山形 県 コロナ ウイルス。 山形)県境越える移動の自粛、月内で解除へ 県が決定 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

山形県(補助金・助成金・融資情報)

山形 県 コロナ ウイルス

関係団体• 2020. 23 感染症対策• 2020. 02 感染症対策• 2020. 02 感染症対策• 2020. 27 感染症対策• 2020. 27 感染症対策• 2020. 23 感染症対策• 2020. 02 感染症対策• 2020. 02 感染症対策• 2020. 27 感染症対策• 2020. 27 感染症対策• 2020. 20 各種支援策• 2020. 18 各種支援策• 2020. 18 各種支援策• 2020. 18 各種支援策• 2020. 18 各種支援策• 2020. 07 関係団体• 2020. 07 関係団体• 2020. 07 関係団体• 2020. 07 関係団体• 2020. 07 関係団体 庄内• 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020.

次の

新型コロナウイルス感染症について — 山形市役所

山形 県 コロナ ウイルス

山形県は21日、新型コロナウイルスの新たな感染者はいなかったと発表した。 感染者が確認されなかったのは、4月2日以来。 県内初の感染者が3月末に確認されてから3週間。 退院者が出始め、ここ数日は入院中の患者数が横ばいになりつつあるが、県は「好転する理由はない」と警戒を緩めていない。 県によると、感染が確認されて入院中の人を除き、PCR検査を50件実施。 いずれも陰性だったと21日発表した。 県が一日で5人以上の感染を公表したのは4日以降に7回あったが、18日以降は3人以下にとどまっている。 国が感染拡大の指標の一つとする、感染者が2倍になる「倍化時間」も短期化はしていない。 県は症状のない人も含めて感染者全員を医療機関に入院させている。 退院は、症状がなくなった後、24時間おきの検査で2回連続で陰性とする国の基準に基づいて判断している。 県内で初めて退院者が出たのが….

次の

新型コロナウイルス感染症(COVID

山形 県 コロナ ウイルス

山形県は26日、政府が新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言を全国で解除したことなどを受け、新しい対応方針を決めた。 県境を越えた移動の自粛要請は今月いっぱいで解除し、今後の感染拡大防止策については、感染状況に応じた「注意・警戒レベル」と対応例を設定し、これを基準にしていくことを決めた。 新方針は同日、県庁で開かれた危機対策本部員会議で決まった。 他県との往来自粛については5月末で解除。 ただし、最後まで国の緊急事態宣言の対象となっていた5都道県(北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川)への不要不急の移動は、6月18日まで慎重にするよう求める。 吉村美栄子知事は「できれば控えてほしいという意味だ」と説明した。 6月18日までは屋内が100人、屋外は200人まで。 6月19日~7月9日はともに1千人、7月10日~31日は5千人までとした。 また、県は新たに県内の新規感染者数など感染状況を目安にした4段階の「注意・警戒レベル」を設定。 吉村知事は「第2波の感染拡大があっても乗り越えるためにシミュレーションしておき、県民が共通認識を持つための判断基準を示した」と説明した。 直近の7日間で新規感染者10人以上、感染経路不明者2人以上となった場合は「レベル4(非常事態)」に相当。 対応として、県内の事業者への営業自粛要請などが挙がる。 対象業種などは「その時点の状況などを踏まえて決めることになる」とした。 (三宅範和).

次の