乳がん しこり。 乳がんのしこりの特徴を全てまとめ!感触は?大きさは?形は?見た目は?痛みは?出来やすい場所は?

乳癌のしこりの特徴ってどんなの?触っただけでもわかる?

乳がん しこり

年々増える乳がん 人口動態統計で今や、日本人女性の11人に1人がなると言われている、乳がん。 厚労省のデータによると、乳がんによる女性の年間死亡者数は年々増えており、今からおよそ20年前の1995年は7,763人だったのに対し、2017年では14,285人と、わずか20年で2倍に迫る数にまで増えているのだ。 (厚生労働省「人口動態統計」) 近年も、2017年には小林麻央さんが34歳、今年8月には漫画家のさくらももこさんが53歳という若さでこの世を去った。 乳がんは早期に発見できれば、9割が助かると言われているにもかかわらず、死亡率が上昇している理由のひとつが、検診率の低さ。 受診率を海外と比べても、トップはアメリカだが、日本は約45%と先進国では最下位。 身近な病気と感じてはいるものの、定期的な健診を受けたくても仕事が忙しく、なかなか病院に行けない…という人もたくさんいるだろう。 そんな時には、自分で胸部に触れてしこりがないか探す「 セルフチェック」が有効だ。 「消しゴムくらい…」ってどのくらいの硬さ? しかし、いざ「セルフチェック」をしようとインターネットで調べてみると、「硬い消しゴム」や「石」「ビー玉」「梅干しの種」など、しこりには色々な表現がある。 消しゴムや石は硬さを想像しやすいが、皮膚や脂肪を通して触った時にどんな手触りがするのか、という所まではわかりにくいのではないだろうか。 このマミオンは、乳がんの直径1センチのしこり、2センチのしこりの2種類を再現したもの。 人差し指・中指・薬指の3本でふくらみを押さえて、円を描くようにクルクルと触ることで、しこりが指に触れる感覚を覚えることができるという。 マミオンでしこりの感触を覚えてセルフチェックすることで、乳がんをごく初期段階のうちに発見することができる、というわけだ。 マミオンは「乳がんの早期発見を実現し、少しでも多くの命を救う手助けをする」ことを目標としていて、その認知度を上げるためにクラウドファンディングサイト「Ready For」にてプロジェクトを公開。 (11月13日現在。 公開は11月27日(火)23:00まで・目標金額30万円) なぜ今回、このような企画を立ち上げたのか。 マミオンの開発に携わった、ティ・アール・エイ株式会社の山中氏にお話を聞くことができた。 第2弾としてMamion(マミオン)が開発されたのですが、きっかけは2017年頃より著名な有名人が乳がんで亡くなる報道を聞き、30代前半という自分と同世代の方も命を落としていることが他人事と思えず、乳がんについて調べ始めたことでした。 皮膚やしこりの感触につきましては、川崎医科大学付属病院長よりご指導いただき、納得頂くまで何度も試行を重ねて製造しました。 乳がんによる著名人の訃報のニュースに触れ「実際のしこりの感触がわかる物があれば良いのに」と考えていた中で「乳がん触診シミュレーターの開発をしてはどうか」という話が持ち上がり、マミオンの開発につながったのだという。 それでは、分かりづらい「しこりの硬さ」はどのように再現されているのだろうか。 さっそく、サンプル品を送っていただき、実際に触ってみた。 実際に触ってみた 表面を触ってみると、ツルツルとしつつも指が滑ってしまうようなプラスチック感はなく、しっとりとしたマットな質感。 商品紹介によると、表面としこり部分は合成樹脂、中身はTPSというゴムに近い性質の素材でできているそうだが、素材の違いから表面と中身は硬さが微妙に違っていて、肌のハリや脂肪のやわらかさはとてもリアルに再現されているように感じた。 しこりに触れようとすると指からズルリと逃げてしまうため、しこりそのものの硬さは表現しにくいが、薄い粘膜で包まれた消しゴムのような、わずかに弾力のある硬さを感じることができた。 1センチのしこりの方は、指をそろえて軽く押し込むとほとんどわからない程度の微かな感触があり、円を描くようにクルクルと押し込むと、ようやく「コロコロ」とした指ざわりが感じられた。 一方、2センチのしこりは指を軽く当てただけで「何かあるぞ」と感じられ、クルクルと押し込むと「グリグリッ」と大きい手ごたえがはっきり伝わってきた。 悪性(がん)をイメージして製造していますが、必ずしも「このしこりの硬さだから悪性」と断定できる訳ではありません。 マミオンはあくまで「マミオンに隠されたしこりと同様の感触がある場合、信頼のある病院へ受診して下さい」と促すきっかけになるよう、開発させて頂いた製品になります。 実際にマミオンに触ってみた感想は、「 2センチのしこりはサンプルがなくても気付けるかもしれないが、1センチのしこりは自分では気付けないかもしれない」ということ。 特に、表面を軽く触っただけでは1センチのしこりにはほとんど気付くことができないため、ぜひ多くの女性にサンプルに触ってほしい、と思ったのだが、実は開発には女性からの反対もあったという。 デリケートな見た目から特に女性社員には反対されましたが、いかに乳がん触診シミュレーターが人々の命を助けるきっかけになるかということを説明し、納得してもらい、最終的には製造することが出来ました。 完成後は、見た目に不快感が少なく持ち運びしやすいサイズ感なので使いやすそうと評判です。 マミオンは今回、認知度向上のためのクラウドファンディングを行っているが、プロジェクトの成立・不成立に関わらず、今後一般販売をする予定だという。 (定価29,800円) がん細胞は、場合によっては1ヶ月の間に急速に大きくなる場合もあるため、最低でも「月1回以上」のセルフチェックが推奨されている。 けっして他人事ではない乳がん。 まずは「セルフチェック」を習慣づけることから始めてほしい。

次の

乳癌のしこりの特徴ってどんなの?触っただけでもわかる?

乳がん しこり

乳がんのしこりとは、奥の方にあるのですか? それとも表面を撫でたり、軽く揉むくらいで分かるものですか? 28歳の女です。 最近乳がんのセルフチェックを心がけていたのですが、右胸の乳輪の下あたりにこりこりとするものを発見しました。 毎回同じところにあるわけではないのですが、探せば見つかるという感じです。 人差し指でぐぐっと奥の方を探せばあります。 左胸にもあるような気もしますが、右胸よりは小さいと思います。 乳腺というのがどのようなものなのかわからないので、もしかしたらその部分にこりこりとしたものが含まれているだけなのか、乳がんのしこりなのか気になっています。 乳腺とはお乳の真ん中にある硬い部分のことですか?その周りにはしこりはあるものなのでしょうか? 近々診察してもらう予定ですが、それまで不安なので質問してみました。 よろしくお願いします。 乳房の奥の方に乳癌ができれば軽く撫でたような触れ方ではわかりませんし、表面近くにあれば触らなくてもエクボのような凹みになっていて気づくこともあります。 近く受診予定ならそれでハッキリしますが、記述の内容からはおそらく乳癌の可能性はほとんどありません。 たぶん、乳腺をしこりだと思い込んでいるか、線維腺腫などの良性疾患があるかでしょう。 乳腺は母乳を作って運ぶための器官で、お椀を伏せたような形で広がっていて、その周りに脂肪がついて乳房を形作っています。 乳腺は人によっては軟骨くらいの硬さがあり、若いうちは張りもあり密度も濃く、すべての乳管が集まっている乳頭付近は特に硬く感じます。 乳癌のしこりというのは、コリコリというような感触ではなく、小石粒のような梅干しの種のような「明らかに異質な感じ」のするもので、場所も動きません。 乳癌のセルフチェックは正しい方法で行っていますか? 強く押したり揉んだりつまんだりせず、伸ばして揃えた4本の指で軟らかく押しながら少しずつ滑らすように探ってみてください。 お風呂に入った時に石鹸をつけて滑らすようにするとわかりやすいです。 毎月、生理の終わった5日〜1週間くらいが一番チェックに適しています。 乳腺科を受診されるのなら、セルフチェックの方法も教えてもらってくるといいですよ。

次の

乳がんの「しこり」ってどんな感触?正しいセルフチェックの方法とタイミング

乳がん しこり

スポンサードリンク 乳癌のしこりは硬い、柔らかいより痛みの特徴の方がわかりやすい? 乳がんにかかる女性の数、毎年のように激増の一途をたどっている。 その原因はがんだけにいろいろ言われていたりするし、原因を指摘されてもなんだか「雲掴むような感じ」の原因でしかない。 少なくとも医学ど素人の自分にはそう感じてならない。 そういうことは今回の記事ではスルーするけれど、とにかくじゃあ、ということでしこりの特徴としてチェックしたいこと。 私の体験上で言うと、乳がんかどうかの判別は、硬いとか柔らかいではなかなかつきにくいのではないだろうか?ということだ。 なぜかというと、確かに良性の腫瘍であっても、一定の硬さはある。 しこりを見つけてアワアワしている心境の中では、どうしても良性だと思うようにしてしまうし、下に説明する乳腺症との区別もつきにくくなることもある。 少なくとも私は見つけた瞬間、頭が真っ白になった。 そして自分の胸を指や手の平で触っていても、その感触がなんだか掴みようのない虚無感のようなものに襲われたことがあった。 だからその硬さをチェックすることも大切だが、他のポイント、特に痛みがあるか、もしくはしこりが動くかどうかなど、そういうところからも判定していくことをぜひおすすめしたい。 9割は良性!乳腺症など他の病気をまず考えること ただ、しこりがあったからと行ってすぐに乳がん、つまり悪性の腫瘍というわけではなく、9割方は良性だ。 その乳がんとよく間違われる症状として乳腺症というのがある。 これは全然病気以前の症状だと言われている、一番錯覚しがちなものだ。 私の症状について初めに結論を言ってしまうと、私は幸いにもこの乳腺症だと病院ではっきり診察してくれた。 だから良かったけれど、乳がんのしこりは硬い、乳腺症は柔らかい、と覚えている方も多いはずだ。 硬いしこりがない場合も ところが乳がんでも硬くなく、それどころかしこりがない場合もある。 これはぜひ知っておいていただきたいのだが、その典型として特にごく初期の乳がん、いわゆるステージ0の「非浸潤がん」というものだ。 この場合にはしこりも形成される前なので、たんに乳管にがん細胞が存在している状態になる。 このためいくらセルフチェックしてもわからない。 病院で検査して、初めて分かるのだ。 それでも胸部を全摘出する手術になる場合もあるからだ。 この事実を知ると、検査がいかに大切か、身にしみるのではないだろうか。 しこりを判別するセルフチェックのポイント3つ! だからステージ0の乳がんを見つけるにはひたすら病院で検査。 これしか今のところ方法はないだろう。 それは別として、まずしこりが胸に見つかったとき、どのようなポイントをチェックすれば良いのか、わかりやすい3つのポイントを下に挙げてみよう。 1.まず硬さ。 よく言う悪性腫瘍、つまり乳がんの時には硬いというのが一般的な認識だが、中には硬くないものもあったりする。 乳腺症や繊維線種などでは、硬くなく、消しゴムのような弾力があるものもあるようだ。 スポンサードリンク 2.しこりの表面の感触も、悪性だとでこぼこ、ごつごつした感じがあるが、良性だとそれがない。 3.しかも良性ではしこりを押すと胸の中で動くが悪性では動かない。 これは悪性の腫瘍の場合、周囲の組織に癒着が出来てしまうことから動かなくなってしまうためだ。 セルフチェックのばあい、最低でもこのくらいの分析をしておくと良い。 だがあくまでも念押しで言うと、とにかく不安に感じたら病院で検査を受けるのがベスト。 何事もない確率の方が圧倒的に多いし、診察が怖いからと言ってそれを自分の中だけでいつまでも抱き続けていると、メンタル的にも良くないことばかりだ。 私の体験談:乳腺症だからと安心しきるのはNG! 私が胸にしこりを発見したのは、つい2年ほど前のことだった。 その頃北斗晶さんが乳がんにかかったというニュースが流れ、同時に乳がん検診の大切さを北斗さんが訴えていたことから、私の中でもなんとなく関心が上がっていた。 だが同じ女性でもまだ30そこそこの私がまさか、ヘンな話だと思って、それほどに深刻に考えていなかったのだが、最近はそういうわけで若年性乳がんというのも確かに増えている。 何より今、末期のステージ4で苦しんでいる小林麻央さんががんになったのはわずか32歳の頃だ。 しこりを見つけて泡を食って婦人科に行き、検査を受けたところそういうわけで乳腺症と言うことが判明。 ひとまずほっと出来たのだが、そういうわけで、乳がんの検診の大切さは、間接的にせよ本当にその時に痛感した。 実際、乳腺症というのは病気の内にも入らないもの、とまで言われているけれど、中には良性か悪性か判断できないものもある。 しかもかかる人のピークがやはり30代~40代にかけて激増しているからだ。 そういうわけだから、その時以来毎年乳がん検診を受けるようになった。 マンモグラフィーは痛いし、エコ検は正確さにばらつきがあるとも言われているが、今のところ実際上、医療の限界かも知れない。 そしてそれにプラスして、日常のセルフチェックはやっぱり必要だ。 乳がん?と疑うようなしこりを見つけたときは本当に怖くていたたまれなくなるけれど、早期発見して治療すれば、100%近い完治が望めるのも事実だ。 そういう良い意味での特徴もあるから、とにかく見つけたら病院へと急ぐこと。 ぜひお願いしたい。 遠藤朱夏(えんどう あやか).

次の