ガッシュ ベル 最後。 「金色のガッシュ」の最終回あらすじをひとまとめ(ネタバレ)、人気漫画の最後・結末はこうなった!

金色のガッシュベル!!強さランキングTOP20!漫画&アニメから最強魔物を決定!【金色のガッシュ!!】

ガッシュ ベル 最後

最強パートナーランキング!TOP10! 最強パートナーを決める上で重視するのはパートナーの「戦闘能力」、「心の力」、「特殊能力」の3つで決めています。 10位 アリシエ 魔物リーヤのパートナー。 貧しい砂漠の村出身であり人のために戦うときは何者をも恐れない戦士となる。 ザルチムは仲間として勧誘するときにリーヤアリシエと戦ったがアリシエの気迫によりビビッてしまい一度敗北している。 戦闘能力が高くリーヤと共にザルチムを追い詰めるもザルチムの最大呪文により本が燃えてしまった。 9位 大海恵 ティオのパートナーで現役アイドル。 戦闘能力は女子なので低いが数々の戦いを経て強くなる。 心の力が非常に強くクリアノート編ではガッシュをクリアのところまで届けるために最大級の盾の呪文「チャージルセシルドン」を連発する。 「シン・クリア・セウノウス」の超遠距離攻撃をしのいだが砲弾ごと飛んできた爆撃をガードするもその時に本が燃えてしまった。 8位 サンビーム ウマゴンのパートナーで社会人のサンビームさん。 言葉の通じないウマゴンとの連携はばっちりであり決め技の「グルービー」は有名。 ミステリアスな人物であり初めての魔物の戦いでは身を挺してウマゴンを守るなど戦闘能力も高い。 最後はウマゴンの体の状態を本から読み取ってこのままでは死んでしまうと恵に燃やしてもらった。 7位 玄宗 千年前の魔物ツァオロンのパートナー。 舞踏家であり自分の強さを求めており魔物の戦いに積極的であったためゾフィスに操られていなかった人間。 ただのパンチでティオの「セウシル」にヒビを入れるほどの威力であり戦闘能力だけで見れば人間最強。 ただ戦闘能力は高いが自分の強さしか考えていないのでパートナーとしては微妙かもしれない。 6位 グスタフ バリーのパートナー。 力はあるがチンピラであったバリーを精神的に成長させるようにしていたバリーの師匠的なキャラ。 戦闘には全く関与しないが「心の力」が非常に強くファウード編のキースとの戦いではたくさんの呪文を唱えており、また一つ一つの威力も高くファウードの力を得たキースを圧倒していた。 5位 リーン・ヴィズ 竜族の神童アシュロンのパートナー。 アシュロンと共にクリアとこれまで戦ってきたためかブラゴやガッシュが太刀打ちできないクリアといい勝負をさせるほどのパートナー。 アンサートーカーのないガッシュ清麿ペアも追い詰めている。 心の力もすさまじくクリア戦にて「シン・フェイウルク」を3回も発動するという猛者。 4位 ヴィノー クリアのパートナー。 まだ赤ん坊であり戦闘能力は低いがクリアに心の力について教え込まれたのか心の力がすべてのパートナーの中で一番高い。 心の力が空になっても時間があればデュフォーのように回復させることが可能で「シン・クリア・セウノウス」を最終決戦や最終決戦前に何度も発動している。 3位 シェリー ブラゴのパートナー。 ブラゴに親友ココを救われてからブラゴを王様にするという強い目標で戦ってきた。 またブラゴの足手まといにならないように鍛えてきたため戦闘能力も非常に高い。 千年前の魔物との戦いでは魔物相手にフレイルを使って圧倒している。 心の力もすさまじくクリアとの最終決戦や最後のガッシュとの戦いではアンサートーカーの能力を使われながらも善戦するというかなりの猛者だった。 ブラゴのシェリーに対する最後のセリフなどはかなり感動。 2位 高嶺清磨 ガッシュのパートナーで主人公。 中学生でありながら天才的な頭脳と数々の戦いで強くなった身体能力が特徴。 さらに1度死の淵からよみがえったことでアンサートーカーという戦いにおいて非常に有利な能力を手に入れる。 この能力でブラゴとの戦いに勝利しています。 心の力もアンサートーカーの能力が安定してからは強い呪文を連発できるようになった。 1位 デュフォー ゼオンのパートナー。 生まれついてのアンサートーカーの能力者であり清麿よりも高いレベルでアンサートーカーの能力を使いこなしている。 ガッシュとの戦いではこれまでの世界を恨むデュフォーの気持ちをガッシュが理解しバオウが食べてしまったので敗北。 最大呪文の撃ち合いでは敗北したがそれまでの戦いでは清麿に勝っている。 アンサートーカーの能力か世界を恨む心の強さなのかはわからないが強い本の輝きをすぐさま発揮するなど魔本についての理解も高い。 スポンサーリンク 番外編 鉄のフォルゴレ イタリアの英雄でキャンチョメのパートナー。 「鉄のフォルゴレ」という名前の通り無敵の人間。 どんな攻撃を受けても立ち上がりキャンチョメがピンチの時は身を挺して守るシーンも多い。 昔は不良だったらしく力をつけたキャンチョメを諭すために体を張る非常にかっこいいキャラクターなのである。 アポロ ロップスのパートナー。 一流企業の御曹司であるがロップスと出会い一緒に旅をしていた若者でロップスの力に強い興味を示すことなく魔物の戦いにも興味がなかった。 初期のアンサートーカー的な能力の持ち主であり相手の攻撃がどこから飛んでどこに着弾するのかなどを予知することができる。 相手を見ていなくとも予知できるらしく家にいたときに千年前の魔物の攻撃を感じ取りティオたちに避けるように指示していた。 パートナー的には相当強い位置であったがデュフォーに敗北。

次の

金色のガッシュベル・最強ランキング(最新)

ガッシュ ベル 最後

【金色のガッシュベル】最強キャラ魔物ランキング!ベスト15! ガッシュベルは完結しているので最終話までの最強キャラランキングとなっています。 15位 テッド 好きなもの 卵焼き リーゼントの少年でパートナーのジードと世界を旅していた魔物の子供。 魔界でお世話になっていたチェリッシュを探すために旅をしていた。 ガッシュとは公園で出会い力自慢の戦いの後に意気投合しその後ガッシュに協力するようになる。 遠距離攻撃はなく段階的に肉体強化をしていく戦闘スタイル トップギアである「フィフス・ナグル」はスピードとパワーともにけた違いのものになるがあまりのパンチの強さにテッドの体もダメージを受けるほど。 最後はファウードの力を得てパワーアップした魔物ギャロンと戦い勝利するがチェリッシュをゼオンの雷から救うために防御行動をとらなかったため本が燃えてしまい消える。 アースや他の魔物を圧倒するなどファウード編ではかなり実力を持っていた。 人気キャラであったためかアニメ版では心臓の魔物やバリーと戦うなど活躍のシーンが原作よりも多い。 クリア編ではガッシュを助けるために金色の本から現れ「シン・ドラグナー・ナグル」を発動。 フィフス・ナグルよりもちろん強力であり防御面も大幅強化されているためか殴っても自分にダメージを受けない。 14位 ロデュウ ファウードの力 ファウードの力を横取りするためにリオウに協力していた魔物。 冷酷であるがプライドが高いためか卑怯な手は使わない。 覚醒したガッシュと清磨と戦うが敗北。 ファウードの力ですぐさま回復&パワーアップしたがチータの言葉でゼオンに従っている事に気づきゼオンに反旗を翻す。 最後はゼオンに攻撃したことで激痛が走るが自分のプライドが上回りゼオンに攻撃を続ける。 ファウードの細胞により死ぬことが決定していたがパピプリオがチータの本を燃やすことで死ぬ前に魔界に帰れるとゼオンに「ディオガ・ラギュウル」を打ち放し笑顔で消えていった。 13位 デモルト 千年前の魔物。 月の石を守る番人として登場しガッシュたちの前に立ちふさがる。 ブラゴ曰く力だけみるとゾフィスよりも上。 最強呪文は禁術の「ギルガドム・バルスルク」。 強力な肉体強化の術であるが副作用として凶暴な性格になり言語も話すようになる。 最後はガッシュのザクルゼム3発から「バオウ・ザケルガ」で敗北してしまった。 12位 レイン ガッシュの魔物時代の親友。 体が大きく強力な呪文を覚えていたがパートナーである気弱なカイルに気を使い自分から魔物の戦いを降りるためにガッシュに本を燃やそうとしてもらっていた。 これまで魔物が来ていたが呪文なしで戦っていたという猛者。 ロデュウとの戦いでガッシュの心の強さを見たカイルが奮起し勝利。 これで心おきなく魔界に帰れるとガッシュたちに本を燃やしてもらって魔界に帰っていった。 最強呪文は「ガルバドス・アポロディオ」。 ロデュウの「ディオガ・ラギュウル」を大きく上回るほどの力を持つ。 クリア編ではガッシュの金色の本に現れ「シン・ガルバドス・アポロディオ」で完全体クリアを迎撃した。 11位 ティオ 好きな食べ物 魚、シーチキン、ケーキ 握力 80~120kg ヒロインの魔物の子。 美少女な魔物の子であるが魔界ではいじめっ子だったらしくキャンチョメやガッシュをいじめていたらしく「首絞めティオ」と恐れられている。 クリアノート編ではクリアを阻止するためにデュフォーの修行をこなし「守る力」をさらにパワーアップさせた。 最大呪文は「チャージル・セシルドン」か「リマ・チャージル・セシルドン」。 最後はクリアノートの「シン・クリア・セウノウス・ザレフェドーラ」による特大の一撃を「チャージル・セシルドン」で防ぐことに成功したが本が燃えてしまう。 ガッシュが勝利することを信じて「また明日」と言って消えていった。 ガッシュの最終決戦にてガッシュを助けるために金色の本に現れる。 「シン・サイフォジオ」により清磨とガッシュを完全回復させた。 10位 リオウ ファウードを復活させようとたくらんでいた魔物。 呪文の他に自分の能力で他人に死の呪いをかけることができるらしくそれでウォンレイ、リィエンやリーヤ、アリシエペアを無理やりファウード復活まで従わせていた。 パワーアップ前のガッシュたちに勝利、相殺したとは言えザクルゼムによりパワーアップしていたバオウザケルガに直撃して立ち上がるほどのタフさを持っていた。 最後はゼオンデュフォーペアにファウードを横取りされる形で敗北し魔界に帰る。 ゼオンがあまりに強すぎるのもあるがリオウはかなり呪文を覚えていたため結構強い方であった。 9位 バリー 好きな食べ物 魚、ステーキ、赤ワイン、木炭 趣味 角磨き、強いやつと戦うこと 物語初期から登場していたキャラ。 初期は腕っぷしの強いただの不良であったがガッシュと戦ったことでガッシュの意思に飲まれてしまい決着がつかなかった。 パートナーのグスタフはそんなバリーを精神的に成長させる師匠のような存在でありガッシュや竜族のエルザトルと戦わせることでバリーの腕だけでなく心をも強くすることに成功した。 ギガノ級の術を受けてもぴんぴんしているファウードの体内魔物を素手で悶絶させたりファウードの力を得たバリーを一方的に倒したり、おそらくアシュロンと同じくらいの力を持っていたであろうエルザトルを倒すなどしている猛者。 最後はガッシュを生かすために自分が犠牲となり死ぬ前に本を燃やす形で魔界に帰る。 グスタフに「王おも殴れる男になった」と最後は称えられ、王になるという心残りがすっかりなくなって別れにより泣きながらも満足して魔界に帰っていった。 8位 ゴーム クリアノートの仲間でワープの能力を持つ魔物。 「ゴー」としか喋ることができないため体がでかく戦闘能力は高いがウマゴンと同じく6歳以下の魔物だと思われる 6歳辺りから魔物は喋れるようになる。 クリアノートからは元々ゴームが家族も友達もいない独りだったため仲間にしている。 アースに勝利するほどの実力を持つが「シン・ポルク」を覚えたキャンチョメの前に敗北。 その後キャンチョメと友達になる。 キャンチョメも生き返らせてもらおうとクリアに頼んだが断られたためクリアに挑むも敗北。 半身を削り取られていたが死ぬ前にガッシュに本を燃やしてもらったことで魔界に帰った。 最大呪文は「ディオボロス・ザ・ランダミート」。 アースの最強呪文ヴァルセレ・オズ・マール・ソルドンを打ち破っている。 スポンサーリンク 7位 ウマゴン 好きなもの 干し草、焼き芋、魚 嫌いなもの ニンジン 魔界にいたときからガッシュの親友。 千年前の魔物編のころは戦うことを恐れていたがガッシュたちを救いたいという気持ちが上回り戦うことを決意。 なのでその頃から清磨のことは嫌いじゃなくなっている。 クリア編ではデュフォーの修行によりアフリカで生の執念が芽生え最強呪文「シン・シュドルク」を覚える。 クリアの「シン・クリア・セウノウス バードレルゴ」を打ち破りクリアの決戦の舞台までガッシュたちを送り届けるも体力の限界とこのままでは死んでしまうと本を通じて悟ったサンビームさんは恵に本を燃やしてもらう形で魔界に帰った。 ガッシュとクリアの最終決戦では宇宙に行くために「シン・シュドルク」を使った。 6位 ゼオン 好きな食べ物 ホットドック、かつおぶし、魚 趣味 一人遊び 高い場所から下を眺める ガッシュの双子の兄で王族のエリート。 苦労もせずバオウの力を得て魔界の王を決める戦いに参加できたガッシュをかなり恨んでいた。 戦闘能力が非常に高く呪文の力もガッシュと同じ呪文を使うが2段階くらい上の威力を持っていた。 ガッシュたちが捨て身でダメージを負わせたリオウを「ザケル」と中級呪文の「テオザケル」のみで倒し禁術には素手での戦闘を行うなどの相当なパワーを持つ。 ガッシュ側の事情やファウードを得たことで不事情が重なるなどで自分のやり方を確かめるためにガッシュとの最終決戦を待つなど多少心変わりした。 ガッシュとの戦いの後は和解しガッシュにファウードを倒す力を与えて魔界に帰る。 またデュフォーの身を案じており「生きろ」と残して去っていった。 最強呪文は「ジガディラス・ウルザケルガ」。 クリア編のデュフォーの話ではゼオンのトレーニングもおそらくデュフォーが指導していた。 クリアとガッシュの最終決戦では魔界の魔物の子たちの力をすべてガッシュ与えることで「シン・ベルワン・バオウ・ザケルガ」の力となった。 魔界に帰った後はガッシュと仲良くなっておりガッシュをいじめようとしたりする子がいた場合は懲らしめるなどしているらしい「 ガッシュに 変なことしたらゼオンに殺される」とガッシュと同じ班になった魔物の子が叫んでいる。 5位 アシュロン 好きな食べ物 ビール 竜族の神童アシュロン。 クリアを止めるために修行をつんでいた魔物の子で共闘するかを見極めるためにガッシュたちの前に現れる。 ガッシュやブラゴでも相手にならなかったクリアに善戦するなどかなりの強さを見せておりブラゴ、ガッシュとの共闘であと一歩のところまでクリアを追い込んでいる。 しかしゴームが現れ逃げられてしまいクリアを討てなかった無念のまま魔界に帰った。 クリアとの最終決戦では金色の本を通してガッシュの前に現れ「シン・ドラゴノス・ブロア」により完全体クリアを迎撃。 4位 ブラゴ 好きな食べ物 シャチ、獣肉 趣味 強い者と戦うこと、ハイキング 王族の魔物の子であるらしく多くの魔物から恐れられている優勝候補。 千年前の魔物との戦いでは一人で何十体という魔物を撃破しゾフィスも撃破。 ファウード編では援護のみ登場。 クリア編にてガッシュたちと一緒にデュフォーの修行を受けた。 クリアとの戦いでガッシュと共闘し追い詰めるも完全体クリアとなってしまったためにその後は何もできなかった。 クリア撃破後は清磨の卒業式のために3か月待つ。 そしてガッシュとの最終決戦では「シン・バベルガ・グラビドン」と「バオウ・ザケルガ」の激突により敗北。 パートナーがシェリーでなければこの戦いはここまで勝ち残れなかったと最後に感謝を述べて魔界に帰った。 3位 キャンチョメ 好きなもの アメ、魚、チョコレート 趣味 歌、ダンス、手でこぐスケボー、間食 金色のガッシュベルのマスコット兼ネタキャラのキャンチョメ。 物語初期から登場していたがクリア編にて覚醒しとんでもない呪文を習得した。 練習試合にてガッシュに勝利、アースを倒したゴームとの戦いでは一方的にボコすなど強くなる。 しかし強すぎた力を得たために優しい心を一時的に失うがフォルゴレの過去の過ちにより説得され戻る。 その後「シン・クリア・セウノウス」の超遠距離攻撃により本を燃やされて魔界に帰る。 最後はフォルゴレと別れを惜しみお互い号泣しながら消えていった。 最強呪文は「シン・ポルク」。 チート呪文であり唯一の弱点はライク先生の話によるとアンサートーカーの能力で幻影の中本物のキャンチョメの位置を割り出して石を投げるなどの物理攻撃を仕掛けなければ幻影を突破することができない。 完全体クリアもシン・ポルクで地球の位置をだまされていたため接近戦に持ち込まれるとキャンチョメに勝つのはかなり厳しいのである。 2位 完全体クリア・ノート 「シン・クリア・セウノウス」がクリア本人を取り込んだ姿。 心の力で動く悪魔であるがヴィーノは無尽蔵の心の力を放出するように調整されており実質永続のパワーアップ。 地球ごと消すという発言をしていたため相当なパワーを出すことが可能らしい。 ガッシュとブラゴを追い詰めるも金色の本へと覚醒したガッシュの前に敗北。 アンサートーカーの能力で倒す答えが見つからないと出ていたが弱点は頭の上にあるクリアの抜け殻をうまく分解していくと弱点が露出する。 1位 ガッシュ 好きなもの ブリ 主人公。 通常ガッシュの本は赤い色をしているが金色に輝く本をクリアとの戦いで使用した。 金色に輝く本は魔物の本の本来持つ力であるらしくガッシュ以外でも使用はできるようだ。 本が金色に輝くとガッシュを助けたいと思う魔物の子の呪文と最強呪文である「シン」が使える。 これにより完全体クリアを撃破した。 ラストはブラゴとの一騎打ちになりガッシュ本来の力でブラゴに勝利する形で魔界の王となった。 最強呪文は「バオウ・ザケルガ」と他の魔物のシンの呪文と合体した「シン・ベルワン・バオウ・ザケルガ」。

次の

金色のガッシュ!!呪文強さランキングTOP20!最強呪文はこれだ!【金色のガッシュ!!】

ガッシュ ベル 最後

ガッシュの本を燃やそうとバリーが清麿へ攻撃をする際に盾となるガッシュのセリフ。 向かうところ敵なし状態のバリーは、「王になるには倒し続ければいい」と答えるが、グスタフは「それだけでは王になれん」と答える。 バリーは自分に何が足りないのかが分からず、ただただ強者を追い求め続けていた。 次の標的はガッシュと清麿。 彼らを標的にしたのはグスタフの提案だった。 グスタフはガッシュたちと戦うことで、バリーがチカラ以外に大切な何かに気付けると思っていたのだ。 ガッシュ達へ正々堂々と戦いを挑むバリー。 圧倒的チカラでガッシュと清麿を追い詰めていくが、それでも彼は満たされない。 最後、清麿の持つ本に向けて攻撃を仕掛けるバリーだが、 打ちのめされボロボロのガッシュが立ちはだかる。 両手を広げるガッシュにバリーは手が動かなくなる。 グスタフは戦いを止めさせ、ガッシュに「お前はどのような王を目指しておる?」と問いかけた。 キッドがナゾナゾ博士に最後の別れを告げる・・・。 キッドとナゾナゾ博士・キャンチョメとフォルゴレの前に現れた千年前の魔物はベルギム・E・O。 ファラオを思い立たせるベルギムだが巨体故にその攻撃力も桁違いだった。 あまりの猛攻にキャンチョメとフォルゴレでは全く手出しが出来ず、頼みのナゾナゾ博士も足をベルギムの攻撃で負傷してしまう。 動けなくなった博士へ無常にもベルギムのギガノ級の呪文が襲う。 その瞬間、博士の目の前にキッドが・・・! ナゾナゾ博士が目を覚ますと、手に持っていた本が少しずつ燃えていた。 キッドはその小さな体1つで巨体のベルギムに闘いを挑んでいた。 動けない博士に、消えゆくキッドの幻が語り掛ける・・・ パティは恐怖から逃れゾフィスと千年前の魔物に歯向かう。 惜しくも敗れたが魔界では友達が待っている。 ビョンコとパティはゾフィスに弱みを握られ協力させられていたが、ガッシュたち一行を見ているうちに彼らの仲間になりたいと思うようになった。 恐怖を払いのけて、ついにゾフィスに反旗を翻したビョンコとパティ。 強力な千年前の魔物にも引けを取らず戦いを続けるが、敵の決死の攻撃によって魔物の本に火がついてしまう。 ビョンコの本はよりはやく燃えてしまうものの、ビョンコは消える前にパティに「魔界で一緒にみんなで遊ぼう」と声を掛けた。 パティは消えつつある体で千年前の魔物に最後の一撃をお見舞いした。 そして魔界に帰るときには恐れではなく、【帰っても友達がいる】ことに涙したのだった。

次の