東京オリンピック 中止すべき。 東京オリンピック中止!? 開催?再延期?中止?メリットデメリット まとめ

米紙、東京五輪の通常開催は「全くばかげている」

東京オリンピック 中止すべき

東京オリンピックの呪い? Survey finds most Japanese do not want to attend live Olympic or Paralympic events The Japan Times — Masahiro Miura MasahiroMiura 過去に開催が予定されていた 東京オリンピックが中止になっていた事実をご存じですか? 東京オリンピックの過去 2回目の中止ですかね — はたなか hata1225 東京オリンピックは1964年に行われましたが、 それ以前にも東京オリンピックが予定されていたんです。 1940年は、東京でオリンピックが開催される予定でしたが 日中戦争(支那事変)の影響で 日本政府が開催権を返上し中止となりました。 徳川一族の呪い ドローンがとらえた2年 国立競技場完成!! 東京五輪のメイン会場となる国立競技場が2019年11月30日に完成。 2017年から2年、その軌跡をドローンで記録しました。 私も初めて知ったのですが 1940年開催予定だった東京オリンピック組織委員長は、 徳川家達(とくがわいえさと)でした。 徳川家第16代当主です。 徳川家達が住んでいた場所は、千駄ヶ谷でした。 そう! 東京五輪の会場となる 新国立競技場、東京体育館などがある千駄ケ谷です。 実はこの場所・・・ その昔、大政奉還で江戸城を出た徳川宗家の 広大な屋敷があったんです。 1940年日本最初の東京五輪開催が決まり、 体育館の建設予定地として宗家の屋敷(約2万坪)と土地を 東京市へ譲渡して欲しいと政府から提言があったというのです。 その代わりオリンピックの組織委員長を引き受けてもらうという条件で 徳川家達氏は土地を明け渡しました。 そして東京五輪組織委員会会長に 宗家16代当主・徳川家達氏が就任するのですが… 戦争が泥沼化したため、オリンピックは中止! 家達氏は1940年に失意のうちに死去したと伝えられています。 千駄ヶ谷には、紀州徳川家の土地や菩提寺がありますが オリンピックのために、そこに道路を作ったり 墓石をどかしたり、菩提寺の下にトンネルを作ったりしたのです。 こうして仙寿院の墓地がある高台下に 千駄ヶ谷トンネルが開通したのですが・・・ この千駄ヶ谷トンネルは 都内有数の心霊スポットとして知られています。 東京五輪・パラの選手村建設現場で男性作業員が転落死:NHKニュース 20181205 "内装工事の51歳の男性作業員が転落し死亡しました。 選手村ではことし1月にも作業員の死亡事故が起きていて、東京都は早急に現場の安全点検を行うことに" — グリルドチーズ無宿 GrlldChsAsp そして、こんな不幸な事故まで起きてしまいました。 東京五輪・パラの選手村建設現場で男性作業員が転落死。。 選手村では1月にも作業員の死亡事故が起きています。 ザハ・ハディド氏の呪い 新国立競技場の建設については多くの問題がありました。 ザハ・ハディドのデザイン案が採用されたものの 当初は千三百億円だった予算が、 三千億円規模と莫大に膨れ上がり 計画は白紙撤回! ザハ氏への15億円のデザイン料をどぶに捨てたわけです。 ザハ・ハディド氏はこの新国立競技場の件で 著作権で争う意志を明らかにしていたのですが… 2016年3月31日に亡くなっています。 ザハ氏の逝去については暗殺説まで飛び出しました。 ザハ氏はこの悔しさを胸に抱き、 日本を恨んで死んでいったのでは? とも噂されているのです。 予言 東京オリンピックは開催されないと多くの人が 予言しているのですが、 コロナウイルスの感染拡大で 予言が当たるのでは?と話題になっています。 松原照子の予言 3. 11の東日本大震災を予言したことで知られる松原照子さん。 2020年の東京オリンピックについて聞かれ 「ない」と断言しています。 実際に開催地が東京に決まった後も、ブログに 「2020年のオリンピックが気掛かりなのです」と書いているんです。 「中止になる」と、はっきり断定してはいないのですが・・・ それを匂わせるような書き方をしているので 気になっている人は多いようですね… 大地震・大津波・大噴火のような自然災害が起きるのでは? と心配の声もあがっています。 感染症が原因で中止になるのでしょうか? それとも。。 もし、コロナウイルスがいったん落ち着き、 オリンピックが開催された場合なのですが… 海外からまた、ウイルスが持ち込まれ コロナウイルスや 他の感染症が日本に蔓延する可能性はないのでしょうか? 伝染病の蔓延 So true. Can It Host the Olympics? 日本では2001年、 はしかの推計感染者数が約20万人以上といわれる 大流行が発生しているんです。 2007年~2008年にも若者などに流行するなど、 かつて、日本は感染者が多い国の一つでした。 近年はもう安全と思われているようですが。。 2019年になって、はしかの感染者が急増しています。 はしかは感染力が極めて強く 感染症の中でも最強といわれています。 国際感染症対策室 医長の忽那先生も 海外から持ち込まれる感染症のリスクが増えると 警鐘を鳴らしていました。 感染症は、 多くの人が1つの場所に密集することによって流行しやすくなります。 日本でも2015年、 山口県で開催されたスカウトジャンボリーというイベントで、 髄膜炎菌感染症のアウトブレーク(集団感染)が起こっています。 2014年にはデング熱の国内感染も発生しました。 今もっとも懸念されているのは、ヤブ蚊が媒介する デング熱、チクングニア熱、ジカウイルス感染症です。 これらを媒介するヒトスジシマカは日本にも分布しています。 海外でこれらのウイルスに感染した人が来日し、 熱が出ている状態で蚊に血を吸われると、 日本にいる蚊がウイルスを増殖させて いろいろな人に感染させてしまう危険性があるそうです。 東京2020に向けて、 1人1人が感染症対策の意識を高めることが求められています。 その中ではまさに東京オリンピックが行われようとしている 2020年の東京が描かれているんです。 コロナ肺炎の発生では WHO も日本政府の対応も批判されていますよね? 現在の状況と一致しているような・・・ 「予言」はこれだけではなく アニメーションの中で出てくるシーンに 東京オリンピックのカウントダウンの看板があり 147日と記してある下に「中止だ中止」との落書きが・・・ 37年前のマンガが2020年の東京オリンピックを描いてて、でも2月28日に謎の攻撃でスタジアムが破壊されてオリンピックが中止となり…って、新型コロナの事だったのかってそりゃ都市伝説になるわな。 でも操ツアーは無事になんとかなってほしい。 — 村岡幸靖 F3ejLXvqivYkzuv 因みにオリンピック開催前147日は2月29日です。 現在、世界中から続々と東京に アキラのファンが集結中との噂が流れています。 5月下旬がタイムリミットのようですが 今後、政府がどのような対策を取るのかが 注目されています。 新型コロナウイルスの感染が東京五輪の開幕を7月下旬に控える日本でも広まるなか、国際オリンピック委員会(IOC)のディック・パウンド委員(77)は、五輪の準備は「いつもどおり」だと述べた。 さらに、予定通りに東京五輪を開催するかどうかの判断は、5月下旬までする必要がないと話した。 「海外渡航について、そして渡航を避けるべき場所について、判断はWHOがすることになる。 最終的には、日本政府が介入するか、あるいは諸外国の政府が『うちの国民をそこに渡航させたくない』と言い出すかどうか、それ次第になるかもしれない」 パウンド委員は、オリンピック大会の開催中止は「最悪のシナリオ」で、延期や開催地を世界各地に分散させるといった、中止以外の選択肢は、すでに検討されているかもしれないと述べた。 引用 NEWS JAPAN 開催中止は最悪のシナリオで 延期や代替地での開催 または、世界各地で分散される案など もう既に、検討されているのでは? と思われます。 ただ、延期については スポンサー料や放映権収入など莫大な利権が絡んでいて 無理なようです。 米放送大手NBCユニバーサルはオリンピックの放映権を2024年~2032年まで新たに獲得したと発表しました。 NBCの親会社であるケーブルテレビ最大手コムキャストと国際オリンピック委員会(IOC)が合意した。 取得金額は約76億5000万ドル(約7800億円)。 放映権料は国際オリンピック委員会(IOC)の 大きな収入源となっています。 このNBCの放映権料は全世界の50%以上で IOC全収入の約4割を1社で支払っている計算なので 当然、発言権が強くなります。 アメリカ(NBC)の4大スポーツのシーズンは 9月・10月から始まります。 欧州ではクリケットやサッカーのシーズンではない合間の時期が オリンピックの開催期間となっているわけです。 以上のことを考慮すると オリンピックの期間変更や延期は無理というのが 大方の予想です。 代替地や世界各国での分散開催も 検討されているようですが。。。 5月下旬まで日本政府の対応を待って 開催決定の判断を行うということであれば 別の場所で開催するにしても 時間が短すぎますよね!? 4年という貴重な時間を費やして オリンピックの為に準備してきたアスリートにとっては 本当に気の毒なのですが 商業主義に走ってしまったオリンピックを このまま継続する意味があるのか? 考えてしまいます。 コロナ感染者数の隠ぺい 大金をはたいて招致したという「噂」の東京オリンピック… 新型コロナウイルス対する失策によって、新型肺炎の感染拡大に歯止めが掛からず、東京五輪中止が現実味を帯びてきた。 — tomohiko888 tomohiko888jp 横浜港に2週間以上停泊して乗船者を隔離していた ダイヤモンド・プリンセス この集団感染が問題になり 日本政府の感染症対策のずさんさが露呈しました。 新型コロナウイルスによる肺炎の発生が報じられたのは 2019年の12月です。 中国人の旅行者が多く訪れる日本は 当初から多くの感染が予想され 春節の時期は中国人の入国を止めたほうがいいのでは? という声があったのは事実です。 しかし、日本政府は 感染の危機など全く感じていなかったようで ほとんどと言っていいほど 感染の予防策を打ち出しませんでした。 それどころか 安倍総理は、中国の旅行者に向けて 日本への渡航を推奨する動画まで作り 多くの中国人を日本に入国させました。 来日した中国人は 自国で手に入りにくいマスクを買い占め 日本ではマスクが姿を消しました。 そして、すでにもう日本中に 感染が広がっていると思われます。 これだけでも、日本政府の大失態です。 それ以上に問題なのは 市中で感染拡大し始めたコロナウイルスを 出来る限り検査させず 感染者の人数を少なくしようと隠ぺいを続けていることです。 先手、先手と口先で言いながら しっかりとした対策を行わず 検査さえ行わない日本政府の対応には 国民が批判を強めています。 渡航歴や患者との接触歴という検査基準のハードルが高すぎる。 という、なんとも浅い考え! 国民の中には不安が広がっています。 2月27日、政府はここ1~2週間が 感染拡大の瀬戸際にあたると発表し 全国的に、スポーツイベントや文化イベントの 中止や延期を呼び掛けました。 これを受けて コンサートやライブ、スポーツの試合 競馬など、多くの観客が集まるイベントが 次々に中止になっているのですが。。 なんと! オリンピック関連の聖火リレーなどのイベントに関しては 自粛も中止もしないようです! 民間企業には 自己責任でイベントを中止させておいて オリンピックに関わるイベントはそのまま!? 全く、呆れてしまいます。 国は主催者に何の保証もしない。 なぜ今日なのか?なぜ2週間なのか?…理由はひとつ、 は開催するため。 政治、利権だらけの 平和、安全の祭典はどこへいったのか。 JOC竹田会長 東京2020五輪招致委員会の理事長だった竹田恒和さんは 影響力のあるIOC委員で 国際陸上競技連盟(IAAF)前会長のラミーヌ・ディアクに対し 贈賄工作をした日本の責任者と言われています。 IOCは贈収賄などの問題が度々報道されますが 東京オリンピックでも「コンサルタント料金」として 裏で多額のお金が動いたようですね! 竹田恒和さんは、責任を取らされた形で 2019年3月19日、6月の任期満了に伴い、 日本オリンピック委員会(JOC)会長を退任すると表明しました。 また、国際オリンピック委員会(IOC)委員を 辞任することも明らかにしました。 オリンピックの誘致合戦に 多額の費用が使われていることは 周知の事実。。 ですが。。 スポーツの祭典であるはずのオリンピックが お金と利権にまみれているというのは このまま許されていいことなのでしょうか? 森喜朗会長 森喜朗は日本選手団が着用するウエアの発表会で森会長は「早くコロナウイルスどこかに消し飛んで欲しいと神にも祈る」とコメントした。 さらに、「私はマスクをしないで最後まで頑張る」と発言。 そもそも、なぜ森喜朗さんが 大会組織委員会の会長なのか? 不思議で仕方ありません。 お金の匂いに敏感なでしょうね! 森喜朗会長は 「政府と連携し冷静に対応する。 東京大会の中止や延期は検討されていない」 「マスクをしないで最後まで頑張る」 と仰っていますし その経験の多さで この困難を乗り切って下さるでしょう! しかし、問題はそこではありません。 問題になっているのは・・・ 東京五輪組織員会の森喜朗会長が立ち上げる 『日本スポーツレガシー・コミッション』なる一般財団法人が 数百億円とも目される東京五輪の剰余金の受け皿に、 使われるのでは……という懸念です。 森会長の新財団設立にあたり、 その母体となるのは 「一般財団法人嘉納治五郎記念国際スポーツ研究・交流センター」 という組織です。 《菅義偉官房長官から話があって、 『アフリカ人を買収しなくてはいけない。 4億~5億円の工作資金が必要だ。 何とか用意してくれないか。 これだけのお金が用意できるのは会長しかいない』 と頼まれた》 と「週刊新潮」で報じられています。 この件をめぐっては、賄賂の疑いで フランスの検察当局が捜査を開始し、 日本オリンピック委員会の竹田恒和会長が 辞任に追い込まれています。 賄賂の疑いのある組織が 東京オリンピックの余剰金、数百億円の受け皿に使われるとすれば 最終的にこの多額のお金が 誰の懐に入るのか? 簡単に想像が付きますよね! もう、オリンピックの開催に 嫌気がさしてきませんか? 金メダル候補選手の不運 コロナウイルスの感染拡大については 人災なのでは? という意見も多いようですが。。 単なる人災では片づけられない出来事が 日本の代表選手を次々と襲っていますよね? 池江璃花子選手は「白血病」を発病し 当初出場を目指していた東京五輪を断念しました。 マレーシア・マスターズ男子シングルスで優勝した桃田賢斗選手は オリンピックで金メダルを期待される選手ですが マレーシアで交通事故にあい、 その後、右目眼窩底骨折が明らかになりました。 手術は成功したものの 試合での影響が心配されています。 桃田選手の事故については またまた、陰謀説が囁かれました。 また、事故当時、乗車していたワンボックスカーが あまりにも安価なワゴン車だったこと、 帰国後に受けた精密検査で 骨折が見逃されたことなど 多くの問題点が指摘されています。 その他にもアスリートをサポートする側の各協会が きちんと機能しているのか? という問題があります。 助成金の不正流用や、 審判の不正問題などでアマチュアボクシング界を揺るがした 山根明前日本ボクシング連盟会長をはじめ 宮川紗江選手に対するパワハラが問題になった 日本体操協会。 伊調馨選手に対する 日本レスリング協会元強化本部長 栄和人氏のパワハラ問題。 全日本テコンドー協会・金原昇会長をはじめとする 一連のゴタゴタ。。。 どれもこれも、理事の権限やお金の問題が相次ぎ いい加減にして欲しいと思っている人も多いはず。。 アスリートファーストと言いながら 実際には選手をないがしろにする協会の姿勢にも 疑問が残ります。 マラソン競技の場所変更 IOCの権限で、突然変更になったマラソン競技の場所。。 大会9ヶ月前に東京から札幌に変更になりました。 このマラソン競技の暑さ対策として 東京都は300億円以上もかけて道路の整備などを行っています。 オリンピックの象徴であるマラソンが 開催都市のメイン会場で行われないという事実だけでも もう既に、東京オリンピックではありませんよね…? 復興五輪 東京駅オリンピック反対スタンディング!電話をつないで福島の仲間がアピールしています! Twitterでも反五輪メッセージ様々寄せられてて嬉しいです!あちこちで声をあげていきましょう! — 反五輪の会 NO OLYMPICS 2020 hangorinnokai 「復興五輪」という言葉とは裏腹に 東日本の復興を置き去りにしたオリンピック。 被災地から聖火ランナーが出発して、 福島で野球やソフトボールの予選を行えば 復興が進むのでしょうか? 単なるパフォーマンスにしか見えませんよね!? というより、オリンピックのせいで 復興が遅れたというのが 多くの人の考えです。 そもそも招致委員会の竹田恒和理事長は、 「福島と東京は250キロ離れている。 東京は安全だ」 と発言して東京五輪を招致しました。 しかし、この発言は被災地の人々を 「原発250キロ圏内は安全ではないのか」と悲憤させ、 復興のために頑張っている人々を傷つけました。 安倍総理も五輪招致の際、 汚染水は「アンダーコントロール」だと断言しました。 しかし、汚染水問題は未だに解決しておらず、 最近では汚染水の海洋放出が議論されています。 福島の漁業は試験操業の段階で本格操業は再開できず、 復旧もできていないのが現状です。 被災地は置き去りにされたまま 復興五輪という言葉だけが1人歩きしているのです。 被災地の実態を覆い隠す「復興五輪」 本当にこのまま開催していいのでしょうか? オリンピック中止を望む声 このようなことを考えると 東京オリンピックは中止したほうがいいのでは? という声が多いのも頷けます。 先日、コロナウイルスの感染拡大で オリンピックに向けて 日本中が一致団結していると テレビでコメントしているコメンテーターを見ました。 はっ!? まるで国民全員がオリンピックを望んでいるかのような発言に 正直、あきれました。 国民はオリンピックの開催を本当に望んでいるのか? ネットの声を集めました! スタンディングツイート終了。 福島から3人も電話でアピール! 最後は「いまからでも遅くない、オリンピックを中止しよう!」「復興五輪でごまかすな!」とコールがあがりました。 — 反五輪の会 NO OLYMPICS 2020 hangorinnokai 「復興五輪」など名ばかりです。 何としても終焉に持ち込まなければならないですね。 — TAKESHI 0fs5653338p3002 東京駅オリンピック反対スタンディングに連帯! 人の命や生活を犠牲にするオリンピック、今すぐやめろ!野宿者排除も被災地切り捨ても反対運動への弾圧も、数え上げたらキリがないほどすべてが許せません。 — Nanacy k6lkZr8ZF0O50qx 反オリンピック東京駅スタンディングに連帯して。 ノートに殴り書き。 — らっぱ orandger ちょっとネット民がどう思ってるか気になったので、、、本当に教えて下さい。 拡散希望です。 オリンピック中止すべきか — ジョジョセフ jyojyosef• たくさんの人死にや搾取のうえに成り立ちながら、 多様性だのみんなが輝くだのと虚飾のことばを並べ立てるオリンピックは、 中止しかありえません。 日本政府は国民の生命について,心の片隅にもないことを宣言します!• 人の生命よりも、東京オリンピック… 安倍政権が国民を尊重していない証。 これほど明確な証左はないだろう…• 都民です。 東京マラソン、東京オリンピック共に中止に賛成です。 もっともロンドンが、夏季大会までに、 施設を整備できるのかは、知りませんが 今は、人命ファーストで、 オリンピック選手村は、新型コロナウイルス感染者の隔離施設として、 活用ください。 東京オリンピックを中止しろ安倍晋三。 — ハノイのおしゃぶり annamdohophu 決定当初から反対だったが、このパンデミック間際のフェーズになっても中止しない政府の頑固さ、いらない。 選手のことも国民のことも考えてないオリンピックはやめろ。 新型コロナの中国発生時から, 中国はもちろん日本政府発表の信憑性を懸念していました。 これだけのウソつき総理に,改ざん官僚の集団ですから。 日本での死者数は既に数十人,数百人かも? 感染して亡くなったが死者数ではない!• 東京オリンピック… もう開催しても意味ないよ… さらにお金がいるだけ。 経済効果なんてないよ。 世界から観客なんて来ない。 スポーツ選手も来るか不明。 わたしたちには人命の方が重い。 何で開催するの? 合法的に血税をお仲間に横流すため?• 日本も、平気で嘘ついたり隠したりする国になったなー。 世界も気付きだしたな。 — 松本ルキツラ(非行少年) luquitwora• こんな状態なのに桜を見る会のオリンピック版、芸能人ばかりの聖火リレーとか、もう勘弁して。 今の状況で、プロ競技のチームが選手を送り出すとは思えない。 サッカー、バスケ、野球 etc. 個人種目もそうだ。 テニス、ゴルフ、スケート etc. 国内の選手たちは、競技団体からゴリゴリ圧力をかけられるのだろうなぁ。 — K. Mineta KMineta1 [質問] 東京オリンピックに賛成?反対? なぜか、大手メディアでは一度もこの世論調査が行われないので。 回答お願い致します! — やす れいわ新選組支持 eUn04O5xvLxJ9S4 なんだかマスクが沢山集まってるエンブレムに見えてきた… — ツルテンタンゴ tsurutentango 東京オリンピック そういえば。。 エンブレムの盗用問題もありましたね~ もう、いい加減 こんなゴタゴタ続きのオリンピックは 開催中止にしませんか? こちらの記事も読まれています。

次の

※東京オリンピックは中止すべき?メリットデメリットを解説!

東京オリンピック 中止すべき

コロナ・ウイルスでオリンピック/パラリンピック(以下、五輪)を中止にするならば、飛散の止まらない放射性物質によってもっと早くに中止が決められるべきだった。 この原則は変わらない。 延期ではなく、あくまでも中止である。 福島第1原子力発電所の事故現場から飛散し続けている放射性物質の影響が予断を許さないということを証明している「原子力非常事態宣言」を理由に、中止にすべきだったのである。 しかし「コロナ」は、五輪を中止にすべきあまたある理由に一つ別の要素が加算されたに過ぎない。 一つのウイルスがパンデミック(世界的蔓延)認定がされようがされまいが、五輪は、五輪そのものが作り上げてきた内在的矛盾に対する合理的政治判断によって中止にされるべきものであることに変わりはない。 「思慮なき夢」としての五輪 東京・お台場海浜公園沖に設置された五輪マークのモニュメント=2020年3月14日 地震学者の石橋克彦は、原子力発電所やリニア中央新幹線の巨大なリスクを明らかにせず、「国民の夢に水を差すことを憚る」大手メディアの態度を、「思慮なき夢」を見させるものだと痛烈に批判している(「世界」2020年3月号、岩波書店、89ページ)。 五輪にも同じことが言える。 「五輪を楽しみにしている」国民の「夢」に水を差すことこそ、いま言論人が求められていることではないだろうか。 他方で、「国難」を乗り切ってなんとか五輪開催にこぎつけたい安倍晋三首相は、闇雲に一斉休校という「ショック」を与えるパフォーマンスに打って出た。 このままいけば、新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正による首相権限としての「緊急事態宣言」が、9年間撤回されずに続いてきた「原子力非常事態宣言」よりも優先されるということになるのだろうか。 「コロナ」をすべての理由にすることで、中止までとは言わずたとえ延期という結果になったとしても、見過ごしてはいけない、忘れてはいけない事柄がたくさんある。 むしろこのパンデミックによって、東京2020をめぐる汚職や賄賂疑惑、霞ヶ丘住宅の取り壊し、ホームレスの強制排除、選手村使用後の格安の民間払い下げ等、不透明な問題の責任逃れが可能になるかもしれないと、ほっと胸をなでおろしている人間たちがいるのではないか。 「コロナ」が、人為的に行われた不都合な出来事の隠蔽に利用されてはならない。 五輪が延期/中止になった場合の「経済的損失」がそこかしこで数値化され憶測を呼んでいるが、むしろ「コロナ」というショックを理由にして「例外状態」が作り出される予感に満ちている。 「例外状態」とはなにより、社会統制をより効率的に進めるための政治における権限集中と、公的領域と私的領域の境界を曖昧化させることによる経済における利益創出に具体化される現象である。 五輪という祝祭によって活性化されるはずだったグローバル資本主義が、ウイルスがもたらす惨状に便乗して公的資金(税収)を協賛企業が被る損害の保証補填とすることで生き残る、という事態になることは、たやすく想像できるだろう。 そこでの最大の犠牲者は、大手グローバル企業の下請け/孫請け事業主であり、何より税金を負担するだけして全く受益のない納税者である。

次の

【2ch速報】「東京五輪 中止すべき」「日本が感染拡大抑えたとしても…世界中から人来る」

東京オリンピック 中止すべき

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長がアスリートたちに宛てた「手紙」。 「東京五輪の開催時期を最終判断するのは時期尚早だ」と述べている=IOCホームページから 誰もがよくないと思っていながら誰も決断できずにいたら、周囲から続々と反対の声が上がり、最終的には「世論の声に耳を傾ける」ということを理由に判断を下す。 こうした情景は、判断の連続である日常生活の中で、国や場所を問わず目にするものだ。 現在、世界的な規模で起きている「分かってはいるが、決断できない」事柄のひとつが、新型コロナウイルスの「パンデミック」が起きるなか、この夏に予定される東京オリンピック・パラリンピックの開催をめぐる問題である。 今回、「決めたくても決められない」のは、「予定通りの開催」を主張してきた国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会、そして日本政府だ。 一方、各国のオリンピック委員会(NOC)や国際競技連盟(IF)が選手団の派遣の見送りや大会の開催延期を要望、IOCが「開催時期の検討」を示唆したが、まさにIOCにとってNOCやIFの声が態度の変更の口実となったかたちだ。 「開催時期の検討」は何を意味するのか。 新型コロナウイルス感染の深刻な状況を考えれば「大会中止」もあり得るが、私はIOCは「大会中止」を決して口にすることが出来ないと考える。 本稿では、「東京五輪の中止」にからむ三つの問いとIOCに関する三つの状況を通して、その理由について論じてみたい。 「大会中止」はどう規定されているか? まず、東京五輪の中止に関する規定について、確認しておこう。 「新型コロナウイルスの感染が拡大し、いつ終息するかも分からない。 延期というかたちで開催を先延ばしするのではなく、中止する方がよいのではないか」という意見はあるだろう。 確かに、現在の状況を考えれば、このような意見には一定の説得力がある。 そもそも、オリンピックを中止するための規定はあるのか。 中止の手続きは定められているのか。 もし、それがなければ、IOCや組織委員会が「中止」を決めても、その判断の正当性が問題となりかねない。 IOC、東京都、日本オリンピック委員会(JOC)の三者が締結した全87条からなる開催都市契約を確認すると、第66条は中止に関して規定がある。 戦争状態、内乱、ボイコットなどとともに、「IOCがその単独の裁量で、本大会参加者の安全が理由の如何を問わず深刻に脅かされると信じるに足る合理的な根拠がある場合」に、大会を中止することが出来ると定めているのだ。 条文はやや抽象的ではあるものの、世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大し、世界保健機関(WHO)も「世界的な大流行」を宣言した現況に照らせば、大会参加者の安全が脅かされると信じるべき合理的な理由があると考えることが出来る。 契約上は、大会の中止は不可能ではないということになる。

次の