特技 が ない。 履歴書に書く趣味・特技がないはウソ!人事が喜ぶ簡単な特技と例文テンプレート│ジョブシフト

面白い特技一覧13選!履歴書や就活に役立つ例や特技ない人の見つけ方は?

特技 が ない

自分の「特技」をエントリーシート(ES)や面接でもっと魅力的に伝えたいです! いきなり、面接で「特技」について聞かれたら困りますよね。 そこで今回は「就活の教科書」編集部のトッティが、「特技」の無い就活生へ、就職活動に使える特技一覧を紹介します。 また エントリーシート(ES)や履歴書の「特技」の書き方、 面接で「特技」について聞かれた場合の答え方も例文つきで解説します。 この記事を読めば、「就活で特技って何を話せばいいかわからない…」ということはなくなります。 「特技」を魅力的に伝えたいと思っている方は、ぜひ読んでみてください。 「特技」と似た項目、 「趣味」についてはこちらの記事で解説しています。 学生時代に励んだ部活動やクラブ活動、習い事、私生活などで継続して頑張ってきたことを書けば良いです。 「就活の教科書」編集部 トッティ このように、エントリーシートや履歴書の特技に「何を書けばいいのか分からない」という就活生は多いと思います。 語源でいうと 「特技」とは「技能が長けていること」です。 しかし、「周りと比べてそんなに技術が長けていない・・・」ということでも大丈夫です。 自分が頑張ってきたこと、 多少はできることなら「特技」として書いても問題ないです。 ただし、その特技に対して「どんな努力をしてきたのか」「今後どのように活かせるのか」という質問は、面接でかなりの確率で聞かれるので、話せるよう準備しておきましょう。 歌うこと• 早起き• 裁縫 エントリーシートや履歴書の「特技」の書き方 ここからは、実際にエントリーシートや履歴書で「特技」を書く際の書き方について解説します。 就活生の多くは、エントリーシートや履歴書の「特技」の欄に単語だけを書いたり、「特技」について長々と説明したりする人がいます。 しかし、それではあなたの良さや強みが十分に伝わっていない可能性があり、意味がありません。 少し工夫するだけで、面接官の印象に残る「特技」になるので、参考にしてみてください。 「特技」を書く際のポイント3つ エントリーシートや履歴書に「特技」を書く際に気をつけておくべきポイントは3つあります。 例) 「野球」 小学生から高校まで続けた。 高校時代にはキャプテンとしてチームをまとめ甲子園出場を果たした。 次に、要点をまとめてシンプルに書くことによって、面接官の印象に残りやすいです。 面接官は、たくさんの応募書類に目を通していますので、長々と書くより、端的に見やすい方が良いでしょう。 最後に、特技は企業や職種にあった書き方にしましょう。 企業や職種によってアピールポイントも異なるため、リーダーシップを伝えたければ、「キャップテンを務めた」ことを伝えるなど、企業や職種に応じた書き方を意識してみてください。 以下ではエントリーシートや履歴書に使える「特技」の例文を紹介しているので、参考にしてみてください。 エントリーシートや履歴書に使える「特技」の例文 それでは、特技の見つけ方を一つずつ解説していきますね。 自分の秀でている部分は自分では気づきにくく、特技がないと思ってしまう人もいるかもしれません。 しかし、あなたが普段の生活の中で、自分では全く意識していないだけで、自分だけにしか無い「得意なこと」が隠れている可能性があります。 あなたのことをよく知っている周りの人は、あなたの得意なことを知っているはずです。 「私の得意なことって何かな?」と家族や友達に聞いてみましょう。 「早起き」「無遅刻無欠席」や「物事を教えること」「知らない人とすぐに仲良くなる」など、意外なあなたの「特技」が見つかるかもしれません。 あなたが何か夢中になったことはありませんか? 学生時代に励んだ部活動、クラブ活動、習い事でも構いません。 一生懸命に取り組んだことであれば、十分あなたの「特技」として使えます。 学生時代にアルバイトをしている人は多いのではないでしょうか。 アルバイトで身につけた経験や技術なども「特技」とすることができます。 例えばコンビニのバイトなどでの発注作業においては、「商品管理能力」が特技と言えるかもしれません。 例)「データ入力」のバイトで培ったタイピングが得意です。 2年間データ入力のアルバイトをしていたので、エクセルやショートカットキーを使いこなすことができます。 どうしても特技がない場合、 「趣味」を「特技」としてもOKです。 実際に就活を経験した者として、正直なところ「趣味」と「特技」の違いはそんなに変わりません。 自分が好きなことや興味のあることが「趣味」なので、多少はできるという面で「特技」として扱うことができます。 もし「私は趣味もないよ…」という方はこちらの記事を参考にしてください。 「今からじゃ間に合わないのでは…」という方に言っておきます。 何かを始めるのに遅いなんてありません。 今からでも自分のやってみたいこと、好きなことにどんどん取り組んでみましょう。 選考が進んでいく中で、それがあなたの「特技」として言えるようになります。 書かない方がいい「特技」 最後に、エントリーシートに書かないほうがいい「特技」と、その理由について説明していきます。 ここまで、「特技」の書き方や面接で使える例文をお伝えしましたが、「特技であればなんでも良い」というわけではありません。 「特技」の中には、面接官の印象を悪くしてしまう、 書かないほうがいい「特技」があります。 ギャンプル• 嘘の特技• ギャンブル自体が悪いことではないですが、賭け事はマイナスイメージを与える可能性があります。 ただし会社として麻雀を推奨している企業もあるので、ギャンブルを「特技」とする場合は、企業や業界によって臨機応変に判断してください。 自分を大きく見せようと嘘を書いたとしても、浅い知識は面接官にすぐにバレます。 嘘がバレた時に面接官からの印象が悪くなってしまうので、嘘を書くことは絶対にやめましょう。 空欄や「特になし」でエントリーシートや履歴書を提出してしまうと、せっかくの自分をアピールできる機会を失っていることになります。 また、エントリーシートに空白の欄があることで、 面接官から志望度が低いと思われるかもしれません。 エントリーシートは限られた文字数の中で自分をアピールする場です。 そのため、「特技」の欄は必ず埋めるようにしましょう。 「特技」以外の、面接でよくある項目の書き方や例文 「特技」とは?• 技能が長けていること• 頑張っていること• 多少はできること 「特技」の役割• 「タイトル」と「解説」の構成。 要点をまとめてシンプルに書く。 企業や職種にあった書き方をする。 「特技」の面接での答え方• 「私の特技は〇〇です」と結論から述べること。 「特技」はどのようにして身につけられたのか?(努力や取り組みなどのエピソード)• 「特技」を通して学んだことや今後に活かせること。 「特技」がない場合の対処法• ギャンプル• 嘘の特技• 空欄や「特になし」 「特技」には自分の魅力を伝える要素がいくつもあります。 しっかりと自分の「特技」を考え、今後の就職活動を有利に進めてください。

次の

ESや履歴書に書く趣味・特技が無い…どうしたらいいのか?

特技 が ない

しかし、この記事にたどり着いた迷える就活生に朗報です。 この質問、 実は結構答えが簡単な質問です。 「就活では自分のことをアピールしなくちゃいけないから、すごい特技を話さきゃ!」と思いがちですが、そんなことはないんです。 なぜなら、 面接官は「何が特技か」ではなく、「特技をどのように伝えるか」を見ているのです。 そのため、特技の内容にはあまりこだわる必要も、すごいものを用意する必要はありせん。 しかし、だからといって「特技はない」と答えるわけにはいきません。 特技を用意した前提で伝え方を意識します。 「特技がない」「どう回答すればいいかわからない」「好印象を与えたい」それぞれの悩み、全て解決するために、アピール方法と特技の見つけ方をまとめました。 これを読めば、特技も見つかるし、回答の仕方もわかります!ぜひ最後までご覧ください。 今までどんなことをしてきたか• 自分のことをしっかりわかっているか• どんな経験を今まで積んできたか• プライベートな時間は何をやっているか• どんなことを興味があるのか これらから学生がどんな人物なのかを見極め、企業に合っている人材か、企業でどう活躍するかなどを見極めます。 たとえば、 「サッカーが得意」といえば、学生時代は部活に力を入れていた、体力がある、などを知ることができます。 そしてもし、体力を必要とする仕事の場合、体力があることをアピールできればプラス評価となるでしょう。 しかし、この 特技はあくまで学生の人柄を見極めることが目的です。 そのため、特技の種類や大きさなどにこだわる必要はなく、「どう伝えるか」を意識しましょう。 「相手にちゃんと得意分野がわかりやすく伝えられているか」などをチェックすることで、学生のプレゼン能力を見極めます。 社会人になるにあたってプレゼン能力は必須です。 お客様にプレゼンするだけでなく、会社内の人に提案、話し合い、また先輩や同期と話す際にもこのプレゼン能力は欠かせません。 そのため、 どの企業も学生にはある程度のプレゼン能力やコミュニケーション能力を求めるのです。 先ほども述べましたが、この質問は何が特技かよりも、得意なことをどう伝えるかの方が重要なのです。 では、具体的にどのように回答すれば、面接官の心を掴めるのでしょう。 今回は、特技がない人のために、特技の見つけ方から、面接官の心を掴む回答方法をまとめました。 特技がない人必見!特技の見つけ方 まずは特技がない人のために、特技の探し方から解説いたします。 特技を探すときは下記のことをやってみてください。 仲のいい友人に聞く• 今までの自分を振り返る• 視点を変える• 趣味や好きなことを考える まず、自分で特技がわからない場合は「友人」に聞いてみましょう。 仲のいい友達なら「あなたはこんなところがすごいよね!」と、きっと教えてくれるはずです。 その部分こそがあなたの「特技」になるでしょう。 友人に聞く以外にも、自己分析から自分の特技を探しだすことができます。 自己分析から今までの自分の生活や行動などを振り返り、その中で見つけた趣味や好きだと思うものをピックアップしましょう。 その 趣味として長く続けてきたもの、好きだと思うものは特技といえるものが多いです。 たとえば、「料理好きだけど、得意わけではない」と思っていても、料理が全くできない人からすれば、料理が好きといえるだけでもすごいと思うのです。 このように、特技は誰しもが驚くようなものである必要はありません。 すでに特技がある人は大丈夫だと思いますが、先ほどの手順から特技を探した人は 「しっかり語れるもの=自分が好きなもの・興味があるもの」だと話がまとめやすくなります。 自分がしっかり語れるものを述べれば自然と人柄を表現しやすくなり、企業側も学生を見極めやすくなるのです。 そして、 プレゼン能力をアピールするためには、端的にわかりやすく述べることがポイントです。 伝えるべきことを伝え、さらに自分を売り込むことで、アピールすることができます。 その、上手な伝え方としてオススメなのがPREP法です。 PREP法とは、ビジネスでよく使われる文章構成法で、簡潔で説得力のある文章を作るのに効果的です。 「なぜ特技だと言えるのか」は、具体例や経験などを合わせて述べることで、相手に話が伝わりやすくなります。 そして 最後に特技から得たもの、身につけたものが企業で活かせるのであればなお、よいでしょう。 伝えるべきことを意識し、端的に話すことで人柄を表現しやすく、そしてプレゼン能力があることもアピールできます。 すぐに答えるよりも内容を把握すること 特技だけに限らず、どの質問に対しても、すぐに答えることに注力することに意識を持っていくのではなく、 緊張した中でもしっかりと相手が話している内容を把握することが一番大切です。 これは面接練習を重ねれば、誰でも簡単にできるようになります。 他人と練習することで、ほどよい緊張感を保つことができるため、本番にも強くなります。 そして、その練習相手にオススメな他人は、大学のキャリアセンターや就活エージェントです。 彼らは就活に関するプロのため、的確なアドバイスのもと、練習を行うことができます。 ただ用意した回答を述べるだけでは、面接官にあなたの魅力は伝わりません。 一つ一つの質問に対し、自分の口で回答を述べるからこそ、学生のことを見極められ、内定を出すかを判断します。 そのため、学生も内定をらうためには、質問に対して正しい回答をしなくてはなりません。 就活のプロから的確なアドバイスを受け、スキルが身につく面接練習をしましょう。 特技がない場合「ない」と答えるのはよくない? たとえ特技がないとしても「ない」と回答するのは避けましょう。 なぜなら面接官は特技を話す姿から学生のことを見極めているため、 「ない」と答えれば学生を見極める要素がなくなってしまうからです。 企業にとってもいいことではありませんが、 学生自身も自分で自分のアピールポイントを潰していることになります。 そのため、「ない」と答えるのではなく、事前に自分の特技を見つけておきましょう。 先ほどのやり方から特技を見つけられない場合は、就活を機に特技を作るのもよいです。 下記に参考になる特技をいくつかご紹介します。 【定番特技】• スポーツ• 英語などの外国語• パソコン• DIY• イラスト• 登山 【変わり種】• 大食い• 駅名を全て言える• 早起き• 体調を崩さない• さくらんぼのヘタを舌で結べる• コーラ一気飲み• フットワークが軽い• ストレスが溜まらない• 絶対音感 面接で自分のアピールポイントを潰さないためにも、上記の参考や見つけ方から特技を用意しておきましょう。 それぞれの質問に対し、注意しなくてはならない点があるのです。 今回の「特技」ではどのようなことに注意すればいいのか。 その答えをキャリchがお答えします。 つい話過ぎてしまわないように! 特技や好きなものは、 好きな分つい語りすぎてしまいがちですが、熱く語りすぎないように注意しましょう。 熱く語りすぎてしまうと面接官が引いてしまいます。 面接では短い時間で自分を売り込み、また企業側は学生を見極めます。 そのため、 端的にわかりやすく述べる学生に魅力を感じるのです。 意図にもあるように、「特技」から学生にプレゼン能力があるかを見極めています。 端的にわかりやすく話をすれば、プレゼン能力があると判断されますし、人柄も見極めやすいです。 特技など、つい語りすぎてしまうのもわかりますが、面接では熱を抑え、端的に伝えましょう。 ギャンブルなどの特技は面接ではNG 「パチンコ」「スロット」「麻雀」などのギャンブル系や、「ハッキング」などの犯罪を連想させるようなものを特技として述べるのはよくありません。 これらは「だらしない」「信用できない」という印象を与えてしまう可能性があります。 だらしない、信用できないと思われれば、仕事を任せられることはありませんし、そもそも内定をもらうこともできないでしょう。 たとえ本当に得意なことだとしても、面接の場ではこれらの特技は言わないようにしてください。 おわりに• 意図は人柄とプレゼン能力を見極めるため• 特技は好きなものから探す• しっかり語れる特技を選ぶ• すぐ答えるのではなく内容を把握すること• 「特技ない」は言わない方がいい• 話過ぎに注意する• ギャンブル系の特技はNG 今回のコラムのまとめです。 面接官がどのような意図で質問するのか、またどのように答えるのかを知ることが面接突破のカギです。 また、「特技」だけでなく、 緊張した中でもしっかりと相手に話している内容を把握することが一番大切です。 そのためにも、質のいい面接練習は欠かせません。 質のいい面接練習をするためには大学のキャリアセンターや就活エージェントなど、就活のプロを頼りましょう。 就活のプロによってあなたの面接力をグンッとあげていきます。 ぜひ気楽にご参加ください。 模擬面接イベントに参加しよう! キャリchでは、面接練習ができる模擬面接イベントを連日開催しています。 模擬面接イベントは、就活支援のプロであるキャリアカウンセラーが面接官となり、あなたの面接力を伸ばすイベントです。 内定獲得のために「面接の練習をしたい」という方はぜひ模擬面接イベントにお越しください。

次の

履歴書に書く趣味・特技がないはウソ!人事が喜ぶ簡単な特技と例文テンプレート│ジョブシフト

特技 が ない

特技とは-就活生が「特技」で悩む理由- 就活の選考過程で必ずと言っていいほど問われる「特技」ですが、何を答えればいいのか悩む人が多いようです。 悩むポイントを整理してみました。 特技とは 企業が「特技」の質問を通じて知りたいことと、就活生が選考通過のために用意しなければと考える「特技」の方向がずれてしまっているケースが多いようです。 改めて就活における「特技」をとらえなおしてみましょう。 「特技」とは何か 「特技」を辞書で調べてみると「特別に身につけている得意な技能」「その人が自信をもつ)特別の技能」とあります。 「特別」といってもこの場合の特別は、世間一般的にみて抜きんでて特別なことではなく「自分が得意としていること」という意味ととらえてかまわないでしょう。 就活生は「特技」を「でっちあげ」がち 選考に関わると思うあまりに仕事にメリットのありそうなものや、見栄えの良いものを 就活のために用意しようと考える就活生は少なくありません。 後述しますが、面接官は「特技」の質問を通して就活生の飾らない人柄を知りたいと考えています。 就活のためにわざわざ新しい特技を用意して自分を飾る必要はありません。 企業が聞きたい「特技」とは何か 企業は選考過程すべてを通して、就活生の人柄や人間性を知ることを最も重視しています。 就活生が「特技」で悩む理由 いざ具体的に特技を洗い出してみようとしても何も浮かばない?就活生が悩んでしまう理由を解説します。 理由1. そもそも特技がない 「特技がない」というのはほとんどの就活生に共通する悩みです。 むしろあなたに特技を尋ねている面接官だって、いきなり「特技」を聞かれたら答えられない場合がほとんどです。 特技がすぐに浮かばないからと言って落ち込む必要はまったくありません。 理由2. 面接官ウケする特技がない 何かしら自分の「特技」らしきものが思い浮かんだとしても、それが面接官ウケするものなのかどうか、特技とまで言っていいのかどうか、仕事になにも関係ない…、などと思い、実際の選考書類や面接の場で披露できないと悩む就活生も多くいるでしょう。 理由3. 特技の伝え方が分からない 特技の内容でマイナス評価を受けることはまれですが、伝え方のせいでマイナス評価を受けてしまうことはありえます。 一般的にプラスの内容であるはずの「特技」でマイナス評価を受けてしまうのはもったいなさすぎますよね。 しかし「特技」が見つかったものの、企業にどう伝えれば好印象を与えることができるのか分からないという人も多いのではないでしょうか。 特技を企業が就活生に聞きたい理由と基準とは 企業はなぜ「特技」を就活生に問うのでしょうか、そしてどのような回答を企業は求めているのでしょうか。 一つ一つ見ていきましょう。 特技を企業が聞きたい理由 特技について面接官が質問するには理由があります。 質問の意図を理解することで、求められているものがわかってきますので、しっかり確認していきましょう。 理由1. 就活生をリラックスさせるため 面接官には面接の場で就活生の本音を知りたい、飾らない素の状態を知りたいという目的があるにも関わらず、就活生がガチガチに緊張していたのではその目的を完遂できません。 なので「特技」のようにちょっとした雑談のような話題をふって就活生にリラックスしてもららって普段の雰囲気をみたいと考えています。 また実は面接の場では面接官も緊張していることが多く、どうにかして場の雰囲気を和ませて就活生だではなく自分の緊張を解きたいと考えていることも多くあるのです。 そう考えると少し気が楽になるのではないでしょうか。 理由2. 就活生の人となりを知りたい 面接官と就活生は初対面の上面接時間は限られているので、面接の場だけで就活生の人となりを判断するのはなかなか難しいものです。 しかし人が自分の「特技」について語る時は、その人の性格が普段の様子が言葉や表情に自然と表れることが多くあります。 面接官にとって就活生の人となりを知るのに特に有効なのが「特技」に関する質問といえます。 理由3. 分かりやすく話せるか知りたい 「特技」という個人的な内容を限られた時間の中で、初対面の面接官に分かりやすく魅力的に伝えるには、一定の要約力とプレゼン力が必要です。 これはすべての質問に共通することですが、「特技」を通して面接官は、就活生が質問にたいして順序だてて分かりやすく話せるかどうかもチェックしています。 理由4. 社風になじめるか知りたい 「特技」に関する質問は主要ではなく、どちらかといえば枝葉要素の強い質問です。 主要な質問で一定の基準を満たした応募者が自社の社風に合っているかを確認し、また見逃している魅力や強みがないかを確認するのが「特技」に関する質問といえます。 理由5. 資質を見極めている 特技はその人にとって強みとも言えますから、応募者が採用後にどのような業務に相性が良いのか判断する材料になりえます。 語学能力やビジネス資格などのわかりやすいものは もちろん、「カラオケの点数」「ボーリングのスコア」「毎朝〇時起き」「酒屋のアルバイトでビールケースを軽々運んでいた」なども面接官の琴線に触れることがあるかもしれません。 「特技」に求められている内容 自分を素晴らしい人間に見せるための「特技」ではありません。 就活においての「特技」は自分を知ってもらい会話を広げるためのフックにすぎないので、背伸びをせず、自信をもってたくさん話せるものを「特技」として選びましょう。 基準1. 就活生が自信を持って話せる内容 面接官ウケのよさそうな「特技」をでっちあげる必要はありません。 自分の言葉で語れる本当の「特技」を回答することが大前提です。 就活用に取り繕って面接官ウケしそうな特技を語ったところで、面接官につっこまれて答えられなければ逆効果となります。 「自分の言葉で語れる 本当のこと」を探してみてください。 基準2. 実績や資格を持っているもの 「全国大会で〇位」「TOEIC満点」のように誰から見ても素晴らしい実績や資格をもっている就活生は「特技は何か」と悩まなくていい分ラッキーです。 ただし、実績や資格の結果だけ伝えていては会話が広がりません。 その実績や資格を手に入れるためにどのような苦労がありどのような努力をしたのか。 その実績や資格を手に入れてどんないいことがあったのか、などを自分の人柄が伝わるようなエピソードも話せるように準備しておきましょう。 基準3. 仕事に関連付けられそうなもの 仕事にいかせる特技、仕事に関連付けられそうな特技もアピールにふさわしい特技といえるでしょう。 〇年間早朝のアルバイトを続けた。 (朝が強い。 早番は任せて)• インスタグラムなどのSNSでの活動実績(SNS活用の知見や興味をアピール)• スマホを使っての動画編集が得意(動画作成で貢献したい)• カラオケが得意、好き(営業職への適性アピールにつなげる) 上記のような仕事に関連付けれるようにしておきましょう。 基準4. 具体的なエピソードを語れるもの どんな特技を語るにせよ「具体的」に語れることが重要です。 例えば特技がボウリング(ここは何でもよい)であるとして、語れるエピソードは無数にあるはずです。 「ボウリングをはじめたきっかけ」「練習の頻度」「誰とどのように練習しているのか」「スコアの伸び」「おすすめのボウリング場とその理由」など…。 面接官との会話を想像しながら、話の内容を組み立てましょう。 基準5. 技能のレベルにこだわる必要なし 特技とは、「特別に身につけている得意な技能」という意味の言葉ですが、技能のレベルにこだわる必要はありません。 もっと気楽に考えてみましょう。 毎日の生活の中で「ちょっと頑張っている」「ちょっと好きである」ことはありませんか。 また「特技」の解釈を「趣味」に広げると、何か一つは特技として語れることが見つかることが多いです。 早起きが得意• 掃除が好き• 節約料理のレパートリーが多い• 青春18きっぷに詳しい• おいしいラーメン屋に詳しい 自分が自信を持って話せる内容にしましょう。 特技が見つからないときの対処法 特技が見つからないこと自体はしょうがないことですが、空欄のまま面接に挑むのはやめましょう。 ここでは特技欄を空欄にするデメリットと、特技を見つける方法を解説していきます。 特技を空欄にするデメリット 特技がないからといって正直に面接官へ答えたつもりでも、志望度が低い人物としてマイナスイメージを持たれる可能性は高くなります。 正直で裏表がない人物が就活で必ずしも好印象になる訳ではないのです。 面接官との会話も弾みにくくなり、場の空気が緊張すれば応募者の評価に影響するでしょう。 履歴書にも特技についての記入欄がありますが、空欄や特になしと書くことで、書類選考が通らず面接までたどり着けない場合も考えられます。 特技がないのは仕方がない部分もありますが、就活で大きなアピールになると知っていながら見つけようともしないのは問題があると言えるでしょう。 就職活動用に特技を探す方法はあるので、簡単に何もないとは言わずに探す努力が大切です。 以下の記事に特技の一覧を紹介しているので、就活生は自分に当てはまるものがあるかどうか確認してみましょう。 特技の一覧について 特技を白紙にするということは、企業側に対して「アピールすることがありません」と伝える印象も与えてしまいます。 自信をもって話せる内容を探しましょう。 特技を見つける方法 では、どのようにすれば特技は見つけられるのでしょうか。 ここでは5つの方法をご紹介しますので、あなたに合った方法で特技を探してみてください。 その1:毎日のルーティンから探す 日常的に自分が行っていることが周囲の人から見れば、特別であったり凄いことであったりする場合があります。 特に、1週間に1回や1カ月に1回など、定期的に行い長期間続けているものがあれば特技と言えるでしょう。 健康のために行っているスポーツや、友達と定期的にチェスをしているなど、ただの習慣だと思っているものでも特技となり得るのです。 また、定期的でなくても、例えば美味しいケーキのお店を見つけるのが得意であれば特技と言っても良いでしょう。 その2:周囲に聞く 履歴書に特技を記入できない、面接で答える自信がないと言う人は、周囲に聞くと自分では思いがけない特技があることに気付く場合もあります。 いきなり「特技は何か」などと問われれば相手が返答に困ってしまうので、まずは頑張っていることや長所などを聞いてみましょう。 特に、家族は理解者と言えますから、他人が気付かない部分や特徴などを知るには良い質問相手と言えます。 その3:特技の例を参考にする 特技が思いつかない場合は、誰かの特技を参考にして考える方法もあります。 何を特技と呼ぶのか分からない人は、より多くの例をリストアップして参考にしましょう。 例えば、家族の特技を自分なりに取り上げると、特技の見つけ方が分かるかもしれません。 父親は外車の知識が豊富、母親は生け花を習得している、兄弟がサッカーで試合に出たなどで良いです。 これらは家族が持つ特技と言えるでしょう。 家族だけでなく、友人や先輩など多くの人も参考にしてみましょう。 その4:好きなことから見つける 自分が好きで行っているものが特技だと他人から思われないと言う人は、視点を変えてみましょう。 時間を忘れて没頭し、長時間行っていても疲労を感じず楽しむことができるなら、他人から見ればかなり夢中になっている趣味だと判断されると言えます。 大好きなことがあって、長期間継続しているなら一定の水準で趣味をこなしているとも考えられ、特技として十分捉えることができるのです。 自分では得意ではない、下手の横好きなどと考えていても、気付かないだけで特技になっている場合は少なくありません。 その5:得意なことから探す 自分で過去を振り返って、褒められた経験から特技を探す手段もあります。 例えば学生時代に周囲の友人よりもできたことなどを思い出してください。 特技としてアピールするのに全国大会に出た、地域のコンクールで1位になったなど、高レベルの結果が必ずしも必要ではないのです。 大きな努力をしなくても他人より能力が高く得意だったものは特技と言って良いでしょう。 就活でアピールできそうな定番と言える特技の例を挙げます。 高いパソコンスキル• 野球やサッカーなどのスポーツ• 屋内で行う将棋などの知的スポーツ• 英語 パソコンスキルや英語はビジネスに必要とされるスキルですので、メインの自己アピールには含まず、特技として伝えるのが適しています。 スポーツは面接官と話題が膨らみやすいメリットがあるほか、上下関係を考えて行動できる人物などの評価につながるでしょう。 また、定番の特技だけでなく幅広いジャンルから自分の特技について探してください。 料理や登山など、会話が弾みやすいものを選ぶとアピールしやすいです。 履歴書に書く特技を選ぶポイント 特技を見つける方法がわかったら、次はどのような特技をアピールするかです。 ここでは、いくつか特技の候補が上がってきているあなたのために、選ぶポイントをお伝えします。 ポイントその1:応募する企業イメージに合わせる 応募する企業のイメージにあった特技が何かを検討するのは、特技探しの大きなポイントです。 一般的にアニメやアイドルなどがテーマとなる特技はマイナスイメージを持つ人もいるため避けた方が良いと言われますが、応募する企業が芸能事務所やアニメ制作会社など関連業種の場合は自己アピールにつながると言えます。 面接で会話が弾むと良い影響があるので、面接官に興味を持ってもらえる珍しい特技を選ぶのもポイントのひとつです。 よりマイナーな特技をアピールする 前述した奇抜なジャンルとは異なり、取り組む人が少ないと考えられる趣味や特技があれば、面接官にマイナスイメージを与えずに強い印象を与えられます。 競技人口が少ないマイナースポーツや、国外の郷土料理を研究しているなど、珍しい情報が聞けそうな特技をあえて選択すると良いでしょう。 特技には、自己PR効果があるので、自分が相手に与えたいイメージから見つけるのも方法のひとつです。 営業社員として働きたいなら、ポジティブさが感じられるスポーツなど、行動的なイメージがある特技は効果があると言えます。 「伝えるべきではない」特技もある 「特技」のなかにはわざわざ伝えるべきではないものもあります。 減点を避けるため、ここでは伝えるべきではない特技の内容をまとめました。 注意1. うそはダメ! 面接回数を重ねる中で、また入社後に辻褄があわなくあり、信頼を失う可能性があります。 ばれないにしても、うそをつき続けるのは精神衛生上好ましくありませんので、まったくのうその内容を就活に使うのはやめましょう。 注意2. ギャンブル要素の強いものはダメ! どんなに好成績でも、就活の場においてパチンコや競馬といったものを「特技」として取り上げるのはリスクが高いため、やめておきましょう。 生活態度やお金の使い方を疑問視され、敬遠されてしまうことが多いです。 注意3. 応募企業の労働条件と合わないもの 例えば土日に勤務がある企業に対して土日に熱心に取り組んでいるライフワークを語ると、「入社後はできないけどだいじょうぶかな?」と企業は懸念します。 また、バンド活動など多くの時間を割く必要があるものは、入社後の仕事に支障をきたす可能性があるとして好まない企業もあるようです。 社風や労働条件をよく確認したうえで何を語るべきか慎重に検討することが必要です。 面接で特技について答えるときの例文 面接では特技が何かよりも、特技の伝え方が重視されます。 自分の特技を就活のために用意できたら、面接でどう答えるかを事前に準備しておくとスムーズに答えられるでしょう。 特技を身に付けるまでの経過で、どのような努力や取り組み方をしたのかを説明し、入社してからどのように活かすことができるのかなどにつなげると良いです。 資格取得が特技の場合 例えば、特技が資格取得であれば、取得に成功するまでの経過や、ビジネスに活かせる点を具体的に伝えるのが大切です。 面接での回答例1・資格取得が特技の場合 私は逆境や苦難に強い自信を持っています。 サッカー部を引退してから資格取得まで3カ月と設定し、簿記2級を計画通り取得した経験があります。 6歳からサッカーに打ち込み、高校、大学と強豪校に進学しました。 大学ではスターティングメンバーとしてチームの勝利に貢献し、初年度にはプロリーグからのスカウトもありましたが、膝の十字靭帯断絶と言う大怪我を負い選手生命が絶たれました。 当時は失意にかられ何もしたくないと感じる時期を過ごしましたが、新たな目標を持つことで自分を前向きにしようと、以前より学んでみたかった簿記の学習を開始したのです。 サッカーで培った集中力や努力する能力を活かし、日々6時間以上の学習に取り組むことは、大きな苦難と呼べるものではありませんでした。 3か月間で簿記2級の資格取得に成功し、今では1級取得に向けて学習する毎日です。 私は、サッカー選手への夢が絶たれた逆境と苦難の中で、自分に可能性を見出し努力を続け、目標を達成する経験をしました。 貴社では、自分が持つ強みを活かし、逆境にいつでも立ち向かい、努力を続けて成果を上げたいです。 英会話が特技の場合 特技が英会話であれば、海外留学やホームステイなど、学びの経過やビジネスでどのように英会話を活用できるかを明確にしましょう。 面接での回答例2・英会話が特技の場合 私の特技は英会話です。 英語力が伸びたきっかけは、大学2年で留学したアメリカでの半年間と言えます。 もともと英語の成績は高校でトップレベルにありましたが、英会話には自信が持てないレベルでした。 留学当初は、会話をする以前に相手が何を話しているのか聞き取れない状態でしたが、帰国する直前にようやくコミュニケーションが取れる程度には話せるようになりました。 帰国してからは一層英会話の学習に打ち込みながら、海外観光客の観光案内を務めるなど、外国人と積極的な交流を通して英会話の能力を高めました。 現在は、日常会話に全く問題がないレベルになっています。 貴社では、留学や英会話の学習で培ったコミュニケーション能力や英語力を活かし、海外事業に貢献したいと考えています。 特技を面接に活かすポイントは? まず最初に、面接では自分の特技が何であるかを明確にしましょう。 結論から述べることで面接官が理解しやすくなるだけでなく、いつから始めたのか、どんな功績を持つのかなどの説明が整理しやすくなります。 説明では具体的な年数や何歳から始めたなど、時期を伝えましょう。 更に特技を身につけたエピソードを語り、何を学び達成したか、何が自分の強みになったかなど特技から得られたことを簡潔に述べ、入社後にどう活かしたいかを伝えてください。 経験によって学んだ事柄を面接官に理解してもらえるように、簡潔な回答を心掛けましょう。 特技の見つけ方を押さえよう!就職活動を円滑にするために 特技の見つけ方にはたくさんの方法があります。 ひとつの方法で見つけられなければ視点を変えて、就職に活かせる特技を探しましょう。 面接では、人柄を知ってもらえ、応募者が強い印象を残せる可能性もあるのが特技への質問です。 特技は面接官との会話を弾ませられるなど、就職活動を円滑に進めるためにも大切なファクターです。

次の