女性ホルモン スキンケア。 女性ホルモンを化粧品で整えるには?ホルモンバランスを整えるなら女性ホルモン配合の化粧品よりもコレ!

女性ホルモンのバランスでスキンケアも変わる!紫外線にも注意!

女性ホルモン スキンケア

読みたいところから読める目次• 1.女性ホルモンの減少が気になるあなたへ 40代の半ば、「更年期」を迎える頃になると、女性ホルモンの減少が気になる方も多いのではないでしょうか? あなたはいかがですか? 女性ホルモンの分泌量は、一生の間でスプーン一杯分ほどしかないと考えられています。 そんな女性ホルモンが減ると、頭痛やめまい、のぼせ、動悸、、ほか、さまざまな更年期障害の症状が現われます。 また、動脈硬化や骨粗鬆症などの病気にもなりやすくなります。 お肌では、潤いが減少しして、やが無くなったり、が減っての原因になってしまいます。 毛髪にも影響を及ぼし、や脱毛の原因になることも。 このように、女性ホルモンは身体の健康にとってもにとっても大切な物質です。 では、女性ホルモンの減少とは、どのように付き合っていけばよいのでしょうか? 残念ながら、減ってしまった女性ホルモンは増やすことはできません。 しかし、食事やサプリメント、生活習慣を改善することでバランスを整えたり、活性化させることは可能です。 この記事では、女性ホルモンのはたらき、減少の原因、バランスを整えて更年期障害や動脈硬化などを防ぐ方法をご紹介します。 「女性ホルモンってそもそも何?」 「はたらきや種類は?」 「女性ホルモンを増やす方法は?」 「更年期障害を少しでも軽くする方法は?」 「女性ホルモンでアンチエイジングができるの?」 などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。 <PR> <女性ホルモンと上手に付き合う生き方やスキンケアなら> * * <この記事の大切なポイント>• 女性ホルモンは、生殖腺である卵胞から分泌されるホルモンです。 女性の柔らかい身体つきや生理、妊娠など生殖機能に加えて、心にも影響を与えます。 女性ホルモンには、卵胞ホルモン エストロゲン と、黄体ホルモン プロゲステロン の2種類があります。 役割は違いますが、どちらも大切です。 卵胞ホルモン エストロゲン は、排卵日が近くなる生理後10日を過ぎたころ以降から分泌が増え、排卵日の手前にピークを迎えます。 一方、黄体ホルモン プロゲステロン は、排卵日の手前から増え始め、黄体期の半ばでピークを迎えます。 女性ホルモンの分泌は、思春期から増え30代前半でピークを迎えます。 その後、減少に転じ、45歳頃からの更年期に急激に減少します。 一般に40代半ばから50代半ばまでを更年期と呼びます。 この時期は、女性ホルモン、特に卵胞ホルモン エストロゲン の減少で、のぼせ、ほてり、発汗、抑うつ、不眠など身心に不快な症状がでることがあります。 これを更年期障害と呼びます。 更年期障害は、ホルモン補充療法(HRT)と漢方などで治療を行うことが可能です。 症状がひどい場合は早めに婦人科などを受診しましょう。 女性ホルモンを増やすことはできませんが、はたらきの近い大豆イソフラボンなどを摂ることで更年期の症状を軽減することは可能です。 最近、特に注目されているのが、大豆イソフラボンが変化して産生されるエクオールです。 また、よい睡眠、適度な運動なども女性ホルモンのバランスを整える上で大切です。 2.女性ホルモンとその種類 1)ホルモンとは 女性ホルモンの前に、そもそもホルモンとは何かを理解しましょう。 ホルモンとは、身体の外や中で環境変化が起きても、それに反応して身体のはたらきを常に同じに保つように、体内のさまざまな部位で分泌される化学物質の総称です。 ホルモンは、主に内分泌腺(ないぶんぴつせん)で作られます。 内分泌腺とは1つだけではなく、脳下垂体(のうかすいたい)、甲状腺(こうじょうせん)、副甲状腺、副じん、すい臓、生殖腺(せいしょくせん)などがあります。 また、内分泌腺以外でも、じん臓、骨髄(こつずい)、脂肪(しぼう)組織などでホルモンが作られます。 ホルモンは、現在、100種類ほどあることがわかっています。 ホルモンはわずかな量で必要な効果を発揮するため、必要なタイミングで適量分泌されることが身体や皮膚などにとって大切です。 病気やストレス、加齢ほか何らかの原因で、多すぎたり少なすぎたりすると身体にとってよくないトラブルが起こります。 2)女性ホルモンと種類 生殖腺である卵胞から分泌されるホルモンが女性ホルモンです。 その名のとおり、女性の柔らかい身体つきや生理や妊娠などの生殖機能に影響を与えます。 また、女性ホルモンは「心」にも影響を及ぼします。 女性ホルモンには、卵胞ホルモン エストロゲン と、黄体ホルモン プロゲステロン の2種類があります。 ともに、脳からの指令で卵巣から分泌されます。 卵胞ホルモンであるエストロゲンには、エストロン、エストラジオール、エストリオールの3種類があります。 3)女性ホルモンの分泌とバランス 女性ホルモンの分泌は、脳の1つである間脳の視床下部から卵巣に指令を出すことで始まります。 まず、間脳の視床下部からGnRH 性腺刺激ホルモン放出ホルモン が分泌されます。 その刺激が脳下垂体に伝わり、FSH 卵胞刺激ホルモン とLH 黄体化ホルモン という2種類の性腺刺激ホルモンが分泌されます。 この2つが、卵巣を刺激して、卵胞ホルモン エストロゲン と黄体ホルモン プロゲステロン の2種の女性ホルモンが分泌されるのです。 人の身体は常にバランスを取るようにはたらいていますが、それを監視しているのが脳です。 脳は、卵巣からの女性ホルモン分泌量が正常かどうかを監視しています。 だから、その増減のバランスを保てるのです。 しかし、ストレスや脳の障害といった問題があると、女性ホルモンのバランスが乱れてしまうのです。 その結果、生理の状態や体調に悪影響がでます。 また、などが起こることもあります。 3.女性ホルモンのはたらき 1)卵胞ホルモン エストロゲン のはたらき 卵胞ホルモンには、さまざまなはたらきがあります。 妊娠との関係では、子宮に作用して、受精卵のベッドとなる子宮内膜を厚くします。 女性らしさを形づくるホルモンとして、乳房、、骨、筋肉、脳、自律神経などのはたらきにも関係しています。 また、コレステロールの代謝をよくしたり、基礎体温を下げるはたらきがあります。 卵胞ホルモンは、お肌での保持やコラーゲンを増やすはたらきがあることから、美肌ホルモンと呼ばれることがあります。 他にも髪の毛を美しく保つはたらきがあります。 思春期から分泌量が多くなり、30代でピークに達し、更年期になると減少します。 そして閉経を迎えることには激減します。 エストロゲンが減ると、更年期障害、骨粗鬆症、動脈硬化などのリスクが増加します。 2)黄体ホルモン プロゲステロン のはたらき 黄体ホルモンにも、さまざまなはたらきがあります。 妊娠との関係では、子宮内膜を受精卵が着床しやすいように整えます。 また、女性が妊娠した場合は分泌が続き、胎児が育ちやすい子宮環境を整えます。 一方、妊娠していなければ分泌量が減少し、子宮内膜を体外に排出させるのです。 さらに、食欲増進、基礎体温を上げるはたらきがあります。 黄体ホルモンは、お肌との関係では、を増やしたり、ことがあります。 こうした美肌にはマイナスのはたらきから、ブスホルモンと呼ばれることがあります。 しかし、これらのはたらきは、妊娠をサポートすることからきています。 例えば、メラニンが増えるのは、から細胞を守ろうとするものです。 黄体ホルモンはお肌の表面に起こる変化だけを見るとよくない女性ホルモンかもしれませんが、卵胞ホルモンとともに大切なものです。 4.女性ホルモンの周期と身体やお肌との関係 生理(月経)が始まる日から1週間くらいの生理期間は、2種の女性ホルモンはともに分泌量が多くありません。 排卵日が近くなる生理後10日を過ぎたころ以降から、卵胞ホルモンの分泌が増えます。 そして、排卵日手前でピークを迎えます。 この期間、つまり生理から卵胞期、排卵期直後までは卵胞ホルモンが優位です。 この時期は、お肌が健康な時期で調子がよい場合が多いのです。 ただし、相対的に皮脂分泌が少ないので、若干、に傾きます。 しっかりことを心がけましょう。 また、新しいを試すのもこの期間がおすすめです。 一方、排卵日のころから、黄体ホルモンの分泌量が増えます。 この期間は、体温が上がり妊娠の準備が進んでいきます。 妊娠しなかったときは、28日目ころに再び生理が起こります。 排卵後から生理までの黄体期では、黄体ホルモンが優位です。 黄体期から生理までは、の傾向になったり、ニキビができたりすることが多くなります。 だから、この時期はやでお肌を清潔にすることが大切なのです。 5.加齢と女性ホルモンとの関係と付き合い方 1)女性ホルモン分泌量の加齢による変化 女性ホルモンは、初潮を迎える頃から分泌が始まり、思春期から急増します。 そして、20代から30代前半にピークを迎えます。 ピークに達した後は、少しずつ分泌量が減り、更年期を迎える40代後半から50代にかけて急激に減少していきます。 女性は一生を通じて、女性ホルモンの影響を受けますが、こうした年齢による変化を知った上で上手に付き合っていくことが大切です。 続いて、年代別の女性ホルモンと心身やお肌への影響を詳しく見ていきましょう。 2)10代 女性の思春期は、10歳頃から始まり、多くの人が14歳ごろまでに初めての生理 初経 を迎えます。 この時期は、身体が急激に変化するため、身心のバランスがうまく取れず、女性ホルモンバランスも乱れがちです。 そのため、ニキビ肌で悩む方も多いのです。 その後、15歳頃からは、性機能が成熟し、卵巣機能が高まってきます。 そのため、エストロゲンの分泌が順調になってきます。 3)20代 20代になると身心とも成熟してくるので、卵胞ホルモン、黄体ホルモンともに分泌が順調です。 だから、健康であれば身心もバランスが取れ、お肌もキレイな時期です。 を維持すれば、健康や美肌がキープできる年代です。 ただし、人によっては20代で女性ホルモンのピークを迎えることもあります。 などでが気になれば、を始めましょう。 また、この時期に女性ホルモンバランスが崩れるとに悩むこともあります。 4)30代 多くの女性は、30代で女性ホルモンの分泌のピークを迎えます。 ピークを迎える頃までは、それほど意識しなくても身体もお肌も元気な場合が多いのです。 ただし、現代女性は仕事も忙しくストレスが多くなりがちです。 ストレスは女性ホルモンのバランスを乱し、などになります。 そんな女性は、ストレスを軽減することを意識しましょう。 30代後半になると、女性ホルモンが減少し始める女性が多くなります。 お肌では乾燥肌だけでなく、、やなどによってを感じることも。 特に、しましょう。 なお、30代や40代の女性ホルモンバランスの乱れは、になることもあります。 5)40代 40代は女性ホルモンの減少が続き、更年期とともに身体やお肌の大きな変化を経験する女性が多くなります。 更年期とは、閉経の前後5年程度のことです。 人によって差がありますが、一般的には40代半ばから50代半ばの10年間くらいが更年期にあたります。 この時期は、生理不順などが増えてきます。 また、不正出血や周期の乱れなども多くなり、更年期障害を経験する女性も多くなっていきます。 また、卵胞ホルモンの急激な減少や加齢などが重なって、こともあります。 顔のたるみは、や、、などの原因になります。 健康や美肌のためには、やな年代です。 6)50代の身体とお肌の変化 女性ホルモンの分泌はさらに減少するとともに、多くの女性が閉経を迎えます。 日本人女性の閉経年齢は、50. 5歳といわれていますので、50代半ばまでに多くの女性が閉経を迎えます。 もちろん、50代も更年期障害を経験する女性が多くいます。 また、加齢と相まって骨粗鬆症、動脈硬化など、女性ホルモンの減少と関係の深い病気のリスクも高くなっていきます。 お肌の老化もさらに進み、深いしわやほうれい線が目立ってくることもあります。 他にも、や、など、で悩む方も増えます。 もちろん、も大切です。 保湿を中心になども継続することで、肌老化が進まないように心がけましょう。 しかし、どんなエイジングケア化粧品でもことやはできません。 大きな改善を望むなら美容医療を考える必要があります。 7)60代以降の身体とお肌の変化 60代以降は、大半の女性が閉経を迎えているため、女性ホルモンはほとんど分泌されません。 女性ホルモンバランスの乱れによる更年期症状は減りますが、骨粗鬆症をはじめとする病気のリスクは加齢と相まって高くなります。 お肌のの水分はさらに減って、お肌のハリやツヤが失われて50代以上にシワが目立ちます。 やなども少なくなり、乾燥がひどくなって、や、などのリスクも高くなっていきます。 だからこそ、ことで今以上に肌老化を進ませないことが大切です。 6.更年期障害とその予防や対策 1)更年期障害とは? 女性ホルモンが急激に減少する40代半ばから50代半ばに身体や精神面に起こるさまざまな不快な症状が更年期障害です。 特に、卵胞ホルモンの1つであるエストラジオールの減少が、更年期障害の原因と考えられています。 また、交感神経と副交感神経の2種類の自律神経のバランスの乱れも原因と考えられています。 検査を行っても更年期で女性ホルモンが減少している以外に特別な原因がない場合も、症状があれば更年期障害です。 更年期障害は、すべての女性に起こるわけではなく、ほとんど気にならない方もいます。 一方、症状が重く、日常生活に支障をきたす方もいます。 つまり、更年期であることと更年期障害であることは別なのです。 2)更年期障害の症状 更年期障害の症状は多種多様で、特徴的な症状もあります。 また、年齢とともにあらわれる症状が変わることもあります。 大きくは、身体症状と精神症状に分かれます。 このように更年期障害は、さまざまな症状がでますが、中には原因が明らかなものがあります。 更年期障害にはそれに応じた治療法がありますし、そうでない場合は異なる治療法が必要です。 そのため、更年期に身心の異常を感じた場合は、早めに病院やクリニックを受診しましょう。 まずは、更年期外来のある婦人科がおすすめです。 また、精神症状が大きな場合は、心療内科に相談することもよい方法です。 3)更年期障害の治療 更年期障害の治療は、主にホルモン補充療法 HRT と漢方療法の2つがあります。 また、精神神経症状が強い場合は、抗不安薬や睡眠薬などが処方されることもあります。 ホルモン検査によって不足しているホルモンを、注射、クリームによる経皮吸収、経口によって補います。 副作用としては、不規則な出血、乳房の張りや痛み、腹部の張り、むくみなどがあります。 HRTは、のぼせ、ほてり、発汗、腰背痛、神経質、頭痛、抑うつ、不眠、手足のしびれに適していると言われています。 漢方薬には、倦怠感、冷え、腰背痛などに効果が期待できます。 漢方薬のメリットは、複数の症状に対して効果が現れることです。 一方、デメリットは漢方薬が合わなければ、症状が改善されないことです。 どちらを選ぶか、また併用するかは医師と十分に相談して決めましょう。 7.まだある!女性ホルモンの対策 1)エクオールサプリメントも女性ホルモン対策の1つ 更年期の女性ホルモンの減少を食い止めることはできません。 食べ物でも女性ホルモンを増やすことはできないのです。 しかし、最近では女性ホルモンに似たはたらきをするという成分が注目を浴びています。 エクオールとは、大豆イソフラボンに含まれるダイゼインの代謝物で、さまざま研究の結果から、女性ホルモンに似たはたらきをすることがわかっています。 例えば、更年期症状の改善、骨粗しょう症の予防、生活習慣病の予防などの効果が期待できるのです。 エクオールは、ダイゼインがある種のによって代謝されると、腸の中で産生されます。 しかし、残念なことに、エクオールを生み出す腸内細菌は、日本人では2人に1人しか持っていません。 だから食べ物でエクオールを作れない日本女性が約50%いるのです。 そんな状況から、ことが注目されています。 <女性ホルモンのバランスを整えるエクオールサプリメント> 2)アンチエイジングを意識した生活習慣を続けよう 女性ホルモンのバランスを整えるには、更年期になっても正しい生活習慣を続けることが大切です。 アンチエイジングや更年期障害の予防だけでなく、美肌のためにも大切です。 肉や魚、大豆などのたんぱく質、炭水化物や糖質、脂質をはじめ、や果実などでビタミンやミネラルをバランスよく摂ることが大切です。 また、ことも大切です。 女性ホルモンと食べ物についての詳しい情報は、「女性ホルモンを増やす食べ物でエイジレスな美肌へ!」をご覧ください。 そのため、睡眠不足は女性ホルモンのバランスを乱すのです。 だから、なのです。 例えば、、ストレッチ、ヨガなどがおすすめです。 もちろん、になります。 喫煙はもちろん、受動喫煙も避けるようにしましょう。 しかし、飲み過ぎはよくありません。 特に、生理前および生理中、妊娠中、更年期にはアルコールを控えめにすることが女性ホルモンのバランスを崩さないコツです。 8 .まとめ 女性にとって大切な女性ホルモンや更年期障害について幅広く解説しました。 女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあります。 分泌量は30歳前後でピークを迎え、45歳頃の更年期から急激に減少します。 そのために、更年期障害を経験する女性も少なくありません。 女性ホルモンのはたらきやバランスの整え方、更年期対策、アンチエイジングとの関係を理解し、いつまでも健康と美肌をキープしましょう。

次の

【jolve organic】 ジョルブオーガニック *女性ホルモンに着目した日本産オーガニックブランド* ジャスミンクラリティ

女性ホルモン スキンケア

女性ホルモンの作用に着目した化粧品も多く見受けられるのですが、 女性ホルモンはセラミドやコラーゲンなどと違い、 増やせば増やすほど高い効果が得られるというものではありません。 ここでは女性ホルモンの働きをどのようにスキンケアに取り入れるべきか、 上手にスキンケアに取り入れている化粧品の選び方についてご説明します。 女性ホルモンとは 女性ホルモンは女性が妊娠や出産をしやすいように作用するホルモンであると同時に きれいなお肌やつややかな髪、女性らしい身体つきを保つホルモンでもあります。 女性ホルモンには『エストロゲン』と『プロゲステロン』の2種類があります。 この2種類の女性ホルモン、脳の視床下部から卵巣への指令で 生理から排卵まではエストロゲンが優位に、 排卵から次の生理まではプロゲステロンが優位になるように分泌され、 それがひとりひとりの生理のサイクルとなっているのです。 エストロゲンとプロゲステロンは絶妙なバランスで分泌され、 エイジングやストレスでバランスが崩れてしまうと 月経不順や不正出血といった体調面での不調だけではなく 乾燥肌やニキビ、むくみなどの美容面での不調も引き起こしてしまいます。 女性ホルモンで美肌効果を発揮するには 女性ホルモンの分泌を促しながら エストロゲンとプロゲステロンのバランスを整えることが大切なのです。 【女性ホルモンを整える『ラ・ミューテ化粧品』の使いごこちや仕上がりは 】 女性ホルモンの効果 女性ホルモンの『エストロゲン』と『プロゲステロン』 生理から排卵まで優位に分泌されるエストロゲンは 子宮内膜を厚くして受精卵が着床しやすいようにする働きがあり、 それと同時にお肌や髪、身体つきを女性らしくキレイに保つ効果があります。 排卵後から次の生理まで優位に分泌されるプロゲステロンは 受精卵が着床しやすい状態に子宮内膜を整えて着床後は受精卵を守る働きをもち、 同時に皮脂の分泌を促してお肌を乾燥から保護したり 抜け毛を防いだりする効果があります。 どちらの女性ホルモンも年齢を重ねると分泌が減少していくため ホルモンバランスが崩れやすくなってしまいます。 ホルモンバランスが崩れてしまうと 大人ニキビや吹き出物、肌荒れ、乾燥肌、敏感肌などの お肌のトラブルを引き起こしてしまうのです。 女性ホルモンのエストロゲンに近い働きをする成分として よく知られているのはイソフラボン。 大豆に多く含まれる成分で 豆腐、納豆、油揚げ、豆乳、味噌、きな粉などから 摂取することができます。 また、女性ホルモンの働きをサポートするEPA、DHAを含む青魚、 ボロンを含むキャベツ(ボロンは熱に弱いので生食で)、 食物繊維の豊富な海藻類、きのこ類をあわせて摂取すると、より効果的です。 果物のザクロもエストロゲンに近い働きがあり、 美容効果が高いことも確認されています。 睡眠時間は1日6時間は確保するようにしましょう。 また、睡眠中に分泌される成長ホルモンには 日中お肌が受けたダメージを回復する働きがあります。 睡眠が足りないとお肌を回復しきれず ダメージはどんどん蓄積されて シミやシワ、たるみの原因となってしまうのです。 女性ホルモンや成長ホルモンの分泌のためにも 毎日しっかりと眠るようにしたいですね。 血行が悪いとせっかく分泌された女性ホルモンが滞って 本来持つチカラを発揮しきれないことも…。 血行を良くするためにストレッチやウォーキングなど 軽めの運動を毎日の継続するようにしましょう。 お風呂でしっかりと身体を温めることも効果的です。 大豆イソフラボンもサプリメントでの補給も可能です。 が、サプリメントによる栄養補給は一般的な食事による栄養補給よりも効率的である分、 作用も強くなりすぎて体調に悪影響を及ぼしてしまうこともあるのです。 バストアップ効果があるとして知られるようになったプエラリア・ミリフィカ。 このサプリメントはイソフラボンよりも高い効果があるとされる女性ホルモン様成分ですが、 胸のハリ、腹痛、月経不順や不正出血などの報告が相次ぎ、 2017年7月に国民生活センターが注意を呼びかけました。 女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり 生理から排卵まではエストロゲンが優位、 排卵から次の生理まではプロゲステロンが優位とご説明しましたが、 プエラリア・ミリフィカのサプリメントを常用することで 常にエストロゲンが過剰に分泌されている状態になってしまったことが さまざまな体調不良の原因と考えられています。 通常の食事で食材から摂取する女性ホルモン様成分は効果も穏やかですが サプリメントで摂取するときには用量を守ることはもちろんのこと、 生理のサイクルをしっかりと把握して適切なタイミングで摂取する必要があります。 そのため嗅覚から脳に直接働きかけるアロマテラピーはとても効力は高く アロマテラピーによる女性ホルモンへの作用は専門的にも注目されています。 サプリメントのように外部から女性ホルモン様成分を摂取するのではなく、 女性ホルモンを分泌しやすい香りで脳を刺激するので ホルモンバランスを整えながらムリのないホルモン分泌が促されるのです。 女性ホルモンを整える方法としては効率的な上に安全性も高く さらにアロマテラピーによるリラックス効果もあり ホルモンバランスを整える方法としてはとてもオススメです。 女性ホルモンを整える作用のあるおすすめの香りは以下の5つです。 ですが、女性ホルモンや女性ホルモン様成分は体内でチカラを発揮するもの。 スキンケア化粧品としてお肌の表面につけても 本来の女性ホルモン同様の働きは期待できないのが現実です…。 とはいっても美容効果の高い女性ホルモンの働き、 スキンケア化粧品に取り入れたいですよね! 実は化粧品で女性ホルモンを増やしながら整えるには 女性ホルモンや女性ホルモン様成分をお肌につけるよりも 女性ホルモンの分泌を促す『香り』を スキンケア化粧品に取り入れるほうが効果的なんです。 アロマが女性ホルモンの分泌やホルモンバランスの調整に 高い効果を発揮することは先ほどご説明したとおりで、 クラリセージ、ゼラニウム、ネロリ、イランイラン、ローズをご紹介しました。 なかでも化粧品に取り入れたい香りは『ローズ』です。 ローズは高級感のあるエレガントな香りで 気分を鎮静させる作用と高揚させる作用の両方を持ち、 ネガティブな感情を抑えて明るい気分と幸福感をもたらします。 また、質の高いバラから採取される 純度の高いローズウォーターはとても高価ですが ローズの香りが高いのはもちろんのこと、 高い美肌効果も認められているのです。 質の高いローズウォーターを配合したスキンケア化粧品で 内側から女性ホルモンの分泌を促して 外側からも美肌をサポートしていきましょう! 女性ホルモンを整える化粧品『ラ・ミューテ』 ローズの香りで女性ホルモンの作用を スキンケアに取り入れる化粧品も増えています。 なかでも、香りも美肌効果もバツグンな化粧品は『ラ・ミューテ』 無農薬有機栽培で育てられた純国産の最高級ローズ『ダマスクローズ』を原料に 美容成分を従来の3倍まで引き上げた『熟成ダマスクローズウォーター』を たっぷりと配合したスキンケア化粧品なのです。 化学的、人工的なローズの香りは甘ったるくてしつこいと感じる人も多いのですが ラ・ミューテは質の高い天然のローズを原料としているので その香りは自然で上品なローズそのものの香り。 アロマテラピーと同じようにリラックス効果も高く 脳の視床下部を刺激して女性ホルモンのバランスを整えます。 ラミューテ美肌セットの内容は洗顔・化粧水・美容液の3点で シンプルにスキンケアできることも特長です。 【女性ホルモンを整える化粧品(洗顔料)】ビオリズム洗顔フォーム キメの細かい濃厚な泡でやさしくお肌を洗い上げる洗顔フォームです。 ローズの香りのソープやコスメは多々ありますが 本物のダマスクローズの香りをここまで贅沢に楽しむことができるのは ラ・ミューテのビオリズム洗顔フォームが初めて! 天然成分のチカラでお肌に負担をかけずに皮脂汚れや古い角質を落とします。 必要な皮脂はお肌に残される洗い上がりで乾燥やツッパリは感じません。 【女性ホルモンを整える化粧品(化粧水)】エンリッチ化粧水 ダマスクローズの香りが特長のラ・ミューテシリーズのなかでも 特にローズの香りを贅沢に楽しむことができる『エンリッチ化粧水』。 『ナノヒアルロン酸』『ナノコラーゲン』といった保湿成分も配合されています。 化粧水には美容液のようにお肌に働きかける美容成分をたっぷりと配合することはできませんが 配合成分のにおいに邪魔されることなくダマスクローズが高く香るので 女性ホルモンの分泌や調整への働きかけ効果はバツグン! ラ・ミューテのラインナップで一番のオススメアイテムです! 【女性ホルモンを整える化粧品(美容液)】アドバンス保護美容液 ラ・ミューテ美容液『アドバンス保護美容液』は ダマスクローズウォーターはもちろんのこと、 プラセンタやセラミド、スクワランなどの保湿成分もたっぷりと配合。 美容液は配合成分のにおいとの兼ね合いもあるのか ラ・ミューテシリーズにしてはローズの香りは少し弱めですが、 軽やかな使いごこちでベタつくことのない気持ちのいい使用感の美容液です。 ですが初回購入であれば180日間の返金保証があり、 購入から180日間で効果が実感できないときは 商品を使いきっていたとしても代金の全額返金が保証されています。 ラ・ミューテシリーズのフルラインをトライアル感覚で試すことができます。 こちらの初回限定特別価格用のページをご利用ください。 女性ホルモン化粧品【まとめ】 女性ホルモンの働きとお肌への効果、女性ホルモンの整え方、 女性ホルモンを整える化粧品の選び方をご紹介しましたがいかがでしたか? 女性ホルモンは生活習慣やストレスで崩れやすいのですが、 ホルモンバランスを日常的に整えることで 女性特有の身体や心の不調を緩和することができ 美肌や女性らしさなどの効果を得ることができます。 女性ホルモンをスキンケアに上手に取り入れて 身体の内側からもコンディションを整えていきましょう!• おすすめスキンケア【アスタリフト】• カテゴリー• 106•

次の

【生理や妊娠中の肌荒れ対策!】ホルモンバランスに合わせたスキンケア方法まとめ

女性ホルモン スキンケア

40代のお肌にふさわしいスキンケアで乾燥肌を改善しましょう 40代になると、お肌の老化を感じ始める女性が多いといいます。 同時に老眼や白髪、物忘れや疲れやすくなるなど、これまで感じなかった体の変化に気づいて、あせりが出てくる時期かもしれません。 女性の40代は、仕事では重要な立場に就く人も多く、また子供の進学や就職、家族の健康についてなど自分以外の悩みも増えてきます。 環境の変化が多いこの40代は、女性ホルモンの分泌が急激に減少していく時期でもあります。 イライラ・倦怠感・頭痛・発汗・めまい・情緒不安定など、更年期の症状が現れてくることもあるでしょう。 そして40代のお肌は、お肌の新陳代謝といわれるターンオーバーの周期が乱れがちになります。 20代では28日間で新しいお肌へと生まれ変わっていたのが、40代になると55日周期と倍にもなるといわれています。 加齢・環境の変化・女性ホルモンの減少・ターンオーバーの乱れなどによって、乾燥肌・シミ・シワ・たるみ・くすみ・ハリや弾力の低下など、40代になるとお肌の衰えを実感してくるのです。 しかしお肌の老化は何歳からでも改善することができます。 改善策のポイントは、正しいスキンケアです。 40代の乾燥肌を予防、改善するスキンケアを紹介していきます。 合わせて読みたい!おすすめ記事 40代の乾燥肌を予防、改善するスキンケア 乾燥肌とは、表皮のもっとも表面にある角質層の水分量が低下することです。 角質層にある水分量が20%以下になると、お肌は粉を吹いたようにカサカサしたり、かゆくなったりしてしまいます。 お肌が乾燥すると、肌表面の角質層やメラニンなどのバリア機能が破壊され、外部からの刺激を受けやすくなります。 その結果、皮膚の炎症・シミ・シワ・たるみなどの老化が起こるのです。 乾燥肌になる原因は、加齢や女性ホルモンの低下だけではありません。 間違ったスキンケア・生活習慣の乱れ・偏った食生活・紫外線ダメージ・室内のエアコンによる乾燥・外気の乾燥など、さまざまな原因があります。 一つだけで乾燥肌を引き起こすこともあれば、いくつもの原因が重なって乾燥肌になることもあります。 乾燥肌を早急に改善するためには、まずは原因を知ることです。 乾燥肌を予防、改善するスキンケア(1) クレンジング 乾燥肌の予防・改善策には、毎日のクレンジング・洗顔・保湿ケアを正しい手順でしっかりと行うことが基本です。 これまでなんとなく行っていた人も、スキンケアを見直すよい機会です。 まず毎日使うクレンジング剤選びから始めましょう。 これまで価格や広告イメージ、人から勧められて、なんとなく選んでいたと言う人は、お肌にあわないクレンジング剤で乾燥肌を招いていたかもしれません。 さまざまなクレンジング剤には、洗浄力の強弱があります。 濃いメイクを素早く落とせるタイプや、じんわりと落とすタイプなど、そのメイクをオフする力によってお肌への負担も大きく変わってくるのです。 クレンジング剤選びで気をつけたいのは、日焼け止めやメイクの油分を落とす合成界面活性剤の配合量です。 合成界面活性剤はほとんどのクレンジング剤に入っています。 多量に入っているものほどメイク汚れの洗浄力は強く、同時にお肌に必要な皮脂や角質までも洗い流してしまいます。 合成界面活性剤が多量に入ったクレンジング剤を毎日使用していると、お肌はあっという間に乾燥してしまいます。 クレンジング剤選びは乾燥肌を予防、改善するための重要なポイントです。 一般的に使われているクレンジング剤の特徴を説明していきましょう。 クリームタイプ クリームタイプのクレンジング剤は、しっとりした洗い上がりが特徴です。 合成界面活性剤の配合量が少なく、お肌の水分量と皮脂量のバランスを崩さずに洗い上げます。 クリームタイプはお肌への刺激が低く、乾燥肌や敏感肌におすすめです。 洗い上がりに物足りなさを感じる場合は、目元や口元などを専用のリムーバーでオフしてから、顔全体をクリームクレンジングで洗いましょう。 乾燥肌におすすめのクリームクレンジング剤を使った正しいクレンジングの手順を説明します。 【クレンジングの手順】 1. 洗浄した清潔な手にクリームクレンジングを取り、体温で温めます。 乾いた顔にクレンジング剤を載せて、指をクルクルと回しながらクリームをメイクとなじませていきます。 皮脂の多いTゾーン・頬・目元や口元の順にクレンジングしていきましょう。 クルクルと回している指がフッと軽くなるのを感じたら、ぬるま湯でしっかりと流していきます。 お肌をこすらずにお湯を押し当てるように優しく丁寧にすすぎます。 合わせて読みたい!おすすめ記事 乾燥肌を予防・改善するスキンケア(2) 洗顔 クレンジングの後は、洗顔を行います。 余分な皮脂と古い角質をしっかりと落としていきましょう。 その後の保湿ケアの美容成分がお肌の奥まで浸透させるための大事なケアです。 洗顔料は、合成界面活性剤が入っていないものを選びましょう。 合成着色料・香料・防腐剤・パラベンなど、余計な添加物が入っていない洗顔料がおすすめです。 お肌に負担をかけずに優しく洗い上げます。 また乾燥肌がひどい場合は、お肌に潤いを与えるヒアルロン酸・セラミド・スクワラン・リピジュアなどの保湿成分が配合された洗顔料を使うのもよいでしょう。 洗顔料に含まれている保湿成分が角質層を十分に潤い、お肌の中から乾燥を予防します。 グリセリン・ジプロピレングリコール・アロエエキス・ホホバオイルなどもお肌に潤いを与える美容成分です。 洗顔の正しい手順を説明します。 【洗顔の手順】 1. 洗浄した清潔な手に洗顔料を取り、たっぷりと泡立てます。 泡立てが苦手な人は泡立て用のネットを使うと簡単にたっぷりの泡をつくることができます。 たっぷりのモコモコの泡を皮脂の多い額、鼻周りなどのTゾーンから載せて洗っていきます。 次にフェイスライン、最後に皮膚の薄い目元、口元を洗います。 洗う際は、お肌の上でたっぷりの泡を転がしながら汚れを泡に吸着させていくイメージで洗っていきます。 こすり洗いはNGです。 お肌が傷つき、乾燥肌や肌トラブルを招く原因になります。 ぬるま湯でしっかりとすすぎます。 すすぐ回数は10〜15回程度を目安にしましょう。 髪の生え際、フェイスラインはすすぎ残しが多い部分です。 鏡でチェックしながらすすぎましょう。 柔らかい清潔なタオルで、水分を押さえるように拭き上げましょう。 力を入れて強くこすってしまうとお肌のダメージなるので注意しましょう。 乾燥肌を予防、改善するスキンケア(3) 保湿ケア 洗顔後はすぐに保湿ケアを行います。 化粧水・美容液・乳液・クリームの順でお手入れをします。 たっぷりの化粧水でお肌に水分を与えることで、お肌が潤い、キメを整え乾燥肌を改善していきます。 また化粧水できちんとお手入れすることで角質層が柔らかくなり、美容液・乳液・クリームの浸透性を高めます。 乾燥肌には、洗顔料と同様に保湿成分であるセラミド、ヒアルロン酸、リピジュアなどが配合された化粧水がおすすめです。 最後のクリームでのお手入れは、皮脂の量が減少している40代には欠かせません。 クリームをつける時は、指の腹を使ってトントンと優しく丁寧になじませていきます。 40代は顔全体につけるようにしましょう。 40代の美肌を保つポイント 年齢を重ねても健康で美しい肌を維持している人たちが日頃から気をつけていることを挙げてみましょう。

次の