奨学 の ため の 給付 金 と は。 東京都国公立高等学校等奨学のための給付金事業のお知らせ|東京都教育委員会ホームページ

高等学校等就学支援金制度・奨学のための給付金制度

奨学 の ため の 給付 金 と は

高校生等奨学給付金は、平成26年4月1日に「公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律の一部を改正する法律(平成25年法律第90号)」が施行されることに併せて、平成26年度から開始された補助事業です。 制度趣旨 本制度は、都道府県が行う高等学校等に係る奨学のための給付金事業に対して、国がその経費の一部を補助することにより、高等学校等における教育に係る経済的負担の軽減を図り、もって教育の機会均等に寄与することを目的としています。 国の補助基準は下記のとおりです。 なお、各都道府県において制度の詳細は異なりますので、具体の要件、給付額、手続等については、下記のリンク「高校生等奨学給付金のお問い合わせ先一覧」にてご確認の上、お住まいの都道府県にお問合せください。 国立・公立高等学校等に在学する者:年額3万2,300円• 国立・公立高等学校等に在学する者:年額8万2,700円• 国立・公立高等学校等に在学する者:年額12万9,700円• 国立・公立高等学校等に在学する者:年額3万6,500円• 私立高等学校等に在学する者:年額3万8,100円• お問合せ先.

次の

高等学校等就学支援金制度・奨学のための給付金制度

奨学 の ため の 給付 金 と は

更新日:2020年5月23日 愛媛県私立高等学校等奨学のための給付金について(私立用) 愛媛県では、授業料以外の教育費の負担軽減を図るため、平成26年4月以降に私立高等学校等(高等学校、中等教育学校後期課程、高等専門学校(1~3年生)、専修学校高等課程等(特別支援学校高等部を除く))に入学した生徒の保護者に対し、「奨学のための給付金(申請必要、返済不要)」を支給します。 今年度は、新型コロナウイルス感染症に係る影響を踏まえ、保護者の失職等により家計が急変した世帯を含め、年度当初に特に負担の大きい新入生に対する一部(3か月分)の前倒し給付を行います。 なお、今回申請された場合も、7月分以降の給付は7月1日を基準日として支給要件を確認しますので、改めて申請が必要となります。 また、今回申請されない場合は、7月1日基準日とする1回の申請で年額の給付となります。 国公立の高等学校等においては、高校教育課にお問い合わせください。 22) 支給要件 保護者等及び生徒が、基準日(4月1日)において、次の全ての項目に該当する場合、給付金の支給対象となります。 (1)保護者等が愛媛県内に住所を有している (2)以下のいずれかを満たしている 保護者等の住所が愛媛県外の場合、お住まいの都道府県へ申請することになります。 ただし、次の場合は、支給の対象となりません。 生徒が高等学校等を卒業又は修了している場合• 児童福祉法による措置費等の支弁対象者であって、見学旅行費又は特別育成費が措置されている場合• 特別支援学校の高等部に在籍する場合• 基準日に休学している場合 支給額(対象生徒一人あたりの額) 支給額は次のとおりです。 (この場合「委任状」の提出が必要です。 「委任状」を提出した場合、申請者の口座ではなく、委任を受けた学校長が指定する口座へ振り込まれます。 ) 申請方法・提出期限 受給申請書(様式第1号)に次の書類を添付して提出してください。 住民票については、注2に記載のとおり「世帯全員・続柄」が記載されたものが必要ですので、ご注意ください。 また、「住民票」は個人番号(マイナンバー)の記載がないものとしてください。 1 従来の「生活保護受給証明書」などにより、生業扶助(高等学校等就学費)の措置状況が確認できる場合には、様式第4号の提出は不要です。 その場合は、「生活保護受給証明書」等を提出ください。 2 単身赴任者を含む世帯全員と続柄の記載がある住民票が必要です。 ただし、高校生等に兄弟姉妹がおり、当該兄弟姉妹が別居している場合は、兄弟姉妹の住民票については提出不要です。 3 在学証明書は県外の学校に在籍する生徒についてのみ必要となります。 県内の学校に在学する生徒については、不要です。 なお、在学証明書は、所定の様式(様式第2号)により、在籍する学校が証明したものを提出いただくようお願いします。 4 保護者一人につき、「特別徴収税額決定通知書」、「納税通知書」、「課税証明書」のうちいずれか一つ(コピー可)。 無職無収入の専業主婦の方も非課税であることを証明する書類が必要です。 5 国民健康保険等は、申請者の扶養状況が確認できない場合があります。 公的な証明書で確認できない場合は、申立書(様式第3号)を提出ください。 【県内の私立高等学校等に在籍する生徒の保護者】 上記書類を在籍する学校が指定する期限までに学校に提出してください。 【県外の私立高等学校等に在籍する生徒の保護者】 上記書類を 令和2 年6月12日(金曜日)までに、私学文書課(私立学校担当)まで郵送または持参し提出してください。 【書類は次の場所でも配布しています】• 私学文書課(松山市一番町四丁目4-2 愛媛県庁本館4階) その他• 支給が決定された場合、指定された口座に(学校長に委任した場合は学校長名義徴収金口座)に振込みます。 給付金の支給時期は、国公立と私立とで異なります。 【支給時期】 私立 令和2年7月頃 偽りその他不正な手段により給付金の給付を受けたときは、返還していただくことになります。 授業料に対する負担軽減についてはをご覧ください。 お問い合わせ• 私学文書課(私学・公益法人係) TEL 089-912-2221.

次の

熊本県奨学のための給付金

奨学 の ため の 給付 金 と は

高校生等奨学給付金は、平成26年4月1日に「公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律の一部を改正する法律(平成25年法律第90号)」が施行されることに併せて、平成26年度から開始された補助事業です。 制度趣旨 本制度は、都道府県が行う高等学校等に係る奨学のための給付金事業に対して、国がその経費の一部を補助することにより、高等学校等における教育に係る経済的負担の軽減を図り、もって教育の機会均等に寄与することを目的としています。 国の補助基準は下記のとおりです。 なお、各都道府県において制度の詳細は異なりますので、具体の要件、給付額、手続等については、下記のリンク「高校生等奨学給付金のお問い合わせ先一覧」にてご確認の上、お住まいの都道府県にお問合せください。 国立・公立高等学校等に在学する者:年額3万2,300円• 国立・公立高等学校等に在学する者:年額8万2,700円• 国立・公立高等学校等に在学する者:年額12万9,700円• 国立・公立高等学校等に在学する者:年額3万6,500円• 私立高等学校等に在学する者:年額3万8,100円• お問合せ先.

次の