竹内まりや 歌詞 意味。 竹内まりや「駅」の歌詞が平成女子には重すぎる3つの理由

竹内まりや「SEPTEMBER」で歌いたくない歌詞があった?

竹内まりや 歌詞 意味

竹内まりやの名曲として知られる「駅」(1986)。 柔らかなメロディ・ラインとは裏腹に、 もつれた男女の辛い過去を彷彿とさせられる歌詞内容です。 この歌に隠された真実は、それほど甘いものではありません。 (当ブログでは、JASRAC提唱の著作権を保護する立場から、実際の歌詞は掲載しておりません。 ご理解のほど宜しくお願いいたします。 ) この「駅」が発表された1980年代後半(昭和60年代)の頃の、リアルな男女関係を踏まえれば、この歌の歌詞は、 かなりドロドロした内容です。 竹内まりや「駅」の歌詞に隠された不都合な恋の真実 この「駅」の主人公は、東京・町田のマンションで夫と二人暮らしをしている AKIKO(31歳)です。 彼女が3年前に別れた、元カレの後ろ姿に似ている男性に気がついたのは、金曜日の帰り道の電車の中でした。 (!) 言葉にならない驚きに、ハッと胸を突かれたAKIKOは、思わず確かめるように、その男性の横顔が見える位置まで移動しました。 それほどまでに、彼の姿は、 AKIKO の心をとらえて離さなかったのです。 二人の間には、どんな過去が横たわっていたのでしょうか? 「駅」の歌詞に隠された3つの不都合な真実をお話ししましょう。 別れて2年以上経過しても修復しない心の傷の身体的な理由 懐かしさを覚えて、元カレに声を掛けようとした AKIKO を、せき止めた 苦い思い出。。。 2年以上経過しても、言葉すら見つからないほどの深い傷跡って、一体何だと思いますか? 懐かしさよりも先立つツラく苦しい記憶。。。 中絶です。 ー AKIKO の身体に刻まれた深い人生の傷跡。 東京近郊の巨大なベッドタウンの片隅で、ひっそりと小さな命と共に、二人の物語は終わりを告げました。 ヒドくないですか? この元カレの男。 自分の家庭だけは、2年前も今もきっちり守ってるなんて。。。 ドロ沼の恋愛関係を清算して平然と暮らしているのは元カレだけじゃない そっと遠くから元カレの横顔を盗み見して、すぐに気がついたことーそれは 彼の眼差しです。 醒めたような眼差し 二年前のカレの私を見詰める眼差しは、輝いているように見えました。 (少なくとも、 AKIKOには。。。 ) でも、今のカレの横顔からは、離れていても冷たい空気のようなものを感じてしまう。。。 傷跡すら残せない恋 彼の心に傷跡すら残せなかった二人の関係って、恋だったのでしょうか? 他の異性には興味があるけど、今の生活を壊したくないのはお互い様 2年前の元カレの深層心理を、ズバッと言いました。 経済的にも精神的にも、それなりに余裕がある今の生活は壊したくない。 心の奥底に眠る、異性への衝動を手なずける術は、知っている。。。 オトナだから。 「幸せな家庭」を持つ今になって初めて分かる大人のリクツ。 AKIKOも、自分の心が、2年前と変わっていることを自覚せずにはいられませんでした。 保守化した自分を受け入れる 自嘲することもでも、自慢することでも、ありません。 静かに柔らかく生きて行くー。 誰だって、そうやってオトナになるのでしょう。 過去と上手にサヨナラしながら、人は前に進まねばなりませんから。 (まとめ)「良識あるオトナのための良質なバラードの3要素 あなたは、竹内まりやの「駅」という歌と、どのくらいの時間、つき合って来られましたか? 私はつい5年前から何度も聴くようになりました。 大人のための良質なバラードに必要な要素が、ギュッと詰まっているのが、竹内まりやの「駅」のスゴさだと思います。 良質なバラードの3つの要素• 人に言えない辛く暗い過去や経験を背負っていても、受け止めてくれる 包容力• 人の心や価値観は、人生を歩む上で変わることは避けられないという 諦観(諦め)• 過去よりも、今の生活や人間関係を大切にして、肯定的に人生を歩む 現実主義 包容力、諦観、そして現実主義。 これこそが、良質ある大人の真骨頂。 外見や結果だけでは、人生の価値は計ることはできません。 挫折や失敗のたびに、自分の人生と人間性を磨く貴重なチャンスに恵まれた ー。 竹内まりや「駅」を聴きながら、そんなことを思いましたが、いかがだったでしょうか。 あなたの想いとどこかでつながれば、望外の喜びです。 竹内まりや「駅」の情報データベース 発表年 1986年 備 考 作詞 竹内まりや 作曲 竹内まりや 主な収録アルバム REQUEST(1987) アマゾンで購入可能 Impressions(1999) アマゾンで購入可能 Souvenir~Live(2000) アマゾンで購入可能 Expressions(2008) 収録シングル AFTER YEARS 購入ルートなし iTune (なし) レコチョク (なし) (当記事の内容は、この歌に対する管理人個人の解釈と見解を述べたものであり、関係者への直接的ならびに間接的な調査・取材によるものではありません。 ご理解とご了承のほど宜しくお願いいたします。 お問合せはからお願いいたします。 他に取り上げて欲しい歌があれば、お気軽にまで。 コメントありがとうございます! 「お互いのパートナーに発覚して関係を清算せざるをえなかった」という解釈は、ごく自然だと思います。 ただ私は、この歌のフォース(歌の力)を極限まで引き出したいと思いました。 それほどまでに、この歌から受けた衝撃は凄まじいものがありました。 『駅』を聴いて、涙を流せる人の中で、とりわけ辛い経験をされた方のために、何か遺せないか…。 そういう想いから、この記事を発想したのです。 (眼差し) 「変化した」という文脈の中で、「眼差し」が使われれていることから、あの頃の輝きを失ってしまった意味に解釈しています。 (うつむいた横顔) また、彼の「横顔」は、愛していたのは私だけ(=今のパートナーや家族との幸せの方が大事)という醒めた大人の認識の象徴だと思いました。 なので、彼がうつむいているのは、(例えば)娘の誕生日のプレゼントを思案していたという解釈です。 彼の横顔を見つめて流した涙の中に、主人公の万感の想いがガチ詰まっています。 『駅』は、第一級の文学作品に値する歌です。 ーとても語り尽くせないですね!.

次の

竹内まりや カムフラージュ 歌詞

竹内まりや 歌詞 意味

竹内まりやの名曲として知られる「駅」(1986)。 柔らかなメロディ・ラインとは裏腹に、 もつれた男女の辛い過去を彷彿とさせられる歌詞内容です。 この歌に隠された真実は、それほど甘いものではありません。 (当ブログでは、JASRAC提唱の著作権を保護する立場から、実際の歌詞は掲載しておりません。 ご理解のほど宜しくお願いいたします。 ) この「駅」が発表された1980年代後半(昭和60年代)の頃の、リアルな男女関係を踏まえれば、この歌の歌詞は、 かなりドロドロした内容です。 竹内まりや「駅」の歌詞に隠された不都合な恋の真実 この「駅」の主人公は、東京・町田のマンションで夫と二人暮らしをしている AKIKO(31歳)です。 彼女が3年前に別れた、元カレの後ろ姿に似ている男性に気がついたのは、金曜日の帰り道の電車の中でした。 (!) 言葉にならない驚きに、ハッと胸を突かれたAKIKOは、思わず確かめるように、その男性の横顔が見える位置まで移動しました。 それほどまでに、彼の姿は、 AKIKO の心をとらえて離さなかったのです。 二人の間には、どんな過去が横たわっていたのでしょうか? 「駅」の歌詞に隠された3つの不都合な真実をお話ししましょう。 別れて2年以上経過しても修復しない心の傷の身体的な理由 懐かしさを覚えて、元カレに声を掛けようとした AKIKO を、せき止めた 苦い思い出。。。 2年以上経過しても、言葉すら見つからないほどの深い傷跡って、一体何だと思いますか? 懐かしさよりも先立つツラく苦しい記憶。。。 中絶です。 ー AKIKO の身体に刻まれた深い人生の傷跡。 東京近郊の巨大なベッドタウンの片隅で、ひっそりと小さな命と共に、二人の物語は終わりを告げました。 ヒドくないですか? この元カレの男。 自分の家庭だけは、2年前も今もきっちり守ってるなんて。。。 ドロ沼の恋愛関係を清算して平然と暮らしているのは元カレだけじゃない そっと遠くから元カレの横顔を盗み見して、すぐに気がついたことーそれは 彼の眼差しです。 醒めたような眼差し 二年前のカレの私を見詰める眼差しは、輝いているように見えました。 (少なくとも、 AKIKOには。。。 ) でも、今のカレの横顔からは、離れていても冷たい空気のようなものを感じてしまう。。。 傷跡すら残せない恋 彼の心に傷跡すら残せなかった二人の関係って、恋だったのでしょうか? 他の異性には興味があるけど、今の生活を壊したくないのはお互い様 2年前の元カレの深層心理を、ズバッと言いました。 経済的にも精神的にも、それなりに余裕がある今の生活は壊したくない。 心の奥底に眠る、異性への衝動を手なずける術は、知っている。。。 オトナだから。 「幸せな家庭」を持つ今になって初めて分かる大人のリクツ。 AKIKOも、自分の心が、2年前と変わっていることを自覚せずにはいられませんでした。 保守化した自分を受け入れる 自嘲することもでも、自慢することでも、ありません。 静かに柔らかく生きて行くー。 誰だって、そうやってオトナになるのでしょう。 過去と上手にサヨナラしながら、人は前に進まねばなりませんから。 (まとめ)「良識あるオトナのための良質なバラードの3要素 あなたは、竹内まりやの「駅」という歌と、どのくらいの時間、つき合って来られましたか? 私はつい5年前から何度も聴くようになりました。 大人のための良質なバラードに必要な要素が、ギュッと詰まっているのが、竹内まりやの「駅」のスゴさだと思います。 良質なバラードの3つの要素• 人に言えない辛く暗い過去や経験を背負っていても、受け止めてくれる 包容力• 人の心や価値観は、人生を歩む上で変わることは避けられないという 諦観(諦め)• 過去よりも、今の生活や人間関係を大切にして、肯定的に人生を歩む 現実主義 包容力、諦観、そして現実主義。 これこそが、良質ある大人の真骨頂。 外見や結果だけでは、人生の価値は計ることはできません。 挫折や失敗のたびに、自分の人生と人間性を磨く貴重なチャンスに恵まれた ー。 竹内まりや「駅」を聴きながら、そんなことを思いましたが、いかがだったでしょうか。 あなたの想いとどこかでつながれば、望外の喜びです。 竹内まりや「駅」の情報データベース 発表年 1986年 備 考 作詞 竹内まりや 作曲 竹内まりや 主な収録アルバム REQUEST(1987) アマゾンで購入可能 Impressions(1999) アマゾンで購入可能 Souvenir~Live(2000) アマゾンで購入可能 Expressions(2008) 収録シングル AFTER YEARS 購入ルートなし iTune (なし) レコチョク (なし) (当記事の内容は、この歌に対する管理人個人の解釈と見解を述べたものであり、関係者への直接的ならびに間接的な調査・取材によるものではありません。 ご理解とご了承のほど宜しくお願いいたします。 お問合せはからお願いいたします。 他に取り上げて欲しい歌があれば、お気軽にまで。 コメントありがとうございます! 「お互いのパートナーに発覚して関係を清算せざるをえなかった」という解釈は、ごく自然だと思います。 ただ私は、この歌のフォース(歌の力)を極限まで引き出したいと思いました。 それほどまでに、この歌から受けた衝撃は凄まじいものがありました。 『駅』を聴いて、涙を流せる人の中で、とりわけ辛い経験をされた方のために、何か遺せないか…。 そういう想いから、この記事を発想したのです。 (眼差し) 「変化した」という文脈の中で、「眼差し」が使われれていることから、あの頃の輝きを失ってしまった意味に解釈しています。 (うつむいた横顔) また、彼の「横顔」は、愛していたのは私だけ(=今のパートナーや家族との幸せの方が大事)という醒めた大人の認識の象徴だと思いました。 なので、彼がうつむいているのは、(例えば)娘の誕生日のプレゼントを思案していたという解釈です。 彼の横顔を見つめて流した涙の中に、主人公の万感の想いがガチ詰まっています。 『駅』は、第一級の文学作品に値する歌です。 ーとても語り尽くせないですね!.

次の

竹内まりや「駅」の歌詞が平成女子には重すぎる3つの理由

竹内まりや 歌詞 意味

メモ 6thアルバム以前(つまり音楽活動休止前)の竹内まりやは、ルックスの良さも相まって、アイドル的な存在だったらしい。 そのため、楽曲に関しても、自身で作詞作曲することはなく、ほとんど提供曲を歌うのみであった。 しかし、作詞作曲したいという想いが積もり、次第に竹内まりや自作曲の割合が増えていく。 なぜ、本作から全曲作詞作曲を竹内まりやがするようになったのか。 この理由が、まさに本記事で扱う「プラスティック・ラブ」と関係しているので、紹介する。 「プラスティック・ラブ」の完成度の高さにより、アルバム制作体制が変わった!? 1981年より音楽活動を休止していた竹内まりやは、作詞家・作曲家などの裏方として活動していくことになる。 この時期に当時の人気アイドル・河合奈保子のヒット曲「けんかをやめて」「Invitation」を提供している。 そして、1982年、夫の山下達郎がアルファ・ムーン株式会社へ移籍したため、竹内まりやも移籍。 この移籍を期に、休止中だった竹内まりやの次回作(復帰作)制作が開始されたのだ。 当初の予定だと、従来どおり山下達郎プロデュースで、作家からの提供曲と竹内まりや自作曲を混ぜたアルバムにする予定だった。 そして、なんと、シングル曲を桑田佳祐に依頼する予定でもあった。 しかし 竹内まりやが休止中に書き溜めていた曲を 山下達郎に聴かせたところ、あまりの完成度の高さに驚き、急遽全曲作詞作曲・竹内まりやで構成することになったのだ。 特に、山下達郎が過去最高の出来と評したのが、まさに、「プラスティック・ラブ」。 つまり「プラスティック・ラブ」の完成度の高さは、アルバム制作体制を変えてしまうほどだったのである。 実際、「プラスティック・ラブ」は竹内まりや楽曲における配信ランキングやカラオケランキンだと、トップ10にも入らない。 代表曲というには程遠い曲だった。 そして、時が流れ、2018年、、、 突如として「プラスティック・ラブ」が海外で爆発的に流行する。 次の画像を見てほしい。 これはTHE JAPAN TIMESによる、2018年邦楽シーンの総括の一部。 この中に「プラスティック・ラブ」が触れられている。 YouTubeが「プラスティック・ラブ」を海外で流行らせた!! 「プラスティック・ラブ」が海外で流行った大きな要因は YouTube である。 とある海外ユーザーが違法にアップロードした「プラスティック・ラブ」が、なんと 再生回数2,000万以上を記録したのだ。 どのような基準で、動画がこのアルゴリズムに引っかかるのかは分かっていない。 つまり、 現代的な方法で「プラスティック・ラブ」は多くの人々の耳にとまり、その完成度の高さから、人気が爆発したのだ。 ちなみに、この動画には6thシングル「Sweetest Music」のジャケット写真が使用されている。 「プラスティック・ラブ」のジャケット写真だと勘違いしてしまう人がいるので、誤解の無いように。 ただ、個人的にはこの「Sweetest Music」の "竹内まりやの美しさ"も、ヒットした要因の一つのような気がする(笑)。 「プラスティック・ラブ」を海外で流行らせる下地をつくった"シティ・ポップブーム" とはいえ、「プラスティック・ラブ」が 拍子もなく流行ったわけではない。 実は、YouTubeで「プラスティック・ラブ」が爆発的に流行る前、海外では"あるブーム"が起こっていた。 それが、 シティ・ポップブーム だ。 1970年代後期から1980年代に流行した、都会的なイメージを前面に出したポップス 近年、海外の一部の音楽ファンの間で、70~80年代の邦楽(とりわけシティ・ポップ)が注目されているという。 きっかけは、インターネット上で広まった 「Vaporwave(ヴェイパーウェイヴ)」や「フューチャー・ファンク」と呼ばれるジャンルが流行したこと。 これらのジャンルは、簡単に説明すると、 過去の楽曲をサンプリングし加工した音楽のこと。 シティ・ポップの数多くが、 サンプリング元として、「Vaporwave(ヴェイパーウェイヴ)」や「フューチャー・ファンク」の発展に貢献してきたのだ。 海外の音楽ファンの注目は、サンプリング元として使用されていたシティ・ポップに集まっていたのだ。 そんな中で、「プラスティック・ラブ」がYouTubeに違法アップロードされる。 つまり、• 「Vaporwave(ヴェイパーウェイヴ)」や「フューチャー・ファンク」というジャンルが流行• サンプリング元になっていたシティ・ポップの人気が沸騰• 人気沸騰中に「プラスティック・ラブ」が違法アップロード• さらに、動画がYouTube上のアルゴリズムに引っかかり、多くの人々の関連動画に表示 という流れの中で、「プラスティック・ラブ」は発掘され爆発的に流行したのだ。 スポンサーリンク 最後に 34年の時を超え、スポットライトを浴びることができたのは、インターネットが普及していたからだ。 改めて、インターネットって素晴らしい、と思えた。 「プラスティック・ラブ」は前述の通り、竹内まりやの代表曲というほどではなかった。 そのため、世間的には認知度は低かった。 でも、インターネットが普及し、手軽に音楽に触れることができるようになったこの時代に、日本を飛び越え海外で人気を呼んだ。 そして、海外の人気を受けて、2019年には「プラスティック・ラブ」のMVが制作された。 逆輸入のようなかたちで、日本でも話題を呼んだ。 たとえ今は人気がでなくても、いつか評価されるときが来る。 クリエイターにとって、この「プラスティック・ラブ」現象は、とてつもなく勇気をくれる事象のはずだ。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の