ブリーチ ギャグ漫画。 【悲報】 人気漫画「ブリーチ」は鬼滅の刃のパクリだった

【新書版】 BLEACH ブリーチ

ブリーチ ギャグ漫画

このページの目次 OPEN• 1.ブリーチが打ち切りだったと言われる理由 原作者や編集部に携わる人間じゃない限り、作品が打ち切りにより終了したのかどうかが分かるハズがありません。 ネガティブな情報は外部に絶対に流さないですし、原作者本人が「 人気が無くなって打ち切りになっちゃった」と明かすことも無いでしょう。 ですから、ブリーチが打ち切りで終了したかどうか、ごく一部の人間を除いて知ることができない点を最初に理解しておくことは大切です。 こうした事情があることを前提に置くと、ではどうして打ち切りだったのではないかと言われているのでしょうか? その理由として多くの読者が挙げているのが、「最終回が予想外すぎた」というもの。 15年の連載を続けながら、最後はとんとん拍子で物事が進み、10年後の世界が描かれハッピーエンド。 ちょっとだけユーハバッハの思惑などが描かれたものの、結局彼が何をしたいのかもわからず、霊王とやらの秘密、藍染があそこまで野心に走った理由なども不明。 そうした部分を全て置き去りにし、ついでに読者も置き去りにしながら、最終回は一護と織姫の息子「かずい」や、ルキアと恋次の娘「いちか」などが出てきました。 そして「僕も死神だよ」という、「かずい」が「いちか」に対して自己紹介するコマが大きく使われ最終回が終了。 色々と置き去りにされた読者は「 ???」が頭の中に連発し、不満を爆発させるファンが続出。 なんだこの最終回!読者をナメているとしか思えない• これは逃げたと言われても仕方がない• 原作者が物語を捨てたらどうしようもないよ• 私たちのブリーチが漂白(ブリーチ)されるどころか汚されてしまった! 終わり方があまりにも不自然だったので、「打ち切りに違いない」との声が高まり、打ち切りだったと言われるようになりました。 2.ブリーチが打ち切りになっても仕方ないと思われているのは何故? 実際に最終回が訪れる前から、読者は「ブリーチは打ち切りで終了になるのでは?」と心配をしていました。 そして打ち切りに見える最終回が掲載されてからは、「こうなるのは仕方ない」と思われるようにもなったのです。 事前から読者の間で打ち切りが示唆されていた理由は、「 100人中99人は尸魂界篇が一番だった」と答えるからとのこと。 尸魂界篇は、単行本9〜14巻(71〜123話)にかけて掲載された長編で、物語の方向性を決めるとても重要なストーリーでした。 単行本の巻数などから分かるように、序盤にピークが訪れていたと読者は判断しているんですね。 スポンサーリンク この長編では死神の中にも正義と悪が混在しており、どちらにも言い分がある中で物事を進めていくという難しい心理も入っていたのです。 バトルや心理、人の絆など多くの要素が融合することによって、読者はどんどんのめり込みファンを多く獲得しました。 この頃がブリーチの中で一番輝かしい時代だったと、読者は振り返っておりそれからはダラダラと惰性で続いていたとのこと。 後半になると 何がしたいのか分からない内容になり、1ページに人物をアップで描くという手抜きとしか思えないような描写も続いていたと連載途中から批判殺到。 後半は人気に陰りが見えたのは、誰の目からも明らかだったとのことで、読者の間で打ち切りは仕方ないと思われていました。 3.ブリーチは原作者が打ち切りを望んでいた噂 読者から「打ち切られても仕方ない」と言われるのは、原作者としてとても悲しいでしょうが、実は原作者自身が打ち切りを望んでいたとの噂も広がっています。 週刊少年ジャンプは他社の少年誌よりも発行部数が多く、熾烈な競争社会が内部で勃発しており、少しでも人気が無くなれば打ち切りです。 しかし読者から支持される作品になれば、少しでも長く連載させようと 編集部が原作側に圧力をかけ続けるのだとか。 内部事情の細部まで外部には漏れていませんが、「幽遊白書」を描いた富樫先生によれば、自身が想定していた流れでは許してくれず少しでも連載期間を伸ばそうとしてきたとのこと。 富樫先生はその圧力で体調を崩し、無理やりに連載終了を提示し終わらせたという経緯を語りました。 原作者としては自分が描く漫画は宝物のようなもので、キラキラと輝く状態で終わらせたいと願うもの。 しかし同じ事の繰り返しでもいいから続けるように圧力をかけられるなら、自身が考えていたストーリーとは乖離していき、 宝物が腐っていきます。 それは読者も原作者も、そして作品も不幸にする結果になるため、原作者もモチベーションが上がらないでしょう。 ブリーチも幽遊白書やドラゴンボールなど、かつての人気作品と同じように編集部から圧力をかけられていた可能性があります。 ですから、ブリーチの原作者も打ち切りを望んでおり、ようやく実現したと安堵しているのではと噂されているのです。 4.ブリーチは打ち切りではなく原作者の願い通り終了したと言われる根拠 ブリーチが打ち切りになったのかは、冒頭でも記載した通りごく一部の人間しか知ることのできない情報です。 外部の人間が奥深いその部分まで入り込めないので、憶測でしか物事を扱えません。 それでも最終回の内容などからして、打ち切りの線が濃厚だとネットを中心に広まっていますが、実はブリーチは打ち切りではなく 原作者の願い通りだったとの声もあります。 ブリーチの原作者・久保帯人先生は「 15」という数字に深い思い入れがあるとのこと。 スポンサーリンク 主人公の名前は黒崎一護であり、この名前の由来は「何か一つのものを護りとおせるように」との願いがあります。 そして巻末の最後のコメントには「なんとか15年で描き終えることができました」と、読者に感謝を述べているんですね。 主人公が一護(15)なので、15という数字には特別な想いがあり、15年でどうにか終わらせたいとの願いが見て取れるでしょう。 そのため、ブリーチは久保帯人先生の願い通りに終了したと言われています。 5.ブリーチの打ち切りに込められた作者の想いとは? ブリーチの原作者・久保帯人先生は連載10年目に突入した辺りで体調を崩し、漫画を描こうという気持ちが湧き起こらなかったそう。 人気連載の作品ですので、周囲からの期待など多大なプレッシャーを感じていたに違いありません。 体調を崩して気持ちがくじけていた時、 ある一通のファンレターが先生の心を刺激することになりました。 そのファンレターを差し出した人物は難病を患っており、余命はもう残りわずかという状態でしたがブリーチを読むのが楽しみだったとのこと。 そしてブリーチがあるから毎日がつらい中でも生き続けられると綴られており、久保先生はその子が元気になれるならばと漫画を描く気力を奮い起こします。 しかし、この手紙は難病を患う子が亡くなってから送られるよう手配されていたもので、久保先生が読んだ時点でその子はすでに他界。 手紙の実物写真を添えて、「どんな些細な情報でも構わないから、何か知っている人がいたら教えてほしい」とSNSに久保先生が投稿。 この手紙にどれだけ勇気を貰い、何とか最終回までこぎつけることができたかを教えたいと願っているんですね。 そして、手紙で勇気を貰ったことを、打ち切りの最終回にとあるメッセージとして載せています。 ブリーチの最終回では「 勇気」が、物語のテーマになっていると明らかにされ、それは手紙で勇気を貰った久保先生の想いが反映されているのではと言われています。 まとめ ここでは、 本当にブリーチは打ち切りだったのかや、原作者が抱いていた密かな想いなどについて紹介していきました。 ブリーチが打ち切りだったと言われるには、それなりの理由があり読み続けてきたファンの多くが、その点に理解を示しています。 ですが打ち切りだったのかどうかについては、原作者や編集部の一部しか分からない情報なので、憶測の域を出ないため事実にはたどり着くことはありません。 それでも久保先生が原作に込めた想いなどを見るならば、こういった終わり方を久保先生自身が望んでいたとも受け取れるでしょう。 事実がどうであれ、人気作品であることに変わりはないので、今後の展開に期待したいですね。

次の

【新書版】 BLEACH ブリーチ

ブリーチ ギャグ漫画

BLEACH とは 目の前に死神が現れたら、それはあなたにも死が近い証拠です。 などと言われますが、 BLEACHに出てくる死神は少し違い、迷える霊を正しくあの世の導き、現世にとどまる悪霊を退治するものとして描かれます。 このように BLEACHは既存の概念を覆した異色のダークファンタジーでありながら、その高いデザイン力とキャラクター設定などから連載が終了した現在でも高い人気を誇っています。 BLEACH は久保帯人作のダークファンタジーです。 掲載雑誌は週刊少年ジャンプで、掲載期間は 2001年から 2016年。 単行本の巻数は 74巻にも及び日本以外でも主に欧米諸国をはじめとして多くのファンを抱えています。 アニメや映画化、さらには舞台化などもされており、こちらも原作のファンのみならず、それら独自のファンもいるほど完成度が高いです。 今回はそのような根強いファンを獲得するに至った所以を、原作を振り返りつつ見ていこうと思います。 現世にとどまる悪霊 虚 :ホロウ に家族を襲われた一護は激昂し虚に立ち向かいますが、ただの高校生がかなうわけもなくやられそうになります。 一護をかばって負傷したルキアは禁じ手と分かっていながら人間である一護に死神の力を分け与えます。 一護は、死神の力に目覚めた代わりに力を失ってしまったルキアの死神代行として、自らが住む町の治安を守っていき、数々の困難や葛藤に立ち向かっていきます。 これが大まかな BLEACHのストーリーの始まりです。 ここから、人間に力を渡してしまった罪で処刑されてしまうルキアを、死神が住む世界ソウル・ソサエティから助けだしに行く「尸魂界 ソウル・ソサエティ 編」。 死神の力を得た虚との抗争を描く「破面 アランカル 編」など戦いの規模も話の盛り上がりもどんどん加速していきます。 特にこの二つの話は人気が高く、いまだにゲームや舞台で話の主軸になるほどです。 これほどまでに、自信の世界観を作りこんでマンガという表現に落とし込める作者はなかなかいないです。 そんな作者が描く BLEACHには主に三つの世界が存在します。 人間たちが住む現世、死神たちが住む尸魂界、虚たちが住む虚圏 ウェコムンド の三つです。 この三つの世界を舞台に、さらわれた仲間を助けに行くため、現世に住む家族や友達を守るため、一護が戦うのが物語の根幹です。 時に挫折し時に、だが仲間を守るために立ち上がる。 異色ではありつつもジャンプマンガの構成要素の友情・努力・勝利をしっかり踏襲していて、つい紙面に引き込まれてしまうそんな魅力に満ちています。 作者の久保先生はもともとキャラクターの書き分けや、線の弾き方、トーンの使い方などマンガの表現面で高い実力を持つ先生です。 それが BLEACHという作品に落とし込まれ、ジャンプ屈指のデザイン性とキャラクター人気を誇るマンガを作り上げました。 普通、マンガ家が描き分けられるキャラクター数やそれに付随する設定などはそれほど多くありません。 ですが、久保先生は主人公サイドのサブキャラや敵サイドの脇役に至るまで丹念にキャラクターを作りこみます。 このおかげで、登場人物それぞれに人間味が出て、物語を駆動するエンジンになっています。 「あこがれは理解から最も遠い感情だよ」「あまり強い言葉を使うなよ。 弱く見えるぞ」これらはどちらも全キャラクターの中でも屈指の人気を持っている藍染惣右介の台詞です。 また、グリムジョー・ジャガージャック、アーロニーロ・アルルエリ、バンビエッタ・バスターバインなど、これらは全部キャラ名です。 ふつうこんな言葉出てこないだろっていうキャラ名もあり、それらもあり登場人物が多いにもかかわらず、キャラクターの印象もより強く読者に残ります。 また、作者自身が作った詩が、作中や単行本などに掲載されていることもあり、それらも深い哀愁があり、 BLEACHの世界観をより引き立ててくれます。 まとめ 以上がジャンプの異色ファンタジー BLEACHの見どころです。 とにかくこのマンガは作者の書きたいものを色濃く落とし込むことに成功した作品です。 マンガ自体の表現の挑戦にも挑み、他の作者がやらないような実験的な試みもたくさんしており、子供から大人、漫画をあまり読んでこなかった人や、逆にずっと読んできた人まですべてにお勧めです。 ぜひ一度手に取ってみて、このスタイリッシュな作品を堪能してみてください。

次の

BLEACH OFFICIAL BOOTLEG カラブリ+

ブリーチ ギャグ漫画

731 ID:6NPgZJaqa. 420 ID:4Efe3rJk0. 773 ID:lxCpFFFU0. 378 ID:3GUuVab5p. 356 ID:jljWeE7G0. 704 ID:4Efe3rJk0. 535 ID:P51Yy3g4a. 133 ID:VZBcLU1Ka. 815 ID:3GUuVab5p. 852 ID:olBnE2Nq0. 335 ID:NNa5xRQU0. 675 ID:yeOBj6c30. 535 ID:E4IPXnGZa. 629 ID:yeOBj6c30. 329 ID:SS9FPTCY0. 248 ID:wNkIdgW2K. 808 ID:qAOUlXF80. 451 ID:qAOUlXF80. 503 ID:jecS7IP6d. 060 ID:jljWeE7G0. 018 ID:xrQEIs750. net 少し老ける.

次の