レモネード レ モニカ。 レモネードbyレモニカの店舗どこにあるの? メニューや値段も!

パティシエ辻口氏監修の“レモンケーキ”が登場!レモネード専門店「レモニカ」で販売開始【東京】

レモネード レ モニカ

飲食店が一坪あたり月にいくら売ったかをはかる経営指標 つまり狭い店舗で売り上げが良いほど坪月商が高くなります。 飲食店にはバックヤードや厨房なども必要となってくる為、中々坪月商を上げるのは難しいとされています。 レモネードbyレモニカの売り上げは? 月間食堂の編集長 通山茂之が推薦したお店として登場した「」 創業から3年で全国30店舗を達成。 石川県 金沢フォーラス内にあるお店は、3. 5坪で一月の売り上げ500万円。 1日の売り上げは500杯。 坪月商は驚きの143万円となっている。 番組では(株)レモネード・レモニカの代表 田中将渡が登場し、そのビジネスを語った。 インスタでの集客を狙えば、自社で広告を打つ必要性も最小限に抑えられコストカットが図れる。 そして、インスタグラム等のSNSは、ネットに写真をアップした瞬間全国でその写真が見られる為、スピード力のある宣伝が可能となっている。 レモンが丸ごと入った「サンサンレモネード」や、いちごが入った「ストロベリーソーダーレモネード」などが人気。 中にはチーズを使用した、「ハイチーズクリーミーストロベリーレモネード」なども用意されている。 チーズとレモネードという飲んだ事がない味が購買意欲を掻き立てている。 すぐ横の店でもタピオカを売る現象が相次ぎ、その影響からタピオカ自体が品薄に。 材料費の高騰に繋がった。 タピオカティーよりもあっさりしてて飲みやすく、さっぱりとした後味も人気の1つ。 あえて差別化を図る事で、競争相手を少なくし利益アップに繋げた。 また、茹でる工程があるタピオカティーとは違い、加熱調理も洗い物も少ないのが大きなメリットとなり、水道光熱費の節約にもなっている。 調理の簡略化を図っており、店舗で簡単なオペレーション、テナント面積の縮小が可能に。 キッチンでは手の届く範囲に材料や道具を配置し、スタッフにかかる人件費の削減にも繋がっている。 巧みな取り組みから人件費・経費の節約に繋がり、魅力あるマーケティングを仕掛け急成長した。

次の

レモネード・レモニカ、2020年100店舗展開に向け体制が整う。日本にもレモネード文化を定着させるべく、フランチャイズ加盟募集枠を拡大。

レモネード レ モニカ

加盟を決める際にオーナーが気になるポイントはもちろん収益性だが、良い販売場所を確保できるのか、従業員を集められるのか、オープン間近に集めた従業員で運営をできるのかなど参入障壁が多くある。 レモネード・レモニカではこれらの問題に1つ1つ対応しているそうだ。 全国規模で捉えると未だ物件獲得件数は加盟希望問い合わせの数を上回っていないため、加盟を希望するオーナーが自ら店舗を確保してくるケースも多いのが現状だ。 しかし、その地域を知り尽くすオーナーが様々な地域でレモニカの繁盛店をつくっているおかげで、新たなリーシング担当者からの問い合わせも増えるという相乗効果がいま起こっている。 また、ドリンク専門店であることからオペレーションの難易度が低くアルバイト未経験者でもチャレンジしやすいのも要因の1つだ。 理念研修やマネジメント研修、従業員の教育方法等を習得してもらい、「現場ができる店長」ではなく「教育ができる店長」になってもらう。 また、現場ではレシピを簡単に覚えられるレモニカ独自の工夫もあるため、アルバイトの未経験者でも問題なく運営ができる。 レモニカのメニューは、定番メニューのオリジナルレモネード、ソーダレモネード、フローズンレモネードのほかに、フルーツの果汁や果肉と合わせたもの、クリームチーズを使用したもの、レモンと相性の良い茶葉を使用したものなど計 20種類以上のバラエティー豊かなラインナップがある。 商品を「レモネード」に限定することで、メニュー数が多くても 1品 1品こだわり抜いた商品を提供し、「美味しかった、次はあのレモネードを飲んでみよう!」とリピーターを増やすことが出来る。 全国展開する上で大事だと考えることは、どの店舗でも同じクオリティーで商品を提供することだ。 その為に 2018年 11月にレモネード専用工場を設立した。 原料となるレモンを全て手作業で加工し、レモニカ独自の製法で自家製シロップを生産、全国の店舗に届けている。 核となるシロップを専用自社加工場でつくることにより味のブレを無くし、店舗での負担を減らした。 レモネード・レモニカでは「日本全国の各地域において、レモネードを通して笑顔と優しさを提供し地域の皆さまに愛されるブランドでありたい」と考えている。 地域密着、その地域で愛される会社になりたいという志を持った方と共に 2020年 100店舗展開に向け今後も運営してまいる。

次の

坪月商100万円越え!飲食業として異例の売上を誇るレモネードbyレモニカとは?

レモネード レ モニカ

加盟を決める際にオーナーが気になるポイントはもちろん収益性だが、良い販売場所を確保できるのか、従業員を集められるのか、オープン間近に集めた従業員で運営をできるのかなど参入障壁が多くある。 レモネード・レモニカではこれらの問題に1つ1つ対応しているそうだ。 全国規模で捉えると未だ物件獲得件数は加盟希望問い合わせの数を上回っていないため、加盟を希望するオーナーが自ら店舗を確保してくるケースも多いのが現状だ。 しかし、その地域を知り尽くすオーナーが様々な地域でレモニカの繁盛店をつくっているおかげで、新たなリーシング担当者からの問い合わせも増えるという相乗効果がいま起こっている。 また、ドリンク専門店であることからオペレーションの難易度が低くアルバイト未経験者でもチャレンジしやすいのも要因の1つだ。 理念研修やマネジメント研修、従業員の教育方法等を習得してもらい、「現場ができる店長」ではなく「教育ができる店長」になってもらう。 また、現場ではレシピを簡単に覚えられるレモニカ独自の工夫もあるため、アルバイトの未経験者でも問題なく運営ができる。 レモニカのメニューは、定番メニューのオリジナルレモネード、ソーダレモネード、フローズンレモネードのほかに、フルーツの果汁や果肉と合わせたもの、クリームチーズを使用したもの、レモンと相性の良い茶葉を使用したものなど計 20種類以上のバラエティー豊かなラインナップがある。 商品を「レモネード」に限定することで、メニュー数が多くても 1品 1品こだわり抜いた商品を提供し、「美味しかった、次はあのレモネードを飲んでみよう!」とリピーターを増やすことが出来る。 全国展開する上で大事だと考えることは、どの店舗でも同じクオリティーで商品を提供することだ。 その為に 2018年 11月にレモネード専用工場を設立した。 原料となるレモンを全て手作業で加工し、レモニカ独自の製法で自家製シロップを生産、全国の店舗に届けている。 核となるシロップを専用自社加工場でつくることにより味のブレを無くし、店舗での負担を減らした。 レモネード・レモニカでは「日本全国の各地域において、レモネードを通して笑顔と優しさを提供し地域の皆さまに愛されるブランドでありたい」と考えている。 地域密着、その地域で愛される会社になりたいという志を持った方と共に 2020年 100店舗展開に向け今後も運営してまいる。

次の