、痛くならない程度まで引っ張ってその状態を5分ほど保ちます。 その後つまむのを止め1分ほどリラックスした状態にします。 次に左右にさっきやったことを繰り返します。 このエクササイズは単体でやるよりもペニス専用サプリメント「」と併用するのがより効果的だと思います。 ペニスを手軽に大きくするペニス増大サプリ ある調査では、日本人の勃起時の平均的なペニスの長さは12cmから13cmだといわれています。 しかし中には15cmを超える方もいらっしゃいます。 このようにペニスの長さにはばらつきがありますので、多くの男性が「 勃起時のペニスをもっと増大させたい」と考えていると思います。 例えば、あと3cm長くなって15cm以上の大きなペニスで楽しませたいと思っている方も多くいらっしゃると思います。 具体的にペニスを大きくするための手段は、手術、器具、クリーム、ジェル、サプリなどがあります。 その中でも比較的安価で安全で手軽に行えるのが「 ペニス増大サプリメント」です。 そもそもペニスが増大する理由は、ペニス内にある海綿体に血液が送られて海綿体が膨張するためで、これにより勃起をします。 つまり、ペニス内にある海綿体に送られる血液の量が増えれば、その分ペニスは大きくなります。 ペニス増大サプリは送られる血液の量が増やすことでペニスをより大きく勃起させます。 ペニス増大サプリメントには数種類ありますが、どれも基本的にシトルリンという成分が含まれています。 シトルリンとは1930年に日本で偶然発見されたアミノ酸の一種で、スイカなどの主にウリ科の植物に含まれている成分です。 このシトルリンを体内に取り入れると一酸化窒素に変化して、血液の循環を良くして、さらに血管を太くする効果があります。 シトルリンは、ペニス増大以外にも血流の改善や動脈硬化予防のサプリとして日本やアメリカでもたくさん販売されています。 また、シトルリンは日本では2007年から食品としての利用が可能になり、飲料や食品などにも用いられているので安心して利用できます。 アメリカではアスリート向けのサプリメントなどとして利用されたり、ヨーロッパでも疲労回復を目的として用いられています。

次の

【泌尿器科の専門医が解説】ペニスを大きくする方法〜自力・サプリ・器具・手術〜

海綿体 大きく

ペニスを大きくする食べ物 「食べれば確実にペニスが大きくなる」という夢のような食べ物は、残念ながら存在しません。 そんな食べ物があるなら、短小に悩む世界中の男性がこぞって食べて、今ごろは世の中の男性全てが股間に巨根を携えているはずですよね? しかし、ペニス増大をサポートしてくれる食べ物はたくさんあります。 ペニス増大には海綿体に流れ込む血液を増やすことが重要 私たちの身体は、食べ物に含まれる栄養素によって大きな影響を受けますが、チんコだって同じです。 ペニスは、柔軟性の高い海綿体という筋肉とその周辺を流れる無数の毛細血管でできています。 エロい刺激で興奮すると、大量の血液が海綿体に流れ込んで膨れ上がります。 これが勃起です。 つまり、 海綿体に流れ込む血液の量を増やすことができれば、もっとチんコを大きくすることができるのです。 ペニスが大きくなる食べ物というのは、血流を良くしてチんコに流れる血液を増やせる食べ物です。 ペニスの毛細血管は、血管の中でも特に細く、血液の状態の影響をもろに受けます。 ストレス、タバコの成分やアルコールの摂取過多、脂肪やコレステロールなどで血液の粘度が高くなると血行が悪化すると、十分な血液がペニスに流れ込まなくなります。 そのため、血液をサラサラな状態にして血行を改善する食べ物を摂取し、血液がペニスの毛細血管に流れ込みやすくするのです。 血行改善に役立つ食べ物には、成長ホルモンの分泌促進や疲労回復効果があるものもあり、総合的に勃起力を高めてくれます。 チんコ増大サプリ+大きくする食べ物が基本 しかし、食べ物を変えるだけでチんコを大きくするのは困難です。 普段から摂取する食べ物だけでは大きくするだけの栄養素が足りませんし、摂取効率も良くありません。 実際にペニスを大きくしたいなら、 サプリの摂取をしながら食生活を変えていくのが基本です。 ペニス増大に効果の高いサプリをメインにしつつ、高額なサプリを節約するために食生活を変えるということです。 聞き慣れない成分もあると思いますが、どれもペニス増大には欠かせない成分なので、一つずつ確認していきましょう。 食べ物やサプリ選びを始めると日常的に目にするようになりますよ。 亜鉛 亜鉛は、筋肉や骨の中、肝臓、前立腺、睾丸などに含まれ、細胞分裂や代謝に欠かせない成分です。 ペニス増大効果があると思われがちですが、実は、 亜鉛自体にペニスを大きくする効果はありません。 亜鉛の働きは、ペニス増大効果のある成分をサポートすることです。 亜鉛が不足すると、男性ホルモンのテストステロンの分泌量が減って勃起不全(ED)の原因になるので、海外では「セックスミネラル」と呼ばれて重宝されています。 現代人の食生活には亜鉛が不足しがちだと言われているので、意識して摂取することが大切です。 アルギニン アルギニンは、血管を拡張する作用と成長ホルモンの分泌を促す作用がある、アミノ酸の一種です。 タンパク質を構成する要素としても知られ、ペニスの血流改善と海綿体の成長を促進する効果があります。 単体よりもシトルリンと一緒に摂取する方が血流の改善に効果があることが分かっています。 シトルリン シトルリンは、血管を拡張する作用があるアミノ酸の一種です。 シトルリンが多く含まれる食べ物を摂取することで、ペニスの海綿体により多くの血液が流れ込むようになり、勃起時のペニスが大きくなります。 日常では聞きなれない成分ですが、多くのペニス増大サプリの主な成分として「小さいチんコに悩む男性」の間では有名です。 ペニスの悩みとガチで向き合っていると常に出てくる成分です。 アリシン アリシンは、強い抗菌・抗カビ作用を持つ成分です。 動脈硬化やガンの予防、食欲増進や血流改善効果があることも明らかにされており、医療分野でも活用されています。 勃起やペニス増大に関わる男性ホルモンのテストステロンを生成する成分としても知られます。 ビタミンB群 ビタミンB群は、代謝に関わる成分です。 血流改善や海綿体の成長といったペニス増大とは直接関わりがありません。 しかし、ビタミンBが不足すると栄養素をエネルギーに変換できなくなり、男性ホルモンや成長ホルモンの生成が減り、間接的にペニス増大に悪影響を及ぼします。 一定量のビタミンB群を摂取し続けることは、ペニスを大きくするために欠かせないことなのです。 タンパク質 タンパク質は、私たちの身体の組織を作るのに欠かせない成分です。 タンパク質が不足すると、いくら他の成分をたくさん摂取してもペニスは大きくなりません。 普段の食事で必要量を摂取していることが多いですが、意識すれば、他の栄養素とのバランスを考えて摂取できるようになります。 ペニスが大きくなるのに役立つ栄養素が豊富な食べ物 ペニスが大きくなるのに役立つ栄養素は、個々に摂取するのではなく、食べ物を食べることで体内に取り込みます。 ペニス増大に役立つ栄養素が豊富な食べ物は、次のとおりです。 レバー• カキ(牡蠣)• ニンニク• スイカ どれも日常的に口にする食べ物ですが、サプリと組み合わせて摂取することでチんコが大きくなりますよ。 牛肉 たんぱく質を摂取できる食べ物の代表が肉です。 中でも牛肉は、タンパク質以外にも、ペニス増大に役立つ亜鉛やビタミンB群が豊富に含まれています。 亜鉛は、精子を生成し、テストステロンの分泌量が減少するのも防ぎます。 また、タンパク質がペニスの組織を作り、ビタミンB群が代謝を活発にするので、牛肉一つでペニス増大に役立つ効果がいくつも得られます。 牛肉の食べ方 野菜と一緒に炒めるのも良し、焼き肉を食べるのも良しです。 ただし、脂肪には要注意です。 脂肪を摂取しすぎると血液がドロドロになるので、赤身部分を食べるように心がけることが大切です。 レバー レバーは、亜鉛やタンパク質、鉄分などが豊富に含まれた食べ物です。 亜鉛とビタミンB群が豊富に含まれるブタのレバーがおすすめですが、他のレバーでも問題はありません。 豊富な栄養素が摂取できて低カロリーなので、身体(ペニス)が資本のAV男優にも人気の食べ物です。 某ブロガーと結婚した有名AV男優がレバーを毎日食べているというのは有名ですよね? 牛肉のように脂肪を気にする必要もなく、調理も簡単なのも人気の秘密です。 私もペニス増大を意識してから現在まで、1日に1度はレバーを食べるようにしています。 レバーの食べ方 ずばり、レバニラ炒めがおすすめです。 亜鉛が豊富なレバーと、アリシンが豊富なニラが同時に摂取できて、しかもおいしい最強のメニューでしょう。 単体でレバーやニラが苦手でも、レバニラ炒めにすれば触感やニオイが和らいで食べやすくなります。 カキ(牡蠣) カキ(牡蠣)は、ペニス増大には欠かせない食べ物の一つです。 亜鉛、タンパク質、必須アミノ酸、カルシウムなどが豊富に含まれています。 亜鉛が男性ホルモンの分泌量減少を防ぎ、タンパク質がペニスの組織を作るので、ペニスが大きくなるのを総合的にサポートします。 季節の食べ物ですが、最近は一年を通して食べられるようになってきたので、積極的に摂取しましょう。 牡蠣の食べ方 カキフライやカキ鍋が一般的な食べ方です。 カキフライで食べるなら、レモンを絞りましょう。 レモンに含まれるクエン酸には、牡蠣に含まれる亜鉛の吸収率を高める効果があるからです。 ニンニク ペニス増大に役立つ栄養素の一つ「アリシン」は、男性機能を高める男性ホルモン「テストステロン」を生成する栄養素です。 また、アリシンを加熱するとアホエンという成分が生成され、血液をサラサラにする効果があります。 アリシンが摂取できる食べ物は限られているところ、ニンニクには豊富に含まれているので、意識して摂取するようにしましょう。 ニンニクの食べ方 ニンニク単体で食べることはほぼありません。 スライスして肉料理に添えたり、粗削りしてラーメンに入れたりします。 ニオイが残りやすいので、翌日のスケジュールや口臭対策を考えて食べましょう。 ニラ ニラも、アリシンを摂取できる食べ物です。 ニンニクと同じく精力がつく食べ物として知られていますよね? 理由は、ビタミン(ビタミンB1、E、C、Aなど)が豊富に含まれているからです。 これらの成分は疲労回復や免疫機能向上、代謝のアップといった効果があり、精力剤や滋養強壮剤にも含まれています。 ニオイが気になる人もいますが、安価で料理もしやすいのでおすすめです。 ニラの食べ方 レバーの項目に書いたとおり、ニラレバ炒めがおすすめです。 大豆 大豆には、身体(ペニス)の組織を作るたんぱく質と、血管拡張と成長ホルモン分泌促進の効果が期待されるアルギニンが豊富に含まれます。 脂肪を気にする必要もなく、「牛肉より優秀じゃないか?」と思うかもしれませんが、一つだけ欠点があります。 それは、イソフラボンという成分が含まれることです。 イソフラボンを摂取しすぎると男性ホルモンを抑制することが分かっており、ペニス増大の邪魔になるリスクがあります。 大豆の食べ方 日本人の場合、豆腐を食べるのが一般的です。 冷ややっこを食べたり、みそ汁や鍋の具にしたりしましょう。 スイカ スイカは、血流を良くするシトルリンを豊富に含む食べ物です。 シトルリンは、スイカの果肉よりも皮に多く含まれるので、皮を酢につけて漬物にして食べる人もいます。 最近はやりのイケメンAV男優が、ブログでスイカの皮を食べていると書いていましたが、ペニス増大効果を狙っているんでしょうね。 また、天然の食べるスポーツドリンクと言われるほどミネラルやビタミンが多く含まれるので、代謝の向上にも効果を発揮します。 シトルリンは、スイカ以外にもウリ類の食べ物に豊富に含まれます。 季節がらスイカが手に入りにくい場合は、キュウリやゴーヤを食べましょう。 効果の高い増大サプリの摂取を継続するとともに、生活習慣を改善する必要があります。 生活習慣の乱れはペニスに悪影響を与える 例えば、過剰な飲酒を繰り返すと、アルギニンやシトルリンがアルコールを分解するために使われてしまいます。 また、喫煙は、血行を悪化させること、体内の様々な栄養素を破壊すること、勃起不全(ED)の原因になることが研究で明らかにされています。 食生活を改善しても、生活習慣が乱れているとペニスは大きくならず、むしろ機能障害が機能障害がおこるリスクもあります。 増大サプリを使う ペニス増大に役立つ栄養素が豊富な食べ物を食べることは大切ですが、常に一定の栄養素を摂取し続けるのはハードルが高いです。 例えば、毎日、レバニラ炒めや牡蠣を食べ続けると飽きてしまいますし、必要な栄養素を食べ物だけで摂取するには相当量を食べなければなりません そこで、必要な栄養素をサプリで摂取するという方法があります。 短小ペニスに悩む男性のニーズに応える増大サプリはたくさん販売されています。 悩むならビッグサイザー 先ほども少し紹介しましたが、チんコ増大サプリをどれにするか悩むならビッグサイザーです。 シトルリンやアリシンが含まれるサプリは薬局なんかでも購入できますし、ペニス増大サプリもたくさん種類があります。 でも、はっきり言って効果が実感できたのはビッグサイザーだけです。 大きくなったのは2. 3cmです。 指の第一関節ぶんくらいですが、 おかげで平均チン長を超える大きさになり、自分のペニスに自信を持てるようになりました。 科学的な根拠とか理論的な説明ができれば良いのですが、問題なのはペニスのサイズです。 こればっかりはビッグサイザーを飲み続けたら大きくなったとしか言えません。 公式サイトには「ペニス増大に効果のある成分がスゴイ含まれます」とか「メディア掲載歴が多数あります」とか書いてあります。 ビッグサイザーで検索すれば口コミ評判だって出てきます。 でも、そんな第三者の発言を書き連ねても納得はできないでしょう。 ペニスのサイズに本気で悩んでいるなら、一度でも試してみてください。 使えば分かります。

次の